IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Anniversary

約2週間続いた長野中心地域の時間短縮要請。

今日で一旦解かれた要請も、依然予断を許さない状況下の今夜、途端に人影が増え、何処彼処で泥酔した若者の大声が聞こえるなど、どこか不安を隠せない週末の始まり。

規制や要請は法的拘束力は無いものの、こうして要請期間が終わると賑やかになる夜の風景は、人々のモラルの在り方を考えてしまう切欠になります。

一部の人々の努力だけではなく、一人一人の全員が同じ方向を向き、モラルと共に生活をする事が何よりもの解決の近道であり、不可欠で在る事を、今は一人でも多くの人たちが理解をする事を願うばかりです。

少しずつ街に日常が戻る事を祈って、皆で努力をしたいものです。

さて店頭では相変わらず新作の到着が続き、連日様々なスタイルを求めてご相談に訪れる方が増えて来ておりますが(※1)、今週は気軽に、そして週末や休日にリラックス出来る服装を求める方が続いています。

と、なると欠かせないのは、やっぱり”ジーンズ”。

気楽な格好、少し御洒落な格好、どんな服装の時にも使えるジーンズの存在は、もはや我々にとって欠かせないアイテムの一つです。

acee8d6b_1
当店は良く”ジーンズは第二の皮膚”と表現する事が多く、元々私達がこの地に降り立ってからというもの、ジーンズが中心のスタイルを長年続けて来ました。

その間、様々なジーンズブランドを皆様にご提案して参りましたが、中でも特別な存在の一つが”RED CARD”と”upper hights”。

我々のRED CARDとの出会いは、今から約10年前まで遡ります。

今ほど”誰もが知る”ブランドとして認知されるだいぶ前の事です。

ある日お店に届いた一枚の(展示会)案内状。
そこにはA3程の大きな紙にジーンズの写真と真っ赤に塗られた四角い色に囲まれたRED CARDの文字が在りました。

何となく脳裏に焼き付いたその案内状を見て、私達は直ぐに「行ってみよう」と言う気持ちに駆られたのを憶えています。

代官山の古いマンションの一室を改良したオフィス兼ショールームに、所狭しと幾つかのブランドが並べられていました。

その中に在ったのがRED CARDのジーンズでした。

当時、巷ではJACOB COHENやTRAMAROSSA、PT01の様なイタリアンブランドが世を賑わせ始めた頃でした。

方や39,000円から50,000円台以上のプレミアムデニム、そしてRED CARDのジーンズは19,000円と、決して安くは在りませんが、比較すれば高くはなく、しかしジーンズその物のクォリティは高く、そして拘りは一際強く、何よりまだどんなブランドなのかを知る由が無かった私達にとって、RED CARDがこれほどまでに大きく、広く知られるものになるとは、当時は思いもしませんでした。

IMG_8158_PhotoRoom_20210416_131434
当時RED CARDがウィメンズジーンズとして提案していたのは、古いリーバイスの(俗にいう大戦モデル)ヴィンテージな風合いを今に甦らせたタップリとしたストレートのジーンズが主でした。

それは今となっては当たり前の様に認知されている”ボーイフレンドデニム”の走りと言っても過言ではないでしょう。

当時、それらを理解するにはローカルエリアは役不足が否めませんでしたが、RED CARDは私達のお店の中で人知れず、その存在を温めていました。

IMG_8152_PhotoRoom_20210416_125225
それから数年、RED CARDを広く知るきっかけとなるモデルが生まれました。

それまでのゆとりあるシルエットを維持しつつ、膝下にテーパードを加えた女性の為の美シルエット”Anniversary 20th”が、それでした。

この股上を少し下加減に位置するスラウチーと呼ばれるディテールは、今思えば、このタイミングを切欠に多くのブランドが模していった様に思います。

その後、RED CARDは多くの派生モデルを生み出し、名モデルとなったAnniversary 20thは、やがてAnniversary 25thへと進化。

そして今、これらのモデルは”Anniversary”と言う一つの名称によって統一され、常にリファインを繰り返すRED CARDらしい一つの完成形を作り上げました。

IMG_8153_PhotoRoom_20210416_131216
当店のお客様の中には、このモデルを複数購入される方も珍しくなく、新しい加工や生地、色合い等が出る度に買い足す方、或いはサイズを変えて、それぞれに異なる着方をされる方、実に十人十色の楽しみ方をされるジーンズとして、当店にも非常にファンの多いモデルの一つになっています。

これまでのAnniversaryシリーズの良い部分はそのままに、より美しく女性らしくカジュアルなジーンズスタイルを提案してくれる新しいAnniversaryは、これまで同様、非常に柔らかく弾力性があり、そして最たる魅力の一つでもある高い伸縮性を持ち、かつてのAnniversaryファンのお客様にとっても、再び新鮮さを感じさせる物として、今、再び当店に到着しています。

IMG_8154_PhotoRoom_20210416_131245
今回は春夏らしいライトな色落ちの物をご用意しています。
TEEシャツ、ブロードのシャツ、リネンのシャツ、或いはニットやブレザー、ミリタリージャケット等、どんなスタイルにも溶け込み易い淡色の魅力と、RED CARDらしさが伝わって来る生地の表情や柔らかさは、リアルヴィンテージにも劣らない特別な存在感を与えてくれます。

IMG_8157_PhotoRoom_20210416_131403
RED CARDをしばらくお休みしていた当店にとって今回の入荷はまさに”Re Alive All”(Re Arrival)、全てを生き返らせるものとして、再び皆さんの手にお届けする事になります。

今、世界的に叫ばれているジーンズ需要の高まり。
それはコロナ禍と言う忌わしい世界の中でも、変わる事の無い存在価値が、他でも無いジーンズに求められている事に比例しています。

再び当店に姿を見せてくれるAnniversaryは、ご存じの方も、ご存じでなかった方も、きっと新しい魅力を再確認する事になるでしょう。

そして、、、もう一つ。

IMG_8225_PhotoRoom_20210416_194129
”upper heights”も再びラインナップに加わります。

upper heightsの魅力は何と言ってもRED CARDに比べ、少しだけソリッドでシャープな魅力があるところ。
そこにはRED CARDと似て非なるジーンズに求められるベクトルが違い、同じジーンズの中でも何処か住み分けされているのがupper heights。

当店では今回この2つのブランドを再び展開するにあたって、共通する一つのテーマを元にしています。
それは端的に言ってしまえば、「どんな御洒落にも使える一本」で在る事です。

そこでupper heightsへオーダーしたのは、STELLAと言うボーイフレンドスキニーと位置づけされるモデルです。

IMG_8160_PhotoRoom_20210416_131551
先ほどのRED CARDの写真と比べると、余り違いが判らない様に見えますが、どちらも美しいシルエットを作りだしてくれる、大人の女性にピッタリなモデル。

IMG_8161_PhotoRoom_20210416_131625
僅かに違いを挙げるとするならば、Anniversaryの柔らかく仄かなゆとりのある腰から膝付近までのシルエットに対して、STELLAは腰回りのゆとりがAnniversary程は無いと言う事。

IMG_8165_PhotoRoom_20210416_131822
またAnniversaryに比べ、ポケットの形状や色落ち等にもソリッドな印象を与える仕上がりになっています。

今回当店はブルー(或いはインディゴ、ストーンウォッシュ)のジーンズをRED CARDで、そして
近年急激に増え続けているブラックジーンズをupper heightsで取り入れ、それぞれの魅力がより活きる選択をしています。

IMG_8166_PhotoRoom_20210416_131906
更にSTELLAでは、ブラックのシェイドの濃淡異なる2色を揃えています。
前出のPlatinum(やや濃いめ)と、このSteel(やや薄め)の、どちらも甲乙付けがたい魅力の2色です。

IMG_8167_PhotoRoom_20210416_131937
特にカジュアルユース以外でも出番の多いブラックのジーンズは、upper heightsが持つシャープな印象がピッタリマッチします。

シャツやブレザー、パンプス等、同じカジュアルなスタイルの中でも、少しだけ大人らしさを作り易いのが今回の2色です。

IMG_8170_PhotoRoom_20210416_132134
またSTELLAでは重みのあるストレッチデニムを採用している事によって、ヒップ回りのサポート性もあり、(主観ですが)何となくヒップ位置を上げてくれたり、また脚を綺麗に長く見せてくれるような効果もあり、それぞれのジーンズが似て非なる理由を”体”で感じて頂ける物でもあります。

UH1000_1
こうして、再び(Re)当店に到着(Arrival)した、RED CARD、upper heightsの両ブランド。

これまでも常に皆さんの御洒落の中心になって来たジーンズが、新しいテーマの下、いつも着ていた洋服たちが、はたまたジーンズの魅力や欲求を、再び呼び起こす事(Re Alive all)になりそうです。

まるで旧友にでも会う気分にさえなる今回のジーンズたちに、是非皆さんも会いに来てくださいね。


(※1・・・現在週末にご来店予定のお客様にはご来店のアポイントを頂く様にしています。 店内が狭く密集を避けるため。)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_5312
週末の勢いそのままに、今週もギフトを求めてのご来店が続き、開店から閉店直前まで、男性のお客様のギフト探しが続いています。

PC228629
昨日以降、メールやお電話によるお問合せも相次いでおり、現在揃う冬のアイテムと、連日到着を進める春のアイテムとの組み合わせ等にも沢山のご依頼を頂いております。

PC228636
プチプライスギフトの他、今日は男性から女性に向け、レザーグローブやストール、それも質の高い物を奥様やパートナー様にと言うお客様が多い一日でもあり、私達世代の身に着ける物が何なのかを、この地で探すあまり、目先の物に捉えられる事なく、実際に触れて確かめておきたいと言う、男性のお客様が意外なほど多い事を知る一日となりました。

これから益々寒さを帯びる季節へ向かい、既にご自分で揃えられたコートやアウターに加えるべく、グローブやストール、マフラー等を差し上げるといった御発想そのものが、常にパートナーの装いを注視していなければうかがえない物ですから、やはり、これらのギフトを頂く女性には、パートナー様からの愛情を読み取って頂きたいと願う当店です。

さて、今日も春の新作が到着を進めております。
今日は今週継続して到着をしているUpper Hightsの新作M65型ジャケットやRED CARDの新作Anniversary 25th(Vintage by RED CARD)が揃いました。

PC228584
記憶に新しい昨シーズンのUpper Hightsのデビュー時、ショートサイズのM65ジャケットを展開したUpper Hights。
当初、当店ではASPESIによるフルサイズのM65が脇を固めており、他ブランドのM65に目を向ける事が少なかった様に思えますが、実は同時に展開中、すぐに完売してしまった、影の人気を誇るアイテムでもありました。

PC228588
今回のM65の新作は、過去の素材から一新され、更に細部のディテールにも手が加えられる等、正常進化を遂げた、まさにUpper Hightsのアイデンティティを感じられるジャケットに仕上げられています。

PC228589
Upper Hightsのアウターやジャケット類には、シンプルな装いとしてしか目に飛び込んでこない方も多いと思うのですが、実は着てわかる、その拘りの細かさは、男性物のそれと等しく、非常に見えない部分に手をかけ、更に女性が着る事を前提としたスタイルアップのフィット感、サイズ感を適えている、まさに女性の為の逸品とも言えるのです。

PC228626
このショートレングスの丈から作られるパンツとの組み合わせは言わずもがなですが、やはり推すべきはスカート等との組み合わせ。

PC228624
春のアイテムとはいえ、今からレイヤードを楽しむのに相応しい厚みとテイストが、既に多くのスタイルへと取り入れられるアイディア満載のお客様にとってお問合せが相次いでおります。

PC228625
Upper Hightsの今シーズンの各アイテムには、新品の状態での表情ではなく、長く着続けて、ようやくその表情に雰囲気を楽しむ事が出来る、そんなジーンズ同様の楽しみ方、或いはヴィンテージ物を愛する様な愛着と経年変化を見長ら得る事が出来ます。

今回の素材にも、洗いを何度も加える事によって表情の変化が見え易い素材を用いている為、ジーンズ等と同じく、常に洗いを加える等して、お客様だけの表情や色落ちを楽しんで頂けます。

PC228607
同じくUpper Hightsの新作では初となるカーキ(ミリタリー系ボトム)としてのエイジング加工を加えたチノーズが、クロップドレングスにて入荷しています。

PC228608
このモデルは、腰回りでゆとりを持たせながら、落とし目に履く事によって、シャツやトップス等との絶妙なサイズ感を楽しんだり、レングスの丈のバランスからも、シンプルながら、そのシルエットバランスによって、センスアップが期待できる、まさに前述の様な、見えない箇所に拘った作りを持った一本と言えます。

PC228611
腿回りからヒップ等、体が擦れる箇所には、程よくエイジングの加工が施されており、素材にも堅牢性を感じさせるとともにストレッチ性を高める等、実用性に長けた一本である事が窺えます。

PC228612
ミリタリーテイストとしてのカーキカラーは、どっぷりハマるのではなく、敢えて清潔感のある、その他のアイテムと共存させる事によって、相反するミックスマッチなスタイルアップがかなえられます。

日頃、カジュアルなスタイルが多い方も、オンスタイルが多い方も、この一本を取り入れる事によって、全体のスタイルが一変します。
是非お試し下さいね。

PC228614
その他にも、Upper Hightsの新作では先般入荷済みの各ダメージ入りデニムに続き、今回はリペア痕を施したデニムが入荷しています。

PC228618
Upper Hightsのデニムの持ち味の一つでもある、『玄人的なデニム素材』を用いた、エイジングやペイント、そしてダメージ、リペア等、製品の状態からは想像が出来ない程、履き続けた後に解る、その質感の変化や、敢えてオンスの思いデニム素材を用いて作られた、所謂デニム本来の魅力をそのままに生かした加工が、何よりもの魅力となっています。

PC228615
それでいて、ストレッチ性にも優れる等、RED CARDと似て非なるその存在価値は、お選びになるお客様の好みにも寄りますが、一見してそれと解りづらい、コアなデニムファンを魅了する拘りが詰め込まれています。

不思議にも、Upper Hightsのデニムをリピート購入されるお客様の半数以上が、長く履き続けた後のインプレッションによる物が占めています。

それだけ、履き続けなければ味わう事が出来ない感覚も、やはりUpper Hightsの持つ『デニムその物』の魅力は時間をかけるべき、と言う体現なのかも知れませんね。

PC228606
そして、ついに今年最後の入荷を迎えたRED CARDの春の新作は、「Vintage by RED CARD」と記された布製タグが示す様に、その柔らかさや優れたシルエットディテールに、限界とも言えるVINTAGE加工を施した最新デニムが、新モデルAnniversary 25thによって到着。

PC228599
過去20thで股上へのゆとりを持たせたデビューから、今季の25thデビューまで、多くの試行錯誤が繰り返されたRED CARDの各デニム。

PC228601
ご存じの方もいらっしゃる通り、ストレッチに長けたデニム素材を用いると、加工にはある程度の限界があり、生デニム同様のダメージやリペア、色落ちの加工は、不可能とまで言われ続けて来たデニム業界に、一石を投じているのがRED CARDでした。

そこから更に進化を続け、今回のストレッチデニムではセルビッジ(耳付きデニム生地)を用いたストレッチデニムを、極限までリアルに加工、エイジングを施した最旬にして最新の一本が出来上がったのです。

PC228598
シルエットはこれまでの25th同様、美シルエットを生み出すラインに、この上ないリアルなダメージと加工が施された今回のAnniversary 25thは、多くのRED CARDファンをうならせる程の仕上がりを手に入れています。

PC228597
リアルクローズとしての用途だけではなく、ラグジュアリーなジャケットとの組みあわせにも迫力負けしない、その雰囲気は、今年を締めくくる一本としても、申し分のないオーラを放っています。

PC228592
先日ご案内させて頂きましたFIOREのシャネル型ジャケットも同様に、これらのテイストを是非合わせて頂きたい鉄板のコーディネーション。

PC228593
旧き良き時代を彷彿とさせるテイストには、共通する魅力が必ずと言ってよい程存在しています。

これらのベストな組み合わせをお客様自身が探したり、アイディアを見出したり、ベーシックアイテムを遊びに変えるからこその、大人のスタイルアップの楽しみ方が存在するのだと当店は考えています。

IMG_5311
丁度時を同じくして当店スタッフも30年物のヴィンテージのデニムジャケットを着用して出勤しておりましたが、時と共に長く愛する事の出来るベーシックを見出し、揃え、長く愛し続けるには、お客様自身の審美眼が物を言う時。

長年多くのスタイルを楽しんだ、私達世代だからこそ見出す、品物への価値や魅力を、今回の新作にも、是非見出し、愛するアイテムの一つとして、皆様のクローゼットへと収めて頂ける事を願っています。

いよいよ明日の祝日を挟み、クリスマスウィーク最後の盛り上がりがやってまいります。
是非皆様にとって、笑顔の多い一週間となります事を、当店一同、願っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo0002

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2015/12/22
---2015-2016年秋冬物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1166756&sort=n
---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)
----------------------------------------------------------------------------------------
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

このページのトップヘ