IMG_5993
季節は冬と春の狭間を行ったり来たりの、まさに服装に頭を悩ます季節になりました。
この季節は我々にとって各ブランドの展示会シーズンの真っ只中。

IMG_6001
常に半年以上、早い物では一年先の季節物を眺めつつ、検討を重ねる大切な時期でも在ります。

私達の様な小さなお店にとって、顧客様方の心を満たすべく、所狭しと様々な商品をご覧頂く為、12月から3月の間はスタッフ共々東奔西走のフルマラソンです。

IMG_5998
既にお気づきの方も多いと思うのですが、我々と同世代が増えて来た当店にとって、昨年頃から次第に皆様へのご提案が変わりつつ在ります。

元々季節ごとにラインナップするブランド色が変わる当店は、春夏には「よりカジュアルに」、秋冬には「よりクラシカルに」と、季節を分断してのお勧めを繰り返して来ました。

特に秋冬は、「お気に入りを組み合わせる」事で、少し「やり過ぎ」感が出てしまう事もしばしばですが、これらは歳を重ねると共に影を潜め、「盛り過ぎ」のオシャレを楽しむのでは無く、『引き算』によって、我々のご提案は、いつしか『納得の物』を「適量」に「上品」に、が一つの共通のキーワードになりました。

それらを加味すると、常に新たなシーズンには、「新たなシーン、新たなキーワード、新鮮なアイテム」が加わる事になります。

2018年~2019年秋冬シーズンも、再び皆様の目に新しい物を幾つかご用意させて頂く予定ですが、その中でも皆様にとって新たな切り口になるであろうブランドの一つがオーストリア、ザルツブルクの老舗「Schneiders」(シュナイダー)。

741481_1
誤解を恐れずに言えば、多くの場合、ファッションの発信地としてイタリアやフランス、イギリス、そしてアメリカと言った主要先進国に、ブランドの価値を求める方が多いと思います。

然し、私達にとって『良いモノに国境はない』と言う発想が優先される為、世界の国々に根付く老舗や本格的な技術と伝統をフォーカスする事は、言わば自然の成り行き。

意外と皆様の中にも、当店のラインナップはイタリアが多くを占めている、と、そんな風に捉えていらっしゃる方が多いのでは無いでしょうか。

余談はさておき、当店が今回Schneidersをピックアップするまでの間、約1年半ほど前から検討を重ねていた事を後付けさせて頂きますが、実はSchneidersは、『ローデンコート』と言う種類のコートで世界中に名を馳せた老舗ブランドなのです。

Schneiders_Chronik_001
このローデンコート、若い方々には聞きなれない名前だと思うのですが、世界に広がるコートの名品(名型)の一つと思って頂くと良いと思います。

「コートの種類」

と聞かれ、恐らく多くの方が、トレンチコート、バルカラーコート、チェスターフィールドコート、ダッフルコート、ポロコート、と多くの方々が耳にしたことの在る名前を口にする事でしょう。

それらの一つにローデンコートが在ります。

元々、オーストリアで生まれたこのコートは、「ローデンクロス」と呼ばれる、「軽くて暖かい」生地を使って作られ、このコートの形の特徴として、幾つかのディテールが在ります。

・軽く暖かいウール(ローデンクロス)を使用している事
・狩猟用のコートに出自を持ち、肩回りが動かし易い「フローティングショルダー」を取り入れている事
・背中に縦に大きなプリーツを持ち緩やかなAラインを描いている事


等が挙げられます。

前出のモノクロ写真にも在る様に、ベルトをしてバイクに乗る、なんて言う姿も実に様になるコートなのです。

更に面白い話題として、非常に歴史の古いコートですが、日本では余り馴染が無い分、今なぜ知られるようになったのかを紐解くと、イタリアで人気を呼んだディテールだった事もあり、イタリアへの羨望の多い我々日本人の耳に、目に止まる様になったと言う訳です。

3413
実際スナップなどでも、イタリアを始め各国で、ローデンコートや、ローデンマントなどを目にする事が出来ます。

loden_coat_couple
このエレガントで上品なコートは、我々世代が持つべきコートの一つとして、今回当店も白羽の矢を立てました。

schneiders-loden-coat-01
若い世代の人たちには難解かも知れませんが、先日のBlog同様、四の五の言うよりも、試す事が一番なのが、洋服の選び方。

schneiders-loden-coat-02
どれだけ机上の空論を重ねても『実感』には敵わないのです。

今回はウィメンズのサンプルを拝見し、ローデンコートを含む、幾つかのモデルをオーダーしています。

IMG_5978_1
その中で当店が目を見張った一着がこのビーバーのファーをあしらったアルパカのコート。

IMG_5979
アルパカ特有のビーバー(毛質の状態としての意のビーバー)が、上品で高級感を生み、更に衿にはビーバーのファー(獣毛としてのビーバー)があしらわれ、独特な色と共に半永久的な存在価値を見出させてくれる一着。

IMG_5965
ファブリックを確かめると、そこには『AGNONA』のネームがついていました。
(※その他のモデルにも大手ファブリックメーカーを使用したものが沢山あります)

『何がクローゼットに残り、何が後世に残るのか』

そんなフィルターを通して選ぶ物が増えて来る私達世代にとって、大切な一着と言えるものになりそうです。

その他にも、某メゾンのファクトリーブランドや新たな切り口を持つ展開が、来季も目白押しの当店。

IMG_5953_1
自らを装う楽しみは、「試す」、「造詣を増やす」、「心を満たす」、この三つが揃う事によって、私達のオシャレへの歓びは変わらぬオーセンティックへの拘りとなって行く事でしょう。

IMG_6120
新しい季節を前に、春の楽しみ方、夏の楽しみ方、オシャレの仕方を変える方、常に季節の変わり目には、様々な悩みが増えるもの。

次なる季節を楽しみにしつつ、今を愉しく過ごせる「何か」を是非探しにいらして下さいね。

----------------------------------------------------------------------------------------

top_slide_banner_2017_Winter_Sale_003
FINAL CLEARANCE SALE!
決算前の最終セール実施中

これから着られる様々な冬の商品がお得に入手可能です。
店頭、オンラインストア平行して実施致しておりますので、是非この機会をご利用下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休日】
2月15日(木)、22日(木)、3月1日(木)
(※2月から3月中旬までの期間は店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/2/10
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED