IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:カジュアルダウン

IMG_4180

まだまだ日中の暑さは続いていますが、夕方の気温はチョッピリ涼しく感じるようになってきました。

「秋」と聞くと「枯葉」や「落ち葉」を想像しますが、まだまだ街には緑が沢山。

緑が少なくなると途端に寂しさを憶えます。
目に映る緑は優しく、心を爽やかな気持ちにさせてくれるもの。

今在る緑を充分満喫しておきたいですね。

そんな爽やかな景色とは裏腹に、現在店内では連日秋冬の新作が到着を進めており、徐々に冬の物までが増えて来ています。

とは言え、実際に着る季節の前に備えたいのが洋服。
今のうちに沢山の品物を吟味しておかなくてはなりません。

「暑い…」けど「御洒落も愉しみたい…」
心の葛藤が始まる季節です…。

今日はその葛藤も若干?少なかろうデイリーユースに最適なブランド”SOUTH PARADE”をピックアップしました。

South-Parade-Clothing

SOUTH PARADE(サウス・パレード)は、ファウンダーでありデザイナーでもあるスペイン人のTaniaとイタリア人のLorenzoの二人が、イギリス、ロンドンで出会い、トム・フォード、フェラガモ、エミリオ・プッチ、バーバリーといったビッグメゾンで培った経験を活かし、アメリカのマイアミから発信している”カットソー”と”スウェットシャツ”(或いはセーター)を中心としたブランド。

二人はSOUTH PARADE(地名)から着想を得た事をきっかけに、地名をそのままブランド名に採用しています。
(※サウス・パレードはイングランド、オックスフォード州北部にあるストリート名)

彼らの作るカットソーはペルー産の最高級のピマコットンを使用しており、常に品質や着心地にプレミアム・クォリティを求めています。

そんな彼らが作りだすカットソーを当店がオーダーした理由は、このブランドを紐解くにつれ感じさせる(メゾンで従事した経験がありながらデイリーウェアを作るということから)一つの”カジュアルダウンの為の洋服”であると考えたから。

少し解りづらいのですが、私達は常々思うのです、「御洒落はセンスで表現するもので、言葉で表現するものではない」と。

だから言葉で説明するのが難しくなってしまうのです。

極端な例え話をすれば、シャネルのジャケットを持っている女性がいるとして、その女性が「ボトムには着古したリーバイスを、バッグは使い古したシャネルを、そしてインナーに着ているのがSOUTH PARADEのTEEシャツ」といった感じ。

言わば欧米女性が得意としているチープ&シックを現代的に解釈するスタイルが私達の(昔からの)定番的スタイルでもあり、またこうしたスタイルを作るのに必要なパーツの一つとしてSOUTH PARADEが在った、と言うこと。

そこには、見る人の見方によって「如何様にも判断する事が出来る」のですが、彼らの作るカットソーに使われる高品質な素材や、触った時の感触、軽さ、その全てが一見するだけでは解りづらいもので、「だからこそ…」の選択なのでした。

(話は長くなりましたが)今回このブランドでオーダーしているのは、以下にご紹介するラインナップ。

IMG_6221

フレンチシックを気取りたい時、真っ先に欲しいと思わせるフレンチボーダー。

IMG_6223

綺麗でクリーンな色使いにトリコロールカラーでもある鮮烈なレッドを、フロッキーによるレタードで表現し、ジーンズなどのカジュアルから、レザーのスカートまで、海外女性のスナップに連想される全てのアイテムに共有出来るトップス。

IMG_6226

触り心地は滑らかで、上質なコットンを使っている事を直ぐに理解させてくれます。

IMG_6228

ボーダーにジャケットに、ジーンズ、そしてパールを合わせたりチェーンのバッグを合わせるだけで、ヨーロッパの空気感を漂わせる事が出来ます✨

IMG_6236

同じボーダーでも、こちらはラグランスリーブとボディ同色のカラートリムを与えた、しなやかで滑らかな一着。

IMG_6237

素材のクォリティが上がると、それらはドレープとして目に解り易く映ります。
上質な滑らかさは(実際には光っていませんが)光沢を思わせる表情を生地に作ります。

IMG_6238

胸(心臓の位置)にはハートのプリントを施し、このカットソーもまたフレンチトリコロールで完成されています。

IMG_6239

肩がラグランスリーブになっている、たったそれだけで、女性らしい華奢さや繊細さを作れることも、きっと彼らは熟知しているのでしょう。

この一枚とジーンズだけでも充分に御洒落度が変わって見えるはずです。

IMG_6230

ソリッドな魅力のTEEシャツも、同じ様にペルー産のピマコットンを使用し、上質な出来栄えを見せてくれます。

IMG_6232

レタードは、生地や色、雰囲気に合わせて、フロッキー、ラバー、ワッペン、染み込みプリントと、それぞれが経年によって得る表情を想定して(?)捺されています。

IMG_6216

各プリント(或いはレタード)から得る”テイスト”や”イマジネーション”は、彼らが意図することを、身に着ける私達が紐解きながらスタイルを考えたり、単純に色を選択して御洒落を愉しんだり、様々な捉え方、楽しみ方が在ります。

IMG_6218

また全てのTEEシャツにピマコットンだけを使用しているのではなく、このメランジのTEEシャツのように、色の杢感を出したり、テイストを作る為に必要なものには、ポリエステルを混紡し、やはり経年と共に味わいを深められる素材選択が成されています。
(そんな心憎いことを本当に考えているのだとしたら、彼らは本当のプロフェッショナルです。 否、そうで無ければ困りますが…。)

IMG_6220

またTEEシャツモデルには立体的なカットが施されています。
前後の着丈の長さを微妙に変える事で、ウエストから腰へのラインを綺麗に魅せています。

IMG_6241

彼らの作るスウェットシャツにも、TEEシャツ同様の軽さや滑らかさなど、クォリティを求めている事が「触れて解る」ものになっています。

IMG_6243

表面が滑らかで、一般的に裏毛(裏側がループ状のもの)になるのに対し、彼らのスウェットシャツはミニ裏毛を更に細かくしたような生地が使われています。

IMG_6245

それらは軽さを生み、生地そのものの持つ強度や安心感を与え、何よりレイヤーのし易さ(例えば中にシャツを着たり、外側にコートやジャケットを着たり)をも容易にします。

IMG_6247

スウェットシャツもまたTEEシャツ同様、そのモデル(色や生地)に合った糸のブレンドを行っています。

IMG_6248

コットン100%もあれば、ポリエステルとコットンのブレンド生地もあり、スタイルに合わせた生地を使っていることも、彼らの中では一仕事です。

IMG_6250

レタードも同じです。
前述の様に、形や生地、色、テイストに合わせた、プリントを使うことで、それぞれが特徴的な変化を生み、長く着続ければ着続けるほど、傷みながら味わいを生み出していきます。

IMG_6252

このフーディーにはパイル素材のワッペンがレタードに使われています。
洗濯を繰り返したり、擦れたりしながら、パイルは毛玉になったり解れたり、そんな加減がカジュアルなテイストの良き味わいとなって還って来るのです。

彼らの作る”上質”な糸、生地を使ったトップスは、着る人のスタイルや日常の中に溶け込み、他と違ったニュアンスを表情として現し、スタイルの数だけ個性を生み、また着る人の解釈の数だけ、様々なファッションが生まれます。

たかがTEEシャツ、たかがスウェット、しかし去れどTEEシャツ、スウェットです。

彼らが作るSOUTH PARADEを身に着け、是非「当たり前の毎日をブラッシュアップ」してください。

「どんな服装に取り入れるか」だけで違ったスタイルが生まれるかも知れません✨








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_1218
秋風が強まり、徐々に冬の表情を見せ始めている長野地方。

「日中は暖かいのに、夜がね・・・」

ご来店下さるお客様の大半が、そう口にします。

そろそろ暖房が恋しい季節になりますね。

さてさて、寒くなっても冬は待ってくれません。
まだ冬支度が済んでいないと言う方も多いかと思いますが、今日はお仕事でスーツやジャケットをご利用になる男性諸兄に最も簡単なカジュアルダウンを愉しむべく、(店頭でも申し伝えておりますが)、ニットとローファーを揃えて、あとはスーツの調達のみと、そんな装いをお勧めしています。

IMG_6200
スーツって何気に寒々しく見えるんですよね、そう思われる方も多いはず。
それは合物生地を選ぶ事によって、本人よりもむしろ見る側の方が、寒く見えてしまうと言うウィークポイントが在りました。

合物生地は3シーズン着られて便利な反面、冬の装いには光沢やシャープな見栄えが災いし、暖かさを「視覚的に」得られない事があります。

フランネルや梳毛の生地による季節のスーツは、日頃スーツを戦闘服として尽力している諸兄にとって、中々思いきれない一つでは無いかと思うのですが、やはりそこは男らしく冬は冬の素材を身に着けたいですよね。

そこで今季はフランネルやツィード、ウールジャージーなど様々なジャケットやスーツを店頭にご用意しておりますが、中で目立つのがパーソナルオーダーでの誂え。

勿論、折角作るのですから妥協を捨てて、ボーナス目当てにドン!と勢いづくのも良いかと思うのですが、現在、フランネルを中心に季節的にも長く使える素材が揃っておりますので、是非パーソナルオーダーも踏まえ、これを機にスーツの新調を検討されてみては如何でしょうか。

IMG_6201
話は戻り、クルーネックやハイネック、タートルネックのハイゲージニットは、もはやTEEシャツ代わりの代用と言うべき存在になりましたが、これこそカジュアルダウンに相応しい存在。

足元もドレスシューズを省き、ローファーに変えるだけで、充分アソビの装いとして演出出来る、最も簡単な週末スタイルです。

IMG_6247
現在、ANGELO NARDELLIのウールジャージー素材を使ったダブルのスーツや、eleventyのジャケット等がオンオフ両方で使えるお勧め2頭。

IMG_6249
素材の表情は大切で、お仕事は勿論ですが、カジュアルダウンを愉しみたい時、毛足がツルツルのジャケットではチョッピリいただけません。
(写真使用商品:スーツ/ANGELO NARDELLI、ニット/Drumohr、シューズ/Di Mella)

IMG_6250
普段の装いの中から一つアイテムを変えたり、或いは同系色に揃えるだけで、一段の洒脱感が上がるのも秋冬スタイルのメリット。

仕事ではタイドアップ、仕事終わりにはニットを加え、靴を変える、たったそれだけで全く違った装いに見えるのですから、取り入れた方が良いですよね。

IMG_6251
この他にも、店頭ではパーソナルオーダーで誂えたジャケットと共に組み合わせを提案しておりますので、是非

楽チン、簡単

なスーツのカジュアルダウンを、もっともっと楽しみませんか?

また女性の装いにも今季は変化が出始めていると先日もお伝えさせて頂きましたが、女性も同様にパーソナルオーダーを中心に

落ち着きのある色合い

を愉しむ方が増えています。

IMG_6254
何と言っても今季最も増えたのが、ベージュやブラウン、ライトグレーを中心にした、同系の濃淡様々な色合いの組み合わせ。

まだまだお若い方々にとっては、魅力的に映る事は無いかも知れませんが、こうした穏やかな色合いには、想像以上に奥深い

色の繊細な分別

があるのです。

同じブラウンにしても、ベージュにしても、グレーにしても、それらの濃淡だけでなく、微細な赤や青などが織り交ぜられた中庸な色合いと言うのは、既製品では中々出会う事が無い物です。

それらを生地として用意させて頂く事によって、他では得られない

独特な魅力

が発揮される事になるのです。

女性の皆様も是非こうした色の奥深さや生地から得る魅力を、もっともっと触れて頂きたいと願っています。

IMG_6256
また今季増えているレッドを使ったシンプル且つベーシックな装いも、当店にとっては毎年恒例ではあるものの、今年は少しエッセンスを変わった形で取り入れる事もお勧めしています。

IMG_6258
ブラック(ナイロン)や、チャコール(フランネル)、そしてレッド(ウール)の相性は言わずもがなで、それらに先般ご紹介させて頂いたパンプスのヒールをリンクすると、少し隠れたカラーリンクが楽しめます。

IMG_6257
いつも店頭でお伝えさせて頂いている事ですが、

洋服はシンプルになればなるほど、センスが露呈される

ものです。

一つ一つが高価だから素敵なのではなく、一つ一つの素材や形、全てのバランスが整う事によって、人の目には洒脱に見えるのです。

誰もが抱く「オシャレでいたい」と言う気持ちは、周りが作るものでは無く、自分が作るものでもあります。

私達はそんな能動的にオシャレになりたいと思うお客様の、言わば侍女的役割を担います。

今年の秋冬は例年よりもさらにベーシックトーンが増える事により、多くのお客様にそれまで以上のご提案をさせて頂いています。

是非これから冬支度を検討されている方は、今までとは違った切り口で揃えてみては如何でしょうか?


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月8日、15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ