IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:シュナイダー

IMG_5366

天気予報によれば今年一番の寒さがやって来そうな今晩。
今にも雪が降るのではないか?と思わせる様な黒い雲と、冬らしい静かな夜の空は、少しずつ近付き始めている今年の終わりを匂わせています。

今月はイベントごとが多く、また同時に各企業ともボーナス支給月とあって、先週末位から街の賑わいが増えて来ている様な気がします。

何かとお出掛けする場面が増えるこれからの季節、「サッと羽織れてサマになるもの」が有るととても便利。

今日取り上げるオーストリア、ザルツブルクの老舗”SCHNEIDERS”の一着は、まさにそんなワガママを適えてくれる一着です。

IMG_6944

それがこのポンチョ(またはマント)型コート。

100年以上もの歴史を持ち、欧州の社交界で唯一「コットンのコートでも失礼に当たらない」とされているSCHNEIDERS。

フランスのBCBGでは「必需品」とされ、社交界では「TPOを問わない」とまで言わしめているSCHNEIDERS。

その魅力は優れた製品管理に加え、高いクォリティに裏付けされています。

IMG_6943

そして近年SCHNEIDERSのコートの中で最も人気を博しているのがマントやポンチョ等の羽織。

IMG_6945

一般のコートのように袖を通し前を留めるもよし、肩から羽織るだけでも良しの高い利便性に加え、SCHNEIDERSらしい効果的な素材や一流サプライヤーから得られる優れた生地によって、それらは見た目だけでは無い”中身の伴った”コートとして一目置かれています。

その人気のマントを基本にトラディショナルを崩さずに現代的にアップデイトされているのが、このモデル。

IMG_6946

丈をヒップを覆う位までの長さにして、取り外し可能なフードやファーを備え、スリットになるフロント両脇にはフラップ付きのポケットに変更するなど、実用性の高い”コート”然とした物に仕上げています。

IMG_6954

生地は打ち込みのしっかりした物を使用し、見た目とは裏腹に軽さを感じさせ、勿論暖かさも確保しています。

IMG_6952

背面から前面に通ったストラップはボタンを介して止められ、風によって裾がバタバタと開く事無く、この美しい曲線と直線で作りだすシルエットを維持します。

IMG_6953

フロントをボタンとファスナーの両使いにする事で、その日のスタイルに合わせたアレンジが可能になる訳ですが、移動手段が電車や交通機関の方にとっても、車が主な方にとっても、この着丈、邪魔にならないディテールやシルエットは、とても理に適ったデザイン、アウターで在る事は直ぐに判ると思います。

IMG_6948

シンプルなマントとは違った、現代的なエッセンスを与えられたこのコートは、どこか古くから続いているかのようなテイストを感じさせ、お仕事の場や休日の装いまで、常に上品な佇まいに見せてくれる雰囲気を持っています。

IMG_6951

天候に左右される欧州の地に在って、実際に風雨や寒さを凌げる事は前提であり、それらに伝統的(トラディショナル)で高貴(ノーブル)である事を忘れないSCHNEIDERSのコート。

IMG_6950

このコートが持つ意味、そして実際に使ってみて感じる高いユーティリティは、それまでのアウターのイメージを大きく変えてくれる物になるに違い在りません。

誤解を恐れずに言えば、「着の身着のまま、出かけなければならない」時でも、このコートを羽織ってしまえば、「それなりに見えてしまう」のですから、こんなにラクなアウター選びは無いのかも知れませんね(笑)

SCHNEIDERSのマント人気を実感できる、今回の新作を是非一度味わってみては如何でしょう。



SCHNEIDERSが何故100年も変わらず欧州で支えられ続けているのかが判るかも知れませんよ?


※SCHNEIDERSは、ヨーロッパ、特にイタリア等では名店と呼ばれる多くに必ず陳列されているほど、コートブランドとして当たり前の存在です。
意外と認知されていないのは日本だけかも知れませんね。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5403

年の瀬を感じさせる風景が広がり、多くの街中にクリスマスや年末を思わせるディスプレイや人の姿が目立つようになってきました。

IMG_5402

長らく続くコロナ禍とサッカーワールドカップ、そして近い年末と、何かと賑やかに過ごしたくなる気持ちは皆さん一緒。

あと数週もすれば今年も終わりを迎えます。
今年の冬は寒さも然ることながら、コロナ禍のこれまでとは違った過ごし方を期待する方も多いと思いますが、日々の中に楽しみや歓びを以て過ごせる毎日にしたいですね。

さて、今日は女性の方々に「今最も使える物」としてSCHNEIDERSのライトダウンベストを取り上げてみました。

IMG_5916

ブランドの秋冬の定番的存在でもある、このライトなダウンベストは暖かさと柔らかさ、そしてダウンベストに求めたい軽さや着膨れしないディテール等、全てを備えた一着です。

IMG_5917

曲線を多用した体に沿った丸みあるライン、細かくセパレートされたダウンキルティング、このベストが持つ魅力は、インナー、アウター問わず使える、その高いユーティリティに在ります。

IMG_5922

特にこのブロンズ系カラーは、靴やバッグ等と色のシンクロがし易く、また季節的にも幅広く使える色でもあり、大人の女性にとって毎日のスタイルに取り入れ易いカラーでもあります。

IMG_5924

この色合いを活かしてくれるのがライトグレー。
勿論、ベージュやブラウン等同系色も良いのですが、ネイビーやグレー等の相性の良い色を合わせる事で、秋冬のスタイルにより表情を持たせる事が出来ます。

IMG_5919

ボトムスにはツィーディーな素材、それもグレーやベージュ等を合わせると、色全体の統一感が作られると同時に、大人らしい落ち着きのあるトーン、スタイルが完成します。

IMG_5921

淡い色のトーンを組み合わせたスタイルで最も肝になるのがベストの様に光沢のある素材や色、そして欠かせないのが全体を締める靴の色や素材。

IMG_5920

この組み合わせではナッパの光沢が美しいLuca Grossiのローファーを合わせ、装い全体をトラディショナルに見せつつも上質感を失わないように見せています。

こうしたスタイルに更にコートを羽織ったり、ローゲージのニットを更に羽織ったり等、ミドルアウターとしての役割とインナーとしての役割を担えるSCHNEIDERSのベストは、この絶妙な厚みや素材によって作られる”今最も使える”一着と言えます。

IMG_5835

ニットカーディガンやジャケットを着て更に一番外側(アウター)に羽織る事も出来るこのベスト。

IMG_5836

色の統一感をバッグで作りながら、組み合わせの基本はライトグレー。

気温の上がり下がりが激しい毎日が続く今の季節、最も実用的で、上品さを崩さず、大人の女性らしさを保ってくれるSCHNEIDERSのベストは、当店にとってマストアイテムと言える一着になっています。

IMG_5918

これからの季節に是非取り入れてみては如何でしょうか。



《その他の写真使用商品》











【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1713

11月最初の祝日、暖かな陽射しに恵まれ、行楽日和の一日となりました。
日中はポカポカと暖かったのに、、、夕暮れには再び寒さが下りて来る、そんな秋の日がしばらく続きそうですね。

今日のような気温差に最も適しているのが”ダウンベスト”。

暖かな日、暑い日にはインナーを薄く、そして寒い時にはインナーをニットに変えたり、更にコートをレイヤーする等、今のような気温差がある日には、とっても便利な存在です。



先月、Schneidersのダウンベスト”Alexa”が入荷したのですが、今の気温にピッタリと言う理由であっという間に完売してしまいました。

残念ながら購入が適わなかった方も多かった商品ですが、今日ようやく色違いが到着しました。

IMG_2637

今回は中庸で美しい穏やかな色味のブロンズ系カラー✨

IMG_2638

カッパー(銅色)とオレンジを足したような、とても美しい色合いは、前回のカラーがクールな印象なのに対し、こちらはウォー三―なテイスト。

IMG_2639

色の発色が極端ではなく「落ち着きがあるのに微光沢によって存在感が作られる」のは、前回の色と同じく、上品さと上質さを作り上げてくれます。

IMG_2641

このベストの魅力は「ピッタリ過ぎず、ゆったり過ぎず」の程よいフィット感。
サイドから見ると、裾がシャツカットされているのが判ると思いますが、このカットもパンツやスカートとボトムスを選ばず使える一つのメリットになっています。

IMG_2643

パッドはSchneidersが採用するプレミアムダウンで、厳選された微細な羽毛が詰め込まれています。

一般的にダウンベストを想像すると、そのパッドのせいで着ぶくれ感を想像する方も多いと思いますが、このベストは秋から春までをフォローする程よい厚みを持ち、またその分羽毛の品質を上げる事によって、保温性もシッカリと確保しています。

勿論、アウトシェルのナイロンは撥水加工済。
急な雨天や雪天にも対応できますね✨

IMG_2644

この厚みを利用して、インナーダウンとして使う事が出来る為、コートやジャケット、更にはニットカーディガン等の内側にレイヤーする事が出来ます。

IMG_2645

勿論ミドルアウターとして、本来の用途にも”着ぶくれ感”を作る事無く、とても自然なシルエットラインでスタイルする事が出来ます。

IMG_2646

この着ぶくれ感の無いシルエットと言うのも、女性にとっては大切な要素。
ただ着膨れして見えるだけではなく、ダウンベストの存在そのものが「カジュアルに見せてしまう」ことも、このSchneidersのベストは回避してくれるんです✨

IMG_2648

スッキリ、スマートに着こなせるダウンベストは今や余り類を見なくなってきていますが、もともと「人前で失礼に当たらない洋服」(社交界で失礼に当たらないコート作りが身上)をブランドのアイデンティティに持っているSchneidersにとって、身に着けた時のスマートさや上品さは、ブランドとしても欠かせないファクターになっています。

IMG_2647

今回のブロンズカラーはバッグや靴等と色のシンクロを楽しむと、より全体の完成度が高まり、また似た色合いを見つける事が難しい分、シンクロした時のスタイルは各段に目を惹くはずです✨
(バッグ/FELISI、ニット/Drumohr、スカート/Max Mara)

今日のように日中は暖かく、夕方からは寒い日が、これからまだまだ続きます。

ダウンベストに抵抗感を持っている方は是非、そして大人としてカジュアルになり過ぎない上品なベストを探している方にも、是非ともお勧めしたい一着です。


Schneidersについてはコチラから↓







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_8332
今日、日曜日は生憎の小雨空で始まりました。
どこか降る雨も春を超える穏やかさを感じる”暖かい雨”に感じられます。
徐々に春も半ばに、そして初夏に向けて緑が青々と茂る季節へと向かい始めていますね。

今日の様な中途半端な空模様には、装いに困ってしまいがち。
涼しくもあり、かと言って屋内や車内は暑くもあり、そんな上下動する春の気候には軽くて薄く、そして実用的なアウターが欠かせません。

そんな都合の良い物、、、

あるんです、、、Schneider'sに。

BFAB6F99-59D0-480C-94D6-2448C9EC2320
Schneider'sの春夏アウターは、秋冬に比べ(秋冬でも他ブランドに比べてクォリティが高く価格も低い)グッと身近な価格になることは、当店のお客様方にとっては既知。

軽く、柔らかく、レディライクで、雨風を寄せ付けない、そんな実用性もバッチリなコートが今日ご紹介するトレンチです。

IMG_4255_PhotoRoom_20210316_125241
フランスのBCBGにも必須と記されるオーストリアの老舗にして王室御用達、そして社交界では”コットンのコート”でも失礼に当たらないとされている唯一のコートであるSchneider's。

その格式高い古豪ブランドが作り出すコートは「然も硬いイメージのものなんでしょう・・・」と想像されている方、それは間違いです。

実はSchneider'sは毎シーズン数十、百数十に上るラインナップを有しており、それらから日本の代理店が抽出しているのですが(※これについては面白い逸話がありますので是非続きは店頭で)、中にはクラシックを貫くモデルもあれば、先鋭的なディテールを持つ物もあります。

比較的当店では春夏のラインナップに後者に近いモデルをオーダーする事が多いのですが、今日ご紹介するトレンチは、”見た目はクラシカル、でも中身はテクニック満載”と言う相反する一作なのです。

IMG_4258_PhotoRoom_20210316_131605
主な仕様として、一般的なトレンチと違う点が幾つかあり、それは肩のエポーレットの有無や、ベルトのバックルの有無がありますが、これはトレンチコートのディテールから現代的なディテールとして不要な部分を省いた、ミニマルなトレンチとでも言うべき、価値ある一着。

IMG_4267_PhotoRoom_20210316_131731
袖裏以外の全てにライニングを排し、軽さと気軽さを齎し、使用する素材には”撥水加工”を施したコットンを採用しています。

IMG_4260
またボタンにはSchneider'sの魅力の一つであるコイン型メダルをスナップ式で採用。
この穏やかに輝くゴールドが全体に上品さと上質さをより感じさせる存在でもあります。

IMG_4264_PhotoRoom_20210316_131708
袖のストラップも一般的なベルト式では絞るのに苦労するものですが、このトレンチでは同じくスナップ式によって袖口を素早く、そして簡単に仕上げる事が出来ます。

IMG_4261
撥水されたファブリックが活きる、このアンブレラヨークは、むしろミニマルデザインでも欠かしてはならないディテール。

雨滴はこのヨークを伝って下へと落ちて行くのですね。

IMG_4262
とにかく袖を通してみると解る、その在り得ない程の軽さ。
そして堅苦しさを感じさせない生地の柔らかさは、このコートの最たる魅力でもあり、またSchneider'sの技術の高さを知らしめるところでもあります。

それでいて衿腰はしっかりと在り、ステッチにより衿腰のハリや高さ、立体感を維持します。
勿論、補強の為でも在ります。

IMG_4263_PhotoRoom_20210316_131647
そしてSchneider'sのコート全般に共通している嬉しいディテールが、このベルトステイのパーツ。

Schneider01
ベルトループに留める為のストラップパーツが設けられる事により、うっかりベルトだけを落としてしまったり、コートとバラバラになったりする事がありません。

IMG_4257
常に結んでいる訳では無いのがコートなので、このディテールは実際に使ってみると、その在り難さを大きく感じられます。(当店スタッフもこのディテールにはとても助けられています)

Schneider02
カジュアルなジャケット(フィールドジャケットやミリタリー等)ではマッチしないスタイルも、このトレンチならば、お仕事から週末のお出かけまで、常にオンオフ使えるフレキシビリティが在ります。

ミニマリズムの捉え方は、その人のライフスタイルによっても変わりますが、とかく複数のアウターを必要としないと言う方や、春夏にアウターを着る機会が少ないと言う方にとっては、きっとヘビーローテーション入り間違いなしのコートになりそうです。

IMG_4268
Schneider'sを知らないアジア人にとって、アウターとは?コートとは?と言う愚問は不要でしょう。
然しながら、私達日本人にとって、四季のある季節、それも寒暖差の激しい春から初夏にかけては、インナーを薄くするか厚くするかの選択肢しかなかったように思えます。

勿論このコートもインナーを変えるだけでしのげるものですが、コートのインナーにTEEシャツを着てサマになるコートが、世の中にどれだけ在るでしょうか?

よ~く考えてみると、意外なメリットが沢山あるのが今回のコートです。

605668CE-D01F-4DF8-9046-52EC239A486E_PhotoRoom_20210324_225238
軽さ、薄さだけでは無く、そこには歴史と誕生に裏付けられた様々な造詣が込められています。

Schneider'sを知らない方も、ご存じの方も、今回のトレンチは再び目から鱗を落としてくれる至極の一着になると思います。

是非この春のパートナーとしてSchneider'sのトレンチを一度試してみて下さい。
きっと、その魅力が伝わるはずです。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_8329
ポカポカとした穏やかな陽射しが射しこむ木曜日。
夕方になればあっという間に寒さを感じますが、少しずつ日中の暖かさを感じる事が出来るようになってきました。

肌寒さを感じる今の季節に最も重宝する物と言えば、軽く羽織れるナイロン系アウター。

寒ければ内側にダウンベストやニットを重ね、暑ければ中はTEEシャツで居られる、勿論真夏には脱いで腰でも首でも巻いておく事が出来る、そんな存在が最も重宝します。

そんな便利な一着がSchneider'sの新作として入荷。

IMG_4243_PhotoRoom_20210316_131801
これまで多くのブランドのアウターを皆さんにご紹介して来た当店にとって、その存在価値と価格の(良い意味での)アンバランスが在ると言えば、やっぱりSchneider's。

特に冬の高品質な物から想像される良心的で安定した価格は、”モノを知る人”にこそお得に映る物でしたが、Schneider'sは春夏になると、更にそれらを加速するのだから不思議です。

IMG_4395_PhotoRoom_20210317_192436
今回当店がオーダーしているジャケットは、Water Repellent、つまり撥水性の在るファブリックを使用しているもので、カラーは当店拘りの”Lobster”(ロブスター)🦞カラー。

赤でもなく、オレンジでもなく、その中庸な色合いは、出会いこそ全て。
中々出会える色ではない事は皆様もご存じの通り。

IMG_4245_PhotoRoom_20210316_131834
今回オーダーしているジャケットは、フーディータイプのダブルジップタイプ。
最も利用価値が高く、どんな装いにも合わせ易いディテールに加え、着丈が僅かに長目に(それほど長い訳ではありませんが、他社のこの手のタイプに比べて長目と言う程度)設定されている為、女性にとって気になる腰回りや尻部を綺麗に見せてくれる着丈になっています。

IMG_4246
またSchneider'sの魅力の一つであるファスナーやスライダー、その他の金属製部品に使われる、高級感と上品さに富んだパーツは、このジャケットにも採用されています。

IMG_4251_PhotoRoom_20210316_132352
以前入荷した際にもお伝えしたように、Schneider'sの素晴らしいところは、”当たり前で在って欲しい事を当たり前に行う”と言うところ。

「こうあって欲しい」とか「こうなっていたら良いのに」と言う、痒い所に手が届く配慮を、初めから備えていることが、最も優れている所。

IMG_4250
またSchneider'sの新作が入荷する度、お伝えしているのが”素材に妥協を見せない”のに”価格に反映されづらい”と言う、非常に良心的且つ、老舗らしい創造。

北欧ブランドの様に、当たり前の物を、当たり前の高品質で作り、市場に適正に卸される、その実に真摯な考え方や社風がSchneider'sには、しっかりと根付いているのですね。

IMG_4248
今回の新作は、当店が皆様にお勧めする二つの理由があり、一つは前述の様な”物作り”。

そしてもう一つが、この得も言われぬ特別な”色合い”です。

IMG_4252
形やディテールに四の五の言う程、デザインコンシャスでは無い、そのシンプルで高い品質を維持したジャケットだからこそ、このロブスターカラーが生かされているのです。

そしてライニングカラーに上品なサンドベージュをあしらい、表裏の色のコントラストを大人のラグジュアリーとして、またリゾートや海辺、クルーズ感すら感じさせる上品で上質なジャケットの存在意義を、作りと色から表現しているものです。

意外なほど、どんな色とも組み合わせがし易く、またこの色の(赤でもなくオレンジでもない)特別な趣が、きっと袖を通した瞬間に心を揺さぶるものになるでしょう。

これから春夏のジャケットを探そうと言う方は、是非オーストリアの老舗にして王室御用達、Schneider'sの一着をお試しになってみて下さい。

IMG_5766_PhotoRoom_20210317_191957
今季は他にもロブスターカラーやオリーブ、ゴールド、ブロンズ、と春夏のアースな色合いが沢山揃っています。

今年の夏はいつもと違う色合いで迎えて見ませんか?

IMG_5766_PhotoRoom_20210317_191754
Would you like to explorer fashion with the theme of jungle and safari?
(ジャングルとサファリをテーマにファッションの探検をしてみませんか?)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月25日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ