IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:BARENA

IMG_8259

雨ごとに蒸し暑さが増してきている今週。
今日は夏の蒸し暑さを感じる一日になりました。

今年は昨年に比べて暑い日が少ないようにも感じられていたせいか、真夏の服装の出番が本格的ではなかったような気がします。

それが今週になってから途端に暑さが充満したお陰で、ようやく(?)真夏の御洒落が出来そうです✨

BRNO01

やっぱり暑さには”ショーツ”が一番。
(歳を重ねると)膝下が顕わになるだけで、とても涼しく感じられるものです。

今シーズンは様々なブランドのショーツが揃いますが、中でもナポリのブランドBARONIOのショーツ(或いはバミューダ)はシャープなシルエットが特徴。

BRNO02

もともとポップな色使いやカラフルでアソビのあるボタンや副資材などを使い、夏に相応しい楽しい気分にさせてくれるBARONIO。

BRNO03

非常に沢山のラインナップが揃うBARONIOのショーツは、”SUMMER TIME”と名付けられるレーベルで、凝ったプリントから爽やかなストライプまで、様々なショーツが揃っています。

BRNO04

今年はソリッドカラーも取り入れ、よりシャープに見せたい方には是非ともお勧めしたいところです。



BARONIOのショーツはシルエットの綺麗さと色使いの美しさで、夏の主役になってくれる便利な存在。

「夏はショーツ」と思われている方は是非一度お試し下さい✨

BRNA02

そして涼しさを作ると言えば、ハーフスリーブのシャツ。
ほんの少し前までは「半袖のシャツなんて…」と思われていた方も多かったと思いますが、これまで一般的だった

ピッタリした半袖シャツはナンセンス

で、半袖シャツには”タップリした身頃””長い袖丈”は必須。

BRNA01

先日blogでもお伝えしたことですが(ウィメンズの記事)、半袖のシャツを選ぶ際、袖の長さはとても重要で、袖が長いものほどクラシックに見栄えして、ピッタリではなく少しゆとりがあるものを選ぶ、のがポイント。

BRNA03

たったそれだけで、それまで抵抗があった半袖のシャツが不思議と御洒落に見えてしまうのです✨

既知の情報と体験だけでは片付けられないのが”御洒落”

ほんの少しのバランスの違いで、違った御洒落に見えるから不思議ですね✨

この写真のBARENAのハーフスリーブは、プルオーバータイプで、着心地、涼しさ共にベストなお勧めです✨



色違いもご用意がありますので、是非お試し下さい✨

BRN01

他にもBARENAでは程よくワイドで、涼しさと今っぽさを愉しめるボトムスも揃っています。

BRN02

夏になるとゆとりのあるボトムスは心地良さだけではなくて、見ている人にも涼やかな印象を与えてくれますよね。

そして(また出た)Colony Clothingのプールサイドシャツは、もはや言わずもがなの便利アイテム。

BRN03

ゆとりがあり、涼しい素材を使ったこのシャツは、夏の袖アリ物の中では欠かせないファクター。

これからの暑い季節に出番を増やしてくれそうな、これらの新作。
まだまだ暑さも序盤、今後の装いに是非加えてみてはいかがでしょうか。

SUMMER CLEARANCE SALE

現在オンラインストア、店頭共に夏のクリアランスセールを開催中です✨
是非この機会をご利用下さい✨



【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

多くの場合、メールの受信設定によるものが占めており、スパムフォルダー等に混入しているケースもございますので、改めて設定のご確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2630

寒さが残るものの、ポカポカの陽射しに包まれた日曜日。
外は「寒っ」となるけれど、屋内なら「ほんわか」した穏やかな一日を過ごせそうです。

徐々に春を予感させる映像やイベント告知などが増え、少しずつ春を意識するようになってきましたね。

今日は「ポカポカ陽気に是非着たい」一着を男女それぞれピックアップしてみました。

先ずウィメンズ

IMG_4125

ユルっとしたリラックス感を作るのが上手なBARENA。
今季の最初の一着はニットで作られたMA1タイプのもの。

IMG_4126

春夏物らしいシャリ感のある糸は、強く撚り合う事で作られるコットンの感触。
まるでリネン?かと思わせるような爽やかな質感には、「早く春にならないかな~」と思ってしまうほど楽しみにさせてくれます。

IMG_4127

季節の端境目に役立つのは、MA1のようなファスナー式の羽織物。
TEEシャツやカットソー、シャツ、ボトムはパンツ、スカート、時にはワンピースまで、どんなスタイルもスポイルしてくれるのがMA1タイプの魅力。

またニットで作られているメリットを活かし、BARENA本国のルックブックではこんなスタイルも提案しています。

IMG_4129_1

ニットジャケットをインナーに使う上級テクニックなレイヤードですが、これもニットだから成せる業。

春の装いはアイディアが全て。
時には変わったアレンジもいいですよね。

IMG_4129

季節が進んでも、その爽やかな質感を活かして、常に手元に置いておきたくなるMA1タイプのニット。
単なるカーディガンを持ち歩くより、ずっと利用価値がありそうです。

春夏の羽織物探しの是非筆頭格にご検討くださいね。

そしてメンズはコチラ。

IMG_4151

メンズも同じくBARENAのMA1タイプのジャケットです。

言わずもがなですが、男性のスタイルにMA1タイプのジャケットは、もはや必須の一つと数えて間違いないと思います。

アウター、ジャケットの役割としてのイメージが強いMA1タイプも、作る素材が変わると雰囲気も一変します。

IMG_4154

このジャケットではウール(そう見えないのですが)を使ったリブ状の生地を使い、とても軽くて柔らかな質感で作られています。

IMG_4153

トロピカルウールのような若干のシャリ感のあるタッチで、リブ状の凹凸と相まって、清涼感に富んだ感触。
まさに春夏にピッタリの素材感です。

IMG_4152

MA1タイプのジャケットは単にカジュアルにまとめるより(勿論カジュアルも良いのですが)、ウールのパンツや時にはショーツ等と合わせて、上品なラグジュアリースポーツなテイストで着ると、より大人らしい雰囲気に包まれます。

このジャケットもまた大人のリゾート感溢れる生地、軽さ、作りで、押しの強いMA1と言うミリタリーなテイストを払拭し、日々の装いに取り入れ易い物になっています。

IMG_4155_1

いつの時代も、どの年代にとっても扱い易いMA1タイプ。
男性も女性も、春夏に是非とも備えて置きたい一着と言えます。

この春の始まりをMA1タイプのジャケットで始めて見てはいかがですか?








【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


梅雨らしい爽やかな空気と、時折射す暑い陽射し。
真夏の暑さを前に、心地良く過ごしやすい毎日が続いています。

今週は特に男性のお客様のご来店が多く、夏に向けての新たな装いづくりをお手伝いさせていただいています。

急激に暑くなっていた昨年までと違い、今年は”徐々に”気温が上がっていることもあり、いつもに増して様々なスタイルが楽しめるシーズンに。

そこで今日は”今から夏まで”使いたいアイテムをピックアップ。

IMG_7258
先ず取り上げたいのが「カプリシャツと言えば」のMassimo d'Augustoのシャツ。
高級リゾート地を中心にリネン素材のシャツを作り続けるMassimo d'Augustoは、夏のシャツとして欠かせないブランドとして、その地位を確固な物にしています。

IMG_7259
中でも名モデル”ARAMARI”はカッタウェイカラーと胸元の2つのボタンで仕上げられた特徴的なプルオーバーで、このモデルは素肌に着て、更に袖をグルグルと捲って着るのがセオリー的な一着。

今ぐらいの季節ではリネン等を中心としたパンツと合わせ、更にレザーサンダルを合わせることで、ちょっぴり涼し気に軽快に見せた着方がお勧め。
(写真使用商品:シャツ/Massimo d'Augusto、パンツ/Devore Incipit、サンダル/ZEUS)

IMG_7260
今回はブラックとブラウンの2色をオーダーし、比較的組み合わせがし易いチョイスになっています。
夏のクールなワントーン、モノトーンで楽しんだり、明るめの色合いとコントラストを楽しんだり、夏のカプリシャツの存在は、いつもとは違った雰囲気も作り易く、とてもお勧めです。

IMG_7261
いつものローファーだと重たく感じる時にはメッシュ(イントレチャート)のレザーで軽さを与えたり、夏の装いならではのアレンジも、このシャツ在ってのスタイル。

勿論、真夏にはショーツとの組み合わせがベストである事は言うまでもありませんが、そこまでの季節もシッカリ楽しめるのがMassimo d'Augustoの魅力ですね。
(写真使用商品:シャツ/Massimo d'Augusto、パンツ/BERWICH、ローファー/Carlo Florense)

IMG_7262
同じくプルオーバーで仕立てたAlessandro Gherardiのリネンのシャツは、絞りの無いゆとりのある身頃を活かし、より楽な着心地を得る事が出来ます。

生地は柔らかく、リネンとは思えない心地良さが直ぐに伝わってきます。
また着丈も”出しても、入れても使える”絶妙な着丈になっている為(ウエストの絞りの無い事も相まって)、お仕事にも使える一着になっています。

IMG_7263
Massimo d'Augustoのカプリシャツに比べて、リゾート感が少なくなることによって、ローファー等と合わせて着ると、少しシッカリ感が伝わるのも、このシャツの魅力です。
(写真使用商品:シャツ/Alessandro Gherardi、パンツ/Barbati、ローファー/Agnelli & Sons)

IMG_7266
但しショーツを合わせると雰囲気は一気にカジュアルになります。
ボタンを開き、レザーサンダル等と合わせる事で、リゾート感も演出出来ます。

IMG_7267
洗いのかかった素材が多いAlessandro Gherardiのカジュアルなシャツは、休日の装いに”着慣れた雰囲気”を作り、夏の仕事場、休日の両方を適えてくれる一着です。
(写真使用商品:シャツ/Alessandro Gherardi、ショーツ/BALONIO、サンダル/ZEUS)

IMG_7264
よりカジュアルに見せてくれるのがBARENAのリネンのプルオーバー。
色合いと素材が作り出す絶妙な風合いは、BARENAならではの味わいで、このプルオーバーはショーツと合わせる事によって、より生き生きとした雰囲気になります。

裾が緩やかなカーブで仕上げられている為、着丈のバランスが絶妙で、長すぎず短すぎず、非常に使い易い着丈になっているのと同時に、裾の数センチのステッチがこのシャツの裾に立体感を生み出してくれます。

IMG_7265
カラーはネイビーと、この写真のチャコールの様な色合いの2カラーの展開ですが、チャコールには同系色の靴、ボトムを合わせると、グッと大人らしいカジュアル感が作り易くなります。

意外とシーズン的にもグレートーンが減る為、(春夏の)グレーの統一感は作り辛いものですが、こうしてスニーカーやストライプを交えて、淡さと渋み、大人ならではの雰囲気作りもし易いシャツです。
(写真使用商品:シャツ/BARENA、ショーツ/Barbati、スニーカー/ASFVLT)

長袖のシャツプルオーバーは、定石として夏にはショーツに合わせられる事から、今の季節手に入れるにはピッタリの存在。

トップスを迷われている方がいらっしゃいましたら、是非ともお試しいただきたいシャツたちです。









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


PhotoRoom_20210902_233603
雨空と共に冷たい一日が増えて来た9月。
あっという間に秋物が気になり始める今週ですが、店頭の秋物も動きの速さが目立つようになってきました。

秋の色としてパッと浮かぶのがブラウンやベージュ、キャメルやカーキと言った、所謂アースカラー。
今日はそのアースカラーの中でも、特に利便性の高いオリーブやカーキにフォーカスして新作をピックアップしてみました。

今シーズンの秋物の多くにオリーブともカーキとも取れる、とても中庸な色合いの物を仕入れています。

162381963_o22
既に店頭に並んでいるVVBのコートもその一つですが、どこかトラディショナルでもあり、ミリタリーを感じさせる匂いもあり、その二つの表情が想像以上に”使える色”である事に気付かされるのも秋冬ならでは。

IMG_9518
この二つの表情を一つのスタイルにする緩衝材となるのが、このBARENAのコットンフランネルのシャツ。

IMG_9519
肩を大きく落とすドロップショルダーに身頃をタップリ持たせたオーバーサイズフィットのシルエットは、英国的な雰囲気の持つ硬さを消し、またオリーブやカーキ色一色の中にアクセントとして柔らかさを加えてくれるチェックが、実にマルチな一着として役立ってくれます。

IMG_9951
同じBARENAのカーキカラーのパンツを合わせても、硬くなり過ぎず、絶妙な柔らかさを全体に与えてくれます。

IMG_9952
オリーブ一色、カーキ一色の中で好相性を見せる色を想像すると、ホワイトやベージュ等を上げる方が少なく無いかと思いますが、柄や模様のある物を加えると、途端に洒脱さが顕れ、単調な御洒落から脱する事が出来ます。

IMG_9521
キモとなるシャツの色はカーキ系ブラウンにブラックやオレンジ、ベージュ、レッド等、ここにもまた英国を思わせる(バーバリーチェックの様な)色柄があり、さり気なくシンクロするのもポイントです。

IMG_9526
このシャツ、実は想像以上にマルチアイテムで、同じくBARENAのスリーブレスニットと組み合わせても、そのタップリとした身頃を”雰囲気”に化してしまいます。

IMG_9522
単なるシャツも、去れどシャツ、そのシルエットや色柄で、その時のスタイルを大きく変化してくれる重要な存在になるのですね。

IMG_9502
同じく注目したいのが前出の組み合わせ写真で使用したBARENAのパンツ(トラウザー)。

IMG_9505
シッカリとした厚みのある素材に使用されている、このカーキともオリーブとも呼べる中庸なカラーは、一見しただけでは気付かされない程、実は丁度カーキとオリーブの良い部分を持ち合わせた中間色。

IMG_9503
このカラーが作る雰囲気は、単なるオリーブやカーキでは作る事が出来ない絶妙な色合い。

IMG_9537
実は今回この素材、この色で、このシャツワンピースもオーダーしているのですが、ワンピースで試して頂くと、よりこの色の持つ魅力を体感する事が出来ます。

IMG_9538
オリーブやカーキそのものの色に比べて、やや赤みを帯びている為、顔の映りが良くなる他、単色でも尖った印象がなくなります。

形はオーバーサイズのシャツワンピースをベースに、ウエスト内部を通るベルトが両脇から表に出て、それを結ぶ事によってドレープを作るもの。

IMG_9539
しっかりとした素材の恩恵は衿や身頃のハリにも顕れており、素材が作る立体感は、まさにこの色、この素材ならではの物です。

IMG_9543
アームホールや袖筒もタップリ取られていることから、身体が泳ぎ、着る人の体形に関わらず、よりシルエットの魅力が出やすくなっています。

IMG_9542
カフは幅を広く取られており、そのままでもターンナップしても形として魅力的に見えます。

IMG_9541
またベルトを抜いてしまっても、シャツワンピースとしての他、丈長の羽織としても使えそうです。

163060637_o9
身長や体形の有無無く使えるこのワンピースは、当店スタッフ(身長150㎝)が着ても、スタイルし易く、言い方を変えれば、どんな体形、体格の人にも同じ様に見せてくれる魅力的な一着なのです。

163060637_o8
着丈を気にせず使えるワンピースですが、冬にはタイツやブーツを合わせたり、或いはパンツを合わせて使ったり、アイディア次第で様々なスタイルが楽しめます。

IMG_9614
いずれも、形あっての物ですが、それ以上に魅力的なのは、やはりこの色合いです。
同じ同系色のオリーブやカーキを並べて見たり、或いは手持ちのオリーブやカーキでは作れなかった雰囲気が、今回のBARENAでは多く作る事が出来ます。

IMG_9950
オリーブも、カーキも、色の濃淡で細かく捉えれば無数に色違いが存在すると思いますが、今回ご紹介した様々なオリーブ、カーキは、アースカラーの中でも独特で存在感もある、実に有効で魅力的なカラー。

是非気になる方々は店頭で実際の色、素材、形に触れてみて下さい。
きっと色の違いを感じるに違いないでしょう。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、14日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0842
梅雨空を思わせる空模様に、昨日は皆既月食を見る事も適わず、今日も小雨空で始まった一日になりました。

今日は鬱蒼とした天候を他所に、気持ちを落ち着かせるアースカラーを使った穏やかな色合いの組み合わせをピックアップしてみました。

暑い日、寒い日をやり過ごすには軽い羽織も、トップス、ボトムスも、バッグや靴も、その日に相応しい組み合わせを考えるのが億劫になる時期でもあります。

そんな装いを考える時、もっとも簡単なのがベージュを基調としたアースカラーで装いを揃えて置く事。

他の色と違い、色のコントラストが付き辛く、とても楽に季節感を作る事が出来る特徴的な色合いです。

IMG_1415
ベージュ(トープ)をバッグや靴で取り入れ、オフホワイト中心に寒い日の装いを組み立てても、ホワイトの分量が多いと爽やかな印象が与えられ、季節的にも丁度今位の季節に最適な色バランスに。

IMG_1417
IMG_1416
春から秋まで季節を隔てて使えるトープカラーやベージュカラーは、一年のうちで最も登場回数が多い色。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/FELISI、ローファー/Oriental)

手持ちのホワイトを組み合わせるだけで、考える手間が省けるのも、この手の色の便利な部分ですね。

IMG_1429
アースカラーとして持って置くと便利なのが、このスカートのようなしなやかさと艶やかさのあるサテン地のアイテム。

ニットやカットソーとも組み合わせが効く他、オンオフ両方に使えるのも、サテン地のメリット。

IMG_1430
真夏には”敢えて”ブロンズ色のビーチサンダルを合わせ、一気にカジュアルダウンして、真夏の装いを奥深い色合いに見せてくれます。
(写真使用商品:バッグ/Charles et Charlus、スカート/Studio Max Mara、サンダル/Henry Henry)

バッグの色、スカートの色、トップスの色、全てにアースカラーが加わると、微妙な色の違いが良いアクセントになり、夏の装いに魅力を与えてくれます。

IMG_1425
アースカラーに飽きて着たらブラックではなくネイビーを加えると、色の親和性もあり、コントラストがアクセントになります。

この写真で使っているニットも、もとはメンズのBAFYの物ですが、女性が着ることによって丁度肩がドロップしたフレンチスリーブの様になり、まさに今日的なスタイルになります。

IMG_1428
ニット以外の色は全てベージュカラーで統一し、トップス一点で、全体の雰囲気が変わります。
アースカラーが揃うと、加えるコントラストカラーも数少なくて済み、意外とミニマルな装いを心がける人にはお勧めかも知れません。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/INCOTEX、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1421
前出の組み合わせから更にボトムスもトップスと同色にすると、バッグと靴だけのコントラストに変わり、逆の組み合わせパターンが楽しめます。

お仕事にも使えそうな組み合わせは、オンオフ共に使えるフレキシブルなパンツの存在が大きく占めています。

IMG_1422
このBARENAのトラウザーはシワの加工が施されているにも関わらず、基本設計がメンズ仕立てのパンツに在る事から、カジュアルな素材に見えつつも、実際には凛とした雰囲気も生んでくれる等、基本がしっかりしている物だと、全体の印象も大きく変わるという事が伝わります。
(写真使用商品:ニット/BAFY、トラウザー/BARENA、バッグ/Charles et Charlus、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_1434 (1)
こうしてアースカラーを中心にアイテムを揃えると、想像以上に簡単に毎日の装いが考えられる他、1色挿すだけで全体の印象も変えられる等、実は意外なほど簡単に装いが作れるんです。

寒い日、暑い日、春、初夏、そして真夏と、その季節の多くに使われる事の多いアースカラーは、同系色を増やして揃えて置く事が、オシャレを作り易くする最も近道だったりします。

これからの季節に向けて、是非アースカラーを増やしてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ