IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:マフラー

IMG_0291
秋から冬へ、そんな思いを抱かせる冷たい空気が舞い込んできました。
この週末は北海道から東北、北陸地方に寒気が入り込むとのことで、長野地方にもチラホラ初雪が散り始めました。

こうして寒さが増すと、コートは勿論ですが、首元対策が欲しいところ。

B6A748EA-9551-4BE0-8DB5-799C7AE0B936
いよいよ、Destinのウールバンダナ(スカーフ)や、Piacenzaのマフラー等、これまで揃えて来たネックウェアの出番ですね。

まだまだネックウェアが足りない、欲しい、或いはギフトにも、と言う方に、今日はイタリアの老舗ネックウェアブランド”19 andrea's 47”(アンドレアズ・ディチャノーヴェ・クアランタセッテ)のカシミアストールをお勧めします。

andreas1947_00001
上質で上品、加えて手作業で作られる丁寧な仕事を1947年以降続けているイタリアのandrea's。

誰もが知る一流ブランドのストール等を手掛けるネックウェア専業のandrea'sは、旧式の木製シャトル織機を使って、伝統的な製法を守り続け、今も尚上質で柔らかく極上の製品を作り出しています。

こうした背景から限られた生産量のみが世に送り出されている為、ハンドメイドの芸術品とも称されるandrea'sのネックウェアは丹念に時間と手間暇をかけて作られ顕れる魅力があります。

IMG_1591
今回当店がオーダーしたのはソリッドカラーのストールとヘリンボーンのマフラーの2種類。

IMG_1592
ソリッドカラーのストールではガーゼ質の様に柔らかく、ふんわりと軽く、その糸同士が絡み合う事によって生まれる暖かさが特徴の一点。

IMG_1589
海外では一年を通じて出番があるカシミアのストールは、こうした軽さと暖かさがあってこそなのですが、何よりも湿気に強く、弾力性や復元力がある糸の特性ゆえに重用されています。

IMG_1597
アジアや亜熱帯地域の夏には冷房対策としての側面もありますが、どんな気象状況にも使い易い事こそがカシミアのストールが重用される理由ではないでしょうか。

コットンやシルク混ざりの素材では湿気が多いと肌にまとわりつく性質がありますが、それらが含まれずカシミア100%と言う素材の特徴、そしてそれらを旧式の織機であまく織り上げられる事の意味が、andrea'sのストールにはあります。

IMG_1593
体感する事で、その全てが納得するandrea'sのストールたち。

IMG_1594
特にこのソリッドカラーのストールたちは、出番が多い上に扱い易く、またどんな装いにも合わせ易いように、ブラックとホワイトの2色をオーダーしています。

常にバッグに忍ばせておくのに最適なサイズや厚みですので、是非ともお勧めしたい逸品です。

IMG_1441
もう一つが、このローゲージに撚り上げられたカシミアのヘリンボーンマフラーです。

IMG_1442
しっかりとした肉厚感とヘリンボーンの模様の大きさが、たった一枚で存在感を作り出してくれるお勧めの一枚で、肉厚感や弾力性はandrea'sらしさが存分に感じられる他、マフラーサイズと言っても大判の為、ストール替わりの一枚に最適です。

IMG_1431
カラーはコチラも2色をオーダーしています。
ホワイトとヴィキューナ(あの繊維の宝石)と言う名前が付けられたこちらのカラーは、オフホワイトと温かみのあるライトキャメルの色合いが絶妙な味わい深さを作り出してくれます。

IMG_1718
同じ弾力性や糸特性を持つエクストラファインメリノとも相性が良く、色のノリも似ている為、ベストな相性を作ってくれます。

203A84A2-D75B-4C63-A4C6-3332BF455DC6
単色で物足りないスタイルの時に一枚加えるだけで、それらが各段に見栄えするのも魅力です。

72DDB1D5-4A0D-4E49-A045-60A642547988
大柄のメリットでもありますが、単色コーディネートの時にこそ、色や素材のボリューム、そして模様の立体感が活かされます。

IMG_1642
幅と長さのあるマフラータイプなので、巻き方のアレンジも幅広く、男性女性共に魅力を余すことなく楽しめる一枚です。

IMG_1513
(写真はウィメンズトルソーです)

IMG_1514
男女問わず使える点も魅力で、パートナーや家族とのシェアは勿論、ギフトにも打って付けです。

IMG_1444
もう一色はネイビーとブラウンのコンビネーション。
もはや説明不要の魅力的な組み合わせ。

IMG_1587
さり気なく巻いて垂らすだけでもサマになるのは、このマフラーの幅のお陰。

IMG_1588
色の相性を問わず使える点も、このヘリンボーン(2色共)の魅力ですね。

IMG_1725
トップスのベースカラーとシンクロしたり、ホワイトやブラックに合わせて見たり、想像以上に色んなカラーとの組み合わせが楽しめます。

IMG_1727
andrea'sは、某一流メゾンも納得させるメーカーでもあり、そこには長年の信頼関係や変わらぬ物作りへの姿勢が評価されていること、そしてそれらに裏付けられた製品が、限られた生産量で、私達日本にも流通している事は、とても喜ばしい事ですね。

今年はネックウェアのバリエーションも多く、複数購入される方もいらっしゃいます。
ミニマルなファッションを追求している方にとっても、マフラーやストールは欠かせない秋冬のパートナー。

より質の良い物を手に入れ、ある種のSDG'sを継続するのも、社会貢献?と言えるのかもしれません。
少々無理やりな気もしますが、おそらく間違いではないでしょう。(笑)

是非この秋冬はネックウェアのバリエーションを更に増やしてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月の店休予定日】
12月16日(木)、31日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7656
公園の木々が急激に色づき、地面には赤や黄色の落ち葉が彩りを作っています。
空の色、街の景色が徐々に秋らしさを深め、本格的に秋の風情を感じる毎日です。

秋が深まると途端に物寂しくなる装い。
特にシンプルな装いが多い人ほど、何か物足りなさを憶えるのではないでしょうか。

IMG_8049_1
特に襟元はこれまでストールなど大判物が大半を占めて来ましたが、ここ数年はスカーフやマフラーが再び脚光を浴びています。
(着用写真商品:stefano Cau)

IMG_8166
よりミニマルに、シンプルに、そんな装いが増える程、首元への御洒落もコンパクトに落ち着いているようです。
(着用写真商品:Umberto Fornari)

男性も女性も、衿元の雰囲気が変わるだけで、随分印象が変わると思うのですが、そんな時とっておきの商品が、今日ご紹介する”PIACENZA cashmere”のシルク×カシミアマフラーです。

IMG_3958
PIACENZAと言えば世界最古とも言われるラグジュアリーファブリックメーカーの一つですが、その魅力は何といっても、100年以上もの間物作りへの姿勢が変わっていない事。

ブランドアイコンにもなっているアザミの模様は、古来毛足を整える櫛として使っていたアザミを指していて、現在のマフラー等にも同様のやり方で、艶やかで滑らかな表情を作っていると言われています。

IMG_3961
そのPIACENZAのマフラーやストールは様々な素材やサイズなどラインナップが豊富ですが、今回当店がオーダーしているのはシルクとカシミアをほぼ半分ずつ混紡したダブルフェイスのマフラーです。

IMG_3962
フェルト状のしっかりとした厚みと、毛足の長さを活かした非常に美しい輝きは、PIACENZAの魅力を存分に伝えてくれる物です。

IMG_3966
その艶やかさや滑らかさは、各色によって見え方が異なります。

IMG_3967
丁寧に梳かされた流麗な毛足は、光が当たるとより魅力を発揮します。

IMG_3971
今回これらの色の組み合わせをオーダーしているのには一つの理由があります。

IMG_3972
それはベースカラー(その日の服装)に合わせた色をマフラーで取り入れ、全体的に統一感を作りつつも、裏面のカラーでコントラストを楽しむ為の組み合わせです。

IMG_3976
それぞれが使い易い色の組み合わせと、穏やかで綺麗な色の反転は、この一枚でその日のスタイルが一気に昇華します。

IMG_3977
日々の装いがシンプルになれば、なるほど、こうしたネックウェアの存在意義は高まります。

IMG_3981
何気ない毎日の装いに”一手間かける”ことが、日々の装いを素敵に魅せる近道。

IMG_3982
秋冬の装いにPIACENZAのマフラーを加えて、ちょっぴりいつもと違った雰囲気を楽しんでみませんか?

その美しさ、色、心地良さに、きっと多くの方が満足してくださると思います。

これからの季節、ご自分用に、或いはギフトとして、とてもお勧めな逸品です。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月・12月の店休予定日】
11月25日(木)、12月2日(木)、9日(木)、31日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


クリスマス前最後の週末は小雨空に終わり、夜半過ぎにはチラホラ霙交じりの空模様に。
少しずつ真冬の様相を呈し始めた今月もいよいよ終盤。

IMG_2302
この週末をご自宅で仕事に追われる方、大掃除に嵩じる方、それぞれ世話しい週末を過ごしている様子。

「これではギフトも選べない・・・」

そんな時間に縛られている方に(お節介な)お勧めなのがデンマークのErfurtのネックウェア。

red+logo_1000x1000
旅から得られる様々なインスピレーションを中心に、独特で味わい深い彩色を取り入れるデンマークのネックウェアブランドErfurt(エルフルト)。

erfurt00010
その魅力は何と言っても色使いの綺麗さと、その全てがハンドメイドによって作られているもので在る事、そして何より良心的な価格設定によって、より身近にスタイリッシュな首元を演出する事が出来る事です。

今回様々なサイズや色の展開で到着しているErfurtですが、その中から当店が最もお勧めする2種類のマフラーを取り上げてみました。

IMG_2221
とにかく色の綺麗さに目を奪われるこのローゲージの大判マフラー(ストール)。

IMG_2222_1
店内に入るや否や、その色の素敵さに直進するお客様も多い程、このマフラーの魅力は何と言っても色の取り入れ方、そして綺麗さです。

IMG_2223
男女問わず使えるこのマフラーは、テンションを掛けずに緩編みされた物で、フリンジのボリューム感もローゲージならではの魅力がタップリ。

IMG_2227
ブルー系、レッド系、それぞれが全く異なる色の組み合わせで編まれているにも関わらず、一つにまとまった統一感を感じられる絶妙な色合わせ。

IMG_2225
特にシンプルな装いが多い方や、重い色合いが増える冬の装いにこそ相応しいお勧めのマフラーです。
またカットソーやハイゲージのシンプルなニットにボリュームを生かした衿回りを作るのも良いですね。

IMG_2229
そしてもう一つお勧めしたいのがコチラのタータンチェックを模ったマフラー。

IMG_2230_1
マットな質感で在りながら、その毛糸の毛足によって作られるボンヤリと朧気に映る色合いは、毛足が作り出す柔らかな見栄えによるもので、まるで油彩画の様に温か味を憶えさせてくれる独特の表情を持っています。

IMG_2232
普段あまり色柄物を身に着けない方にこそお勧めしたいこのマフラー、実際色の統一感は勿論、想像以上に多くの色合いと相性が良く、また前出のローゲージマフラー程ボリュームが出過ぎず、程よいアクセントを首元に作り出してくれます。

IMG_2234
共にブルー系を基調にしたものですが、反対色のベージュやブラウン、或いは同系のネイビー、更にはグレーなど、このマフラーの組み合わせは色の選択肢の幅を広げてくれる彩色になっています。

IMG_2231
Erfurtのマフラーやストールはいずれもハンドメイドで仕上げられている為、個体差があり、また一つ一つに齎された表情の違いなど、人の手の温もりが感じられる、まさにギフトにもお勧めなブランドなのです。

共に8,900~9,800円とコストパフォーマンスも抜群。
パートナーや御友人、御家族まで、クリスマスに向けたプレゼントに是非お勧めしたいブランドです。

忙しい年末、時間の無い方も、自分自身への装い充実にも是非Erfurtのネックウェアをご検討下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月31日、1月1日、2日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_2338_1
気温差が広がり、今週は夜は少し「寒い」と口走る程、気温が低下しています。

いよいよ本格的な秋の到来を感じずにいられない訳ですが、装いは常に先へと向かい備えが常となる訳ですが、今週多くの入荷の中でも取り分け光る存在なのがストールやマフラーなどのネックウェアたち。

取り入れるだけで簡単に装いの向きを変えられる鮮やかな色のネックウェアは、女性にとっての必携。

IMG_2656_1
現在レッキスファーを使った様々な色合いのネックウェアが揃い、サッと首に巻くだけで、ニットやジャケット、コートの装いが180度変わって見えます。

IMG_2663
レッキスと言っても善し悪しですが、今回入荷しているこちらで使用されているのは、柔らかさは勿論、光沢を生み出す豊かな毛質が魅力で、乾燥し切っている乾いた毛質ではなく、まだ油分がシッカリ残っている事を窺わせます。

IMG_2667
ブラックに至っては、もはやミンクの様に(大袈裟ですが)光沢が見えるほど、その毛質は豊かその物。
異なる色を合わせるのも挿し色として素敵ですが、今年はトップスの色に合わせて同一トーンをさり気なく取り入れて見るのもお勧めですね。

さて、、、もう一つ、お勧めのネックウェアをご紹介する前に、先般から到着を始めているお客様のパーソナルオーダーの一品を一つご紹介させて頂きます。

IMG_2788
良いモノと言うのは、表面に顕れる物であり、特にパーソナルオーダーの様に、

生地によって選ばれる

物には、必ずそれらの恩恵を窺う事が出来るものです。

IMG_2781
今回のお客様にお仕立て頂いたのが、ピークドラペルのシングルに、Ermenegildo ZegnaのTrofeo Denimを使った逸品。

IMG_2783
このZegna社のTrofeo Denimは、ウール糸で作られているのにも関わらず、見た目はデニム素材その物と言う非常に凝ったファブリックです。

IMG_2786
この生地が何故良いのかと言うのは、選ばれる方の(したい)装いにもよりますが、先ずデニム生地では在り得ない

柔らかさ

が一つの特徴です。

通常デニム生地の場合には厚みやハリを趣き(或いは特徴)とするだけに、生地の厚みによって全体に仄かな硬さが出ます。

硬さその物にはこだわらなくても良いのですが、肩の作りやその他の丸みを帯びて欲しい箇所に、尖ったシルエットを描く事が少なく在りません。

IMG_2781_1
それらが緩和され、むしろ普通のウール素材の様に滑らかに落ちる生地感や、全体に帯びる「ラギッドさ」が無い、上質で穏やかな印象がこのジャケットの全てのディテールを模ります。

IMG_2785
更に、この素材のメリットには、

退色しない

と言う、デニム本来が持つ特徴且つデメリットを回避している事も大きなポイントです。

まるでリジッドカラーの様に蒼く綺麗な藍を出しているこの素材が、そのままの状態を保ってくれる幸せ(?)は、ジーンズ好きな方ならば誰もが感じる想いである事でしょう。

IMG_2787
こうして一人一人違う嗜好を求めて作られるパーソナルオーダーには、それぞれに込められた拘りや想いが形として顕れるだけでなく、仕上がりまでの待つ時間、そして仕上がった時、袖を通す瞬間に

「豊かな気持ちになる」

それこそが心地良さに変わる瞬間です。

既にお試しいただいている方にとっては、新たなディテールやファブリックを、またお試しいただいた事の無い方には、生地やサンプルなどに触れて頂くなど、インスピレーションを感じるのも先ず一歩です。

是非来月開催のコート受注会なども含め、お試し頂ければと思います。

さて、、、良い仕立てには、良い仕上げ、良い品質を取り入れたくなるもの。

それが最適解で在ると同時に、余り買い替える機会を持たないネックウェアにとっては、至極の逸品を加える事をお勧めします。

今日もう一つお勧めしたいネックウェアが

PIACENZA_pic002
イタリアの高級ファブリックメーカーとして名高い『Piacenza Cashmere』。

当店で行うパーソナルオーダーではお馴染みとも言えるPIACENZAは、その名を聞いた事は在っても、その実何を行っているかを知る由が無い方が多いと思います。

元々PIACENZAは、イタリアに初めてカシミアを持ち込んだと言われている最古のファブリックメーカーで、その名残となっているのが、ブランドアイコンにも使用されているアザミのモチーフ。

古くは1600年代に遡り、当時中国遠征をしていたピアチェンツァ一族が、ネパールの現地シェルパたちが足元にカシミアの原毛を巻いている事に着眼し、それらから非常に暖かく心地良い糸を撚り出したのが始まりとされています。

前述のアザミは、カシミアの原毛を毛羽立たせる為に使ったと言われています。

その後、服地生産の拠点として世界各国へ輸出を行い、国内外で

「世界最古にして最高」

のファブリックメーカーへと成長しました。

これらの所縁からカシミア糸の使用に一日の長があり、多くの高級ブランドやテーラーへと服地を届けるのと同時に、1990年代からはニットウェアを展開するなど、その実力とクォリティを更に披露しています。

と、長くお付き合い頂きましたが、これらの理由も含め、当店が長らく愛したPIACENZAは、服地での品質と同様に、ストールやマフラーなどのネックウェアにも同様の価値を見出しています。

そこで今回当店がオーダーしたのは、非常に細かなカシミア繊維を使った極上のストールと、程よい毛足に柔らかく心地良い感触を持つダブルフェイスのマフラーの2種類。

IMG_2688
ストールには(普段写真では伝わり辛い)光沢も見える程、その品質の高さは折り紙付き。
服地に使用する様な細いカシミア繊維を丹念に撚り上げ作られたストールは

糸の耀き

だけではなく、カシミアだけで作られたとは思えない程

フワフワ、トロトロ

そして艶やかさを持っています。

IMG_2689
もし、皆様がストールに求めるファクターが、色や柄だとしたら、それらとは相反する位置に立つ、ソリッドなストール。

それはつまり

誤魔化しが効かない

事を指します。

IMG_2687
柄で解り辛くなる糸その物の作りが、ソリッドな物では、より陰影によって解りやすくなる分、誤魔化しが効かないものになります。

つまり品質をその目で確かめられる、言わば究極のカシミアと言う事になります。

品質を謳い、感触や芸術的価値観を持つPIACENZAは、当店が愛するファブリックであると同時に、こうした品質に触れて頂く事によって、より多くの方々が造詣を増やして頂ける事への恩恵が非常に多い物です。

IMG_2695
今回ストールサイズでは、ライトグレー、ミッドナイトブルー、ダークブラウンの3種類をご用意しています。

IMG_2682
どの色も、それぞれ独特な趣きと、高貴な香りが漂う素晴らしい出来栄えです。

IMG_2683
ご自分用は勿論、ギフトでのご検討もお勧めですね。

IMG_2670
そしてもう一つが、このダブルフェイスのマフラー。

一般的に雑に使われるマフラーも、素材が変わったからと大切に巻くのではなく、このPIACENZAも同様に酷使(?)して頂きたい一品。

IMG_2672
素材には前出のストールとは異なる毛足の長い糸を用い、更にカシミアとシルクを混紡した事によって生まれる、独特の

艶やかさと柔らかさ

を持った極上の付け心地を持つマフラーです。

IMG_2676
ダブルフェイスで作られる事により、両表で考えられるため、その分スタイルに幅が広がり、シャツ、ニット、ジャケット、コート、ブルゾンと、より多くのアイテムに合わせ易く、また色も組み合わせ易くなります。

IMG_2677
流れる様な糸の毛先や、色の穏やかな味わいは、この素材ならではの演出。

IMG_2674
このマフラーもまた、ストール同様、極上の付け心地を叶える逸品で在る事は間違い在りません。

何れも安価では在りませんが、かつて当店で展開したビキューナを考えれば格安。(当たり前ですが・・・)

とは言え、良い装いを嗜むには、良い服飾雑貨も必要です。

PIACENZAのネックウェアは、間違いなく大人の装いを完璧な形で

補完

してくれます。

これからの季節に向けた極上、そして更に装いに深い味わいを持たせる為にも、是非一度PIACENZAを感じて下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月11日、18日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_2013
いよいよ本格的な冬の到来を知らせる雪化粧から始まった今日の長野地方。
昼前までしんしんと音無き音を立てて降り続けた雪は夕方を迎えるまでもなく、あっという間にいつもの景色を取り戻しました。

寒さに人の足も控えめと思うのも束の間、今日は日頃から仲良くさせて頂いている御客様方のご来店が終始続く一日となりました。

IMG_1989
寒さ対策に様々なカシミア素材を求めてのご来店、またある方は新たにダウンジャケットやコートを、そして最も多くご依頼いただいているのが、各ストールやマフラーたち。
(※御客様着用商品:コート/パーソナルオーダー、カシミアストール/Johnston's、その他ワンピース、パンプス、バッグ全てIL MARE)

IMG_2040
今冬、最も大きなサイズで皆様にご好評いただいているPaolo Flowerのガーメントダイによる大判のストールは、その特徴でもある大きさと共に様々なスタイルに取り入れやすく、またシーズンを隔てて使える存在の一つでもあります。

IMG_2041
このストールは素材の組成そのものは非常に柔らかな素材を用いているのですが、後染め(のちに洗いを加えています)によって染料による硬化が使い始めのうち残ります。

IMG_2035
染めている色により、硬さ、柔らかさは異なりますが、使い続ける事によって、それらは次第に柔らかさを露わにしていきます。

IMG_2037
また、このストールはその軽さと厚みに反し、非常に暖かさに富み、一巻きするだけで十分な暖かさと襟元の心地良さを体感する事が出来ます。

IMG_2004
男女共に使えるこのストール、大きさを活かし、単に襟元に添わせるだけの使い方、或いはアフガン巻き等、様々な巻き方で楽しめるのも魅力の一つ。

更に組み合わせるインナーなど、素材との不一致が少ないのも魅力で、春夏秋冬どのシーズンにも合わせやすい素材、色(トープ系、ベージュ系、ブルー系の3色展開)も、魅力となっています。

IMG_2006
ほんの少しの色、ほんの少しの素材を変えたり、取り入れるだけで、全体に洒脱さを与えてくれるのも、このストールの存在感が在るからこそと言えます。
(※スタッフ着用商品:コート/パーソナルオーダー、ニット/M.I.D.A、ベルト/Saddler's、その他全てIL MARE)

IMG_7764
また、Paolo Flowerでは、他にもソリッドで肉厚な幅広、丈長のマフラーもご用意しています。

元々Paolo Flowerは、シルクタイのデザイナーと言う経歴と共にメゾンブランドや多くのセレクトショップのOEMを手掛けるファクトリーブランドとして知られており、デザイナーでありオーナーでもあるSabatini氏によってシーズンを通じて多くのハイクォリティ・ストールを展開しています。

常に探求心を以て取り組んでいるPaolo Flowerはプリント等のストール(特に春夏)をはじめ、ニット素材のシンプルなストールやマフラーにも、ブランドのアイデンティティを感じさせる物が多分に含まれています。

IMG_7758
これらのソリッドなニットマフラー(ストール)も、通常見られるようなマフラーサイズに比べ、幅広で長さを持ち、それらから成される巻き方のアレンジや肉厚に見せる事の出来るボリューム感等、シンプルな物にこそブランドの持つ魅力を、より発揮してくれる事が解ります。

IMG_7761
男女でシェアするのもよし、ご自分用、そしてご家族、パートナー用と色を変えて揃え交互に楽しむのもよし、それぞれ異なるアレンジや、2本を1本にまとめて撚り合わせて使ったりと、このシンプルなマフラーの遊び方は多くを秘めています。

IMG_7754
前出のストール同様、シンプルで使いやすい物には、色違いで揃える事もお勧めしている当店ですが、このブランドの扱いやすさは、手に取って実際に使ってみる事で、直ぐにそれと解ります。

これからのシーズン寒さ対策と共に、このブランドの持つ心地良さ、柔らかさ、そして質感や色の演出の楽しみ方を是非味わって頂ければと思います。

IMG_2060
また、先日オンラインストアへの掲載と共にお問い合わせが増えているCIRCOLOのストレッチジャージー素材のトラウザーズ(ウィメンズ)も、ローゲージやミドルゲージのニットとの組み合わせによって、敢えてメンズぽさを演出するスタイルをご依頼くださる方もいらっしゃいます。

IMG_2061
心地よいニット同士の組み合わせ、心地良い素材同士の組み合わせによって、この上ないラグジュアリーで暖かく柔らかさを生かしたコンフォートが、この年末年始、皆様の心と体を包んでくれそうです。

この他にも、現在オンラインストアと連動し、様々な新作、そしてセール対象商品の増加が進んでいます。
既にオンラインストアを中心に、ご注文が続いておりますので、是非ご検討中の商品がおありの方、或いはセール商品によって補完を進めたいという方も、この機会に是非ご来店或いはオンラインストアをご参考、ご依頼の程、お待ち申し上げております。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】

いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日は非常に不規則となります為、BLOG或いはOnline Storeトップページにてご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休日】
IL MARE 12月31日(土)、1月1日(日)、2日(月)
La Spiaggia 12月29日(木)、31日(土)、1月1日(日)、2日(月)
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

----------------------------------------------------------------------------------------

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2016/12/28
---2016-2017年秋冬物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1402229&sort=n
---2017年春夏物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1521772&sort=n
---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---ギフト向商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=297854&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo_1001
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
TEL:026-219-3750
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

LaSpiaggia_Pre_Logo0001
■La Spiaggia■
長野県長野市南千歳1-3-3-1F-B
TEL:026-219-4447
Blog:
http://laspiaggia.blog.jp/
Staff Blog:http://la-spiaggia-staff.blog.jp/
【営業時間】
平日:11:00~20:00
日・祝祭日:11:00~19:00
店休日:木曜日(※一部臨時休業あり)


このページのトップヘ