IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:IL

IMG_2542
昨日に続いて今日も好天に恵まれ、公園には日向ぼっこをする鳩たちと共に多くの家族連れが目立ちます。
少しずつ過ごしやすい日が増え、装いも徐々に変化し始めて来ましたね。

901AADD7-1EE7-4061-A659-647339629485
クオリティの高いAgnelli & Sonsのスカートも(1年のうち大半は穿けますが)今がまさに着時。
当店スタッフもロロ・ピアーナ社製スーパー150’Sで誂えたフレアスカートを連日穿いています。

しなやかなドレープは高番手のウールだからこそ生まれるシルエット。
同じブラックでもコットン、ウール、化繊と様々な見え方がしますが、特に高品質なファブリックは見た目が違って見える事が一目でわかります。

A9DEDBA7-C034-4CEB-BB33-CFAA74AD3B2F
ブラックを楽しむ上で欠かせないホワイトやライトベージュも、夏のモノトーンには欠かせない色。
カジュアルダウンを楽しめるのも、スカートの素材に質の高い物を用いるからこそ、活かされるものになります。

現在、コットンストレッチ等、その他の素材で同モデルの展開も御座いますので、是非ご興味のある方はお試しください。

またバッグも季節ごとに使い方を変えたり、色を変えたり楽しみ方が様々。
スタッフが持っているFELISIのバッグも手に持ったり、肩にかけたり、様々な使い方が出来る便利な一点。

勿論、モノトーンスタイルにもピッタリ合います。

08CFCB39-447A-4113-850F-78AC41B113D5
男性ならAtelier Lavaのレザートートバッグ、それもライトベージュがお勧め。

15B64B7F-F10A-4B05-87D8-774FF6B9A431
仕事から休日まで、どんな装いにも、どんな色のスタイルにも取り入れやすく、その日のスタイルのアクセントにもなってくれます。

季節的にもバッグは主役の一つ。
色の足りない装いの日こそ、存在感のあるバッグの選択は有効ですね。

この他にも現在バッグが充実しておりますので、是非装い完成の一つにバッグも加えて見てください。

さて、今日は男性に向けたアースカラー、それも(以外と難しいと言われる)キャメルカラーのプルオーバーをピックアップしてみました。

IMG_3065_PhotoRoom_20210306_185105
GUY ROVERでオーダーしたこのシャツは、ハーフブラケットの仕様でプルオーバータイプになっています。

IMG_3068_PhotoRoom_20210306_185141
素材はフレスコ(或いはバスケット)素材で、通気性が良くとても爽やかな素材。

IMG_3067_PhotoRoom_20210306_185129
ワイドスプレットの衿型、前立てなどカジュアルなディテールを与えつつも、素材には糸が持つ自然な光沢があり、艶やかな印象。

IMG_3066_PhotoRoom_20210306_185117
真夏まで使えるこのシャツはジャケット等とも合わせられますが、やっぱりお勧めはショーツとの組み合わせ。

色の濃さによって「難しい」と思われる方が多いようで、最も簡単なのはホワイトのボトムスを合わせる事。

IMG_1752
そして当店がお勧めするのは、ホワイトだけではなくストライプのショーツです。

とはいってもホワイトベースに同じくキャメルカラーのストライプの為、違和感が無く自然に合わせる事が出来ます。

IMG_1753
足元はベルジャンシューズのように軽快感のある物がベスト。
スニーカーなどでは作られない紳士的な色、装いを作ってくれるのも、こうした靴の選択だからこそですね。

IMG_1743
また色数を足すには同系色を選んだり、同じくアースカラーを使用したバッグを合わせると、より装いに奥行や存在感が作られます。

IMG_1744
コットン素材なのに、まるでシルクでも混ざっているかの様な美しい光沢感は、使用している糸のクォリティを感じさせるものでもあります。

この存在感だけでも充分装いに華が添えられそうですが、色数が少ないと魅力的に映らないのが男性のアースカラー。

同系色や親和性の高い色を一つ二つ加えて、より魅力的な装いにしたいですね。

IMG_1741
今回使用しているベルジャンシューズは、IL MOCASSINOの物。
IL MOCASSINOと言えば高いコストパフォーマンスと、履き心地の柔らかさが魅力のブランド。

IMG_1742
このモデルはG&Gの様なツイストしたサドル(ストラップ部分)が特徴的なモデルで、タンは短くひし形に近い形状を持ち、まさにベルジャンシューズ宛らのテイストを作り出しています。

ショーツスタイルには軽さを感じさせる足元の存在が重要ですが、ベルジャンシューズはまさにそれらに値する一足になってくれます。

IMG_1740
その他にも同じショーツ、同じ靴を使いトップスのカラーを変えたり、アースカラーに非常に相性の良い今回のショーツ。

ボトムス作りを生業としてきたBARBATIならではの魅力あるショーツは、冒頭のキャメルカラーも、ブラウンカラーも、男性が比較的苦手とするアースカラーの組み合わせを、とても簡単にしてくれる存在です。

初夏から長い夏の終わりまで、出番が多くありそうな今回のGUY ROVERのシャツとBARBATIのショーツ。

どちらも価格的にも魅力な上に、これから使える”大人の男性”を演出してくれる強い味方です。
休日や夏の装いを迷っている方は、是非一度お試しください。

(GUY ROVERのシャツ/22,000円、BARBATIのショーツ/16,800円、IL MOCASSINOのベルジャンシューズ/35,000円、 ※いずれも消費税別





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1599
遅咲きの梅がようやく蕾を開き始め、街中にも春の足音が聞こえ始めました。

そんな春の陽気に誘われながら、今週も先週に引き続き沢山の新作が到着を進めています。

今日は予てから顧客様方に口頭でアナウンスさせて頂いておりました『Agnelli & Sons』の新プロダクトがスタート。

これまでジャケットやコート、スーツ、パンツ、スカートと重衣料を中心に、様々なアイテムを作り続けて来た弊社のプロダクト「Agnelli & Sons」ですが、いよいよ今シーズンからはシャツに着手。

これまでも様々なカミチェリア(シャツの仕立て屋)に別注を繰り返して来た当店ですが、それらには魅力ある物が作られるのと同時に弊害も少なく在りませんでした。

そんな中辿り着いたのが、今回取り組みをさせて頂いている企業様です。

「シャツ」と一口に言っても、その種類は様々です。

長らく当店にお越し下さっているお客様の中には、耳が痛い程聞かされている(多々)お話も在ろうかと思いますが、その作り一つ、生地選び一つによって、大きく左右されるのもシャツです。

そんな細分化されたシャツというカテゴリーの中で、今回当店がオーダーしたのは

フレキシブルに使えるシャツ

です。

当たり前の様に聞こえるフレーズですが、実際、どんな物にも合わせようと思うと難しかったりするのが女性のシャツ。

そこで、今回のAgnelli & Sonsとしてファーストデリバリーに選んだのは、オンスタイルに使えつつも、ジーンズを中心としたスタイルに「ぴったりマッチすること」がテーマのシャツです。

そんな中で生まれたのが今回の2種類。

IMG_1704
一つ目はホワイトのフレスコ(バスケット)コットン素材を使用した、カッタウェイカラーのもの。

IMG_1705
今回ベースとして採用しているカッタウェイカラーは、大きくサイドへ逃げるように広がる衿型の為、その呼び名となっているのですが、実際女性の装いの中で、タイを締める訳でもなく、また衿を開けて着る機会が多い分、この衿型が使い易い事は、もう言わずもがなですね。

それらの衿型に、芯地を排する事で生まれた、とても軽やかに弧を描く衿先、そして衿腰を感じさせない柔らかな感触が、今回のフレキシブルに使えるシャツとしてのテーマ(の一つ)。

IMG_1707
光沢が生み出される高品質なコットンは、この織目によって更に凹凸と共に増し、日常の装いに上品且つ高級感を与えてくれる物に仕上がっています。

その他にもこだわったディテールは数あれど、『先ずは「白」を持たずして始まらない』と言う一枚に仕上げています。

そして、もう一つが、英国の高級シャツファブリックメーカーである『THOMAS MASON』社の生地を採用したクレリックシャツです。

IMG_1697
通常クレリックシャツと言えば、衿と袖に白の部分を連想するのですが、敢えて衿のみに施す事によって、より多様性を生み出す一着として提案しています。

IMG_1698
こちらも同じくカッタウェイカラーに仕上げ、芯地を排した柔らかな仕上がりになっています。

IMG_1699
またボタンにも色の統一感を齎すべく、ダークネイビーのボタンを採用し、全体のトーンの邪魔をしないよう、細部にも手を入れています。

更にこの写真でもお分かりの様に、通常女性物のシャツには剣ポロが短い(或いは付かない)物も多いのですが、私達はシャツにはシャツとしてのディテールやメリットが、きちんと生まれる様、剣ポロも長さを指定して誂えています。

IMG_1691
クレリックシャツもオンスタイルへの用途は勿論ですが、ジーンズとの組み合わせは、古くから当店が皆様にお勧めしている、ある種の定番スタイル。

今回のTHOMAS MASONの高品質な生地、そしてそこに含まれた、独特なブルーのストライプから生まれる上品な色合いは、なかなか写真ではお伝えし切れない程、綺麗な仕上がりです。

IMG_1701
ところで、皆様一度は耳にしたことのあるTHOMAS MASONの名前、実際はどんなファブリックメーカーなのかご存じでしたでしょうか。

THOMAS MASON(トーマス・メイソン)は、1796年に英国のランカシャー地方で生まれたファブリックメーカーです。

「シャツ生地の起源」とまで称されるTHOMAS MASONですが、元々羊毛の紡績を主に行っていました。

その後作り出す生地のクォリティの高さから、1850年代にはヴィクトリア朝時代の英国王室など上流社会に広まり、紳士服地としての確固たる地位を築きました。
(ロイヤルワラント=英国王室御用達、の称号も授かっています)

以降、最新設備が整ったイタリアの三大紡績企業である『Albini』(アルビニ)社によって買収され、長年培われたTHOMAS MASONの技術はそのまま今も受け継がれ、世界最高品質と呼ばれるエジプト産の超長糸綿を使用した糸など、高密度で肌触りに優れた生地を作り続ける等、今も尚、世界最高品質としてその名を轟かせている企業です。

そのクオリティの高さは1850年代ヴィクトリア朝時代の英国王室をはじめとする上流社会に広まり、紳士服のエレガンスとして確固たる地位を築きあげ、ロイヤルワラント(英国王室御用達)の称号を授かるようになりました。
現代では最新鋭設備が整ったイタリア3大紡績企業 Albini社に買収されましたが、長年培ってきたThomas Masonとしてのクラフツマンシップは受け継がれ、世界屈指のエジプト産超長綿を使用した糸を、高密度に打ち込んだ肌触りとコシに優れたその生地は、紛れもなく世界最高品質と言えるでしょう。

世の中には細い番手の糸を得意としている同じく高級ファブリックメーカーの「CARLO RIVA」や「ALUMO」などが在りますが、実用的で現実的な生地として、平均100番から140番手双糸の糸を主に作るTHOMAS MASONは、シャツ作りに於いて欠かせないファブリックメーカーの一つになっています。

今回使用したストライプの生地も、非常に艶やかで滑らかで在りながら、しっかりとしたハリも持っている等、実際に触れてみると、その素晴らしさが伝わります。

今回新たにスタートした当店Agnelli & Sonsのプロダクトを是非その目で確かめてみて下さい。

きっとそこには新たなステルス・ウェルスが感じられるはずです。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月11日(木)、18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_1220
暖かかったり、寒かったり、こんな毎日を繰り返しつつ、春はやって来ます。
毎年のことながら、春らしさが待ち遠しくなる今日この頃です。

さて、店内に夏物が到着し始めて以降、お客様の装いも夏の彩りを取り入れる方が目立つ様になりました。
素材ではリネンが、アイテムではショートスリーブやワンピースなど、夏を感じさせる物が多く集まっています。

こうなると俄然揃えたくなるのが、やっぱりサンダルでしょうか。

先週はサンダルのバリエーションが揃い、それも低価格の物が入荷を始めました。

IMG_1474
中でもシーズン前から多くの方が関心を寄せていたイタリアのサンダル専業メーカー『SANDRO ROSI』のサンダルは価格の割にしっかりと作られており、夏の足元のバリエーションを増やすのには最適の一足。

1940年代からイタリアでサンダルを作り続ける老舗SANDRO ROSIは、多くの有名ブランドの木底サンダル等を手掛ける反面、自社ブランドとして様々なサンダルを作り出しています。

IMG_1476
このモデルでは円形ストラップをフラットにあしらい、ヌーディーで肌色とペディキュアの色合いをより魅力的に見せる作りになっています。

IMG_1563
夏のモノトーンに映えるブラックのフラットなサンダルはシャープな印象を作るのに最適な一足。

IMG_1564
シンプルでいて女性的な細身のシルエットからは大人らしい落ち着きを感じさせます。

IMG_1562
モノトーンの他にも、グリーンやベージュなど、夏に合わせたい色の多くが、この一足によって賄えそうです。

IMG_1470
もう一足はこのバックルタイプのストラップ。

IMG_1472
ナチュラルなインソールのカラーに、ライトブラウンの革とゴールドのバックルが映える一足。

IMG_1560
統一感のあるブラウン系やベージュ系の組み合わせにも、上品さを醸し出してくれる、まさにコストパフォーマンスと言う言葉がピッタリのサンダルです。

IMG_1561
バランスの良いソールのシルエットと、重厚感のあるストラップとが絶妙な雰囲気を醸し出しています。

この2モデルは、それぞれ7800円と8800円と言う破格のプライス。
見逃す手は在りませんね。

そしてもう一つ、真夏のカジュアルな装いに欠かせないのがトングサンダルですが、昨年同様今季もラバーのトングサンダルを仕入ています。

IMG_1485_1
今回は当店でもお馴染みのHENRY & HENRYのトングサンダルを、メンズ、ウィメンズそれぞれ同じカラーでオーダー。

IMG_1557
共に夏に映える色をオーダーしており、このVERDE(グリーン)は、ライトオリーブの程良い色合いを選択。(同じグリーンにも沢山種類が在るのがHENRY & HENRYです)

IMG_1558
ブラックのボトムとの好相性を愉しんだり、ベージュとのカジュアルな組み合わせを愉しんだり、或いは写真の様に、統一感のある同系色で整えてみるのもお勧めの一足です。
(程よい色の薄さが決め手である事が分かると思います)

IMG_1559
もう一色はBRONZO(ブロンズ)。
焼けた肌に映る魅力的なブロンズカラーはベージュやブラウンでは中々醸し出せない艶やかさ。

IMG_1478
こうした色合いにも微妙な色の差で数色作られる等、HENRY & HENRYのサンダルはカラーバリエーションが非常に豊富。

その中から選択した当店ならではの色の濃淡が、現在店頭に揃えている様々なスタイルに絶妙にマッチする事は言うまでも在りません。

IMG_1482
また今回はメンズサイズも同様にオーダーしている為、同じく2色でお選び頂く事が可能です。

IMG_1485
濡れた路面も安心なグリップ力の高いソール面の溝も、HENRY & HENRYの魅力の一つ。
夏の装い、そしてアクティブなホリディシーズンに向けて、是非夏のサンダル選びを、今のうちにしてみませんか?


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月11日(木)、18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



VOLPI_Info001

「VOLPI」は1950年、イタリアのトスカーナの中心部、サン・ロマーノで設立されたVolpi Confezioni社。

リノ兄弟とヴォルピ兄弟によって作られる毛皮や皮革製品の高い技術力から生まれるレザー製品(毛皮が中心)は、ファーテーラリングの伝統と共にフェミニンで女性らしいラインナップが魅力。

Made in Italyを貫き、高いクォリティが世界から認められ、現在ではヨーロッパを中心に中東やロシアなど、ラグジュアリーゾーンからの支持を獲得しているブランドです。

IMG_1565_1

この度当店では2019-2020シーズンより展開予定のVOLPIをいち早く皆様にご覧頂き、ご注文を頂く、パーソナルオーダーを開催させて頂きます。

期間:2019年4月8日 - 4月14日

是非この機会をお見逃しなくご利用下さい。

※詳細等については店頭までお問合せ下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月11日(木)、18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_1222
ようやく春めいて来た週末。
街中にはいつも以上に沢山の往来が目立つ週末を迎えています。

連日到着する新作ですが、今日もまた新たに沢山の新作が入荷してまいりました。
今日はその中から、高いコストパフォーマンスで人気のあるAT.P.COを幾つかピックアップして見ました。

先ずはメンズから。

IMG_1382
男性の夏のスタイルに不可欠なショーツの存在ですが、毎シーズンAT.P.COにオーダーするショーツは、その魅力的な価格と凝ったプリントや仕様が多く揃っている為ですが、今回当店がオーダーしたのは、大人の装いに相応しいブラウンのストライプをあしらったコットンとリネンの混紡素材の物。

IMG_1383
落ち着いた明るめのブラウンと素材の適度な粗野感によって上品な風合いが醸し出されているこのショーツ。

IMG_1425
ニットやビットローファーと共に、チョッピリプレッピーな装いに合わせたり、リネンのシャツと合わせたり、その組み合わせは多岐にわたりますが、どの組み合わせにも共通するのが

IMG_1423
上品で大人らしい佇まいで在る事。

ショーツの選択一つで、ここまで変わるのはブラウンと言う色合いと、ストライプと言う選択がゆえです。
大人を自負する年代の方に、是非とも試して頂きたい一本です。

IMG_1379
ウィメンズは毎シーズン楽しみにされている方が多く、それも価格が身近な上に、遊び在る装いが多く揃う為。

IMG_1380
このリーフプリントをあしらったウィンドブレイカーも、その一つ。
軽く、爽やかな印象を持つ素材と色に加え、ブルゾン的にならない裾のドローストリングスの採用によって、より多くのスタイルに取り入れ易くなっています。

IMG_1426
スポーティーな装いが一つのファクターとなっている昨今のスタイルの中で、ここまで多くのアイテムと共存し易いのも、このウィンドブレイカーの魅力。

IMG_1427
アクティブに行動する春夏にこそ、必要になるこうした軽めの羽織物は、確実に登場回数トップになるはず。

IMG_1428
ポロシャツやガウチョパンツ、ショーツ等、夏の装いに合わせたアイテムには、どのスタイルもスポイルしてしまいます。

IMG_1429
チョッピリエッセンスの違うアイテムにも違和感無く溶け込むのは、このウィンドブレイカーの最大のメリットと言えるかも知れません。

春夏の羽織を探している方にとって、また新たな魅力となるかも知れませんね。

IMG_1389_1
そして沢山のボトムが入荷している今回、特にお勧めしたいのが、こちらのロングタイトのスカート。

IMG_1387
リネンを混紡する事によって生まれる素材の粗野感と、コットンストレッチによる、とてもしっかりとしたサポート性の生地感から、このスカートの持つシルエットやメリットを最大限生かしてくれる素材になっています。

IMG_1399
全体にストレートなシルエットをピッタリタイトに仕上げる事によって生まれる、縦へのストレートなライン、そしてサポート性による心地良さから、このスカートもまた登場回数が増える事間違い無しの一本と言えるかも知れません。

IMG_1402
タイトさを補うべく、スリット長も確保され、いやらしさの無い、動き易い仕様もキチンと考えられています。

IMG_1433
同系色や相性の良いネイビー、或いは挿し色のレッド等、ベージュやカーキのボトムスには、春夏に合わせたい色の多くが組み合わせられます。

IMG_1434
チノーズ等に代表される色も、チノーズでは少々野暮ったく見えてしまうものですが、スカートであれば不要なシワを気にする事もなく、またそれらから生まれる大人のカジュアルが作られる事も、今回のスカートの大きなメリットです。

以上の他にも、今回のAT.P.COからは沢山のボトムスが入荷しています。
是非この週末を利用して、更なる春夏のスタイルアップにお出掛け下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月11日(木)、18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ