IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ナポリ

晴れの日が長らく続き、今日はあいにくの雨空。
少々寒さすら感じるほど気温が下がりました。

こんな日はしばらく出番が無かった春のアウターの出番。
ちょっぴりカジュアルなものから、軽めのコートまで、久しぶりに出番を迎えられそうです。

そして明日からは再び気温は上がる模様。
こうして暖かさ寒さを繰り返し、徐々に夏へと近づいていくのですね。

今日は来るシーズンに向けて、新たなファクトリーブランドのボトムスをピックアップ。

IMG_5357

かなり出切った感のあるメンズにおけるファクトリーブランドですが、まだまだ有ります(足を使って探しているインポーターに感服です)。

この春、日本に初上陸となったイタリア、ナポリのファクトリーブランド”BONHEUR”(ボネール)。

ブランド名がフランス語っぽいですが、生粋のナポリブランド。

創業は1987年と比較的新しく(新しいと感じてしまう時点で自らの年齢を感じますが…)、創業当初は多くのブランドのOEMを請け負い、その後2010年にBONHEURを立ち上げた、ボトムスに特化したブランドです。

ブランドのコンセプトとして全てのラインナップに共通するのが

エレガント

であること。

加えて、快適な着心地であることなどが与えられています。

BONHEURは、高品質な素材、それも天然素材から革新的な素材まで、様々な素材、クォリティをナポリらしいモノづくりの枠に則って作り上げる生粋のファクトリーブランド。

今回ピックアップするのは、BONHEURの中で最も人気が高く、そして如何にもイタリア人が好みそうな(やや)キャロットフィットなシルエット。

それも5ポケット(デニム)です。

IMG_5348

横からの見た目でも、その流麗さが伝わって来る、まさにエレガントを体現しているような美しいシルエット。

IMG_5352

程よい股上と腰回り、腿のゆとりから、裾へ向かって緩やかにテーパードする、とても自然な美しさを作り出すレッグラインが特徴。

IMG_5353

生地は単なるホワイトデニムとは違い、綾が大き目で、尚且つ滑らかさのある(ここにもクォリティを感じます)コットン100%の素材。

IMG_5351

BONHEURのラインナップにあるトラウザーズ同様、デニムもクリースラインをしっかり入れて、エレガントさを忘れない”大人仕様”な一本に。

フロントはボタンフライで、例えるならリーバイスの501のような股上の深さとボタン位置な感じ。
(これも履いてみると、いろんな気づきが有ります)

IMG_5354

ヒップのポケット位置も高すぎず、低すぎず、ここにもエレガントに見える為のバランスを感じます。
(低すぎるとカジュアルでルーズに見え、高すぎると女性のパンツの様に見えてしまうので、意外と重要なポケット位置)

IMG_5350

これ見よがしな誇張を避け、あくまでもファクトリーブランドとしての腕を見せているBONHEUR。

やはり履いて美しいパンツは、ブランド名如何に関わらず、自然と手が伸びてしまうものです。

IMG_5359

今や通年着用機会があるホワイトのデニム。
素材やホワイトの色味だけでも数本揃えて置きたい第二のデニム。

そろそろ新しいデニムをと言う方や、新しいシルエット、新しいブランドを試してみたいと言う方は、是非一度BONHEURを試してみてください✨





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



G4

大寒波一過と思った矢先、今日は再びの強い寒さに見舞われました。
こんな日は暖かな部屋でじっくりゆっくり時間を過ごしたい、と思うものですが、人生の残り時間の少ない我々世代にとって、時間は有効活用は必須。

こんな日こそ自宅内の様々を整理したり整頓したり、有効に時間を使っておきたいですね。
とは言え外の雪をどう片付けようか、冷たい路面を滑る事無く過ごそうか、そんな心配もありますが、どこかで割り切りも必要、自宅にこもって整理整頓の週末にしましょう(?)

さて、整理整頓と聞こえの良い文言で始まりましたが、実は今日は(特にオンラインストア、Instagram経由の方々)お待ちかねの方が多かった、イタリア、ナポリのベルト専業メーカー”Alberto Luti”から新作のベルトたちが到着いたしました✨

使っていない、出番のないベルトは二次流通へ処分するとして、ここはヤッパリ新しい物に入れ替える、それもある意味整理整頓です。

そんな思いを持ちながら見て頂きたいと思います✨

no_change

イタリアで生まれた古き良き時代の映画マカロニウエスタンに端を発し、そのテイストはまさにイタリア製アメリカンスタイルでもあり、イタリア生まれのウエスタンスタイルでもあります。

と言っても、コテコテのアメリカンウエスタンスタイルではなく、洗練された現代のスタイルに合わせるべき”ハズシ”の一手としてチョイスするのが正しい選択。

今回入荷しているのは3種類のベルト。

IMG_1505

一つ目は昨年も入荷と共に完売してしまったウエスタンバックルの付いたプンターレの仕様。
「あれ?去年の色違い?」
と思われた方も多いと思いますが、実はバックルや剣先の金具、全体の印象は同じですが、ベルト本体の幅を前回より使い易い細さに指定しています。

IMG_1507

ベルト幅は3㎝を超えるとしっかりウエストをホールドしてくれる反面、ジーンズ以外のパンツに合わせると、どこか迫力が付き過ぎてしまうきらいがあります。

IMG_1508

その為、本体の幅を5ミリほど細くし、より使い易いサイズに仕上げているのが今回のモデルです。

IMG_1506

前回は全てがブラックだったのに対し、今回は短毛のスウェードに味わい深いブラウンのベース、そしてバックルと剣先はシルバーにターコイズブルーの組み合わせ。

IMG_1545

コテコテに見えて、そうは見えないのがAlberto Lutiの魅力ですが、そこには洗練された美しさや繊細な彫刻等が加わり、イタリア人らしい鮮度溢れる一本に仕上げられています。

IMG_1509

ブルーデニムに合わせても、ガッツリカジュアル!な印象ではなく、我々世代に相応しい、どこか落ち着きとクリーンさが溢れる仕上がりに。

IMG_1511

ジーンズの他にも、コットンのパンツやウールのパンツ、女性ならシャツワンピースやロングベスト、ロングカーディガンなどにエッセンスとして取り入れてもサマになりますね。

IMG_1499

二つ目がコチラのミニコンチョを組み込んだプンターレタイプ。

IMG_1500

バックルは非常に凝った彫刻とラギッドにならない洗練された存在感を醸し出す仕上がり。

IMG_1501

剣先にも丸みのある金具の採用によって、プンターレとしては尖った感じの無い、少しマイルドな表情になっています。

IMG_1543

コチラもまたジーンズやチノーズ以外に、ウールのパンツへのアクセントとして、また女性にとっても前出同様扱い易いベルト幅、色によって、シンプルなスタイルに奥行きを作ってくれる存在になります。

IMG_1504

エスプレッソカラーとでも表現したくなる、非常に味わい深いダークブラウンのスウェードが、その日のスタイルに上質感も与えてくれそうです。

IMG_1495

そして最後が、このレザーメッシュのプンターレタイプ。
メッシュとプンターレの組み合わせは、実はとっても好相性。

IMG_1497

使いながら革の編み目が締まって行き、革そのものも柔らかく馴染み、全体的に丸みを帯び始めると、ベルトそのものにも味わいが加わって行きます。

IMG_1496

その伸びて来た頃くらいが、このベルトの魅力はピークに達します。
目が詰まり全体が伸びて来て、ベルトそのものも柔らかくなり剣先が(その重みで)下へ下がる様になります。

IMG_1498

プンターレはジャストサイズで愉しむものと、垂れた状態で愉しむものの二通りがありますが、メッシュは垂らして楽しめる一本。

IMG_1546

メッシュのベルトゆえ、オンスタイルに取り入れハズシの一手として使うのにも、それほど違和感を感じさせません。

IMG_1547

ライトブラウンの革色が、使い込むごとに色を変え、徐々に色濃くなり、全体的にヤレた感じが出てくると、このベルトの魅力もまた更に味わいに。

洋服同様に、ベルトにも「変わって見えないけれど、少しずつ変わっている」トレンドがあります。
「持っているから」とタカを括っていると、次代の空気に取り残された物になっていることもしばしば(特に洋服や靴に在り得る”アルアル”です)

この週末は自宅の整理もしつつ、是非ベルトの要不要の選定も✨

Top_Slideshow_AlbertoLuti_SS_2023_001

Alberto Lutiのベルトはコチラから


Top_Slideshow_Fanl_ClearanceSale_AW_2022_001






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


5688D080-D468-4A57-BFFF-0699F6EB543B

非常に冷たい寒気が流れ込み、昨日からとても寒い一日が続いています。
もはや冬到来と思わざるを得ない嫌~な寒さがやって来ましたが、今朝行われたサッカーの熱気が嘘のようです…。
この天候に、暖かさの確保は勿論ですが、御洒落も忘れずに補っておきたいですね。

そんな寒さ厳しい今日は、少し遅れて到着したBARBAの新作を取り上げました。

「BARBA=シャツ」ですが、今日ご紹介するのは何と「ニット」です。
BARBAがシャツ以外のラインナップも揃えていることは既に皆様もご周知の通りですが、ニットウェアは初の試み。

シャツ等と同様ニットウェアにもBARBAの妥協無き拘りが詰め込まれており、その多くは”素材”に活かされています。

そのニットウェアの中から今回当店がオーダーしたのは2つのモデル。

IMG_6359

一つ目はアルパカを半分以上ブレンドした、柔らかくて軽くて暖かい、まさに女性のニットに相応しい一着。

IMG_6360

ボックスに近いシルエットボディに、ややバルーン気味の膨らみを持った袖を持ち、オーソドックスなニットに見えて、その実女性らしさが表現されたBARBAらしいニットです。

IMG_6361

ボールドによる立体感に富んだ畔編みと、相性の良いライトブルー⇒ライトブラウン⇒ブラウンと言うグラデーションを施した事で、パネル状の色の変化が魅力になっています。

IMG_6363

元々相性の良いブルーとブラウンを、中庸な色を挟んで組み合わせるあたりが、如何にもイタリア人らしい洒落感。

IMG_6420

シルエットと着丈のバランスが良く、ボトムスを選ばずスカートでもパンツでもハマり易い、見た目以上に使えるニットです。

IMG_6421

写真の組み合わせではオフホワイトのパンツを合わせていますが、淡い色を天に、裾へ向かうにつれて濃い色になるトップスは、ボトムスをダークトーンで組み合わせると痩身効果、長身効果も生まれます。

女性らしさと暖かさ、二つを併せ持ったお勧めのニットです。




そしてもう一つが、コチラの一着。

IMG_6369

メンズでは見かけるものの、意外なほどウィメンズでは少ないロングスリーブのニットスキッパー。

IMG_6370

シャツの延長線上とも言える、この形はBARBAならではと言えるような絶妙なバランスのもと作られています。

しかもこのニットは、とても厚みがあるカシミア混のミドルゲージを使っている為、想像以上に肉厚で暖かさを感じます。

IMG_6371

衿の開きや角度、そして前出と同じくボックスに近いシルエットが、華奢さよりもむしろコンサバティブな印象を感じさせ、このあたりもBARBAらしさと言えるかも知れません。

IMG_6416

カラーはブラックに限りなく近いネイビー=ミッドナイトブルー。
冬のホワイトとの相性は抜群に良いのはもちろんですが、ライトグレーやチャコール、チェックやツィーディーな柄、素材まで様々な組み合わせを愉しめます。

IMG_6374

またインナー利用としての他にも、中にタートルネックをレイヤーしてミドルアウター的な着方が出来るのも、このシルエットならでは。

季節も秋から春まで使える事を考えると、出番は相当増えそうです。

IMG_6418

シンプルなスタイルを好む方にはマフラーやストールだけで色を加えるのも良いですね。

IMG_6419

職場の環境さえ許されれば、仕事にも使えそうな雰囲気を持っているこのニット。
衿がついているだけで、見た目にも”キチンと感”が出てくれますね。

IMG_6417

他にも足元だけ色を加えたりして、秋冬をミニマルなスタイルで通したい方には必携と言える一着かも知れません。

このニット、写真からは伝わり辛いのですが、とても肉厚感があるお陰で安心感があり、暖かさと洒脱感の両方を備えた「大人の女性の為の一着」です。




今年はコロナ禍やウクライナxロシアの戦争の影響等もあり、海外からの荷着が遅延気味ではありますが、このニットたちはまさに今が着時。

これからの寒さに”御洒落”で対処したい方は、是非一度試してみては如何でしょうか。
見た目だけではなく、着心地と暖かさに納得していただけると思いますよ✨






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


E5C27415-5F20-4E01-B3AF-A1C8961ECC39

気が付けば街の彼方此方にある木々の色が黄色く色づき始めています。
秋真っ盛りの風景も、あと少しと言う感じでしょうか。

こうして寒さが進んでくると、装いも完成させたいですよね。
秋冬と言えば防寒対策も含めて、レザーグローブが”名脇役”になる季節。

今日取り上げるのは、既に昨年まではメンズでも展開していたイタリア、ナポリのグローブメーカー”PARISI groves”。

blo001

”PARISI”は1870年の創業以降、100年以上もの間、レザーグローブを専門に作り続けて来た老舗中の老舗。

ナポリとアマルフィに工房と店舗を構え、職人達が丹念に作り続ける「しなやかで柔らかく手のひらにフィットする」心地良さが特徴。

原材料が高騰する今も、優れた革の使用と手作りを守り、安定した価格を提供することを続けています。

そのPARISIに今回ウィメンズとしてオーダーしたのは2つのモデル。

IMG_1142

一つはPARISIの付け心地を最も味わえるラムナッパを使用したシンプルなグローブです。
専門の職人が厳選し、丁寧に鞣された柔らかく滑らかなラムナッパを、カシミアのライニングで縫い上げた定番中の定番。

IMG_1146

もはやカシミアのライニングは”無くてはならない”一つですが、グローブとしての柔らかさを維持しながら、暖かさを保つ上で必要不可欠。

IMG_1144

今回当店がオーダーしたダークブラウンは、写真でも解るとおり、仄かに赤味を帯びた、とても味わいのあるブラウン。

革そのものが作り出す艶やかさ、手を入れた時に感じる極上の柔らかさは、革質が全てを物語っています。

IMG_1145

手首回りのベルトの有無には好みが有りますが、実際日常的に付けていると、ベルトが無い状態の方が、脱ぎ着もし易く、袖回りを邪魔する事が無い分、実は見た目的にもシンプルな状態の方が(当店としては)ベストな選択。

スポーツグローブの様に、必ずしも手首をホールドしていなければならないシーンには出くわさないので、ここはヤッパリ御洒落優先で選びたいところですね。

この味わい深いダークブラウンを合わせるべく、こんな↓スタイルもお勧めしています。

IMG_0357

落ち着きのある色のトーンにブラウンを合わせる、それはもはや定石であるとして、敢えて鮮烈なレッドやグレーのような色に加えるだけで、グローブの存在価値がグッと上がります。

IMG_0358

組み合わせに使用しているのは、Drumohr(Donna)のラムズウールのニットですが、今回のDrumohrのレッドは実に美しい発色をしています。

ルビー系でもなく、パッション系でもなく、これこそレッド、真赤と言わんばかりの魅力的な色。
このレッドとの相性は抜群に良いのが今回のブラウンです。

IMG_0359

ちなみにこのスタイルは、加えるアイテム次第で、一気に”デイリーカジュアル”になり、またコートやジャケットを合わせるだけでオンスタイルにも変わる、お勧めの組み合わせ。

「いつ何があるか解らないから、ちゃんとした服装で過ごしたい」と言う方(笑)には是非お勧め。

と、チョッピリ脱線しましたが、グローブはもはやスタイルを完成する上で欠かせないアイテムの一つで、単なる防寒アイテムではない事は言うまでも在りません。

見過ごしがちなアイテムだからこそ、「由緒正しい質の高い物を持ち合わせたい」それこそが大人の嗜みです。

IMG_1136

そしてもう一つがコチラのラムナッパとアストラカンを縫い合わせたグローブです。

IMG_1137

現在40代後半から50代の方にとっては懐かしい響きでもある”アストラカン”。
もともとアストラカンとは、ペルシャンラムを指すのですが、近年では特徴的な巻き毛を持った立体的な素材を総称して呼ぶ事が増えています。

Lamb_astra01

その巻き毛の紋様や雰囲気には毛足の長さ等も影響し、特許を持つアフリカ原産のもの等もあり、大半がブラック、或いはグレー系のもの。(※写真は参考写真)

IMG_1139

そのアストラカンを甲側に使用し、手のひら側には御馴染みのラムナッパを用いる事で、暖かさと見た目の上品な印象は勿論、PARISIが大切にしているフィット感を損なう事なく作られています。

IMG_1140

洋服のスタイルで例えるなら「同色異素材」をグローブで表現した?とでも言えるでしょうか。
この手のグローブは数あれど、「本気で作った」グローブは、実際それ程多くはないのでは?と思います。

IMG_1141

こちらもライニングは”不可欠”なカシミアライニング。
甲の暖かさとライニングの暖かさで、見た目から暖かさを感じますね✨

IMG_1147

このオールブラックのグローブには同じ色の中に奥行きを感じさせる分、組み合わせる洋服、靴にも異素材を合わせると、よりグローブにも存在価値が高まります。

写真のようにポニーを使ったパンプスを合わせるなど、一つの色のトーンの中に沢山の素材違いが集まると、たったそれだけで「180度違ったスタイル」に見えるものです。

IMG_1148

もはやグローブの存在意義は、かつてのような防寒道具ではなく、”ファッションアイテムとして必要”な存在になっています。

手に付けるだけではなく、バッグやジャケット、コートのポケットに挿すなど、色んなシーンでグローブは「物言わぬ主張」をしてくれるものです。

これから益々寒くなる時期に向けて、是非今回の新作グローブを検討してみては如何でしょうか?

きっと心も体も暖かくなれる?はず…









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_9227

あっという間の秋の到来に夕方以降の寒さは、一際進んだように感じられます。

写真は昨日の夕空。
まだら雲に夕日が射して、何とも言えない綺麗な空を見せてくれました。

IMG_9259

夜間近の空はこんな風に怪しい光を放ち、秋の夜空の色んな表情を見せています。

IMG_9260

一昔前には考えられなかった”一瞬のひらめき”をスマートフォンに収めて置く事が出来る便利な時代。
こうして自然が見せる様々な表情を収めておくのも、また秋の変わった景色を眺めることが出来る風情の愉しみ方と言えるかも知れませんね。

さて、昼と夜の気温差が開き始め、多くの方が服装を迷っていらっしゃいます。
今日は季節問わず気になる、尚且つ”レア”な存在のウィメンズパンツをピックアップしてみました。

7cc248f8_1

ご紹介するのは”GERMANO”。

GERMANOと言えばメンズでは知られた美シルエットが魅力のボトムス専業のブランドですが、何と今季ウィメンズが初の入荷となったのです。

とは言え、日本のお店でも取り扱っている店舗は数少なく(ひょっとしたら当店だけかも知れませんが)、男性のパンツを見て「あんなパンツが欲しい」と言う声をチラホラ耳にしていた当店だけに、女性のお客様に男性と同じ拘りを持った製品を提供出来る歓びは、このブランドに限らず実はとても大きなものなんです。

IMG_9419

MTG GERMANOと名付けられたウィメンズのコレクションは、今回初めて(今秋冬分)代理店様で見つけてしまい、数々のファクトリーブランドのウィメンズボトムスを揃えたい当店としては、間髪入れずにオーダーをお願いしました。

これまで、そして現在も、様々な専業ブランドのボトムスを取り扱って来ましたが、”美シルエット”で知られるGERMANOのウィメンズとあって、自ずと期待値も上がりましたが、そのオーダー分が本日到着しました。

元々イタリアのナポリ近郊サレルノで1952年に設立されたGERMANO。
イタリアらしいサルトリアーレの手法を取り入れ、イタリア国内で生産され続ける老舗のファクトリーです。

このブランドのラインナップには様々なテイストの物がありますが、何と言っても無駄のないシャープなシルエットは、GERMANOらしさを最も感じさせてくれる物でも在ります。

その優れたシルエットを

女性らしい美しさ

で表現したウィメンズのラインナップは、メンズ同様のシャープな魅力を持ちながらも、イタリア人が好むディテールやシルエットをそのまま再現した物が多く揃います。

今回当店がオーダーしたのは2モデル、計3種のパンツ。

IMG_9397

一つ目が、この綺麗なオフホワイトのサキソニー素材を使った2プリーツのトラウザーズ。

IMG_9341

ウエストをホールドする太幅のベルトラインと、腰回りにゆとりを与えるプリーツ、そしてそこから裾へ向かってシャープにテーパードするシルエットは、GERMANOが考える女性のパンツに於ける美的解釈。

IMG_9343

履く前からシルエットの美しさを想像させてくれるシルエットに、当店がどうしても拘ったのが、この柔らかくしなやかなドレープを生むサキソニー。

IMG_9345

柔らかく、軽く、そして趣のある素材の恩恵と色、これらがこのパンツにピッタリ合っているのは、素材との相性が良いと言う事。

女性のパンツに於ける動き易さや履き易さ、素材の柔らかさ、軽さ、その全てが一つに集約された様な、美しいパンツに仕上がりました。

IMG_9339

男性のそれとは違う、女性の為だけのGERMANOは、確実に女性の身体を美しく見せ、また装いに華を添えてくれる存在でもあると言う事が伝わって来ます。

IMG_9340

イタリア本国で全て作る事に拘りを持ち、また「たかがパンツ一本」に対して、これほど沢山のブランドがある中で、違った魅力を与えてくれるGERMANOのパンツには、他のブランドが持つアイデンティティ同様、GERMANOだけの表現と言うものが確かに存在しています。

このパンツ、オンスタイルのシャツやジャケットは勿論ですが、特に休日のボリュームのあるニット等と合わせ上品なスタイルも、とてもお勧め。

IMG_9403

秋冬の上品カラーの代名詞、オフホワイトやトープ、アイボリー等と組み合わせて、女性だけのラグジュアリー感溢れるスタイルも。
(写真使用商品:パンツ/GERMANO、ダウンベスト/SCHNEIDERS、コート/MAX MARA)

IMG_9404

女性だけが楽しめる特別なカラーやアイテムを組み合わせた上品な秋冬スタイルに、このパンツは必須。
確実に大人の女性感を作りだしてくれる一本です。




IMG_9400

2本目はコチラのストレートシルエットが特徴のベルトレスのトラウザーズ。

IMG_9402

実はこのパンツにも当店なりの世界観があり、ウールなどオンスタイルに限定する素材を選ぶと、他ブランドのパンツでも代用が利くものになってしまいます。(勿論、細かく言えばシルエットはそれぞれ違いますが)

そこで当店が選んだ素材が、

厚みのあるストレッチデニム生地

です。

IMG_9347

このパンツのシルエットの特徴を生かしてくれる、柔らかさとデニム生地らしいハリは、綺麗に魅せる為には無くてはならない物でした。

IMG_9348

太幅のベルトライン、そしてヒップから裾まで綺麗に真っすぐに伸びるストレートシルエットは、言うなればセミワイドなレッグライン。

IMG_9350

特に平らなヒップが多いアジア人にとって、このシルエットは見事に綺麗なヒップライン、そしてレッグラインを作ってくれる強い味方です。

IMG_9351

反対にヒップの大きな方にとってはヒップを強調する事無く、ヒップ下から真っすぐに伸びるレッグラインによって、綺麗な脚のラインを作る事が出来ます。

厚みのあるデニム生地は仄かに洗いを加えた位の色の濃さで、硬い印象を受けますが、実際にはとても柔らかくストレッチ性も言う事無し。

生地の重みはそれなりにあるお陰で、身体のラインを(過剰に)拾う事無く、美しいパンツスタイルが作れる一本です。

白のシャツやザックリとしたローゲージのタートル、時にはレザーやダウンジャケット等、ボリューム感のあるトップスや、時にはリブのニットなど逆に細身のフィット感のトップスを合わせて、腰下が長く見える様なスタイルにもお勧めです。




そして3つ目は、前出のパンツに別生地を載せたタイプ。

IMG_9398

これもデニム生地の物と同じ様に、敢えてのカジュアルな素材の選択によって、限られたシーンだけでは無く、多くのスタイルに合わせ易く使い易くする事が前提。

IMG_9399

選んだ素材は、

ストレッチコーデュロイ

です。

IMG_9353

一般的にストレッチ性のコーデュロイが使われるボトムスには細身のテーパード等が多くを占めると思うのですが、実はこの素材の特徴でもある”洗いを加えた”コーデュロイは、一般的な想像の物よりも、「非常に柔らかくしなやか」なのがポイント。

この素材を用いる事によって、硬さやハリを連想するコーデュロイが、まるでウールの様に柔らかくしなやかさを作り、それらがパンツに動きのあるシルエットを作ってくれるのです。

IMG_9355

中畝のコーデュロイは使い易いベージュ系カラーで、ガーメントダイやウォッシュドの加工が好きなイタリア人にとっては、欠かせない色、素材の一つ。

IMG_9359

このパンツもまたローゲージのニットなどボリュームのある物を合わせたり、時にはデニムシャツやミリタリーアイテムを合わせて、捻りのあるカジュアルスタイルが楽しめる一本。

その他にもAtelier Amboise(Alberto Luti)のプンターレ等、カジュアルなベルトを合わせたりして、味わいを更に足しても良いですね✨

このデニム生地とコーデュロイ生地の2つは、勿論フルレングスで穿く事をお勧めしますが、ヒールのある無しに関わらず、それがフラットパンプスでもローファーでも、このシルエットの美しさを活かす組み合わせを店頭ではご案内しています。




こうして日本では初となる(イタリアでも初かな?)GERMANOのウィメンズボトムは、他に先駆けて真っ先に店頭に並んでいます。

INCOTEX、BERWICHと並んでベーシックなパンツを好む人も、またかしこまらずに普段から素敵なパンツスタイルで過ごしたいと言う方も、是非とも試して頂きたいGERMANOのパンツ。

男性から見た魅力的な存在感が、今回のパンツにはシッカリと込められています。
是非ご検討下さいね✨






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ