IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:トートバッグ

IMG_5305

急激な寒さがやって来た今週。
奇しくも週末はクリスマスを迎えるべく輝きに彩られています。

IMG_5377

現在店頭ではPRE SALEを開催しておりますが、早くも初春物が入荷を始めています。

寒さにクリスマスに春物、一見何一つ重なり合う事の無い単語ですが、それらを一つにまとめて提案できる物が有ります。

それは、、、「寒さに関係ない春物をクリスマスギフトとして購入する」と言う一見めちゃくちゃな組み合わせ。

IMG_8737

でも有るんです、、、春物として入荷している”バッグ”がソレです。

既にウィメンズが入荷済みのイタリア、Boldrini(ボルドリーニ)Selleriaですが、今回入荷しているのは基本的にはメンズのユニセックスタイプ。

IMG_8739

イタリアの革の町トスカーナで60年以上もの間、馬具作りに携わって来たBoldrini。
革の選択から縫製、仕上げに至るまで全てを職人達が手作業で作り上げている老舗です。

今回入荷している新作の中で最もお勧めするのが、このデコラティブなトートバッグ型。

IMG_8746

両側に張り出した天ファスナーは三つに仕切られたコンパートメントの中央の袋部分を多い、その両脇は(ブランドカラーでもある)赤のライニングで荷室を持ち、ブライバシーを維持しながら高い利便性のもと作られています。

IMG_8751

開閉はこのファスナーと外側に備えられたシークレットマグネット式。
それぞれの袋が使い易く、荷物を取り出し易い様に作られ、ライニングにも滑りの良い堅牢性の高いコットンを採用しています。

IMG_8748

このバッグ、サイズ的にはA4サイズの書類や雑誌、ノートパソコンやタブレットまでもが収まり、お仕事使いの方も、休日や一泊二日程度の小旅行ならまかなえてしまうユーティリティも魅力。

IMG_8740

両サイドにはスナップで留められた天マチがあり、これらを開くと荷室量が若干増えるのと同時に、デザインとしてもまた違った印象を作りだしてくれると言うもの。

IMG_8741

張り出しはこの部分の為の物でも在り、また不要な場合には内側に仕舞って使う事も出来ます。

IMG_8744

素材はBoldrini得意のバケッタレザーを採用し、緻密に検品を重ね、丁寧な鞣しと丁寧な縫製、そして高い技術に裏付けられた作りも含め、一般的なレザーのバッグと比較しても”かなり軽量”で在る事は、手にすると直ぐに判ります。

IMG_8733

横幅で約40㎝程度、縦に35㎝程度と、バッグとしては収納力、大きさ共に男女が使うのに最も適した実用サイズ。

IMG_8734

男性に差し上げる方はビジネスとして、女性に差し上げる方はお仕事から週末まで(荷物の多い女性にとっては当たり前の)収納力が光る一つとして説得力が有ります。

IMG_8736

適度なハンドル長は肩に掛けても使えるので、小柄な女性にも安心して使う事が出来ます。
勿論男性にとっては、急な雨等の際(バッグを濡らしたくない方は特に)傘を差しながら肩に背負う事が出来ます。

このバケッタレザー、一般的には鞣されたそのままの革質が特徴になるものですが、Boldriniでは表面に微細な凹凸のある加工を施し、ちょっとした水滴や傷などが気にならないよう、予め考えられた表情を作っています。

IMG_8752

少々無理やりではありますが、冒頭の3つの我儘を兼ね備えたものが今回のBoldriniのバッグ。
気後れせずに使える良心的な価格(Boldriniはコストパフォーマンスが高いことでも有名)も含めて、この冬最後の締めくくりとして申し分のない一点と言えそうです。

勿論、ギフト云々は抜きにして、自分への一年のご褒美としても是非手に取って頂きたいバッグです。



今回、この他にもトートバッグが入荷しておりますので、是非日々のパートナーとしてBoldriniのバッグを検討してみて下さい。

ちなみに、「余りにも理に適った作り」に惚れ、当店スタッフも購入致しました♪
是非皆様も♪






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


74e63947

9月も半ばを過ぎようとしていると言うのに、気温は夏に戻ったかのような”蒸し暑さ”に。
恐らくは台風が近づいているからだと思うのですが、急な寒さも嫌ですが、急な蒸し暑さ、豪雨も嫌ですね。

巷は明日から3連休、もっと長い休みの人なら9日間の連休ウィークが始まります。
休みが近づくと雨降りになるのは、とっても憂さが溜まりますが、9月は台風の季節でもあります。
お出掛けの愉しみも良いですが、豪雨による災害などへの心の対処もしておきたいですね。

皆様お出掛けの際には天気予報とお出掛け地の確認もお忘れなく。

さて、お出掛けにもピッタリと言いたくなる今日のお勧めは”CISEI”のレザートートバッグです。

cisei1200

男性にとっては馴染の深いCisei(シセイまたはチセイ)ですが、当店では女性にも使えるトートバッグを昨シーズンから取り入れています。

IMG_6121

それがこの上品にして上質なレザーのトートバッグ”946”です。
昨年はキャンバスとのコンビネーションの物を扱いましたが、サイズは全く同じ。

IMG_6122

そもそも何故この定番モデルのバッグがサイズダウンしたのか?
それはIT化が進み、ペーパーレス且つPCからタブレットへと変わる事で、荷物量が減って来た今、大きなサイズの利用頻度が減って来たことが理由の一つ。

もともとの定番モデル941は横幅で約45㎝ほど。
この946は一回り小さく横幅で約40㎝になっています。

IMG_6163

それでも充分バッグとしては平均値位の大きさになるのですが、この計測値の幅を感じさせないのは、このバッグの色や作りの妙に加え、ハンドルの形状や長さにあります。

IMG_6164

しっかりと本体に縫い込まれている芯地入りのハンドルは、手に持っても肩に掛けても使える絶妙なバランスの長さ。

そのハンドルの持ち易く、柔らかく、それでいて自立するほどシッカリとした安心感は、このハンドルの筒の細さが作っているとは思えないほど。

しかし、前述の通り、このほっそりとしたしなやかで伸びる様な曲線が、このバッグを大きくも無く、小さくも無く見せているのです。

IMG_6159

荷物量としてはA4サイズの書類や雑誌が横に収まる他、タブレット端末やB5版PCなら、入れて尚ゆとりがあります。

男性なら荷物を入れても(今となっては)まだ余りある大きさですが、特に荷物の多い女性にとって、この大きさは必要な化粧品その他の荷物がしっかり収まる、まさに実用性充分のサイズ。

IMG_6123

また外側には滑らかで柔らかく、上質さを直ぐに体感できるシボのあるカーフを使用し、その繊細かつ絶妙な肌感は、Ciseiならではの上質感を顕わしています。

ライニング(内側)には、同じく柔らかく上質なピッグスウェードを用い、表側と裏側を”共縫い”する事によって、強度を高めると同時に高級感も作りだしています。

ピッグスウェードは耐久性に優れていることも踏まえ、このバッグの形、素材、作りが、どれほど完成されているかが随所から伝わって来ます。

IMG_6125

両サイドはトップのスナップによってマチを解放することが出来ます。

IMG_6162

Ciseiのバッグの素晴らしさは、先述の通り、表と裏を共縫いすることで補強面と共に、この柔らかな革質にも関わらず”自立”すること。

長年ベストセールスを続けている理由は、”モノの作り”に顕れ、支えられているのです。

昨年はあっという間に完売してしまい、店頭で見ることが叶わなかった方も多いと思いますが、今季は男性は勿論、特に女性に手に取って欲しいと願っている当店。

Ciseiの魅力は、手に入れて、そして使って初めて納得が得られるものです。

この秋、バッグの新調を考えている方は、是非ともCiseiのトートバッグを検討の一つに加えてみて下さい。
きっとお気に召して頂けるはず✨







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1418

いよいよ始まった”心機一転”の日。
今日から仕事始めの方々からは「嫌だなあ、憂鬱だなあ」と仕事嫌悪の心の声が言葉になってしまっていそう。

とは言え、休日の間もお仕事に勤しむ方々(職種)も多いので、ここは頑張って仕事復帰に取り組みましょう。

今日は涼しさにも恵まれ、時折降る小雨空に風も心地良い一日になり、新作のバッグも到着し、次なる季節も徐々に楽しみになって来ました。

IMG_3172

今日入荷したのは、当店のお客様には御馴染のイタリア、ボローニャのバッグメーカーAtelier Lavaの新作バッグたち。

その中から、春に開催したパーソナルオーダーとは別に、当店が形にしたかった幾つかのモデルをピックアップしてみました。

IMG_3173

それがこの二つのサイズ(同じように見えますが違います…)のバーキンタイプのバッグ。

IMG_3174

遡る事一年前、もともと存在していた大きなオータクロアサイズの物とは違う、女性向けのサイズを依頼したのが切欠で生まれた30サイズ(手前)、そして今回新たに依頼したのが、もう一回り大きな35サイズ(後)です。

IMG_3129

もともと使い易さや柔らかな革質から非常に人気となっていたこの30サイズは、見た目とは裏腹に、しっかり日常的な荷物が収まる収納力を武器に、単色や色の組み合わせによって、様々な個性が作れる魅力的なバッグでもあります。(オーダー時には色の組み合わせ、色の場所の指定が行えます)

IMG_3126

中身はコンパートメントは無く、背面側にファスナー式の片マチポケット(これが使い易い)、表側裏には袋状のスリット型のポケットがあるのみで、逆に不要な仕切りが無い分、使う人の用途に応じた仕分けができる事がポイントです。(多くの場合使わないポケット類が無駄についてしまいますので…)

IMG_3177

30サイズではA4サイズの書類が丁度ピッタリ収まる横幅があり、タブレット端末もご覧のようにすっぽりと収まります。

他にもペットボトル(350ml)や日常的な小さな化粧品、携帯、財布など、必要不可欠な物が全て入ってしまいます。

そしてこのモデルで当店が表現したかったのが「普段の服装に合わせ易く、それでいて存在感がある」物。

IMG_3124

このモデルに使用したカラーはZincoとAdriaと言う2色。

Zincoはイタリア語で亜鉛を意味しますが、この革色では仄かなカーキ味を帯びたグレー系のトーンをベースカラーに、Adria(恐らくはアドリア海をイメージ)と言う海を連想させるようなパッション系のオレンジカラーを取り入れる事で、基本はどんな服装の色とも相性が良く、それでいて(近年少なくなり続けている)スカーフやマフラーなどのアクセサリーが要らない位、バッグそのものに色の演出があると言う点が、このバッグの骨頂。

IMG_3175

パーソナルオーダーを開催すると、多くの方が(良い意味で)守りに入ってしまいがちです。
それが単色であれ、色の組み合わせであれ、どちらかと言うと「洋服の邪魔をしない」と言う捉え方が、比較的地味な色合いにしてしまう事は否めません。

IMG_3130

ところが、色の組み合わせ方次第では、今回のバッグのように「どんな服装にも併せられる」色味は、実は或るんです✨

また今回採用しているベースカラー(2種類とも)は、光の強弱、加減によって色が違って見える特徴もあります。
(色が比較的白っぽく見えている写真は屋外で、逆に濃く見えている写真は屋内で撮影しています)

IMG_3176

そしてもう一つは30サイズより一回り大きな35サイズ(新サイズ)です。

IMG_3110

一回り大きいと訊くと、さぞ「大きさが変わるんだろうなあ」と思われがちですが、大きく違うのは横幅が5㎝程大きくなるだけで、高さにして1㎝前後、その他マチやハンドルの長さ等は30と変わりません。

IMG_3111

そして収納力も30サイズと、ほぼ同じと考えて頂いて良いと思います。
要は、持った時のバッグそのもののバランス感が30とはちょっぴり違って見える(きっと横に並べない限り気付きませんが)だけなんです。

がしかし、そのバランス感は御洒落にとっては重要で、タップリした洋服(これからだとコートやダウン等もそうですが)が多かったり、オーバーサイズを良く着る方にとって、少しボリューム感が違うだけでもバランスが変わって見えたりするものです。

IMG_3178

そんな小さい変化に対して大きな拘りを持つのが当店ですが、実際女性にとって、荷物の量は一人一人違うもので、その日の都合や、普段必要な物の量も変わります。

常にバッグがパンパンな状態の方は、もっと大きなサイズを選んで頂くとして、今回のバッグはとにかく「色を愉しんで欲しい」と言う気持ちが強いカラーリング。

35サイズの方では、Fogと言うカラーをベースに、Woodyと言う明るめのブラウンを組み合わせる事で、ベースカラーは前出と同じく使い易いカラーでありながら、加えた色にもブラウンと言う、常にどんな服装でも合わせられるマルチなカラーリングを心がけています。

どちらも似たような色合いがベースになっているのに、実際に使ってみると、それぞれがそれぞれの持ち味や雰囲気を持ち、そしてどんな服装にも”意外なほど合う”事を実感していただけると思います。

IMG_3125

どちらも実用性が高い事は勿論ですが、特に地面に直接置く事も多い女性のバッグ事情にとって、最も欠かせない底鋲もシッカリと備わっています。

革のバッグにしては軽く、そして柔らかく、その上、色の雰囲気が他と違った味わいを作ってくれる、そんなバッグこそがAtelier Lavaのラインナップです。

その他にも、以下のようなバッグも季節ごとに展開しています。

Cus_Bir_001
(35サイズ・金具ゴールド)

Cus_Bir_002
(オータクロアタイプ・金具ゴールド)

Cus_Bir_003
(2WAYショルダー兼クラッチバッグ)

Atelier Lavaのバッグには、ソリッドな魅力と機能性が同居した、如何にもバッグメーカーらしい職人的な魅力があります。

今回のバッグたちも優れた機能性が在りながら、その沢山の色や素材のクォリティによって、多くの人達を魅了しています。

Atelier Lavaのバッグを試された事のある方も無い方も、是非今回の新作をお試し下さい。







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


bf043631
今週から始まったATELIER LAVAのパーソナルオーダー。
既に様々な組み合わせのご相談を頂いております。

前回blogでは女性に向けたバーキン型を中心にご紹介させて頂きましたが、今回は男性、女性共に、お仕事にも使えるバッグをご紹介いたします。

IMG_1398
先ず一つ目がコチラのモデル。
ATELIER LAVAのパーソナルオーダー開催を始めた第一回時に最も人気を集めた形でもあるブリーフケースタイプのモデルです。

IMG_1399
このモデルの特徴は何と言っても開口部が広く、また扇状に開きながら両サイドにライニングによる蛇腹が在る為、荷物が零れ落ちず、また必要以上に内部が覗く事が無い、まさに仕事にも最適なバッグです。

このモデル、先ず特徴的なのが、表裏同じ表情をしているデザインですが、表面の凹部分はスリット式のポケットになっており、裏面の凹部分はキャリーケース(トロリーケース)のハンドルに滑らせて使えるストラップになっています。

「前後デザインが同じなのに、用途が変わる」

そんな当たり前を何の疑いも無く自然に行えるあたりがイタリアのクラフツマンシップ。
変わらないデザインと使い道を変える、イタリア人のDNAの様にも感じられる仕事の一つです。

IMG_1401
開口部は広く、ファスナーで開いた中身はほぼ全てが見渡せる広がりになります。
A4サイズの書類やタブレット、ラップトップPC等も収まる大きさです。

IMG_1402
ライニングには片側にB5サイズが収まるマチ付きポケット、そしてもう片側(写真)にはファスナー式ポケットとマチ付きポケットが2か所あり、整理が苦手な方も、或る程度は荷物を分けて収納出来そうです。

IMG_1403
またこのバッグには専用のD管バックルが備えられており、専用の付属ショルダーストラップを付ける事によって、斜め掛けも可能になっています。

IMG_1405
一般的に、この手のストラップはオマケのような汎用部品で始末される事が多いと思うのですが、LAVAでは専用金具を使い、非常に丈夫な作りを実感できるパーツになっています。

勿論、金具は真鍮製です。

IMG_1404
ショルダーストラップも同素材の革が使われており、肩の頂点部分には専用パッドが設けられています。(移動可能)

IMG_1406
サイズは大きく無く、小さくも無く、仕事やちょっと旅先での荷物の持ち運びには最適な大きさ。
(モデル身長170㎝)

IMG_1407
トロリーケースに乗せて運んでも邪魔する事の無い横幅やマチ幅は、全体的にスマートに見える印象です。(上写真でバッグの外側に見えている部分がトロリーケースに収める部分です)

このバッグはお客様によっては、ラップトップPCを収めて運んだりするのに最適、とご利用下さっている方もいらっしゃいます。

現代社会でPCやタブレット等の機器類が不可欠な時代になり、こうしたバッグの用途も多様化していきそうですね。

サイズ、バッグの重さ等も踏まえ、男性だけではなく女性にも扱いやすいお勧めのバッグです。

IMG_1380
通勤をされる方々にとって、近年ではバッグの使い方、選び方も多様化し、トートバッグやブリーフケースの他にも、バックパックが一つの定番となりつつ在ります。

Atelier Lavaでは、持前の機能性やシンプルで無駄のないデザインをバックパックにも生かしています。

IMG_1381
二つ目のお勧めが、そのバックパックです。
Atelier Lavaが得意としている柔らかくしなやかなシュリンクレザーによって、形状こそ砲弾型に作られてはいるものの、実際中身の形や量によって、しなやかに形を変え、まるでナイロン素材の物のように使えます。

IMG_1382
お勧めのポイントとなるのが、ファスナーの引手部分の形。
引手の形一つで全体への印象が変わる場合もあるシンプルなバッグ。

このバッグの場合にはリーフ型の形をした引手を使っている為、バックパック全体の形状と、どこかシンクロしている様な、まとまりのある印象を受けます。

IMG_1383
そしてもう一つがショルダーストラップの付け根の形状と付き方。

一般的に肩の付け根は、一つのパーツから二つのストラップが出るか、或いは直接本体に縫い込まれて出ているかが多いですが、このバッグの場合には、一度ストラップ用の革が縫い込まれ、そこから其々のストラップに伸びています。

大した事では無い様に見えますが、実はここが最もチカラのかかる部分だけに、この付け方によってチカラが分散され、それぞれが強固に維持される大切な要の部分。

IMG_1384
また下の付け根は両サイドの裾部分に縫い付けられた雌金具に対して、調節可能な状態でストラップを留めています。

これも背中の中心から延びるストラップをシッカリと両脇で留める為のホールド性に加わっています。

当たり前な仕事に思える部分にこそ、シッカリと考えられたディテールを載せる、それこそがAtelier Lavaが長年培って来たバッグ作りへのアイデンティティと言えるかも知れません。

そしてもう一つ個人的に推すポイントが、ストラップ本体の帯部分。
この帯部分もシッカリと厚みを持たせ、肩回りに掛かる負担を軽減させている他、縫い方が非常に綺麗でスマートの仕上がっている点も、このバッグの、Atelier Lavaの美意識を感じさせます。

IMG_1385
内部はピッグスキンのライニングと、大きなマチ付きのポケットでコンパートメント。
シンプルなバックパックを、魅力的に見せるレザーライニングが、単なるバックパックでは終わらない質の高さを見せつけています。

仕事の方も、週末や休日に使いたい方も、このバックパックは色の選択次第で様々なスタイルを生み出してくれる一つになります。

今回のバッグの中で、1,2を争うお勧めモデルの一つです。

IMG_1408
そして最後にお勧めするのが、当店ではAtelier Lava取り扱い以降人気のモデルの一つでもあるトートバッグです。

IMG_1409
このトートバッグ型は、とにかく「使い易い」の一言に尽きます。
サイズも然る事ながら、形状が仄かに台形を模っている為、真四角にならない分、見た目がスマートに見えること、また底マチの幅があるのに、(ストラップによって)開口部を絞ったデザインの為、デザインとして美しいこと、そしてハンドルの長さが絶妙で、手に握っても肩に掛けても使える適当な長さに仕上げている点も大きな魅力です。

IMG_1410
開口部はストラップで調節可能になっているのですが、このストラップ部分が、このシンプルなバッグの形をデザインの一つとして捉えられている為、全体のまとまりが良く、また無駄を省いたシンプルなバッグ作りを行うAtelier Lavaにとっての骨頂とも言えるディテールとも言えます。

洋服と同じで、無駄を省き、シンプルになればなるほど、一つ一つのディテールや素材に於ける存在意義は高いレベルで求められるものです。

シンプルが美しいのでは無く、シンプルな中に見出すセンスを持つ”モノ”だけが美しさを纏う

のだと言う事をAtelier Lavaは体現しています。


この他にも、様々な形をご用意しております。
今週末ご予定が許されるお客様は是非店頭へお出かけ下さい。

きっとお気に入りの一つが見つかります♪

IMG_1414

※オーダーについてのオプション追加の詳細が4月9日時点でアップデイトされています。
主にバイカラーの採用可能なバッグの種類、バイカラーの採用位置の指定、使用金具の色指定等。

詳しくは店頭までお問合せ下さい。


【ATELIER LAVA PERSONAL ORDER】

期間:4月6日(水)~4月13日(水)
最終日のみ15時まで

その他詳細等について解らない点はお気軽に店頭までお問合せ下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


少しずつ肌寒さを憶える今週ですが、週末は途端に”寒い”と思わせる様な気温まで低下。
連日の気温差に体調を崩しかねない毎日が続いていますが、秋はこうして少しずつ近付いています。

”寒い”と思わせる一日があると、洋服の入れ替えや身支度を変えるきっかけになります。
まだまだ夏の装いが出ている方々、そろそろ衣替えをしても良さそうですね。

さて、秋の新作が連日到着を進めている中、まだまだ秋の洋服一辺倒は早すぎるのでは?とお思いの方にとって、ちょっぴり季節を、気分を変えてくれる物と言えば、”バッグ”の存在。

今日はFELISIの新作を中心に幾つか”実用性”の高いバッグをピックアップしてみました。

slideshow_img_d1851b
定番のラインナップが多いFELISIの中で、季節限定として販売されるのが、シーズナブルのコレクション。

今季は当店の思惑と一致し、FELISIにしては珍しい”レオパード”がメインモチーフとなっています。

そのシーズナブルコレクションの中で今回当店がオーダーしたのは、3種類のバッグたち。

163598488_o17
一つ目は、この使い易そうなサイズのトートバッグ。
一見するとただのトートバッグにしか見えないのですが、実はこのバッグは”リバーシブル”。

F01
表面は今季のシーズナブルでもあるレオパード(ナイロン)を、そして裏面には秋の色合いと親和性の高いオリーブカラーをオーダーし、トリミングのレザーの色と合わせて、絶妙なコントラストでオーダーしました。

開口部前後にはタッセル付きのストラップ、開口部左右にはサイズ変更と荷物の散乱を防ぐストラップがそれぞれ備わります。

F02
秋冬だけではなく、春夏にも出番が増えそうなこのバッグ。
内側のカラーへの指定をオリーブにしたことによって、レオパードのバッグに爽やかさすら感じさせる軽快な印象に仕上がりました。

また備付の小型ポーチには大切な鍵やカード類が収納できる等、実用性の高さは流石FELISI。
加えて、取り外しが出来ない様に(ポーチ)しているのは、犯罪の多いイタリアならではのものでしょうか。
スリ防止、置き忘れ防止も兼ねているあたりにもFELISIらしさを感じます。

163601376_o9
そして二つ目はミドルサイズのトートバッグです。
前出の物に比べて縦への長さが少なく、横長になる事で「ひょっとして小さいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、FELISIのバッグには底マチをしっかり確保されている物が多く、想像以上に沢山の荷物を収納する事が出来ます。

F03
B5サイズの書類やタブレット、書籍等も収納可能な他、底マチが在る事で、日常的な荷物のほとんどが収納可能になっています。

F04
またFELISIユーザーならば御馴染の両サイドに備えられたストラップによって、開口部を閉じたり、使わない時には専用のホールに収納する事が出来ます。

考えられた機能性や実用性こそがFELISIの大きな強み。
勿論、軽さや丈夫さもFELISIを支える大きな武器となっています。

163601415_o8
そして三つ目が、この春夏にもあっという間に完売してしまった巾着型の2WAYバッグです。

F05
開口部はドローコード、そしてハンドル、ショルダーストラップは取り外し可能となり、実際にはハンドバッグ、ショルダーバッグ、そして全てのストラップパーツを外して、マザーバッグ(マザーズバッグではありません)へのバッグインポーチとして等、アイディア次第で様々な使い方が楽しめる物になっています。
(別のバッグのハンドルを付けて愉しむのも良いですね)


163601415_o7
このバッグもまた小さいサイズ?と思うなかれ、タブレットがギリギリ収まる他(少し頭が出ますが)、こちらも財布や小さな化粧ポーチ、モバイル、小さな単行本等の書籍が収まる大きさに。

このバッグもマチを丸く取る事によって、見た目以上に収納力があるのです。

今季のFELISIのシーズナブルは、レオパードが中心ですが、そのプリントにはハラコを再現しているかのような微細な毛足までもがプリントされていたり、色のトーンが仄かに赤味がかっている事によって、この手のバッグに見られるチープな印象は皆無。

F07
先日ご紹介させて頂いたunlabelなど、アースカラーを中心に好相性を見せてくれる今回の新作。
今後の装いにアクセントとして取り入れて見ては如何でしょうか。

そして今日はもう一つ、実用性の高いバッグをピックアップ。

163611431
それがこのMARCO MASIの新作です。
トップブランドのOEMも手掛けるMARCO MASIの魅力は何と言っても丁寧な物作りと、無駄のない美しいディテール。

F06
今回当店がオーダーしたのは、表面にきめ細かなスウェード、裏面にスムースレザーを組み合わせ(色も含めてオーダーしています)、更に前後に斜めに付けられているショルダーストラップに、ポニーを使ったゼブラカラーを取り入れ、色のコントラストと挿し色としてのアクセントの魅力を最大限に作りました。

ハッとする様なダークトーンのコバルトカラーはスウェードの恩恵もあって美しい色出しが再現され、また裏面は滑りが良く、とても柔らかな革質を用いた事によって、見た目も美しく、そして使い易い、満点のバッグが出来上がりました。

163611431_o13
このバッグもまた秋冬だけではなく春夏にも魅力的なコントラストを作ってくれる他、足元やベルト等の色とシンクロさせたり、色の組み合わせが楽しくなります。

IMG_3117
コバルトカラーと統一感を合わせても良し、ジーンズとの相性も良し、そして何より、秋冬に多いキャメルカラーやオリーブ、グレーと言った、秋冬の色合いとの相性も非常に良い、このコバルト。

普段の装いにアクセントとして取り入れるだけで、いつもの装いを180度変えて魅せてくれるお勧めのカラーリングです。

と、今日は”使い易さ抜群”のバッグを幾つかご紹介させて頂きましたが、気分的にまだまだ秋冬は少し先でいいや、と思われている方は、是非バッグから気分も、季節も、変えてみては如何でしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月7日(木)、21日(木)
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ