IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ドルモア

IMG_0640

秋晴れに恵まれている今週。
空は青く暖かな陽射しに恵まれ、今日も心地良い一日となっています。

季節が進むと共に頭を悩ませるのがコートやジャケット等の羽織物。
特に車移動が多い方にとって、「ダウンを着るには暑く、全く着ないのも寒い」、そんな毎日にお勧めしたいのが入荷したばかりのDrumohrのニットカーディガン。

IMG_1197

8ゲージのラムズウールを使ったミニケーブルの編地の一着です。

Drumohrのラムズウールと言えば、カシミアやアルパカと同等、もしくはそれ以上に暖かさを感じさせてくれる優れた素材。

既に体感された方も多いと思いますが、このニットの保温力は驚くべきものがあります。
その保温性が大きなメリットとして活かされる今回のカーディガンは、見た目の美しさも然ることながら、女性らしいシルエットも大きな魅力。

IMG_1198

コンパクトで縦長のケーブル編みは、畔編み等と比べて立体感があるうえ、インナーがどんなものでも、この一着で存在感を作り出してくれます。

特にデイリーユースで考えるとTEEシャツやカットソー等、気軽に使えるインナーとの組み合わせが増えると思いますが、そんな時にも、この一着がその日の装いをグッとアップデイトしてくれます。

IMG_1199

更に編地と共に特徴となるのが、丁度良い着丈のバランス感。
ベルテッドカーディガンに多いヒップまでの着丈ではなく、しっかりと膝付近までを覆ってくれるミドルレングスは、女性らしいシルエットを作ると共に暖かさも確保。

IMG_1202

また肩の作りはドロップショルダーで、身幅にゆとりを作り、肩に丸みを生み出す為、より女性らしさが生み出されます。

IMG_1201

美しいシルエットラインは、この肩回りや身幅から生み出されている物でもあり、このケーブル編みから作られる縦横への自然な伸縮性は、ベルトを結ぶ事でウエストコンシャスになり、また女性らしい背中回りや腰回り(ヒップ回り)を作り出します。

寒暖の差がある今の季節、暖かい日にはTEEシャツやカットソーと、寒い日にはクルーネックやタートルネックのニットと、もっと寒い日にはカーディガンの内側に薄目のインナーダウンをレイヤーするなど、実は想像以上に多くのスタイルを楽しむ事が出来ます。
(更に上からコートを羽織る事も出来ます)

またちょっぴりかしこまったお出掛けの際には、パールなどのネックレスやシャツを合わせたり、ウールのトラウザーズを合わせたりなど、この一着で多彩なバリエーションのスタイルが叶えられます。

参考までに、このカーディガンと相性の良い(当店お勧めのパンツとして)INCOTEXやgermano等のパンツをお勧めしています。




INCOTEXのGILDAの様なスッキリとしたテーパードの効いたパンツは踝丈で、germanoのワイドなシルエットのパンツはフルレングスで、それぞれ着丈の使い方次第で、美しく女性らしいスタイルが完成します。

これからの季節、最も登場回数が増えるであろうDrumohrのベルテッドカーディガン。
当店のラインナップの中で非常にお勧めの羽織の一着です。

是非ご検討の一つに加えて見ては如何でしょうか。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


blog001

深夜の降雨のせいか、とても涼しく過ごしやすい一日に恵まれた日曜日。
涼しさを感じると少しずつ秋の装いも恋しくなってきますね。

私達の仕事はこの季節来春夏発注の真っ最中。
女性物の発注もそろそろ終盤となりますが、来年も楽しみなブランドアイテムが沢山揃いますので楽しみにお待ちいただければと思います。

と、季節は先を感じさせていますが、今日は先日もちょっぴり触れたDrumohr(Donna)の新作ニットをピックアップしてみます。

「Drumohr=ベーシック・クラシック」といったイメージを持たれている方も多いと思うのですが、実は(当店ではオーダーしていませんが)とても攻めたニットウェアも多く、素材のバリエーションも豊富。

その中から当店が日常的に使い易いアイテムを選択、オーダーしている訳ですが、その日常的に使い易いベーシック基調のアイテムも、少しずつ変化を取り入れています。

IMG_4263

例えばこのメリノウールのVネック。
いつもならば袖も裾もリブエンド、サイズは程よくスクエアなシルエットに収まるのですが、今回オーダーしているのは、ボーイフレンドサイズで、裾にスリットを与えたリラックスフィットのモデルです。

IMG_4266

当店ではニットのレイヤードを積極的にお勧めしておりますが、まだまだニットのレイヤードを楽しむ方は僅か。

IMG_4265

中にシャツを重ねたり、スカーフや変わり衿のブラウス等、Vネックのニット(しかも裾が開いているところがポイント)にはレイヤードが楽しめる大きなメリットがあります。

IMG_4267

Drumohrの魅力の一つでもあるメリノについては割愛しますが、今回このモデルでは写真のレンガ色とブラックをオーダーし、秋冬を楽しくさせてくれる魅力的なカラーリングを揃えました。

IMG_4268

ブラックもメリノ素材になるとその黒さも一際黒くなります。

IMG_4270

インナーにTEEシャツやカットソーを入れたり、白のシャツを入れたり、ミドルゲージのニットは冬までの”ミドルアウター”的要素で楽しむのが正解。

こうして少しずつですが変化を加え(見た目では判り辛いかも知れませんが)、ベーシックやクラシックを基本にしたスタイルに鮮度を感じさせています。

IMG_4272

同じように、こちらのラムズウールのタートルネックも、実は変化が加わっています。

もともとDrumohrのアイデンティティの一つでもあるラムズウール(カシミアもそうですが)は、多くの方が連想されるラムズウールとは「別物」と考えて頂いて良いと思います。

それだけラムズウールの質の良・不良が判り易いというものでもありますが、Drumohrのラムズウールは、カシミアやアルパカ同等の保温力があり、また毛質も非常に柔らかく長く、「ラムズウールは本来はこうだったのか」と口にされる方も多いほど。

IMG_4274

そのラムズウールを使ったタートルネック、過去にも店頭に並んだ事はありましたが、今回の新作は肩の作りがラグランスリーブになっているところがポイントです。

これによって肩の可動域も広くなり、また何より女性にとって嬉しいのは、「肩の線が優しく華奢に見える」こと。

IMG_4277

ニットを袖捲りして着る女性も多いと思いますが、袖を捲ると「肩の山が立たない」ことが分かると思います。

自然なラインで、女性らしくクラシカルやベーシックをまとう為には、実はこんな些細なディテールの変化が大切だったりします。

IMG_4278

同じくラムズウールを使った新作では、細かなミニケーブルを編地に施したクルーネックもあります。
このラムズウールは5ゲージと決して細く無く、また太くも無く、最も使い易い太さの糸だと思いますが、何よりもの魅力は「軽さ」です。

軽さを求めると編地もフラットになりそうですが、このミニケーブルは軽さを維持しながら”立体感”が作られ、一枚で着た時にもしっかり存在感を作ってくれます。

あまりにも軽すぎてフラットな物になるとラムズウールはチープな印象にも見えかねません。
実はとっても大切な要素。

IMG_4280

そして今回このニットで当店がどうしても拘りたかったのが、この奥深いピンクベージュの色合い。
光の加減や、合わせる洋服の色によっても、違って見えますが、有りそうで無かったピンクベージュの色は、多くの場合がピンク味が強すぎてガーリーに見えてしまう物もあります。

そこはさすがと言うべきでしょうか、Drumohrの作り出す中間色は大人にピッタリの魅力的な色に仕上がっています。

IMG_4393

ちなみにこのカラーはメンズのニットでもオーダーをしていますので、パートナー或いはご家族の方にも是非ともお勧めさせていただきたいと思います。

IMG_4282

そして最後にご紹介したいのが、「Drumohrと言えばこれでしょ?!」と言う方も多い、Super 140'sを使った30ゲージのニットシリーズ✨

IMG_4285

このシリーズもこれまで何度もオーダーを続けて来ておりますが、今回の新作はチョッピリ違います。

前出のオーバーサイズフィットのメリノと同じように、全体にゆとりを与えたシルエットを採用し、更に裾にスリットを与える事で、よりインナー利用やカットソー代わりの一枚として役立つ物に進化しています。

IMG_4284

我々世代にとって、「いつでもカットソーやTEEシャツ」は最早ナンセンス。
数年前からカットソーがニットに代わって来たように、メンズウェアもウィメンズウェアも、

大人のトップスはニット

が鉄則にすらなってきています。

年齢的に、少しでもキチンと、しっかりと、クリーンな印象を持ちたい世代にとって、いつでもどこでもカットソーでは、見る人からすればだらしなさすら感じさせるシーンも無くはありません。

元々Drumohrの30ゲージのシリーズはインナー利用の方も多く、このシリーズはメンズの織りネームに「Drumohr Modern」と書かれている様に、ある種のインナー、デイリーウェアとしての存在意義が大きな物でもあります。

ウィメンズは統一されたゴールドの織りネームになっていますが、その用途からもわかるように、

上品・上質な素材を日々身に着ける

ことが大人としての嗜みの一つにも数えられます。

既にお持ちの方には新しい形として、また試された事の無い方には是非とも一度お試し頂きたいシリーズです。

今シーズンはDrumohrの入荷が(現在の所)順調です✨
例年ならば早めの動きが目立ちますので、是非ご興味のある方はお早目のご検討が良いかも⁉








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2177

あっという間にお盆休みが終わりを告げ、街には静けさが広がっています。
夏休みを前半に取る方、或いは後半に取る方も多いであろう今年の日の並びは、良い意味で混雑を多少は解消している様にも思えます。

まだまだお休みが続くと言う方は気を付けながら、そして明日から仕事と言う方は気分を入れ替えて、週末に向けて頑張って頂きたいと思います。

さて、今日は明日からお仕事と言う女性にお勧めしたい「スタッフのコレ良かった」一品をピックアップして見ました。




お仕事にも休日にも使えて、尚且つ暑い日には涼しさを提供してくれるトップス、それがこのDrumohr。

IMG_3046

既に店頭でもご覧になられた方も多いと思いますが、このトップス、実は見た目以上に”使える”一着なんです。

IMG_3044

素材にはZANONEで御馴染のアイスコットンを使用している為、肌に密着せずサラリとした感触が特徴の着心地。

それでいて、とても柔らかく肌に優しい感触が第一印象。

IMG_3045

形はとてもシンプルで、ボックス型に近いシルエットに、ほんのり肩を落とす袖や女性らしい衿型が、このトップスを着た時初めて「見た目とは違う」ものに気付かせてくれます。

IMG_3054

このトップスは置かれていたり、ハンガーにかけられていると、その魅力が余り伝わり辛く、あくまでも気持ちの良い素材であることだけが判る程度。

しかし、ZANONE同様に汗ばむ季節にこそ、素材は威力を発揮し、またビジネスシーンではジャケット等のインナーとして活躍したり、実は多くの人が思う以上に活躍の場面を広げてくれる一着なんです。

IMG_3053

一枚だけで使うときも、裾を入れるか入れないかだけで、だいぶ印象が変わります。
特にオンスタイル時にはボトムスに裾を入れて、シンプルに着る事を心がけるだけで、ブラウス的な見た目を作ってくれます。
(写真使用商品:トップス/Drumohr、ボトムス/MAX MARA、バッグ/Felisi)

IMG_3051

休日には裾を入れても出しても、その特徴の一つでもある素材の適度なハリやシャリ感が、独特な表情を作りだしてくれる事で、ただのカジュアルではなく上品さを加えてくれるのも大きなメリットです。
(写真使用商品:トップス/Drumohr、ボトムス/MAX MARA)

IMG_3052

置かれたり、ハンガーにかけられていた時には気付かなかった、袖の女性らしいディテールも、このトップスの大きな特徴で、ヒラヒラとしなやかに動きを作る袖の形状は、まさに大人のフェミニンを表現してくれます。

そしてスタッフの声だけではなく、実はこのトップスを購入されたお客様の全員が

「このトップス良かったよ~」

と口にしているほど、このトップスの魅力は見た目以上で在る事が伝わります。

実際に着て頂いているお客様の生の声を訊くことで、よりシンプルでありながら魅力的な物作りをするDrumohrらしさを改めて痛感します。

ZANONEと似ているけれど、物作りのベクトルがチョッピリ違うDrumohrのアイスコットンシリーズ。

まだ試された事の無い方は、是非一度お試し頂きたい一着です♪





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_8262
徐々に暖かさを感じ始めた今週。
穏やかな陽射しが心地よく、今日は朝晩の冷たさを忘れさせてくれるような小春日和の一日となりました。

これまで遅れ気味だった欧州からの荷物が少しずつ動き出し、今週は各ブランドから様々な新作が届く様になってきました。

中でも特に当店がお勧めしたいのが、季節を通じて使える”ベーシックアイテム”。

男性にとってのベーシックアイテムは、女性のそれとはまた違い、色褪せぬ魅力と変わらないシルエットやディテールが優先されます。

シンプルな物ほど、着る人のアイディアや着こなし方によって表現が変わり、その見え方そのものが個性として顕れる訳ですが、今日取り上げるのは定番中の定番”Drumohr”の30ゲージのニットウェアたち。

167086958
当店に長らくお越しの方にとっては御馴染のDrumohrのハイゲージコットンのシリーズは30ゲージが基本。

その糸の艶やかで滑らかな触り心地と、汗ばむ季節にサラリとした感触を与えてくれる春夏秋と3シーズンをカバーしてくれる強い味方。

167086882
それらをショートスリーブのクルーネックと、Vネックカーディガンでツインニットとして提案するのは、こちらも当店では御馴染。

167086882_o1
ジャケットを着る機会のある人も無い人も、そしてお仕事でも休日でも、この組み合わせがあれば、大抵のシーンは”それなり”にキチンと見えてくれるはず。

167086882_o2
秋冬のメリノの30ゲージ同様、春夏にも繊細なニットの質感によって、その日のスタイルをクリーン且つ上品な物に仕上げてくれるのです。

167086940
また春夏のクールな印象を与えてくれる”モノトーン”での提案も当店ならでは。
意図的にホワイトとブラックを選ぶ事によって、無機質的な涼しさを感じさせるのも、この糸の質があってこそです。

167086940_o2
ショートスリーブはジャケットなど羽織物のインナーとしての他にも、一枚で上質感を作り、夏の一着としても便利

167086940_o4
カーディガンはシャツでもカットソーでも、勿論ツインニット(アンサンブル)でも、時にはシャツにタイを締めたオフィスでも使えるだけに、それぞれのアイテムが、それぞれ魅力を発してくれる便利この上ない存在です。

毎シーズン、色を買い足す人も多い、このシリーズ。
既にお持ちの方も、初めてトライする方も、是非一度お試し頂く事をお勧め致します。

そして、今シーズンはこのラインナップに新たなモデルが加わっています。

167073534
それがこの”Relax Fit”のシリーズ。

167073534_o3
敢えてゆとりを持たせてつくられた身頃は、ドロップした肩回りと共に、独特な雰囲気を作りだしてくれます。

ベーシックもサイズのゆとりが作られるだけで、ここまで雰囲気を変えて魅せられるものか、と改めて感じさせてくれるDrumohrなりのコンフォータブルな解釈が、やはり上質な糸と共に表現されています。

167073534_o2
またこのモデルでは”敢えて”ハイネック(一部ではモックネックとも呼んでいるようですが)でオーダーしています。

衿元にスカーフやバンダナが無くても、衿回りがしっかりフィットしていると、上半身がスッキリと綺麗に見える効果があります。

長身がそれ程多くは無い日本人男性にとって、こうした”見た目の効果”は大切なファクター。
ボトムの太細も選ばず、どんなスタイルにも取り入れ易いRelax Fitは、春夏の大きな武器となってくれそうです。

ベーシックをお持ちの方は特に新しい切り口としてトライしてみて頂きたい一着です。

この他にも、現在様々な新作が店頭に到着を進めています。
春夏らしい装いが楽しい季節になって来た今、これからの気分を上げてくれるのは間違いなく新作たち。

是非今週は新しい装いをクローゼットに加えてみてはいかがでしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0777
陽射しは穏やかでも、風は冷たい、そんな毎日が続いている長野地方。
毎年、春が近づくと強い風と昼夜の気温差が広がり、この春の嵐?が過ぎると、途端にポカポカとした陽気に包まれます。

夏から秋への移ろいは徐々にですが、冬から春への移り変わりは、いつも急にやって来ます。
体調を崩し易い時季でもありますが、心の栄養を与える為に、せめて服装だけでも少しずつ備えて行きたいものです。

さて、今日は男性に向けて、沢山の新作の中から当店がお勧めする二つのアイテムをピックアップしてみました。

先ず一つ目は当店のプロダクトとして認知頂いているAgnelli & Sonsの新作ローファーです。

IMG_2168_PhotoRoom_20210302_142100
2014年から始まったこのプロダクト。
あっという間に7年もの月日が経ち、その間、様々なアイテムを提案してまいりましたが、その中でも特に効果を実感出来るのが、このローファーのラインナップ。

IMG_2173_PhotoRoom_20210302_142240
幾つかの段階を経て作り上げられるこのローファーには(※詳細はオンラインストアにて)、様々な技術と”疲れ辛い”特徴があります。

IMG_2175_PhotoRoom_20210302_142307
そのうちの一つを担うのが、ベベルドウェストに見せるグッドイヤーとマッケイの組み合わせや、フィドルバックに寄るものですが、元々土踏まずのシェイプを作る為に生まれた技術でもあり、また現代ではビスポークシューズに見られる代表的なディテールで、”靴を美しく”見せるものでもあります。

IMG_2176
とにかく手間と時間が掛かる仕様の為、既成靴では余り見る事の無いディテールの一つ。
(※英国のガジアーノ&ガーリングはフィドルバックの代名詞の様になっています)

さらにこのウエスト部分だけをマッケイ製法(他はグッドイヤーウェルト)で作られている為、靴全体の反りも良く、足への付きが良い事から、長時間履いていても中々疲れる事が無いと言うのが今回の靴です。

IMG_2177_PhotoRoom_20210302_142345
ヒールは裾へ向かう緩やかなテーパー、僅かに高めのヒール設定によって、美しく綺麗な立ち姿を生んでくれます。

このフィドルバックやベベルドウェストだけでも、靴が美しく綺麗に見え、どこか艶やかさを感じさせてくれるのも、このローファーの特徴です。

IMG_2172_PhotoRoom_20210302_142226
今回の新作ではアッパーにイタリア、OPERA社の”LONDON”を採用しています。
このLONDON、毛足が長く、水に強いスウェードとして知られ、これから雨季を迎える季節にも最適。

IMG_2169_PhotoRoom_20210302_142115
こうして一般的には10万超えの靴で見られるような、様々な拘りやディテールを取り入れているのがAgnelli & Sonsのローファーです。

IMG_2260_PhotoRoom_20210302_135713
これまでの表革の物に比べ、幾分柔らかさを感じる今回のスウェード。
木型に某EBで使用するものを使っている為、ワイズは細目ですが、数回履いて頂くと自分の足に馴染みながら、ゆっくり伸びて行きます。

IMG_2262_PhotoRoom_20210302_135737
実は当店スタッフが一年を通じて最も着用回数が多いのがこのシリーズのローファーなのですが、普段から立っている時間が多く、また時には出張に出る事もあり、その使用頻度の中でも”一番疲れを感じない”のが、この靴。(決して大袈裟ではありません)

ECEFA4B5-7BAD-459A-9EC2-90B93BA60EF5
また今回のスウェードはオンオフ共に利用価値が高く、更に多くの色との相性が良い事から、今回の新作もまた着用回数が増えそうな予感。
(写真使用商品:左上から時計回りに、ジーンズ/TELA GENOVA、ベスト/Agnelli & Sons、中に着たシャツ/Drumohr、ローファー/Agnelli & Sons、シャツ/GUY ROVER)

245FFAE8-E1A9-4087-A809-013FD2C559CB
素足でもソックスを履いても、この色、この素材ならば素敵に見えてくれる、そんなメリットもありますね。
(写真使用商品:左上から時計回りに、シャツ/GUY ROVER、ジャケット/BARBATI、ローファー/Agnelli & Sons、ジーンズ/TELA GENOVA)

IMG_2228_PhotoRoom_20210302_143031
意外と靴が後回し、と言う方が少なくない男性。
服装がキマっていても足元が残念、と言う人を見る事もしばしば。

IMG_2229_PhotoRoom_20210302_143045
実際、10万円以上の作りの靴を半額近くで手に入れ、それらから得る様々な発見や履き心地は、それまでの考えを変えてくれるものになると、私達は信じています。

この春、新しいものにチャレンジしたいと言う方、或いは靴の新調を検討していらっしゃる方に、是非ともお試しいただきたい一足です。

そしてもう一つのアイテムが、このDrumohrのチルデンセーターです。

IMG_3020_PhotoRoom_20210306_182010
当店取り扱いブランドの中でも比較的古くから続けているDrumohr。
既に多くの人たちが、その魅力を体感し、またそれらから多くの発見や糸や編地への造詣を積むなど、常に品質と確実な製品づくりに魅入られています。

その中で当店が何年も(毎シーズン)オーダーを続けているのがチルデンセーター。

IMG_3021_PhotoRoom_20210306_182021
これまでもDrumohrをはじめ他ブランドでも提案させて頂いているチルデンセーターですが、今回のものでは緩編みのニット地に加え、ただでさえ柔らかなコットンにカシミアがブレンドされています。

更に付け加えておきたいのが今回の色。

IMG_3022_PhotoRoom_20210306_182035
まるでミルクを含んだカフェラテのように穏やかで綺麗なラテカラーをベースにオフホワイトのライン、そしてケーブルを編み合わせ、大人の休日に相応しい佇まいを生んでいます。

14903AFD-8D59-40A7-BA63-6767FA8655BE
緩編みによって、平置き時の寸法(オンラインストア参照)より、着用時の方が若干ゆとりを生む為、よりコンフォートな着心地になり、春夏にとって申し分のない良い緩みを作ります。
(※スタッフ着用サイズ46・・・他ブランドも含め普段は46でピッタリ)

ジーンズやチノーズ、ウールのトラウザーズ、果ては初夏のショーツまで、多くのスタイルを昇華してくれるチルデンセーターは、奇しくもプレッピーな装いが増えている今の風潮にもピッタリ。

ホワイトやネイビーがベースの物に比べ、一段と大人らしさが加わる今回のラテカラー。
これからの季節にピッタリの一着です。

今日ご紹介した何れも、クローゼットを長く暖めてくれるものたち。
安価に入手した物を雑に使い寿命を早めるより、良い物を適正に入手し大切に扱う方が、今日の言葉で言う”サステナビリティ”にフィットします。

これから春夏の装いを選ぶと言う方は、是非一度お試し下さい。

以上の他にも、現在店頭では沢山の新作が揃っています。
まだまだ冷たさ残る今のうちに、是非とも春夏の御洒落を揃えて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ