IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:UpperHights

IMG_7944

あっという間に10月がやって来ました。
それでも日中はちょっぴり蒸し暑さを感じますが、これもどうやら長くは続かない様子。
この週末からは急激に秋がやって来るとの予報がなされています。

今週は一気に秋の準備が必要になりそうな一週間、そろそろ本格的に秋に備えた方が良さそうですね。

そこで、今日は気温に左右されず「暖かければ引く、寒ければ足す」を簡単に出来て、尚且つ「いつもの様だけどチョッピリ違って見える」をテーマに、当店お勧めの組み合わせをピックアップしてみました。

for_blog_221003

使うのはHOMEWARDのロングベスト、Drumohrのメリノのニット、そしてupper hightsのスカート。

どれもが”アイテム”として見れば、定番的な物ばかりですが、全てに共通するのが「素材が異なる」点。

170064953

Drumohrのメリノウールは、言わずと知れたマストアイテムでもあり、中でもゆとりあるシルエットのVネックは、これ一枚でも、中にレイヤーをしても使えるユーティリティアイテム。

170271316

upper hightsのヴィーガンレザーのスカートは、形こそ定番的なフレアスカートですが、その特徴的な柔らかさと、この手の素材にしては比較的マットな質感は「違い」を出せる一着。

170550953

そこに加える敢えての肝としてはHOMEWARDのダウンベストでしょうか。
ダウンベストの有効度は誰もが認めるところですが、丈の長さや色、素材で使い方を迷う方も多いと思いますが、そこは難しく考えない方が組み合わせがし易い場合もあります。

今回使うベストは非常に淡いオリーブ系とでも表現したくなる特徴的な色で、光沢も光の加減によっては見えますが、基本はマットな質感に近いものです。

この3つは、どれか一つを別の物に変えても組み合わせが成り立ってくれるものばかり。

IMG_8285

全てが異素材で構成されるスタイルは、一つ一つの主張は控え目でも、一つにまとまると洒脱な印象を与えてくれるのが魅力。

ニットの中にシャツを入れたり、更にこのコーディネートの上からコットンのコートを羽織ったりなど、このスタイルを中心に「足し引き」が出来るのは、異素材同士の相性が在ってこそ。

162366446

気温が高い日にはニットをシャツに変えても良いですし、それでも暑い日には半袖のカットソーでも良いですし、実は想像以上にこのコーディネートは「手持ちのアイテム」を加えたり、変えたりするだけで「使える」コーディネートに変わります。

気温の上下動が激しい今週、そして更に涼しさが増しそうな来週以降、何を着ようか迷われている方がいらっしゃったら、是非今回のコーディネートも参考にしてみて下さい。

それぞれの「素材が変わるといつもの服装も見違える」ことを実感するはず✨

中でも意外なほど「使える」と思わせてくれるのは恐らくHOMEWARDのベスト。
この絶妙な色や素材感、そして何より「丈」は、このスタイルの大きな肝となっている事を実感していただけると思いますよ。











【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3962

長い連休が終わり、今日から再び日常が戻ってきました。
雨で涼しくなりかけたのも束の間、今日は再び夏の様な暑さに。

と言っても、夕方には涼しい風がそよぎ始め、秋であることを感じさせてくれる週の始まりになりました。

この季節は「なんとなく過ごせてしまう」時期で、とかく御洒落にもチョッピリ手抜きがちになりますよね。
シンプルに組み合わせることは良いのですが、「何か一つ加える」ことに億劫になりがちな時期でもあります。

今日はそんなチョッピリ面倒くさがり屋さんに向けて、「何か一つ加えることで見違える」というケースをご紹介してみました。

IMG_7153_1

先日とびっきりの生地、価格のご提案でお問い合わせが続いているAgnelli & Sonsのスカート。
ダンガリーやデニム生地のシャツが好相性で、店頭でも強くお勧めしているコチラのスタイルですが、パールを首元に添えるだけでも違いが出るものの、「やっぱり何か物足りない」と感じる方も多いと思います。

IMG_7306

そんな時、一番簡単に雰囲気を変えてくれるのが「ニットの肩掛け」。
当たり前のスタイルですが、この肩掛けのニットの色の選択だけで、雰囲気はガラリと変わります。

バッグや靴などと色を合わせたり、上下の色のトーンとは反対の(明るい)色を合わせると、スタイルとしてもグッと魅力的になります。

簡単な一点プラスですので、是非皆さんにも取り入れて欲しいところです。
(写真使用商品:シャツ/Tela Genova、スカート/Agnelli & Sons、ニット/SUNCOO、バッグ/Felisi)

IMG_7349

誰もが季節の変わり目、特にお仕事をお持ちの方にとって着る機会の多いシャツやブラウスも、内側にニットを挿すだけで色の変化が加えられますよね。
(写真使用商品:ブラウス/Barba、ジーンズ/upper hights、ニット/Apaiser l'Ame、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7350

そんな時役立つのがリブのニット。
薄さやフィット感が高いお陰で、シャツやブラウスとのレイヤーをしても、ごわごわともたついたり、邪魔にならないのがメリット。

IMG_7353

衿が有っても無くても、一つ色を取り入れたり、存在感を作るだけで、それまでのシャツスタイルに立体感が生まれます。
(写真使用商品:ブラウス/Guy Rover、ニット/Apaiser l'Ame)

IMG_7354

これも難しい物ではなく、一つ加える作業をするだけで見栄えが大きく変わりますね。
合わせるシャツやブラウスのサイズが、ちょっぴりゆとりのある物だと、より効果大です。

ここからは色、素材の組み合わせによる存在感の作り方。

IMG_7325

最も簡単なのが異素材同士で同系色を合わせること。
この組み合わせではグリーン、オリーブを組み合わせ、それぞれがシルク混ニット、サテン素材の異なる素材を同系色で合わせています。
シューズにも同系色を合わせると、より完成度を高く見せる事が出来ますが、上下の素材変化だけでも充分違いを出す事が出来ます。

IMG_7326

同素材の上下の組み合わせに比べて、奥行きのあるスタイルが作れるうえ、統一感のある上品な印象も作る事が出来ます。

IMG_7329

このニットを使ってボトムをジーンズに変えるだけでも、ニットとシューズの色の統一感があると、新鮮に見えます。
(写真使用商品:ニット/MAX MARA、スカート/MAX MARA、ジーンズ/upper hights、スカーフ/INOUI EDITION、ローファー/Luca Grossi)

どちらも”小さなポイント”ですが、衿元にスカーフで色を挿している点。
この”小さなポイント”もあると無いとでは物足りなさが違うと思いますので、是非挑戦してみて頂きたいと思います。

IMG_7330

ジーンズの色はトップスに合わせてミディアムな色落ちの方が合わせ易くなります。
暗い色、重たい色が増える秋冬は、比較的ライトな色落ちのジーンズを手に入れておくと、より組み合わせもラクになります。
是非お試し下さい。

IMG_7333

同じく、上下の素材を変えた組み合わせ。
このコーディネートでは同色異素材にしています。

IMG_7334

ニットのボリューム感、サテン地の軽快感は同色異素材のコーディネートでは欠かせない組み合わせです。

またパンプスなど足元の素材を更に変化させると、より完成度が高くなります。

IMG_7335

同色異素材の場合には足元やバッグで別の色や柄を加えると効果的。
スタイルの幅に広がりが出ます。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、スカート/MAX MARA、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7336

ブラックの同色の場合には、同じようにジーンズを変えると”足元”への変化が重要になります。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、ジーンズ/upper hights、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7338

前出で使用しているポニーヘアのパンプスは、ニットのボリュームと同じ存在感を作ってくれる為、ブラックのニット+ジーンズのようにシンプルなスタイルには非常に効果的です。

IMG_7337

同じくレオパード(こちらもポニーヘア)も言わずもがなの効果大。
常にシンプルなスタイルが多い人にとって、”靴のバリエーション”は洋服の数以上に揃えておくことは必須。
「足元が全体を変える」のはシンプルなスタイルの定石でもあります。

IMG_7339

前出のニットの色を変えて見ましょう。

鮮烈なレッドは、秋冬のスタイルの上で欠かせないカラー。
重い素材、暗い色合いが増える秋冬にとって、ビタミンカラーなどの原色は「一点加える」ものとしては欠かせない存在。
(写真使用商品:ニット/MAX MARA、ジーンズ/upper hights、ウールバンダナ/Destin、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7340

誰もが一着は持っているであろうジーンズ、毎日のスタイルに欠かせないジーンズ、そこにニット(の色)で変化を加えたり、足元のバリエーションを増やして、その日のスタイルに合わせたボリューム感を作ると、面倒くさがり屋さんでも、パッパッと手にした物でスタイル完成も夢じゃありません。

とかく季節の変わり目が判り辛くなってきている近年、季節の装いとは?を考えさせられる節もありますが、何か「一つ加える」ことで素敵に見えるのは、いつの季節も、いつの時代も変わりません。

これから一気に涼しくなり始める期間は、何か一つ加えて、毎日のスタイルを楽しんで頂けると良いなと思います。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3961

日中の暑さも日ごとに訪れる夕立に、少しずつ控え目になりつつある週中。
毎日の天気がジェットコースターの様に変わり、そろそろ体調を崩しかねない時期にもなって来ましたね。
皆様気温変化に体調を崩さないよう、くれぐれもご注意ください。

さて、今日は秋の新作の中から「いつもの格好」に取り入れるだけで、何とな~く楽しい気分にさせてくれるUPPER HIGHTSの秋冬物を取り上げてみました。

UPPER HIGHTSと言えば、デイリーユースにもピッタリなブランドでもあり、ちょっぴり洗練されたイメージに近づけてくれる、大人の女性のカジュアルとして欠かせない存在でもあります。

中でもジーンズはブランドを象徴する最たる存在。

170271763

その中でもTHE STELLAは既に皆様もお持ちの定番スリムのモデルですが、今季はニューカラーのリンス(ワンウォッシュ)が仲間入りしました。

170271763_o2

リンスはワンウォッシュを主に指すのですが、洗いや加工の無い生デニムの状態の色を一度水通しした程度の、非常に濃いインディゴ色がそれです。

170271763_o1

もはや誰もが一度は履いたことのあるだろう色合いですが、STELLAでこの色合いを作ると、よりホッソリ見えたり、どこかシャンとしてクールな印象になってくれるのも大きな魅力。

「この色、以前見た事があるような?ないような?」とお感じになった方は、当店に古くからお越しいただいている方だと思います(!)

そう、UPPER HIGHTSが世の中にデビューした当初、ワンウォッシュが存在したんですよね。
今や誰もが知るブランドへと成長していますが、その当時のイメージが私達の中にはあるので、UPPER HIGHTS=大人らしい、洗練された、凛とした、と言うようなイメージがついています。(勝手なイメージで)

IMG_5631

このリンス、白TEE、白シャツ、どんな物でもとりあえず合わせれば、それなりに見せてくれる色ですが、やっぱり私達がお勧めする中には、テーラードジャケットとの組み合わせが欠かせません。

カジュアルな組み合わせならどんな物でも合わせ易く、またチョッピリドレス寄りのスタイルにも使い易いこともあり、当店では”マスト”は一本。

IMG_5632

色の見え方がブランドや使われる生地ごとに違うリンスですが、UPPER HIGHTSのそれは、とても色濃く、深く、インクブルーとは違った深~い味わいに見えます。

マストな色(生地)でも在りながら、そろそろ買い替えたい、もしくはリンスは持っていないと言う方は、どうぞこの機会にクローゼットに仲間入りさせてください。

今回は最小サイズの21インチから29インチまでをラインナップしております✨

170272388

そしてもう一つUPPER HIGHTSのジーンズでマストなのが、このTHE LIPSTICKです。
このモデルは、所謂「ストレート」の一本で、RED CARDなどの味わいとは違った雰囲気が作られるのもUPPER HIGHTSの特徴の一つ。

170272388_o5

加工そのものにもリアルな味わいが残り、また特に今回のモデルでは生デニムを使っている為、味わいの出方も独特。

「ストレート+生デニム」、一昔前では当たり前のものが、最近ではめっきり少なくなり、その味わいの魅力も素材の進化と共に少なくなって来ている今、こうしたセオリー通りの鉄板なジーンズが、我々世代にとって大切な味足しの道具となっていることもまた事実。

170272388_o1

色の落ち具合も程よく、ジーンズとしての魅力を存分に感じさせてくれる今回のLIPSTICK。
当店でのお勧めは、ジャストサイズでの着用な勿論なのですが、やはり今の気分で1サイズ、2サイズ上げて穿く事をお勧めしています。

IMG_5633

勿論、LIPSTICKもテーラードとの相性も良く、程よい味足しとして、大人女性のカジュアルを大きくアップデイトしてくれます✨

ストレートが苦手な方も、ちょっとしたディテールのバランスが違うだけで、急に好きになってしまうかも?知れない、そんな魅力をUPPER HIGHTSは持っています。
是非お試し下さいね。

170271316

そしてUPPER HIGHTSはジーンズ以外も緻密に計算された存在感、魅力を持ったアイテムが在ります。
このスカートがまさにそう。

170271316_o3

SDG'sが叫ばれ始め、これまで以上にヴィーガンレザーと言う言葉や表現を耳にするようになったと思いますが、エコレザー、フェイクレザー、色んな呼び方がありますが、それらが言葉だけで独り歩きをすることで、人の”イメージ”が固まってしまう事が最も怖いこと。

一昔前の所謂フェイクレザーは、ただただ光沢があり、見た目をレザーのように似せた(言葉は悪いですが)疑似的なものがほとんどでした。

しかし、化繊素材と同じように、糸や生地と言うのは時代と共に、常に進化し、そのクォリティは年々上がり続けているのです。

今回このスカートに使われているものも、見た目からは余り判らないのでは?というほど極微なシボなど立体感も適度に在り、これこそ「ヴィーガンレザーと呼んでもイイでしょう」と言わんばかりの出来栄え。

170271316_o1

それらを6枚接ぎの美しいシルエットで作る事によって、生地の習性が加わり、「裾が開き過ぎず、落ち着きと端正な表情を作る」フレアスカートに仕上がりました。

生地の弾力性、程よい伸縮性、そして何より丸みを帯びる立体感が、このスカートのキモとも言えるところで、一着のフレアスカートの可能性を更に広げてくれる存在です。

170271316_o5

TEEシャツやカットソーは勿論、デニムシャツやホワイトのシャツ、時には甘いボウタイのブラウスやラッフルを使ったブラウスなど、カジュアルから甘いフェミニンのミックスまで、とても幅広く使えるのも、この素材の大きなメリット。

当店では毛足の長いニットとの組み合わせをお勧めしていますが、写真の様にスキッパータイプのプルオーバーも、味わいを作るのに相応しく、お勧めしています。(ニット:SUNCOO)

想像以上に使い易いヴィーガンレザーのスカートは、UPPER HIGHTS以外でもご用意しておりますので、ご興味のある方は是非一度お試し下さいね。

そして最後に

170270504

「やっぱりジーンズにはスウェットシャツでしょ!」と言う方にお勧めしたい、肉厚でシッカリしたスウェットフーディー。

170270504_o3

前出のスカートが”DAY upper hights”であるのに対し、こちらは”COLLEGE upper hights”でラインナップされています。

それぞれストーリー性を感じるカテゴライズですが、兎にも角にも「カジュアルはフーディーさえあればどうにかなる」と言う方も意外と多く、それが更にたっぷりしたリラックスフィットであれば尚更。

加齢と共にお尻回りが気になり始める世代にとって、このヒップ回りまでボリュームを作ってくれるリラックスフィットは、もはや欠かせないアイテム?と言えますね。

勿論、体形維持を努力されている方は、そのままスリムなボトムスと合わせて頂くだけで、”素敵な女性”になります。

170270504_o2

このフーディーは、一切の無駄を省いた「シンプルでベーシック」が基本になっていることもあり、ゴチャゴチャした子供っぽさは皆無。

大人の女性のカジュアルには、やり過ぎはナンセンスです。

「引き算の中から作りだす個性」

を作れる女性こそが、やっぱり大人女性の御洒落観。

誰もが持っていそうで、誰もが着ていそうなスウェットのフーディーだからこそ、差別化したい物でもある訳ですね✨

今回取り上げているUPPER HIGHTSの商品全てに言えることですが、当たり前のアイテムだからこそ、一つ一つの形や素材、ディテールに拘りたい、そして、そんな心の満足こそが、

毎日を愉しくしてくれる

ものになって行くんですよね。

これから秋の装い選びをする方、是非UPPER HIGHTSの新作もチェックしてみて下さい。
何気ない毎日に愉しさが生まれるかも?知れませんよ✨

Top_Slideshow_UpperHights_AW22_002





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_8920

夕立空が続く毎日に、蒸し暑さもひと際強まって来ています。
こんな日は楽な恰好で過ごしたくなるもの。

日頃の服装で欠かせないものと言えば、やっぱりジーンズ。
ジーンズ一本あれば子供と戯れたりする時から、ちょっぴりお出掛けする時まで楽にスタイル出来ますよね。

中でもマルチに使えるミディアムな色落ちのジーンズは、誰もが一本は持っているであろう存在。
その使える色として代表的なのがRED CARDのAnniversary 30th(amu)。



シンプルに使えて、尚且つサイズの選び方次第で、ゆとりを持たせて履いたり、ジャストサイズで履いたり、履く人のスタイルに合わせ易いのが特徴。

IMG_9664

何と言ってもジーンズと言えばヤッパリ合わせたくなるのがTEEシャツ。
TEEシャツもホワイトやブラック一辺倒ではなく、色の変化をつけると見慣れた服装が違った印象に見えたりします。

IMG_9666

このUpper HightsのTEEシャツの色も、サンダルやベルト等と色をシンクロすると、単なるカラーTEEがちょっぴり”分かってる感”を醸します。

IMG_9665

ジーンズスタイルの場合、最も気を使いたいのが、こうした色のシンクロ。
ただただ色付きのTEEシャツと合わせるだけではせっかくのジーンズの魅力も色褪せてしまいます。

ちょっとしたプラスアルファが全体をアップデイトして見せてくれるのですね。

IMG_9667

同じ色合いでもニットになると、また雰囲気は変わって見えます。
同じカジュアルな装いなのに、ちょっぴり上品に映るのがニットの魅力。

このMASKAのニットは柔らかさや上質感が直ぐに肌で伝わるオーガニック素材という事もあり、ジーンズとの相性も極々自然です。

IMG_9668

ニットの上品さを敢えてローファーでカチッと見せるのも全体を上品にアップデイトする一つの手段。
シンプルになればなるほど、一つ一つのクオリティを上げて行くことで大人のカジュアルなスタイルは完成していきます。

IMG_9663

「いやいや、やっぱりジーンズにはホワイトでしょう」と言う方にはROYAL MERの刺繍やワッペンが施されたTEEシャツがお勧め。

シンプルさは崩さず、胸の刺繍や袖の小さなワッペンがエッセンスとして生きる一着です。
勿論、レイヤードにも向いてるので「ホワイトは何枚有ってもいい」と言う方に是非ともお試し頂きたいTEEシャツです。

IMG_9662

「カットソーじゃなくてブラウスやシャツがいいんだよね」と言う方にはFIL NOIRのリネン素材のショートスリーブがお勧め。

特徴的な袖の形とリネンらしい味わいのある表情がジーンズと好相性で、微細なストライプがより魅力的に魅せてくれます。

IMG_9661

更に「クリーンに見せたい」と言う方はハリの活かされるROSSO35のストレッチコットンのシャツもお勧めです。

ストレッチコットンの魅力と言えば、何と言っても素材のハリが生きる事。
伸縮性も然ることながら、その素材の恩恵はハリに顕れる為、着た姿は周囲に涼し気に映ります。

このシャツのミッドナイトカラーとジーンズの色、そこにベージュのサンダルの色を加えて、「上品だけど抜けた感じ」を作ると、御洒落度も洗練されて見えます。

IMG_9657

そして最も”当店らしい”ジーンズスタイルとしてお勧めしたいのが、同じくストレッチコットンを使用したBARBAのストライプブラウス。

IMG_9659

ハッキリしたストライプのコントラストは、ミディアムな色落ちと”絶対”な相性を作ります。

男性でも多いネイビーストライプとジーンズの組み合わせは、そのクリーンなイメージとジーンズスタイルを綺麗に、素敵に見せてくれる代表格。

IMG_9658

足元にもエキゾチックレザー(これは型押しですが)を合わせて、ジーンズスタイルに欠けがちなインパクトを加えると、より全体がシャープに見えます。

ご存じの様にジーンズの可能性はとても大きく、ジーンズ無くして御洒落は成り立たない程。

御洒落にとって欠かせないジーンズは、”当たり前”の組み合わせでも、プラスアルファを加えたり、色のエッセンスを足すだけでガラリと印象が変わります。

一年を通じて出番の多いジーンズは「一本持っている」からではなく「何本も揃えておく」のが定石。

もはや生活の一部となっているジーンズ。
そろそろ買い足そうと思っている方、色を足したいと言う方、更には着替えようにもう一本と言う方も、是非店頭でお試し下さいね。


《写真使用商品》











※ROSSO35のシャツは店頭のみでのお取り扱いになります。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5878
少し寒いかな?と思った矢先、スキー場ならば大喜びの上質な雪が舞い始め、あっという間に路面は真っ白に。

1月の雪とは違い、少し湿り気の多い2月の雪は寒さとは別に「滑る」「転ぶ」が気になる特有の雪。
寒さ対策はもちろんのこと、街中でのスリップや転倒にはくれぐれも注意したいところですね。

さて今日ピックアップするのは、昨日ジーンズでもご紹介させていただいたupper hightsのトップスです。

もともとTEEシャツなどもクォリティの高さから人気だった同ブランドのトップスですが、今日のカジュアルな装いにピッタリとも言えるスウェットシャツは、upper hightsらしくアップデイトされています。

IMG_5961
多くの場合メンズサイズを女性が身に着け、オーバーサイズフィットとして着る機会が多い、これらのフィットですが、upper hightsのスウェットシャツはあくまでも女性が着る事が前提で作られたバランスによるフィット感。

ただ大きなフィット感と言うだけではなく、肩や裾など女性らしさを見せる部分に柔らかな印象を与える計算された一着であることが伝わって来るものです。

IMG_5962
フレンチテリーのような滑らかな表面を持つミニ裏毛の素材(裏側が極微なループ状になっているもの)は、この素朴で程よい粗野感を生みだす中で大切な表情でもあります。

ただただ素朴な素材はスタイル全体をチープなカジュアルに見せかねませんが、表面が滑らかと言うだけで充分その存在意義は伝わってくるものです。

IMG_5963
メンズサイズの物と大きく違うのは、”大きさを見せる場所が違う”ことです。
上下左右のゆとりを作るのではなく、身幅はドルマンスリーブ並みにアームホールを持たせ、ただのルーズな見え方から、女性らしい華奢さを見せるものになっています。

IMG_5968
また特筆すべきが各部のリブの太さ。
首、袖先、裾に使われているリブは迫力のある太幅リブによって、このスウェットシャツの存在感をより確かなものにしています。

IMG_6010_100
無論、同じupper hightsのジーンズとの相性は言うまでもなく、どちらも高いクォリティを見せる”究極のデイリーウェア”として、日常のスタイルを一つステップアップして見せてくれます。

雪の日に滑っても、転んでも「洗えばお終い」のスウェットシャツ。
季節に関係なく、常に日常の装いの一つになっているスウェットシャツにも、凝った作りの一着を取り入れて見ませんか?







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月24日、3月3日、10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ