IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:リゾート

梅雨は何処へやら?と思わせるほど、好天が続く6月。
とても過ごし易い陽気は良いのですが、年々”季節”が少しずつズレているように感じるは私達だけでは無いでしょう。

夏の終わりが遅れ、冬の始まりが遅れ、春の始まりも遅れ、そして夏はおろか梅雨の始まりも(私達の肌感的には一か月ほど?)遅れ、約1か月くらいずつ、季節の到来がズレて来ている様な気がします。

きっとそんな思いも杞憂に終わるのでしょうが、とりあえず恵まれた”今”の気候を御洒落で愉しんでおきたいと思ってしまいます。(雨降りは服装も制限されますしね…)

と言う事で、今日は多くの方が待っていた(?)”アレ”がようやく入荷と言う事で

ISOC_logo_blo01

il Sandalo of Capri(イル・サンダロ・オブ・カプリ)の新作をご紹介。

毎シーズン人気のイル・サンダロ・オブ・カプリのサンダルたち。
何と言ってもその魅力は”ドレスアップ可能なサンダル”がテーマに添えられているブランドらしさから来る、女性らしさ溢れる魅力。

これまでのサンダルも、「どんなスタイルにも取り入れ易くて、気軽に履ける」、そんな手軽に御洒落が完結するという、女性にとっては大きなメリットがありました。

中でも最も素敵に、簡単に、そして足を綺麗に見せてくれるのがトゥリングサンダルのシリーズ。

IMG_7808

親指に設けられたストラップと甲をホールドするストラップ、この二つだけでシッカリと足を支えてくれる”華奢さ”と”履き易さ”が共存したモデル。

今回当店がオーダーしたのは、この形をベースに”トゥリング部分にビジュー”を合わせた新作。

IMG_7800

イル・サンダロ・オブ・カプリはオーダーするお店ごとに色や素材、ソールなど細部のディテールがそれぞれ異なるのですが、当店ではクッション性のインソールを引き続き採用し、アッパー、インソールは今回も(当店お気に入りの)ゴートスウェード(山羊革)を使用。

IMG_7804

そして爪先のトゥリング部分には大き目のビジューを設える事で、トゥリングを付けているかのような雰囲気に見せています。

IMG_7805

カラーはLight Safair(色名)と言う透き通るような清涼感のあるライトブルーで、ベースカラーのトープのスウェードと実に魅力的なコントラストを作っています。

IMG_7806

ヌーディーな色は夏にピッタリで、ベースカラーのトープは夏の強い陽射しの中で、突出した存在感と言うよりも、極々自然に馴染むような、まさに大人の女性にピッタリな落ち着きと嫋やかさを感じさせる佇まい。

IMG_7802

普段、足指にアクセサリーをしない人にとっても、簡単にトゥリングをしている様に見える、この手軽さと素敵が同居している事が”とにかく魅力”。

IMG_7811

ジーンズ、スカート、ワンピース、ショーツ、どんなスタイル(ボトムス)にも合わせ易くて、ドレッシーにもカジュアルにも見せやすいイル・サンダロ・オブ・カプリのサンダルは、一度手に入れると、また次の年にも一足欲しい、、、となってしまう独特な魅力があります。

そして今季は過去展開したモデルの派生版として新しいモデルもオーダー。

IMG_7791

バックストラップを備えた、甲のHストラップと繊細なストーンが特徴的なサンダルに、今季は5㎝ヒールが備わりました✨

IMG_7798

女性だけの特権と言える、”ヒールのあるサンダル”は、夏らしさを感じるだけじゃなく、大人の女性らしさや繊細さ、そして日本人にとっては”脚を長く”見せてくれるというメリットもありますね。

決して5㎝もある様に見えない特徴的なヒールの形状と安定感は、イル・サンダロ・オブ・カプリらしいディテール。

IMG_7792

足首のストラップで固定される為、甲のストラップにチカラが入り過ぎないようにされていたり、華奢なサンダルの形状としては、見た目以上にシッカリ(頑丈に)作られていたり、女性らしさを表現するにも、このデザインは大きく役立っています。

IMG_7796

またストーンはボディと同色のブラックで統一する事によって、悪目立ちする事も無く、敢えて同色の中に”光る”存在がある事で、ソリッドでクールな印象を与え、ここにも大人の女性らしさを表現しています。

IMG_7797

女性らしい足元の選択肢として、夏の陽射しに反射する様な華やかさも有れば、今回の様に落ち着きの中に見える(女性の)力強さも有り、スタイルの選択肢の中で、新たな魅力の発見に繋がる事も在ります。

IMG_7793

今回二つのサンダルをオーダーした当店ですが、共に共通するのは

どんな服装でも合わせられる

こと。

image240605_1

日常的な装いから、チョッピリ、ドレスアップしたい装いまで、実に幅広く使う事が出来る2種類のサンダル。

今年も到着を待っていた方が多いイル・サンダロ・オブ・カプリ。

夏の装いが愉しみになって来る今季の新作を、是非この機会に検討してみては如何でしょうか。





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5880

気温が落ち着き始め、ようやく夏物も少し出番が増えて来た最近。(夜は寒いけど…)

こうなるとお出掛けが愉しみになるのも時間の問題。

まだまだ海には早いですが、今日はリゾートにも連れて行きたいアイテムを幾つかピックアップしてみました。

IMG_6266

先ず一つ目が、この味わい深い色合いで作られたMax Maraのエスパドリーユ。

IMG_6268

エスパドリーユと言えば”スペイン”、まさにそのスペインで作られた今回のエスパドリーユは、細部の作りや形はもちろん、やはり目を惹くのがその色合い。

IMG_6269

春夏に増える多くの色との相性が良く、そして焼けた地面、照り付ける太陽にこそ映えるライトブラウンのアースカラーは、白のシャツ一枚でも素敵に見せてくれる魅力が有ります。

リネンのパンツやスカート、ホワイト、ベージュ、グレー、ブラウン、ストライプと、意外なほど沢山の色との相性が良いこのカラー。

IMG_6271

ラグジュアリーブランドらしい上品且つ上質な佇まいと、根底に流れるコンサバティブなテイストが顕れた私達イチオシの一足。

IMG_6274

専用の袋もついて、バッグの中に入れて持ち歩いても良し、街中からリゾート地まで常に使える、お出掛けを愉しみにさせてくれるエスパドリーユです✨

IMG_6259

そして二つ目は同じくMax Maraのスライドタイプのサンダル。

IMG_6261

レザーとトワル地を組み合わせた上品なカラーリングと、落ち着きの中に光る存在感が魅力の一足です。

IMG_6262

今シーズンのMax Maraに共通している、このエンボスのレタリングがアイコンになり、派手さは無くとも、その発せられる上品さや美しさは、誰の目にも確か。

IMG_6263

甲の部分がシッカリホールドしてくれる、この手のサンダルは脱げ辛く、それでいて合わせる洋服も選ばず、このサンダルもまた、どんなスタイルにも合わせ易い一足です。

IMG_6255

先ほどのエスパドリーユ同様、このサンダルもセミスクエアなつま先のお陰で、シャープに見えるだけでなく、爪先が出てしまったり(サイズが合っていなければ出てしまうかも知れませんが…)する事が無く、爪先も綺麗に見せてくれるメリットも。

IMG_6265

エスパドリーユのスペイン製に対して、こちらはイタリア製。
ブランドの拘りを形にしてくれる、それぞれのファクトリーが丹念に作っている事が伝わって来る一足です。

そしてこのサンダルと合わせて持ち歩きたくなるのが…

IMG_6275

このトワル地を使ったトートバッグ(当店は勝手にビーチバッグと呼んでいます)。

IMG_6276

肩にも掛けられるハンドルと程よく大き目のサイズは、持って行きたい荷物の殆どが収納可能。
それでもバッグそのものの軽さもあって、実用的である事をすぐに感じます。

IMG_6277

中央にはサンダルにも使われているレタリングが施され、色、モチーフ共にサンダルとシンクロ。

IMG_6281

反対側はシンプルで小さなロゴのみが施され、押し出し感の無さが(良い意味で)Max Maraらしいデザイン。

IMG_6282

”M”のモチーフに抵抗がある方は余りいないと思いますが(それ以前にこのバッグを手に取る事が無いと思いますが…(笑))、どちらを表にして持ってもさり気ない存在感。

IMG_6278

このバッグ、レタリングの方にはストラップが伸びているのですが、この部分にアイディアが組み込まれています✨

二重になったストラップ部分にはスタッズが。

IMG_6279

実はコレ、ブランケットやラグ、タオルなどを収める事が出来るパーツなのです✨

IMG_6280

スタッズの差込穴は数か所あるので、タオルでもブランケットでも、時には雑誌でも、色んなものがこの部分に収まります。

収めたその姿がまた心揺さぶるデザインなのです…✨

IMG_6284

軽さと荷物量の多さ、そして機能的なストラップパーツまで、お出掛け気分をグッと盛り上げてくれる今シーズンのバッグは、サンダルと合わせて持ちたい当店お勧めのコーディネート✨

いつもの服装も、この二つだけでガラリと変わって見せてくれる、Max Maraらしい”最も身近”なラグジュアリースタイル。

IMG_6283

そこそこ乱暴に扱っても耐え得る強度のバッグ、そしてエレガントな見た目を作ってくれる、サンダルとエスパドリーユ。

今回取り上げたMax Maraの3点は、どれも「お出掛けを楽しみにさせてくれる」アイテムばかり。

チョッピリ先の夏のリゾートや、休日のお出掛けに、是非この新作達で

お出掛け気分を盛り上げて

みませんか❓





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_6429

2月に戻ったかのような、とても寒い一日になった週の始まり。
この寒さも今日までの様で、明日からは再び春の穏やかな日が始まりそうです。

日に日に連休が近づき、お店に見える方々の中には、お出掛けの洋服選びもチラホラ。
連休が終わると、直ぐに初夏の陽気がやって来ます。

夏を間近に控え、様々な装いを検討している方も少なくありません。

今日は少し先の季節も踏まえ、Cabanaの新作にフォーカスして見ました。

Cabanaと言えば先日のblogでも取り上げましたが、リゾートやコテージの映像が浮かんで来る、リラックスと男(女)らしいスタイル提案が特徴。

特に今季は、トップスやボトムスがラインナップされているシーズンで(もともとジャケットがメインのブランドです)、更に春夏のイメージがし易いCabanaらしいアイテムが揃っています。

174347452

そんなCabanaのテイストを色濃く感じさせてくれるのが、このBlue Leafのシリーズ。
文字通り白地に鮮やかなブルーが美しいリーフ柄をプリントした高品質なコットン生地を使ったシリーズです。

Over Shirtsと名付けられているこのシャツは、ただ大き目なシャツと言うだけではなくて、少し落ちたショルダーラインや、ゆとりのある身頃、幅のある袖筒など、全体が夏のリゾート地をイメージさせてくれる一着なんです。

174347452_o2

今にも海辺に着て現れそうなくらいイメージのし易いシャツですが、ビーチやホテル、プールなどで水着の上にこれだけを羽織っても似合いそうなシャツ。

こうしてシーンストーリーが出来ている洋服と言うのは、本来の御洒落の醍醐味でもあり、御洒落の真髄。

リアルクローズが巷に溢れ過ぎて、何が御洒落なのかを忘れてしまいそうになる現代ですが、大人が身に着けて素敵と思える洋服には、こうしてストーリーが在って然るべきだと当店は考えています。

174347452_o3

シャツとして、羽織として、季節に合わせた色んな着こなしが楽しめるこのシャツ。

173944421

タウンユースなら”ホワイト”のリネンのワイドパンツやジーンズを合わせて、爽やかな装いもお勧め。

174007810

奇をてらわない、セオリー通りのカラーコーディネートが、嫌味無く、そして大人らしい御洒落に繋がります。

173697589

またチョッピリ上級者を目指すなら、同一色のボトムスを合わせるのもお勧めです。
中々同じ色合いを探すのは困難ですが、当店ではシーズンごとのカラーを合わせて仕入(オーダー)をしているので、意外なほどピッタリ合わせられる物が見つかります。

174349619

そして同じシリーズのこのスカート、コチラもやっぱり”着方”でビーチやプールが似合うスカートです。

見た目はシンプルなボックスタイトのシルエットですが、実は裾をステッチアウトしつつカットオフの仕上げになっていたり、ウエストはゴムを採用したフレックスなウエストの作りだったり、ここにもCabanaらしいリラックステイストが活きています。

174349619_o1

ゴムの使用でウエスト位置が(ローライズにしたりハイウエストにしたり)変えられるのも便利ですが、このスカートもまた水着の上に穿いてしまうと(トップスは水着のブラトップやレースのカーディガン、ガーゼ質のシャツなんかもイイですね)、まるでパレオを巻いているかのような感覚にさせられます。

174349619_o3

職場の環境さえ許せば、シンプルなトップスを合わせて仕事場へ、そのまま週末はお出掛けの為の服装へ、今季の当店のテーマの一つでもある”シームレス”なライフスタイルにもシンクロしています。

173932615

上質で極細のニットポロやロングスリーブのポロなど、職場でも遜色のないトップスならば、色や柄もトーンダウン。

173392511

多くの人たちが単体での色や柄で判断してしまいがちですが、実のところ”組み合わせ”次第で印象はガラリと変わるものなんです。

173393343

ホワイトが中心になりますが、ほんのり色の乗ったナチュラルやライトなサンドベージュなんかも、こうしたスカートの色合いに”大人の雰囲気”をエッセンスしてくれます。

174349911

そしてBlue Leafのシリーズ最後のお勧めは、フレアパンツ。
今の人たちは「フレアパンツ」と聞くと、裾が広がったフレアーなシルエットのパンツを想像すると思いますが、我々世代の常識では、「フレアパンツ=ワイドパンツ」を指しています。

このパンツはまさにソレです。

実はこの手のプリント生地で、最も見合うとされるのがフレアパンツ(或いはワイドパンツ)のようなデザイン。

踵のあるサンダルからフラットなサンダル、時にはエスパドリーユのようなスリッポンまで、レングス次第で色々な靴が合わせられる他、トップスにシンプルな色を合わせるだけで、リゾート感溢れるスタイルが作り易いものです。

174349911_o3

ウエストはドローコードを用いた非常にシンプルなパンツ。
結び目も無造作にクロスするだけで穿きたくなる、そんなリラックス気分を味合わせてくれる一本です。

スカート同様、ブラトップやレースのカーディガン、シフォンのブラウスなど、組み合わせは想像以上に簡単なのも、この手のパンツの特徴でありメリット。

173340193

タウンユースなら前出のニットポロ等も良いと思いますし、シンプルなフーディーなんかもアクティブな印象があって素敵です。

174019356

またチョッピリアップデイトしたいと言う方には、ミッドナイトブルーのニットを合わせると、色のコントラストが魅力を更に昇華します。(この場合素材選びは重要です)

と、色や柄、素材で作る、大人のリゾート&リラックスなスタイルですが、色物や柄物に抵抗がある方の多くが、「組み合わせを迷う」ことが原因だったりします。

今回ご紹介したCabanaのアイテムは、スタイル像がハッキリしている分、実はとっても簡単。
色も取り入れ易い色と言うこともあって、特に柄物や色物を苦手としている方にこそトライしていただきたいラインナップです。

連休に、そしてその先の夏の装いに、是非ご興味の湧いた方は挑戦してみて下さい✨


《Cabana 製品》


《その他の写真使用商品》













Top_Slideshow_GW_ticket_AtoM23_001

ただいまお得なクーポンを期間限定配布中!




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ