IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ブラック

IMG_7074

真夏のような毎日が続く今週。
今日も夏らしい暑さが街を包んでいます。

今年はいつもに増してブラックを基調にしたアイテムをお勧めしている当店。
ただ単にブラックを取り入れるというよりも、そのブラックの素材にもフォーカスして”存在感のあるブラック”を取り入れることで、その日のスタイル全体に上質感を与えられるようにしています。

その中でも簡単に取り入れられるのが、ブラック基本の装いにバッグのブラックを取り入れるもの。

IMG_7927

いつもの服装にワンショルダーのバッグ(Felisi)を取り入れるだけで、立体的な存在感とナイロン独特の光沢が装いに変化を与えてくれます。

IMG_7928

このバッグは男性女性共に使える物で、男性ならストラップを手首に巻き付け巾着バッグの様に、女性ならストラップを肩にかけてワンショルダーで、と男女シェアしても使えます。

IMG_7926

また簡素に感じられる方には同じくブラックを基調にしたハットを取り入れると、より素材数が増え、スタイルにボリューム感が出ます。

IMG_7929

どちらもブラックのワントーンスタイルには効果的なアイテムです。
(ハット/Vincent Pradier)

B6E0B887-7474-4481-B854-91CE97D19664

他にも、簡単にブラックのワントーンを愉しむ際、セットアップ等の場合にはサンダルを取り入れて、全体に軽さを求めるのもお勧めです。

「セットアップ=簡単」+「サンダル=簡単」 のこれだけで充分ワントーンが楽しめます。
上下ブラックだけだと重すぎに見える事もあり得ますので、サンダルの効果は想像以上に大きくなります。(セットアップ/BARENA、カットソー/Lequal、サンダル/ZEUS)

578FD2DF-B8E9-45A1-969C-F8D92CAA3467

ワントーンとはチョッピリ離れてしまいますが、ホワイトのボトムスを効果的に使うのも、簡単な作業の一つ。

上半身はブラックだけで統一し、ボトムをホワイトに、たったそれだけでもシンプルで清涼感も感じられます。
この時も気を付けたいのは、ジャケットの素材にはリネンを取り入れて置きたいという点。
同じ色の組み合わせをしても、素材の作り出す軽快感は、やはりリネンが作る独特な素材感ならでは。

シンプルな色数、組み合わせにこそ、素材の選択はより重要な要素を占めるのですね。
(ジャケット/Personal Order、インナー/Drumohr、ボトム/Barbati、シューズ/Agnelli & Sons)

ADD89ACC-4D51-4E1C-9A55-68680A49CDAC

同じくホワイトをボトムスに使って、トップスに”緩み”のある物を選ぶのも、実は簡単にして、それなりに見えてくれる好例。

7E9571FA-7003-4E73-9EDB-C3672154119D

このニットはDrumohrのリラックスフィットの物。
定番として使われる30ゲージのコットンを使ったハイネック(モックネック)をベースに、身頃にゆとりを与えたモデル。

BA5F5D4C-2E7C-4373-B874-CC0A0E4A5774

身頃にゆとりがあると言うだけで、意外と軽快で涼やかに見えるものです。
ピッタリフィットしたトップスの場合、スタイリッシュには見えるメリットがある反面、少々暑苦しさを感じさせる側面も無きにしも非ず。

素材も大切ですが、同時にフィット感などのバランスも、実は涼し気に見せる為の重要な要素となっている場合もあります。

夏のブラックを楽しむには、先ず素材から、その後にフィット感、これらを加味しながら合わせて行くと、いつもとは違った雰囲気でスタイルする事が出来ます。

是非お試し下さい。


《写真使用商品》











【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1861
冬晴れらしい好天が続いている今週。
週末もチョッピリぐずぐず天気ながらも、過ごしやすい一日となりました。

先日入荷したAgnelli & Sonsの新作スカートに、沢山のお問い合わせを頂き、色違い(ブラック)を待たれるお客様もいらっしゃいましたところ、丁度本日ブラックが入荷。

IMG_1898
シルエットや生地は同じながらも、色の雰囲気から違った印象を受けるブラックの生地。

IMG_1900
この素材特有の微細な光沢は、派手過ぎず、それでいて地味に落ち着く事無く、同じ”ブラック”でも突出した存在感を作っています。

IMG_1899_0
派手さの無いブラック、それは一歩間違うとフォーマルに見えてしまう光沢のあるブラックを、いかにして日常のブラックとして取り入れるか、そこには緻密な生地の選択があり、またシルエットにもフォーマルを思わせない特別なテイストが必要になります。

今回のスカートは基本設計がしっかりとしている分、生地の作り出す雰囲気だけで全く別物に見えてしまう特徴を持っています。

本日のブラックも、実際にはブラックとブラックの糸を組み合わせたソラーロ生地となっているのですが、ブラックの糸同士の為、色の違いは無く、むしろ光沢の有無や動きに合わせたブラックの反射が、この生地の魅力でもあります。

IMG_1901
それらが巧みに組み合わさる事により、落ち着き過ぎず、出しゃばり過ぎない特別なブラックのスカートが完成されています。

IMG_1901_10
前回の色を購入されたお客様の中にも、2色共に購入希望の方もいらっしゃる等、今回の新作には”痒い所に手が届く”存在価値を見出してくださるお客様が多いのも特徴。

IMG_1899
ブラックのスカートは、生地や素材違いで幾つか揃えたくなる、スタイルの基本中の基本。
全体の雰囲気も然ることながら、やはり”基本はブラック”で始まるのですね。

今秋冬シーズンだけでも、コットンストレッチやウール(SUPER150'S)、ツィードなどで展開してきたAgnelli & Sonsのスカート。

どれも丈や開き(フレアの加減)のバランスが異なり、今回もまた新しい魅力が詰まった一着に仕上げられています。

これから冬のスタイルを、そしてその後の春のスタイルまで視野に入れての検討の方は、是非一度新作スカートを試してみて下さい。

きっと想像を覆す”何か”を感じて頂けるはずです。



新しい色、素材、そして変わらない魅力を持った新作のAGNELLI & SONSを是非店頭で。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月16日、31日~1月2日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_4908
年末年始から寒気が続く今週末。
今日も(ある意味上質?な)粉雪が吹雪く冬空となっている長野地方。

暖を取らずにいられないほど気温が下がり、日中でも零下を推移しています。
寒さ続く冬空、感染が広がる今とあって、こんな日は”楽しいもの”や”楽しいこと”に現(うつつ)を抜かすのが最も幸せな過ごし方ですね(笑)

先日よりクリアランスセールも第二弾に突入し、これまでセール対象外だった商品のお値引きや、更なるセール商品のお値引きを実施し、更にお買い得な商品が増えております。

この週末(三連休)はオンラインストアを眺めつつ、また息抜きに店頭へいらっしゃる等、気分転換しながら過ごして頂きたいと思います。

お洒落は人に憚るものではありませんので、思い切り楽しんでまいりましょう♪

さて、今日は先日のブログに続いて、お手持ちの色、物を使って”効く色”を模索するお客様のご相談を頂きましたので、最も皆さんがお手元にあるだろうブラックとブラウン系を用いた”チョッピリ効かせられる”組み合わせを取り上げて見ました。

IMG_5330
一着はお持ちであろう色がブラックとベージュやライトブラウンなどの基本色。
それら”当たり前”の色を生かすのは、生地の表情であったり、細部に光るパーツや、細かな色の挿しだったりします。

IMG_5341
この日のスタッフの装いは、極々一般的なブラックのニットとジャケット、そしてベージュのチノーズを合わせているのですが、上半身をブラック一色で統一している為、”効かせる”為のブラウンのスクエア(チーフ)が、意外と”キ”いています。

IMG_5347
写真を近くで見ると分かるのですが、色の挿しとしてのブラウンが適えられているのは、ボトムにベージュがあるから。

とかく敬遠されがちなブラック×ブラウンの組み合わせは、一歩間違えると行き過ぎ感満載の失敗作?に終わってしまいます。

シンプルな色を楽しむには可能な限り3色程度の色を取り入れると、タブー視されるような色の組み合わせも難なく取り入れやすくなります。

IMG_5348
また素材にフォーカスすると、ブラックの素材がそれぞれ似た趣を持っているものを合わせている事も、全体をよりボリューミーに見せています。

コーデュロイの艶やかさや毛質、エクストラファインメリノの微光沢がシンクロする事によって生まれる存在感です。
(写真使用商品:ジャケット/Balzo、ニット/Drumohr)

PhotoRoom_20210108_175124_1
同じようにブラックのジーンズやジャケットを使った組み合わせがコチラ。
素材感こそ違えど、ジーンズのカジュアル感を消してくれるのがタイを締める事によって生まれるドレス感です。
(写真使用商品:ジャケット/Agnona社製ウール使用パーソナルオーダー、シャツ/Fralbo、ジーンズ/TELA GENOVA)

当店では以前からジーンズとの相性を作り易い一つとして、ドレス感のある生地を使ったジャケットの存在を上げていますが、春夏秋冬全てに於いて共通するのは、不変のアイテムをアップデイトする着方です。

男性、女性共にブラックのジャケットやジーンズの可能性は、組み合わせる”生地”だけで全てが変わって見えるほど、沢山の見せ方、組み合わせ方があります。

お手持ちのアイテムをどんな使い方をすると、より魅力的に見えるか、そんな事を考えてみる週末にしてみるのも良いですね。

PhotoRoom_20210108_175658_1
この組み合わせもブラックのニットとライトグレーのトラウザーズを組み合わせただけのスタイルです。
ラムズウールの毛質や立体感、トラウザーズのフランネルが作り出す毛質、立体感がシンクロし、シンプルな装いもボリュームたっぷりに見えます。
(写真使用商品:ニット/Alessandro Luppi、トラウザーズ/VIGANO、シューズ/Mac Baren's)

PhotoRoom_20210108_175714_1
こうしたシンプルな装いを玄人的に魅せてくれるのが、特徴あるシューズの存在。
立体的で存在感のある装飾や色の特徴によって、シンプルなスタイルを一段アップグレードします。

実は足元にベーシックな存在を求める傾向が多いのが男性。
シンプルな装いが増えれば増える程、足元には存在感のある物が全体を決めると言っても過言ではありません。

お手持ちのブラック、グレーを組み合わせて「何かしっくり来ないな」と感じた方は、次の機会には是非足元を変えてみるのも良いですね。

PhotoRoom_20210108_175059_1
最後にブラウンなどをお持ちの方に、最も簡単で洒脱に見せてくれる色として、オフホワイトやエクリュ(生成り)をお勧めします。

意外にも男性の中には、ホワイトのボトムスを苦手とする方も多く、その点オフホワイトやエクリュなど仄かに濁り(良い意味です)のある色合いは、冬の装いに於いても暖かな(色の)組み合わせになり易く、また軽快感も作る事が出来、最適なバランスを作り易いのですね。
(写真使用商品:ジャケット/Santaniello、ニット/Alessandro Luppi、ジーンズ/TELA GENOVA)

IMG_5671
ブラウンの素材にも立体感、ボリュームのある物を選ぶと、よりボトムスの色が生きてきます。
誰もが持っているであろう色やアイテムを使う装いをする事によって、次に買う時に選ぶ素材や形を再考する機会も生まれます。

「合わせてみたけれど、素材が合わない」
「色が似ているけれど、合う気がしない」

したい服装や色合いと、自分たちが感じる色の加減や差は、意外と大きな違いに感じられる事があります。
今日取り上げた色やアイテムは、極々一般的に多くの方々がお持ちであろう素材や色ばかりです。
毎日の中に取り入れて見たり試してみたり、そんな繰り返しが、いつしか

”普通だけれどかっこよく感じる”

そんな意識に変わるかも知れません。

是非皆様もクローゼットを整理しながら、様々な組み合わせをしてみて下さいね。



《CLEARANCE SALE 開催中》
オンラインストア、店頭共に冬のクリアランスセールを開催中です。
是非この機会をお見逃しなくご利用ください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月・2月の店休予定日】
1月14日、21日、28日、2月4日、18日、24日
1月3日、4日18時閉店とさせていただきます。 お間違えのないようお願い申し上げます。
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2889
日中の陽光を他所に夕方からは再び冷たい空気に包まれ、冬の週末を迎えた一日となりました。
寒さとは裏腹に、今日の街中はいつもの週末以上に沢山の往来が目立ち、いつもとは違った今冬を改めて感じさせています。

気温が下がると暖かい食事が急に恋しくなりますね。
寒い日の暖かな食事は胃袋だけではなく心も温めてくれる様な気がします。

さて店頭は昨日ご案内させて頂きましたquartierglamの新作に沢山のお問合せ、ご購入を頂いており、既に皆様の心をがっちりと掴んだ一足となっている様子。

slideshow_img_b2e4bf
どのブランドにも言える事ですが、『ブランドで買う』のではなく『選んだものがたまたまこのブランドだった』という結果論的購入は、ブランド神話を越え、人々の個性と共に成長する審美眼でもあります。

今回の靴も、そんな心の奥底をくすぐる類稀な一足だったと言う事が窺えます。
ブランドが展開する全てが良いのではなく、選んだその先にそのブランド名が在った、そんな装い作りが私達の最も大切にする部分でも在ります。

まだご覧になられていない方、或いは既にご依頼頂いているお客様も、これからが楽しみな一足になりそうですね。

さてさて話は変わり、最近店頭にお越しになる御客様方(男女共)にブラックとグレーのモノトーンを希望されるケースが増え、そこにはブラックとグレーのたった2つのキーワードですが、『素材』が左右するものでもあると言う事、その落とし穴にハマってしまった方が相談に訪れます。

daab4925
昨今増え続けているブラックを基調としたモノトーンのスタイル。
ウール素材のブラックとグレーは相当な組み合わせのバリエーションが在るのですが、今回皆様がご相談にいらしたのが、ブラックの『ジーンズ』。

d438764b
近頃、ブラックのジーンズ(色は様々ですが)がキテる事もあり、意外なほどブラックのジーンズを欲する方も増え、それらの組み合わせに"意外"と悩む方もいらっしゃるのです。

ブラックのジーンズにも、リンスのみの真っ黒の「デニム素材」も在れば、ブラックで染めた真っ黒の「ツイル素材」のジーンズもあり、中には上の写真の様なシェイド(或いはフェード)を加えた色落ちの物もあります。

そのどれもが特徴のある味を持つ為、組み合わせる「色」は決めても、中々納得出来ない、そんな声も聞かされます。

要は「チープに見えてしまう」のを嫌う当店顧客様の世代ゆえ、如何にチープに見せない様にするか、という事なのだと解釈しています。

そこで今日は女性のジーンズ、それも色落ちしたグレートーンのブラックデニムを使った組み合わせを取り上げてみました。
(女性のジーンズとは言え、男性にも参考になると思います)

IMG_4366
最も簡潔に言ってしまえば、シェイドの様に色落ちのある物やブリーチされたグレートーンのブラックデニムは、完全な真っ黒のジーンズに比べ、組み合わせる物の素材や表情に立体感のある物を組み合わせるだけで充分魅力を発揮する事が出来ます。

IMG_4367
特にブリーチされたブラック(グレートーン)やシェイドの場合は、その色落ちの表情が、ブルーデニム(インディゴデニム)に比べ、少々チープに見えてしまう「色」の特徴が在ります。

その為、合わせる物(ここではニット)に「上質」な物、そして立体的な「素材」を合わせる事によって、全体を少しだけアップグレードしてあげる事で改善されます。

このニットのボリューム感や糸の習性が、そのまま「色の濃さ」を作ってくれる為、同じニットでも押しの強さが加わり、たったそれだけの事が全体に影響を与えてくれるのです。

それ程、御洒落と言うのは「小さな変化が大きな変化につながる」と言う事です。

IMG_4368
ではハイゲージのニットを合わせた場合はどうでしょうか?
やや迫力に欠ける見栄えは否めませんが、季節が春に近付くとハイゲージ(メリノ)のニットの出番も増えますよね。

こうしたハイゲージの組み合わせの際に変化を与えてくれるのが足元の存在です。

IMG_4369
色や形に特徴のある物を投入する事によって、全体のイメージが変わります。
もっと簡単に言ってしまえば、足元に視線が奪われる事で、全体にチープな印象が顕れないと言う、人間の習性の様な物も隠れています。

IMG_4370
インパクトのあるレッドやグリーン、時にはオレンジやマスタードなど、効かせ色を取り入れる事によって同様の効果が期待できます。

前出の組み合わせに使用しているブラックのニットは、共にDrumohrの物ですが、Drumohrは上の写真ではアルパカを使った物、しかも織り柄があり、下の写真ではロロ・ピアーナ製のスーパー140’Sの糸を使い微光沢も含んでいます。

どちらも品質が目に顕れる物ですが、いずれもシェイドのあるジーンズを合わせると、ブルーデニムに比べ、よりカジュアルな印象になります。

つまりブラックのジーンズには上質感がそれと解る物を合わせる事が、一つのファクターと言えるかも知れませんね。

IMG_4371
色は違いますが、この写真の様に爽やかなストライプを使用したブラウスも、ジーンズのチープさを紛らわせてくれる役割を担ってくれます。

華やかで爽やかなクリーンさを持つストライプ、それもホワイトベースだからこそ活きる、ブラックジーンズのグレードアップアイテムです。

IMG_4372
更にこのブラウスに再びウールなどのボリュームのあるストールを加える事によって、端的なチープは影を潜め、全身に立体感を生み出してくれます。

秋、冬、春と、この3シーズンはこうしたボリューム感が一つのキーワードになると考えておくと良いかも知れません。

いずれもシンプルなのに違う表情に映るのは、そのどれもが主張は無いけれど、一つ一つのクォリティが高く、それらが無意識のうちに全体に迫力を作っている為です。

多くの人達が取り入れやすく、また誰もが一度は試された事のある(ブラック中心の)モノトーンですが、意外なところに盲点、落とし穴があると言う事をお忘れなく。

私達世代にとって「質」は欠かせない要素です。
皆様にとっても日常のスタイルが、より魅力的に見える様、是非こうした小さな変化を見落とさずに挑戦してみて下さい。

きっといつもと違ったモノトーンが楽しめますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

降雪が少ない今年の冬。
寒さは一際強く感じられますが、この季節、お子様をお持ちの方々にとっては、いよいよ受験が待ち構える頃になりましたね。

当店のお客様の中にも受験生を抱えるお客様方が多くいらっしゃいますが、この壁を乗り越えて更に大きく成長できる節目となって欲しいと願っています。

晴れてご卒業やご入学などを迎える女性の御客様、或いは新卒、移転などによって新たな生活拠点が待つ女性のお客様にとって、これから揃えるべきは、イベントや日常など、シーズンを通じて使える物が優先順位に立ちますね。

先般行いましたPERSONAL OREDER、或いは揃えて頂いた装いに合わせ、今日はフレキシブルに使えるパンプスをピックアップ致しました。

IMG_4284
当店がFabio Rusconiにオーダーした、この一足です。

IMG_4283
既に店頭でご覧頂いた方も少なくないと思いますが、このパンプスは足入れ口のカット面が斜めになる事によって、素足は勿論、タイツを合わせた時にも足を綺麗に見せてくれる形状。

IMG_4281
ポインテッドトゥと足入れ口のカットが相まって、よりスタイリッシュに見せてくれるのも、この靴の美しさ。

IMG_4282
意外な程、このカット部分は重要で、深く丸みを帯びすぎると、事務的なパンプスにも見えかねませんし、またスクエアになるとタイツオンリーに絞られかねません。

程よく足の甲が綺麗に見えるカット面は、女性らしさに加え、大人の落ち着きをも与えてくれるものです。

IMG_4279
また今回のモデルではヒールにコーンヒールを設けています。
コーンヒールは、その形状が『アイスクリームのコーンのよう』に見える事から、そう呼ばれています。

IMG_4280
これらをアッパーと同じ素材(革)を使い、更に赤く色づけた事によって、日常使いにもアクセントを齎してくれます。

ピンヒールを履きなれない方にとっては、比較的安定し易く、またチャンキーヒールなどに比べて華奢さが生まれる等、この手のヒールは、両極端な好みの方にとって、丁度中間を担う様なフレキシビリティを備えています。

IMG_4274
イベントに合わせて揃えるのは言うまでも在りませんが、その後の装いに於いても、このパンプスは全体をシャープで際立つ存在に仕上げてくれます。
(写真使用商品:トラウザーズ/VIGANO)

IMG_4273
特にワイドなボトムスに相性の良いポインテッドトゥは、その女性らしさだけではなく、このパンプスが作るヒールの色合い、美しさが、普遍さを生み、またダークトーンの装いに控えめながらもインパクトを与えてくれます。

IMG_4275
また、トップスに凝ったデザインやディテールの物を合わせる事によって、更にパンプスの魅力が活きて来ます。

IMG_4268
他にも同系色で整えた装いにとっても同様の女性らしさを生み出します。
(写真使用商品:コート/ATPCO)

IMG_4263_1
カジュアルな装いも同様です。
同系色の中に、ヒールの赤が光る存在として、その日の装いをセンス良く映します。

IMG_4264
統一感のある色(同系色)の装いにとって、最も大切な「素材」や「色の挿し」を備えるこのパンプスは、イベントデビュー後も多くのシーンで使える存在になりそうです。

IMG_4267
(表革の)ブラックのパンプスと聞いて、どこか抵抗感のある方も少なくないと思うのですが、これもデザインや細部のディテールによって異なることが、このパンプスから伝わって来ますね。

IMG_4265
たかがブラックのパンプス、されどブラックのパンプスなのです。

IMG_4270
装いの基本として持っておきたいブラックのパンプスも、選択次第で違った印象を与えかねない、実は重要な選択を必要とする存在です。

IMG_4271
これからイベントを控える方、或いは新たな生活が待っている方、そして、そろそろブラックのパンプスを新調しようとお考えのお客様は、是非このパンプスを一度試してみて下さい。

想像以上の美しさを感じて頂けるに違い在りません。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月の店休日】
2月7日(木)、13日(水)、21日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ