IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:MaxMara

IMG_5880

気温が落ち着き始め、ようやく夏物も少し出番が増えて来た最近。(夜は寒いけど…)

こうなるとお出掛けが愉しみになるのも時間の問題。

まだまだ海には早いですが、今日はリゾートにも連れて行きたいアイテムを幾つかピックアップしてみました。

IMG_6266

先ず一つ目が、この味わい深い色合いで作られたMax Maraのエスパドリーユ。

IMG_6268

エスパドリーユと言えば”スペイン”、まさにそのスペインで作られた今回のエスパドリーユは、細部の作りや形はもちろん、やはり目を惹くのがその色合い。

IMG_6269

春夏に増える多くの色との相性が良く、そして焼けた地面、照り付ける太陽にこそ映えるライトブラウンのアースカラーは、白のシャツ一枚でも素敵に見せてくれる魅力が有ります。

リネンのパンツやスカート、ホワイト、ベージュ、グレー、ブラウン、ストライプと、意外なほど沢山の色との相性が良いこのカラー。

IMG_6271

ラグジュアリーブランドらしい上品且つ上質な佇まいと、根底に流れるコンサバティブなテイストが顕れた私達イチオシの一足。

IMG_6274

専用の袋もついて、バッグの中に入れて持ち歩いても良し、街中からリゾート地まで常に使える、お出掛けを愉しみにさせてくれるエスパドリーユです✨

IMG_6259

そして二つ目は同じくMax Maraのスライドタイプのサンダル。

IMG_6261

レザーとトワル地を組み合わせた上品なカラーリングと、落ち着きの中に光る存在感が魅力の一足です。

IMG_6262

今シーズンのMax Maraに共通している、このエンボスのレタリングがアイコンになり、派手さは無くとも、その発せられる上品さや美しさは、誰の目にも確か。

IMG_6263

甲の部分がシッカリホールドしてくれる、この手のサンダルは脱げ辛く、それでいて合わせる洋服も選ばず、このサンダルもまた、どんなスタイルにも合わせ易い一足です。

IMG_6255

先ほどのエスパドリーユ同様、このサンダルもセミスクエアなつま先のお陰で、シャープに見えるだけでなく、爪先が出てしまったり(サイズが合っていなければ出てしまうかも知れませんが…)する事が無く、爪先も綺麗に見せてくれるメリットも。

IMG_6265

エスパドリーユのスペイン製に対して、こちらはイタリア製。
ブランドの拘りを形にしてくれる、それぞれのファクトリーが丹念に作っている事が伝わって来る一足です。

そしてこのサンダルと合わせて持ち歩きたくなるのが…

IMG_6275

このトワル地を使ったトートバッグ(当店は勝手にビーチバッグと呼んでいます)。

IMG_6276

肩にも掛けられるハンドルと程よく大き目のサイズは、持って行きたい荷物の殆どが収納可能。
それでもバッグそのものの軽さもあって、実用的である事をすぐに感じます。

IMG_6277

中央にはサンダルにも使われているレタリングが施され、色、モチーフ共にサンダルとシンクロ。

IMG_6281

反対側はシンプルで小さなロゴのみが施され、押し出し感の無さが(良い意味で)Max Maraらしいデザイン。

IMG_6282

”M”のモチーフに抵抗がある方は余りいないと思いますが(それ以前にこのバッグを手に取る事が無いと思いますが…(笑))、どちらを表にして持ってもさり気ない存在感。

IMG_6278

このバッグ、レタリングの方にはストラップが伸びているのですが、この部分にアイディアが組み込まれています✨

二重になったストラップ部分にはスタッズが。

IMG_6279

実はコレ、ブランケットやラグ、タオルなどを収める事が出来るパーツなのです✨

IMG_6280

スタッズの差込穴は数か所あるので、タオルでもブランケットでも、時には雑誌でも、色んなものがこの部分に収まります。

収めたその姿がまた心揺さぶるデザインなのです…✨

IMG_6284

軽さと荷物量の多さ、そして機能的なストラップパーツまで、お出掛け気分をグッと盛り上げてくれる今シーズンのバッグは、サンダルと合わせて持ちたい当店お勧めのコーディネート✨

いつもの服装も、この二つだけでガラリと変わって見せてくれる、Max Maraらしい”最も身近”なラグジュアリースタイル。

IMG_6283

そこそこ乱暴に扱っても耐え得る強度のバッグ、そしてエレガントな見た目を作ってくれる、サンダルとエスパドリーユ。

今回取り上げたMax Maraの3点は、どれも「お出掛けを楽しみにさせてくれる」アイテムばかり。

チョッピリ先の夏のリゾートや、休日のお出掛けに、是非この新作達で

お出掛け気分を盛り上げて

みませんか❓





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_3892

台風が3つも接近している今週末。
幸い長野地方には大きな影響はなさそうですが、こうして台風が大挙して来ることを顧みると、「あぁ、もう秋が近いんだな...」と感じてしまいますね。

とにもかくにも、四季らしい四季が無くなり始めている最近の日本。
喜ばざる到来ですが台風も季節の一つとして感じる物になっているのかも知れません。

さて、今日は「夏から秋」の”今”でなければ楽しめない御洒落を取り上げました。

IMG_4326

それが「Tシャツ+ダウンベスト」。
もはや定番的スタイルですが、春の終わりと秋の始まりにしか楽しめないスタイルですよね。

長袖のTシャツだと、どこか垢抜けない見え方になってしまいますが、半袖になると途端に素敵に見える。

IMG_4327

それがこのコーディネートの魅力。

ひと昔前には、みんな決まって”アノ”ロゴ付きダウンベストにTシャツを着ていたものですが、それも今ではひと昔。

今、このスタイルを楽しむなら、適度にベストの着丈が欲しいところですよね。

IMG_0454

今回使っているのはMax MaraのCubeの物。
軽くて暖かくて、シレー加工の表地が上品に光沢を生んでくれる一着。

IMG_0456

Tシャツで楽しんだ後は、ローゲージのニットと合わせたり、コートのインナーとして使ったり、とかく秋から春までは出番が多いダウンベスト。

IMG_0457

「ダウンベストがうまく使えない」と言う方もたまにいらっしゃいますが、あまり難しく考えることなく、ニットの上に羽織る、コートの中に着る、みたいな使い方をすると、徐々に自分のスタイルとして板についていくはず。

IMG_0461

今季は幾つかのブランドからダウンベストを仕入れていますが、Max Maraの物はシンプルで上品なのがポイント。

肩幅も狭めに作られているので、肩が出っ張ってしまう事もありません。(ここが広いと殿様みたいになってしまいますからね)

IMG_0459

そしてこのベストの最たる魅力が”色”です。

シレー加工の恩恵も在りますが、微光沢がより美しく見えるブラウンカラーと言う点。
これは大人女性としては欠かせないファクター。

マットな落ち着きも良いですが、やはりどこかに御洒落度を上げるものとすれば色や素材の光沢感は必要です。

IMG_0462

とにかく軽く持ち運びがし易いこのベストですが、クルクルと丸めてバッグに押し込んでおいても良いですし、ダウン=しっかり、のイメージは現代的には皆無。

中には軽い=寒い、的な物もあるかもしれませんが、このベストに至ってはあり得ません。

Max Maraではこのベストにも合わせられる幾つかのニットも仕入れています。

IMG_0482

ミルクティーのように穏やかな色合いの物

IMG_0488

ブラウンと好相性のミディアムグレー

IMG_0478

同系色のライトキャメル

IMG_0474

他にも着丈が長いモデルも在ります。

また違ったアウターで秋を始めたいという方には、こんなブルゾンタイプのジャケットも在ります。

IMG_0463

MA-1が基本ソースですが、袖がボリュームたっぷりの袖になったリラックスフィットのジャケットです。

IMG_0468

横から見るとこんな感じ。
ちょっぴりフレアに近いシルエットが、重苦しいイメージのMA-1型を軽快に見せます。

IMG_0465

特にスカートが多いという方には、非常に使い易い形で(もちろんパンツ派の方は言うまでもありませんが)、ウエスト位置が丁度ベルトラインに掛かる為、スタイルが作り易いのがポイントです。

と、Max Maraからはコーディネートアイテムが中心に揃っていますが、他にもダブルフェイスのコートなど新作が店頭に揃っています。

ともあれ、”今”楽しみたいベスト+Tシャツスタイルを是非お勧めしたい今日でした。





【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

多くの場合、メールの受信設定によるものが占めており、スパムフォルダー等に混入しているケースもございますので、改めて設定のご確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2766

急に暖かさがやって来た火曜日。
「もうそろそろタートルネックは要らないかな」
そう思わせる一日でした。

こうして徐々に春らしさを感じる日が増えて来ると良いのですが、まだまだ寒暖差の激しい毎日が続きそうですね。

今日は当店決算最終日。
これを機に沢山の方がご来店下さり、3月からは春の装いと組み合わせて愉しんで頂けそうです。

そんな今日ですが、Max Maraから”タウンユース”から”リゾート”まで使える、アクティブなライン”Max Mara LEISURE”の新作が到着しました。

このラインは、1951年の創業以降上質でクラシックな美学を一貫して物作りに生かし続けているMax Maraの、ナイトウェアやルームウェアなどを中心としたラウンジウェア、ワンマイルウェアとして位置付けられたもので、人によってはヨガウェアやジムウェアとして使ったり、アスレティックな要素を活かしたアクティブな品揃えが特徴。

柔らかさ、心地良さ、リラックスをスタイルに取り入れてくれるMax Mara LEISUREは、大人の女性に於ける「上品で上質なカジュアルウェア」として、街中から時にはリゾート地まで、様々なシーンで役立ってくれる物が多く揃います。

その中から、今日は3種類のアイテムをピックアップしてみました。

IMG_4424

先ず一つ目は、これぞワンマイル、ラウンジウェアと言えばのフーディー。
一口にフーディーと言えども、素材や形、色々なブランドが特徴を魅せるものでもありますが、Max Mara LEISUREのフーディーは、テーマ通り「心地良さとリラックス」を基本にした、ちょっぴりユル感のあるデザイン。

IMG_4426

肩をドロップさせ、ゆとりのある袖筒、前後の切り替えによるたっぷりした身頃など、どこをとってもリラックス感溢れるデザイン。

衿元はキーネック状のカットラインが、そのままフードに繋がり、自然で流れるようなラインが、より魅力的に見せてくれます。

IMG_4428

素材は滑らかでつるつるした感触のある生地を採用しており、もちろん伸縮性もありつつ、動き易さや着心地の良さを感じられる、まさにリラックスウェア。

日常のスタイルに取り入れ易く、当然タウンユースに適う他、リゾート地や海辺なら水着の上に直接羽織ったり、真夏にはショーツやサンダルと合わせたりなど、これからに季節にピッタリの一着。

IMG_4427

コード先端の金具に小さくロゴが彫刻されている以外、押し出し感の無い部分もMax Maraらしい上品さ。

レイヤードもし易く、そして着心地も良いお勧めのフーディーです。

IMG_4442

二つ目はコチラ、三者混のジャージー素材にも似た生地を使ったフレンチスリーブのワンピースです。
見るからに女性らしさ溢れるデザイン、シルエットは、さすがMax Maraと言った感じですが、このワンピースをより魅力的に見せているのが、このブラックをベースにホワイトのスプリットストライプの組み合わせ。

IMG_4444

生地そのものにコンフォート感を感じる他、ウエストの切り替え部分にはゴムを使用し、ウエスト下から裾までのラインも、緩やかなフレアシルエットで、誇張し過ぎない(あるいはフェミニンに見せ過ぎない)大人のフレアシルエットが、このワンピースに着心地と”締め付け感”の無いコンフォート感を与えています。

IMG_4443

大人の女性にとって、気になる箇所(例えば二の腕だったり、腹部だったり)を上手にカバーしてくれるデザインと、柔らかく伸縮性にも富んだ生地とが相まって、ここにもまたMax Mara LEISUREらしい、気楽さや心地良さを持ちながら”デザインフル”に見せる技が見え隠れします。

毎日の装いにはカーディガンやデニムジャケットなど、リゾート地や海辺にはハットとサンダルを、等々Max Mara LEISUREのアイテムには、どんなシーンでも使える物が多い所が一番の魅力です。

IMG_4429

そして最後にお勧めするのが、前出のワンピースと同じ素材を使った、ロングのペンシルタイトです。
勿論、素材から得る着心地の良さもあるのですが、このスカートではTEEシャツやカットソー、ビーチサンダル等と合わせてカジュアルに使う他、トップスにシャツやジャケット等を組み合わせると、オフィスユースでも対応可能な部分が魅力です。

IMG_4431

ウエスト内側に仕込まれたゴムによってウエスト位置を変えたり、作ったり、それによってハイウエストに見せる事が出来たり、ルーズに見せる事が出来たり、この楽しみ方はアレンジ次第。

IMG_4432

色やシルエットがシャープな分、組み合わせ次第では”デキる感”のある女性を演出することも。
また単にピッタリするだけのタイトではなく、腰回り(腿回り)から裾までのラインが、所謂普通のタイトスカートに比べて、急激な絞りでは無い為、ちょっぴりタイト目のボックスタイト?のように見える絶妙なシルエットなので、着丈の長さも相まって、それほどピッタリ感を感じる事は無いのかも知れません。

ここまでご紹介して来たMax Mara LEISUREの新作は、どれもカジュアルでありつつ「使えるシーンの多さ」が最大の魅力。

日常にちょっぴり女性らしさを取り入れたり、或いは着心地優先でもかっこよく居たい時など、女性ならではの特権でもある「女性らしさ」を表現出来る新たなコンフォートウェアとして、お勧めしています。

他にも店頭には同ブランドの新作が揃っておりますので、是非一度お試しを✨

あまりの着心地の良さに脱帽します。







【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1419

あっという間に7月が過ぎ、今日から8月が始まりました。
歳を重ねるごとに暑さを、より厳しく感じておりますが、今年の夏は特に暑さを実感している様な気がいたします。

IMG_0689

若かりし頃とは違って、常に水分補給が”仕事”のような毎日ですが、(若いころと違って)浮腫むどころか際限なく吸収しております…。

皆様もマメに水分補給を怠りなく。

Top_Slideshow_Fanl_ClearanceSale_SS_2022_001

今日から店頭は今夏最後のセールに突入しております。
セール期間は8月21日(日)まで、期間終了後は一部のブランドの定番商品等についてはセール価格終了となりますので、是非この機会に更なる装い充実を計って下さいね。

まだまだ続く今年の猛暑、洗濯回数を少なくするためにも”着替え”となる服の増量は必須(?)
暑さに負けず、是非毎日の御洒落を愉しめますように✨


さて、一部のブランドからはプレフォール商品が到着しておりますが、今日は

「今すぐ着れる」

プレフォール商品を幾つかピックアップしてみました。

今日取り上げるのはMAX MARAの新作4点。
ご存じの通り、MAX MARAの商品は”オンライン販売”や”WEB掲載”が許されておりません為、チョッピリ魅力をご覧頂こうと思います。(blogは大丈夫なのでしょうか…)

IMG_1750

一つ目はMAX MARAらしい大人の女性にこそ似合う大人フェミニンなプリーツスカートです。

非常に細かな折目が、不必要に開く事なくあくまでも控え目なフレアを描く美しいシルエットが魅力です。

IMG_1751

ウエストはエラスティックの仕上げで、勿論履き心地もありますが、この部分を見せる事によってウエストコンシャスに使えたりするのも魅力の一つです。

IMG_1752

そして何より目を惹くのが、この綺麗なグラデーションです。

IMG_1753

トップの落ち着きのあるネイビーから、ボトムへ向かい穏やかに色を淡くしています。

IMG_1754

素材の上質さが判る生地の表情や美しいシルエットは、この色の変化によっても支えられていることが判ります。

IMG_1755

ごく一般的なフレアなプリーツスカートとは違った、大人の女性が身に着けるべき上品で少し女性っぽい色艶を感じさせるシルエットは、MAX MARAらしさを存分に感じさせてくれる一着です。

晩夏にはカットソーやTEEシャツと、秋冬には梳毛のニットやジャケット等と合わせ、一年のうちの大半を使う事が出来るお勧めのスカートです。(商品コード:AU23WSK1-MM-GB、価格:43,000円+税)

IMG_1758

2つ目は、同じく年間を通じて多くの季節で使える、非常にしっかりとしたハリと素材が魅力のストレッチ素材のパンツです。

IMG_1756

とてもシンプルで無駄がなく、シガレットレッグの綺麗なシルエットが生かされたホワイトのパンツ。
どんなスタイルにも合わせ易く、また突出したディテールを盛らないのがMAX MARAの一つの魅力でもありますが、このパンツはまさにオフィスから週末まで多岐に使える一本と言えます。

IMG_1757

安心感のある素材のクォリティは流石の一言で、コート等と同様にMAX MARAの布帛系アイテムには、優れたクォリティコントロールを感じさせる物が在ります。

IMG_1759

一切の無駄を省き、シーズンレス、エイジレスに使える”ホワイト”のパンツは、中々納得のいくものに出会えないもの。

IMG_1799

またこのパンツはストレッチ性(何度も言いますがとてもシッカリとした感触の素材です)が魅力でもあり、加えて股上が程よい深さで作られていることもあり、履き心地にも安心感があります。

オフィスユースの方にはジャケットやシャツ、ブラウスと、またカジュアルユースの方には、今ならボーダーのトップスや半袖のニットなど、秋冬にはニットにブルゾンと、全ての御洒落を助けてくれる、お勧めの一本です。(商品コード:AU23WPT1-MM-WH、価格:32,000円+税)

IMG_1766

そして三つ目は、前出のボトムス達との相性も抜群に良い、横畔編みのニットプルオーバー。

全体的にふんわりとしたシルエットは、ただ大き目なゆとりを作っているのではなく、あくまでも着丈とのバランスが全てを司っている秀逸な一着。

IMG_1767

一般的な畔編みのニットが縦に編み目を使うのに対し、横に編み目が走る編み方や、肩をラグランにしたり、袖や身頃のゆとりがデザインされているかのような立体感を作っています。

IMG_1768

「もう大きいだけのニットは飽き飽きしてしまった…」
と言う方も多いと思いますが、シャツやブラウス同様、ニットウェアにも少しずつ変化が出始めています。

春夏ならまだしも、レイヤーの機会が増える秋冬は、こうした些細なバランスが命となる時があります。
コートやジャケット類などアウターに長目の物が増える分、インナーにはそれらに相性の良いバランス、ボリュームが求められるのは必然。

このニットはまさにそんな痒い所に手が届いている一着です。

IMG_1769

また色合いも絶妙で、ネイビーはネイビーでも、ほんのり藍色掛かった中庸な色合いをしています。

IMG_1770

バッグ等に茶系が増える秋冬には、上品な組み合わせが叶う独特の色合いです。
また季節的にも(素材がコットンの為)幅広く使える事もあり、真冬以外の全てのシーズンを愉しめます。

前出のボトムス2つとの相性は勿論言うまでも在りません。
上下組み合わせての購入もお勧めです✨(商品コード:AU23WKP1-MM-NV、価格:33,000円+税)

IMG_1760

そして最後にお勧めするのは、デニム素材を使ったロングシャツです。

元々実用性の高いアイテムが多いMAX MARAのラインナップの中で、デニム素材のバリエーションは、(失礼ながら)どこか付け焼刃的な印象を受けざるを得ませんでしたが、最近のコレクションでは見事にデニム素材の使い方に開眼しているように見受けられます。

IMG_1761

このシャツもまた前出のニットと同じく、ただ大きなだけではなく、身頃や袖筒などが絶妙なバランスで整っている点がポイント。

IMG_1762

また重すぎず軽すぎずの程よい重みのデニム素材(コットン100)を使うことで、衿の開きや立ち、各部の立体感が出やすく、スタイルを作り易いのも大きなポイントです。

IMG_1764

この素材のお陰で、シャツとして以外にも羽織として使う事が出来たり、またレイヤーもし易い特徴も踏まえると、こちらもまた季節を問わず使える一着と言えます。

IMG_1765

このボリューム感を活かして、細身のパンツを合わせたり、レギンスや冬にはタイツにブーツ、時にはカジュアルにベルトを加えたり等、女性らしいカジュアルの演出もし易い一着。

IMG_1763

更にシャツの上からストールやマフラー、或いはファーベストやダウンベスト等、季節が進めば進むほど、レイヤードが楽しくなるのもデニム素材の魅力。

デニム素材のシャツと言うだけでもシーズンレスアイテムと言えますが、MAX MARAらしいエッセンスを感じさせてくれるのも、またこのブランドの”見えない”魅力の一つかも知れません。(商品コード:AU23WSH1-MM-SW、価格:41,000円+税)

MAX MARAのプレフォール商品には、シーズンレスを直感させてくれるアイテムが多く、またベーシックなアイテム程、長く愛せる物が多く揃います。

今シーズンのMAX MARAからは、こうしたベーシックを基本に仕入れておりますので、是非今後の新作との組み合わせを愉しみつつ、日頃のスタイルに取り入れて頂ければと思っています。


※MAX MARAの商品はWEB上での販売が許されておりません為、オンラインストアへの掲載予定が在りません。
気になる商品がある方は各写真に付随する商品コードを店頭までお伝え頂き、詳細などお問合せ下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0842
梅雨空を思わせる空模様に、昨日は皆既月食を見る事も適わず、今日も小雨空で始まった一日になりました。

今日は鬱蒼とした天候を他所に、気持ちを落ち着かせるアースカラーを使った穏やかな色合いの組み合わせをピックアップしてみました。

暑い日、寒い日をやり過ごすには軽い羽織も、トップス、ボトムスも、バッグや靴も、その日に相応しい組み合わせを考えるのが億劫になる時期でもあります。

そんな装いを考える時、もっとも簡単なのがベージュを基調としたアースカラーで装いを揃えて置く事。

他の色と違い、色のコントラストが付き辛く、とても楽に季節感を作る事が出来る特徴的な色合いです。

IMG_1415
ベージュ(トープ)をバッグや靴で取り入れ、オフホワイト中心に寒い日の装いを組み立てても、ホワイトの分量が多いと爽やかな印象が与えられ、季節的にも丁度今位の季節に最適な色バランスに。

IMG_1417
IMG_1416
春から秋まで季節を隔てて使えるトープカラーやベージュカラーは、一年のうちで最も登場回数が多い色。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/FELISI、ローファー/Oriental)

手持ちのホワイトを組み合わせるだけで、考える手間が省けるのも、この手の色の便利な部分ですね。

IMG_1429
アースカラーとして持って置くと便利なのが、このスカートのようなしなやかさと艶やかさのあるサテン地のアイテム。

ニットやカットソーとも組み合わせが効く他、オンオフ両方に使えるのも、サテン地のメリット。

IMG_1430
真夏には”敢えて”ブロンズ色のビーチサンダルを合わせ、一気にカジュアルダウンして、真夏の装いを奥深い色合いに見せてくれます。
(写真使用商品:バッグ/Charles et Charlus、スカート/Studio Max Mara、サンダル/Henry Henry)

バッグの色、スカートの色、トップスの色、全てにアースカラーが加わると、微妙な色の違いが良いアクセントになり、夏の装いに魅力を与えてくれます。

IMG_1425
アースカラーに飽きて着たらブラックではなくネイビーを加えると、色の親和性もあり、コントラストがアクセントになります。

この写真で使っているニットも、もとはメンズのBAFYの物ですが、女性が着ることによって丁度肩がドロップしたフレンチスリーブの様になり、まさに今日的なスタイルになります。

IMG_1428
ニット以外の色は全てベージュカラーで統一し、トップス一点で、全体の雰囲気が変わります。
アースカラーが揃うと、加えるコントラストカラーも数少なくて済み、意外とミニマルな装いを心がける人にはお勧めかも知れません。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1421
前出の組み合わせから更にボトムスもトップスと同色にすると、バッグと靴だけのコントラストに変わり、逆の組み合わせパターンが楽しめます。

お仕事にも使えそうな組み合わせは、オンオフ共に使えるフレキシブルなパンツの存在が大きく占めています。

IMG_1422
このBARENAのトラウザーはシワの加工が施されているにも関わらず、基本設計がメンズ仕立てのパンツに在る事から、カジュアルな素材に見えつつも、実際には凛とした雰囲気も生んでくれる等、基本がしっかりしている物だと、全体の印象も大きく変わるという事が伝わります。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/BARENA、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1434 (1)
こうしてアースカラーを中心にアイテムを揃えると、想像以上に簡単に毎日の装いが考えられる他、1色挿すだけで全体の印象も変えられる等、実は意外なほど簡単に装いが作れるんです。

寒い日、暑い日、春、初夏、そして真夏と、その季節の多くに使われる事の多いアースカラーは、同系色を増やして揃えて置く事が、オシャレを作り易くする最も近道だったりします。

これからの季節に向けて、是非アースカラーを増やしてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ