IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:アトリエ・ラヴァ

IMG_5906
あっという間に寒さが街を包み始め、いよいよ今年最後のひと月が始まりました。

今年は例年よりも多く、お客様によるパーソナルのオーダーの機会を設けさせて頂いた一年でした。
洋服は勿論、バッグやアクセサリー類等、様々なアイテムに”お客様の嗜好”を形にする事が出来た様に思います。

その最後を飾るのは、秋に開催させて頂いたATELIER LAVAのバッグです。
ショルダーバッグやハンドバッグ、ボストンバッグやウォレットに至るまで様々なデザインを持つATELIER LAVAに、当店がリクエストしたのがBIRKINタイプの35㎝のモデルです。

これまでも40㎝のモデルは(主にメンズとして)ありましたが、ハンドルの形状や大きさ(特にマチ)から女性が持つには、或る程度の条件が必要でした。

そこで当店は女性にもっとATELIER LAVAの魅力を体感していただくべく代理店様に相談し形となったのが35㎝です。

前回のパーソナルオーダーでは、これらにバイカラーによる色の組み合わせを取り入れ、その数数十色と言うカラーサンプルから、お客様自身の好みによる組み合わせを愉しんで頂いた訳です。

そして今日オーダー下さったお客様のバッグたちが到着し、その中から幾つか(お客様の了解を頂けた物のみ)をご紹介させて頂きたいと思います。

IMG_1171
こちらのバッグをオーダー頂いたお客様は30代の方。
「毎日使えるサイズ、変わらない形、上品である事、色々な洋服の色に合わせられる事」
を前提に、お客様とディスカッションを繰り返しながら選んだ色が、この2色の組み合わせです。

IMG_1172
柔らかくシボを活かした革質はATELIER LAVAの最も得意とするもの。

IMG_1173
その柔らかさを最も生かしてくれるグレーベージュの様な非常に中庸な色合いと、黄色味を増したエッグシェルの色を組み合わせ、まさに変わる事の無い上品さと上質さを表現しています。

IMG_1174
作りの丁寧さや後処理などは、ATELIER LAVAならでは。 随所に手間暇をかけていることが伝わります。

IMG_1175
全てに共通する、フラップとストラップのパーツ類は、某H社のBIRKIN同様、外して使うのがセオリー。

IMG_1176
均一に施されたステッチ、要所に設けられた閂や金具の留め方等、全てに於いて時間をかけ、職人が丹念に仕事をしたことが伝わります。

IMG_1177
内容量はタブレットが横置きに収まり、B5の雑誌や書類がすっぽりと収まる大きさ。

IMG_1178
ペットボトル等も縦に収まるには充分の大きさで、ライニングにはナイロン素材(形によってライニングの素材が異なっていますが、このモデルでは強度性抜群の素材が使われています)が施されています。

この中身の部分で私達の目を引いたのは、内ポケットの開き方です。
片マチになっている事で、ファスナーの開け閉めがし易く、チカラも掛けずに開く事が出来る点は、さすが長年バッグを作り続けているだけあるLAVAならではです。

IMG_1180
また付属品としてクロシェとカデナ(南京錠)があり、こうしたアクセサリーの追加によって、H社同様に愉しむ事が出来ます。

IMG_1179
バッグの形の一つの完成形としてBIRKINの形がある訳ですが、シンプルで存在感があり、或る意味、革質や作り手の作業の良し悪しが解り易い形である事も確かです。

IMG_1182
ATELIER LAVAの今回のリクエストは適うべくして適えられた、まさに女性の為の日常のバッグの一つであり、世界中の多くのブランドが一つの完成形として参考にする形でも在ります。

IMG_1181
実際にお客様が手にした時、どんなスタイルに使うのか、またどんなアイディアでこのバッグを愉しむのか、そんな想像が私達にとっては楽しい時間だったりします。

IMG_1167
こちらのバッグをオーダーされたのは40代のお客様。
様々な御洒落の種類を着こなす、このお客様らしく、クリーンなイメージとハッキリとしたコントラストを求めてご注文下さいました。

IMG_1168
ベースカラーには仄かなグレー味を帯びたアイボリー。
それらにブラックに程近いミッドナイトブルーを合わせ、絶妙な按配の色にハッキリとしたコントラストカラー(それもブルー系)を合わせた事によって、このお客様のファッションセンスが顕れています。

IMG_1169
私達が常々思うのは、御洒落は”守る”ばかりでは、中々御洒落にはなり切れないケースもあると言う事です。

それは破天荒にすると言う意味ではなく、自分自身のセンスを表現する機会こそがパーソナルオーダーであり、それらに表現されたセンスは確実にそのお客様のセンスとして活かされる物になります。

IMG_1170
このバッグもまた、”真似のできない”バイカラーとして、多くの人の目を集めそうな予感がします。

IMG_1189
こちらのバッグをオーダー下さったのは30代のお客様。
実は日頃お世話になっているお母様の分とご自身の分の2つをご注文下さいました。

IMG_1190
一つはこの端正な顔立ちのブラックです。
どんなシーンでも出番を迎えられるブラックのBIRKIN型は、一つは手元に置いておきたい存在でもあります。

IMG_1191
お母様とご自身、どちらが使っても良いようにと2色のご注文を頂いた訳ですが、かしこまらずに普段から日常のバッグとして存在価値を見出してくれそうな一作になりました。

IMG_1193
またお仕事でも十二分に威力を発揮してくれる内容量、佇まいは、このお客様の今後を考えても、きっと多くの歓びを呼び込んでくれそうな予感。

IMG_1194
服を選ばず、年齢を選ばず、シーンを選ばず使えるブラックは、人生の中で最も出番を迎える一つになりそうですね。

IMG_1183
もう一つの色は淡いグレーベージュをワントーンで仕上げたものです。

IMG_1185
こちらもまた長く愛せる色でもあり、またご自身とお母様のどちらが使っても良さそうな、とても上品な仕上がりに。

IMG_1184
中々自分のお母様へ感謝を述べると言うのは機会に乏しいものですが、こうして形として立派に表現出来る事は、ある種お客様の中にも”感謝の気持ちの大きさ”を感じさせます。

どちらを選んで下さるか、お渡しする時が愉しみなお客様のご注文でした。

IMG_1186
そして最後にご紹介するのは、当店に長らくお越し下さっている50代のお客様のオーダー。

IMG_1188
年代的にも、様々な時代と生活、そして御洒落に於いても、多くを体験してきた世代が選んだのは、グレー味が強めのグレーベージュ系カラーです。

IMG_1187
何が自分に似合って、何が自分の不要な物か、ある種の断捨離的発想が備わってくる世代でもある為、このバッグのカラーの選択は、このお客様の生活の中心にある色や用途やシーンまで、全てを体現している様にも感じられます。

無駄のない形、色、組み合わせのし易さの中には、お客様が日頃お召になる中心色にピッタリとマッチする、そんな”自然な選択”が色を通じて私達に伝わって来ます。

この他にも、沢山のお客様が今回のオーダーをご利用下さいましたが、中にはタイミングが合わず、敢無くオーダー出来なかったと言う方も少なく在りません。

そこで、現在私達はこうしたお客様への想いも含め、来年春頃を目途に、新しいモデルやディテールを加えた受注会を計画しております。

今回オーダー頂いた皆様のバッグの出来栄えも素晴らしく、またお店にお持ちになった時、同席するお客様もいらっしゃるかも知れません。

一つのバッグが繋いでくれる人と人との輪を、私達はお店(オーダー)を通じて、皆様と共通の”言葉無き会話”が持てると良いなと思います。

IMG_1166
今回オーダーが叶わなかった方も、次回は別の組み合わせを検討したいと言う方も、是非来年の開催を楽しみにお待ちくださいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月・1月の店休予定日】
12月16日、31日~1月2日、20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


D2B7BC82-B24F-40AB-A7E4-93E72F958B46
強い日差しで始まる朝、一気に地面を冷やす夕立。
梅雨空特有の毎日が繰り返されている今週。

それでも週末は一時的な雨だけで終わり、過ごし易い気温に落ち着きましたが、まだまだこの陽気はしばらく続きそうな気配。

春、そして夏、両方の装いを備えておかなければならない時季ですね。
コロナ感染と間違われない為にも、風邪は引けません…皆様くれぐれもご注意くださいね。


さて、今日は先般入荷と共にあっという間に完売寸前となったイタリア、ボローニャのレザーブランド”ATELIER LAVA”のマルチパースを、代理店協力のもと、一部の色の再入荷と共に新色の追加、そして今週末だけの限定販売となりますが、マルチオーガナイザーが到着。

IMG_3821
既にお客様の多くが手にしている、このマルチパースは、価格13,000円(税別)と言う破壊力抜群の価格と共に、その使い勝手の良さ、収納力の高さから、複数購入する方もいらっしゃるほど人気の一点。

IMG_3821_1
今回一部のカラーの再入荷(※既にオンラインストアに掲載済みです)と、今回新色として到着しているのが、このCACAO(ミディアムブラウン)と、T.MORO(ダークブラウン)の2色。

IMG_3822
薄く、柔らかく、見て直ぐに高い収納力が伝わって来るほど、このパースの魅力は多分に在ります。

IMG_3824
縦横に開いたカードスリット、それらが前後に配され、中央には90度開きのファスナーポケット。

IMG_3826
傷の付きづらいサフィアーノ(加工を施した)革と、全てに実用性を与えています。

IMG_3829
大きさは問題ではありませんが、このサイズにこれだけのパーツを縫い付ける事を考えると、とても13,000円では安く感じられてしまう程ですが、ATELIER LAVAの良いところは、こうしたパーツの数や有無よりも、どれだけ多くの人に使って貰い、実用性の高さを感じて貰えるか、そんな所に注力されているところ。

IMG_3828
ファクトリーメーカーらしく、広告宣伝に費用を掛けず、あくまでも自社製品は持つ人のインプレッションから確実に伝わり繋がるあたりも、こうしたブランドが地道に続けていられる理由の一つでしょうか。

IMG_3825
前回の入荷(ブライトカラー中心)とは打って変わって、今回は落ち着きのある色。
そのどれもが当たり前で、自然で、そして”持っていた”かの様な佇まいに、手に入れた直後から自分のモノになってくれそうですね。

IMG_3831
先日もお伝えいたしましたが、ドキュメントケースに膨らみを作らずに納められる薄さや大きさは、お仕事をお持ちの方にもピッタリ。

IMG_3830
勿論、お仕事以外でも、休日のお出掛けの際には、出来るだけ両手をあけておきたいもの。
そんな時、最も場所を取りそうなのが財布だったりするのですが、スマート化が進んでいる今、必要な物だけを入れて持ち歩けば、この容量で充分補えますね。

まだ試されていない方も、次の一色が欲しいと言う方も、是非この機会にお試し下さい。

そしてもう一つ、この週末の2日間だけの限定販売となりますが、ATELIER LAVAのパーソナル・オーダーの際にも度々ご注文を頂いているマルチオーガナイザー。

IMG_3812
パーソナルオーダー開催時には使用可能なレザーはエンボスレザーのみとなっているのですが、今回到着しているのは、ATELIER LAVAが最も得意としている、非常に柔らかく堅牢性に富んだシュリンクレザーを使用したモデルです。

IMG_3813
形としても、とても愛着の湧く丸みを帯びた長方形は、人の手に収まり易く、また角が無い分、バッグの中に入れても他を傷つける事もなく、一つの造形美としても心惹かれる一作。

IMG_3814
背面には指を通してホールドする事が出来るストラップパーツが付き、オーガナイザーをしっかり手に持つ事が出来ます。

IMG_3815
丁度、コンパクトな手帳が収まる大きさは、日頃持ち歩きたい物の大半が収納出来ます。

IMG_3817
180度開く事の出来るファスナー、そして左右に備えられた異なるポケットやスリットは、持つ人の持ち物を丁寧にキチンと分けて収める事が出来ます。

IMG_3816_1
沢山のカードホルダー(スリット)の後ろにはチケット用のL型スリットが備えられており、領収証を入れたり、交通機関のチケットを入れたり、ここも持つ人のスタイルに合わせた用途に応じて使えます。

IMG_3818_1
中央部分にはペンホルダーがあり、手帳等を収納して持ち歩いたり、或いは旅先でのサイン(署名)等に「サッ」とスマートに取り出したり、毎日の”時間”や”空間”を「愉しもう」と考えられる人にとっては、全てが洒落た存在となります。

IMG_3877
ラウンドファスナー式のウォレットは流石に収納すると言う方はいないと思いますが、前出のマルチパースの様にコンパクトな財布なら余裕をもって収納が可能。

IMG_3876
他にもリーディングやモバイル等、そこそこの厚みなら充分納められる他、左右にあるポケットを有効に使って、クラッチバッグで持ち歩く様な荷物を、この一つで補う事が出来そうです。

IMG_3878
持つバッグや革物一つで、気分が変わったり、その日のスタイルが決まったり、或いは、見る人の目に”出来る人”に映ったり、などなど、日常的に持つ物一つが変わると人の印象って変わるもんなんですよね。

IMG_3871
パーソナルオーダーでご注文下さったお客様も半数がパスポートケースを含む、旅先でのマルチウォレットとしての役割も込めておりましたが、ATELIER LAVAは全ての作りや収納に実用的で機能的なディテールを与えているせいか、多くの人の想像以上の荷物が収まってしまいます。

IMG_3873
次なるパーソナルオーダーの開催時期は未だ未定ですが(※新作の企画も同時進行しています)、オーダー時には今回のシュリンクレザーは、このオーガナイザーには使用できません。

それらを含め、たった2日間と短い期間では在りますが、今回入荷の4種は”実用性”を求める人や、お仕事や休日の荷物をまとめたい方にとって、まさにお勧め筆頭。

週末お時間の取れる方や、或いはご興味のある方は是非店頭までお気軽にご相談くださいね。
(価格は49,000円+税)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月8日、15日、22日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3504
梅雨らしい天候が続き、陽が差すと暑さを感じ、陽が陰れば寒さを感じる、そんなせわしい梅雨の季節。

「快晴だとそれだけで気分がいい」

そう感じる方も多いと思います。
かくいう私もその一人ですが、梅雨時は曇天の灰色な景色に、気分もどんよりしてしまう、なんていう方も少なくないと思います。

そんな時は、何か一つ気分が上がる楽しみ方(装い方)を見つけると、ちょっぴり気分も変わります。
今日は(ほんのちょっとしたことなのですが)密やかな楽しみ?装い方?をリコメンド。

161019338
使うのは先日入荷のAtelier Lavaのマルチパース。

「ミニマルがカッコいい」

そう叫ばれ始め久しい訳ですが、以前は装いをどれだけ素敵に魅せるか、言葉は悪いですが”盛る”ことで素敵をより素敵に魅せる為の手段が沢山ありました。

これまでにも、布製のグラスケース(眼鏡ケース)をジャケットの胸ポケットに挿してチーフ代わりに見せたり、グローブを無造作にポケットに挿したりなど、様々なアイディアが魅力を作って来ました。

今回お勧めするのは、まさにコレ。

161019338_o8
今回入荷しているパースは、丁度ジャケットの胸やパンツの後ポケットに丁度収まる大きさ。
まさにバンダナやハンカチを折り畳み挿しているかの様なイメージを作る事が出来るんですね。

IMG_3428
大きさも軽さも薄さも程よく、ジャケットの胸にチョンと挿してみると、ポケットスクエア(チーフ)の様に見えなくもない(?)。

IMG_3429
ホワイトのパースなら、まさにホワイトのチーフのよう。
ちょっとしたアクセントになりつつ、会話のネタにもなりそうですよね。

IMG_3430
ジャケットだけではなく、ミリタリージャケットの胸ポケットやデニムジャケット等、アイディア次第で、様々なトップス(アウター)に色を挿す事が出来そうです。

IMG_3431
勿論、ジーンズのポケットにも。
うっかり差し込んだまま深く座ってしまうと、中に入れたカード等が折れてしまう怖さもありそうですが、そこは気を付けて色の挿しを楽しんでいただきたいと思います。(自己責任で…)

IMG_3432
一般的に多いコンパクトなウォレットの場合、膨らみ(厚み)もあり、それらが洋服に干渉してしまう事もあると思いますので、このAtelier Lavaの薄さは、まさにこうした遊びには打って付けと言えそうですね。

IMG_3435
装いに取り入れるだけでは無く、お仕事などで使用するバッグやドキュメントケースの中にも色を取り入れておくと、何か心が喜ぶような、嬉しい気分になります。

IMG_3436
小さな革製品は「派手な物がお勧め」と、店頭でも良くお伝えさせていただいているのですが、こうした小さなアイテムだからこそ、好みの色や少し気分を上げてくれる色を選んで置くのがポイント。

IMG_3433
装いに直結する物(洋服や大きなバッグ等)には、スタイル全体との色の組み合わせや親和性を考えてしまいますが、こうした小さな物だと、そこまで考えずに「好きな色を選ぶ」楽しみがあります。

IMG_3434
現在、第一弾(昨冬開催)分が入荷済ですが、秋の始めには第二弾(今初春開催)分も到着が予定されています。

第二弾では派手目な色合いが少ないので、”アクセントとなる色”を楽しみたい方は、是非今回の入荷をご利用くださいね。

IMG_3470
夕方になると急激に冷たい空気が舞い降りて来る今週。
日中は動き易く涼しい服装を、朝晩にはジャケット類等を羽織って、(コロナ感染ではなく)風邪などをうっかり引かないよう、皆様くれぐれも気を付けてくださいね。

現在店頭ではジャケット類の一部お値引きも実施しております。
是非合わせてご利用ください。


※ATELIER LAVAの製品を今すぐ見る!と言う方はコチラから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月・7月の店休予定日】
6月24日、7月8日、15日、22日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3134
梅雨らしい雨空で始まった週末。
昨日とは打って変わって今日は少し肌寒さを感じる涼しい一日となりました。

季節の移ろい時、人は感覚的に”新しい物”を求める傾向があります。
それは新しい色であったり、触れ心地だったり、全く違った見え方のものだったり、様々です。

そんな季節の移り変わりには身の回りの物を一新したい時もあります。
それは先日のウォレットだったり、或いはキーホルダーや日常的に手にするものは、それが変わるだけで気分が変わる物だったりするのですね。

そこで今日取り上げるのは、先日に続きAtelier Lavaの新作です。

161024213_o17
昨年のパーソナルオーダー開催時にサンプルでご覧いただいた方も多いと思いますが、当店では人気の高いエディターズバッグ(この形の一回り大きめの物)から、より日常的なサイズが欲しい、或いは女性が持ちやすいサイズが欲しいという声に対して、提案しているのがこの形です。
(※着用写真は身長150㎝のスタッフが肩に下げています)

161024213_o1
見た目は元の形とあまり違いが無いように見えますが、大きな違いは「マチ」と「縦」の大きさ。

AL100001
従来の物に比べて縦方向(※従来の物は上の1/5ほどは横が空いている状態)の長さが違い、マチ幅もより脇に収まり易く作られている分、特に女性にとっては持ち易くなっているのが大きなポイントです。

161024213
今回店頭に用意させていただいたのはTaupe(トープ)カラー。
季節を問わず、どんな装いにも合わせ易く、大人にとって最も安心感のある色合いです。

特にこの手のバッグを持ち歩く際、気になるのが”床置き”したときの、汚れや傷み、或いは”自立するかどうか”。

161024213_o7
実用性が大きなアドバンテージでもあるAtelier Lavaのバッグは多くのバッグに底鋲が備えられています。
その為、床に直置きしても底面を傷める心配が少ないのです。

また非常に柔らかく鞣されたシュリンクレザーですが、このシリーズは床に置いても、自立するしっかりとした作りが魅力です。

161024213_o9
そして今回の新型では、従来型では中央のコンパートメントが縫い付けなのに対して、中央のパーツ部分だけが独立して使えるようになった”コンバーチブル”の仕様。

161024213_o10
両端に設けられた同素材のストラップにはスナップが内側に備えられており、それらを外す事によって、中央のパーツだけが取り外せるようになっています。

161024213_o12
この”同素材”で作られているパーツも些細な事ですが大切なディテールですね。

更に、従来型では一枚革(表裏)を使っていたのですが、このモデルでは内側にはナイロンのライニングが施されています。

女性だけではなく、男性にとっても、内側にライニングが施されていると、例えば大切な書類等を傷つけずに済んだり、或いは、うっかり何かを溢してしまったりしても安心出来ますよね。

こうした小さなアップデイトもAtelier Lavaの魅力です。
(勿論、従来型には肉厚で柔らかな革質の良さ、内側に見える革質の品質等も含め、それぞれ良さが違います。)

161024213_o13
こうして取り外したパーツは単体でのクラッチバッグとして利用する事が出来ます。

161024213_o15
こちらもライニングが施されている為、大切な物をしまって置いたり、或いは一日出張や急なお出かけの際にも、プライバシーを個別に入れられるのは大きなポイントですね。

161024213_o16
こうしてひと手間もふた手間も掛けられてアップデイトされた新型は、従来価格との差もほんの僅か。
男性にとっては勿論、女性にとってのこうした実用性の高く、より普遍な魅力を醸してくれるバッグは、中々出会えないのではないでしょうか。

Atelier Lavaのレザー製品は、まるでナイロンのバッグと同じか、もしくはそれ以上に軽さを覚えるほど、重たさを感じる事がありません。

お仕事にも、そして休日にも役立ってくれる、このバッグなら、「何か新しい物を取り入れたい」、「新しい季節に気分を変えて取り組みたい」と言う方には、とても理にかなった購入動機(笑)になるのではないでしょうか。

意外なほど「気づけば使っている」と言う方が多いAtelier Lavaのバッグ。
まだ試された事の無い方も、既にお持ちの方も、是非一度試してみては如何でしょうか。。


※ATELIER LAVAの製品を今すぐ見る!と言う方はコチラから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月・7月の店休予定日】
6月24日、7月8日、15日、22日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


B21CF9C8-5AD6-418D-A62D-813BD85BBD18
季節が変わろうとしている6月。
気温の変化と共に変わる物と言えば、人が求める欲が挙げられます。

それは食べ物で在ったり、休息であったり、人それぞれですが、装いに例えるならば、そこには色や物(感触)、加えて目に新しい価値だったりするものです。

そんな価値観を常に新鮮に感じさせてくれるのが、イタリア、ボローニャのレザーブランド”ATELIER LAVA”のレザーアイテム。

これまでも、その優れた機能性やミニマルから生まれる造形美によって、無駄を省いた姿に価値観を憶える方も少なく在りませんでしたが、今日皆様にご紹介するのは、その高いコストパフォーマンスから、昨年のパーソナルオーダー(会)の際にも非常に高い人気を誇った”アレ”です。

161019338
年明け早々に開催したパーソナルオーダーでも人気だった、あのマルチパースがそれです。

今回はオーダーを頂いたお客様とは別に、当店が店頭在庫としてオーダーさせて頂いた分が、一部到着しています。

161019338_o4
先ず欠かせないのがこのパースの価格!

小銭入れを中心に沢山のスリットを携えたまさにミニマリストにピッタリな機能的な作品ですが、ハンドメイドで13,000円(税別)と言う驚きのプライス。

161019338_o5
価格から入ることは不本意なのですが、ATELIER LAVAの製品をお持ちの方、お試しの方ならばお分かり頂けると思うのですが、機能的、堅牢的であり、実に精緻な作りながら、セールス・フォー・バリューは群を抜いています。

161019338_o7
使い方は様々ですが、元々”財布”に対して日本人のように多くを求めない欧州欧米の人々の中では、現在の財布の小型化は必然で、例えば英国を中心とした紳士的な嗜みを得ると、スーツやジャケットなどのポケットに分厚い財布が収まると、胸部分が膨らんだり、そのスタイルに凹凸が生まれてスマートではないと言う一つの暗黙があります。
(実はブログを書いている私も過去20年間、ジャケットの内ポケットに物を入れた事が在りません)

161019338_o8
その結果、二つ折りのロングウォレット(薄い物)か、或いはマネークリップと小銭入れ(或いは小銭はポケットに直接)と言う二つの方法でお金を持ちあるく事が多い海外。

更に別の例を加えると、かつては欧米で大きなバッグ(トートバッグ等)を男性が常に持ち歩くと言う姿は余り見られませんでした。

そこには”バッグ=荷物があるから持ち歩く”の様なファッション不要な発想が在ったからなのですが、これも私達日本では古くから当たり前の様に”沢山の荷物をパンパンに入れて持ち歩く”姿が定着しており、これまでの歴史上の違い=ライフスタイルが強く影響している事も否めませんでした。
(海外では船旅には大型トランクや衣装ケース、バンカーや弁護士はブリーフケース、医者はダレスバッグ等、それぞれにセオリーのあるバッグが存在していたことも日本とは違った文化である事が判ります。)

161019338_o3
然し乍ら、世界が色々な方法で繋がる事によって、私達日本でも広くグローバルな発想が進みました。
今回のマルチパースの様な小型化された財布の存在も、こうしたある種の文化の一元化=共通認識によって生まれた必然でもある訳です。

161019338_o10
加えて、昨今のスマート決済の推進によって、小銭や紙幣を沢山持ち歩かなくても良く成ってきている現状もあると思いますが、過去に無いほど、財布の小型化は加速を続けています。

161019338_o1
と、話は大きな話題へと飛躍してしまいましたが、今回オーダーした中から到着している4色は、まさにこれからの季節に最適な色合いばかり。

小さなレザーアイテムは、やっぱり”派手色”が良い、そう感じていらっしゃる方も多いと思いますが、かく言う私もその一人。

バッグの中で、彼方此方探す手間が省ける派手色は、小さな物だからこそ愉しめるアソビでもある訳です。

ともあれ、この価格となると、数色欲しくなってしまうのが、収集癖を背中合わせに持つ私達。
人へのプレゼントにも良いですし、また自分の季節ごとのモチベーション維持に色を揃えておく、なんて言う使い方もありですね。

161018775
他にも、ロングウォレット(今回は完売しておりますが、次回入荷時に向けた事前オーダーが可能です)の選択も◎。

161018775_o2
必要な物だけを入れて持ち歩けば、荷物は自ずと少なくなるはず。
ロングウォレットをパンパンにして持ちあるくのではなく、常にスマートな状態で持ち歩いてこそ、美しい造形美を堪能できると言うもの。

グローバル化が進む今の日本で、最も足りないのは使う人の”意識”かも知れません。

道具は揃えど、使い方で道具は変わる

それらが一致した時、きっと初めて日本は本当のグローバルに近付くのかも知れませんね。

ともあれ、今回の各レザーアイテムは、どれも価格が魅力的です。
あっという間の完売も予想されますので、是非気になる方はお早目に店頭、或いはオンラインストアをご覧下さいね。


※ATELIER LAVAの製品を今すぐ見る!と言う方はコチラから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月・7月の店休予定日】
6月24日、7月8日、15日、22日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ