IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:AlessandroLuppi

IMG_1850
昼夜の気温差が広がり、陽が沈むと途端に冷たい空気に包まれる長野地方。
こんな日は屋内で暖かな食事を前にするだけでも、心が温まる気がしますね。

寒さ対策は勿論、装いの上でも欠かせないタートルネックのニットウェア。

1001
今季特にお勧めしている、ミドルゲージのニットたちは、その肉厚さや特徴的な編地、そして何よりどんな服装でもシンプルに合わせるだけで存在感が作れることが魅力。
(写真着用商品:ニット/Alessandro Luppi、パンツ/DEVORE、シューズ/Agnelli & Sons)

ハイゲージはインナー向き、ミドルゲージはアウターとの中間に位置する、最も使い易くラクチンな存在。

1EC69CBE-C092-4548-AF57-7C5BF15420E3
ジーンズであっても、トラウザーズであっても、ミドルゲージの迫力はローゲージほどラギッドにはならず、丁度程よい按配と言えます。
(写真着用商品:ニット/Alessandro Luppi、パンツ/Germano、シューズ/Agnelli & Sons)

B37B2A94-A5DB-4970-9969-0BD9D929D410
特に冬の鬱蒼とした空気を換えてくれるのが、ビタミンカラー。
レッド、マスタード、オレンジと言った暖色系カラーは、着ている本人は勿論、周囲にも元気を与えてくれる色。

視覚的効果は意外と高いもので、暖かみのある色合いは人を穏やかに豊かな気分にさせてくれるものです。

2A1BA9ED-C06C-4E1E-B7F4-35DD78573CFA
ダークトーンが増える秋冬にとって、こうした色合いはアクセントカラーにもなります。
(写真着用商品:ニット/Drumohr、パンツ/Marco Pescarolo、シューズ/Doucal's)

暖かく、着心地が良く、そして安心感のある作りは、当店が取り扱うニットウェアブランドに共通するもの。

基本設計がしっかりしていて、物作りとしても追及され、また歴史に彩られる事によって、当店のニットウェアの存在価値は、ひと際抜きんでた物になっています。

どんな服装にも合わせ易く、またシンプルに装いを締めたい方にとっても、お勧めな各ブランドのミドルゲージのニットたち。

この冬、”ラクして御洒落に見えるもの” として、ミドルゲージのニットを加えて見ませんか?







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月16日、31日~1月2日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1626
12月が始まったと思ったら、あっという間の10日間が過ぎようとしています。
年の過行く速度が年々早く感じられ、12月に入ると毎日がカウントダウンの様に感じられます。

企業の皆様、家庭を守る皆様、それぞれが忙しくなる今月ですが、時に身近な場所へお出かけする事も在ろうかと思います。

そんなお出掛けにも最適な、当店のカジュアルなアイテムたち。
今日は男性のお客様に向けて、スタッフが実際に着用してみて「これは使える」と感じた2つの洋服をピックアップしてみました。

IMG_1627
一つ目は、このALESSANDRO LUPPIのタートルネックです。
糸にカシミアと”ピュア”エクストラファインメリノを使ったミドルゲージの物なのですが、先ず着て気が付くのが、そのシッカリとした編地です。
(写真着用商品:タートルネック/ALESSANDRO LUPPI、ストール/Andrea's)

2DF31014-F3AF-40FA-A81B-4C11C381AB74
シッカリと隙間なく感じられるほど編み込まれたニット地は、大き目の変形ヘリンボーンの様な編み方を施している為、表情に変化があります。

C82A96C5-BD79-494A-9902-191B24F8FB52
とにかくしっかりしていて暖かいと言うのが一番の実感なのですが、着てみると「タイトであって欲しい箇所は、より強力に編まれ、ゆとりを持って欲しい箇所はタップリと」している事が判ります。

恐らくはお腹周りが気になるご年齢の方々も少なくないと思いますが、肘から先の袖、首回りはピッタリと締まる雰囲気で、それ以外の箇所は糸の強度もありますが、どこかスタイルを良く見せてくれるような(?)不思議なニットなのです。

620EF6DA-F1EA-49B4-99FA-9D11404F9636
ニットそのものが暖かくシッカリとした厚みを持っている為、ジャケットは羽織り辛いですが、簡単なシャツジャケットやコート等を羽織るだけで、充分暖かさも確保してくれると同時に、編地の表情から、それなりにキチンと見えてくれるのも魅力です。

カラーもダークネイビーなので、ジーンズやチノーズ、色々な物との組み合わせもし易く、是非ともお勧めしたい一着です。


ご興味のある方は是非ご覧ください。


B389ABFD-1F40-4EF8-A90E-00C8B8BC687D
そしてもう一つが、このDEVOREのパンツです。

実は基本ベースに近いシルエットを昨年も展開していたのですが、今季当店がオーダーした、このストレッチ性のモール素材は、とにかく柔らかく、穿いていて心地良いのが魅力です。

D30DCA7B-9A23-49AC-B72F-0CE573854F38
ホワイトよりも若干色づいたアイボリーやオフホワイトに位置する、この手の素材特有の味わい深い色合いで、素材は早く言ってしまえば「スジの無いコーデュロイ」とでも表現すれば判りやすいでしょうか。

つまり暖かさもあり、それでいて色から得るクリーンな印象が相まって、秋冬の装いにとってマルチな一着になってくれます。

IMG_1568
装いもミリタリーやアウトドアなカジュアルから、コートを合わせたキチンと感まで、同じ白系のカラーでも、この素材ならではの独特なユーティリティを発揮してくれるのが”マルチ”たる理由。

どんな素材もスポイルしてくれる便利な一本なんですね。

1002
前出のALESSANDRO LUPPIのタートルネックと合わせても、このパンツの色、シルエットは魅力的に映ります。

実は(スタッフが)着用サイズを一つ上げて穿いているのですが、ウエストの後ろ部分がゴム使いになっている為、程よく”腰を落とすような感じ”で履くと、キャロットフィットの様なシルエットで履く事が出来ます。

1001
勿論、普段履いているサイズで履けば仄かなゆとりのあるテーパードパンツとしシルエットしてくれます。

腰回りにゆとりを持たせ、膝下はテーパードでスッキリと見せる為に、丈の長さは一番のキモ。
チョッピリ短めに仕上げるのがバランスよく履くコツかも知れません。

このパンツのシルエットは、既にDEVOREの中でも人気となっているモデルですが、素材が変わるだけで違った印象に見える他、サイズを変える事(背面がゴム使用の為出来るのです)でも、いつもとは違ったシルエットを愉しむ事が出来ます。


ご興味のある方は是非一度お試し下さい。

1003
この他にも休日やチョッピリお出掛けに相応しいアウターも揃っています。
(一部の商品はオンラインストア未掲載⇒店頭にてご覧ください)

1004
今日届いたばかりのARANのフィールドパーカも、冬から春まで継続して着られる優れもの。
遠くへお出かけ、或いは帰省を控えている方にとっても、今年の年末年始は身近な場所へ”チョッピリチカラの抜けた御洒落”で出かける、なんて言うテーマを以て愉しむのも、またポジティブな捉え方です。

長引く新型コロナウィルスの終焉はまだまだ見えませんが、そろそろ御洒落にも気を配りつつ、身近なお出掛けスタイルから楽しみを見つけ始めては如何でしょう。

以上、今日はスタッフお勧めの二つをピックアップさせて頂きました。
どちらも一週間に一度は着ているほどお勧めです♪





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月16日、31日~1月2日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4078
涼しさが続く毎日ですが、今日は急激な蒸し暑さが街中を覆っています。
小雨空も交じり、これもまた9月の風情として季節を感じさせるものでもありますね。

さて、既に店頭には秋の新作が続々と揃い始めている中、いよいよ明日から始まるDRESSのパーソナルオーダーも、生地の内見や早速アポイントを頂くなど、少しずつ皆様の視線は秋へと向かい始めています。

一足早く秋の装いづくりを進める女性たちですが、今日は負けじと秋の装いづくりを進める男性の皆様へ、”ベーシック”を基本とした新作を幾つかお勧めしてみたいと思います。

先ず揃えておきたいのが”シャツ”。

男性にとってシャツは第二の肌。
カットソーやニットで楽しむ秋もありますが、やはりどの季節にも欠かせないのがシャツですよね。

IMG_3832
今日お勧めするシャツは全てGUY ROVERのシャツたちですが、先ず一つ目は、このシャンブレー素材のシャツです。

IMG_3835
デニムやダンガリーのシャツは重すぎてインナーになり辛い時、稀にあると思います。
そんな時取り入れて欲しいのが、味出しをしたこのシャンブレーです。

一般的にデニムとは織り方が異なる為、表情が異なるのですが、その多くが”綺麗”な仕上がりの物を占めると思います。

そこで今回当店がオーダーしたのは仄かな加工を施した仕上がりで、非常に味わい深い色合いを醸し出している生地物。

IMG_3836
シャンブレーの厚みだと、ネクタイを締めても窮屈になり辛く、またドレスシャツを得意としているGUY ROVERらしいソリッドな美しさにこの素材を載せることによって、大人らしい洗練されたカジュアルダウンが楽しめそうです。

IMG_3843
そして二つ目は、このタブカラーのシャツです。

IMG_3844
素材には厚みのあるしっかりとしたヘリンボーンを採用し、長目のレギュラーカラーにボタン式のタブカラーの組み合わせです。

IMG_3845
タブカラーと聞いて、ネクタイ必須と考える方が多いと思うのですが、このタブカラーのディテールを飾りに見立て、カジュアルダウンして日常に着る楽しさというのも、予てから当店ではお勧めをしています。

IMG_3851
特にジャケットとの組み合わせやニットカーディガンなど、衿回りにボリューム感が欲しい時の”ハズシ”の一手として、実はとても有効です。

実は昨年はデニム素材のタブカラーのシャツを作ったのですが、その際の用途も今回同様、カジュアルダウンをより楽しんでいただく為の小さな遊びでした。

IMG_3852
衿越しをしっかりと持ち、また衿の長さも相まって、ジャケットとの相性は抜群です。
お仕事でのタイドアップ、また日常でのカジュアルダウンと、共に楽しんで欲しい一着になります。

IMG_3853
そしてシャツ最後のお勧めは、このベーシックなロンドンストライプのシャツです。
「ストライプ」と聞いて全てを一緒くたに想像してしまう方も多いと思います。

然し長年当店にお越しの方は恐らく見る箇所であると思いますが、ストライプのピッチ(幅)や、ベースカラーがホワイトなのか、他色なのか、と言うポイントで、見栄えは大きく変わります。

IMG_3855
今回の素材ではブルーにホワイトのストライプ。
つまりブルーがベースカラーになり、ホワイトがストライプのラインとなるケース。

たったこの反転の組み合わせだけなのに、見た目は清涼感に溢れます。

IMG_3860
ホワイトに他色のストライプの場合、良く感じられるのがオフィスユースぽさが残るというケース。
ホワイト地にストライプを重ねると、やはり凛とした表情が強くなり、お仕事向きでの印象が強く残る場合が多いと思います。

IMG_3861
勿論、お仕事にも使えるこのストライプは、やはりジーンズなどと合わせてカジュアルダウンを楽しんでいただく為の一着でもあります。

と、以上3モデルは、基本として持って置きたい3着で、色、形、共に是非ともクローゼットに加えて頂きたい3種になります。

そしてシャツと共にベーシックとして揃えておいて欲しいのが、やはりベーシックなニットです。

IMG_4406
ベーシックなニットを作らせたら大抵の物が綺麗に、そして美しく、更にコストパフォーマンスの高さに満足してしまうのが、イタリアのニット専業メーカー「Alessandro Luppi」(アレッサンドロ・ルッピ)のニットたち。

今回はケーブル編みのクルーネックと、ジャケットや羽織物等と相性の良いハイネックの2種類をオーダーしています。

IMG_4408
もはや色や形で幾つも揃えて置きたい鉄板中の鉄板が、ケーブル編みのニットたち。

今回Alessandro Luppiでオーダーしたニットたちは何れも、トスカーナの老舗紡績メーカーの糸を使った物ですが、全てがピュア・エクストラファイン・メリノウールをベースに、カシミアをブレンドしたものになっています。

IMG_4444
この非常に淡いライトベージュも一着は揃えて置きたいカラーですが、ライトグレーなど同じペールトーンで組み合わせることによって生かされる大人の佇まいが、極々自然に醸し出せる色気のある一着です。

IMG_4409
もう一つがエスプレッソカラーとでもいうべき、味わい深いダークブラウン。

IMG_4410
仄かな赤みを帯びた味わい深いブラウンは、その存在感だけで装いを一変させてくれる独特な魅力があります。

IMG_4442
先ほどと同じようにライトグレーと組み合わせても、その佇まいは、やはり紳士的。

IMG_4443
期待を裏切らないこの色の力は、ブラウンとグレーと言う、たった2色だけでスタイルを完成させてしまう魅力があります。

IMG_4415
そしてもう一つ揃えて置きたいのがハイネックです。
近年タートルネックと共に人気が高くなっているハイネックは、中にシャツを着たり、或いはスカーフやバンダナを入れたりと、内側で遊ぶことが出来たり、逆にジャケットのインナーとして立体感を作りやすかったりと、その存在価値は年々高まっています。

IMG_4416
何れも、衿の開き加減の丁度良い塩梅が求められるわけですが、Alessandro Luppiの場合には窮屈過ぎず、開き過ぎず、とてもベストな状態で衿回りが作られています。

IMG_4445
少し色を加えたり、シャツで色を見せたり、秋はミドルインナーとしての役割も担うハイネックは、タートルネックだけでは補えない装いの楽しみを、更に増やしてくれる存在になります。

IMG_4412
またカラーは前出のライトブラウンの他にもブラックを用意しています。

IMG_4413
想像以上に使えるブラックのハイネックは、内側、外側、どちらの組み合わせにも、その威力を発揮してくれます。

IMG_4446
シンプルにブラックとグレーだけで色を作り、襟元にあえて見せる色を少しだけ、そんな些細なエッセンスが効くのもブラックならではですね。

こうして、秋の立ち上がりはベーシックを基本に揃え始めていただくと、その後の組み合わせが非常にし易くなり、また更に遊びを加える楽しみも増えてきます。

スタイル難民の方、トップス難民の方、迷われている方がいらっしゃいましたら、是非今回のシャツやニットを中心に揃え始めてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ