IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:INCOTEX

小雨混じりの木曜日。
肌寒さが再び戻った今日ですが、雨ごとに本格的な春の訪れを感じる今、一気に春満開となる日を前に少しずつ御洒落も衣替えを進めておきたいですね。

今日はそんな衣替えを前に、女性にとって大切な”春らしさ”を直ぐに作れる幾つかのアイテムをピックアップしました。

男性に比べて、女性の装いは”一目でわかる季節感”がより多く欲しいもの。

それは身に着けるアイテムが在る程度決まっている男性の御洒落に比べて、女性の御洒落はアイテム数が多く、色や柄も多彩で、女性の視線は常に”色”や”新しい物”をチェックしています。

意せずして一種の競争意識も働く女性の御洒落(語弊がありますが)にとって、”季節感”は重要な要素。

そんな季節感を演出出来るのが、これから紹介するニットとパンツ。

167431696
先ずはこの爽やかで綺麗なINCOTEXの新作。
ベースはINCOTEXの定番中の定番でもあるAMELIAで、スッキリしたシルエットと自然なテーパードが特徴のモデルです。

167431696_o3
今回当店がオーダーした素材は

シアサッカーのストレッチ素材

IMG_0624
一般的にシアサッカーと言えば、見た目の爽やかさと、素材がもたらす自然な縮絨が生む凹凸感が魅力の生地。

この生地では、そこにストレッチ性を加え、より履き心地を重視し、テーパードシルエットのAMELIAに、より実用性をもたらしています。

IMG_0629
白のTEEシャツやカットソーとシンプルに合わせるのも良いですし、サンダルやスニーカーとリゾート気分を愉しむのも良いですし、こうしたパンツの利用価値は意外なほど大きいのです。

IMG_0628
(写真使用商品:ニット/WOOL & CO、パンツ/INCOTEX)

当店では特に”色”での楽しみ方をお勧めしているのですが、写真のようにサンドベージュなど温か味のある色合いと組み合わせて、大人の女性らしさを愉しんで欲しいと思います。

IMG_0633
(写真使用商品:ニット/WOOL & CO、パンツ/INCOTEX、スニーカー/ASFVLT)

勿論、スニーカーと白のニットでシンプルに、そしてアクティブで軽快な御洒落にも有効なアクセントを生んでくれる一本です。

シアサッカーの魅力をシャツやジャケットだけで想像していた方にとって、パンツでのお勧めは意外かも知れませんが、パンツでの選択は手持ちのアイテムに加えるだけでガラリと印象を変えてくれる事も含め、是非とも試して欲しい一着です。

そしてもう一つ春らしさを作りだしてくれるもの、それは上の写真でも組み合わせている

質の高いニットウェア

です。

先日メンズでのご紹介にも挙がっていたイタリアのWOOL & COのシンプルなニットは、その質の高さにも関わらず、非常に良心的な価格で、既に多くの方の心を掴んでいます。

既にオンラインストアでもご覧頂いている方も多いと思いますが



Dolce & GabbanaなどのOEMを手掛けるDaniele Fiesoliによって、糸の質やデザインなどはそのままに、無駄を省いたシンプルな美しさや着心地を提案するブランドでもあり、その魅力は恐らく袖を通すまで感じることが無いのかも知れません。

前出のホワイトのクルーネックのニット、サンドベージュのニットフーディは、共にWOOL & COの製品ですが、糸の細かさや質、春夏のニットに相応しい適した艶やかさや柔らかさなど、実際の着用シーズンに合わせた糸の選択が、そのまま着心地に反映される等、実は考え抜かれた緻密さをも感じることが出来るのです。

IMG_0545
中でもフーディは、程よくゆとりがあり袖や裾がスクエアに処理されている為、まるでカットソーの様に使えたり、ボトムスを選ばず合わせ易いメリットのある一着で、素材は柔らかさと共に接触冷感を感じさせる独特なシャリ感(コットンなのに)をも持っています。

IMG_0547
(写真使用商品:ニット/WOOL & CO、スカート/BARENA)

色が変わると雰囲気もガラリと変わりますが、共に質の高さを”目から感じる”のは、単に素材の恩恵に他ならないのです。

こうしてシンプルで「何処かで見かけそう」なアイテムだからこそ、季節感や上品さを感じさせるのは、やはり糸(或いは生地)の質。

大人の御洒落にとって、季節感やオシャレ感を感じさせてくれるのは、いつも素材の質だったりします。

もしあなた(女性)が、同じ様な服装で別の女性と隣同士になった時、何か違いを感じさせる、或いは隣からの視線を感じるとしたら、そこには前述のような違いがあるからかも知れません。

季節らしさ=色や薄さ、では無く、そこには”大人だから”と言う形容詞が付きます。

どこもかしこも、これから春満開となる今、ちょっぴり人と差を付けられる春の御洒落を、新しい季節のために集めてみませんか?







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6968
まだまだ暑い毎日が続く8月も、終わりに近付くにつれ、日没が徐々に早まっている様に感じます。
日中の残暑を他所に、店内では既に多くのブランドから秋の新作が揃い始めています。

とは言え昼夜の気温差は広がりつつあり、日没と共に涼しい風が舞い込むようになってきました。
そんな夏の終わりを感じさせる今日は、既に到着している沢山の新作の中から”ブラック”を基調にした物をピックアップして見ました。

今シーズンは春夏に続きブラックを基調にした物を、いつもより多めにオーダーしているのですが、シンプルで無駄のないデザインやスタイルにこそ、拘りのディテールや失敗の無い物選びをしたいもの。

そこで、先ずお勧めしたいのがスペインのMARIANから到着した、ベーシックなブーツたち。

IMG_9860
MARIANと言えば、スペインで長らく靴づくりを行うブランドですが、その魅力は何と言っても、女性らしさや履き易さ、そしてフィッティングに至るまでを考えながら形にするデザイナーと、それらを見事なまでに”履き心地”として形作るパターンナー、そして更に一つ一つを熟練の職人たちが最新技術を交えて行う高い技術と、その全てが一つになり一足の”靴”としての完成形が作られています。

IMG_9862
今シーズン当店のフットウェア(靴)は、ベーシックであり王道である”期待を裏切らない”物、自分のベーシックアイテムを買い替えたり、買い足したり、更には沢山のスタイルにフレキシブルに使える物を、ブラッシュアップし手に入れるシーズンに位置付けています。

IMG_9863
このショートブーツも同様で、無駄のない美しいシルエットと、見るからに柔らかさが伝わる革質、そして何より特筆なのは、MARIANが得意としている”特徴的なポインテッドトゥ”。

一般的なポインテッドトゥは爪先に捨て寸(実際には足の先が入らない空間部分)が在るものですが、MARIANのポインテッドトゥには、しっかりと爪先が届き、更に縦(爪先の高さ部分)に足の逃げ場を作る事によって、無理のない履き心地、前後に足が動かないフィット感が生まれます。

IMG_9864
加えて活かされるのが、やや細身のラスト(木型)に対して、足に馴染んでくれる”柔らかい革質”が、より足に心地良いフィット感を生み出してくれます。

ブーツのフィット感はパンプス以上に感じる方も多く、よりホールド感のある物を選ぶ方が少なくありません。
MARIANのブーツは革質をそのまま肌で感じられるだけでなく、高いフィット感によって満足が得られます。

IMG_9865
同じくMARIANのロングブーツも革質は同じ物を使用し、つま先から踵までのシルエットはショートブーツと酷似しています。

IMG_9867
曲線を巧みに駆使し、女性らしい脚の形を作り出してくれるデザインは、昨今のロングブーツ復権と共に(ジョッキータイプではなく)シルエットの美しさが求められています。

IMG_9868
安定感のあるヒール形状、繊細過ぎないテーパー等、ブーツに求められる後からの美しさも見事です。

IMG_9869
女性が脚で最も気になる部分(ふくらはぎ付近)はゆとりを持ち、足首に向かって滑らかな曲線を描き、件のポインテッドトゥと相まって、非常にバランスの良いシルエットを作っています。

IMG_9944
特に今シーズンの当店はロングブーツと3/4レングスのパンツやウィンターバミューダなど、スカートとは違った印象作りを推しています。

IMG_9945
ボリューム感のあるトップスが増えたり、シャツとスリーブレスニットのレイヤー等、短めのレングスボトムは唯一無二の相性を作ってくれます。

IMG_9870
今回のMARIANのブーツは共に滑り止めになる合成ソールを採用し、秋冬の足元の悪い場所でも、しっかりとグリップしてくれそうです。
こうした些細な部分も、女性にとっては大切なファクターですね。

IMG_9677
次にお勧めしたいのが、INCOTEXの(当店エクスクルーシブ生地)新作トラウザー。

IMG_9678
今シーズンから全て現地イタリア生産となるINCOTEXのラインナップの中で、新たに加わったモデル”AYASHA”は、ベルトレスのモデルで、幅広のウエストバンドや深い1プリーツ、そして海外モデル特有のヒップ回りのゆとりに対して膝下をテーパーする、まさにイタリア女性が好みそうな美シルエット。

IMG_9679
素材には(F社と思われる)微細な微光沢を混ぜたツィーディーな生地を使用しています。
(この生地は日本では当店だけが採用している生地になります)

この生地は、見た目は一般的なツィード素材の様に見えるのですが、実際にはフワフワで柔らかな感触を持つ、とても上品且つ上質な素材です。

IMG_9682
日本企画のモデルに比べ、ヒップ回りと裾幅までの落差があり、より女性的で凛とした印象を作り出してくれる美シルエットが多い事もイタリアモデルの大きなメリット。

IMG_9710
コチラもまた前出のブーツ同様、ボリュームのあるニットなどトップスが増えれば増える程、その相性は抜群に良くなります。(レングスを短めにカットするのもポイントの一つです)

他では出会う事の無い特別な一本をお探しの方には、是非ともお勧めしたいモデルです。

IMG_9691
そしてもう一本INCOTEXのお勧めは、まさにブラックのパンツです。
このモデル”FOGLIA”は、過去にも展開されていたGILDAに近いモデルで、よりコンフォータブルなシルエットに進化し、更に細部にディテールチェンジを加えた秀逸な一本。

IMG_9707
素材にはウールサキソニーを用いており、微光沢に加え非常に柔らかく上質さを感じさせるこの生地特有の魅力が活かされています。

両サイドには側章よろしく同素材による切り替えを取り入れ、縦への視覚的効果を高め、脚を長く綺麗にスッキリと見せてくれます。

IMG_9694
またこのパンツで忘れてはならないのが、”前後”に設けられたエバークリース(クリースに沿ったステッチ)を与えており、多くの方が危惧するシワや扱いを気にすることなく、ビジネストリップや旅先でのワンマイルウェアに最適な一本となっています。

IMG_9696
また前出のモデル同様、イタリアモデルらしいゆとりのあるヒップ回りから裾へと向かう美しい直線的なテーパーは、ほぼストレートに近いラインを描き、これらの全ての要素が一つになり、素材の恩恵とブラックと言う無二のベーシックによって至極のブラック(ボトム)になっています。

IMG_9693
ウエスト部分はドローコードを携え(ゴムも同時使用)、ラウンジパンツとしての魅力も持ちながら、ジャケットやシャツ等を合わせる事で、オフィスユースも使える事から、常に万能な一本として、多くの女性の装いをスケールアップしてくれそうです。

この他にも様々なブラックを基調としたアイテムが揃っています。
是非この機会に新たなベーシック、そしてブラックを基本とした更なるスタイル探しをしてみては如何でしょうか。

※掲載商品についての詳細はオンラインストアをご覧下さい。



Top_Slideshow_ClearanceSale_SS_2021_Final_001
『この夏最後のファイナルクリアランスセール』開催中!





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月2日(木)、9日(木)、16日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0842
梅雨空を思わせる空模様に、昨日は皆既月食を見る事も適わず、今日も小雨空で始まった一日になりました。

今日は鬱蒼とした天候を他所に、気持ちを落ち着かせるアースカラーを使った穏やかな色合いの組み合わせをピックアップしてみました。

暑い日、寒い日をやり過ごすには軽い羽織も、トップス、ボトムスも、バッグや靴も、その日に相応しい組み合わせを考えるのが億劫になる時期でもあります。

そんな装いを考える時、もっとも簡単なのがベージュを基調としたアースカラーで装いを揃えて置く事。

他の色と違い、色のコントラストが付き辛く、とても楽に季節感を作る事が出来る特徴的な色合いです。

IMG_1415
ベージュ(トープ)をバッグや靴で取り入れ、オフホワイト中心に寒い日の装いを組み立てても、ホワイトの分量が多いと爽やかな印象が与えられ、季節的にも丁度今位の季節に最適な色バランスに。

IMG_1417
IMG_1416
春から秋まで季節を隔てて使えるトープカラーやベージュカラーは、一年のうちで最も登場回数が多い色。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/FELISI、ローファー/Oriental)

手持ちのホワイトを組み合わせるだけで、考える手間が省けるのも、この手の色の便利な部分ですね。

IMG_1429
アースカラーとして持って置くと便利なのが、このスカートのようなしなやかさと艶やかさのあるサテン地のアイテム。

ニットやカットソーとも組み合わせが効く他、オンオフ両方に使えるのも、サテン地のメリット。

IMG_1430
真夏には”敢えて”ブロンズ色のビーチサンダルを合わせ、一気にカジュアルダウンして、真夏の装いを奥深い色合いに見せてくれます。
(写真使用商品:バッグ/Charles et Charlus、スカート/Studio Max Mara、サンダル/Henry Henry)

バッグの色、スカートの色、トップスの色、全てにアースカラーが加わると、微妙な色の違いが良いアクセントになり、夏の装いに魅力を与えてくれます。

IMG_1425
アースカラーに飽きて着たらブラックではなくネイビーを加えると、色の親和性もあり、コントラストがアクセントになります。

この写真で使っているニットも、もとはメンズのBAFYの物ですが、女性が着ることによって丁度肩がドロップしたフレンチスリーブの様になり、まさに今日的なスタイルになります。

IMG_1428
ニット以外の色は全てベージュカラーで統一し、トップス一点で、全体の雰囲気が変わります。
アースカラーが揃うと、加えるコントラストカラーも数少なくて済み、意外とミニマルな装いを心がける人にはお勧めかも知れません。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1421
前出の組み合わせから更にボトムスもトップスと同色にすると、バッグと靴だけのコントラストに変わり、逆の組み合わせパターンが楽しめます。

お仕事にも使えそうな組み合わせは、オンオフ共に使えるフレキシブルなパンツの存在が大きく占めています。

IMG_1422
このBARENAのトラウザーはシワの加工が施されているにも関わらず、基本設計がメンズ仕立てのパンツに在る事から、カジュアルな素材に見えつつも、実際には凛とした雰囲気も生んでくれる等、基本がしっかりしている物だと、全体の印象も大きく変わるという事が伝わります。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/BARENA、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1434 (1)
こうしてアースカラーを中心にアイテムを揃えると、想像以上に簡単に毎日の装いが考えられる他、1色挿すだけで全体の印象も変えられる等、実は意外なほど簡単に装いが作れるんです。

寒い日、暑い日、春、初夏、そして真夏と、その季節の多くに使われる事の多いアースカラーは、同系色を増やして揃えて置く事が、オシャレを作り易くする最も近道だったりします。

これからの季節に向けて、是非アースカラーを増やしてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1134
全国的に雨空に包まれている今週。
長野地方も小雨と本降りが交互に降り、何処となく梅雨を感じさせる空模様になっています。

少し肌寒さも感じる今週ですが、梅雨の終わりを考えると急激な暑さがやって来ます。
とは言え、肌寒さを凌ぎつつ、初夏の香を漂わせたいこの季節の装い。

159702900_o8
そんな時役立ってくれるのがレザーサンダルの存在。

ナイロンジャケットやニットを身に着けていても、足元に初夏ぽさが在ると、それだけで違った御洒落に見えてくれる(実は)便利なアイテム。

IMG_1217
今日はレザーサンダルにEder Shoesのロープを使ったストラップの物を取り上げたのですが、前回入荷時には無かったシルバーは、思いのほか”使える”一足なのです。

IMG_1218
春夏秋と使えるナイロンのジャケットですが、色の統一感を考える煩わしさが無く、どんな色とも合わせ易いシルバーカラー。

ただそれだけで清涼感が見せられ、軽さや爽やかさが伝わって来るのもシルバーの特徴。

IMG_1219
ニットとパンツ、春から秋にはとかく出番の多い2アイテムですが、足元をこのシルバーのサンダルに変えるだけで、やっぱり軽さや爽やかさが演出されます。

IMG_1220
元々相性の良いネイビーやホワイトと合わせると、それだけで充分爽やかですが、それらに肌の色とシルバーが加わると、上品な趣も作る事が出来ますね。

IMG_1223
少し暖かさが増して来たら、こんなメッシュのニットと色を統一して組み合わせるのも素敵です。

IMG_1224
中々色を合わせる事が難しいシルバーカラーですが、同じ銀色を指す金属繊維を使ったニットとサンダルの色は、見事にシンクロします。

たったそれだけで、ブラックやホワイトのボトムスと合わせると、特別なモノトーンが楽しめます。

IMG_1221
勿論、真夏にはカットソーの出番も増えます。
このカットソーの色はチャコールグレーですが(モニターによって色がネイビーぽく見えるかも知れません)、シルバーとチャコールと言う同じグレー系のコントラストを愉しむのも、大人ならではの楽しみ方。

IMG_1222
若い子たちと違う、色や形、素材によって、大人世代だからこそ愉しめて、尚且つ素敵に魅せられるのは、酸いも甘いも堪能して来た世代ならでは。

どんな素材、どんな色、どんな形、どんな組み合わせをすれば、大人らしいスタイルが完成されるかを、私達世代は”経験”と言う時間に刷り込まれています。

これから迎える梅雨、そしてその後の夏に向けて、ホンノリ足元から夏らしさを愉しんでみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2541
ようやく春らしいポカポカとした陽気に包まれた今日の長野地方。
気温は久しぶりに20度を超え、軽装で居られるほど今日の天気は過ごし易い一日でした。

ここからは、少しずつ御洒落の種類も変えて楽しめそうな時期がやって来そうですね。

元々トラッドな要素が強い当店ですが、中にはメンズライクで女性にとって”解りづらい”ディテールの物が在ったりします。

IMG_6507_PhotoRoom_20210402_163859
例えばこのBARBAのサファリジャケットの様に、余り見かけないサファリジャケットも女性物として存在する物の多くはある程度ディテールが簡素化された、所謂、匂わせる程度の物が多い様に思いますが、BARBAのそれは各部のディテールが、シッカリと構成されています。

同じく、この写真で組み合わせているINCOTEXのトラウザーズも、パッと見には凝ったディテールは見えませんが、実は男性よろしく細部に凝ったディテールが備わっています。

IMG_6508_PhotoRoom_20210402_163947
「サファリジャケットはどうやって合わせたら・・・?」
と考える人も少なくないと思いますし、ただただディテールに惚れて購入される方も居るかも知れません。

女性が着るサファリジャケットとしてはスカートやワンピースに合わせてしまうのが最も簡単で女性的に見えます。

IMG_7768_PhotoRoom_20210410_182153
少し色柄の凝った物を合わせるだけで、サファリジャケットのテイストは色濃く映り、またその色柄とのコントラストや相性も良く映ります。

IMG_7766_PhotoRoom_20210410_182001
もっと言えば、サファリジャケットがどんな風に合わせられているのかを想像するのが難しい程、現代のサファリジャケットの在り方は昔の物とは少々違った物になって来ています。

90年代であれば、このBARBAのジャケットよりも丈が長く、ウエストにはベルト付きの物も多く在りました。

それらにジョッパーパンツとジョッキーブーツを合わせた、まさに英国的なスタイル、乗馬スタイルがカッコよいとされていたものですが、このジャケットの場合には丈のバランスも当時とは違い、勿論着心地も変わり、現代のスタイルに合わせ易いバランスに仕上げられている事から、ワンピースやスカートが最もラクに組み合わせられる物になるのですが、当店はこの他に、敢えて”ボリュームのあるトラウザーズ”を組み合わせて提案しています。

IMG_6500_PhotoRoom_20210402_164100
それが前出の写真でも組み合わせていたINCOTEXのそれです。

このINCOTEXのトラウザーズは、イタリアと日本がそれぞれ異なる生産で行っている今、ある種貴重になってしまったイタリア本国による生産ラインのもの。

IMG_6505_PhotoRoom_20210402_164252
コットンとリネンを混紡したカジュアルな表情に、ガーメントダイを加え、何とも味わい深い雰囲気を醸し出している一本です。

シルエットはややハイウエストに位置しながら、前股上を短めに後ろ股上を長めにとる事によって傾斜とヒップ回りのゆとりや腰高になるメリットを生み、またペグトップの様に腰回りにボリュームを持ちながら、裾へと向かい緩やかにテーパードするセミワイドとでも言うべきシルエットが実に綺麗なライン。

IMG_6501_PhotoRoom_20210402_164117
また昨今のメンズのトラウザーズの様に両サイドにアジャスターを設ける事により、ベルトレスでもスッキリと、それでいて立体感のあるシルエットを愉しむ事出来る様になっています。

IMG_6502_PhotoRoom_20210402_164140
元々ボトムス作りに一日の長があるINCOTEXらしい、単なるアクセサリーとしてのアジャスターではなく、シッカリとそれらが機能しながら、デザイン上のキャッチーな部分になっていることもINCOTEXならではと言えます。

IMG_6503_PhotoRoom_20210402_164155
女性が身に着けると言う事を前提に捉えられた、女性だけに見られるバランス、そして随所にみられる立体感を生むダーツ等、INCOTEXの技術力の高さを窺える多くの魅力が詰まっている一本なのです。

IMG_6504_PhotoRoom_20210402_164224
勿論、女性が男性のように蘊蓄合戦をする生き物では無いので、こうしたディテールに拘りを披露する機会は無いのですが、こうした基礎が在って尚、女性にとって身に着ける”見えない”拘りが光るものになります。

女性がこれ見よがしに拘りを語っていたら、ちょっと興ざめしますからね(笑)

解っても解らなくても、それらが非常に拘りを以て作られている事実が在りさえすれば、それで良いのです。

同じ理由で拘りを形にしているBARBAのサファリジャケット、そしてINCOTEXのトラウザーズも、それぞれが大人の女性が淑女的に在る姿に見せてくれる、代え難い存在なのですね。

そしてインナーにも(この二つのブランドとは違った角度から)拘りを持つブランドがあります。

それがデンマークのブランド”by basics”です。

IMG_6521_PhotoRoom_20210402_171526
このブランドはエシカルでサスティナブルな物作りを進める、現代的なブランドで、天然素材以外を使う事が無く、またその天然素材にも品質を求め、他では得られる事の無い独自の品質管理などを行っている今日の世界に在るべき姿を持っています。

ウールやシルク、リネン等、様々な素材に特化したアイテムを作りだすby basicsが作る”コットン”をベースにしたサブネーム(ブランド名になっています)が、今回ご紹介する”cotton sense”(コットン・センス)。

IMG_6522_PhotoRoom_20210402_171542
上質なコットンの細い繊維だけを撚り合わせて作られた、このAラインのカットソーは、先ず形で立体感や女性らしさを感じ、次に触れてみて更に驚くほど高い品質を感じさせてくれます。

使用しているコットンの糸の細さもさることながら、それらから作られるサラリとした肌触りは、表面の艶やかさからは想像出来ない、まさに春夏に相応しいドライなタッチにも関わらず、ギュッと生地を握ってみると、そこには確かにコットンらしい柔らかさと弾力性がある事を感じるのです。

その優れた素材を感じると、如何にby basicsと言うブランドが”何を求めて”いるかが直ぐに伝わって来ます。

IMG_5952_PhotoRoom_20210402_172233
またシルエットにも女性らしい美しさと立体的な表現が盛り込まれている事が直ぐに伝わって来ます。
(写真:トップス/cotton sense、スカート/Max Mara)

IMG_5954_PhotoRoom_20210402_172313
大抵のカットソーは多くの店舗で棚に畳まれている事が多く、こうした立体感を感じる事が難しいのですが、このブランドのカットソーには平置きの時にでさえ、「何かが違う」と思わせてくれる、なにか特別な物を発している様に感じさせます。

IMG_6520_PhotoRoom_20210402_171502_2
この高品質で優れたカットソーに今回当店が用意したのは全4色のラインナップ。

IMG_6524_PhotoRoom_20210402_171618
全ての色が使い易く、またインナーとしても単体利用でも、存在感のある色のバリエーションにしています。

IMG_6526_PhotoRoom_20210402_171649
特に深すぎず、浅すぎず、その絶妙なサジ加減で開いている胸元のUネックのカットは、一着でもレイヤーしても女性らしい美しいデコルテを演出してくれそうです。

IMG_6525_PhotoRoom_20210402_171636
こうして、先のBARBAやINCOTEXとは、また違った志向角度のby basicsのカットソーは、時代性にマッチした物作りと、女性的な美意識が同居した、他とは違った存在価値を生み出す稀有なブランドと言えます。

この優れた拘りがアンダー1万円(6,600円+tax)で購入出来ると思うと、そこにはヤハリこのブランドの企業努力が大きく見え隠れしています。

ちなみにこのブランドのアイデンティティとして、

無駄に物を作り過ぎない

と言う一つのテーマに基づいて物作りが行われている為、小ロットで必要な(オーダー)量の分だけ物作りを行うと言う、企業姿勢にも素晴らしい努力が在ります。

エシカル、サスティナブルと、SDG'sを掲げて展開するブランドが徐々に増え続けている中、それぞれのブランドが考える物作りへの在り方や、考え方によって、これまでとは違った”洋服への価値観”が生まれ始めている事は確かです。

安価な物を沢山購入して御洒落を愉しむ時代から、本当に欲しいと思える物にじっくり投資をする御洒落の姿を、当店は改めて皆様に発信できればと思っています。

本当に拘りを以て作られている物には、必ず則したヒストリーが在ると言うことですから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ