IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Agnelli&Sons

IMG_4950
暑い日中、そして寒さを感じるほど気温が下がる今週末。
昼間は冷たい飲み物が欲しくなるのに、夜には途端に暖かな物が欲しくなる、そんなジェットコースター並みの気温差が続く6月。

この気温差に何を着て良いのか解らない日もありますが、やっぱり便利に使えるのが

661FE22C-D3E4-4561-A9D5-6A0CFE81608B

ホワイトのパンツ

53755E27-7676-4B26-907D-650DB06ADF4E
当店はもともとシーズンに関係なくホワイトのボトムスを多く揃えるお店ですが、特に春夏シーズンは必須とも言える存在でもあり、またその威力を最も発揮してくれる季節でもあります。

8A72F955-0C3C-46BF-A8C9-2FFE9A394457
そこで今日お勧めしたいのがDEVORE Incipitのホワイトのジーンズ。

3F01E699-89F0-4E36-9A42-9FBFE3EC2294
このジーンズについては過去の記事でも取り上げておりますが、やはり何と言っても特筆すべきは、その生地の柔らかさと伸縮性です。

春夏にピッタリな程よい生地厚と、スジ状に織られた目地、そして穿いて数十分も経たないうちに体感する伸縮性は、まさに今の季節、今の気分にぴったり。

IMG_6805
比較的どんな物でも合わせてしまえば、違和感なく合ってしまうホワイトのジーンズ。
「清潔感がある」、「軽快に見える」など、メリットが多いホワイトのボトムスの中でも、ジーンズであれば、更にその魅力、威力は際立ちます。
(写真使用商品:左上から時計回りにGUY ROVER、BAFY、Carlo Florense、DEVORE)

IMG_6812
何より夏と言う季節が近づくに連れて増える、ネイビーやブルーなど寒色系の色との相性は特に抜群。
そのうえブラックとの組み合わせにも、独特の涼し気な雰囲気を出してくれるのもホワイトならでは。
(写真使用商品:左上から時計回りにDrumohr、GUY ROVER、Agnelli & Sons、DEVORE)

IMG_6807
またブルーとブラックといった難しい色の組み合わせも、間にホワイトが入ると、それなりにシックリとハマって見えてくれたり、ホワイトのボトムスの威力は絶大です。
(写真使用商品:左上から時計回りにAgnelli & Sons、Alessandro Gherardi、DEVORE)

IMG_6808
他にもローファーなどレザーシューズではなくサンダルを合わせても、違和感なく、むしろサンダルが作るカジュアル感が上品に見えてくれるのですから、ホワイトの威力侮れずと言ったところです。
(写真使用商品:左上から時計回りにZEUS、Alessandro Gherardi、DEVORE)

IMG_6806
他にもブラウンのトップスと合わせるボトムスを迷う時にも、ホワイトなら迷いも一発解消。
もはやホワイト無くして夏は迎えられないのです°˖✧
(写真使用商品:左上から時計回りにAgnelli & Sons、Massimo d'Augusto、DEVORE)

662FAEC8-1981-4C45-92B0-DF9F2AB57CDF
そしてもう一つ、このジーンズがお勧めの理由は、味のあるレザーやスタッズなど、ジュエリーを駆使したウエスタンベルト等を得意としているイタリアのレザーブランドAlberto LutiがDEVOREにジュエリースタッズを提供していること。(これも過日blogでご紹介しておりますが)

655D8B20-D1F2-4166-9EBF-57024E76521D
決してジーンズその物にAlbertoとの協業を記す記述も何も在りませんが、このジーンズの為だけにAlbertoが提供している、言わば秘密のコラボレーションでもあるのです。

当店がこれを知ったのもシーズン序盤。
実はAlberto Luti、DEVOREのそれぞれとメールのやり取りの中で聞かされ、そこで初めてコラボレーションで在る事を知りました。

そしてこのジーンズは日本国内では当店含め2店舗のみが展開と言う事もシーズン中に知りました。

「ホワイトのジーンズが使えることは分かった、でもどれを買えばいい?」

と思われた方、答えは出ています。(ここまで来て他のジーンズをお勧めする方が変ですが)
このDEVOREのホワイトジーンズに限ります。

現在DEVOREはジーンズのコレクションにも注力していると(なんと今日のメールのやり取りで初めて知りましたが)言っていました。

ボトムス専業ブランドが作るジーンズが、どれ程のものか?と疑う気持ちも理解出来ますが、是非一度試して頂きたいお勧めの一本です。

また当店ではこのほかにもDEVOREのジーンズを揃えておりますので、是非気になった方は店頭、オンラインストアをご覧下さい。







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4937
湿度がそれほどなく乾いた暑さが続く6月。
真夏の蒸し暑さと違って、とても過ごしやすい毎日が続いています。

とはいえ暑さ対策は今後必須の条件。
特に男性に於いて、スーツ姿から一転する夏の装いは、ある意味死活問題?でもあります。

職場、休日、それぞれのシーンに於いて、それまでのスーツ姿で見ていた凛とした姿とは違った姿を見せるわけですから、ここは涼しい顔して「いつもの自分」感を出さなくてはなりません。

そんな夏の毎日にお勧めしたいのが、BAFYのニットポロ。
過去にも当店一押しの一つとしてお勧めしてきたこれらのポロは、仕事でも休日でもチョッピリ違った印象を作るのに相応しい存在。

168015771
何と言っても特徴的なのが衿の作りですが、カッタウェイカラーに丸みを与えた様な独特な衿型が、ポロの表情として他とは違った雰囲気を与えてくれます。

168015771_o2
本体の柔らかく弾力のあるニット素材に対して、衿はシッカリと撚り上げた感のある(ヤレる感じがしない)素材。

この衿(の素材)があるお陰で、ジャケットとの組み合わせにも”キチンと感”が出てくれます。

168014355_o4
当たり前の職場の装いの中にポンっとこのニットポロを取り入れるだけで、自然で魅力的な装いが作られます。

168014355
カラーは全4色をオーダーしています。
前出のヘザーグレー、そしてホワイト、イエロー、ブラックの使い易い4色を揃えました。

168014355_o3
このニットポロが他と違って見えるのは、しっかり肩があること、そしてクラシックな雰囲気を高めてくれる袖の長さ。

A4C92801-4FCE-4D2F-A72A-97536627E998
ムキムキの鍛えた腕を強調する短めの袖丈も魅力的ですが、年齢を増すごとに”欲しい”のは、やはり落ち着きと自然な見た目です。

IMG_6737
袖の長さ一つで雰囲気が落ち着いて見えるのは、他でもなく(カットソーではなく)ニットだから。
柔らかな質感と、程よい立体感が伝わるニット素材は、ポロにとってチープに見せず、それでいてカジュアルになり過ぎず、大人の男性にとって良い事尽くめなのですね。

168015984
ホワイトやグレーなど仕事にも使える色とは別に、休日に向けたカジュアルな色も揃えて置きたいところ。
そんな方にはベージュやグレー、ネイビー等と相性の良いイエローがお勧め。

168015984_o2
淡くなり過ぎず、それでいて鮮やか過ぎない、程よい黄色味は、取り入れ易い色でもあり、また手持ちの色との相性も良く、想像以上に便利な色合いです。

168016088_o1
そしてシャープに見せたい方にはブラックもお勧め。
ブラックがお仕事に影響するか否かは職場の理解次第ですが、対人作業としては向かない色合いにも感じられますので(日本では)、休日を含め、装いをグッと男らしく、大人らしくしたいという方にお勧めです。

168016088
ブラックになると素材の立体感や衿の形状が比較的判り辛くなり、全体的にトーン、存在感が落ち着きます。

168016088_o4
そんな時は衿に沿ってバンダナや大き目のハンカチを挿したりして、ちょっぴり色を加えてみるのもお勧めです。

さすがにTEEシャツやカットソーで仕事場へ出向く事が許されないお仕事の方には、是非とも持って置きたいトップスです。

そしてトップスにニットポロを併せたら、足元にも(お仕事の場合にはソックス着用の上)ローファーを併せて置きたいところ。

IMG_8253
さすがに上半身の軽快感に、足元だけストレートチップやウィングチップと言ったドレスシューズを合わせるのは、ちょっと重たいですよね。(稀にいらっしゃいますが💧)

IMG_9425
上半身に合わせて足元も軽く見せることは、身に着けている本人は勿論のこと、周囲から見ても暑苦しさを感じさせないものです。

IMG_3622
秋冬に比べて、より足元の軽快感が全体を変えてくれる春夏は、足元の衣替えも行っておきたい部分。

IMG_3665
重ね着が減る春夏だからこそ、一つ一つのアイテムに差別化をシッカリと与えて置くべきです。

いよいよ迫って来た本格的な夏を前に、クローゼットで改めて夏の装いチェックをしてみてはいかがでしょうか。








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1297
4月があっという間に過ぎ、季節は5月の深緑の季節になりました。

連休が始まり各地に人の賑わいを見せる中、少し肌寒い雨模様に包まれた今日の長野地方。

明日から再び気温は戻りそうですが、暦通りにお仕事をされている方々にとって、明日は久しぶりの出勤日。
一旦リセットしながら、また始まる連休の後半に向け、意気揚々と頑張って頂きたいですね。

さて、いよいよ5月からは暖かさが本格化し、初夏に向けてインナー選びも重要になって来ます。
特にジャケットやスーツを仕事着としている方にとって、夏を迎えるにあたり、ノータイでの出勤が許されている方(企業によって様々かと思いますが)は、インナーとしてポロシャツの選択肢が加わって来ます。

そんな方々にお勧めしたいのが、以前も人気だったBAFYのニットポロ。

IMG_4250
カットソーのポロではなくニットポロの選択は言うまでも無く鉄板ですが、数多あるニットポロの中でも、このBAFYのものは、その品質の良さに加えて、衿の形状が特徴的であることがポイント。

IMG_4251
カッタウェイカラーの剣先を仄かに丸みを帯びたラウンドしたカッタウェイに仕上げている、この衿の恩恵は、見ているより実際に着てみると、実に大きなものに感じられます。

167993542_o16
カジュアルな装いとしては言うまでもなく、ジャケット等とレイヤーした時に光る、この衿型。
丸みを帯び、ワイドに仕上げられていることから、一般的なポロでは(衿が作る表情が)存在負けしてしまう事が多いのですが、このポロの場合には、しっかりとジャケットのラペルへ沿う様に収まり、その立体感や存在感が際立つのです。

IMG_4252
また素材は非常に柔らかく、ふんわりとした感触で、まるで真綿に触れているかのような優しい気持ちにさせてくれる、如何にもBAFYらしい糸の選択。

F5612EA4-8BEF-48A7-83DE-A01D09B3F1E1
袖と裾のみにリブを与え、衿はしっかりと編み上げられる事によって得られる”安心感”があります。

今回はカラーも4色を揃え、お仕事や休日、それぞれに使い易いカラーを選択しています。

IMG_4254
先日ご紹介させて頂いたAgnelli & Sonsのベージュのトラウザーズに、優し気なイエローを合わせたり、同じくAgnelli & Sonsのグレーのトラウザーズに清涼感のあるブラックを合わせたり、とオンオフ共に使い易い、このニットポロ。

一着手に入れると色違いで揃えたくなる、当店イチオシのポロを是非これからの季節にお役立てください。

暑い夏の日のインナーとして、きっと大活躍してくれる事間違いなしです。








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3703
GWも二日目を迎え、今日はいつも以上に街中に県外ナンバーの車が大半を占めていました。
契約駐車場では約7割近くが県外ナンバーの車。
色々な車種と不思議な趣向を凝らした車が沢山集まり、宛ら自動車ショーの様です。

今日は仕事が既にお休みの方のご来店が多く、先日到着したAgnelli & Sonsのジャケットやパンツを早速お試し頂いた方が続きました。

168003687
中でも人気を博しているのが、先日blogでご紹介させて頂いたベルトレスの素材違い。

168003687_o1
ディテールはそのままに、素材に北イタリアのファブリック”PORDENONE”(ポルデノーネ)のコットンストレッチを使用し、独特な柔らかさと微細な凹凸のタッチによる”上品なカジュアル”を表現しています。

Olimpias0001
このTESSUTI di PORDENONEは、北イタリアのOlimpiasグループが持つファブリックブランドの一つで、北東部にある小さな町トラヴェシオとソアーヴェで染色し、織りあげられている高品質な生地を輩出するブランドです。

168003687_o5
「何が素晴らしいのか」
それは百聞は一見に如かずで、一言で表現すると

『とにかく柔らかく上品な素材』

なのです。

168003687_o2
一見するだけだとソレと解りづらいのですが、実は良く目を凝らしてみると、非常に細かな織地が立体感を感じさせ、さらにコットン99%ポリウレタン1%と言う混紡率とは思えないほど、伸縮性に富んでいます。

168003687_o8
先日のウールのモデルに比べ、コットンである分、シルエットが出にくいと思いきや、しっかりと綺麗なシルエットを作りだしてくれる、この素材。

また想像以上に”伸びる”ことから、少し食べすぎの時も、アクティブに動き回る日も、全てスポイルしてしまう優れた生地である事に気付かされます。

IMG_3489
こうしたコットン素材のパンツに多いカジュアル感が、この素材のお陰で”上品な”カジュアルと言う形容が付き、それは素材のクォリティだけでなく、このホンノリ赤味がかったライトベージュの独特な表情が、そうさせています。

職場でのパンツとしては勿論ですが、大人にとって崩し過ぎない週末の御洒落としての存在価値は非常に大きい物になってくれます。

IMG_3492
(写真使用商品:シャツ/Massimo d'Augusto、トラウザー・シューズ/共にAgnelli & Sons)

カジュアルな装いはシーンにもよりますが、あくまでもやり過ぎない適度なカジュアルを欲する中高年世代にとって、こうしたパンツの存在は強い味方となる事でしょう。

IMG_3493
いつも当店が表現する事、それは「一つ一つのクォリティが確かになると、全体が全く違う物に見えて来る」というもの。

たかがコットンのパンツ、されどコットンのパンツ。

一着の”当たり前”に求める拘りの強さは、確実に表現、表情として顕れます。

この連休をより素敵に魅せてくれる今回の新作パンツを是非一度試してみて下さい。








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3701
いよいよ始まった今年のGW。
幹線道路は午前中から混雑を極め、少しずつ連休らしさをうかがわせています。

そんな賑やかな連休初日は生憎の雨模様。
今日は肌寒さを感じる一日となりました。

ようやく暖かくなるかと思うと、また肌寒くなり、そしてまた暖かく、そんな毎日が続くのが春。
これから初夏に向けて、こんな日が増えて行きそうですね。

さて、連休が始まったとはいえ、中には休み返上でお仕事に精を出される方も多いと思います。
そんな方々も含め、今日は男性にとって不可欠でもあるブレザーとトラウザーズをピックアップしてみました。

男性の仕事に於いて欠かせないのがジャケットやブレザー、そしてどんな物にも合わせ易いグレーのトラウザーズ。

誰もが一着は持っているであろうこれらにも、ちょっとしたディテールの違いや素材の違いによって、全く違った見え方をしてくれる物がありますよね。

そこには色であったり、自然に見える上質感だったり、敢えて突出した所が無くても、人には伝わるものがあります。

例えばAgnelli & Sonsで作った今回のブレザー。

IMG_4071
ブレザーと言えばネイビーが鉄板ですが、ブラックになると途端にシャープさやクールな印象が宿ります。

IMG_4101
今回当店がオーダーしたブレザーにはベルギーのファブリックメーカーであるLIBECO(リベコ)社のリネンを採用しています。

IMG_4064
上質で細やかで、打ち込みがしっかりとしたLIBECO社のリネン素材は清涼感、上品な艶、しっとりとした見栄えなど、一口にリネンと言えども、作り手が変わると見る者へ伝わる雰囲気も変わります。

IMG_4070
作りとしては王道のダブルブレステッド、6ミリ幅のステッチ、2つの大き目なパッチポケット、そして深めのサイドベンツと、ブレザーには多く取り入れられるディテールが備わっています。

今どきはアメリカンタイプのブレザー人気の方が高く、袖のボタンは2つ、センターベント等、ブレザーと言っても、ここにもまた作る側のイメージや世界観が投影されるもので、当店ではイタリア目線でのブレザーをイメージしています。

IMG_4051
この軽量で上質さが伝わる今回のブレザーは、シャツなどでのコーディネートは勿論ですが、”敢えてシワシワに着て頂く”べくカットソーやニット等での提案も多くさせていただいています。

IMG_4052
綺麗なままで上品に着るのも良いですが、このきめ細やかなリネン素材をシワシワになるまで着こみ、そこから伝わって来るLIBECOのリネン素材の表情が、他とは違った表情を作りだす事を体感していただきたいと思っています。

IMG_4060
時にはカジュアルに、袖捲りをして着たり、時には仕事で着たり、どんなシーンでも役に立つのがブレザーの良いところ。

IMG_4056
更に素材の涼しさだけではなく、極力副資材を省く事によって軽さを得たことで、より着心地を自然に感じる事が出来るものになっています。

IMG_4058
また今回は生地の選定の他に、ボタン探しに時間を割いています。

IMG_4055
ブラックのリネンにピカピカのゴールドのボタンでは、ともすると陳腐な印象を与えかねません。

そこで選んだのがアンティークフィニッシュされた渋みのあるゴールドのボタン。

IMG_4063
これによって、リネンの俄かな艶とボタンの鈍い輝きがシンクロして、全体的な統一感として落ち着きと洒脱さを手に入れる事が出来ます。

IMG_4067
時にはニットポロを挿してみたり、シャツやカットソー、ニットの他にもアイディア次第で常にコーディネートの幅が広がるブラックのブレザーは、これからの季節にも最適な一着です。

IMG_4068
一つ一つの定番アイテムも、素材の質が変わると、全く同じ組み合わせをしても違って見える、それを直ぐに体感する事が出来るのは靴やパンツも同じです。

IMG_3484
同じくAgnelli & Sonsのトラウザーズは、ディテールこそベルトレス(サイドアジャスター)に2つのインプリーツとクラシックな顔をしていますが、今どきなテイストと少し異なるのは膝下の仕上がり部分。

247221D8-A95A-40B2-887C-03ED2F13242E
今どき感のあるクラシックなディテールからは想像出来ない、シガレット風な細身のストレートなラインは、スッキリとしたラインに見せてくれるメリットがあります。

欧米人に比べ、必ずしも脚が長いとは言えないアジア人(特に日本人)にとって、意外と重要な部分かも知れないのが、こうした些細な部分。

IMG_3481
前股上は今どきの深さより若干浅めになっている分、後ろ股上を深く取り、腰回り、ヒップ回りが収まり易い形状になっています。

IMG_3486
またベルトレスの為、タブフロントを長目に取り、ウエストベルトが綺麗に直線的になるよう、見栄えも整えられています。

IMG_3488
素材はVitale Barberis Canonico社製のトロピカルウール。

これによって冬を除いた多くの季節で愉しむ事が出来ます。

IMG_3490
王道のブレザーとの組み合わせの他、時にはプルオーバーのシャツを合わせて見たり、また夏にはポロを合わせたり、ニットを合わせたり、ここでもまた季節を越えて多くのスタイルの中心となってくれるグレーのトラウザーズ。

IMG_3491
前出のブレザー、そしてグレーのトラウザーズは、”誰もが持っているであろうアイテム”で在りながら、見え方が違って見えることが大きなポイントで、そこには些細な変化があるだけで、実はその些細な変化こそが大きく変わって見えることの裏返し。

仕事をする男性にとっての2つの神器とも言える、ブレザーとグレーのトラウザーズは、色、素材、細部の拘りが、着る人の印象を大きく変えてくれる必需品。

「ブレザーは持っているから」
「グレーのパンツは持っているから」

と既知の情報だけで作られるものと違った存在感を感じる事が出来る今回の2作。

これまでと全く同じ色(物)の組み合わせでも、全く違う装いに見せてくれるこれらの2つを、連休中に手に入れ、連休明けに全く同じ組み合わせで出勤してみると、きっと周囲からの見る目がチョッピリ変わっているかも知れません。

季節を隔てて使える今回の新作2種を是非試してみて下さい。

きっと「何かが違う」と感じて頂けるに違いありません。








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ