IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:レインコート

IMG_2211
日中の陽射しとは裏腹に寒さが肌に沁みる1月。
これこそまさに冬と言った天候ですが、まだまだ寒さ対策は必須。

現在お得にお買い物が出来る『BUY 2 ITEMS MORE 10%OFF』を是非有効にご利用頂き、これから更に寒くなる毎日を乗り越えて頂きたいと思います。

さて、今日は冬から春まで使える、お勧めの一着をご紹介。

stutterheim_100
当店でも馴染の深いSTUTTERHEIM(ストゥッテルハイム)と言えば、北欧スウェーデンで作られる、品質の高いゴム引きのフィッシャーマンズコートが筆頭ですが、その魅力は完全撥水を纏った特別な素材にあります。

代表的なモデル”Stockholm”は、その柔らかさや防水処理が施された完全アウターの一つで、シルエットはまさに海を行く漁師を連想させるフィッシャーマンズコートそのもの。

それらから派生した軽量ラインナップは、海外生産に頼る事によって、機能性や素材のクォリティはそのままに、より安価に、そして軽さと柔らかさを更に追求したシリーズ。

過去にも好評だった、この軽量シリーズがアップデイトを加え、久しぶりに当店にやって来ました。

166002697
シルエットはStockholmのままで、素材により軽さのある物を使用し、ライニングにもジャージーにも似た伸縮性のある素材を用いることによって、動き易さと軽さがより進化しています。

166002697_o6
既にお持ちの方、或いは実際にご試着された事のある方ならお分かりの通り、身長、体格に恵まれたスウェーデンブランドゆえ、我々アジア人にとって、少々サイズが大きめに感じる作りになっています。

例えば、このXSサイズでは、男性女性共に身長160㎝台の方にお勧めのサイズ。
(Stockholmは女性、男性のサイズがクロスオーバーした完全ユニセックスのモデルになります)

166002697_o1
そのゆとりある作りが、中に沢山着こむ事が出来たり、或いは今日のオーバーサイズのフィット感にピッタリの感覚を作ってくれます。

私達スタッフもこのStockholmは、秋冬にはニット等沢山レイヤードして使い、春にはスプリングコート代わりとして使ったりと、四季を通じて常に使える一着として重宝しています。

166002697_o3
また本家譲りの防水処理は各部のパーツや縫い目にも施されており、内側はパイピングによる止水処理が施されるなど、本家のシーリングとは異なる方法で、軽さと言うメリットを犠牲にする事無く工夫がなされています。

166002697_o4
また裾に圧されたリフレクタープリントは、光の加減でロゴが見える為、普段は見過ごしてしまいそうなほど、極々自然に(目立たない様に)施されています。

雪の多い北欧ならではの安全性と言える工夫かも知れませんね。(反射板が無いと存在が埋もれてしまう天候もありますからね?)

166002620_o1
このStockholmシリーズ、男性はスーツやジャケットの上に羽織ったり(海外のスナップで度々目にする事が出来ます)、女性ならばローゲージのニットや軽めのブルゾンの上に羽織ったり等、その季節ごとのレイヤー次第で、様々な装いが出来る他、実際、今の日本の天候のように、「いつ雨が、雪が降るか解らない」時には、最適な軽さと着心地を発揮してくれるのでは無いでしょうか。

166001966_o1
パッカブルでの作りでは在りませんが、丁寧に四角く畳むと、非常にコンパクトな状態に収まる為、バッグの中に忍ばせて置いたり、オフィスに備えて置いたり、用途にも様々なアイディアが浮かびます。

166001966_o6
そんな実用性と北欧らしい無駄のないデザイン等から、存在意義が高いSTUTTERHEIMの軽量コートは、今から初夏まで、タップリ楽しめる一着です。

特に今から春までの羽織り物に、毎年頭を悩ませる方、STUTTERHEIMのコートはそんな悩みを解決してくれる一着になると思います。

是非一度、このコートの素晴らしさを体感してみて下さい。





Top_Slideshow_ClearanceSale_AW_2021_002_1
冬のクリアランスセール開催中!
”最後の一点”を特別価格でご提案するページもご用意いたしております。
日々在庫の変動により、価格も変化致しますので、是非ご覧ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休予定日】
2月3日、10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5450
日中の穏やかな陽射しと冷たい空気が交互にやって来る今週。
まだまだニットやコートは手放せないこの季節、店頭にお越しの御客様の殆どが中間を担う装いに、アイディアを絞り組み合わせを楽しんで下さっています。

とは言え、女性にとって寒さは大敵。
「まだまだ寒さ対策は万全に」が鉄則ですが、「少し爽やかさも愉しみたい」と言う方には、ブリッジシーズンに最適な一着が在ります。

IMG_5671
コートとは言い難いですが、軽く使い易い、羽織物としてのナイロン素材は、内側に着こめばチョッピリ春らしさを演出出来ます。
「内側に着れるゆとりが無い・・・」とお嘆きの声も聞こえて来そうですが、そんな方にこそHERNOの新作がお勧めです。

HERNOのコートの多くが脇から裾へかけてのゆとりが齎されている為、着たい分だけ着こめます♪
ボトムに爽やかな色を合わせる事で、ほんのり春っぽさを愉しむ事が出来ます。

IMG_5743
インナーにボーダーを取り入れたり、色や組み合わせ次第で、冬の装いの中に春らしさを取り入れられます。
少しずつ季節感を取り入れたいと言う方は、是非試してみては如何でしょうか。

さて、冒頭からコートの話題が上がりました様に、この季節は機能性とファッション性が丁度良いものが無い!と言う方も多いはず。

「トレンチコートは持っているけれど、たまには他の装いも試したい」

そんな方にこそお勧めしたいのが、先日も触れさせて頂いた、スウェーデンの専業ブランド『STUTTERHEIM』(ストゥッテルハイム)のラバーコーティングコートです。

IMG_5613
STUTTERHEIMは、スウェーデンで設立されたレインコート専業のブランド。

レインコートと聞くと、我々日本人にとって、実用性のみを表に出した物を連想してしまうのですが、ここSTUTTERHEIMは、デザイン大国の一つでもあるスウェーデンのブランド。

つまり北欧家具などに代表される北欧デザインの真骨頂が、このブランドにも宿っています。

IMG_5617
代表的なコートが、この樹脂コーティングされたコート。(写真はウィメンズです)

IMG_5614
優れた品質管理をクリアした高品質なコットンをベースに、柔らかく軽さを持ち味とするラバーコーティングを施した、このコートは、STUTTERHEIMのデザイナーであるアレキサンダーがインスパイアされた、祖父のフィッシャーマンズコートに由来しています。

それらは完全防水を謳い、縫い目の全ては完全止水処理を施し、機能性、実用性は勿論ですが、デザイン面では、北欧デザインよろしく一切無駄の無いシンプルでソリッドな魅力を形にしています。

IMG_5615
最も力の掛かる箇所にはリベットを打ち、それらもデザイン上の一つのポイントとなるなど、STUTTERHEIMの魅力は、作りの全てがデザインとしてスポイルされています。

IMG_5624
メンズが直線的なシルエットなのに対し、ウィメンズは華奢な肩幅から、裾へ掛けて緩やかにフレアする、非常に女性的なシルエットラインを描きます。

IMG_5622
季節の端境目は勿論、オールシーズン出番を待つ、このコートは、とにかく柔らかさと軽さによって、それまでのレインコートの既知を覆してくれます。

当店がこの春オーダーしているカラーはフォギーなライトブルー。
この色合いによって、夏にも使える爽やかさがメリットになります。

co_stutterheim_people003
STUTTERHEIMは、既に世界中で愛されているブランドへと成長しており、我々日本人が知る由もない所で、多くの著名人やブランドとのコラボレーションが進んでいます。

co_stutterheim_000
トップメゾンであるMARNIや、CONVERSE、ALPHA INDUSTRIESなど、数多くのブランドやアーティストなどとのコラボレーションも実現しています。

co_stutterheim_001
愛用者の中には、セリーナ・ゴメスやジュリア・ロバーツ、更にはJAY Zなど世界的に知られる有名人が名を連ねています。

co_stutterheim_003
我々がご来店頂く皆様に、よくお伝えする事ですが、日本人の横並び主義は、「人と同じ物を手にしていないと不安」な事からも発生している様に感じられます。

然しながら、これらが増えると同時に、見えなくなるのが、このブランドの様に『世界で知られているブランド』が、我々日本人の目に留まり辛くなると言う事。

co_stutterheim_002
個性は、他人を憚らずファッションを愉しめる事であり、あくまでも主張する物では無いと言う事です。

話は逸れてしまいましたが、STUTTERHEIMは、トップブランドのみならず、プロダクトの一つとして、こんなメーカーともタッグを組んでいます。

co_stutterheim_004
同じ御膝元同士、志が一致したのでしょうか、高品質を買ったのでしょうか、どんなカテゴリーにも『良いモノ』には垣根が無い事を教えてくれますね。

co_stutterheim_people004
STUTTERHEIMのコートは、シンプルがゆえに個性的に着こなせる愉しみを大きく含んでいます。

co_stutterheim_people005
マウンテンカジュアル、サーフカジュアル、クラシック、ビジネスシーン、それぞれのスタイルに自然に溶け込んでしまうのですから、やはり北欧デザインの持つ魅力は計り知れません。

何と言っても、「シンプル」と言う以外、見た目からは計り知れないのですから、それらを取り入れた時、初めて別の個性が生まれたりするのも、ファッションの醍醐味でもあり、またセンスの表現が問われる所でもある訳ですね。

IMG_5633
ともあれ、ブリッジシーズンを素敵に彩ってくれるSTUTTERHEIMのフィッシャーマンズコートは、今シーズン必携を勧める当店。

既に、多くのお問合せを頂いておりますので、早期完売は必至。
是非、ご興味のある御客様は、店頭またはオンラインストアへ急いでくださいね。
(※オンラインストアにはウィメンズのみアップデイト完了。 メンズは後日アップ予定です。)

----------------------------------------------------------------------------------------

top_slide_banner_2017_Winter_Sale_002
クリアランスセール第二弾!
MORE PRICE DOWN 実施中

これから着られる様々な冬の商品がお得に入手可能です。
店頭、オンラインストア平行して実施致しておりますので、是非この機会をご利用下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休日】
2月8日(木)、15日(木)、22日(木)
(※2月から3月中旬までの期間は店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/2/3
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ