IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:スニーカー

IMG_3965

東海地方を中心に大雨の被害を起こしている今回の台風。
浸水被害や停電など既に広い地域で被害が及んでいると訊きます。

数年前に大きな洪水を体験している私達の地域にとっても、被害地域にお住まいの方の安否や不便など心配が尽きません。

日常生活に関わるインフラなどだけでも、確実な確保が進んでおります事を願うばかりです。
どうか一日でも早く復旧する事を祈ります。

先週から続く台風の連続に、気温が一気に低くなり始めている様に感じます。
日中の陽射しが恋しく感じる今週は、そろそろ秋の準備を始めたい一週間ですね。

今日はメンズから2つのアイテムをピックアップしてみました。

image_lbm

LUBIAM社が手掛けるサルトリアルなLUIGI BIANCHI(Mantova)、少しカジュアルで現代的なL.B.M.1911。

当店に長らくお越しの御客様には御馴染のブランドではありますが、代理店の変更等もありながら、彼是10年以上は経っているでしょうか。

L.B.M.1911(以下L.B.M.)の魅力は実用性の高いジャケットやカジュアルに愉しむ事が出来る反面、当店が最も魅力を感じるのは、何と言っても「肩の線」が美しいこと。

嗜好は様々ですので一概にとは言えませんが、様々なブランドのジャケットやスーツを試しながら、改めて感じるのは、L.B.M.の作るジャケットの肩のラインは特徴的で、「美しい撫で肩」を作ります。

欧米人の様に鍛えられた筋肉や首に沿うような体格は、我々日本人にとって羨ましくもあり、またジャケットを着た時の肩の美しさは、欧米人ならではを感じさせることもしばしば。

その美しい肩のラインを作ってくれるL.B.M.のジャケットは、これだけ数多のブランドが在りながら、やはりと言うべきか、イタリア最古のファクトリーであることを感じさせてくれる、一種の浪漫があります。

IMG_7161

今日ご紹介するジャケットも(トルソーに着せると解り辛いのですが)非常に自然で滑らかな肩線が作られ、袖を通して感じる「背広」感は、昔の人の言葉通り『背広は肩で着る』そのもの。

IMG_7162

使われる素材によっても違いますが、今回オーダーしているのは、カシミアを混紡したウールを使用した淡いガンクラブチェック。

IMG_7164

英国的なソレとは違い、イタリアらしい柔らかな表情を作る独特の色や素材は、どこか肩の力が抜けたような自然の美しさを漂わせます。

IMG_7165

L.B.M.のジャケットは洗いを加えて仕上げるもの、洗いをかけないもの、2つの製品が在りますが、このジャケットは洗いをかけずに仕上げられたものになります。

IMG_7168

今回のモデルではカシミアとヴァージンウールの混紡が使われているのですが、柔らかさや軽さ、心地良さはもちろんなのですが、何よりL.B.M.にしては珍しい「総裏」の仕様。

大抵のものが大見返し、背抜きの仕上げですから、今回のジャケットは珍しいですね。

IMG_7167

袖はアンフィニッシュ。
ボタンはこのジャケットに相応しいブラウンの光沢のあるボタンが付属しています。

IMG_7170

この穏やかで落ち着きのある佇まいには、ニットやウールのタイを締めてお仕事に使えたり、ニットやジーンズ等と合わせて休日に使ったり、常に多くのシーンで活躍してくれそうな気配がプンプン漂っています。
(写真使用商品:ニット/Alessandro Luppi、スクエア/L.B.M.1911)

IMG_7171

英国へのオマージュが強いイタリア人たちにとって、チェックのベースは模っていても、素材の柔らかさや仕立ては、やっぱりイタリアらしさを感じさせます。

秋の装いを愉しくしてくれそうな今回のジャケット、きっとオンオフ共に活躍してくれそうです。

そしてL.B.M.からもう一つ珍しい新作が。

IMG_7183

トータルルックを提案するL.B.M.らしい”レザースニーカー”です。

IMG_7186

ジャケット×トラウザーズ、スーツ、と男性の服装の基本は変わらずとも、素材や着心地がコンフォータブルになれば、なるほど足元は軽快に進みます。

もはやスーツやジャケットにスニーカーは一つのスタイルとして確立されていますが、その反面、スーツやジャケットの迫力にスニーカーが負けてしまったり、ハイテク過ぎて何だかバランスが合わなかったり、そんな問題も抱えるケースも少なくないと思います。

余り見かけませんが、ガチガチの硬いスーツにハイテクスニーカーを合わせていたら、それはどう見てもおかしいですよね?

むしろシンプルなテニスシューズの方がスッキリ落ち着きも増すというものですが、そこに感じるのがスニーカーのボリューム感。

IMG_7188

L.B.M.が作るスニーカーは、極々シンプルでベーシックな見た目ながら、シッカリとした厚みのあるシュリンクレザーやそのシボの表情、そして厚みのあるソールによって、存在感があります。(実物を見ると更に実感します)

IMG_7187

革質以外にも、シューレースは「まるで革平紐のよう」に着色され、艶まであり、両サイドは剥き出しの仕上げの為、本当に革紐のよう✨

またタン部分には御馴染のアイコンが圧されており、知る人ならば一見でソレと解ります。

IMG_7190

今回当店がオーダーしているのはホワイトのアッパー(レザー)、ホワイトのソール、そしてタンとヒールカップ上部にサンドベージュのスウェードの組み合わせ。

ライニングはベージュのレザーが張られ、上品な印象も在りつつ、先ほども触れた通り、独特の存在感、迫力があります。

IMG_7192

専用のオリジナルソールはクッション性の高いウレタンソールを使用しており、クラシカルでシンプルなスーツにも、このスニーカーはしっかりと高い親和性を見せてくれます。

通勤にスニーカーが(半ば)許されつつある今、先ほど触れた様にアンバランスなハイテクスニーカーでは頂けません。

どれだけ通勤や勤務中の装いに自由度が高まろうとも、適度なクリーンさ、場を崩さないような佇まいは認識しておきたいものです。

勿論、仕事で使わない方にとっても、このスニーカーの重厚感や存在感は、きっとその日のスタイルにインパクトを与えてくれるはず。

季節の変わり目にお勧めする今回の2つの新作、是非一度お試し下さい。

(ちなみにスニーカーにはスペアのシューレースが付属するのですが、スペアの方はエイジング加工がされたレースになっている拘りようです)








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_9273_2

あっという間に7月も一週間が過ぎ、長い夏の始まりが本格化し始めました。

先週から始まったCLEARANCE SALEもいよいよ第二章が始まります。
(上写真リンクからご覧いただけます)

例年よりも暑い日が続きそうな今年の夏を、是非新しい装いと共に愉しく快適に過ごして頂きたいと思います。

さて、今日は当店がWHに別注した秋の新作シューズが到着しています。
元々8月から9月頃の入荷予定でしたが、入荷時期を少し前倒し、今日の入荷にこぎ着けました。

IMG_9457

今回当店がオーダーしたのはWHらしいスタイリッシュさと実用性を備えた”ネオプレーン”素材を使ったモデル。

IMG_9459

このモデルはアッパーには伸縮性があり足をしっかりサポートしてくれるネオプレーン素材が使われており、シューレースは無く、変わりにエラスティックのストラップによって甲回りをシッカリホールドしてくれるシステム。

IMG_9460

ソールにはクッション性の高い厚底のウレタンフォーム材を使った物を採用し、見た目だけでなく地面からの衝撃を吸収してくれる高い実用性も確保しています。

IMG_9461

元々ストラップ部分やヒールカップ部分が別色で作られていたモデルですが、当店は”全て同色”のアッパーに仕上げる別注を行い、全体的にシャープでスタイリッシュな見た目の物に仕上げています。

IMG_9462

アッパーのネオプレーン素材だけでも非常にフィット感が高い事が直ぐに体感出来ますが、そこに更にエラスティックのストラップが足を動かないよう更にホールドし、シューレースが無いデメリットを何も感じさせないほど履き心地に反映しています。

IMG_9463

また約5㎝程あるソールは、衝撃吸収などクッション性だけじゃなく、脚長効果も担い、如何にもWHらしい(男性の心の声を形にした)ディテールでもあります。

IMG_9464

上下を色分けする事でコントラストがハッキリし、どこかモード性を感じさせる洗練された魅力も備わっています。

IMG_9466

アッパーのネオプレーン素材は素材特性から成る独特な微光沢も帯びている為、マットな見た目に見えながら実は艶やかさもあり、こうした素材の微妙な変化がこのスニーカーの存在感を(地味ながら)発揮させています。

IMG_9465

長時間履き続けても疲れ辛く、またアクティブなスタイルにも取り入れ易いスニーカーは、ソールの材質だけでも相当に履き心地が変わります。

IMG_9467

年間を通して使えるこのスニーカー。
アクティブなスタイルの足元としては勿論、ウールのトラウザーズ等と合わせても使えたり、夏の間はショーツと合わせたりと、実は想像以上に”使える”一足。

IMG_9469


ブラックやグレー、ホワイトなどベーシックカラーとの相性も良く、少ない色数やアイテム数でミニマルに装いたい方には特にお勧めです。

今季、当店に多いブラックやホワイトだけを使ったシンプルなトータルルックにもベストマッチのスニーカー。

是非新しい一足としてこの機会にお試し下さい。


この他にもレザーサンダル等、春夏秋とシンプルでモノトーンなスタイルにお勧めなアイテムが揃っている今シーズン。

IMG_9472

季節ごとの新作にシーズンレスを感じる昨今、特にブラックを中心としたアイテムはミニマリストにお勧めのシーズンになっています。

IMG_9473

新作WHと合わせて是非ご検討下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


GWE002
仕切り直しのGW初日。
今日は肌寒い一日となっています。

今日は日本各地で5月としてはとても寒い一日になっているとのこと。
雲の上ではマイナス二十数度と言う寒気が流れ込み、各地の最低気温を記録したのだとか。

とはいえ街に向かう各幹線道路は混雑し、街中にも往来が増えてきています。

店頭で実施中のGOLDEN WEEK SPECIAL EVENTも、早速のご依頼を多数いただいており、皆様それぞれの装いに合わせた商品を手にしてくださっています。

今日はVolume.4として開催中のイタリアのスニーカー専門ブランド”WUSHU RUYI”(ウシュ・ルイ)のポップアップを取り上げてみたいと思います。

GW004
中々聞きなれないこのWUSHU RUYIと言うブランドですが、当店に長らくお越しのお客様は、この特徴的なアイコンでピンと来た方もいらっしゃるかと思います。

2シーズン程前ウィメンズのスニーカーをオーダーした際(結果入荷は叶いませんでしたが)、このクラシカルなテイストの形に、イタリアらしい綺麗な配色と特徴的なマークで、数名の方々からお問い合わせを頂いていた”あの”ブランドです。

今回はメンズのみの販売となりますが、既に展開後から沢山のお問い合わせを頂いており、サイズ欠けが始まっている人気ぶり。

IMG_9434_PhotoRoom_20210429_164047
今回展開するのはクラシックテイスト満載のモデル”Tiantan”。

IMG_9435_PhotoRoom_20210429_164201
ナイロンとスウェード、表革を組み合わせたアスレティックな風貌と、綺麗なコントラストが魅力のシリーズです。

このアルファベットのTを丸くしたようなアイコンは、元々デザイナーであるウォルターとパオロ・ロリーニの兄弟が習得した中国武術に纏わるものなのだそう。

IMG_9436_PhotoRoom_20210429_164110
若くしてミラノで武術で成功を収めた兄弟は、その後武術の母国である中国へと渡りました。
そしてウォルターはイタリア人として初めての少林僧になった一人でもあり、またそれら武術に使用する為のシューズを開発したそうです。

それから時が経ち、現代のファッションに相応しいスタイリッシュな色、形、機能性を加え、WUSHUとして2017年にイタリアのPITTIに出展。

IMG_9437_PhotoRoom_20210429_164236
現在、日本国内では限られた店舗でしか見かける事がありませんが、歴史や生産背景などはさておき、パッと見た瞬間にオーソドックスなスニーカーとして目に訴えて来る魅力は、まさにファッション性が高いスニーカーであるとすぐに伝わってきます。

IMG_9438_PhotoRoom_20210429_164303
今回はブルーベース、ブラウンベース、シルバーベースの3色を期間限定で展開。
全てのスニーカーにシューレースがボディカラーとコントラストカラーの2本ずつが付属しており、それぞれ気分やスタイルに合わせて、レースを付け替えて楽しむ事が出来ます。

IMG_9439_PhotoRoom_20210429_164324
またインソールとタン(ベロ部分)の裏地はオレンジで統一されており、こうした細部がイタリアらしいセンスを感じさせます。

IMG_9440_PhotoRoom_20210429_164348
日常的にスニーカーを履く機会が多い方や、夏のショーツに合わせたい方、そしてアメリカンなスタイル(例えばチノ等)に合わせたい方にとっては、とても相性の良い一足になりそうです。

IMG_9431_PhotoRoom_20210429_163832
今回のWUSHUのスニーカーは雰囲気がNIKEのようであったり、NEW BALANCEのようであったり、それらが古き良き時代のスニーカーとオーバーラップします。

IMG_9433_PhotoRoom_20210429_163934
生活スタイルが変わった今、夏のショーツスタイルや日頃のカジュアルなスタイルだけでなく、仕事でも着用する機会が増えているスニーカーの存在は、もはや威張りを効かせた物でなく、”センスが生きる”物を選ぶ事が優先になっているような気もします。

IMG_9432_PhotoRoom_20210429_163900
人と同じ物を避けたい人もいらっしゃるでしょうし、ヨーロッパ的なカジュアルに心酔する人もいらっしゃるでしょう。

IMG_9561_PhotoRoom_20210429_195116
そんな方にとってWUSHUは相応しい一足なのかも知れません。

日々のカジュアルでもこの一足で存在感が変わり(気分だけかもしれませんが…)、シルバーやブルーならオックスフォードのシャツとネイビーのチノでアメリカンな着こなしもハマりますね。

IMG_9560_PhotoRoom_20210429_194831
ブラウンは大人ぽい色の組み合わせや、落ち着いた色のニットやホワイトのボトムスと合わせると、それだけで日々のスタイルもアップデイトされます。

IMG_9558_PhotoRoom_20210429_194709
これから夏に向けてスニーカーの出番は増える一方。

IMG_9559_PhotoRoom_20210429_194737
お気に入りのスニーカー、ご贔屓スニーカーも良いですが、WUSHUのスニーカーは、それまでとはまた違った魅力を感じられそうです。

これからの季節に、また日々のスタイルに、是非今回の期間限定販売をお見逃しなくご利用くださいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月13日、20日
※連休中の営業時間は以下の通りとなります。
5/2~5/7…12:00 - 19:00
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7939
あっという間に今年も半分が終わり、いよいよ本格的な夏を前に、装いを新たにと言う方も増えてまいりました。

特別な夏になりそうな今年の夏。
どんな過ごし方をするのか、ご家庭や地域によっても大きく違いがあると思いますが、欠かせないのがアクティブな装いの為の「スニーカー」の存在。

今日は当店では初となるイタリアのスニーカー専業のブランド『HIDE & JACK』をピックアップ。

HideandJack01
当店に長らくお越し頂いている方々にとってはスニーカー=安価という発想は無いと思いますが、特にイタリアなどでは専門のファクトリーが少ない事や、一般的な革靴と同じような作業(緻密に)を行う事によって、その価格は革靴と大差がありません。

HideandJack02
今日ご紹介する『HIDE & JACK』は、2014年にイタリアのヴェネト州の中央に位置するトレヴィーゾで、AlbertoとNicolaのFranceschi兄弟によって創業されました。

HideandJack03
ブランド名の「HIDE & JACK」は、R.L.Stevensonの小説「ジキル博士とハイド氏」に由来し、多重人格というテーマを現代的かつ遊び心ある形で捉え、スニーカーのアッパーとソールの素材やカラーなどを組み合わせて表現しています。

今回ご用意しているのはクラシックなテニスシューズの形をモディファイした5種類のスニーカー。

IMG_8142
その中でも特に目を引くのが、このクロコダイルエンボス(型押し)を施したモデルで、しなやかでありながらしっかりとした厚みもある革を採用し、存在感のあるエンボスで仕上げたモデル。

IMG_8143
ブランドロゴはメタルパーツによってタンに打ち込まれており、密かに存在感を作っています。

IMG_8146
このブランドのスニーカーに足を入れて、直ぐに感じるのが「包まれるような心地良さ」です。

タンの内側を見るとわかる袋縫いされた各パーツは、一般的に一枚革を使ったり、二枚を併せて縫い上げるだけのものとは違う、ふんわりとした独特の感触を得る事が出来ます。

IMG_8145
この些細な仕事が足の敏感な感触を心地良く感じさせてくれるものになっています。

またイタリアのブランドらしい甲部分を長目にとり、スマートなシルエットを作る事によって、ぽってりとした印象が無く、常にシャープな印象を作ってくれます。

IMG_8144
もう一つ加えておきたいのが、ヒールカップの程よいアール(弧)です。

IMG_8147
踵がしっかりとしている人にとっては靴擦れが無く、踵が細い人にとってはシューレースをきつく縛る事によって足が後ろへ動く際、踵への負担が軽減されます。(実際に履いてみた主観です)

IMG_8149
このモデルは色違いでブラックがあります。

シンプルなテニスシューズのディテールは、全体をすっきり見せてくれるメリットの反面、その日の装いがあまりにもシンプルすぎると足元にインパクトがなく軽薄に見えてしまう事がありますが、このエンボス仕様のモデルならば、そんな心配がありません。

IMG_8151
ブラックはアウトソールだけがホワイトアウトされ、モノトーンの装いやシンプルな装いにも使い易いディテールに。

IMG_8150
いずれもブランドアイコンとなるロゴパーツはゴールドで小さく存在感高く輝いています。

IMG_8160
同じテニスシューズのベースにした、よりシンプルなモデルがコチラのヒール上部だけをクロコダイルのエンボスにしたもの。

IMG_8163
無駄な装飾を省き、すっきりとした表情、佇まいにヒール上部だけに色を添えているのは、多くのブランドが行う仕様ですが、この部分にもさり気なく型押しがあるだけで、随分表情が変わります。

IMG_8162
スニーカーのラインナップをこれまで幾つも扱ってきた当店ですが、これだけ似た様な形があっても、どれ一つとして似て来ないのは、やはりブランドのアイデンティティがデザインとして投影されているからでしょうね。

IMG_8161
HIDE & JACKは、それらに『包み込まれる』心地良さを、「クラシック」なスニーカーによって再現しています。

当たり前で普通の事の様に思えますが、実際にはデザイン先行で履き心地を犠牲にするものが多い中、こうして細部を求めて作る事によってコストが加わるのは、とても理に適っています。

IMG_8156
このモデルはヒール上部の色がブラックと、こちらのプラチナホワイトの2色をご用意しています。

IMG_8157
仄かにメタリックな光沢を帯びたプラチナカラーのクロコダイルエンボスが加わり、女性的な印象も与えています。

IMG_8158
些細な変化ですが全体から得る印象も若干変わります。

IMG_8159
数あるスニーカーの中に在って、HIDE & JACKもまた個性を持つスニーカーブランドの一つとして日々の装いにさり気ないアクセントを作ってくれそうです。

IMG_8164
そして最後にご紹介するのは、ベースは同じですが、全く違った一足に見えるクロコダイルエンボスのモデル。

IMG_8165
アッパー全体を前出のヒール上部にも使われていた煌びやかなエンボスを使い、ラグジュアリー感のある見た目に。

IMG_8166
更にアウトソールには(写真では判り辛いですが)ブロンズカラーを併せ、プラチナ+ブロンズのHIDE & JACKならではの配色の一足に仕上げられています。

IMG_8167
コントラストを微光沢のあるものによって作られると、ここまでモード性が感じられるという好例。

IMG_8168
有り型を使うのではなく、一から作られるHIDE & JACKの全てのパーツは、一つ一つの作り込みによって表現されています。

今回のラインナップはジーンズ、トラウザーズ、ショーツ、スカート、ワンピースと言った女性なら誰しもが身に着けるだろうアイテムに使い易さを求めテニスシューズのディテールを選択しています。

夏間近となり、そろそろスタイルのどこかにアクセント、インパクトを取り入れたいという方には是非ともお試しいただきたい一足です。

尚、今回はサイズ35から39までをご用意(※メンズは来季までお待ちください)しています。
サイズのフィット感は少し小さ目の作りの為、通常サイズより1サイズ上げても良いくらいです。
(踵が細い方、足が細めの方は通常サイズで良いと思います)
価格は34,000円(税別)から。

また今回の入荷分はオンラインストアへの掲載予定が御座いませんので、サイズや在庫等の詳細、照会などにつきましては店頭までお電話またはメールにてお問い合わせください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6045
再び冷たい空気に包まれた3月最初の金曜日。
待ちゆく人の頬を冷たい風が撫でながら、この冬風は春の彼方へと向かっているのでしょう。
少しずつ暖かくなる日を待ちたいですね。

今日3月7日は、遡る事240年前、1978年に英国の海軍士官で海洋探検家である「ジェームス・クック」が、ハワイ諸島を発見した日。

キャプテン・クックの名(この名前だと聞き覚えのある方がいるかも)で呼ばれ、未開だった世界の海洋を探検し、多くの海洋地図作成に寄与した人物。

彼の偉業はそれまでの発見の数々は勿論ですが、旅の中で史上初めて一人も死者(犠牲者)を出さずに世界周航を成し遂げたこと。

行動を共にし、寝食を共にする仲間たちを思い遣る気持ちが無くては出来なったでしょう。
形は違えど、今まさに感染症に怯える自国民を慌てさせている、どこかの首長にも見習ってほしいものです。


さて、新しい季節の始まりには何かを新調したり、新しい物を取り入れたいと言う気持ちになりますが、今日ピックアップするのは、当店では御馴染のスカンジナビアンデザインを魅力にするブランド『JIM RICKEY』の新作スニーカーです。

JIMR001
JIM RICKEYはスウェーデン、ストックホルムのブランド。
その魅力は何と言っても、無駄のないシンプルでソリッドなデザイン。

私達はこのブランドに、北欧ならではの魅力、北欧家具や北欧の工業デザインに共通する物を見出しています。

スカンジナビアンデザインに代表されるように、北欧には優れたデザインやプロダクトが沢山あります。

フリッツ・ハンセン、アルネ・ヤコブセン(共に家具)、ボルボ、サーブ(共に自動車)、ジョージ・ジェンセン(ジュエリー)、バング・アンド・オルフセン(オーディオ)、ロイヤル・コペンハーゲン、ローゼンタール、アラビア、イッタラ(共に食器)、ボダム、ダンスク(共にキッチン用品)、レゴ(玩具)、他にも沢山の人たちが耳にしたことのあるIKEAH&M、マリメッコなど、北欧には優れたデザインが山ほどあります。

主にノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、バルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)を含む国々を北欧(北ヨーロッパ)と呼びますが、私達の身近にも実は多くの影響を与えている北欧文化。

これらに共通するのが、サスティナブルな存在価値

食器や玩具などには一説によると「長い冬を愉しく過ごせるように」との思いからカラフルで楽しい絵柄を持つ物が増えて行ったようですが、反対に家具や自動車など、日常の中に身近となっている静物には、ソリッドでシンプル、半永久的なデザインが多いように思います。

こうしたテイストを感じるのがJIM RICKEYのシューズたちです。

IMG_9372_1
今回の新作は過去のデザインにも似た全く新しい一足で、これまでのソリッドで無駄のない美しさはそのままに、ファットソールとチョップレザーを組み合わせ、更にこれまでのコスト先行の生産拠点から、ポルトガルの生産拠点に移した事によって、より履き心地や作りの質が向上しています。

IMG_9373_1
いつの時代も変わらない魅力と、どんな服装にもフレキシブルに合わせられるホワイトのレザースニーカーは、そのデザインの完成度は細部に求められます。

多くのメゾンブランドがスニーカーを主力に据える程、世界のシューズ事情は変わりつつ在ります。

そんな中、技術的な物よりディテールやデザインを重視するが余り、重くなったり、硬くなったり、スニーカーその物のコンフォートな魅力は薄まって来ている様に思います。

IMG_9377_1
また、アスレチックやスポーツブランドのスニーカーは履きたくないと言う方も、中にはいらっしゃるでしょう。

そんな方々にこそお勧めしたいスニーカーがJIM RICKEYのスニーカー。
飾らずシンプルで、それでいてスーツであろうと、ジーンズであろうと、ワンピース、スカート、どんな物でもいとも簡単にスポイルしてしまうのは、この優れたデザインだからこそでは無いでしょうか。

IMG_9374
ミニマリストを目指す方も少なくないと思います。
必要以上の主張がなく、無駄もない、まさにミニマルを目指す方にもお勧めです。

しかし、それだけではなく、シャープなデザインや凝ったデザインの洋服が好きな方にとっても、足元の主張の有無は大きなファクターに成り得ます。

存在し過ぎても、存在し無さ過ぎてもダメにしてしまう、実は小さい変化でありながら大きな影響を与える「スニーカー事情」。

ffff690c
過去のモデル同様、今回はアップデイトされた部分も含め、更にJIM RICKEYの魅力を味わえる一足になっています。

まだ試した事の無い方も、既にお持ちの方も是非今回の新作を試してみて下さい。
新しい魅力を得る機会になるかも知れません。

※現在店頭分が完売となっております。
ご希望の方はメーカー在庫(場合によっては現地在庫の取り寄せ)を確認させて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ