IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:コットン

IMG_3702
少々湿気を含んだ空気が街を包み、今日はいつになく「暑さ」を感じる一日となりました。

こうして気温が上がると、途端に気になり始めるのが夏の装い。

既にこれまでにも着々と夏の準備を進めている方もいらっしゃいますが、今日はこれからの季節に向けてピッタリのアイテムをピックアップしました。

お勧めしたいアイテムは、、、

昨年も大好評のうちに完売、そして再入荷後も完売、と何れも一度購入された方のリピートが多かったLequalのカットソー。

多くの方に気に入られたその理由は、ズバリ

想像を超えた品質と実用性に加え、満足度の高い価値

でした。

そのLequalのカットソーが、更に質を高めて、そして今回はウィメンズ専用ボディを用いての登場になりました。

IMG_5125
実は昨年の初入荷では、メンズとの共有ボディをゲージダウンした物をウィメンズとしてご紹介していました。

それが今回専用ボディとなり、新たに品質が(もともと素晴らしい質だったのにも関わらず、更に)向上し、素材のクォリティ、デザイン、実用性の全てを兼ね備えた至極の一着として仕上げられたのです。

IMG_5127
今回採用している素材は、”スビン・プラチナム・コットン”

聞いたことのある人も、初めて聞いた人も、この素材に限っては『一見に如かず』ですが、簡単に説明すると、高級なコットン糸として知られる”超長糸”の中で、特に希少性の高い”初積み”の縦長繊維を”スビン”(SUVIN ※脚注①)と呼び、その貴重な糸を使ったコットンを指しています。

この貴重なコットンは実際に触れて頂くのが一番ですが、一見して違いを見せてくれるのは、その美しい光沢と、シッカリと撚られていることが伝わる弾力性や滑らかさです。

IMG_5128
それらを贅沢に使い、今回のウィメンズでは、袖先の始末をタタキで終えるのではなく、二重にしてアームホールに編み込むと言う、非常に凝った作りを与えています。

これによって、元々オーバーサイズフィットとして作られているシルエットが(生地の恩恵もあり)より立体的になり、一枚のカットソーではなく、まるでシルクのブラウスのような見栄えを作ってくれます。

IMG_5120
今回ウィメンズではホワイト、ミッドナイト、ブラックの3色を展開。

IMG_5130
そのどれもが同じ魅力をそれぞれに持ち、素材の作りだす美しい表情と抜きん出た実用性を発揮しています。

まるでシャツやブラウスのような存在感、クォリティに、当店では敢えて”クルーネックシャツ”と呼ばせて頂くほど、優れた魅力を持った一着です。

昨年ご購入いただいた方も、初めて試される方も、是非今回の新作をお試し下さい。



※脚注①・・・スビン・プラチナム・スムースコットンは、インドの超長糸である”スジャータコットン”(SUJATA)と、カリブ海の島々で栽培される”シーアイランドコットン”(St.VINCENT)を組み合わせて生まれた優性交配種のコットンです。
SUJATAとSt.VINCENT、それぞれの頭文字を組み合わせて名付けられた事から、SUVIN(スビン)とされたと由来があります。

また表面の美しい艶と滑らかな肌触りは、これら希少な超長糸の毛先をガスで焼く事で毛羽立ちを削ぎ落とすことで、独特の光沢や滑らかさが生まれています。

とにかく贅と手間を尽くした希少なコットン糸なのですね。

以前展開のモデルも非常に凝ったものでしたが、今回は更に上を行く素晴らしい一着である事を付け加えておきます。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_8262
徐々に暖かさを感じ始めた今週。
穏やかな陽射しが心地よく、今日は朝晩の冷たさを忘れさせてくれるような小春日和の一日となりました。

これまで遅れ気味だった欧州からの荷物が少しずつ動き出し、今週は各ブランドから様々な新作が届く様になってきました。

中でも特に当店がお勧めしたいのが、季節を通じて使える”ベーシックアイテム”。

男性にとってのベーシックアイテムは、女性のそれとはまた違い、色褪せぬ魅力と変わらないシルエットやディテールが優先されます。

シンプルな物ほど、着る人のアイディアや着こなし方によって表現が変わり、その見え方そのものが個性として顕れる訳ですが、今日取り上げるのは定番中の定番”Drumohr”の30ゲージのニットウェアたち。

167086958
当店に長らくお越しの方にとっては御馴染のDrumohrのハイゲージコットンのシリーズは30ゲージが基本。

その糸の艶やかで滑らかな触り心地と、汗ばむ季節にサラリとした感触を与えてくれる春夏秋と3シーズンをカバーしてくれる強い味方。

167086882
それらをショートスリーブのクルーネックと、Vネックカーディガンでツインニットとして提案するのは、こちらも当店では御馴染。

167086882_o1
ジャケットを着る機会のある人も無い人も、そしてお仕事でも休日でも、この組み合わせがあれば、大抵のシーンは”それなり”にキチンと見えてくれるはず。

167086882_o2
秋冬のメリノの30ゲージ同様、春夏にも繊細なニットの質感によって、その日のスタイルをクリーン且つ上品な物に仕上げてくれるのです。

167086940
また春夏のクールな印象を与えてくれる”モノトーン”での提案も当店ならでは。
意図的にホワイトとブラックを選ぶ事によって、無機質的な涼しさを感じさせるのも、この糸の質があってこそです。

167086940_o2
ショートスリーブはジャケットなど羽織物のインナーとしての他にも、一枚で上質感を作り、夏の一着としても便利

167086940_o4
カーディガンはシャツでもカットソーでも、勿論ツインニット(アンサンブル)でも、時にはシャツにタイを締めたオフィスでも使えるだけに、それぞれのアイテムが、それぞれ魅力を発してくれる便利この上ない存在です。

毎シーズン、色を買い足す人も多い、このシリーズ。
既にお持ちの方も、初めてトライする方も、是非一度お試し頂く事をお勧め致します。

そして、今シーズンはこのラインナップに新たなモデルが加わっています。

167073534
それがこの”Relax Fit”のシリーズ。

167073534_o3
敢えてゆとりを持たせてつくられた身頃は、ドロップした肩回りと共に、独特な雰囲気を作りだしてくれます。

ベーシックもサイズのゆとりが作られるだけで、ここまで雰囲気を変えて魅せられるものか、と改めて感じさせてくれるDrumohrなりのコンフォータブルな解釈が、やはり上質な糸と共に表現されています。

167073534_o2
またこのモデルでは”敢えて”ハイネック(一部ではモックネックとも呼んでいるようですが)でオーダーしています。

衿元にスカーフやバンダナが無くても、衿回りがしっかりフィットしていると、上半身がスッキリと綺麗に見える効果があります。

長身がそれ程多くは無い日本人男性にとって、こうした”見た目の効果”は大切なファクター。
ボトムの太細も選ばず、どんなスタイルにも取り入れ易いRelax Fitは、春夏の大きな武器となってくれそうです。

ベーシックをお持ちの方は特に新しい切り口としてトライしてみて頂きたい一着です。

この他にも、現在様々な新作が店頭に到着を進めています。
春夏らしい装いが楽しい季節になって来た今、これからの気分を上げてくれるのは間違いなく新作たち。

是非今週は新しい装いをクローゼットに加えてみてはいかがでしょうか。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月10日、17日、24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6038
3連休も半ばを迎えた今日は各幹線道路には県外ナンバーの車が非常に目立つ一日になりました。
外出を控える風潮の中、交通機関ではなく自家用車ならば、と思われる人々が多いのでしょうか。
現在の状況を象徴するかのような風景に色々と考えさせられる瞬間でも在りました。

また地元の学生たちにとっても、卒業式が終わり、これから新生活の為の準備に勤しむ時期になりますね。
各々の正確な状況判断が必要な時期だけに、先ずは何をするにも深呼吸してから臨んで欲しいと願ってしまいます。

今日3月21日は国際的な「人種差別撤廃デー」の日。
今から60年前、南アフリカで起こったアパルトヘイト(人種隔離政策)に反対するデモ行進で警察が出動し発砲。
その際70人近くが死亡する事件が起き、この時を境に国連が人種差別の問題に取り組む契機となった事が始まりとされているそうです。

と同時に今日は「世界ダウン症の日」でもあります。
21日に制定された理由には医学的な側面があるようです。
通常は2本であるはずの21番の染色体が3本ある事(異常)によって発症するのがダウン症なのだそう。
この数字に与り21日となったそうです。

ダウン症の日が、この人種差別撤廃デーと同じ日に制定されている事は、何か因果を感じますが、私の親族にもダウン症の身内が居り、何一つ人と変わらない日常生活を送れていても、この症状(様々ですが)の為に、哀しいかな周囲から奇特の目を感じざるを得ない時が在ります。

とてもジレンマを感じる事ですが、ダウン症だけでなく先天性によって持って生まれた症状を持つ子供たちにとって、この世に生まれて来る環境は選べる訳ではない事、そして誰にでも起こり得る遺伝子上の悪戯が、人々の妙な関心を寄せてしまう事への不快さは、ある種の人種差別だと私は思っています。

この世から人種差別がなくなる事を願う一人として、環境、性別、年齢、疾病、嗜好、どんな事にも『正確な知識』を以て接する事、そして奇異の目を向けない事、常に相手の気持ちになる事、人として恥ずべき事の無い行動をとれる人が一人でも増えてくれる事を願っています。

人と人とが譲り合い、支え合う事が小さな社会を、そしてそれらが大きな社会、終には世界を作る事で在る事を改めて感じて欲しいと思います。

世界的に流行している感染症の「今」も含めて。


と、今日も雑談から始まりましたが(最近毎回こんな始まりですね)、
冒頭に挙げた(食事の)写真、少しずつ気温が上がると食事も力の付くものが摂りたくなりますよね。
暖かくなると代謝も上がり、身体は力の出る物を欲する様な気がします。

お肉を食べて、動いて、寒い冬の間に滞った血の巡りを良くする。
とっても大切な事だと思います。

ウィルス蔓延によって外出を控える風潮が強まってからというもの、街中の飲食店は非常に苦しい状況を余儀なくされているお店も多いと聞きます。
中には97%もの売り上げ減少と言う破滅的な状況のお店もあるのだとか。

決して「食べに出てはいけない」訳では無いんです。

むしろ、こんな時こそ「食べに出て経済的に活性化する」ことは必要なのではないでしょうか?

何かを食べに出掛けたら、ウィルスに感染するのでしょうか?
答えは「ノー」です。

感染を気にするならば、手洗いやうがいの励行を促すべきで、自宅にこもりっきりが必ずしも良い事だとは(私的には)思いません。

しっかりとした予防策を以て、また正しい知識のもと行動することが大切なのであって、軍隊の様に上官の命令の様に聞き入る様は、どうもいただけません。

ティッシュペーパーが巷から姿を消した時の様に、正しい知識さえあれば、なにも不安に感じることは無いのですから。

昨年の台風以降、今、私達の生活の中には様々な問題が起こっています。
しかし、一人一人が正確な情報と正しい知識をもとに行動すれば、いつもと変わらぬ毎日を送る事が出来るはずです。

いつでも冷静に、そして何をする事が正しい事なのかを自問自答しながら行動したいですね。

(いつになったら本題に移るんだろう・・・)と思っていらっしゃる方、ここからが本題です。(やっと)

春から夏にかけて、この上下動する気温に対処してくれる一着のトップス。

涼しい日も、暑い日も、使い方で長い春夏を賄えるものがあったら願ったり適ったり、と思いますよね。

それが、、、あるんです。

bafy_blog001
先日も魅力的なポロシャツでご紹介させて頂いたイタリアのニット専業ブランド『BAFY』。

149507960
この何気ないシンプルでベーシックな形のクルーネックのニット、実は使用する糸に非常に細い糸を使って編まれており、風通しの良い適度なピッチによって夏まで使える一着に仕上がっているのです。

149507960_o1
元々大手ブランドのOEMを手掛けるファクトリーブランドゆえ、糸のクォリティコントロールはお手の物。

それどころか季節や仕様にあった最適な素材の選択や凝った編み方が出来る事も、BAFYの最たる魅力の一つです。


このニットには表面にバスケットを模った編地を用いており、立体感のある豊かな表情に加え、触り心地に

リネンの様なシャリ感

があり、コットン100%素材とは思えないほど、清涼感に優れています。

149507972
涼しい日にはシャツやカットソーとのレイヤードや、ジャケットのインナーとして、また暑い日には一枚で着るなど、この『素材』だからこそ、幅広い季節を愉しむ事が出来ます。


149507972_o1
触れた瞬間の触り心地はまさにリネンのようで、真夏にも間違いなく活躍してくれる一着になります。
カラーは前出のホワイトとこちらのライトブラウンの2色をオーダー。

IMG_9387
夏にはショーツとの組み合わせで、クルーズ感も増し、まさに大人の夏の装いにピッタリのクォリティスタイルが叶えられます。

IMG_9380
ミドルゲージのニット(プルオーバー)では暑かった夏も、今年はこのハイゲージで快適に過ごせそうです。(※写真はミドルゲージ)

これから始まる春、そして真夏までの長い季節を存分に楽しめるニットです。

「夏に長袖のニットなんて着ていられないよ!」

と言う方、、、ショートスリーブのお勧めも有ります!

それがコチラ

149508006
こちらもまたシンプルでベーシックそのものですが、実はよ~く見てみると、素材がまた凝っています。

149508006_o1
このニットはスラブ風の凹凸を表情に生かした、「リネン」を主成分にした

まるで半袖Tシャツ

の様なリネンニットなのです。

しかし言葉通りに受け取ると、リネン=ガサガサしていそう、と思われる方も少なくないと思うのですが、実は触れると直ぐにそれらが間違った概念だと察します。

このニット、どう考えても『コットンかシルク』にしか感じられないほど、

滑らかで艶やか、そして何よりフワフワに柔らかい

のです。

形そのものはTシャツのようですが、触れても袖を通しても未だ、それらがリネンで在る事が疑わしい程、このニットは柔らかいのです。

"夏=コットンのTシャツ"の概念は最早過去のもの。

男性、それも大人紳士たるもの、夏は上質なニットを身に着け、ゆとりある出で立ちで居たいものです。

今日ご紹介したBAFYのニットたちは、このブランドの本当の素晴らしさが「素材の選択」で在る事を、つくづく感じさせてくれます。

是非今年の春夏は、美味しい物を食べて身体を健康にして、そして新しい洋服を着て心も健康にして、最終的には世の中の経済の為に寄与する、そんな循環の一端を担う春夏にしてみませんか?

(今日もかなり無理やりな新作紹介でしたね・・・多謝)




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月・4月の店休予定日】
3月26日、4月2日、9日、16日、23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0887
寒さが一段と増し、冬への序章が始まる今週。
新しい週の始まるとなる今日(月曜日)は、どこか夏の終わりを思わせる穏やかな暖かさに包まれています。
時折降る小雨空も秋の最後を告げる雨となるのかも知れませんね。

さて連日訪れるお客様の中に、コート等羽織物に求める物が厚い物ではなく薄め(?)の物を欲する傾向が強まっています。

恐らくは車の乗り下りがし易い等の他、扱いが楽な物(軽い物)を必要とするがゆえなのかも知れません。

然し、男性にとってコートはその日の装いを完成する大切な存在でもあり、秋冬のコート事情は多くのそれとは異なります。

丈が長ければ良いと言う物でもなく、将又スーパーなブランドであれば良いと言う物でもなく、そこには期待する装いへの補完的役割を求めている方が多いのですが、今日取り上げるのはミリタリーに出自を持つトレンチコート。

今でこそ皆様ご存じのトレンチコートも、元々は第一次世界大戦時に、将校が塹壕内で身に着けていたものが始まりです。

塹壕とは陸上戦で銃撃などから身を守る為に掘られた大きな溝の事ですが、この溝は当然の事ながら雨が降れば水もたまり易くなるわけで、そこに求められたのが防水性のあるコートである事から、トレンチコートが生まれたのは防水性を備えるべくして当然の結果でした。

皆さんが口にしているトレンチ(Trench)とは、この塹壕を指しています。

更に現在の姿である、二列に並んだボタンや、ベルトを用いて留める仕様はその後の進化過程に於いて生まれました。

最近ではトレンチコートの原型となる「タイロッケンコート」を作るメーカーも増えて来ましたが、現在のトレンチコートの様なディテールではなく、ベルトと留め具だけの仕様で、Tie(結ぶ)、Lock(留める)の名前からタイロッケンと呼ばれていました。

それらから進化した現在のトレンチコートの姿は、「さらに使い易く実用的」にベルトループやバックル付きのベルト、肩にはエポーレット、背面への水などの侵入を防ぎ下へ向かって落とすアンブレラヨーク、ガンパッチ、スロートラッチ(チンストラップ)、動き易いインバーテッドプリーツ等、現在のトレンチコートに至るまでには様々な仕様が進化して行きました。

話は戻り、元々綾に織られたコットン生地を使って作られていたこれらのコートですが、ミリタリーを得意とするASPESIにはこうしたディテールを独自の解釈によってスポイルし、あくまでも雰囲気を醸し出す為に作られた一着があります。

IMG_9567
それがこのトレンチコートです。

IMG_9568
現在の定番的な仕様はそのままに、限りなく無駄を省き、その分肩から袖までの筒幅や素材となっている厚みのあるコットン素材に味わいのある加工を行う事によって、非常に味わい深いトレンチコートが出来上がりました。

98137A96-E454-42B8-B354-A12C5FB36BDD
これまで様々なミリタリーアイテムを、様々な素材で作り続けて来たASPESIですが、今シーズン当店がオーダーした全てのアウターはコットン素材だけのものをオーダーしています。

それによって作り出される独特な表情は、まるでヴィンテージの衣料の様に味わい深く、ミリタリーを出自とするコートゆえの見栄えを感じさせてくれる物になりました。

1E0BEDDE-8FDF-4145-821C-D85354960E03
この素材は洗いと適度な加工によって、色ムラや色落ちが見られる仕様で、身に着けたその日から男らしいトレンチコートの姿が感じられる物になっています。

IMG_9570
また裏地には、Thermore®(サーモア)のライニングを、ウールをシェルに使用した物で取り付ける等、ASPESIが予てから得意としている防寒も備えています。

実はトレンチコートの歴史上、大戦時のトレンチコートにも、こうしたボタンで脱着出来るライニングが用意されていたのだそうです。
当時は羊毛や革を用いられていたようですが、その仕様も赴く戦地によってなのか、それぞれのオプションなのだそうです。

IMG_9571
Thermore®(サーモア)はEcodown®(エコダウン)としても名前を商標登録している程、その暖かさは多くの防寒中綿同様、非常に優れた保温力を発揮します。

IMG_9501
また今回のASPESIのトレンチコートでは、限りなく無駄を省きながらもディテール上、欲しい仕様はしっかりと残されています。

IMG_9569
チンストラップは衿の本体に留められ、実際に生きた使い方が叶えられる衿元の作り(ゆとり)もあり、ASPESIにはミリタリーアイテムに一日の長を感じます。

IMG_9574
その他にもトレンチコートに求められるディテールは必要最低限備わっています。

IMG_9504
今回、このコートで感じる最たる魅力は、素材に使用したコットン素材の表情と、その素材の恩恵でもある適度なハリによって作られる「立体感」が光っています。

コートなど羽織物に柔らかく、軽い物を求めたいと思う気持ちの反面、男性の中には、「ミリタリーアイテムはミリタリーらしさが欲しい」と思う、男らしいディテールや素材の選択も期待されます。

今回のASPESIのトレンチコートには、まさに後者の様な「男が身に着けるトレンチコート」として限りなく男臭く、男らしい一着で在る事を約束してくれそうです。

軽くしなやかなコートも勿論素敵ですが、男らしい素材や表情を持ったこのASPESIのコートも他では得られる事の無い魅力が満載です。

是非秋冬のお伴に検討してみてはいかがでしょうか。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月21日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

日中の穏やかな陽射しと、時折注ぐ涼しい風とが交互に街を包む6月初。
夏の装いを揃えたかと思えば、また春の羽織物が必要になって見たり、非常に世話しい毎日が続いています。

現在実施中のプレセールでは、羽織物やニット等、この涼しさを凌ぐための物が相次いで動きを見せており、いずれ来る夏の冷房対策にも向けた備えともなりそうです。

さて、女性のスタイルに比べ、男性のスタイルアップに不可欠な「心地良さ」への追及。

IMG_0235
それらは秋冬と同じく「心地良さ」を求められるものですが、特に春夏には肌に滑らかで、涼しさを感じられる物が多くを占めます。

IMG_0236
一目見ただけでは、中々伝わり辛い素材の魅力。
色や組成を見るだけでは、如何ともし難い「体感」の感触が在ります。

それらは春と夏の季節によっても変わり、何れも「肌に触れた時の感触」を繊細に求めるのは、四季を通じて共通するものでもあります。

IMG_0234
現在、ニットを素材としたプルオーバーや、ポロシャツ等が揃う店内。
それぞれのブランドが得意とする素材や味わいの演出を行う訳ですが、その中でも突出して心地良さを感じさせてくれるのが、老舗Drumohrの30G(ゲージ)のニット。

IMG_0227
ポロシャツは直接肌に触れる物だけに、よりその感触を体感して頂けるのですが、カーディガンにも同様にレイヤードした時の「軽い心地良さ」と、「糸の細さを感じる」緻密な表情によって、同じカーディガンでも一味違いを見せてくれる一着です。

IMG_0229
このDrumohrの30Gは、某有名ニットメーカーのそれを凌ぐ細かさで、秋冬だけではなく、春夏にもその糸の魅力や心地よさの魅力を、多くの人々に知ら占めています。

また、このカーディガンには「意外」な工夫が一か所あります。
それは多くの人達が見過ごしてしまうであろう、最下段のボタン位置。

通常底辺に沿ってボタン位置が設けられるものですが、このカーディガンは少し上の位置に最下段のボタンが施されています。

これによってカーディガンの着用時、最下段のボタンを外して(X字のシルエットになるよう)いた物が、そのままボタンを締めた状態でも、自然な広がりを作ってくれるのですね。

勿論、ベルトを避けてくれるメリットもあるため、傷みも減る可能性があります。

こうして、中々気付く事の少ない些細なディテールにも拘りを見せるDrumohrのニットには、多くの人々に支持される理由が、確実に備わっています。

これからの季節に向け、是非Drumohrの心地良さを体感して頂ければと思います。

「父の日」も近い事ですし、ギフトにも良いですね。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日は非常に不規則となります為、BLOG或いはOnline Storeトップページにてご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
IL MARE 6月22日(木)
La Spiaggia (La Spiaggiaは、IL MAREのサテライトスペース兼オフィスとなりました)
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2017/6/4
---2017年春夏物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1521772&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n

---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---ギフト向商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=297854&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo_1001
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
TEL:026-219-3750
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

LaSpiaggia_Pre_Logo0001
■La Spiaggia■
長野県長野市南千歳1-3-3-1F-B
TEL:026-219-4447
Blog:
http://laspiaggia.blog.jp/

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ