IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Drumohr

IMG_3315

2022年11月8日火曜日、何年に一度の皆既月食と惑星食が重なる夜を迎えました。

IMG_3316

街中のお店が丁度閉店時間間近と言うこともあり、19時から20時頃には空を見上げる人が沢山。

スマートフォンに備えられるカメラの性能が格段に上がった事もあり、SNSを覗けば至る所に月食の写真が。

IMG_3317

多分に漏れず、私達も空を見上げながら、月食の入りから終わりまで、空を眺めていました。

IMG_3318

流石に一眼レフの画像には程遠いものの、赤黒く光る怪しい月の様子を収める事が出来ました。
次の惑星食は数百年後とも言われていますが、こうして人生の一部に稀な現象と居合わせられた事に嬉しさを感じます。(天王星は全く見えませんでしたが…)

さて、店内は秋冬物が最高潮を迎えています。
既に(時代に早い)女性のお客様に至ってはコートやアウターの確保が終わり、ニットやカットソー等インナー選びに移るなど、それぞれ秋冬の御洒落を愉しもうと言う方が続いています。

男性のお客様も先月辺りからエンジンを掛け始めた?と言う方も少なくありませんが、徐々に冬の装いに向けた準備を始める方が目立ち始めています。

そこで、今日は男性のお客様に向け、スタッフが購入して「これは良かった!」と言うアイテムを幾つかご紹介させて頂こうと思います。

B483C635-4EE2-4537-B825-F50DEC739A0E

先ず一つ目はDrumohrの8ゲージのジーロンラムズウールを使用したアラン編みのセーターから。

Drumohrのラムと言えば、カシミアやアルパカ同等の暖かさを作るブランドの一つの顔とも言える存在。
一般的なラムの印象とは全く異なる、柔らかさや暖かさ、そしてホンノリ油分を感じさせるかのようなしっとりとした感触も特徴の一つ。

今季、当店ではメンズ、ウィメンズ共に様々なブランド、アイテムに”ピンクベージュ”を取り入れていますが、Drumohrのニットにも多数取り入れています。

その魅力は単なるベージュと違って、存在感を作れる上に「歳を重ねるにつれて損なわれる若々しさ?」のようなものを感じさせてくれるところ。(半分は冗談です)

言い方、表現に語弊がありますが(語彙が無く申し訳ございません)、ピンクは苦手、フューシャも若すぎる、でもベージュは落ち着きすぎ、等々苦手意識のある色と言うのは、人によって色々な理由が在ったりするものですが、ピンクベージュは貴金属で言うところのピングゴールドのようなもので、日本人の肌色にも合い易く、また鮮やかな原色と違って、大人らしい落ち着きを与えてくれるのが大きなポイントです。

1195F980-B427-4B89-966A-AC63B12F5BB5

日常的に身に着けている色との相性は、想像以上に多く、グレーやホワイト、ベージュなど、日常的に着る機会が多い色との相性はとても良い色なんです。

36270DD4-69E5-48E8-ABEE-2BF7CBF2C446

特にジーンズやスニーカーとの相性は、写真の様なスタイルとは打って変わって、海風を感じさせるようなカジュアルに見せてくれたりと、この色にはメリットばかり。

スタッフも購入後、着用の都度「服装に困ったらこのニットとジーンズでいいや」と、そう思っています。

40代、50代、60代の方には是非ともお試し頂きたいカラー(ニット)です。

(写真着用商品:コート/l'impermeabile)




二つ目は、待ちに待った一着、l'impermeabileのM65タイプジャケットです。

1EDDD177-CB4B-432C-86A2-584E0B2C8FA0

今季はウクライナとロシアの戦争の影響もあり、ヨーロッパからの荷物が非常に遅延するなど、入荷にも大きく影響していました。

その中でお客様は勿論、スタッフも心待ちにしていたのが、このl'impermeabileのM65タイプのジャケット。

D60ADB8B-2CC9-4A39-B4E2-7D45B2FFC8C0

このジャケットの魅力は何と言っても「ここがもう少しこうなっていたら」が形になっていること。

M65タイプのジャケットが大好きな当店は、メンズ、ウィメンズ共に様々なブランドの物を仕入れて来ましたが、それぞれのブランドに特徴や良さがあり、一概にどれが一番とは言い難いのですが、最も基本に忠実で、最も欲しい部分を形にしてくれていたのが、このジャケットでした。

程よく厚みがありしっかりとしたコットンベースの生地、衿に収納されたフードやエポーレット、そして特徴的な4つのポケットなど、見た目はM65そのもの。
(無いのは、袖の甲を覆うパーツ位でしょうか)

このジャケットはライニングに暖かな素材を取り入れた秋冬仕様の一着で、ウエスト内部にはワンタッチのドローコード等も備え、スーツやジャケットにレイヤーしたり、カジュアルユースでは鉄板の魅力なのは言わずもがな。

229D43A6-D98B-437F-9AE7-60197897F238

またスタッフの購入サイズはいつもよりも大きなサイズを選んでいるのですが、ジャケット等の上に羽織ったりするのにストレスが有ると「着なくなってしまう」ナイーブな年代故。

着心地的なもので言えば、この大きさを羽織る事で作られるタップリ感は、今の「気分」にあっています。

またスタッフが最も気に入った部分は着丈の長さ(お尻付近まである長さ)と、腰ポケットのマチがあること。

本来のM65では腰ポケットはウエルト式になっている為、外マチは無く、着丈も短めの仕上がりが大半。

DB0C62E2-3060-4054-9AE5-DA5D2B526EF5

またウエストのドローコードを伸ばした状態で着ると、写真のように前後にもゆとりが生まれ、長身ではないスタッフでも、バランスが作り易い便利なポイントもあります。

(長身の方なら何を着てもサマになりますが170㎝台前半までの身長の方とっては、この凹凸のあるバランス感はスタイルする上でも大きなメリットになります)

暖かく、形も優れていて、オンオフ迷わず手に取れる今回のM65。
間違いなくこの秋冬最も着る一着になってくれます。

(写真着用商品:M65タイプジャケット/l'impermeabile、ニット/Alessandro Luppi、パンツ/DEVORE)




そして最後は、前出のコーディネート写真でも着ているパンツ、DEVOREの一本です。

IMG_3354

DEVOREのパンツは本質的にコンフォータブルな物の方が、その魅力を発揮してくれる物が多く、このモデルもその一つで、当店が毎シーズン継続してオーダーしているモデルです。

IMG_3355

ウエスト背部の中にエラスティックを採用する事により、ウエスト回りのフィット感が増し、ベルトレスで使える(ベルトループもあります)コンフォートなパンツ。

腰回りのゆとりに対して、裾へ向かって綺麗にテーパードするラインは、このモデルの最たる魅力でもあり、また「素材によって異なる見え方をする」パンツでもあります。

今回オーダーしている素材は昨年も人気の高かった起毛感のあるコットン、ピーチスキンのストレッチ素材。

これが想像以上に生地に厚みがあり、暖かさも感じつつ、シルエットラインをキチンと維持してくれる優れモノ。

IMG_3356

生地の強みとしてテーパードラインを維持してくれることで、スッキリと見せてくれる他、サイズを上げてもそのシルエットの魅力が変わらないのは、若干ウエストが大きくても、小さくても、前述のエラスティックの仕様によってスポイルされてしまうため。

DB0C62E2-3060-4054-9AE5-DA5D2B526EF5

前出の写真でも解る様に、腰回りから裾に向ってシャープにラインが伸びる事で、足を綺麗に魅せてくれる効果もあります。(スタッフ着用サイズは1つ上のサイズを敢えて選んでいます)

色も赤味を帯びたウォーミーなライトベージュで、野暮ったさが無い分、ジャケットにもミリタリージャケットにも、変わらないクリーンさを作ってくれます。



他にもスタッフお気に入りのアイテムが沢山有るのですが、今季は「これはイイ!」と思う物がいつも以上に在ります。

これから秋冬の物選びをする方は、是非店頭、またはオンラインストアをご覧頂き、参考の一つにして頂けたら幸いです。

11月は寒さが程よく、最も色んな御洒落が楽しめる季節。
この季節を逃さず、いつも以上に沢山の御洒落を愉しんでおきたいですね✨






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0640

秋晴れに恵まれている今週。
空は青く暖かな陽射しに恵まれ、今日も心地良い一日となっています。

季節が進むと共に頭を悩ませるのがコートやジャケット等の羽織物。
特に車移動が多い方にとって、「ダウンを着るには暑く、全く着ないのも寒い」、そんな毎日にお勧めしたいのが入荷したばかりのDrumohrのニットカーディガン。

IMG_1197

8ゲージのラムズウールを使ったミニケーブルの編地の一着です。

Drumohrのラムズウールと言えば、カシミアやアルパカと同等、もしくはそれ以上に暖かさを感じさせてくれる優れた素材。

既に体感された方も多いと思いますが、このニットの保温力は驚くべきものがあります。
その保温性が大きなメリットとして活かされる今回のカーディガンは、見た目の美しさも然ることながら、女性らしいシルエットも大きな魅力。

IMG_1198

コンパクトで縦長のケーブル編みは、畔編み等と比べて立体感があるうえ、インナーがどんなものでも、この一着で存在感を作り出してくれます。

特にデイリーユースで考えるとTEEシャツやカットソー等、気軽に使えるインナーとの組み合わせが増えると思いますが、そんな時にも、この一着がその日の装いをグッとアップデイトしてくれます。

IMG_1199

更に編地と共に特徴となるのが、丁度良い着丈のバランス感。
ベルテッドカーディガンに多いヒップまでの着丈ではなく、しっかりと膝付近までを覆ってくれるミドルレングスは、女性らしいシルエットを作ると共に暖かさも確保。

IMG_1202

また肩の作りはドロップショルダーで、身幅にゆとりを作り、肩に丸みを生み出す為、より女性らしさが生み出されます。

IMG_1201

美しいシルエットラインは、この肩回りや身幅から生み出されている物でもあり、このケーブル編みから作られる縦横への自然な伸縮性は、ベルトを結ぶ事でウエストコンシャスになり、また女性らしい背中回りや腰回り(ヒップ回り)を作り出します。

寒暖の差がある今の季節、暖かい日にはTEEシャツやカットソーと、寒い日にはクルーネックやタートルネックのニットと、もっと寒い日にはカーディガンの内側に薄目のインナーダウンをレイヤーするなど、実は想像以上に多くのスタイルを楽しむ事が出来ます。
(更に上からコートを羽織る事も出来ます)

またちょっぴりかしこまったお出掛けの際には、パールなどのネックレスやシャツを合わせたり、ウールのトラウザーズを合わせたりなど、この一着で多彩なバリエーションのスタイルが叶えられます。

参考までに、このカーディガンと相性の良い(当店お勧めのパンツとして)INCOTEXやgermano等のパンツをお勧めしています。




INCOTEXのGILDAの様なスッキリとしたテーパードの効いたパンツは踝丈で、germanoのワイドなシルエットのパンツはフルレングスで、それぞれ着丈の使い方次第で、美しく女性らしいスタイルが完成します。

これからの季節、最も登場回数が増えるであろうDrumohrのベルテッドカーディガン。
当店のラインナップの中で非常にお勧めの羽織の一着です。

是非ご検討の一つに加えて見ては如何でしょうか。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7944

あっという間に10月がやって来ました。
それでも日中はちょっぴり蒸し暑さを感じますが、これもどうやら長くは続かない様子。
この週末からは急激に秋がやって来るとの予報がなされています。

今週は一気に秋の準備が必要になりそうな一週間、そろそろ本格的に秋に備えた方が良さそうですね。

そこで、今日は気温に左右されず「暖かければ引く、寒ければ足す」を簡単に出来て、尚且つ「いつもの様だけどチョッピリ違って見える」をテーマに、当店お勧めの組み合わせをピックアップしてみました。

for_blog_221003

使うのはHOMEWARDのロングベスト、Drumohrのメリノのニット、そしてupper hightsのスカート。

どれもが”アイテム”として見れば、定番的な物ばかりですが、全てに共通するのが「素材が異なる」点。

170064953

Drumohrのメリノウールは、言わずと知れたマストアイテムでもあり、中でもゆとりあるシルエットのVネックは、これ一枚でも、中にレイヤーをしても使えるユーティリティアイテム。

170271316

upper hightsのヴィーガンレザーのスカートは、形こそ定番的なフレアスカートですが、その特徴的な柔らかさと、この手の素材にしては比較的マットな質感は「違い」を出せる一着。

170550953

そこに加える敢えての肝としてはHOMEWARDのダウンベストでしょうか。
ダウンベストの有効度は誰もが認めるところですが、丈の長さや色、素材で使い方を迷う方も多いと思いますが、そこは難しく考えない方が組み合わせがし易い場合もあります。

今回使うベストは非常に淡いオリーブ系とでも表現したくなる特徴的な色で、光沢も光の加減によっては見えますが、基本はマットな質感に近いものです。

この3つは、どれか一つを別の物に変えても組み合わせが成り立ってくれるものばかり。

IMG_8285

全てが異素材で構成されるスタイルは、一つ一つの主張は控え目でも、一つにまとまると洒脱な印象を与えてくれるのが魅力。

ニットの中にシャツを入れたり、更にこのコーディネートの上からコットンのコートを羽織ったりなど、このスタイルを中心に「足し引き」が出来るのは、異素材同士の相性が在ってこそ。

162366446

気温が高い日にはニットをシャツに変えても良いですし、それでも暑い日には半袖のカットソーでも良いですし、実は想像以上にこのコーディネートは「手持ちのアイテム」を加えたり、変えたりするだけで「使える」コーディネートに変わります。

気温の上下動が激しい今週、そして更に涼しさが増しそうな来週以降、何を着ようか迷われている方がいらっしゃったら、是非今回のコーディネートも参考にしてみて下さい。

それぞれの「素材が変わるといつもの服装も見違える」ことを実感するはず✨

中でも意外なほど「使える」と思わせてくれるのは恐らくHOMEWARDのベスト。
この絶妙な色や素材感、そして何より「丈」は、このスタイルの大きな肝となっている事を実感していただけると思いますよ。











【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3962

長い連休が終わり、今日から再び日常が戻ってきました。
雨で涼しくなりかけたのも束の間、今日は再び夏の様な暑さに。

と言っても、夕方には涼しい風がそよぎ始め、秋であることを感じさせてくれる週の始まりになりました。

この季節は「なんとなく過ごせてしまう」時期で、とかく御洒落にもチョッピリ手抜きがちになりますよね。
シンプルに組み合わせることは良いのですが、「何か一つ加える」ことに億劫になりがちな時期でもあります。

今日はそんなチョッピリ面倒くさがり屋さんに向けて、「何か一つ加えることで見違える」というケースをご紹介してみました。

IMG_7153_1

先日とびっきりの生地、価格のご提案でお問い合わせが続いているAgnelli & Sonsのスカート。
ダンガリーやデニム生地のシャツが好相性で、店頭でも強くお勧めしているコチラのスタイルですが、パールを首元に添えるだけでも違いが出るものの、「やっぱり何か物足りない」と感じる方も多いと思います。

IMG_7306

そんな時、一番簡単に雰囲気を変えてくれるのが「ニットの肩掛け」。
当たり前のスタイルですが、この肩掛けのニットの色の選択だけで、雰囲気はガラリと変わります。

バッグや靴などと色を合わせたり、上下の色のトーンとは反対の(明るい)色を合わせると、スタイルとしてもグッと魅力的になります。

簡単な一点プラスですので、是非皆さんにも取り入れて欲しいところです。
(写真使用商品:シャツ/Tela Genova、スカート/Agnelli & Sons、ニット/SUNCOO、バッグ/Felisi)

IMG_7349

誰もが季節の変わり目、特にお仕事をお持ちの方にとって着る機会の多いシャツやブラウスも、内側にニットを挿すだけで色の変化が加えられますよね。
(写真使用商品:ブラウス/Barba、ジーンズ/upper hights、ニット/Apaiser l'Ame、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7350

そんな時役立つのがリブのニット。
薄さやフィット感が高いお陰で、シャツやブラウスとのレイヤーをしても、ごわごわともたついたり、邪魔にならないのがメリット。

IMG_7353

衿が有っても無くても、一つ色を取り入れたり、存在感を作るだけで、それまでのシャツスタイルに立体感が生まれます。
(写真使用商品:ブラウス/Guy Rover、ニット/Apaiser l'Ame)

IMG_7354

これも難しい物ではなく、一つ加える作業をするだけで見栄えが大きく変わりますね。
合わせるシャツやブラウスのサイズが、ちょっぴりゆとりのある物だと、より効果大です。

ここからは色、素材の組み合わせによる存在感の作り方。

IMG_7325

最も簡単なのが異素材同士で同系色を合わせること。
この組み合わせではグリーン、オリーブを組み合わせ、それぞれがシルク混ニット、サテン素材の異なる素材を同系色で合わせています。
シューズにも同系色を合わせると、より完成度を高く見せる事が出来ますが、上下の素材変化だけでも充分違いを出す事が出来ます。

IMG_7326

同素材の上下の組み合わせに比べて、奥行きのあるスタイルが作れるうえ、統一感のある上品な印象も作る事が出来ます。

IMG_7329

このニットを使ってボトムをジーンズに変えるだけでも、ニットとシューズの色の統一感があると、新鮮に見えます。
(写真使用商品:ニット/MAX MARA、スカート/MAX MARA、ジーンズ/upper hights、スカーフ/INOUI EDITION、ローファー/Luca Grossi)

どちらも”小さなポイント”ですが、衿元にスカーフで色を挿している点。
この”小さなポイント”もあると無いとでは物足りなさが違うと思いますので、是非挑戦してみて頂きたいと思います。

IMG_7330

ジーンズの色はトップスに合わせてミディアムな色落ちの方が合わせ易くなります。
暗い色、重たい色が増える秋冬は、比較的ライトな色落ちのジーンズを手に入れておくと、より組み合わせもラクになります。
是非お試し下さい。

IMG_7333

同じく、上下の素材を変えた組み合わせ。
このコーディネートでは同色異素材にしています。

IMG_7334

ニットのボリューム感、サテン地の軽快感は同色異素材のコーディネートでは欠かせない組み合わせです。

またパンプスなど足元の素材を更に変化させると、より完成度が高くなります。

IMG_7335

同色異素材の場合には足元やバッグで別の色や柄を加えると効果的。
スタイルの幅に広がりが出ます。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、スカート/MAX MARA、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7336

ブラックの同色の場合には、同じようにジーンズを変えると”足元”への変化が重要になります。
(写真使用商品:ニット/Drumohr、ジーンズ/upper hights、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7338

前出で使用しているポニーヘアのパンプスは、ニットのボリュームと同じ存在感を作ってくれる為、ブラックのニット+ジーンズのようにシンプルなスタイルには非常に効果的です。

IMG_7337

同じくレオパード(こちらもポニーヘア)も言わずもがなの効果大。
常にシンプルなスタイルが多い人にとって、”靴のバリエーション”は洋服の数以上に揃えておくことは必須。
「足元が全体を変える」のはシンプルなスタイルの定石でもあります。

IMG_7339

前出のニットの色を変えて見ましょう。

鮮烈なレッドは、秋冬のスタイルの上で欠かせないカラー。
重い素材、暗い色合いが増える秋冬にとって、ビタミンカラーなどの原色は「一点加える」ものとしては欠かせない存在。
(写真使用商品:ニット/MAX MARA、ジーンズ/upper hights、ウールバンダナ/Destin、パンプス/Corso Roma.9)

IMG_7340

誰もが一着は持っているであろうジーンズ、毎日のスタイルに欠かせないジーンズ、そこにニット(の色)で変化を加えたり、足元のバリエーションを増やして、その日のスタイルに合わせたボリューム感を作ると、面倒くさがり屋さんでも、パッパッと手にした物でスタイル完成も夢じゃありません。

とかく季節の変わり目が判り辛くなってきている近年、季節の装いとは?を考えさせられる節もありますが、何か「一つ加える」ことで素敵に見えるのは、いつの季節も、いつの時代も変わりません。

これから一気に涼しくなり始める期間は、何か一つ加えて、毎日のスタイルを楽しんで頂けると良いなと思います。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0690

9月を迎え、一気に秋らしくなろうかと思った矢先、長野地方は再び暑さに見舞われています。
今日も晩夏の陽射しが強く照り付け、思わず着替えたくなるほど汗ばむ陽気になりました。

とは言え、この暑さもあと少し。
いつも秋は突然やって来ます。

そんな秋の到来に向け、現在店頭では多くの秋冬物の動きが加速し始めています。

スタイルが豊富なウィメンズに先んじて「先ず押さえておきたい」と思わせるのがメンズのニットウェア事情。

そこで今日は是非とも押さえておきたい新作のニットたちをピックアップしてみました。

IMG_5242

先ず押さえておきたいのが、昨年もあっという間に完売してしまったDrumohrの5ゲージのメリノウールを使用した畔編みのショールカラー。

今季のDrumohrにはこれまでには無かった中庸な色合いがあり、この色もその一つ。

IMG_5244

非常に表現の難しい色ですが、仄かなラベンダーカラー(若しくはピンク)を混ぜたようなライトグレー。

一見難しそうなカラーに見えるのですが、これが実際普段履いているジーンズやグレーのパンツ等と合わせると、想像以上にシックリ来ます。

女性と違ってアイテム数に限りがある男性の装いに於いて、激しすぎる色は別としても、程よく”違いの出せる色”は、有って損無し、むしろ人とは違った洒落感を出せる魅力があります。

当店では今季のDrumohrのオーダーにメンズ、ウィメンズ共、こうした中庸な色合いを多く取り入れています。

IMG_5238

そして鉄板のミッドナイト(ブラックに近いダークネイビー)は、もはや持って置きたい定番色。
どんなスタイルにも対応可能な色であり、お勧め度合いは言わずもがな。

IMG_5239

少しでも涼しくなったら、TEEシャツと合わせて直ぐに着たくなる一着です。

今回も早期完売が予想されますので、ご興味のある方は是非お早目に。



IMG_5271

そしてコストパフォーマンス抜群のニットウェアと言えば、Alessandro Luppi。
もともと手の出し易い価格で優れたニットを作る同社ですが、実は今年は別の代理店を経由し仕入れる事で、今季は(副資材高騰や円高にも関わらず)更に価格の安価化に成功しています。

IMG_5273

中でも鉄板はブラックのタートルネック。
これはもう説明不要ですが、白シャツや白TEE同様、毎シーズン、もしくは解れたりヤレたら買い替えるのが当たり前なほど、出番が多いアイテムの一つ。

しかも今季の価格とあって、既に店頭でも動きが加速している一点です。

IMG_5275

また今季も色を統一して、同じくVネックカーディガンもオーダーしています。
同色レイヤードで愉しむのも良いですし、今季当店がお勧めしている「Vネックカーディガンだけで作るトップス」として、一着のニットウェアとして使うのもお勧め。

IMG_5277

太幅の前立て部分は反り返りを防ぐメリットも在りつつ、単にカーディガンとして使うのではなく「一着のニット」として使うときにも、存在感を大きく作ってくれる部分です。

TEEシャツに合わせたり、時にはスカーフや大判のバンダナを合わせたり等、いつもと違ったカーディガンの楽しみ方をお勧めしています。

IMG_5263

クルーネックではAlessandro Luppiでは定番的カラーの一つでもあるトープカラーをオーダーしています。

IMG_5265

メランジの細かな糸の表情が絶妙に絡み合い、落ち着きと温か味を与えてくれる特徴的な色合い。

IMG_5267

こちらも同じくカーディガンをオーダーし、共にレイヤーして愉しむのもお勧め。

IMG_5269

また味わいのある色を活かして、テーラードジャケットの中に合わせたり、コートの中に合わせたりと、この色ならではの渋い演出が出来そうです。

IMG_5202

他にもタートルネックではコーラルカラーもオーダーしています。
ダーク系トーンが増える秋冬のスタイルに、スカーフやマフラーなどを使わず、一色投下でスタイルのアクセントが作り易い素敵なカラー。

IMG_5204

この色もまたメランジ調の穏やかな色出しで、ジーンズやグレーのパンツ、その他、色んな色との親和性も高く、またレッドほどの鮮烈なインパクトが無い分、大人の色足しとしては程よい按配を付けてくれそうです。

と、今回Alessandro Luppiの商品も下は18,000円(税別)のスタートとあって、既に店頭、オンラインストア共に動きが激化しておりますので、是非こちらもご興味のある方は早目のチェックをお勧めします✨



以上、ベーシックを中心に、少し早めに揃えたい新作達をご紹介させて頂きました。
明日以降もメンズ、ウィメンズの新作をご紹介させて頂きます✨





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ