IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ジーンズ

IMG_6226

私達の仕事上、常に色んなメーカー(国内外)とのコミニュケーションがあります。

特に海外のメーカーとは、常に顔を会わせることが適わない訳ですが、代理店様を通じて、様々な仕事をお願いしたり、無理を申し入れたりすることがあります。

そんな時、私達は感謝を何かしらで表したりします。
それは大それた事で無くとも、「ほんの少しでも気持ちが伝われば」との思いで、色んな贈り物を用意したりすることが在ります。

それは下心ではなく、相手の「人と形(なり)」が判るときに、そうしています。

全てのコミュニケーションが電子化する今、人と人との繋がりを紡ぐ”話をして理解をする”シナプス的役割が減り、ある種「ドライ」な繋がりを感じずに居られないのが本音。

そこにある人と人との繋がりこそが、大切なコミニュケーションであり、理解を深める必要な要素である事を、時代錯誤ながら感じている当店です。

メーカーに限らず、お客様との関係も同じです。
オンラインストアを通じて、感じさせて頂く「人と形」は、想像以上に私達に訴えて来ます。

店頭にご来店下さるお客様、そしてオンラインストアを通じて繋がるお客様、どちらも人と形が互いのコミニュケーションを深めてくれています。

いつもありがとうございます。


さて、冒頭から難しい話をしましたが、歳をとると色々な想像が交錯し、面倒な話題も増えて来るいやな年代ゆえ寛容に…。

今日は女性のスタイル(だけに限りませんが)の「基本の”キ”」でもある、

白シャツとジーンズ

にフォーカスしました。

IMG_6273

誰もが一着は持っているであろう”白いシャツ”と”ジーンズ”。
若かりし頃とは違って、歳を重ねるとジーンズスタイルにも、一定のクォリティ感が有って欲しいもの。

そんなスタイルを希望する方にお勧めしたい「違いを出せるシャツ」と「違いを見せるジーンズ」が、この写真の一着。

IMG_6276

洗いざらしのシャツもイイですが、大人女性たるもの「ハリ」が至る所(?)に必要な世代。
BARBAのスキッパーシャツに当店が選んだのは”ストレッチコットン”素材。

ストレッチコットンの良いところは、コットン100%に比べてシワが出辛く、或る程度”ハリ”を保ってくれるところ。

そのおかげで、シャツそのものが常に立体的に維持されるメリットがあります。
たったそれだけの違いが、見た目を大きく違って見せてくれます。

IMG_6274

ジーンズはテーパード、ワイド、ストレート、どんなシルエットでも良いのですが、あえてセンタークリースが”ハッキリ”したものを選ぶと、全身がシャープに見えます。

このモデルELIZAは、もともとクリースラインを色落ちさせている為、縦への強調線が強く、よりスマートに見えます。

「でもこのジーンズは持っていないから…」と嘆くのは早計。
我々年代(特に男子)は、紙ヤスリ片手にクリースラインを削ったものです。

つまり自分の手持ちのジーンズのセンターにヤスリをかけることで、同じテイストが手に入ります。
(スキニーなスリムには不向きです)

IMG_6277

白いシャツとジーンズ、そこには最低限のプラスアルファを加えるだけで、大人の女性感アップ。
バングルやネックレスなど、少し強めのアクセサリーも良し、クラッチバッグやレザーサンダルなど、上質感をアップしてくれる(お勧めはブラックかダークブラウン)ものを取り入れると、さらに大人の女性らしさアップにつながります✨

特に写真でも使われているil Sandalo of Capriのチェーン付きトングは、上質感とカジュアル感、その両方を表現してくれる、お勧めな存在。

大人女性とコドモ女子の違いは、一つ一つのクォリティが左右します。
ビーチならゴム製のサンダルも良いけれど、街でカッコよく在りたいのなら、間違いなくレザーサンダルをチョイスすべきです✨

IMG_6278

アクセサリーが苦手な方(あるいはアレルギーとか)は、ニットの肩掛けもお勧め。
色のトーンはお好きな色で構わないのですが、あえて押しの強くならない同系色やボーダーがあればなお良し。

IMG_6280

アクセサリーの変わりにアクセントになるうえ、優しい雰囲気も作られ、穏やかさのある印象に。

IMG_6279

バッグもサンダルも変わらず、雰囲気だけがチョッピリ穏やかに見えるお勧めのコーディネートです。

IMG_6289

「もっとカッコよく!」と言う方には、Cabanaのバッグレス・ジャケットがお勧め。

以前blogでも触れたことのある、このジャケットは、その名の通り「バッグ不要」のジャケットとして、内側に沢山のポケットが備わっています。

バッグ要らずのジャケットで実際便利ですが、それ以上にお勧めなのが素材の表情です。

IMG_6290

ジーンズやシャツのコットンと相性が良く、それでいて粗野感もチョッピリ見せる独特な表情の素材。
ウールとリネンの混紡から生み出される、独特な凹凸、シワ感は、肩肘張らずに着倒せる、ある種のラギッドさも持ち合わせています。

IMG_6291

サンダルはもちろんレザーサンダル。
il Sandalo of Capriのプレート付きサンダルなら、足元から違いを見せてくれます。

誰もが一つは持っているであろう白いシャツやジーンズでも、「選び方」で見え方、見せ方もかなり変わって見えます。

素材や見せ方で違いを作れる「白いシャツとジーンズ」は、大人女性の基本の「キ」でもあり、それゆえ吟味して選びたいモノでもあります。

誰もがするシャツ+ジーンズスタイルを、より大人に、より女性的に見せて、他人とは違った御洒落で街に出て見ませんか?


《写真使用商品》












【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

またご利用のスマートフォン等の場合にも、メールのストレージが不足している為、受信できないという方も増えておりますので、改めてドメイン設定やストレージの確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2838

再び猛烈な寒さが舞い込んで来た日本の南。
今日は北部ではなく南部の方が寒い、いつもと違った冷え込み方。

昨日展示会で都内を訪れていた私達も、強い寒さを帯びた強風に驚くほど。
「ひょっとしたら時間帯的には、長野地方より寒かったのでは?」と思う時間帯もありました。

しかし、この寒さも恐らく通り過ぎれば少し春の風も近付いて来るのでは無いか?
そんな暖かい日々を記憶の奥から懐かしみつつ、早い春の到来を期待する私達でした。

さて、前回男性のジーンズのお勧めを記したblog記事に続いて、今日は女性のジーンズの話題です。

男性のみならず、女性にとっても(我々世代なら一度や二度ばかりか大変お世話になっているであろう)リーバイス。

現在店頭にもお得な価格のリーバイス(勿論ウィメンズです)が並んでおりますが、ストレートのジーンズから遠く離れている方にとって、今ふたたびストレートのジーンズを穿くのは勇気がいるかも、とお考えの方いらっしゃると思います。

でも、、、そんな方にとってストレートのジーンズを”最も簡単に”こなせるスタイルがあります。

それは

IMG_2867

ブレザーを合わせてしまうこと。

女性のお客様にとってストレートのジーンズを苦手とする方に多いのが「バランスが取り辛い」というものですが、スリムなジーンズに慣れている方にとって、合わせるトップスやアウターを、急にボリューム感のあるストレートに合わせるのは、中々至難の業。

シガレットタイプのように細身のストレートならまだしも、501の様に適度に緩みを持たせて穿きたいジーンズは、特に股上や股下、時にはヒップ回り、痩せ型の方なら肩回りや胸囲など、バランスを作るのに一苦労しそうですが、それらを全部覆い隠してくれるのが、ブレザーなどジャケット類。

たっぷりしたボリューム感のあるアウターでもバランスが作り易いと思いますが、或る程度スッキリ、シャープに魅せたい方ならブレザーが最適。

IMG_2868

それもジャストサイズより、チョッピリ大き目のサイズを選んだり、絞りの無いボックス型に近いシルエットや、ダブルブレステッドなど、胸囲や胴回りのメリハリを余り作らない物の方が、ストレートには合わせ易いんです。

IMG_2869

バランスが取りやすくなると、人によっては「男性ぽく見えてしまう」と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、ボーイッシュな雰囲気に見えてしまう人は、欠かさずパンプスなどヒールのある物を合わせる事で、万事解決。

IMG_2872

足し算、引き算、抜き差しが御洒落には大切で、男性的に見える服装には女性の象徴的なアイテムを足すことで、相反する魅力が得られるのも、女性だけの特権的ファッション。

女性だけに与えられたスタイルですから、使わない手は在りませんね✨

また写真ではインナーにコットンのニットを合わせていますが、インナーがシワシワの状態では見た目も半減してしまいますから、ニットやシワに強い強撚糸のカットソーなど、ジーンズで作られるカジュアルさを必要以上に崩さないように気を使うのも、若い人たちと差別化をする”重要なファクター”。

IMG_2870

またストレートも(世代的に多いと思いますが)必要以上に股上をグッと上に持って行かずに、程よく若干落ち気味の位置(腰)で穿くと、自然且つファッション的にも素敵に見えるはずです。

少しウエストが下がった位置で穿く様になると、ベルトにも気を配れるようになります。
特にお勧めしたいのが、写真のようなプンターレの物。

IMG_2871

派手さを控え、色と素材で存在感を作るAlberto Lutiのプンターレは、まさにシンプルでミニマルなスタイルに取り入れるのに相応しい一本。

季節的にも少しずつ色や素材を変えたくなる時期がやって来ます。
普段と違ったスタイルを愉しみたい方は、「何か一つバランスを変えてみる」ことや「何か普段とは違うものを加えてみる」こともお勧めです。

誰もが知るリーバイスの501も「大人だからこそ見せられる501の穿き方」が在ります。
ストレートを苦手としている方、或いは一本位違ったシルエットを試してみたいと言う方は是非トライしてみては如何でしょうか。

(勿論、店頭にご来店下さった場合には色々なスタイルのアレンジをお勧めさせて頂きます✨)




(写真使用商品:ブレザー/Agnelli & Sons、ニット/Wool & Co、ジーンズ/LEVI'S、ベルト/Alberto Luti、パンプス/Corso Roma.9)






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2630

雪の予報が少なくなり、変わりに小雨が舞う一日となった今日。
雪の予報が雨に変わるだけでも気温の変化が窺えます。

とは言え、まだまだ寒さの残る毎日ですが、店頭ではシーズンレスアイテムでもあるジーンズから入荷が始まっています。

今日はその中でも御年150周年を迎えたLEVI'Sの501にフォーカスしてみました。

top01

誰もが一度は試した事のある”ザ・ジーンズ”、LEVI'Sの501。
全てのブランドデニムのお手本であり、永遠の王道にして基本。

19世紀後半、アメリカ西部の農場、牧場、鉄道や金鉱での作業は、埃と汚れ、汗にまみれる非常に骨の折れる仕事でした。

そこで作業する男性たちのパンツは、しばしばポケットなど負荷のかかる箇所が裂けてしまうことがありました。(この破損を車のタイヤに例えて”パンク”と呼ばれています。)

そこに発明家志望の仕立屋である東欧ラトビア出身の男性ヤコブ・ウィリアム・デイビスが、「ワークパンツの負荷のかかる部分にリベットを打つ」アイディアを思いつき、当時布地の仕入先だったサンフランシスコの”リーバイ・ストラウス”に「材料を用意して欲しい、そして一緒に特許を申請しないか?」と手紙を書いたそうです。

そして1873年5月20日、ヤコブ・ウィリアム・デイビスとリーバイ・ストラウス社は「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」の特許を取得。

この時初めて”リベットを打ち込んだブルージーンズ”が誕生しました。
高い耐久性によってその後のリーバイ・ストラウス社はアメリカの未来を築く多くの労働者たちに選ばれる服になりました。

今でこそ当たり前のように使われているリベットも、当時は何気なくハンマーでリベットを打つと言う簡単なアイディアだったそうです。
開拓時代でもあったアメリカを象徴する、実に理に適った発案だったのですね。

それから約150年が経ち、今年リーバイスの501®は150周年を迎えています。
リーバイ・ストラウス社の様々なモデルの中から、当店は「最も身近で手の届きやすい501」として、以下の501をオーダーしました。

IMG_2644

シルエットは勿論501のストレートが基本。
セルビッジデニム生地こそ使用していませんが、その他は501そのものです。

IMG_2645

今回の150周年モデルでは革パッチには150のプリント、そしてポケットのレッドタブには専用の”150”刺繍の物が採用されています。

IMG_2646

常に見えるものでは無いものの、こうした小さな部分に変化を与えるのも「501が変化を必要とするものでは無い」から。

昨今、再び古着市場が賑やかになり、各年代の501や505、517などが人気を博していますが、この501はまるでボロボロになるまで着古した後、放置されたかのような状態。

IMG_2634

だからこそ「クリーンに合わせて欲しい」と願うのが当店の推し。
まだ寒さを帯びる今から(勿論リップ部分は寒いのでタイツを履いたり工夫は絶対)、ローゲージのニットなどと合わせて使って欲しい今回のジーンズ。(写真使用商品:ニット/Alessandro Luppi、ジーンズ/LEVI'S、スニーカー/L.B.M.911)

IMG_2635

シンプルなニット×ジーンズ×スニーカーのスタイルも、レザーのスニーカーを合わせることで大人らしい「清潔で魅力的な日常」を手に入れられます。

勿論、汚いままのスニーカーは在り得ません。
大人だからこそ綺麗に手入れを施して置く事は絶対です。

IMG_2636

物足りなさを感じる時はマフラーなどネックウェアで統一感のある色を加えると、より上質感も上がります。(写真使用商品:マフラー/MCNUTT)

IMG_2637

組み合わせではダークネイビーのニットを合わせているので、ブルーのマフラーを加えて清潔感をアップ。

IMG_2638

ブラックのニットで合わせたい時は、敢えて足元をローファーに変えて、全体的な印象をよりクールに見せる工夫をすると、より大人らしさが演出出来ます。(写真使用商品:ニット/Alessandro Luppi、ジーンズ/LEVI'S、ストール/Destin、ローファー/Agnelli & Sons)

IMG_2639

ストールはカシミアとシルクを混紡した上質な物を加えることで、更に全体が昇華。

IMG_2640

それでも物足りない時はプンターレを加えて、ウエスト回りにも存在感を作り、まとまりのあるカジュアルスタイルがお勧めです。(写真使用商品:ベルト/Arberto Luti)

IMG_2641

少し暖かくなって来たら、鉄板のホワイトシャツ×ジーンズ×ローファーのスタイルも。(写真使用商品:シャツ/Agnelli & Sons、ジーンズ/LEVI'S、ストール/Destin、ローファー/Agnelli & Sons)

IMG_2642

ローファーにも上質さが伝わるレザーを使用した物を取り入れ、あくまでも主役は「ジーンズ以外」を心掛けると、ジーンズスタイルは成功します。

IMG_2643

シャツも手入れの行き届いたもの、そして上質な生地を使った物を合わせることで、チープな印象は影を潜めます。
衿回りに統一感のある色を加えて、より大人らしさを出すのもお勧めです。

エイジレスで、誰もが幾つになっても穿く機会のあるジーンズだからこそ、「大人らしい」組み合わせは抜きんでたセンスを見せてくれる物になります。

たかがジーンズ、されどジーンズ。
第二の皮膚と言っても過言ではないジーンズ。

ジーンズが好きな方も、そしてあまりジーンズを穿きなれない方も、きっと501からファーストステップを踏んで、色々なブランドデニム、色々なシルエット、色に挑戦して行くと良いかも知れません。

ジーンズの穿き方は十人十色。
是非今回の新作ジーンズであなたらしい大人のスタイルを完成させてください。








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_0426

再び寒波がやって来た月曜日。
昨日までの穏やかさは影を潜め、今日は寒さに凍える一日になりました。

寒さはこれからが本番と言っても過言では在りませんが、時期的には冬物をしっかり着込みながら、チョッピリ春らしい色や素材も取り入れたくなる季節でもあります。(そこが歯がゆい所でも在りますが)

そんな寒さと気分の戦いの狭間で、やっぱり手放せないのが”ジーンズ”。
サイズを上げてタイツを穿いてみたり、ジーンズはサイズ選びで色々な履き方が出来る分、季節を問わない存在でも在ります。(タイツを穿いて窮屈でイヤと言う方も居ると思いますが)

既にプレスプリングの商品としてRED CARD、Upper Hightsのジーンズが入荷済ですが、ジーンズはヤッパリ季節を問わず皆さんの気分を上げてくれる存在のようで、完売サイズが多い物も目立ちます。

IMG_0756

ジーンズを少しサイズアップして、トップスにメンズのスウェットシャツを選ぶと、見た目は春っぽさを感じさせながら、中にはこっそり何枚もレイヤードする事が出来ます。

冬のジーンズは地域にもよりますが、寒さの厳しい地域ではタイツを重ねざるを得ない場合もあり、冬のサイズ選びは1サイズ上のサイズを選ぶことも。

写真のようにスウェット+ジーンズ+スニーカーだと男の子的に見えてしまいますが、オーバーサイズのジーンズやトップスにこそ、パンプスが女性らしさや大人らしさを加えてくれます。

IMG_0757

意外と普通で当たり前の事なのですが、ピッタリしたスリム、スキニーのジーンズより、ストレートやワイドなレッグラインの物の方が、パンプスと合わせた時に女性らしさが増すんです✨

IMG_0759

デイリーならここにマフラーを加えるだけでも充分。
(スウェットの中は沢山着込んでいますからね✨)

IMG_0758

デイリーアイテムの代表格でもあるジーンズとスウェットを、冬にも楽しむには一工夫は必須。
またパンプスを合わせる際にも、なるべく足の甲を出さないよう、丈を切らずにフルレングスで穿く事も重要。

意外ですが、甲が隠れているだけでもだいぶ体感的には違うものです。

IMG_0760

急なお出掛けなら、ブレザーやコートだけサッと羽織るだけで充分。
ジャケットも場合によってはサイズを上げて選んでも良いですね✨

IMG_0761

シンプルになれば、なるほど、工夫が必要になるジーンズスタイル。
毎日手放せないものでもあり、御洒落の中心でもあるジーンズだからこそ、季節ごとにアイディアを駆使して愉しむことも大切です。

IMG_0762

ダウンジャケット、ローゲージのニット、冬のアイテムとしては色々なアイテムが使えるジーンズスタイルは、寒さに負けずに着たいところですが、寒さが大敵なお年頃でもある我々世代にとって、いかにアイディア勝負になるか、と言うのもジーンズスタイルの肝。

季節の狭間が近づいて来るこれからの季節、どんなスタイルをしようか?と迷われている方は、是非ジーンズの色、サイズ選びを今一度再考、そして試してみては如何でしょうか。


《写真使用商品》
















《大好評実施中》
Top_Slideshow_BUY2MORE10_SALE_AW_2022_001






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5311

街の至る所にクリスマスディスプレイが増え始め、少しずつ今年の終わりが近づいている事を感じます。

これからの季節、とかく家に閉じこもる日もあるかと思いますが(ワールドカップ中や寒い日など)、「日常を丁寧に過ごす」ことが大人としての嗜みである以上、こうした時間もアットホームな時間として御洒落に身を包んで欲しいと思ってしまいます。

今日は先日の女性へのお勧めに続いて男性の方への「ちょっとのお出かけも出来るお勧め」をピックアップ致しました。

IMG_5737

男性にとってTシャツ、ジーンズはカジュアルに欠かせない要素の一つですが、それら一つ一つに”しっかりとした物作り”が行われているものを選ぶだけでも、充分カジュアルの”見え方”が変わります。

代表的なのがTELA GENOVAのジーンズやフランネルシャツ。

IMG_5738

もはや量販店でも盛んに見られるフランネルのシャツですが、この手のシャツをしっかり作ると顕れるのが、衿や台衿、カフなどの芯地の使用や生地そのもののクォリティ。

このコットンフランネルは柔らかさとしっかりさ加減が絶妙に同居し、単なるシャツとしてだけではなく、あえてサイズを上げて羽織りとして使う事をお勧めしている一着です。

休日にまでピッタリした服装で過ごすのは少々息苦しさもあります。
そんな時こそユルっとしたTシャツとユルっとしたシャツをサッと羽織り、自宅でも、ちょっとご近所に出かける時でもサマになるスタイルが良いですよね。

シャツのトーンに合わせて、ブラックデニムを選ぶ事で、大人らしい落ち着きのあるカジュアルが作れるこのコーディネートは、是非試して頂きたいスタイルの一つです。

IMG_5739

同じフランネルのシャツでも、このシャツの様にCPOシャツのディテールを取り入れた物になると、より羽織感が増します。

IMG_5740

柔らかくもしっかりとした生地、そして衿や袖のしっかりとした芯、そして特徴的なフラップ付きのポケットが、CPOシャツの様に全体の雰囲気に重厚感を与えてくれます。

IMG_5741

ベースのヘリンボーンに対して毛足が長い特徴的な生地こそ、ブルーのストーンウォッシュに相性良し。
時にはタートルネックなどニットを合わせて、更に暖かなスタイルもお勧めです。

IMG_5742

更にもっと羽織感のある物では、このカバーオールの様なジャケットもお勧め。
とてもしっかりとした生地を使ったブルーブラックの色合いは、この生地独特の風合い、雰囲気を醸し出してくれます。

IMG_5744

衿にはチンストラップも備え、衿を全て留めて着る事が出来るので、更にダウンベストを羽織ったり、レイヤードもし易い利便性もあります。

IMG_5743

全体的に色のトーンが落ち着くコーディネートには、当店お勧めのMCNUTTのマフラーで挿し色をチョイス。
シンプルだけど一つ一つの質が高い事が、全体のスタイルを昇華する一つのポイント。
誰もが想像するカジュアルなスタイルだからこそ、一つ一つのクォリティが物を言うのです。

IMG_5745

今回TELA GENOVAの期間限定販売では、シャツやジャケット等の他にも、チノーズ等のラインナップも揃っています。

前出のスタイルに合わせてボトムスをチノーズに変えても良し、時にはトップスをジャケットに変えて、お出かけに使うのも良し、今回の期間限定販売では、TELA GENOVAの別の側面を感じて頂く事が出来ます。

IMG_5746

ボトムスは最大36インチまでのご用意が御座いますので、是非店頭にお越しの際には「自分がリラックスしたいサイズ」を選んで、いつもより大き目を選んで穿いてみて下さい。

TELA GENOVAが得意としているリラックススリム(リラックステーパード)のシルエットが、野暮ったさを回避してくれる美脚シルエットを作ってくれますよ✨

以上のの他にも、現在店頭では多くのブランド協賛による期間限定販売を行っております。
好きなスタイルに合わせた新たな一着を是非探しにいらしてください。


※期間限定販売の各ブランド製品はオンラインストアへの掲載が御座いませんので、店頭にてお確かめくださいますようお願い申し上げます。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ