IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:MooRER

IMG_3882

週末にやって来た急な寒気。
週明けの今日は日中から冷たい風が吹き、いよいよコート無くして出歩け無さそうな寒さになりました。

ここまで冷え込むと途端に暖かな飲み物が欲しくなりますよね。
秋ほどコーヒーが美味しいと思える季節は中々無いのかも知れません。

こんな日はのんびりスロージャズでも聞きながらソファーで寛ぎコーヒーでも、と思ってしまいます。(素敵なご自宅ならば…)

と、そんな妄想もしつつ、今日は急激な寒さの到来に合わせて、一本のジーンズを中心にお勧めをピックアップしてみました。

IMG_4743

中心になるのが、このRED CARDの新作Anniversary30th。

既にサイトや店頭でご覧頂いている方もいらっしゃると思いますが、今季のブラックは一般的なブラックデニムの生地に比べて、縦糸横糸の黒の分量が多い為か、非常に黒々している?ブラックデニムといった感じになっています。

カツラギ素材のように全体がブラックで染まっているものよりも、素材から得る立体感が有ったり、また前述のように一般的なブラックデニムの生地より黒っぽかったり、と、同じようなデニムを隣同士に並べて見ないと分かり辛いですが、より秋冬らしい表情のブラックデニムとでも言いましょうか、今の季節にピッタリの一本なんです。



このジーンズを中心に、「暖かさ」と「日常」をキーワードにして、お勧めしたいのが

IMG_4735

先日もblogに登場したMc Georgeのタートルネックです。

ニットその物のクォリティが高く、暖かさは抜群な上に、より日常的に取り入れ易いのがポイントです。

IMG_4734

足下はスペインのシューメーカー”Marian”のタッセル・ローファー。

このベルベットの素材感がRED CARDのジーンズの表情にピッタリ合うんです✨

IMG_4754
(※写真の素材はカツラギストレッチ素材)

一般的なブラックデニムの生地で合わせた時と比べると、表情に差がある事が判ると思います。
ベルベットの魅力が活かされるのは、やっぱり生地に立体感があった方がより見栄えがイイんですね。

IMG_4755

比べてみると、これだけ表情の違いが顕れます。
(上が今回のブラックデニム、下がカツラギ)

IMG_4733

こうしてニット、ローファーと組み合わせると、全てのアイテムが立体的な素材ばかりでまとまり、(一見しては判らないかも知れませんが)実際に似た様な格好の人と比べると、グッと差が出るほど立体的に見えます。

素材その物にボリュームがあるお陰でバッグは小さく”こじんまり”がベスト。
日常の装いを上げるも下げるも、一つ一つの素材だけで変わる好例と言えるかも知れませんね✨

IMG_4737

同じ、ニットとの組み合わせでもDaniele Fiesoliの圧縮ニットを使ったものだと、ボリューム感にプラスアルファを加えると魅力が増します。

IMG_4738

コンパクトなスカーフサイズを首元に”色”として挿してあげるだけで、首元も暖かく、そして見た目も変わります✨

IMG_4736

ローファー以外にも、VICTORIAのハイカットスニーカーも、この”色”ならばデニムの立体感に呼応してくれるはず👍

もはや定番色の一つになったシルバーカラーも、ホワイトのような取り入れ方で、より魅力的な足元を作ってくれるマストなカラーになっています。

一つ一つのアイテムがシンプルであれば、あるほど、ちょっとしたエッセンスや素材の違いで、見栄えは大きく変わります✨

「もう、寒くて耐えられない!」と言う時は、やっぱり”一点投下”で威力倍増のMooRERが絶対です✨

IMG_4741

今季はこれまでの同型と比べて、唯一違う点が「カシミアを混紡している」こと。
表情も豊かさが増し、立体感が判り辛いブラックカラーなのに、奥深さを感じる深~い色合いに仕上がっています。

IMG_4740

足下は筒口がチョッピリ広めなMarianのショートブーツで。

この”チョッピリ広め”がキーワードで、ピッタリ足首にフィットするタイプと比べると、今回のジーンズのようにテーパードなシルエットの物だと、裾を中に入れる事も出来るんです✨

勿論、裾を外に出してもOKです✨

IMG_4739

インナーはその日の気分で、スウェットを着ても、ニットを着ても、このMooRERのダウンさえあれば、暖かさは必須。

そして今日のポイントでもあるRED CARDのジーンズの表情とも勿論マッチします✨

急に寒くなり、「御洒落は考えられな~い」と言う方は是非参考に、一つ一つの表情に着目してのお買い物も、たまにはイイですよ?✨


【写真使用商品】











【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

多くの場合、メールの受信設定によるものが占めており、スパムフォルダー等に混入しているケースもございますので、改めて設定のご確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1463

あっという間に寒さがやって来る今週の夕刻。
昼間はなんとなく過ごせても、夕方になると途端にコートやダウンが欲しくなる、そんな気温差が続いています。

今週は急激な気温低下にアウター等を探しにいらっしゃる方も増え、少しずつ本格的な秋支度が始まっています。

今日はそんな寒さを物ともしない”究極の一着”が到着。
先週もお伝えさせていただいた世界有数のラグジュアリーダウンブランド”MooRER”のコートがそれです。

IMG_0840

この秋冬分の展示会の際、真っ先にオーダーを決めたこのコート。
サンプルではオリーブ色の様な色合いでしたが、当店がこのコートに使いたかったのは、この中庸な(MooRERらしい)アイボリー系のカラー✨

IMG_0849

このコート、実はライニングにダウン(最高品質のプルミュールダウン)を用いる事で、寒さを物ともしない高い保温力を誇るのですが、ただそれだけでは終わらないのがMooRER。

IMG_0841

表地に使用しているのは(勿論最高品質の)カシミア混ウール素材。
毛足が長く、毛並みすらもわかる非常に美しく艶やかで柔らかなウールファブリックが使われています。

IMG_0844

その優れた素材を”コクーン状”のシルエットデザインを持つダブルブレステッドのチェスターコートに仕立て、各部のステッチやディテールは勿論、先述のダウンライニングを差し引いても「一着のコートとして完成されている」デザインなのです。

IMG_0836

このデザインは着膨れをしないメリットがありつつ(ダウンをライニングしたことで)中が圧迫されたり、沢山着こむ事が出来ない等のデメリットが回避されています。

IMG_0843

前の袷はあえてボタンピッチ(ボタンとボタンとの間)を狭く取り、前を閉じてもデザイン上の見え方として綺麗にまとまりのある物に見せています。

IMG_0847

そして凝ったディテールとして肩回りの作りが挙げられるのですが、通常スプリットラグランで作られるアームホールが、少々変わったスプリットラグランに仕立てられており、前からはセットインでもなく、袖方向への割も無く、肩上部分に設けられたダーツのみと、背面のラグランの仕立てだけで作られている為、女性らしい”自然な丸み”が作られています。

IMG_0848

コートとしての完成度は、こうした立体的なシルエットを生む上でも必要なディテールで構成され、ダウンばかりではない、MooRERのラグジュアリーとしての魅力を最大限に発揮していると言えます。

IMG_0837

またライニングのダウンはパンパンに詰め込まれるものではなく、あくまでもフラットに散らされるような大き目のステッチによってダウンパックが縫い込まれ、稀に見る”ダウンパックの凹凸が表地に見える”ような無様さも無く、何より着ている人が圧迫感を感じない「自然な着心地」が約束されています。

IMG_0838

ダウンのクォリティは言わずもがなですが、零下数度の寒さでも暖かさを維持する事を示す”御馴染の表示”も備わっています。

IMG_0852

この美しく淡いアイボリー系の色を、ライトグレーやライトベージュ、ホワイトなどと共に同じトーンで統一するだけで、とても上品で、高級感と女性らしい演出が出来るこのコート。

IMG_0853

冬の一着を購入しようと考えている方や、「暖かいアウターが欲しいけれどダウンはちょっと抵抗がある」と言う方、はたまた「仕事での通勤にも使える”暖かい”コートが欲しい」と言う方は、是非今回の新作はお勧めです。

装いの上では上品に、でも暖かさはダウン並み、と欲しい物全てが一着に詰め込まれたMooRERの新作コートを、是非この機会に体感してください。

毎日羽織るのが楽しみになり、羽織る度に「買って損無し」と感じさせてくれる一着ですよ✨








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_9531

再びどんより曇り空に包まれ、湿気もいつになく多い気がする週末。
暖かかったり、寒かったり、この繰り返しが少しずつ空気を冷たくしているのかも知れませんね。

さてさて、洋服は既に冬を想定した物選びの時期に入っていますが、皆さんは今季コートなどアウターの新調予定は在りますでしょうか?

もし新調を検討されている方がいらしたら、是非その検討の一つに加えて頂きたいのが、今日ご紹介するMooRERの新作です。

Top_br_MooRER_001

MooRERと言えば、並み居るアウターのブランドの中で群を抜いてラグジュアリーなステージを確立した類稀なブランド。

使われる素材、パーツ、製品に至る全てのオペレーションに完璧な管理をするブランドは、錚々出会えません。

当店では様々なブランドのアウターを扱って来ましたが、そのどれもが異なる魅力や歴史を持ち、購入する方の嗜好によっても選び方が変わります。

ただ、その中でも”特に”抜きん出た”製品的魅力”を発しているのはMooRERに他なりません。

コートやダウンを選ぶ際、多くの人がデザインや色、素材の中から、自分が気に入るデザインや色などを選びます。

MooRERには”MooRERらしい”デザインや色が在り、それは他ブランド同様特徴的なものでもありますが、モード性のあるブランドほど突飛な華やかさを纏っている訳でも在りません。

では何故MooRERのダウンやコートに特別な魅力を感じるのか?

それは、掛け値なしに『全ての品質が高いから』。

品質が高いから、ただそれだけで惹かれる訳ではありません。
そこには一つのダウンやコートが作られるまでの背景があり、またMooRERが考えるラグジュアリーの在り方があるからなのです。

MooRERの製品をオーダーする時には、一つの形に対して、使う素材がクォリティ別に用意されていたり、更にそれらに色のバリエーションがあり、”同じ形”の中にもオーダーする素材のクォリティによって、価格も品質も上限が無くなるほど、高品質になっていく、MooRERならではの特徴があります。

とは言え、クォリティを下げたからと言って、良く無いものが出来上がる訳でも無く、一つ一つの品質と、作り方の丁寧さや管理によって、全てのMooRER製品が常に高い次元で成り立っています。

IMG_9826

今回当店がオーダーした、このSUNRISEと名付けられているモデルは、MooRERのダウンコートの人気を二分するほど高い人気を誇るモデルですが、年々高騰する副資材や主な資材の価格を考えると、かなり価格を抑えた状態で維持していると考えられる一着です。

IMG_9827

主に使われるウールのシェルは、間近で見ると判る毛並みや丁寧に整えられた高品質な生地。
それらに高品質なナイロンシェルを組み合わせ、今となっては定石とも言えるハイブリッドなダウンコートが、このSUNRISE。

IMG_9825

今回、このモデルをオーダーするにあたり、当店がどうしても欠かせなかった色が、この”LAVAGNA”と言う色。

イタリア語で黒板?を指す言葉の様ですが、実際にはオリーブ色とグレーを混ぜたような、如何にもMooRERらしい中庸な色合いなのです。

IMG_9830

この中庸な色のウールに合わせ、同じトーンのナイロン素材を組み合わせた、見事な異素材コントラストはMooRERらしさの特徴の一つ。

IMG_9831

袖、裾、フードの一部にナイロン素材を使い、その他は全てウール素材。
一つ一つが上質な素材で固められると、たったそれだけで”目に訴えかける”魅力は、確かに伝わって来るものなのです。

恐らくは、それを”上質”と表現すべきなのだと思います。

IMG_9835

中綿となるダウンには95%:5%の割合で、パンパンの状態に詰め込まれ、初めてMooRERのダウンに袖を通す人の多くが、その内容量に納得します。

またMooRERのダウンは裏地のラペルに記載されている適応気温などがメーター表示されており、MooRERの製品の中にはマイナス25度まで耐え得ると言うような強力なダウンも存在します。(ヘルシンキと言うモデルがそれにあたります)

IMG_9829

素材、中身、そして無駄のないシンプル且つデザインされた形によって、MooRERのダウンコートは他のダウンやコートとは違った威光を放ちます。

IMG_9833

日本の冬は世界の中でも降雪量が多いとされており、寒さだけじゃなく降る雪に対しても気を使います。
MooRERのウール素材は殆どが弱撥水性を持ち、余程の大粒の雪の中に埋もれたり、土砂降りの雨の中に居続けない限り、ササっと掃うだけで水滴となって落ちて行きます。

IMG_9834

高い実用性と高い保温力、そして優れた素材とデザインによる完成されたダウンジャケットやダウンコートを揃えるMooRERにとって、

本当の高品質とは何か

を肌で感じるのに最も相応しい存在が冬のダウンコート。

IMG_9823

全ての価格高騰が叫ばれている今、”確かな物を手に入れる”ことが、結果的に大切に愛着を持って着続ける事につながり、それは一種のサステナビリティでもあります。

年々ラグジュアリーブランドの価格が上がり続け、その中でも比較的価格維持に努めている方でもあるMooRERは、きっと今冬の入手が最も賢い選択かも知れません。

少々難しく書いてしまいましたが、今回のこのダウンコートは、色、素材、形、全てに合格点を与えたい、当店イチオシの一着です。(簡単すぎましたね…)

MooRERを既にお持ちの方も、まだ試された事の無い方も、是非この冬はMooRERの新作をお試し下さい✨








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


昨日の雨もすっかり上がり、空は青く広がり小春日和を思わせる一日となりました。

今日3月11日は東日本大震災発生の日。
つい最近の出来事に感じる、あの大きな災害も気付けば早9年が経っていました。

いまだ被災地には9千人以上もの仮設住宅での生活を強いられている人達がいると言います。
昨年自然災害を身近に感じた私達長野市の人間にとっても、震災の悲惨な現状が目に浮かびます。

yahoo001
今日、Yahoo! Japanでは、検索に「3.11」の文字を入れて検索するだけで、Yahoo! Japanから被災者へ向け10円が寄付されると言う催しが成されていました。

多くの誰もが使うポータルサイトであり、また検索窓に3.11と入力するだけで人助けが出来るこの素晴らしいアイディアと行動を行ったYahoo! Japanさん、とても素晴らしい事だと改めて感心し切りの一日でした。

見ず知らずの人に手を差し伸べる事が出来る事、そしてそれを受けた人々が再びどこかの誰かに手を差し伸べる、そんな人の心と心のシナプスを繋げる役割を大きなサイトが行う意義は、とっても大きな事だと思いました。

一日も早く震災被害者の元に日常が戻る事を我々も祈りたいと思います。


さて、ここからは店内のお話です。
今日は昨日入荷したMooRERの新作に早速多くのお問合せを頂きました。

792d9052
昨日、説明の言葉足らずで大きなポイントに触れていない事に気付き、今日は改めて補足を記させて頂きます。

今回のダブルフェイスのコート(以下、ジャケット)は、表地と裏地の色のコントラストが美しい事は既にお伝えの通りですが、実はこのジャケット、皆様のご想像通り、「リバーシブル」なのです。

ee2823b5
カラーは昨日のブラック×トープ、そしてこのアイボリー系のライトベージュ×ホワイトの2色展開で、どちらも裏返せば全く異なる雰囲気に見せる事が出来ます。

29992927
袖のカフの作りも、普通と違った作りだな~と思われた方、相当鋭いと思います。
単なるディテールの遊びだけではなく、裏返した際、普通のカフの袷になるよう作られています。

IMG_9771
ボタンの形状が表と裏で異なる形の物を採用している事、また前立て部分にトリミングカラーとして(裏の)色が顕れる事によって、二つの表情を愉しむ事出来ます。

また両サイドのウェルトポケット(スリット状のポケット)は、表側からも内側からも同じ形状のスリットを通じて、中は同一の袋になる為、せっかくの軽さやしなやかで柔らかい雰囲気を壊す「厚み」を排除しています。

こうした細部こそがMooRERたる由縁でもあります。

IMG_9780
今回のジャケットには多くの方がお問合せを下さっています。
その多くが「シャツなのか?ジャケットなのか?コートなのか?」と言うものでしたが、形として一つの型にはまらないからこそ、このジャケットが新鮮で新しい魅力を与えてくれる物になるわけです。

色の美しさ、素材のしなやかさ、そして季節を幅広く使えるユーティリティ性と、全てを高い次元で行うMooRERの新作。

色を見て、素材を見て、そして袖を通してもっと魅力を感じて頂ける一着です。
是非この春の羽織り物候補に挙げて下さいね。


そして、ここからはメンズの新作をチョッピリご紹介。

YanSimmon001
昨年秋冬、当店に初めて登場したと思ったら、あっという間に完売してしまったイタリアのボトムス専業ブランド「Yan Simmon」(ヤン・シモン)。

このブランドはアパレルに携わる家系、そしてYan Simmonは某有名カミチェリアの下請けを手掛ける兄を持つ、弟のブランドとして近年躍進して来た新鋭ブランド。

その魅力は、クラシックを基本に持ち、時代を反映した優れたシルエットとディテールを取り入れたパンツ作り。

ただ綺麗でクラシカルと言うパンツではなく、そこにホンのちょっぴり「エッセンス」を加える事がとても上手なブランドなのです。

そして昨年のキャロットフィットのパンツに続き、今回当店がオーダーしたのが、このジャージー素材を使ったトラベルパンツです。

3e66b076
「_EASY」と名付けられたこのモデルは、コンフォートなラインナップとして様々なディテールを展開。

7e640601
中でも今回のモデルはドローコードを取り入れ、更に折り目にはエバークリース(ステッチ)、そしてボトム(裾)には後半分だけゴムを仕込み、想像できる多くのシーンで使い易く、またフレキシブルにどんなスタイルにも合わせ易い一本。

7d9be971
素材には伸縮性に富んだ、柔らかいのにしっかりとした安心感のあるストレッチ素材を使っている為、アスレチックなスタイルにも合わせ易い反面、エバークリースが施されているお陰で、ビジネスシーンにも使えるフレキシブルさ。

IMG_9786
裾は後ろ半分にだけゴムを仕込む事によって、一般的なジョガータイプのパンツではなく、あくまでも多くのスタイルに合わせ易さを作る為の部分的なディテールとして、実用性を大きく反映させています。

IMG_9787
また当店が最も気に入ったポイントが、この右後ろに配されたファスナー使いのポケット。
トラベルパンツとしての用途を充分に満たしているからこそ、適えられる実用性の高い仕様です。

IMG_9788
また元々ボトムス専業ブランドとして活躍しているだけあって、内部の作りは実に丁寧そのもの。

とにかく全ての用途を、この一本で賄ってしまう優れたパンツ。

b1ef5955
毎日のオフィス、休日のスタイル、そして長期の休みやビジネストリップまで、多くのシーンで活躍してくれる事間違い無しの一本です。

この手のパンツは数あれど、ここまで多くのスタイルやシーンに応じられる物は、実際数える位しかない様に思います。

今回のYan Simmonは、当店らしくもあり、また世の中の多くの男性に試して頂きたい超の付くお勧めの一本です。

是非一度お試しを。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

生憎の雨空で始まった今日。
今週は暖かな一日で始まり、今後しばらくは雨交じりの空模様が続きそうです。

ウィンタースポーツを楽しむ人々にとっては残念な小雪ですが、街中に雪が無い事は日常生活にとっては在り難くもあり寂しくもありますね。

季節情緒を感じる雪景色も、この冬は見る事無く終わりを迎えそうです。

店内では連日新しい商品が到着を進めておりますが、取り扱いブランドの多くをイタリアに頼る当店にとって、現在のイタリア情勢は非常に気になるところ。

私達日本の於ける状況も然る事ながら、イタリアでの状況も非常に心配です。

今後輸入に関わる様々な障害が露見されるかも知れない今回の事態。
早く対応策が見つかり、現在感染に苦しむ方にとっても、また予防に努める方にとっても、一日も早く収束のニュースを聞きたいですね。

今日はそのイタリアから到着したトップラグジュアリーの名を欲しいままにしている「MooRER」の新作をピックアップ。

当店でMooRERの女性物を取り扱いを始め彼是7年が経ち、その間代理店が変わる事3回。
販路が変わり取扱店も変わりましたが、一つだけ変わらない物が在ります。

それは

『常に最高の品質を提供している』


こと。

MooRERの歴史は意外と新しく、1999年に元々家業であったダウンジャケットの製造業を受け継いだ「モレノ・ファッチンカーニ」がイタリア、ヴェローナに創設した"ラグジュアリー・アウターブランド"。

verona001
ヴェローナと言えば、シェイクスピアの名作「ロミオとジュリエット」が思い浮かびます。
こんなロマンチックなストーリーの息衝く街に生まれたブランドと言う接点にも、何か心惹かれる物があります。

そんなヴェローナから世界へ向けて発信されるMooRERの製品には、妥協を許さないトップクォリティが全てに提供されています。

使われる生地や糸、ボタン等のパーツに至るまで、その全てに拘りが貫かれ、ダウン(羽毛)に至ってはイタリア政府のお墨付きなど、MooRERを知る人にとっては共通の認識。

<イタリア政府が品質を保証するダウン(中綿)の記述について>
---天然ダウン、保障製品
伊大統領令第845/75条および省令10/11/1976の保健衛生規格に従い洗浄殺菌されたガチョウの天然ダウンを使用した中綿
---以上が記されています。


ダウンジャケットで一躍、表舞台を席巻したMooRERにとって春夏のコート等アウターには、スプリングダウンの採用や、ストレッチ性のアウトシェルや美しい光沢のある生地など、春夏だけに現れる素材も多く、秋冬とは違った魅力を私達に見せてくれました。

そして今春、新たに私達がフォーカスしたのが、このストレッチ素材の一着。

26266867
まるでシャツジャケットとでも表現すべき、軽やかさと上品な佇まいを持つこのコート(ジャケット)は、ネオプレーン素材によく似た伸縮性と、柔らかく弾力性に富んだ素材を使用し、更にそれらをダブルフェイスに仕上げた特徴的な一着です。

IMG_9767
表地と裏地の色のコントラストが美しく、更にMooRERのオリジナルであるボタン等のパーツにも、美意識が窺える緻密な作りを見る事が出来ます。

IMG_9766
このダブルフェイスの生地は艶やかさもあり、目地の細かさと美しい色を作り出します。

IMG_9760
この生地の特徴でもありますが、色のコントラストを活かし、衿を立てたり

IMG_9761
袖を折り返す事によって、色を見せる楽しみ方が出来ます。

IMG_9762
こうしたディテールも、シャツ型をデザインの中心としている事によって楽しめるもの。

149235978_o1
MooRERのダウンジャケットのイメージとは全く違った、新しい春夏のイメージを、このジャケットは作り出しています。

IMG_9765
シャツジャケットの様でもあり、ハーフコートの様な着丈でもあり、その二つのメリットを生かして作られている為、季節的にも春から秋まで幅広く使える一着で在る事は間違いありません。

0b2aeda1
生地その物が持つ柔らかく弾力に富んだ触り心地と、非常に軽さを感じさせるエアリーな着心地、そして従来のナイロンを中心としたアウター然としたモデルではなく、あくまで軽く羽織れる物を意識して作られた今回のジャケットは、新しいMooRERの世界観を感じさせるのに相応しい存在です。

7ae8ecae
常に色のチョイスを迷わせるMooRER。
今回も素敵な色ばかりが並ぶ中、当店が選んだのは前出のブラック×トープと、このアイボリー×ホワイトの2種類。

IMG_9780
どちらも甲乙つけがたい素敵さで、お客様にとっては更なる悩みの種となりますが、MooRERは中庸な色合いを非常に上手に表現します。

例えば前出のブラックも、光の加減によってはミッドナイトブルーに見える不思議なブラックだったり、また元々得意としているペールトーン、それもこのアイボリーやブラックの裏地に使われているトープカラー(伊:Tortora=野鳩の意)等、穏やかで上品な印象を与える色を組み合わせに使います。

IMG_9769
それぞれの色に合った、それぞれの色のパーツ。

そのどれもが些細な事ですが、惜しげもなく時間と労を費やし、妥協のない一着を我々に提供してくれるのが「MooRER」です。

今回も魅力タップリの提案をしてくれたMooRER。
この春の羽織として是非手にして頂きたい新作です。

※一部のサイズは後日追って入荷いたします。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ