IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:メッシュ

IMG_3212

30周年の完全別注(限定)ブレスレットへのお問合せが続いており、「初めは気にしていなかったんだけど、ジワジワ気になって来た」と言う女性のお客様の声が聞こえるようになって来ました。

実は写真撮影の際、光の加減で黒々した映り込みをしてしまう関係上、想像以上に男っぽさが強いのでは?と言う方が多く、昨日、そして今日と写真の撮り直しをしておりました(笑)

実際の商品は写真のようにシルバー色で、チェーンブレスレットの構造上、陰影が映り込む為、その部分が黒々して映ってしまう、と言うのが多くの方の気になるところでした。

image_hand_brclt01

D'AMICO自体、女性の方々に馴染の少ないブランドと言う事もあり、中々直ぐに浸透は難しいと思いますが、「本来異なるテイストにも、イルマーレらしさを取り入れたい」と言うのが当店の一番の想い。

他では手に入れられないものだからこそ意味がある、そんな思いを連日店頭で説いております(笑)

実はこのブレスレット、リングチェーンを使っているもう一つのメリットが、手首が極端に細い人には、リングのいずれかに留める事が出来るので、意外とサイズフリーで考える事が出来るんです✨

徐々に手足の露出が増える季節になって来て、少し袖口に迫力を持たせたいと言う方には、是非お試し頂けたらと思っています。

さて、、、このブレスレットの話題に付随して、今日はもう一つの”当店らしさ”をお披露目することに。

IMG_3224

フォーカスするのは、イタリア、パルマのベルト専業ブランド”Saddler's”(サドラーズ)の新作です。

男性には広く認知されている、コストパフォーマンス抜群の老舗メーカーSaddler's。
様々なブランドのOEMも請け負うなど、その実力はお墨付き。

今回Saddler'sのベルトのオーダーにあたって、当店が注視したのはボトムスデザインが変わったによる

股上の深さ

による

ベルト位置の変化

です。

これまで男性、女性共にサイズに変化を付けなくても、それぞれが異なるサイズで使えていたベルトが、昨今のファッションスタイルの変化によって、ウエスト位置が若干上がる事で、ベルトの留め位置が微妙に変わって来ています。

そこでこれまでのサイズバリエーションから、更にサイズの幅を拡幅して、より小さ目のサイズからの展開を行いました。

これによって、女性のお客様に、よりお勧め度が高くなっています。

男性に比べ、股上が深く、ウエスト位置が高いボトムスが多いこと(体形的にも女性の方がウエストい位置が高い事もありますが)、また時にはワンピースなどのウエストにポイントとして巻いたりなど、より自由度の高いスタイルが楽しめるようになります。

久しく続いたベルトレスのボトムスデザインから、再びベルトを主役に据える様なスタイルも増えるなど、特にベルトの存在感を高めたい今シーズンでもあります。

IMG_3219

今回当店が用意したのは2種類全3つのモデル。
先ず一つ目は、これまでもSaddler'sのベルトで当店人気が最も高かったクロコ型押しのレザーを使ったモデル。

今回はバックルを異なるモチーフの物に変更し、更にゴールドに。

IMG_3221

そして最も拘った、この絶妙なカラー。

チャコールグレーとブラウンを混ぜたような、とても中庸な色合いとでも表現のしようがないほど、非常に味わい深い色合いのレザーです。

トラウザーズは勿論、女性ならシャツワンピースのウエストにもピッタリなデザイン、幅、そしてどんな靴やバッグ、服の色とも合わせ易いこの色合いが何よりもの魅力です。

IMG_3229

二つ目は、コチラも当店で人気の高ったエラスティックメッシュのベルトを、新たなバックル(こちらもゴールドで)に変更してオーダー。

IMG_3230

マットゴールドで面で構成されたバックルは、丸みも在りながら直線的でシャープな印象を作りだす為、エラスティックメッシュ=トラディショナル、なイメージを一新。

こちらはオンオフ活躍してくれる他、何と言っても

その伸縮性

によって、無理な態勢にも身体に沿ってついて来てくれる安心感。
ベルトそのものにも負担がかからず、長く使っていける一本でもあります。

IMG_3231

こちらも先ほどのベルト同様、ボトムスの他、ワンピース等にも違和感なく溶け込み、ベルト穴不問と言う事も含めて、多くのスタイルに使い易いものになります。

IMG_3225

そして先のダークブラウンの色違いブラック。

IMG_3228

どちらもベーシックカラーで、欲を言えば二色とも揃えたいところ。

IMG_3227

ベルトの存在が影を潜めていたシーズンが長く続いていましたので、急に「え?ベルト?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、これまでのスタイルに物足りなさを感じている方がいるとしたら、それはもしかすると

身体の中心を締める役割

をする存在が無かったからかも知れません。

男性にとってはある種の必需品でもあったベルト、女性にとってはファッションアイテムの一つであったベルト

どちらもしばらく遠ざかっていたからこそ、逆に今、積極的に取り入れ、スタイルを完成する発想の転換が必要な時期かも知れませんね。

ともあれ、普段あまり展開する機会の少ない、細目サイズからの新展開。
男性は勿論ですが、女性の皆さん、是非この機会に老舗ブランドで”自分にピッタリ”のサイズを手に入れて下さいね。





【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

多くの場合、メールの受信設定によるものが占めており、スパムフォルダー等に混入しているケースもございますので、改めて設定のご確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。





【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


G4

大寒波一過と思った矢先、今日は再びの強い寒さに見舞われました。
こんな日は暖かな部屋でじっくりゆっくり時間を過ごしたい、と思うものですが、人生の残り時間の少ない我々世代にとって、時間は有効活用は必須。

こんな日こそ自宅内の様々を整理したり整頓したり、有効に時間を使っておきたいですね。
とは言え外の雪をどう片付けようか、冷たい路面を滑る事無く過ごそうか、そんな心配もありますが、どこかで割り切りも必要、自宅にこもって整理整頓の週末にしましょう(?)

さて、整理整頓と聞こえの良い文言で始まりましたが、実は今日は(特にオンラインストア、Instagram経由の方々)お待ちかねの方が多かった、イタリア、ナポリのベルト専業メーカー”Alberto Luti”から新作のベルトたちが到着いたしました✨

使っていない、出番のないベルトは二次流通へ処分するとして、ここはヤッパリ新しい物に入れ替える、それもある意味整理整頓です。

そんな思いを持ちながら見て頂きたいと思います✨

no_change

イタリアで生まれた古き良き時代の映画マカロニウエスタンに端を発し、そのテイストはまさにイタリア製アメリカンスタイルでもあり、イタリア生まれのウエスタンスタイルでもあります。

と言っても、コテコテのアメリカンウエスタンスタイルではなく、洗練された現代のスタイルに合わせるべき”ハズシ”の一手としてチョイスするのが正しい選択。

今回入荷しているのは3種類のベルト。

IMG_1505

一つ目は昨年も入荷と共に完売してしまったウエスタンバックルの付いたプンターレの仕様。
「あれ?去年の色違い?」
と思われた方も多いと思いますが、実はバックルや剣先の金具、全体の印象は同じですが、ベルト本体の幅を前回より使い易い細さに指定しています。

IMG_1507

ベルト幅は3㎝を超えるとしっかりウエストをホールドしてくれる反面、ジーンズ以外のパンツに合わせると、どこか迫力が付き過ぎてしまうきらいがあります。

IMG_1508

その為、本体の幅を5ミリほど細くし、より使い易いサイズに仕上げているのが今回のモデルです。

IMG_1506

前回は全てがブラックだったのに対し、今回は短毛のスウェードに味わい深いブラウンのベース、そしてバックルと剣先はシルバーにターコイズブルーの組み合わせ。

IMG_1545

コテコテに見えて、そうは見えないのがAlberto Lutiの魅力ですが、そこには洗練された美しさや繊細な彫刻等が加わり、イタリア人らしい鮮度溢れる一本に仕上げられています。

IMG_1509

ブルーデニムに合わせても、ガッツリカジュアル!な印象ではなく、我々世代に相応しい、どこか落ち着きとクリーンさが溢れる仕上がりに。

IMG_1511

ジーンズの他にも、コットンのパンツやウールのパンツ、女性ならシャツワンピースやロングベスト、ロングカーディガンなどにエッセンスとして取り入れてもサマになりますね。

IMG_1499

二つ目がコチラのミニコンチョを組み込んだプンターレタイプ。

IMG_1500

バックルは非常に凝った彫刻とラギッドにならない洗練された存在感を醸し出す仕上がり。

IMG_1501

剣先にも丸みのある金具の採用によって、プンターレとしては尖った感じの無い、少しマイルドな表情になっています。

IMG_1543

コチラもまたジーンズやチノーズ以外に、ウールのパンツへのアクセントとして、また女性にとっても前出同様扱い易いベルト幅、色によって、シンプルなスタイルに奥行きを作ってくれる存在になります。

IMG_1504

エスプレッソカラーとでも表現したくなる、非常に味わい深いダークブラウンのスウェードが、その日のスタイルに上質感も与えてくれそうです。

IMG_1495

そして最後が、このレザーメッシュのプンターレタイプ。
メッシュとプンターレの組み合わせは、実はとっても好相性。

IMG_1497

使いながら革の編み目が締まって行き、革そのものも柔らかく馴染み、全体的に丸みを帯び始めると、ベルトそのものにも味わいが加わって行きます。

IMG_1496

その伸びて来た頃くらいが、このベルトの魅力はピークに達します。
目が詰まり全体が伸びて来て、ベルトそのものも柔らかくなり剣先が(その重みで)下へ下がる様になります。

IMG_1498

プンターレはジャストサイズで愉しむものと、垂れた状態で愉しむものの二通りがありますが、メッシュは垂らして楽しめる一本。

IMG_1546

メッシュのベルトゆえ、オンスタイルに取り入れハズシの一手として使うのにも、それほど違和感を感じさせません。

IMG_1547

ライトブラウンの革色が、使い込むごとに色を変え、徐々に色濃くなり、全体的にヤレた感じが出てくると、このベルトの魅力もまた更に味わいに。

洋服同様に、ベルトにも「変わって見えないけれど、少しずつ変わっている」トレンドがあります。
「持っているから」とタカを括っていると、次代の空気に取り残された物になっていることもしばしば(特に洋服や靴に在り得る”アルアル”です)

この週末は自宅の整理もしつつ、是非ベルトの要不要の選定も✨

Top_Slideshow_AlbertoLuti_SS_2023_001

Alberto Lutiのベルトはコチラから


Top_Slideshow_Fanl_ClearanceSale_AW_2022_001






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ