IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Falorni

ひとしきり暑さが続き、今日はまた涼しい風がそよぐ夜を迎えている長野地方。

長らく続く新型ウィルスとの闘いも、感染が怖いのか、相互監視による人の心の悪が怖いのか、”ウィズ・コロナ”は新たな局面を迎え、人の心の底が透けて見える様な気がしています。

正しい知識と正しい対処法、まっすぐな考え方、捉え方、そんな”当たり前”が必要な時期になっているような気がします。

さて、前置きはこれ位にして、今日は先般から続いて入荷を進めている秋の新作から「バッグ」をピックアップしてみました。

季節の縛りが無いバッグは、まさに今の時期、手に入れておくのに相応しい存在。

実はすでに入荷と同時に姿を消している物もあるのですが、今日取り上げるのは、「人知れず優れた物を手にする」意図が含まれた物たちです。

日本は右倣え主義が強く、人を見て安心を覚える衒いが、海外に比べ、比較的大きいように映ります。

その結果、”誰もが知るブランドアイテムには安心感と投資”を、逆に”誰も知らないようなブランドアイテムには不安と後退り”をする事が多いと思います。

当店ではこれまで様々なレザーブランドを展開して来ましたが、陽の当たる場所に居るのは、大半がその後多くの人々が知る事になったブランドばかりです。

しかし逆も存在しています。
お客様の中には、ニッチな魅力を感じ、それらを希望される方もいらっしゃいます。

今日取り上げるブランドの中には、そんなブランドも含まれています。

Image-2
革製品の聖地と称されるイタリア、ボローニャのブランド”ATELIER LAVA”(アトリエ・ラヴァ)も、その一つです。

1968年から続く老舗であり、長年の知識や技術を駆使しながら真摯に物作りを進めて来たブランドです。
材料の選定から仕上げまで、全てをイタリア国内で行い、またそれらを仕上げる職人達の中に息衝くのは、「エレガント」と「機能性」。

153542316
この柔らかなシュリンクレザーを使ったブリーフケースは、見た目こそ一般的に見掛けそうな形をしていますが、先ず特筆に値するのは、”大きさを感じさせないパッケージ”です。

153542316_o3
ほぼ全てのビジネスシーンやショートトリップに最適な荷物量が、軽々収納出来るにも関わらず、その形に硬さや大きさを感じさせないのは、全体に丸みと直線のシルエットが上手に噛み合っているから。

153542316_o4
バッグそのもの重量は、とても軽く、想像する革製品とは比べものにならない程。
また前後にスリット状のポケットを持ち、片側にはタブレットが横にして収まる(写真では縦に入れています)大きさを、直線的なデザインを取り入れて設けられています。

もう一方には、底部が貫通した状態で、これはトロリーケースのハンドルなどに収めたりする事が出来るようになっています。(しかもシークレットマグネットで閉じられています)

153542316_o7
開口部は180度開くものではなく、帯マチを取る事によって、荷物の散乱や内容保護を護っています。

153542316_o9
コンパートメントは二つのマチ付きポケットとファスナー付きのウォールポケットの3つですが、使用されているライニングのナイロンに堅牢性があり、こうした部分にも安心感を抱かせる他、ブランドのアイデンティティも感じさせてくれます。

153542316_o11
付属のショルダーストラップを使う事で斜め掛けが可能になり、ストラップの革質も柔らかくストレスを感じる事が在りません。

153542316_o14
加えて、肩にあたる箇所には低反発のクッション材を介したパッドが施されているなど、常に使い手の立場に沿った物作りが、ひしひしと伝わって来ます。

主に、ビジネスシーンやトリップシーンにフォーカスした物が、ラインナップに多いのですが、実際には様々な用途に対応するモデルが在り、現地ではバッグのス・ミズーラも完備しているとのこと。(※ス・ミズーラ=オーダーメイド)

153544829
このバッグも同じATELIER LAVAによるもの。

かつてフランスのシャルル・エ・シャルリュスをご購入頂いた方々には馴染易いかも知れませんが、大きさそのものを見ると、非常に大きなバッグに見えますが、実際にはベルトストラップの上部分は両壁が無い状態。

153544829_o5
荷室は広く大きく取られており、中は中央にファスナー付きの一室があり、3層にコンパートメントされています。

153544829_o3
一枚革のメリットを生かした、柔らかく、軽く、そして体に馴染みやすい形状から、沢山の荷物を入れても、それらがサマになる形に作られています。

153544829_o9
実際に手に持って見ると、ハンドルが手にフィットする感覚を、最初に感じます。
また形が仄かな台形を描く事から、バッグとしてのシルエットも美しく見えます。

153544829_o10
上の両壁が無い部分には、バゲットや新聞などを挿し、それらが日常にフィットする画に見える事もまた、シャルル・エ・シャルリュス同様、日々のストーリーの中に親和性を感じさせる作りでも在ります。

153433927
コチラは当店でも御馴染のブランドFalorniのバッグ。

153433927_o2
Falorniはご存じの方も多いと思いますが、ボッテガ・ヴェネタやクリスチャン・ディオールのバッグを作り続けて来たハンドメイドのバッグメーカー。

現在日本には幾つかの代理店があり、それら代理店によって作りや仕様が異なります。
今回オーダーしているのはメンズとして主に展開している代理店によるもので(とはいえ女性にも使えるサイズですが)、過去当店が仕入れて来たライニングを持つ物ではなく、革のみで編み上げられた表裏革の仕様。

153433927_o8
底面や開閉金具などの部分には太目のステッチが丁寧に施され、また表も裏も同じ革の編地を持つ事によって、或る意味、ごまかしの効かない作りでも在ります。

153433927_o4
開閉はワンタッチの金具、中はファスナー(それも引手が同体)式の袋状が一か所のみになっています。

このバッグの魅力は何と言っても、その贅沢な革の使い方と長い時間かけられて編み上げられたであろう編地、そしてそれらの材料になっているラム革など、ラグジュアリーなテイストを存分に感じさせてくれる所でしょうか。
色合いも当店のお客様の中にお好きな方が多いトープ系カラーを指定し、穏やかで上品な印象になっています。

Image-1
この他にも、代々続くバッグメーカーの2代目当主が自身の名を冠して立ち上げたミラノのCHRISTIAN VILLAのバッグなど、季節を越えて使えるバッグが揃っています。

このバッグもまた親企業であるPOP CORN MILANOと言う大企業の恩恵を受け、妥協のない革質(写真からも伝わる通り、非常にしなやかで柔らかく、上質な艶を持っています)、使い易さやユーティリティなど、価格に見合わぬ機能性やデザイン性を発揮しています。

こうして、今日取り上げただけでも、幾つかのブランドが挙げられますが、海外の人々と日本の人々との大きな差は

『自身の目に適う物に投資をする』

ところ。

先入観がなく、価格と品質を平行線で見る事が出来る事、つまり自分だけの審美眼を持ち合わせる事に長けているのが、海外の人々。

日本にも、勿論こうした考え方をお持ちの方も増えていると思いますが、もっともっと審美眼を持つ人たちが増えてくれると良いな、と我々スタッフは常々思っています。

季節は端境目。
今こそ新しい季節に向けてバッグを新調する良い機会です。

今季は新しい価値観と共に始めてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月3日、10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_5698_1
初夏の心地良い風に包まれ、夏前の僅かな季節を堪能したい週末。

ここからはインナーは薄く袖を短く、そして羽織を持ち歩く季節になります。

荷物が増える季節ゆえ、バッグにも相応の内容量が欲しいところ。

そこでお勧めしたいのがボッテガ・ヴェネタやクリスチャン・ディオールなどのOEMも手掛けるFalorniのラムレザーを使ったイントレチャート・トートバッグ。

IMG_6064
このブランドの魅力は何と言っても、柔らかさと横に長い形の美しさ。

IMG_6065
素材の上質さは言うまでも在りませんが(過去ログをご参考下さい)、その独特な立体感から醸し出される、その他のアイテムとの共存は、一つ一つのアイテムに更なるリュクス感を齎してくれるもの。

IMG_6069
横長に作られている事により、女性(身長の有無に関わらず)が持っても、大きさを感じる事が無く、むしろ革の柔らかさによって作られるしなやかな動きが、体にフィットし、より上質さを顕してくれます。

29AFDDCB-3410-4857-802A-99DE366D5936
一時はエディターズバッグなる、大きく、相当な内容量を持つバッグが主流になった時もありましたが、今となっては横長のトートバッグに同様の魅力(バランスが取り易い為)が求められています。

6C9E8395-04E2-4AC5-86E3-F02DB4AA75BE
またこのバッグはユニセックスの為、男性女性を問わず日常のスタイルをクラスアップしてくれます。

また特筆すべきは、そのハンドルで、革の上質さから得られる柔らかさによって、肩掛け利用の際にも、肩に食い込んだりする事が無く、肩への負担を和らげてくれます。

この季節ならではのお勧めバッグ『Falorni』を是非この機会に。

他にも季節的にお勧めのバッグが揃っておりますので、是非皆様のご来店をお待ち申し上げております。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
6月、13日、20日、27日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_4338
暖かなお部屋と美味しい食事が嬉しい季節になりました。

徐々に気温は低くなり、肌寒さも増している今週末。

IMG_3273
装いに暖色を取り入れたくなる今位の季節は、寒色をベースに暖色を取り入れると効果的にセンスアップを謳う事が出来ます。

特に今季はシルバーやグレーを基調にスタイルの基本作りをお勧めしている当店ですが、相性も良く特に今季採色としてお勧めしているのがキャメルカラー。

ブリックカラー(煉瓦)や、キャメルカラーは色の濃淡や味わいが決め手となります。
暖色ばかりになると、全体に重い印象が先行してしまいますが、取り入れる色の面積を減らす事によって全体の色のバランスも整い易くなります。

IMG_3274
シューズの色を変えるだけでもガラリと印象が変わり、季節に応じた色の魅せ方が出来ます。

今から冬にかけて装いを愉しむ上で、大切な採色のバランスは、基本カラーを決めて取り入れて行くと愉しみ方が変わります。
是非お試し下さいね。

さて、お客様方の中に洋服を中心にシーズンアイテムが揃い始め、再びバッグやストールなどへのご興味が増している今週。

今日は当店ではお馴染みのFALORNIとDell'gaをピックアップして見ました。

先月の受注会時にも触れさせて頂いたFALORNIは、メゾンブランドのバッグを手掛けている事でも知られている高品質なハンドメイドのファクトリーブランド。

IMG_5345
1980年にイタリア、フィレンツェ郊外に設立されたFalor社(ファロール社)が、作り出すオリジナルブランドFALORNI(ファロルニ)は、創業以来革製品(当初は靴のパーツを製造)の生産を手作業で行い、その高い技術力は、大手メゾンブランドにも見初められ、

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)や、Christian Dior(クリスチャン・ディオール)のバッグ

も手掛ける等、その高いクォリティを確固な物にしました。

IMG_5347
中でもBOTTEGA VENETAの代表作の一つでもあるウーブンレザー=イントレチャート(編み革)は、Falor社が、熟練の職人の手により多くの時間を掛けて丹念に編込まれ、それらに魅入られた方々が多い事は周知のこと。

IMG_5346
今回当店がオーダーしているこの形は、ワンハンドルのホーボータイプで、当店取引先の完全別注の為、他では見る事の無い形。

その編地は一本一本のテープ状のラム革を、太さ違いで編み上げ、強度の必要な箇所やカーブの掛かる箇所には編地を変えて編み上げ、それらは実用性や補強と共に、一つの

造形美

となっています。

IMG_5350
またハンドル部分は番手の異なる太目の糸を一針でシッカリと縫い上げられ、そこにも職人の仕事が演出となる造形美が在ります。

IMG_5351
柔らかくしなやかなラム革は、使い始めて直ぐにその柔らかさを体感出来る点が魅力ですが、こうしたウーブンレザーの場合には、より革の伸性やバイアスにかかる力等も相まって、使う人の形に添って行く変化をします。

IMG_1278
前出のブラックの他にも、色違いでスモーキーブルーもご用意。
(※こちらはご注文後、ご用意に3日から4日程頂きます)
この色もまた落ち着きを与えてくれる魅力溢れる色合いに仕上がっています。

IMG_1279
色の艶やかさや繊細な編み目は、手練れの職人が長い時間を掛けて作られた事を証明しています。

IMG_5354
大人の女性にこそ相応しい落ち着きと品質は、上品な趣きを携え、その日のスタイルをクラスアップしてくれそうです。
イタリアが誇る職人技を是非感じて見て下さい。

IMG_3358
そして忘れてはならないのが当店にとってはお馴染みとも言えるイタリアの馬具メーカーDell'ga(デルガ)が作り出す数々の名品。

今回の入荷は先日の受注会と形は同じですが、当店が個別にオーダーしたトープカラーの一作。

セリエ(馬具屋)として生業を持ち、多くのブランドが広告戦略を打つのに対し、一切の広告を謳わず、人の噂だけで長らく続けているDell'gaは、これこそまさに

機能美、造形美

と言わんばかりの作品が多く存在します。

IMG_3360
このクラッチバッグでは大き過ぎず、小さ過ぎずの手に持ちやすい適度な大きさが魅力です。

どこかの誌面にも記されておりましたが、バッグの大きさと言うのは

書類サイズや既成サイズに合わせるべきではない

と言う言葉、当店も全く以て同感なのです。

そのバッグに最も美しいと思われる大きさや形を作る為に、既成サイズを想定すると

バランスが崩れる

為です。

IMG_3356
今回のバッグでは底マチ部分を薄くする事が出来る為、まるでドキュメントケースの様にシャープなシルエットにもなります。

IMG_3365
日常の荷物を持ち歩いたり、或いは必要最低限のものだけを入れ、バッグインバッグとして使うなど、その用途は様々。

IMG_3364
男性には不要かも知れませんが、女性にとってこのハンドルの付加価値は非常に大きく、差し込む事によって万が一手から滑り落ちる事を防いでくれます。

実際今回のバッグは女性の購入が多く、それらも実際にご覧頂くと理に敵っている事が解ります。

今シーズンは昨年とは違う意匠を持ったStefano ManoやFALORNI、そしてDell'gaと、何れも実力のあるファクトリーブランドのバッグが多いシーズンになりました。

これから始まる秋冬を

よりスタイリッシュに

愉しむ為にも、バッグの新調をお勧めしています。

是非今週末は装い作りと共にバッグもご検討下さいね。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月8日、15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ