IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:LucaGrossi

IMG_2281

あっという間に今年も11月がやって来ました。
街中には早くもクリスマスツリーが飾られ、いよいよ今年も残すところ僅かを意識させられます。

日々寒暖差が激しくなり、今週も寒い日が比較的多い気がします。
外出にもアウター無しではいられない日も増え、少しずつ冬を意識した装い作りが必要ですね。

今日はそんな季節にピッタリなLuca Grossiの新作ブーツをご紹介します。

Luca Grossiと言えば、今や多くのセレクトショップに名を連ねる存在になりましたが、当店にとっては取扱から10年が経とうとしているブランドの一つ。

Luca Grossiの魅力は、何と言ってもウィメンズシューズにしては珍しい本格的な物作りが基本で、オーセンティックな靴のバリエーション、そして近年では様々な技術やテイストを取り入れた時代に沿ったデザインも作り出す等、シューズブランドとしての高いクォリティを見せつけています。

BL004

Luca Grossiは、1970年からイタリア革の町トスカーナを拠点に伝統的な技術を保ちつつ、時代に柔軟な靴作りも行いながら、常にオーセンティックな物作りを行って来た老舗中の老舗。

一足の靴を構成する全ての素材の品質を厳選し、その持ち味を活かしながら、裁断、縫製、組み立て、仕上げの全工程を職人達の手で行い、「国の資産として伝統的な職人の技を保つ」と言わしめるほど、Luca Grossiの靴には優れた魅力、特徴があります。

当店でも初めて取扱が始まった十年前、この靴の「想像以上の履き易さ」に驚かされたお客様も多く、ヨーロッパ靴の特徴でもある”薄い甲”と”細いワイズ”にも関わらず、足への馴染み易さや履き心地には、現在も多くの方の信頼を勝ち取っています。

元来、靴その物を美しく見せる為には、ヨーロッパの靴のようにスマートでシャープな美しさ(見た目)が大切ですが、アジア人、特に日本人にとって、その形は少々の履きづらさは拭いきれませんでした。

ところがLuca Grossiの靴には、これらを柔軟にスポイルしてしまう”革”その物の威力によって、足の形にフィットしてくれる独特の魅力があり、これが多くの人の心を捉えている大きな理由でもあるのです。

毎年ファンが増えているLuca Grossiに、今回当店がオーダーしたのは2つのモデル。

IMG_2137

一つ目はエクストラライトのソールを与えたサイドエラスティックのショートブーツです。

IMG_2140

艶やかで滑らかさがあり、見た目はしっかりとした表情の反面、とても柔らかな革質を持つアッパーに、Luca Grossiファンにはお馴染みの”軽さ”と”クッション性”を持つエクストラライトの合成底を合わせ、ちょっぴりモード感を漂わせつつ、とても実用性に長けた一足です。

IMG_2141

今回このモデルに別注を行い、本来はエラスティック部分が別色だったモデルに、あえて同色のブラックを与え、足首からつながる締まりのあるラインを作っています。(元々のモデルはこの部分がオリーブ色です)

アッパーとアウトソールの境目には一周ゴールドのラインパーツをあしらい、これによって軽快感とシャープさが、より際立っています。

IMG_2142

このエラスティックの部分が、まるでソックスを履いているかのように見える作りになっている為、別色ではなく、ブラックにする事で、スカートの方にはタイツ、パンツの方にはストッキングやソックスなどを合わせた時、同色の脚長効果も生まれます。

勿論、パーツとして縦に長く作られている為、伸縮性から得る足首への負担も軽減されています。

IMG_2143

アウトソールは、裾へ向かいテーパーする逆ウェッジラインを作り、この僅かなテーパーが足首に向かって細くなることで、より足首を締まった見え方にしてくれます。

IMG_2144

もちろん、クッション性も抜群で、軽さと弾力性を特徴にしているソール材だけあって、この心地良さは長時間歩き続けても負担が掛かりません。

IMG_2145

Luca Grossiの靴全般に言える事ですが、基本となる木型がヨーロッパ女性に適したものである事から、とても美しいクビレや曲線が、脚を綺麗に見せてくれます。

このワイズの見た目から「本当に履いていて痛くならないの?」と9割くらいの方が疑問視するのが(当店では)定石ですが、1日履いてしまえば、もう虜です。

IMG_2146

また今回のこのブーツではシャークソール状の物がアウトソールに採用されている為、前からと後ろから、それぞれ中央に集まるようなフィンが並び、悪路面でもしっかりと噛む形状になっています。

冬を迎え悪天候も増えるであろうこれからの季節、納得のソールですね。


IMG_2147

そしてもう一つのモデルが、このレッグラインを長く取ったサイドエラスティックブーツです。

IMG_2149

一般的にショートブーツと呼ばれるものに比べ3~4㎝ほど縦にストレッチ(延ばした)筒丈がポイントで、この長さが足首を締め、脚を綺麗に見せてくれるポイントにもなっています。

IMG_2150

革質は前出のブーツと同様、見た目はシッカリとした表情ながらも、柔らかさと滑らかさを持ち、当店にとってはこれこそがLuca Grossiの靴と思わせてくれるオーセンティックな作り。

IMG_2151

爪先をポインテッドの様に尖らせず、あえてボールポイントのように僅かに丸みを与える事によって、このブーツの女性らしさや大人の足元に相応しい顔を作っています。

シルエットは”Luca Grossiらしい”スッキリとした無駄の無いシルエットで、全体をブラックで統一したことによる引き締められた美しさがあります。

IMG_2153

ヒールの付け根部分には(過去のローファー等のモデルと同様に)ゴールドのラインパーツが添えられ、後からの見た目もキリっとした印象に仕上げられています。

IMG_2155

ソール面はLuca Grossiお馴染みのVibramソールを採用し、足裏の反りも(レザーと同じまでとは言いませんが)良く、全天候タイプのブーツとして仕上がっています。

こうして二つのモデルを「どうやって選べば良いんだろう?」と思われるのが皆さんの本音。

当店的には「是非見た目の印象や好みで選んで欲しい!」が本音なのですが、パンツやスカートなどボトムスの種類別に合わせて見ると、意外と好みが浮き彫りされて来ます。

BL002

ジーンズで合わせると、こんな感じになります。
足首部分は共に細く仕上がっていますが、ソール形状の印象で合わせたくなるものも変わって来そうです。

BL003

ではトラウザーズやストレートのジーンズなど太幅の裾はどうでしょうか。
ご覧のように共に足首部分の傾斜も似た様な形ですが、”フルレングスで穿くボトムかどうか”によっても、選択肢は変わって来そうですね。

BL001

スカートの場合には、どちらも似た様なシルエットラインになりますが、ここにもソールの形状や色による印象の差が顕れます。
ウェッジソールのタイプ(左)には現代的な印象があり、ヴィブラムソールのタイプ(右)にはクラシックな印象があります。

どちらを選んでも、ブラックが基本となっていることもあり、合わせ辛さは感じないと思いますが、現在皆さんがしているスタイルに合いそうなモデルを選んで頂くと、よりスタイルが完成しやすいのでは無いかと思います。

もちろん「やっぱりどっちを選んでいいか判らない・・・」と言う方は店頭にお越し頂くか、お電話、メール等で、お気軽にお問い合わせ下さい。

普段皆さんがしているスタイルに合ったブーツをお勧めさせていただきます♪









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2330
急激に気温が上がり始めた今週。
それまで蕾すらつけていなかった木々が、春の到来を教えるように彼方此方で花を咲かせています。

まるで初夏のような陽気ですが、この週末で一旦落ち着く予報が出ていますね。
暖かさも過ごし易さも、これからが本番になりそうです。

さて、連日新作の数々が到着を進めておりますが、今日は女性に向けた”今年の春に試して欲しい”アイテムを幾つかご紹介させて頂きます。

先ず一つ目は、「シャツと言えば」のBARBAの新作。

167684325
BARBAのラインナップの中でも非常に人気の高いスキッパーシャツの形。
当店でも充分な実績を誇る形ですが、今季当店がオーダーしたのは昨年も好評だったバンドカラーのタイプがベース。

167684325_1
ドロップした肩回り、タップリした身頃、前後アシンメトリーなシルエット、そしてこのシリーズの最大の魅力でもある背面の沢山のギャザー。

その全てが立体的で美しく、またボトムを変えるだけで様々なスタイルに溶け込んでくれるのも、このシャツの魅力の一つ。

そのスキッパーシャツに、今回どうしても当店が使いたかった生地が、この”ストレッチ”素材のコットン、それも”ネイビーベースにホワイトのストライプ”。

167684325_o10
白地に色のストライプは比較的探し易いのですが、色ベースにホワイトのストライプは中々出会えません。

また今回の生地は(生地の価格が高い)そのハリと伸縮性、安心感のある生地厚等、どれをとっても、シッカリしていることを感じさせてくれる魅力的な生地。

167684325_o8
パンツやジーンズ、スカートとボトムスを選ばず使え、年間を通じて出番が多いと言うリピーターの方も多く、その組み合わせ方だけで色々なシーンで使う事が出来ます。

167684325_o9
シャツに抵抗のあると言う方も、(衿のある)シャツが好きな方も、今回の新作は、先ずその素材で心奪われる事間違いなし、です。

そしてこのストライプのパターンも含めて、大人を自負する女性には「持っていて欲しい」一着でもあります。

白のシャツと同じく、ストライプのシャツは第二のベーシック。
単なるシャツではなく少し変化球な今回のシャツは是非一度試して頂きたい一着です。

167701751
二つ目は名靴LUCA GROSSIの新作ローファーです。

167701751_o9
LUCA GROSSIのローファーと言えば当店と言うくらい、これまでに数多くのモデルをオーダーして来ましたが、男性の靴づくり顔負けの丁寧な仕事とデザインは、既に説明不要。

これまで様々なデザイン、ブランドのローファーをオーダーして来た当店は、「女性のローファーを美しく素敵に作る事が出来るメーカーはどこだろう」と言う一つの”Q&A”を繰り返して来ました。

その中で、常に変わらない物作りの姿勢と、細目のワイズにも関わらず履き心地が良く、またローファー一つとっても、様々なデザインを持つLUCA GROSSIは、常にシーズンごとのオーダー筆頭になって来ました。

167701751_1
当店がLUCA GROSSIを展開し始めてから、既に7年が経過。
その中で、最も流麗で美しい顔を持っていたのが、今回のデザインです。

元々美しいデザインを持つLUCA GROSSIですが、その流れるようで、シャープさも感じさせるデザインは、パンプスで例えるならばアーモンドトゥのようで、適度な丸みを持ちながらもスマートなつま先と、男性の靴のように立体感のある造形を持つのが今回のモデル。

このモデルに、どうしても当店が使用したかったのが今回アッパーに採用しているナッパ素材です。

実は残念なことに写真では色の本来の魅力が伝わり辛く、やや茶色味が強く見えてしまうのですが、実際の色合いはカフェオレのようで、もっと例えるなら、焼けた肌のように自然で、穏やかで、それでいて味わい深くもある淡い色。

167701751_o10
またこの素材は、ライニングがあるのにも関わらず、アンラインド(内張りの無いもの)のように柔らかく、しなやかに足に沿い、それまでのLUCA GROSSIの履き心地を、更に柔らかく、(レザーソールの為)反りも良く、多くの我儘が適った一足でもあります。

167701751_o12
素材に触れた途端、「モチモチした感触」を直ぐに体感するほど、この革質は特別で、色の恩恵もありつつ、春の穏やかなペールトーンとも相性は抜群。

ローファーとして、歩き易さと美しさの両方を持つ一足は、大人にとってマストな選択。
オンオフ問わず使いたくなる、至極の一足を是非体験していただきたいと思います。

167682212_o1
そして最後にご紹介したいのが、デンマークのerfurtのスカーフです。

季節的にもスカーフが役立つ季節になり、秋冬とは違った色鮮やかな色彩を取り入れたくなりますね。

スカーフは皆さんどのように選んでいらっしゃいますか?

当店は色柄よりも先に、折り畳んだ時に見える”色の部分”を優先する事をお勧めしています。

上の写真の様に、スカーフは実際四角い状態で使う事は無く、四隅に見える色や、辺に見える色が、結び目などに顕れます。

167682212
上のスカーフは、広げるとご覧のようなプリントですが、実際に見える場所に使われている色、例えばバイアス(斜め)に見た時、色がどれくらいあるか、がポイントだったりします。

167682212_o2
勿論、絵画的なプリントに惹かれて購入されるのも一つの愉しみですが、こうして色の見える場所や、色の数などで選ぶと、実際に結んだ時のイメージが比較的湧き易いものです。

167682338_o1
こちらも同じくerfurtのものですが、落ち着きのあるトーンに見えるこのスカーフも

167682338
全体を見ると色数は多く、またどこを折り目にしても、色が出易い(プリントの)配置で在る事が判ります。

167682338_o2
華やかさ、落ち着き、その日の装いに合わせた色の選択は、こうして見える色の場所で選んでいくと、自分の持っている洋服の色に取り入れ易くなります。

また今回のerfurtのスカーフは、共にホワイトがベースとなっている為、比較的合わせ辛い色が少なく、更に色数も多いプリントが想像以上に多くのスタイルに合わせ易くなります。

今日は、シャツ、ローファー、そしてスカーフと、比較的日常に出番を迎えられる物を中心にご紹介させて頂きましたが、どれもがベーシックがベースのアイテムばかり。

無駄を省いて、ベーシックなものを組み合わせて作る御洒落は、どの何を選ぶか、にもよりますが、ベーシックなアイテムほど、色やバリエーションが在るに越した事は在りません。

これからの新年度に向けて、是非これらの新作も交え、素敵な女性像を作って頂けたらと思います。










【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


3連休初日の今日は「春分の日」ですが、国際的には

『International Day of Happiness』

日本語では"ハピネスデー"、或いは"幸福の日"と制定されている国際デー

2012年6月に開催された国連総会で提唱され、193か国の加盟国が満場一致で記念日とした日です。

この日は世界がより幸福であることを願う一日であり、「幸福とは何か?」を考える一日とされています。

物質的、経済的、人道的、精神的、どんなことでもそれぞれの立場から考える幸せへの理念を改めて考える日です。

当然(?)当店は経済的+精神的=お買い物で満足するを提案します(無理やりですね)。

今、日本および世界はかつてない状況に包まれていると言っても過言ではありません。
しかしこうした状況を消極的に捉えるのではなく、私達は積極的に前に進む発想を持たなくてはなりません。

人は何か嫌な出来事が起こると、心にネガティブな思いを抱き続けます。
そんな時、その人の精神的な強さ弱さを露呈するものなのですが、当店は常に積極的に皆様と盛り上がってまいります。

何故なら、身の回りの物が新調されると、少なからず「心が喜ぶ」からです。

身体的な健康は勿論大切ですが、もっと大切に思うのは『精神的な健康』です。

愉しい事、嬉しい事、満たされる何かの感情を持つ事は心をポジティブにします。
当店は(むりやり)心を健康にするもの(⇦洋服です)を持っています。

こんな世界だからこそ、皆様に笑顔が増えると良いな~と思います。

と、今日も蛇足を踏みながら、新作のご紹介です♪

今日は当店がお勧めしたい2つのブランドを取り上げます。

一つ目のブランドは当店でも長らく続けているイタリアのシューメーカー『LUCA GROSSI』。

slideshow_img_LG_20200920_SS001

女性のシューメーカーとしては珍しい本格的な靴づくりを行うLUCA GROSSIは、1970年に創業された老舗。

その靴づくりには一切の妥協が無く、靴を構成する全ての素材を厳選された最高品質の物を使用し、更に履き心地を重視した「伝統的」な一足である事を約束してくれます。

今や財産とも言えるLUCA GROSSIの靴たちは素材の選択、裁断、縫製、組み立て、仕上げ、その全てのオペレーションをイタリア国内で行い、そこには職人たちの熟練した伝統と技が込められています。

当店でも人気の高いLUCA GROSSIは、こうした背景だけではなく、何より「履き心地」を口にする方が多く、優れた物作りを肌で感じさせてくれる点も人気の理由になっています。

もっとも、女性にとって靴づくりの背景や内容は二の次

大切なのは「見た目」と「履き心地」である事が第一です。

しかしそんな女性の気持ちを掴むブランドこそがLUCA GROSSIなのです。

そんなLUCA GROSSIで今回オーダーしたのは、これまでも人気だった木型を使った特別なローファーと、コンフォートをスタイリッシュにしたスリップオンの2つです。

149483292
一つ目のローファーがこのチェーンを使ったローファー。

149483292_o2
某ブランドも採用したチェーンモチーフのローファーは、80年代や90年代を懐古させるものでしたが、当店がオーダーしたのはチェーンをウッドで仕上げたもの。

149483292_o4
軽さはもとより、持前の履き心地と相まって、今日的な仕上がりを見せるこのローファー。
仮にウッドではなく金属であったとしたら、少し難易度の高い一足になった事でしょう。

149483292_o5
加えてホワイトのスムースレザーを用いた事で、ある種カジュアル感が増し、トラディショナルな印象よりもシャープで先鋭的な魅力を携えたと言っても過言では在りません。

またソールはレザーソールを採用し、元々LUCA GROSSIが持つソール(反りが良い)への拘りを、より感じて頂けるものに仕上げています。

コバの張り出しも少なく、ソール厚も薄くする事によって、履き心地の良さに加え、ドレッシーな印象が増しています。

149477335_o9
これによってカットソーとストレッチの利いたパンツ、そんな簡素な組み合わせでも、どこか個性的でモード感のあるスタイルに昇華してくれる、そんな一足になっています。

クラシックやトラディショナルなディテールを得意とするLUCA GROSSIにとって、新しい魅力を与えてくれるお勧めの一足に仕上がりました。

そしてLUCA GROSSIと言えば、クラシックなシューズと共に近年人気を牽引しているのが「コンフォート」なモデル。

しかしながら、それらコンフォートなラインナップには、「どこか馴染めないぽってり感」があり、当店では度々オーダーを見送ってきた経緯があります。

そこで今回新たにオーダーしたのがこの

149483452
クラシックとコンフォートを両立させた一足です。

149483452_o2
このモデルはアッパーにトラディショナルなフルブローグ(穴飾り)をあしらった形状を、ソールにはウレタンの積層をあしらい、クラシックな表情とコンフォートなソールの組み合わせから成される今日的な一足が完成しました。

149483452_o8
ソールには過去一度だけ採用した事のあるエクストラライトを使用し、腰高に脚長に(4㎝高)に見せています。

149483452_o5
このソール材は驚くほど軽く仕上がるのと同時に、非常に優れたクッション性を持ち、履き心地が全く変わったものになります。

149483452_o7
またアッパーに使用している木型がLUCA GROSSIらしい細身の美しい木型の為、これほどボリュームのあるソールにも関わらず、一般的に見られるボリューム感だけのシューズとは違った美しいシルエットが魅力の一つになっています。

149483452_o3
アッパーには柔らかくしなやかなシュリンクレザーをベース(白い部分)に、爪先とヒールカップにミッドナイトカラー(非常に濃いダークネイビー)のパテントレザーをあしらい、色のコントラストの美しさと共に、爽やかな軽さを齎しています。

149483452_o4
この仕上がりにもまたLUCA GROSSIの技術の高さや美意識が生かされているのですが、一般的には

「靴は小さくなればなるほど、バランスは崩れて行く」

と言う概念を覆すほど、細部のディテールやバランスが美しい状態を保っています。

149483452_o10
普段なかなかピッタリのサイズを見つける事が難しいスタッフの足元にも、この写真から、フィット感が高く、またバランスよく合わせられているのが解ると思います。

149483452_o11
ボリュームソールのシューズには細身のボトムスやスカートなど足首コンシャスとでも言うべきバランスで合わせると、よりスタイリッシュに見せやすくなります。

149477335_o8
このシューズもまたシンプルなカットソーとパンツだけの組み合わせにも、一味違いを作り出す独特な存在感が在ります。

美しさと履き心地、この二つを両立する事は、女性靴にとって中々難しいことですが、LUCA GROSSIにはそれらを解消する術があると言う事を今回のオーダーで感じて頂けると思います。

既にお持ちの方も、まだLUCA GROSSIを試した事の無い方も是非この機会にお試し下さいね。

そして二つ目のブランドはコチラ

Rawtus002
『Rawtus』(ロゥタス)。

日本が誇るゴートレザーを使った(特許取得)布地の様なレザー製品によって、一躍トップに躍り出たドメスティックブランド。

Rawtus001
特にフランスでは絶大な人気を誇り、そのシンプルでしなやかな物作りは美意識が万国共通である事を証明しています。

そのRawtusの中でも今春当店がフォーカスしているのが、レザー製品への補完的役割を担う『Rawtus +Foundation』のラインナップです。

既に春の第一弾としてスウェットシャツが入荷後間もなく完売しているこのラインナップ。
当店では主にカットソーを中心にピックアップしています。

149476782
今日入荷しているのはレギュラータイプと、シャツカットを施したビッグサイズのタイプの2型。

149476782_o5
レギュラータイプのカットソーは常に多くのスタイルの中心になるシンプルなインナーとしての作りを踏襲しています。

149476782_o6
美しいクルーネックと程よいショートスリーブ、そして適度な肉厚感を感じさせる、しっかりとしたコットン素材。

149476782_o8
当たり前の物を当たり前に提供する事が出来るのは、もはや日本人の仕事の基本であり、意外にも他国では"ないがしろ"にされている部分かも知れません。

このレギュラータイプのフィット感は一般的に想像されるほっそりとしたフィットではなく、身体に適度な緩みを持たせ、程よい着丈を持つもの。

149476782_o9
ジーンズ、スカート、トラウザーズ、ショーツ、どんなボトムにも合わせ易く、またテーラードジャケットからミリタリーなどのジャケットまで、様々なニュアンスのスタイルに取り入れやすい抜群のバランスを持っています。

もう一つの形がコチラ

149477335_o4
大き目でゆったりとしたサイズ感で作られたビッグサイズ。

149477335_o5
ドロップする肩やゆとりのある袖、更に身頃のゆとりと共に裾には前後の長さを変えスリットを入れたシャツカットを採用しています。

この着丈はレギングやスパッツ、スキニーなど細身のボトムスとの相性が良く、アスレティックな装いを愉しむならまさにお勧めのカットソー。

149477335_o8
149477335_o9
シンプルな装いに合わせたくなる派手さを控えたプリントと特徴的な着丈は、間違いなく春夏の装いを愉しい物にしてくれそうです。

149477335_o7
レギュラータイプの物とは違い、より日常に適したトップスとしての魅力を発揮するビッグサイズのタイプは、パンツを好む人にこそお勧めしたい一着です。

149477335
レギュラータイプは全4色、そしてビッグサイズは全3色、それぞれ異なる魅力を携えたカラーラインナップとなります。

今日ご紹介したLUCA GROSSI同様、共に一着の存在価値が高め合う「シンプル」と「クラッシック」は、『コンフォート』と言う心地良さが加わって初めて新しい装いに変わります。

奇しくも今日は"幸福の日"。
皆様の心を満たす装いの幸福を考えてみてはいかがですか?




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_3101
いよいよ今日から長期連休に突入、或いは明日からと言う方が大半を占める今年のスーパーゴールデンウィーク。

今日は県外や海外からの旅行者による賑わいと、急激な寒気による寒さが充満する始まりとなりました。

既に海外へお出掛けの方々は出国、そして国内で楽しもうと言う方はこれから身支度と言う方が多いかと思います。
そんなお出掛け予定の方に旅のお供としてお勧めしたい新作を今日はピックアップして見ました。

IMG_3086
装いをシンプルに、そして全てが上品に上質にを願う方にこそお勧めしたい、本日入荷のバッグブランド『Capaf』(カパフ)は、イタリア、フィレンツェに1946年に創業された、バッグの専業老舗ブランド。

特に春夏のアイテムの中でも抜きん出て人気なのが、『手編み』のラタン(籐)を用いたバッグ。

IMG_3090
日本の竹細工などにも通ずる職人技の一つでもある籐の手編みによって、丹念にそして緻密に組み合わせられた本体のラタン部分は寸分違わぬ精密さによって編み上げられている事が直ぐに判ります。

IMG_3089
今回当店がオーダーしたこの円筒型のバッグは、巾着による開口部を持ち、サイズ、持ちやすさ、そして軽さと全てが揃った一点。

IMG_3091
ほんのり色合いの濃いナチュラルなラタンの色合いをベースに、レザーによるトリミングとハンドルパーツによって、全体に上品さと上質さを両立しています。

IMG_3087
Capafは、一つ一つ丹念に作られている事、そして造形的にも優れている事から、『芸術品』と擬(なぞら)えられる事も在ります。

IMG_3082
一般的にラタンやラフィアなど自然素材、天然素材を用いたバッグは、コスト優先の為、自国外での生産が多い中、Capafは、素材の選定や製作、管理など全てをイタリア国内で行っています。

IMG_3083
ライニング一つとっても、それらは非常にしっかりとした素材を用いている為、堅牢性が触れても、見ても伝わって来ます。

IMG_3112
近年、夏だけではなく春の始まりからラタンやラフィアのバッグは取り入れられるようになり、そのバッグの存在感や重用性は年々増してきています。

IMG_3114
上品さと上質さの両立は、私達世代にとって欠かせないファクターの一つでもあり、どれか一つ妥協をするだけでも、それら自然素材の物は、敢え無く乏しさを与えてしまうケースも在ります。

IMG_3085
Capafの何が優れているのかは、一見すれば直ぐに判る程、存在感やディテール細部への拘りは緻密。
写真で見るよりも遥かに優れた物作りと、絶妙な按配の色合いに、きっと多くの方が心奪われるに違い在りません。

IMG_3092
また休日を過ごす為にはコンフォート性は切っても切り離せないもの。
心地良さ=ストレッチ性と堅牢性で担うところが多いのですが、今回新入荷したRawtusのストレッチコットンのシガレットパンツは、その全てを適えた、シンプル且つ上質な一本です。

IMG_3093
非常に地厚でシッカリしているにも関わらず、その素材の伸縮性は遥かに高い素材によってコンフォート性が成し得られています。

どんな態勢、どんな服装、どんな天候にも左右されないシンプルでクールさを持ったRawtusのパンツは他では得られる事の無い、高いフレキシビリティと満足度を感じさせてくれます。

$R08II38
統一感と歩き易さという点で欠かせないのがLuca Grossiのリザードエンボスのビットローファー。
今日のピックアップテーマにはもう一つ共通した提案があり、それはブラックの統一感です。
(恐らく皆様お気づきかと思いますが)

$RD7XQG4
Luca Grossiの履き心地や馴染み易さは、既に皆様ご存じの通りですが、このブランドの靴は履けば履くほど、足に沿った形作りが出来るところが魅力。

履き始めは大半の方が窮屈さを感じるのですが(※ワイズで表現するとしたら、恐らくCワイズ程の細さです)、履き続ける事によって、それらが足の形に馴染んで行くブランドなのです。

これは滅多な事では「馴染む」という言葉を使わない当店が、珍しく表現に使いたくなる程、優れたブランドなのです。

男性の靴作りに多い様々な作りの緻密さを、女性の靴に於いて行い、尚且つそれらは男性のそれよりも半分以下の価格で提供されるのがLuca Grossiの素晴らしさ。(全ラインナップでは在りません)

こうした物作りは歩き易さの一端も担っており、より多くの皆様に体感して頂きたいと思う一足でもあります。

そして今回のビットローファーは、前回入荷している物と微細な違いがあります。
それはコバの色合い(アウトソール側面)。

前回のナチュラルカラーによる軽快感とは双璧となるブラックのコバ色。
カッチリとした印象に纏まる為、また違った印象を与えてくれます。

以上、ブラックの統一感の中でも、品質や嗜好が異なると全く違った装いに映る事もしばしば。

これからお出掛け予定の方も、お仕事の方も、是非新作を見に付けて気分新たに数日間を過ごしてみては如何でしょうか。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休日】
4月無、5月15日、22日
※4月28日、29日、5月3日、4日、5日、6日は、19時閉店とさせて頂きます。
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



凍える程の冷気が街中を包み、今日はまるで春が冬へと逆戻りしたかの様な寒さに。

店内は春を待つ皆様を迎えるべく、沢山の新作が一面を埋め尽くしています。
来週からの気温上昇を願って是非今日は冬物整理の一日にして頂きたいと思います。

IMG_9659
さて、来期の展示会もいよいよ終盤を迎え、早い物ではあと2か月後には来年の春夏展示会が始まるブランドも在ります。

そんな中、今春夏以降新たな展開を皆様にご提案すべく、幾つかの試みを行っております。
その中の一つが『パンプス』を中心とした靴類のご提案です。

古くからご来店下さっているお客様の中には、過去ご購入頂き、現在もお持ちの方もいらっしゃる”あるブランド”のパンプスを非常に小サイズから非常に大きなサイズまでご用意が出来るというものです。

IMG_9662
先日、取り扱いメーカーにお邪魔し、その後系列店舗へと伺ってまいりました。

当店スタッフの足のサイズも実に極小サイズなのですが、そのサイズもフォローされていると言う、近年では珍しいブランドなのです。

IMG_9663
一般的に22㎝サイズを下回るお客様の場合には、比較的形や色が選べないばかりか、ジュニアサイズを選ばざるを得ない場合もあります。

これは大きなサイズのお客様にも同様の事が言えるのですが、海外のブランド取り扱いサイズで26㎝や27㎝が在ろうとも、日本国内の代理店がそれらを受け入れぬ限りは、大きなサイズの人にも、サイズ探しや形、色などが限られてしまうと言う現実が在ります。

このブランドでは木型のピッチを幾つも用意している為、今後当店でオーダーする幾つかのバリエーションの中から、お客様方のご意向も踏まえつつ、最小サイズから最大サイズまでをご提供できるようになります。

これまでサイズに悩んでいた方は、是非今後の展開を楽しみにお待ちいただければと思います。


さて、話は変わって春夏物の新作の話題です。

今週は非常に沢山の新作が到着を続けており、現在商品のアップデイトが間に合わない状態ですが、既に店頭にお越しのお客様によって、アップデイト前に完売している物も幾つか発生しています。

この沢山の商品の中でも、春夏らしさを演出し易いブランドアイテムが在ります。
それがアントワープ出身のESSENTIELです。

今シーズンで日本市場から離れてしまう同ブランドのコレクションは事実上、今回がラストコレクションとなりますが、今回は最後のコレクションに相応しい魅力的なアイテムが揃っています。

IMG_9821
一際目を引く色鮮やかなグリーンカラーが魅力のラッフルを使ったブラウストップ。

IMG_9822
もはや説明不要のフレキシビリティを発揮するブラウスですが、元々クラシックとフェミニンを融合したスタイルが根底にあるESSENTIELは、日常の装いにも取り入れ易く、それでいてポップさはモード感を失わないという、まさにデザイナー王国アントワープを感じさせる物が多く揃います。

IMG_9859
インナーとして、或いは夏のトップスとして等、色や形を活かしてスタイルするのがとても簡単になるESSENTIELのアイテムは、秋冬より、むしろ春夏のアイテムに焦点が集まります。

IMG_9860
仄かにクラシックな色使いを感じさせる今回のコレクションでは、色の組み合わせや形の組み合わせ次第で、装いのバリエーションが幾つも楽しめるメリットが在ります。

IMG_9831
前出の組み合わせでも使っているタイトスカートは、清涼感のある凹凸を活かしたストレッチの混紡素材による物で、通常のタイトスカートとしての用途の他にも、TEEシャツやカットソーと共にカジュアルダウンを愉しめる、まさに春夏向きと言えそうなスカートが、このモデルの他にも揃っています。

IMG_9834
裏地とのコントラストカラーにも気を配る等、こうした見えないディテールがESSENTIELの魅力の一つでもあります。

IMG_9828
同じタイトスカートでも、モノトーンに仕立てたポップな物も在ります。

IMG_9829
クラシックな女性的シルエットを持つタイトスカートのディテールに、敢えてハートモチーフを取り入れた事によって、大人の女性が身に着ける「可愛らしさ」のギャップを生み出しています。

IMG_9835
他にもボタニカルプリントを施した夏らしいリゾート感溢れるラップスカートもご用意が在ります。

IMG_9836
ESSENTIELの魅力は一つのカテゴリーに収まらない、クロスオーバーしたスタイルが魅力の一つでもあり、これらが日常の一着として取り入れられた時、想像以上の洒脱感と上質感が生まれます。

IMG_9864
フェミニンなアイテムは、ラギッドさを作るレザー等でお互いの良さを合打ち消す事でスタイルするのが定石。
ただただ女性的な印象を見せるのではなく、マニッシュなアイテムを取り入れる事によって、大人だけが演出出来る独自の魅力を見せて欲しい組み合わせ。
(写真使用商品:レザージャケット/Rawtus、パンプス/Fabio Rusconi)

IMG_9827_1
この他にもジーンズやカジュアルなスタイルアップに欠かせない穏やかなペールトーンのブラウス等、ESSENTIELの春夏らしさは色に現れています。

IMG_9824
綺麗な配色のチェックに袖先にチョッピリ、色をチップする繊細な遊びは、女性心を擽る魅力的なディテール。

IMG_9827
どんな組み合わせに楽しむか、どんな装いに仕上げていくか、そんな想像を膨らませながら過ごす春も楽しい物です。

現在、この他にも沢山のブランドから新作が到着を続けています。
是非今週、来週は新たなシーズンを迎える、魅力的な新作を見にいらして下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休日】
3月20日(水)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ