IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:ウィメンズ

IMG_5365_1

あっという間の12月に気持ちは早り、気温だけが着々と真冬の寒さへと進んでいます。
1年を通じて秋冬は最も御洒落が楽しめる季節でもあり、身に着けるアイテム数も多く、この寒さに負けず沢山の御洒落を愉しんでおきたいものです。

現在開催している”日本代表16強企画”も大変ご好評を頂いております。
いよいよ明日深夜24時には8強を目指す戦いが始まります。

明日16強企画も最終日を迎えますので、まだご利用の無い方は是非この機会に気になっていたものを手に入れ、そしてスッキリとした気持ちで日本代表を応援していただきたいと思います。

さて、同時に開催しております”レザージャケットのパーソナルオーダー”ですが、既に数名のお客様より詳細などのご案内やご試着等を頂き、こちらも12月10日が最終日となるため、今週は多くの方が採寸にご来店の予定。

まだご来店のアポイントを取得されていない方、またご検討をされる方も是非お気軽に店頭へお問合せ下さい。

そして今日は、そのレザージャケットのサンプルの中から、幾つかのモデルをピックアップしてみましたので、是非検討の参考になればと思います。

今回サンプルは非常に沢山の素材、色、サイズのバリエーションが揃っているのですが、やはり外せないのがシングルのジャケットです。

IMG_6591

コチラはメンズのサンプルで、ラムスウェードを使った一着です。
実はメンズサンプルとウィメンズサンプルとではバスト部分の作りなど細部に違いがありますが、女性のお客様の中には、「メンズのサンプルでオーダーしたい」と言う方も少なくありません。

IMG_6592

今回の素材サンプルは過去最も多い数十種類を用意しており、その中でも最も大人に適した「柔らかさ」や「軽さ」、そして「着心地」の全てが揃っているのがこの素材。

袖を通した時、その柔らかさにうっとりするほど、ラムスウェードの心地良さを直ぐに体感する事が出来ます。

ラムスウェードだけでも10色近い色が用意されています。

IMG_6593

このジャケットの素材はラムですが、鞣しの過程で非常に薄く柔らかく鞣されている上質なラムナッパを使っています。

IMG_6594

同じラムナッパでも、加工の違いや厚みなどだけでも十数種類が用意されています。
勿論色の展開も多く、今回のオーダーの中ではエントリープライスとなっている革になりますが、エントリーとは名ばかりの非常に優れた革質である事が、こちらも袖を通すと伝わって来ます。

IMG_6597

コチラは春夏にピッタリなパンチングのラムナッパを使ったもの。

IMG_6598

切れやすい(雑な仕事をした)物ではなく、しっかりと一つ一つのホールが開き、整然と連なるメッシュ状のラムレザーは、その柔らかさや軽さに加え、通気性や見た目の清涼感も感じさせてくれる素材。

メンズ、ウィメンズ共に今回最もお勧めしているパンチングのラムレザーは、仕上がりの時期(1月中旬以降)に丁度良い素材。

色も中間色のような穏やかな色展開もあり、春夏にぴったりな落ち着きのあるブライトカラーも揃っています。

IMG_6595

もっと男性的に、もっとラギッドに、とレザーに対して男らしさ、カジュアルらしさを求める方には、この素材”COW MILK”がお勧めです。

非常に武骨さを感じさせる、厚み、堅牢感は、まさにライダースジャケットの表現にピッタリですが、写真のサンプルの様にフライトジャケットのようなディテールで仕上げるのも非常にお勧め。

IMG_6596

革の表情に加え、パーツの一つ一つが強さを作りだし、これぞレザージャケットと言わんばかりの迫力のある素材です。

その他にもホースレザー等、革の種類は多数揃っています。

IMG_6599

上品で上質、そして武骨さを回避した「女性らしい」一着を考えている方には、このノーカラーのモデルがお勧め筆頭。

シンプルで無駄のないディテール、女性らしい立体感を作るカットやデザインが、トップスやボトムスを選ばず、果てはワンピースに合わせても素敵なユーティリティジャケットです。

IMG_6600

革は数十種類の中から選び、色や素材の表情を考えながら、自分だけの一着を作る事は勿論、女性のレザージャケットには、華奢な肩幅、丸みのあるバストライン、シャープなウエスト等、女性ならではの体形にあったデザインが求められるもの。

スーツやジャケット同様、採寸の上、革でそれらを表現する為にも、緻密に計算されたデザインは必須。

勿論、ゆとりのある着心地を求める方も居れば、タイトな着心地を求める方もいらっしゃるはず。
ラムレザーを中心とした、柔らかく、軽く、まるで布地のような革質でのみ表現する事が出来る女性のレザージャケット。

IMG_6601

革質だけでも(写真の様に)全てが違って見える事もあり、光沢の有無や色の微妙な差などから、男性以上に、細かく色や革の選定が必要です。

IMG_6602

また男性、女性共に、革の選択の他、ファスナーの色、ファスナーのブランド、数十種に及ぶ裏地、同袖裏地、ひいてはボタンまで、非常に数多くのディテールをオーダーする事が出来ます。

身体に沿って伸び縮みを繰り返すレザーのジャケットは、布地の物とは全く違った味わいや、長く着続けられることもありますが、吊るしではなく”自分だけの一着”を誂える機会は中々ないものです。

現在開催中のパーソナルオーダーを利用して、是非自分だけの”長く愛せる一着”を手に入れてみては如何でしょうか。

※ご不明な点などについてはお気軽に店頭までお問合せ下さい。


《オーダーを希望されるお客様には事前にアポイントの取得をお願いしております。
またエントリープライスは凡そ120,000スタートとなっています。
イタリア製裏地など特別な仕様加算が無ければ、ファスナーのブランドや仕様等全てが折り込み済みの価格でオーダーする事が出来ます。》





現在予約受付中《Agnelli & Sons 2023年モデル》は↓コチラ↓から

Top_Cate_pic_Reserved_001

※詳細など解り辛い点につきましては店頭までお問合せ下さい。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_9227

あっという間の秋の到来に夕方以降の寒さは、一際進んだように感じられます。

写真は昨日の夕空。
まだら雲に夕日が射して、何とも言えない綺麗な空を見せてくれました。

IMG_9259

夜間近の空はこんな風に怪しい光を放ち、秋の夜空の色んな表情を見せています。

IMG_9260

一昔前には考えられなかった”一瞬のひらめき”をスマートフォンに収めて置く事が出来る便利な時代。
こうして自然が見せる様々な表情を収めておくのも、また秋の変わった景色を眺めることが出来る風情の愉しみ方と言えるかも知れませんね。

さて、昼と夜の気温差が開き始め、多くの方が服装を迷っていらっしゃいます。
今日は季節問わず気になる、尚且つ”レア”な存在のウィメンズパンツをピックアップしてみました。

7cc248f8_1

ご紹介するのは”GERMANO”。

GERMANOと言えばメンズでは知られた美シルエットが魅力のボトムス専業のブランドですが、何と今季ウィメンズが初の入荷となったのです。

とは言え、日本のお店でも取り扱っている店舗は数少なく(ひょっとしたら当店だけかも知れませんが)、男性のパンツを見て「あんなパンツが欲しい」と言う声をチラホラ耳にしていた当店だけに、女性のお客様に男性と同じ拘りを持った製品を提供出来る歓びは、このブランドに限らず実はとても大きなものなんです。

IMG_9419

MTG GERMANOと名付けられたウィメンズのコレクションは、今回初めて(今秋冬分)代理店様で見つけてしまい、数々のファクトリーブランドのウィメンズボトムスを揃えたい当店としては、間髪入れずにオーダーをお願いしました。

これまで、そして現在も、様々な専業ブランドのボトムスを取り扱って来ましたが、”美シルエット”で知られるGERMANOのウィメンズとあって、自ずと期待値も上がりましたが、そのオーダー分が本日到着しました。

元々イタリアのナポリ近郊サレルノで1952年に設立されたGERMANO。
イタリアらしいサルトリアーレの手法を取り入れ、イタリア国内で生産され続ける老舗のファクトリーです。

このブランドのラインナップには様々なテイストの物がありますが、何と言っても無駄のないシャープなシルエットは、GERMANOらしさを最も感じさせてくれる物でも在ります。

その優れたシルエットを

女性らしい美しさ

で表現したウィメンズのラインナップは、メンズ同様のシャープな魅力を持ちながらも、イタリア人が好むディテールやシルエットをそのまま再現した物が多く揃います。

今回当店がオーダーしたのは2モデル、計3種のパンツ。

IMG_9397

一つ目が、この綺麗なオフホワイトのサキソニー素材を使った2プリーツのトラウザーズ。

IMG_9341

ウエストをホールドする太幅のベルトラインと、腰回りにゆとりを与えるプリーツ、そしてそこから裾へ向かってシャープにテーパードするシルエットは、GERMANOが考える女性のパンツに於ける美的解釈。

IMG_9343

履く前からシルエットの美しさを想像させてくれるシルエットに、当店がどうしても拘ったのが、この柔らかくしなやかなドレープを生むサキソニー。

IMG_9345

柔らかく、軽く、そして趣のある素材の恩恵と色、これらがこのパンツにピッタリ合っているのは、素材との相性が良いと言う事。

女性のパンツに於ける動き易さや履き易さ、素材の柔らかさ、軽さ、その全てが一つに集約された様な、美しいパンツに仕上がりました。

IMG_9339

男性のそれとは違う、女性の為だけのGERMANOは、確実に女性の身体を美しく見せ、また装いに華を添えてくれる存在でもあると言う事が伝わって来ます。

IMG_9340

イタリア本国で全て作る事に拘りを持ち、また「たかがパンツ一本」に対して、これほど沢山のブランドがある中で、違った魅力を与えてくれるGERMANOのパンツには、他のブランドが持つアイデンティティ同様、GERMANOだけの表現と言うものが確かに存在しています。

このパンツ、オンスタイルのシャツやジャケットは勿論ですが、特に休日のボリュームのあるニット等と合わせ上品なスタイルも、とてもお勧め。

IMG_9403

秋冬の上品カラーの代名詞、オフホワイトやトープ、アイボリー等と組み合わせて、女性だけのラグジュアリー感溢れるスタイルも。
(写真使用商品:パンツ/GERMANO、ダウンベスト/SCHNEIDERS、コート/MAX MARA)

IMG_9404

女性だけが楽しめる特別なカラーやアイテムを組み合わせた上品な秋冬スタイルに、このパンツは必須。
確実に大人の女性感を作りだしてくれる一本です。




IMG_9400

2本目はコチラのストレートシルエットが特徴のベルトレスのトラウザーズ。

IMG_9402

実はこのパンツにも当店なりの世界観があり、ウールなどオンスタイルに限定する素材を選ぶと、他ブランドのパンツでも代用が利くものになってしまいます。(勿論、細かく言えばシルエットはそれぞれ違いますが)

そこで当店が選んだ素材が、

厚みのあるストレッチデニム生地

です。

IMG_9347

このパンツのシルエットの特徴を生かしてくれる、柔らかさとデニム生地らしいハリは、綺麗に魅せる為には無くてはならない物でした。

IMG_9348

太幅のベルトライン、そしてヒップから裾まで綺麗に真っすぐに伸びるストレートシルエットは、言うなればセミワイドなレッグライン。

IMG_9350

特に平らなヒップが多いアジア人にとって、このシルエットは見事に綺麗なヒップライン、そしてレッグラインを作ってくれる強い味方です。

IMG_9351

反対にヒップの大きな方にとってはヒップを強調する事無く、ヒップ下から真っすぐに伸びるレッグラインによって、綺麗な脚のラインを作る事が出来ます。

厚みのあるデニム生地は仄かに洗いを加えた位の色の濃さで、硬い印象を受けますが、実際にはとても柔らかくストレッチ性も言う事無し。

生地の重みはそれなりにあるお陰で、身体のラインを(過剰に)拾う事無く、美しいパンツスタイルが作れる一本です。

白のシャツやザックリとしたローゲージのタートル、時にはレザーやダウンジャケット等、ボリューム感のあるトップスや、時にはリブのニットなど逆に細身のフィット感のトップスを合わせて、腰下が長く見える様なスタイルにもお勧めです。




そして3つ目は、前出のパンツに別生地を載せたタイプ。

IMG_9398

これもデニム生地の物と同じ様に、敢えてのカジュアルな素材の選択によって、限られたシーンだけでは無く、多くのスタイルに合わせ易く使い易くする事が前提。

IMG_9399

選んだ素材は、

ストレッチコーデュロイ

です。

IMG_9353

一般的にストレッチ性のコーデュロイが使われるボトムスには細身のテーパード等が多くを占めると思うのですが、実はこの素材の特徴でもある”洗いを加えた”コーデュロイは、一般的な想像の物よりも、「非常に柔らかくしなやか」なのがポイント。

この素材を用いる事によって、硬さやハリを連想するコーデュロイが、まるでウールの様に柔らかくしなやかさを作り、それらがパンツに動きのあるシルエットを作ってくれるのです。

IMG_9355

中畝のコーデュロイは使い易いベージュ系カラーで、ガーメントダイやウォッシュドの加工が好きなイタリア人にとっては、欠かせない色、素材の一つ。

IMG_9359

このパンツもまたローゲージのニットなどボリュームのある物を合わせたり、時にはデニムシャツやミリタリーアイテムを合わせて、捻りのあるカジュアルスタイルが楽しめる一本。

その他にもAtelier Amboise(Alberto Luti)のプンターレ等、カジュアルなベルトを合わせたりして、味わいを更に足しても良いですね✨

このデニム生地とコーデュロイ生地の2つは、勿論フルレングスで穿く事をお勧めしますが、ヒールのある無しに関わらず、それがフラットパンプスでもローファーでも、このシルエットの美しさを活かす組み合わせを店頭ではご案内しています。




こうして日本では初となる(イタリアでも初かな?)GERMANOのウィメンズボトムは、他に先駆けて真っ先に店頭に並んでいます。

INCOTEX、BERWICHと並んでベーシックなパンツを好む人も、またかしこまらずに普段から素敵なパンツスタイルで過ごしたいと言う方も、是非とも試して頂きたいGERMANOのパンツ。

男性から見た魅力的な存在感が、今回のパンツにはシッカリと込められています。
是非ご検討下さいね✨






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_7146

少し肌寒さを憶えたと思った途端、再び夏の暑さが舞い戻って来た水曜日。

また「夏物を着る機会が出来た」と嬉しいやら悲しいやら、感情入り混じる一日に。
こうして暑さと涼しさが交互にやって来て、少しずつ秋へと暦は変わり始めるのですね。

と、感情とは裏腹に店内には秋冬の新作達が徐々に到着を始めています。
今日は先週取り上げたシャツワンピースの色違いも加わり、女性のお客様にとっては少し楽しみが増えて来ている一週間です。

IMG_4623

元々ウエストには絞りも(付属の)ベルトもないボックス型の前面に対して、背面はギャザーたっぷりの切り替えを合わせ、シャープさとカーブを組み合わせた女性らしいワンピースなのですが、着丈の長さや特徴的な袖などを活かしてベルトを加えると雰囲気がまた変わって見えます。

IMG_4624

前回入荷時にはブラックとキャメルが、そして今日はオフホワイトとダークネイビーが揃いました。

IMG_4625

どの色も趣があり、ワンピースとして使ったり、ロングトップス(ボトムスにワイドパンツを合わせる事をお勧めしています)として使ったり、様々な使い方が出来るのも魅力。

IMG_4644

IMG_4645

IMG_4530

袖のボリュームを活かしたり、台衿の立体感を活かすために、ボタンとは別に(しっかり留める為の)フックも備わっている為、立体的なデザインがより判り易く作られます。

IMG_4539

少し季節が進めば、中にタートルネックを合わせたりしても良いですね。

IMG_4530_1

ミリタリー的な見方をすれば”オフィサー”的な存在感もあり、ちょっぴりハードな着方をしても背面の女性らしさで緩和される便利な一着です。

IMG_4617

他にも、前回入荷時には即完売してしまったファーベストも一着のみ再入荷しています。
ファーは現代らしいエコファーですが、実は”エコファー”と聞いて安っぽさを連想するのはナンセンス。

今やヴィーガンレザーに先駆け、エコファーそのもののクォリティは、本当に毛皮(ファー)と比べても見分けがつかないほど精密に作られています。

IMG_4619

毛足の一つ一つが長短混ざっていたり、密集した毛足のボリューム等、おそらく横に本当のファーを置かれても気づかない程リアルです✨

IMG_4618

少し肌寒くなってきたら半袖や七分袖のカットソー等と、更に寒くなってきたらニットと、そしてコートを着る季節にはミドルアウターとして使う事も出来るのがベストのイイところ。

ちなみに当店はファーベストを仕入れた時には、必ずシャツとのレイヤーを兼ねてからお勧めしております。(写真参照)

乾いた感じを醸し出すシャツ地と暖かく穏やかな感じを醸し出すファーの組み合わせはバランスが良くお勧めなんです✨

と、店内では少しずつ楽しい気分にさせてくれる商品が揃って来ています。
是非お近くにお越しの際や、ちょっぴり涼しさを感じた際には、店頭にもお立ち寄りください。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


気温は30度を指しているのに、数字で見るほど暑さを感じなかった月曜日。
夕方には涼しい風が街を通り、少しずつ夏の終わりを感じ始めています。



先日のblog(上のリンクからご覧ください)で、スカートと共にご紹介させて頂いたブラウスとレザージャケットに、幾つかのお問合せを頂きましたので、今日はそれらを含めて再度取り上げて見ました。

先ずボウタイのブラウスですが、先日アップしたのはブルー系のストライプで、実は他にも2種類のストライプのご用意があります。

IMG_4523

元はご覧のようにバンドカラーが基本の衿と切り替えのあるカフ、そして比翼仕立ての前立てで、少しだけゆとりのあるシルエットに作られているブラウス。

IMG_4524

肩のヨーク部分は前側は覆うような縫い込みをされた立体的な作りで、衿と袖の付け根にはテープ状に切り替えられた横使いの生地、そして袖先(カフ)部分はフレアに開く女性的な形。

IMG_4525

前回ご紹介させて頂いたブルーベースのストライプ、そしてこのホワイトベースにブルーやブラウン、ベージュを取り入れたマルチストライプ、そしてのちにご紹介させて頂くブラウンベースのストライプの3種類が揃います。

IMG_4527

それらに太幅の生地を折り畳む様に(一部のみ縫われています)作られた、まるで”袖”がもう一つある様に見える立体的な別布式ボウタイは、ただ衿元に巻くだけの簡単な仕様で、むしろこの簡単な仕様のお陰で、良く在りがちなボタンやスナップ等のパーツが衿付近に備わる事がない分、スッキリとした形で使う事が出来ます。

IMG_4526

裾のシャツカットも深く入った切り上がりと、大丸(裾のカーブ)によって、スカートからパンツまで、裾を出しても入れてもサマになる作りになっています。

IMG_4528

ストライプの太さやピッチ、色によっても印象がかなり変わります。
前出のマルチなストライプでは清涼感を感じさせますが、ブラウンベースのストライプでは奥深い味わいを感じさせてくれます。

IMG_4529

特にジャケット等よりはコートや深いVネック等のニットとのレイヤーを連想する形だけに、生地の厚みや色には、手持ちの色や組み合わせたい色、好みの色に合わせて選ぶと、より活きた使い方が出来そうですね。

IMG_4541

そして先日もご紹介していたラムレザーのジャケットはブラック一色での展開ですが、綺麗に整えられた革の表情と、ボリューム感のある袖の作り、立体感を生む全体のバランス感と、女性のジャケットとしてはとても使い易く作られています。

IMG_4542

インナー(ここではニット)を同色にしてボトムスの色や素材で遊んだり、或いは全身ブラックで統一したり、レザーのジャケットの楽しみ方は色々ですが、それを活かすのも、この形(特に袖)ならではの存在感在ってこそ。

IMG_4543

またジーンズなどカジュアルなスタイルにはTEEシャツを合わせて着たくなりますが、一般的なシングルライダースやノーカラージャケットと違って、袖の作りだけで女性らしさが充分にアップデイトされます。

IMG_4544

ワンピースからスカート、パンツ、ジーンズまで、実に色々な組み合わせが楽しめるこのレザージャケット。
レザージャケット=ラギッド(無骨)と思われている人にこそ試して頂きたい女性的な一着です。

以上、先日のblogの続きとしてご紹介でした✨


※ご紹介商品の詳細につきましては店頭までお問合せ下さい。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


blog001

深夜の降雨のせいか、とても涼しく過ごしやすい一日に恵まれた日曜日。
涼しさを感じると少しずつ秋の装いも恋しくなってきますね。

私達の仕事はこの季節来春夏発注の真っ最中。
女性物の発注もそろそろ終盤となりますが、来年も楽しみなブランドアイテムが沢山揃いますので楽しみにお待ちいただければと思います。

と、季節は先を感じさせていますが、今日は先日もちょっぴり触れたDrumohr(Donna)の新作ニットをピックアップしてみます。

「Drumohr=ベーシック・クラシック」といったイメージを持たれている方も多いと思うのですが、実は(当店ではオーダーしていませんが)とても攻めたニットウェアも多く、素材のバリエーションも豊富。

その中から当店が日常的に使い易いアイテムを選択、オーダーしている訳ですが、その日常的に使い易いベーシック基調のアイテムも、少しずつ変化を取り入れています。

IMG_4263

例えばこのメリノウールのVネック。
いつもならば袖も裾もリブエンド、サイズは程よくスクエアなシルエットに収まるのですが、今回オーダーしているのは、ボーイフレンドサイズで、裾にスリットを与えたリラックスフィットのモデルです。

IMG_4266

当店ではニットのレイヤードを積極的にお勧めしておりますが、まだまだニットのレイヤードを楽しむ方は僅か。

IMG_4265

中にシャツを重ねたり、スカーフや変わり衿のブラウス等、Vネックのニット(しかも裾が開いているところがポイント)にはレイヤードが楽しめる大きなメリットがあります。

IMG_4267

Drumohrの魅力の一つでもあるメリノについては割愛しますが、今回このモデルでは写真のレンガ色とブラックをオーダーし、秋冬を楽しくさせてくれる魅力的なカラーリングを揃えました。

IMG_4268

ブラックもメリノ素材になるとその黒さも一際黒くなります。

IMG_4270

インナーにTEEシャツやカットソーを入れたり、白のシャツを入れたり、ミドルゲージのニットは冬までの”ミドルアウター”的要素で楽しむのが正解。

こうして少しずつですが変化を加え(見た目では判り辛いかも知れませんが)、ベーシックやクラシックを基本にしたスタイルに鮮度を感じさせています。

IMG_4272

同じように、こちらのラムズウールのタートルネックも、実は変化が加わっています。

もともとDrumohrのアイデンティティの一つでもあるラムズウール(カシミアもそうですが)は、多くの方が連想されるラムズウールとは「別物」と考えて頂いて良いと思います。

それだけラムズウールの質の良・不良が判り易いというものでもありますが、Drumohrのラムズウールは、カシミアやアルパカ同等の保温力があり、また毛質も非常に柔らかく長く、「ラムズウールは本来はこうだったのか」と口にされる方も多いほど。

IMG_4274

そのラムズウールを使ったタートルネック、過去にも店頭に並んだ事はありましたが、今回の新作は肩の作りがラグランスリーブになっているところがポイントです。

これによって肩の可動域も広くなり、また何より女性にとって嬉しいのは、「肩の線が優しく華奢に見える」こと。

IMG_4277

ニットを袖捲りして着る女性も多いと思いますが、袖を捲ると「肩の山が立たない」ことが分かると思います。

自然なラインで、女性らしくクラシカルやベーシックをまとう為には、実はこんな些細なディテールの変化が大切だったりします。

IMG_4278

同じくラムズウールを使った新作では、細かなミニケーブルを編地に施したクルーネックもあります。
このラムズウールは5ゲージと決して細く無く、また太くも無く、最も使い易い太さの糸だと思いますが、何よりもの魅力は「軽さ」です。

軽さを求めると編地もフラットになりそうですが、このミニケーブルは軽さを維持しながら”立体感”が作られ、一枚で着た時にもしっかり存在感を作ってくれます。

あまりにも軽すぎてフラットな物になるとラムズウールはチープな印象にも見えかねません。
実はとっても大切な要素。

IMG_4280

そして今回このニットで当店がどうしても拘りたかったのが、この奥深いピンクベージュの色合い。
光の加減や、合わせる洋服の色によっても、違って見えますが、有りそうで無かったピンクベージュの色は、多くの場合がピンク味が強すぎてガーリーに見えてしまう物もあります。

そこはさすがと言うべきでしょうか、Drumohrの作り出す中間色は大人にピッタリの魅力的な色に仕上がっています。

IMG_4393

ちなみにこのカラーはメンズのニットでもオーダーをしていますので、パートナー或いはご家族の方にも是非ともお勧めさせていただきたいと思います。

IMG_4282

そして最後にご紹介したいのが、「Drumohrと言えばこれでしょ?!」と言う方も多い、Super 140'sを使った30ゲージのニットシリーズ✨

IMG_4285

このシリーズもこれまで何度もオーダーを続けて来ておりますが、今回の新作はチョッピリ違います。

前出のオーバーサイズフィットのメリノと同じように、全体にゆとりを与えたシルエットを採用し、更に裾にスリットを与える事で、よりインナー利用やカットソー代わりの一枚として役立つ物に進化しています。

IMG_4284

我々世代にとって、「いつでもカットソーやTEEシャツ」は最早ナンセンス。
数年前からカットソーがニットに代わって来たように、メンズウェアもウィメンズウェアも、

大人のトップスはニット

が鉄則にすらなってきています。

年齢的に、少しでもキチンと、しっかりと、クリーンな印象を持ちたい世代にとって、いつでもどこでもカットソーでは、見る人からすればだらしなさすら感じさせるシーンも無くはありません。

元々Drumohrの30ゲージのシリーズはインナー利用の方も多く、このシリーズはメンズの織りネームに「Drumohr Modern」と書かれている様に、ある種のインナー、デイリーウェアとしての存在意義が大きな物でもあります。

ウィメンズは統一されたゴールドの織りネームになっていますが、その用途からもわかるように、

上品・上質な素材を日々身に着ける

ことが大人としての嗜みの一つにも数えられます。

既にお持ちの方には新しい形として、また試された事の無い方には是非とも一度お試し頂きたいシリーズです。

今シーズンはDrumohrの入荷が(現在の所)順調です✨
例年ならば早めの動きが目立ちますので、是非ご興味のある方はお早目のご検討が良いかも⁉








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ