IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:HOMEWARD

IMG_7944

あっという間に10月がやって来ました。
それでも日中はちょっぴり蒸し暑さを感じますが、これもどうやら長くは続かない様子。
この週末からは急激に秋がやって来るとの予報がなされています。

今週は一気に秋の準備が必要になりそうな一週間、そろそろ本格的に秋に備えた方が良さそうですね。

そこで、今日は気温に左右されず「暖かければ引く、寒ければ足す」を簡単に出来て、尚且つ「いつもの様だけどチョッピリ違って見える」をテーマに、当店お勧めの組み合わせをピックアップしてみました。

for_blog_221003

使うのはHOMEWARDのロングベスト、Drumohrのメリノのニット、そしてupper hightsのスカート。

どれもが”アイテム”として見れば、定番的な物ばかりですが、全てに共通するのが「素材が異なる」点。

170064953

Drumohrのメリノウールは、言わずと知れたマストアイテムでもあり、中でもゆとりあるシルエットのVネックは、これ一枚でも、中にレイヤーをしても使えるユーティリティアイテム。

170271316

upper hightsのヴィーガンレザーのスカートは、形こそ定番的なフレアスカートですが、その特徴的な柔らかさと、この手の素材にしては比較的マットな質感は「違い」を出せる一着。

170550953

そこに加える敢えての肝としてはHOMEWARDのダウンベストでしょうか。
ダウンベストの有効度は誰もが認めるところですが、丈の長さや色、素材で使い方を迷う方も多いと思いますが、そこは難しく考えない方が組み合わせがし易い場合もあります。

今回使うベストは非常に淡いオリーブ系とでも表現したくなる特徴的な色で、光沢も光の加減によっては見えますが、基本はマットな質感に近いものです。

この3つは、どれか一つを別の物に変えても組み合わせが成り立ってくれるものばかり。

IMG_8285

全てが異素材で構成されるスタイルは、一つ一つの主張は控え目でも、一つにまとまると洒脱な印象を与えてくれるのが魅力。

ニットの中にシャツを入れたり、更にこのコーディネートの上からコットンのコートを羽織ったりなど、このスタイルを中心に「足し引き」が出来るのは、異素材同士の相性が在ってこそ。

162366446

気温が高い日にはニットをシャツに変えても良いですし、それでも暑い日には半袖のカットソーでも良いですし、実は想像以上にこのコーディネートは「手持ちのアイテム」を加えたり、変えたりするだけで「使える」コーディネートに変わります。

気温の上下動が激しい今週、そして更に涼しさが増しそうな来週以降、何を着ようか迷われている方がいらっしゃったら、是非今回のコーディネートも参考にしてみて下さい。

それぞれの「素材が変わるといつもの服装も見違える」ことを実感するはず✨

中でも意外なほど「使える」と思わせてくれるのは恐らくHOMEWARDのベスト。
この絶妙な色や素材感、そして何より「丈」は、このスタイルの大きな肝となっている事を実感していただけると思いますよ。











【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2502

ほんの少し前まで、冷たい飲み物が美味しいと思えていたと思ったのに、昨深夜の暑さから一転、今日の朝は涼しいどころか、寒さを憶える一日になっていました。

九州地方から東北まで各地に大きな被害を齎した今回の台風。
地域によっては甚大な被害が出ているようですが、一日も早く復興に進んで欲しいと思います。

さて、こうして体が寒さを記憶すると、急にコートなどアウターが欲しくなります。
今日はニットの上にジャケットを着ていても尚、寒いと感じる気温でしたから、少し早めに準備したいと言う気持ちにさせられますね。

そこで今日取り上げるのは、数年前2シーズン程取り扱った後、日本市場から消えてしまったイタリアのブランド”HOMEWARD”のアウター。

homeward001

HOMEWARDはイタリアのジェノヴァ生まれのブランド。
洋服を旅に擬え、様々な物からインスパイアされ、常に革新的な素材やディテールを取り入れながら、メンズ、ウィメンズ共にトータルルックを展開するブランドです。

元々アウター作りに長けている反面、シーズナブルなTEEシャツ等、シーズンごとに様々なテイストを表現してくれるHOMEWARDですが、その基本にはカジュアルである事、そして日常生活の中で”生きた”使い方が出来るリアルクローズが特徴です。

数年前、私達が取り扱った際、その時のラインナップに於ける世界観がとても印象的で、それ以降忘れられず、日本市場撤退後、懇意に下さっているインポーター様に懇願し、ようやく今回の仕入へとつながった経緯があり、この秋冬の入荷は心待ちにしていた私達。

IMG_4922

その中から今回取り上げるのが、このロングダウンジャケット✨

一見は長いMA-1。
しかもこの手のジャケットは色々なブランドがしのぎを削っている形でもあり、もはや見る人にとっては「何が特徴で、何が良いのか」が解りづらくすらなっている様な気もします。

事実私達のお店でも、過去に何度かこの手の形を目にした事が在る方も居ると思います。

IMG_4923

しかし、違うんです!

魅力と言うのは、恐らく説明されなければ気付けない物が多く(身に着けて見て解るものもありますが)、このジャケットは、幾つかの特徴や拘りが在ります。

一つ目はこの手の形に多い「ただただ大きなシルエット」の物では無いと言う事。

それはボディに着せた写真からも伝わる様に、とてもスッキリとした無駄のないシルエットになっている事です。

IMG_4924

比較的良く見かけるのが、肩回りから裾まで、ズドーンと大きく、幅広く作られているものや、肩だけが大きく落ちたシルエットの物だったりが大半。

ところが、HOMEWARDのこのジャケットは、とてもスッキリとして”ホッソリ”見えます。
しかし、採寸をすると細くは無いんです。

そのシルエットの綺麗さに加えて、実は「リバーシブル」である事も(実は解りづらい)一つ。

IMG_4928

表面はマットなタフタ、裏面はリップストップと、表情の異なる生地(ナイロン)を使い、色も異なるリバーシブルなんです。

また、裏返して着ると表地(色)によってパイピング処理されている各縫目部分が、アクセントカラーの役割をしている為、表面とは全く異なる表情のジャケットに変わります。

ちなみにファスナーはWファスナーですが、スライダーのタブにはラバーコーティングが施されている為、濡れた手やグローブ越しの指でも滑らずに操作する事が出来ます。

IMG_4925

そして更に解りづらいのが、ダイアモンドキルトされている中綿。
一般的にはファイバーダウンやアクリル、ポリエステルなどの樹脂が使われますが、このジャケットではダウンが使われています。

軽さと保温性、そしてボリューム感を作っているのは中綿がダウンだからなんです。
(乾いた空気で広がるのがダウンの特徴です)

IMG_4926

この手のジャケット(或いはコート)には、とかくやり過ぎ感が否めないものが多い中、HOMEWARDのジャケットには「不要な物を省いた」非常にソリッドな作りを見せている事が、コーディネートのし易さにもつながっています。

TEEシャツ、ジーンズ、レギンス、ニット、フーディ、想像し得る多くのデイリーウェアが組み合わせられます。

ちなみに当店では、このジャケットをミドルアウターにして、更にトレンチなどコートをレイヤーする事もお勧めしています。

シンプルな作り、無駄のない形と言うのは、文字で魅力を説明するのが難しいものですが、HOMEWARDの製品には「そんな説明を必要なものを作る事が無い」と言わんばかりの物が多く、このジャケットも袖を通せば納得する、そんな印象を持っています。

更にコストパフォーマンスが高い事も魅力になっているHOMEWARDは、どこでコストを削るかを考えています。

IMG_4923

それでも、前出の写真でも解るように、ダイアモンドキルトの位置合わせ(左右の菱形の交差位置)も正確で、作りも丁寧に行っており、”重要なポイント”はしっかり費やし、コストをカットする場所や考え方が違っています。

在り来たりに思われてしまう、キルティングタイプのジャケットも、作り手によって考え方も捉え方も、製品としての完成度も、常に変わります。

HOMEWARDのジャケットは、スッキリ綺麗に見えることで女性らしく、そして見えない中綿(ダウン)で暖かく、さらにレイヤー、スタイルの種類は豊富と、多くを併せ持っています。

日常に使えなければ意味が無い、でも組み合わせがし易く無ければ御洒落を愉しめない、そんな女性の我儘な気持ちを形にしてくれるHOMEWARDは、間違いなく日々のローテーション入りを確実にしてくれるはずです✨

ご興味のある方は是非一度お試し下さいね✨






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


150324246_o10
春の気配が進み、時折小雨混じりの日が増えて来ました。

梅雨まではまだまだ日がありますが、春の雨は黄砂も混ざり、雨の質もアレルギー体質な方にとってはチョッピリ嫌な雨ですよね。

どちらかと言うと梅雨の雨より、今の雨の方が当たりたくないと言う方が(私を含め)多いと思うのですが、今日取り上げるのは、そんな方々にピッタリな軽い羽織物です。

前回ブランドのヒストリーに触れたイタリアのHOMEWARDは、物作りに何かしらテーマを以て作る事に長けているのですが、今シーズンは何処かヴィンテージ感やミリタリー感を感じさせるテイストを色濃く感じさせます。

150321839
例えばウィメンズで入荷している、このショートフィールドジャケットは、ディテールの大筋はM51(通称モッズコート)を踏襲しているのですが、上手にモディファイされ、女性のジャケットとして、とても使い易い形、軽さを備えて作られています。

150321839_o2
素材に使用しているのはポリエステルですが、それらにガーメントダイを施す事によって、マットな質感と程よいユーズド感が醸し出され、とても良い風合いを作り出しています。

150321839_o5
テール部分にはM51の特徴でもあるフィッシュテールの形状は、折り返しスナップ止め出来る様仕上げており、小さな遊びを含んでいます。

150321839_o6
HOMEWARDは、こうして細部に拘りと遊びを取り入れるのが上手なブランドで、先般のTシャツにも見られる様に、作り手の意図がとてもわかり易く反映されています。

150321839_o4
大き目のフードはメリットも多く、女性の肩幅や背中を華奢に見せたり、デザイン上にも大きな役割を担っています。

150321839_o7
また丈のバランスが非常に良く、肩から裾へかけて緩やかなフレアを描くシルエットは、ボトムスを選ばず多くのスタイルに合わせ易い物に仕上げられています。

150321839_o9
通常膝ほどのレングスで作られるM51が、このバランスで作られるだけで見た目もグッと良くなり、スッキリとします。

150321839_o10
色の演出や風合いも良く、春の雨に晒されたくない今、最もお勧めの一着です。
何より『軽さ』が際立ち、ストレスフリーで着ていられます。

150321839_o8
常に拘りをこのブランドなりに解釈し、素敵にアップデイトするHOMEWARDの魅力は、こうした細部や高いコストパフォーマンスに現れています。

150324246
同じ素材を同様にガーメントダイして作られたメンズのパーカも、やはり軽くストレスを感じさせない作りになっています。

150324246_o1
メンズではアスレティックな要素を取り入れたスポーティーなパーカが基本ディテールで、ベースカラーもバーミリオン(朱赤)と、絶妙な色合いで作られています。

150324246_o4
至極シンプルに作られたパーカですが、程よいフィット感を生むのはラグランスリーブから延びる程よいゆとりの身幅。

150324246_o6
また袖に使われた立体的な縫い目と相まって、動き易さを加えた一着です。

メンズの場合には特にミドルアウターとしての存在価値が高く、春夏は羽織として、秋はコートなどの内側にレイヤーするなど、様々な着方のアレンジが出来ます。

150324246_o5
メンズもウィメンズも、共に実用性と凝ったディテールを形にしている為、抜きん出る様な派手さは無いものの、その実、理に適った物作りが目立ちます。

どちらも「今」を愉しむには最適の一着。

是非このイヤ~な春雨を凌ぐ一枚を試してみて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

暖かな陽気が戻りつつある今週末。
まだまだ風はほんのり冷たいものの、日中は穏やかな陽射しに包まれる日が増えて来ました。

依然猛威を奮っている新型ウィルスですが、我々一人一人の心掛けが少しでも早く終息を迎えられる事は周知のとおり。
現政府には聊かの不満はありますが、日常生活を送り、社会を支えている事への自負は我々一人一人で在る事、またそれぞれが身を守る事への深い知識と認識を持つ事が如何に大切かを改めて知る機会となっています。

暖かくなり始めた今、春は最も人の気持ちを穏やかに心地良くさせてくれる季節でもあります。
憎きウィルスを少しでも早く排除して愉しい毎日が戻る事を期待したいですね。

さて、連日新作のご紹介をさせて頂いておりますが、今日は男性物の新作をピックアップ致しました。
しばらく女性物が続いておりましたので、せめて週末位は、、、と思い(?)今日はメンズです。

週末の男性の装いと言えば、特に仕事をスーツやジャケット着用でされる方にとって、数少ないラクチンな服装を楽しめる日。

特に春から夏にかけての装いは「コンフォート」で在る事は前提ですが、加えて更にラクチンを考えると、そこにはTシャツと言う究極のラクチン(笑)が在りますね。

今日はそんなラクチンの代名詞でもあるTシャツの中でも、「ふつ~なんだけど実は凝ってるんだよね」と言いたくなってしまう物を幾つかご紹介します。

wool-3
今日ご紹介するブランドはイタリアのHOMEWARD CLOTHESのもの。

このブランドは高いコストパフォーマンスが魅力なのですが、ただそれだけでは無いのが最大の特徴です。

洋服に対する姿勢、考え方が『日常』の中に凝縮されていると言っても過言ではないHOMEWARDのラインナップ。

そこには優雅で優美、絢爛豪華の様な物ではなく、革新的な素材、染料、技術をふんだんに取り入れた

『洋服の想像を旅に擬える』

事によって作られる、様々な発想が形になっています。

HOMEWARDは常にデザインや世界観を探求し、色、形、センスを、一つのアイデンティティのもと、コレクションにまとめています。

wool-0
そんな彼らのコレクションは、生活の中の日常に沿ったアイテムにこそ光る魅力を感じさせます。

ベーシックが基本となるHOMEWARDは、技術や素材への拘りは勿論、私達が最も着目するのは

自然に見せるさり気なさとウィットの効いたニュアンス

です。

light-jacket-1
ベーシックとか、定番とか、王道とか、そんなフレーズは何処彼処で耳にします。
しかし、そこに在るのはブランド名の違いや、微々たるディテールの違いなど、少し乱暴な言い方をすれば、全てが同じく見えるものが多いのでは無いかと思うのです。

大枠で見方を変えれば、このHOMEWARDもそうかも知れません。

しかし、知れば知るほど、見れば見るほど、そして触れれば一目瞭然の魅力を持つのが今回のTシャツたちなのです。

例えばこのシンプルなラウンドネックのTシャツ。

149950798
上の写真でモデルが着用している物と同じものですが、フィット感の高いボディと胸の刺繍。
ここまではどのブランドも似たようなものを作ることが出来ます。

しかしこのTシャツのボディには何度も何度も洗いを繰り返す事によって生まれた、独特の柔らかさと少しくたびれた生地の表情が顕れています。

149950798_o1
更にこの刺繍は、ヴィンテージ好きや古着好きにはたまらない"チェーンステッチ"で全てが描かれており、立体的な造形を愉しむ事が出来ます。

そして更に

149950798_o2
非常に些細なことですが、使用する糸をウール(毛糸)にする事で、糸の毛羽立ちや、少し鈍く滲んだように見える独特の雰囲気が生まれ、このTシャツが持つヴィンテージ風のテイストを、より色濃く演出しているのです。

当然、手作業

149950798_o4
こうして当たり前の物作りに、敢えて拘りや手の込んだ仕事を取り入れる事によって、HOMEWARDのTシャツは他にはない魅力を存分に発揮してくれるのです。

彼らが、「どんな部分に拘り、どんな所に技術を使い、どんな物を作ろうとしているのか」を紐解くことを愉しませてくれる、これらのTシャツは、まさに「作り手と使い手の対話」を愉しんでいるかの様です。

ちなみにこのモチーフに使用されている車両、ご存じの方も多いと思いますがFIATの500(チンクエチェント)。
あの国民的アニメーションでも使用されたNUOVA 500Dです。

149950798_o3
このTシャツにのみ、ブランドタグの上に"Nineteen Sixty Two"と記したタグが付けられています。

HOMEWARDのブランド名にある「HOMEWARD CLOTHES 1962」と何かしらの縁を持っているのでしょうか。

NUOVA500は丁度1957年から75年まで作り続けていますので、彼らの中に何かインスパイアされる年式でもあったのでしょう事が窺えます。(こうした紐解きも面白いのです)

これだけ凝りながらも価格は6,000円(税別)に抑える企業努力。
ここもまたHOMEWARDの魅力なのです。

149950982
このTシャツも同じ形のボディを使った物ですが、素材の感触が少しだけ変わります。
さらにガーメントダイを施す事によって、より色むらや色落ちの味わいが増している為、まるで本当の古着やヴィンテージを手にしているかのような錯覚に陥ります。

149950982_o1
このTシャツの左胸には、どこか見覚えのある人の顔が刺繍されています。
(勘の良い方は直ぐにお分かりかと思いますが)

パーマのかかった髪型、左耳のピアス、焼けた肌、そしてチラリと覗く衿元のカラーはアルゼンチンのチームカラー、、、。

そう、サッカー界に於けるレジェンド『ディエゴ・マラドーナ』(だと思います←恐らく何かのライセンス問題もあると思うので明言を濁しておきます・・・)。

149950982_o4
左胸に小さく刺繍が施されている他、左腕には栄光のナンバー『10』が、チェーンステッチによって縫われています。

149950982_o3
マラドーナもまた1960年代に生まれ、その後の活躍は多くの人が知るところ。
もしかすると今回のラインナップで表現したかったヴィンテージ感やユーズド感は、彼らがオマージュする年代が1960年代から70年代のイメージなのかも知れませんね。

モチーフも然る事ながら、このTシャツには凝った色落ちの加工が為されている為、退色までリアルに表現されている拘り様です。

149951075
Tシャツでは在りませんが、このポロシャツもまた70年代を匂わせるサーフテイストをエッセンスに取り入れた事が伝わって来る一着です。

149951075_o2
タップリとした身頃とサラリとしたタッチのコットン素材から作られたボディは、前出のTシャツ同様丹念に洗いが繰り返され、非常に味わい深い色落ちを作り出しています。

149951075_o3
左袖には可愛らしい色合いのサーフボードが並び、刺繍されています。

149951075_o1
そして胸には円状にパームツリーやビッグウェーブ、燦燦と光る太陽が、ウール糸で手刺繍されています。

真夏のショーツやビーチサンダルを思い起こさせる独特な雰囲気が今回のラインナップにはプンプン匂って来ます。

149950644
他にも打ち込みのしっかりしたミニ裏毛のジップアップパーカもラインナップしています。

149950644_o2
こちらもガーメントダイが施されているのですが、色の表情が何とも言えない雰囲気を作り出しており、スカイブルーで染められた色を何度も何度も色落ちさせて作り上げた、まるで白の様な色、そして色残りのあるムラなど、このパーカにもTシャツなどと共通する魅力が備わっています。

149950644_o3
滑らかでサラリとしたタッチと、この絶妙な按配に色抜けした味わいは、今回のテーマを、より確固な物にしています。

149950644_o4
夏が待ち遠しくなるほどの爽やかな色、そして程よい肉厚感と雰囲気によって、このパーカもまたHOMEWARDが持つ「拘り」の原点を、あくまでも自然に、普通に、当たり前に見せています。

149950644_o5
こうして、今回のHOMEWARDには、在り来たりなアイテムを、一つ抜きん出た物に仕上げ、更にそれらに対価を求めない(?)価格設定など、どの角度から眺めても「魅力」しか感じられないラインナップが揃った訳です。

この他にも、ウィメンズのナイロンアウターやメンズのナイロンアウターなど、同様の拘りを持ったアイテムが揃っています。

日常に着るものだからこそ、違いを見せたり解りたい、そんな(少々面倒くさい)拘りをHOMEWARDは、ふつ~にこなしているのです。

このふつ~にこなしている事の素晴らしさこそが、洋服に愉しみや魅力を与えてくれるのですね。

是非この週末はHOMEWARDの魅力に触れてみて下さい。
ブログでご紹介した以外にも、まだまだ発見がありますよ♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ