IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:トスカーナ

IMG_2281

あっという間に今年も11月がやって来ました。
街中には早くもクリスマスツリーが飾られ、いよいよ今年も残すところ僅かを意識させられます。

日々寒暖差が激しくなり、今週も寒い日が比較的多い気がします。
外出にもアウター無しではいられない日も増え、少しずつ冬を意識した装い作りが必要ですね。

今日はそんな季節にピッタリなLuca Grossiの新作ブーツをご紹介します。

Luca Grossiと言えば、今や多くのセレクトショップに名を連ねる存在になりましたが、当店にとっては取扱から10年が経とうとしているブランドの一つ。

Luca Grossiの魅力は、何と言ってもウィメンズシューズにしては珍しい本格的な物作りが基本で、オーセンティックな靴のバリエーション、そして近年では様々な技術やテイストを取り入れた時代に沿ったデザインも作り出す等、シューズブランドとしての高いクォリティを見せつけています。

BL004

Luca Grossiは、1970年からイタリア革の町トスカーナを拠点に伝統的な技術を保ちつつ、時代に柔軟な靴作りも行いながら、常にオーセンティックな物作りを行って来た老舗中の老舗。

一足の靴を構成する全ての素材の品質を厳選し、その持ち味を活かしながら、裁断、縫製、組み立て、仕上げの全工程を職人達の手で行い、「国の資産として伝統的な職人の技を保つ」と言わしめるほど、Luca Grossiの靴には優れた魅力、特徴があります。

当店でも初めて取扱が始まった十年前、この靴の「想像以上の履き易さ」に驚かされたお客様も多く、ヨーロッパ靴の特徴でもある”薄い甲”と”細いワイズ”にも関わらず、足への馴染み易さや履き心地には、現在も多くの方の信頼を勝ち取っています。

元来、靴その物を美しく見せる為には、ヨーロッパの靴のようにスマートでシャープな美しさ(見た目)が大切ですが、アジア人、特に日本人にとって、その形は少々の履きづらさは拭いきれませんでした。

ところがLuca Grossiの靴には、これらを柔軟にスポイルしてしまう”革”その物の威力によって、足の形にフィットしてくれる独特の魅力があり、これが多くの人の心を捉えている大きな理由でもあるのです。

毎年ファンが増えているLuca Grossiに、今回当店がオーダーしたのは2つのモデル。

IMG_2137

一つ目はエクストラライトのソールを与えたサイドエラスティックのショートブーツです。

IMG_2140

艶やかで滑らかさがあり、見た目はしっかりとした表情の反面、とても柔らかな革質を持つアッパーに、Luca Grossiファンにはお馴染みの”軽さ”と”クッション性”を持つエクストラライトの合成底を合わせ、ちょっぴりモード感を漂わせつつ、とても実用性に長けた一足です。

IMG_2141

今回このモデルに別注を行い、本来はエラスティック部分が別色だったモデルに、あえて同色のブラックを与え、足首からつながる締まりのあるラインを作っています。(元々のモデルはこの部分がオリーブ色です)

アッパーとアウトソールの境目には一周ゴールドのラインパーツをあしらい、これによって軽快感とシャープさが、より際立っています。

IMG_2142

このエラスティックの部分が、まるでソックスを履いているかのように見える作りになっている為、別色ではなく、ブラックにする事で、スカートの方にはタイツ、パンツの方にはストッキングやソックスなどを合わせた時、同色の脚長効果も生まれます。

勿論、パーツとして縦に長く作られている為、伸縮性から得る足首への負担も軽減されています。

IMG_2143

アウトソールは、裾へ向かいテーパーする逆ウェッジラインを作り、この僅かなテーパーが足首に向かって細くなることで、より足首を締まった見え方にしてくれます。

IMG_2144

もちろん、クッション性も抜群で、軽さと弾力性を特徴にしているソール材だけあって、この心地良さは長時間歩き続けても負担が掛かりません。

IMG_2145

Luca Grossiの靴全般に言える事ですが、基本となる木型がヨーロッパ女性に適したものである事から、とても美しいクビレや曲線が、脚を綺麗に見せてくれます。

このワイズの見た目から「本当に履いていて痛くならないの?」と9割くらいの方が疑問視するのが(当店では)定石ですが、1日履いてしまえば、もう虜です。

IMG_2146

また今回のこのブーツではシャークソール状の物がアウトソールに採用されている為、前からと後ろから、それぞれ中央に集まるようなフィンが並び、悪路面でもしっかりと噛む形状になっています。

冬を迎え悪天候も増えるであろうこれからの季節、納得のソールですね。


IMG_2147

そしてもう一つのモデルが、このレッグラインを長く取ったサイドエラスティックブーツです。

IMG_2149

一般的にショートブーツと呼ばれるものに比べ3~4㎝ほど縦にストレッチ(延ばした)筒丈がポイントで、この長さが足首を締め、脚を綺麗に見せてくれるポイントにもなっています。

IMG_2150

革質は前出のブーツと同様、見た目はシッカリとした表情ながらも、柔らかさと滑らかさを持ち、当店にとってはこれこそがLuca Grossiの靴と思わせてくれるオーセンティックな作り。

IMG_2151

爪先をポインテッドの様に尖らせず、あえてボールポイントのように僅かに丸みを与える事によって、このブーツの女性らしさや大人の足元に相応しい顔を作っています。

シルエットは”Luca Grossiらしい”スッキリとした無駄の無いシルエットで、全体をブラックで統一したことによる引き締められた美しさがあります。

IMG_2153

ヒールの付け根部分には(過去のローファー等のモデルと同様に)ゴールドのラインパーツが添えられ、後からの見た目もキリっとした印象に仕上げられています。

IMG_2155

ソール面はLuca Grossiお馴染みのVibramソールを採用し、足裏の反りも(レザーと同じまでとは言いませんが)良く、全天候タイプのブーツとして仕上がっています。

こうして二つのモデルを「どうやって選べば良いんだろう?」と思われるのが皆さんの本音。

当店的には「是非見た目の印象や好みで選んで欲しい!」が本音なのですが、パンツやスカートなどボトムスの種類別に合わせて見ると、意外と好みが浮き彫りされて来ます。

BL002

ジーンズで合わせると、こんな感じになります。
足首部分は共に細く仕上がっていますが、ソール形状の印象で合わせたくなるものも変わって来そうです。

BL003

ではトラウザーズやストレートのジーンズなど太幅の裾はどうでしょうか。
ご覧のように共に足首部分の傾斜も似た様な形ですが、”フルレングスで穿くボトムかどうか”によっても、選択肢は変わって来そうですね。

BL001

スカートの場合には、どちらも似た様なシルエットラインになりますが、ここにもソールの形状や色による印象の差が顕れます。
ウェッジソールのタイプ(左)には現代的な印象があり、ヴィブラムソールのタイプ(右)にはクラシックな印象があります。

どちらを選んでも、ブラックが基本となっていることもあり、合わせ辛さは感じないと思いますが、現在皆さんがしているスタイルに合いそうなモデルを選んで頂くと、よりスタイルが完成しやすいのでは無いかと思います。

もちろん「やっぱりどっちを選んでいいか判らない・・・」と言う方は店頭にお越し頂くか、お電話、メール等で、お気軽にお問い合わせ下さい。

普段皆さんがしているスタイルに合ったブーツをお勧めさせていただきます♪









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1477

あっという間に10月も終わりが近づこうとしている今週。
風が急激に冷たくなり、羽織無くして出歩けない毎日が続いています。

秋冬シーズンの入荷もピークとなり、店内の動きも活発になってきています。

今日は新入荷の中から、当店が今シーズン最もお勧めする”パンプス”をご紹介いたします。

CM001

これまで日本では展開される事の無かったイタリアの老舗シューメーカーである”Cristina Millotti”(クリスティーナ・ミロッティ)。

1967年に誕生したCristina Millottiは、ミロッティ家が大切に守り続けた伝統と愛情を注ぎ作られる女性用シューズのブランド。

その技術継承や伝統などは、同社の職人達に伝承され、一つ一つを大切に作られた100% Made in Italyに拘っています。

実はこのブランド、昨年のイタリア大使館主導の展示会までは日本では知られる事の無いブランドでした。
そこにたまたまご縁があり懇意にしているインポーター様を介して、今回の入荷へと辿り着いた”日本初”のブランドになります。

その中で当店がオーダーしたのは、美しく綺麗なシルエットを持った「イタリア人女性が好みそうな」パンプスモデルです。

IMG_1475

美しく丁寧に彩られたアッパーのパテントレザー(カーフ)に、柔らかさを感じつつも凛とした印象を与えるポインテッドトゥと、特徴的なヒール形状が魅力の一足です。

IMG_1477

物心ついた時から、老いても、ヒールのある靴を選び続けるヨーロッパ女性。

それは化粧と同じように、”いつまでも女性らしく美しく”在りたい、魅せたいと言う自己表現が備わっているため。

そこに女性らしさを際立たせてくれる美しい靴は不可欠で、シャープで自立した女性像を想像させる”凛”とした美しさが、ヨーロッパブランドのパンプスには顕れています。

IMG_1479

このCristina Millottiのパンプスはそんな女性らしい美しさと、ヒール形状から得られるモード性を併せ持ち、シンプルでありながらも存在感がある一足に仕立てられています。

IMG_1478

今回のパンプスには比較的アジア人女性に多い甲高の人にとっても履き易そうな作りで、甲部分は他ブランドに比べ若干ゆとりをもっています。

IMG_1482

ヒールは特徴的な形をしていますが、ヒール中央部分に重心が取られているので、見た目以上に安定感のある作りになっています。

IMG_1484

この木型のモデルに、もう一型、クロコダイルの型押しをアッパーに使ったモデルもオーダーしました。

IMG_1487

大きな竹斑の型押しと、淡いトープカラーの色の組み合わせが、オーソドックスなスタイルを生みだし、パテントとは全く異なる印象を醸し出しています。

IMG_1488

「全ての形状が同じなのに、全く違って見える」
そんな声も聞こえて来そうですが、アッパーの印象だけで雰囲気が全く違います。

IMG_1490

どちらもマルチに使えるパンプス(色・素材)ですが、よりスタイリッシュに使いたい時にはパテントを、また日常的にカジュアルにも使いたいという時にはクロコダイルエンボスを、と使い分けるのも良いですね。

IMG_1491

50年以上変わらぬ物作りを続けて来たCristina Millotti。
その魅力は既にスペインやフランスなどヨーロッパでは認知されているようで、パンプスに美しさ、女性らしさを求めるのは万国共通。

IMG_1483

ベーシックなパンプスを求めている方、いつもとは違ったブランドを試したいという方には、是非ともお勧めしたいニューカマーブランドです。









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2841

今日も日中は汗ばむほどの陽気でしたが、日が暮れると一変、夜には少々寒さすら感じる気温に。

暦は10月を迎えようと言うのに、未だ落ち着かない気温に心配をしておりましたが、着々と秋は足音を立てているようです。

今季は序盤でニット等を揃えていた方も多く、今週はここに来てバッグやベルトなど補完アイテムを探しに見える方も増えています。

丁度時を同じくして、今日は新たにバッグが入荷。

Boldrini0001

ご紹介するのはイタリア、革の町として知られるトスカーナの老舗”馬具”メーカー”Boldrini Selleria”(ボルドリーニ・セレリア)のバッグ。

イタリア語でSelleriaとは”馬具”を意味します。
その名の通り、Boldriniは1955年から馬具を作り続けているブランド。

当店がこれまで取り扱って来たブランドには”Dell'ga”や”Charles et Charlus”など”馬具作り”を由来に持つ物が多く在りましたが、今回もまたそれら馬具を生業にして来た老舗。

このブランドの魅力は何と言っても高いコストパフォーマンス。
その理由の一つが、革や金具等の厳正な選択を行い、全ての工程を職人達が卓越した技術によって”手作業”で作り上げている事。

こうして馬具作りからバッグ作りへ移り変わる例は数多くあると思うのですが、全てに共通するのが”優れた職人”が在籍していると言うこと。

そしてその多くが機械などに頼らず、手作業だけで仕上げる物作りを現在も続けていることです。

手作業で物作りを行う際、バッグに限らず、洋服でも車でも、どんな物でもそうですが、そこには掛けられた時間と手間暇が価格に反映されることもしばしば。

ところがBoldriniの場合には価格を疑ってしまう程、現実的な価格で入手出来ると言う大きなメリットがあるのですね。

そんな真摯な物作りを行うBoldriniで、今回当店がオーダーしたのはこれからご紹介する2つのモデル。

IMG_7831

一つ目はコチラ、鮮やかな赤が美しいバケッタレザーを使用して作られたショルダーバッグです。

IMG_7834

トスカーナ伝統の方法で厳選された原皮を鞣し、丁寧に整えられた革質は天然素材そのものの魅力と風合いを持ったまま、バッグへと形作られて行くBoldriniのバッグたち。

IMG_7836

一針一針が丁寧に、そして緻密に縫い込まれ、バッグとしての実用性を支える堅牢性は、まさに馬具職人由縁の仕事。

IMG_7839

このショルダーバッグでは金具がほとんど使用されておらず、使われているのはストラップのバックル、留め金具、そしてブランドプレートだけ。

ショルダーストラップの付け根すらも革を使って丈夫に作り上げられています。

その他、全ての箇所を補強と共にシッカリと、そしてどれ程の年数を使っても、それらが味わいとして変わるまで、丁寧に、丹念に作られています。

IMG_7837

元々天然素材の良さを生かして作られるBoldriniのバッグは、今回のバケッタレザーの他にもサドルレザー等、様々な革をオーダーする事が出来ますが、今回は女性に向けた軽さや丈夫さ、そして使い易さを前提に、より革そのものの魅力が解り易いものとして作られています。

IMG_7841

このモデルではアンライド(一枚革)で仕上げられている為、革そのものの強度と革質の変化を想定した中で作られ、今後何年も使い続けると同時に、人の手の皮脂や経年による熱、光、色々な物が年輪として色の変化を見せて行きます。

この状態でも綺麗な奥深さを感じる赤い色をしていますが、今後何年かすると、更に味わいの深い赤色を発してくれそうな予感がします。

IMG_7842

中身は二つの袋状にコンパートメントされており、それぞれに荷物を分けて入れる事で、荷物の散乱を防ぐことが出ます。

そしてこのバッグの最大の特徴は、意外と皆さんが知らないところでも在るのですが、一般的にショルダーバッグの場合、底部分が四角く角になっているものと、このバッグのように丸みのある形になっている物では、斜め掛けした際に腰位置に来る本体の身体への沿い方が違うというところ。

丸みがあり、このバッグのような作りになっていると、四角い角の物に比べて、身体により沿うような状態で下げられる為、バッグの角が当たったり、こすれたりと言うストレスが無く、より自然な状態で持っていられるメリットがあります。

これは言われなければ意識しない所でもありますが、全てのバッグがそうではありませんが、四角い形状のバッグを斜め掛けにしていると、この”角”の部分が非常にストレスになることがあります。

人の身体は曲線で作られています。
だからこそ、身に着けるものには曲線で作られた物が合うのですね。
(多分)



今回のショルダーバッグ、この英国的な形にトスカーナらしい革質を与え、更に赤い色合いがアクセントとして魅力を与えてくれる一点。

「バッグはショルダー派」と言う方、このバッグの魅力と高いコストパフォーマンスにきっと頷くはずです。

そして、もう一つ。

IMG_7844

まるでBolidoのような半円状、かまぼこ状の形をしたハンドバッグ”Franca”。

IMG_7845

このバッグもまた見れば見る程、革の魅力を直に感じる事が出来る、バケッタレザーのナチュラルな色を使ったものです。

IMG_7848

バッグの要とも言えるハンドルの付け根や、各部の補強、コバのダブルステッチなど、細部にわたって物作りの真髄を見せてくれるような凝った仕上げ。

IMG_7857

底鋲も備え、使うシーンを想像させる細かな気遣いは、元々顧客による馬具を依頼通りに作る職人達が携えた”当たり前の仕事”。

このバッグで使われている革はヌメ革色で、その名の通り、経年と共に飴色に変色する姿を愉しむ事が出来るもの。

この革質で気を付けたいのは、これからの季節「ハンドクリームを付けた手で直ぐに触らない」こと。

「雨風の強い日には極力使うことを避ける」、「直射日光が強い場所に放置しない」など、ヌメ革ならではの”あるある”は気を付けなければなりません。

しかし、それを差し引いても尚、魅力的なのがヌメ革。

IMG_7859

このバッグ、コンパクトなサイズながら、日常的に持ち歩きたい荷物は殆ど収まります。
勿論、大きなものは論外ですが、モバイルや財布、ちょっとした化粧直しの道具程度なら十分に収まるサイズです。

IMG_7855

また専用のショルダーストラップが付属している為、両手をフリーにしたいシーンでは斜め掛けも可能。

IMG_7856

物作りとしての確かさだけではなく、バッグとしての実用性や使用するシーンを想定した全てに於いて備わっているのがBoldriniの魅力です。

IMG_7851

このバッグではライニングが採用されており、内部はBoldrini共通の深紅の生地が使われています。
こうした色のコントラストのセンスはファッション的と言うより、馬具を依頼する人々達の社会的地位を想像させるような、どこか高貴な印象すら与えてくれます。

IMG_7852

更にこのバッグにはブランドプレートのクロシェットとは別に、南京錠(写真ではフィルムが貼られています)と、専用の鍵が収められたクロシェットが別に付属しています。

IMG_7853

旅先での防犯用として南京錠を設けるあたり、そしてそれ専用の鍵とクロシェットを用意するあたりにも、Boldriniのブランド観や価値観を実感します。

IMG_7854

こうしてBoldriniのバッグには、ほぼバッグとして求められるものの全てが予め備わっています。

コンサバティブで堅牢で、それでいてバッグとしての魅力を最大限発揮してくれる、言わばファッション性も持ち、女性たちの日常に大きな役割を担っています。

今年、バッグを新調したいと言う方、既にバッグは購入してしまったと言う方も、Boldriniを実際目にしてみると、その思いは脆くも崩れ去るほど魅力的に映るはずです。



馬具作りからバッグ作りへの変遷を、細部に実感することが出来るBoldrini。
是非今年の秋はBoldriniを試してみて下さい。

「この仕上がりで、この価格?」

と思わず口にしてしまうはずです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ