IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ: NEW ARRIVALS & STYLES

IMG_5880

気温が落ち着き始め、ようやく夏物も少し出番が増えて来た最近。(夜は寒いけど…)

こうなるとお出掛けが愉しみになるのも時間の問題。

まだまだ海には早いですが、今日はリゾートにも連れて行きたいアイテムを幾つかピックアップしてみました。

IMG_6266

先ず一つ目が、この味わい深い色合いで作られたMax Maraのエスパドリーユ。

IMG_6268

エスパドリーユと言えば”スペイン”、まさにそのスペインで作られた今回のエスパドリーユは、細部の作りや形はもちろん、やはり目を惹くのがその色合い。

IMG_6269

春夏に増える多くの色との相性が良く、そして焼けた地面、照り付ける太陽にこそ映えるライトブラウンのアースカラーは、白のシャツ一枚でも素敵に見せてくれる魅力が有ります。

リネンのパンツやスカート、ホワイト、ベージュ、グレー、ブラウン、ストライプと、意外なほど沢山の色との相性が良いこのカラー。

IMG_6271

ラグジュアリーブランドらしい上品且つ上質な佇まいと、根底に流れるコンサバティブなテイストが顕れた私達イチオシの一足。

IMG_6274

専用の袋もついて、バッグの中に入れて持ち歩いても良し、街中からリゾート地まで常に使える、お出掛けを愉しみにさせてくれるエスパドリーユです✨

IMG_6259

そして二つ目は同じくMax Maraのスライドタイプのサンダル。

IMG_6261

レザーとトワル地を組み合わせた上品なカラーリングと、落ち着きの中に光る存在感が魅力の一足です。

IMG_6262

今シーズンのMax Maraに共通している、このエンボスのレタリングがアイコンになり、派手さは無くとも、その発せられる上品さや美しさは、誰の目にも確か。

IMG_6263

甲の部分がシッカリホールドしてくれる、この手のサンダルは脱げ辛く、それでいて合わせる洋服も選ばず、このサンダルもまた、どんなスタイルにも合わせ易い一足です。

IMG_6255

先ほどのエスパドリーユ同様、このサンダルもセミスクエアなつま先のお陰で、シャープに見えるだけでなく、爪先が出てしまったり(サイズが合っていなければ出てしまうかも知れませんが…)する事が無く、爪先も綺麗に見せてくれるメリットも。

IMG_6265

エスパドリーユのスペイン製に対して、こちらはイタリア製。
ブランドの拘りを形にしてくれる、それぞれのファクトリーが丹念に作っている事が伝わって来る一足です。

そしてこのサンダルと合わせて持ち歩きたくなるのが…

IMG_6275

このトワル地を使ったトートバッグ(当店は勝手にビーチバッグと呼んでいます)。

IMG_6276

肩にも掛けられるハンドルと程よく大き目のサイズは、持って行きたい荷物の殆どが収納可能。
それでもバッグそのものの軽さもあって、実用的である事をすぐに感じます。

IMG_6277

中央にはサンダルにも使われているレタリングが施され、色、モチーフ共にサンダルとシンクロ。

IMG_6281

反対側はシンプルで小さなロゴのみが施され、押し出し感の無さが(良い意味で)Max Maraらしいデザイン。

IMG_6282

”M”のモチーフに抵抗がある方は余りいないと思いますが(それ以前にこのバッグを手に取る事が無いと思いますが…(笑))、どちらを表にして持ってもさり気ない存在感。

IMG_6278

このバッグ、レタリングの方にはストラップが伸びているのですが、この部分にアイディアが組み込まれています✨

二重になったストラップ部分にはスタッズが。

IMG_6279

実はコレ、ブランケットやラグ、タオルなどを収める事が出来るパーツなのです✨

IMG_6280

スタッズの差込穴は数か所あるので、タオルでもブランケットでも、時には雑誌でも、色んなものがこの部分に収まります。

収めたその姿がまた心揺さぶるデザインなのです…✨

IMG_6284

軽さと荷物量の多さ、そして機能的なストラップパーツまで、お出掛け気分をグッと盛り上げてくれる今シーズンのバッグは、サンダルと合わせて持ちたい当店お勧めのコーディネート✨

いつもの服装も、この二つだけでガラリと変わって見せてくれる、Max Maraらしい”最も身近”なラグジュアリースタイル。

IMG_6283

そこそこ乱暴に扱っても耐え得る強度のバッグ、そしてエレガントな見た目を作ってくれる、サンダルとエスパドリーユ。

今回取り上げたMax Maraの3点は、どれも「お出掛けを楽しみにさせてくれる」アイテムばかり。

チョッピリ先の夏のリゾートや、休日のお出掛けに、是非この新作達で

お出掛け気分を盛り上げて

みませんか❓





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



気温の乱高下が始まり、夏を前に気候の変化を肌で感じる日々が続いています。

昨日までの寒さから打って変わり、今日は再び過ごし易い好天に恵まれました。

男性の服装は(スーツやジャケット着用のお仕事の場合)そこまで変化の激しい物ではありませんが、最低限持っていたい物や、或いはどんな物にも合わせ易い物の様に、フレキシブルに使える物は、持つに越したことはありませんよね。

そこで今日取り上げたいのは、名品INCOTEXのアイコニックなボトムです。

IMG_5630

一年を通じて最も出番が多いと思われるのがチャコールグレーのパンツ。
ウールも春~冬まで素材によって様々な物を用意したくなるのも同パンツ。
(写真着用商品:ジャケット/Agnelli & Sons、ニット/Alessandro Luppi、パンツ/INCOTEX、シューズ/Enzo Bonafe、バッグ/FARO×IL MARE)

IMG_7591

比較的どんな色とも親和性があり、オンスタイルにとっては欠かせない物ですが、このINCOTEXのパンツは、カジュアルなスタイルにも合わせ易い特徴的な一本。

IMG_7592

シルエットはINCOTEX全般に共通する美しさで、素材は”ウォッシャブル、撥水加工、ストレッチ性、防皺性”と、実用性の高い”OEKO-TEX®”の素材を採用し、この時点で既に「全方位隙なし」の一本。

IMG_7594

とにかく履き心地が良く、全てに於いて満足度の高いパンツに仕上がっているのですが、何よりウールやリネンなど天然素材の原材料高騰の中で、或る程度の安定供給を適えているのもこの素材。

IMG_7595

今回この素材を載せたのは1プリーツの極々シンプル且つベーシックなテーパード。

IMG_7599

無駄な装飾も無く、「シルエットと履き心地」で勝負するINCOTEXらしい仕上がりで、敢えてポイントとするならヒップのポケット上に与えられたメタルの(同色)プレートのみ。

IMG_5682

実際穿いてみて感じるのは、この素材の滑らかさと軽さ、そして自然な伸縮性の心地良さ。

IMG_5749

スタッフはサイズを敢えて上げて(ウエストは少し緩い状態)穿いていますが、テーパードが足にしっかり沿って欲しい人ならジャストサイズを、腿回りにゆとりが欲しい方なら、スタッフの様にサイズを上げても良いかも知れません。(勿論ベルト必須になりますが)

IMG_5747

直線的でシャープなテーパードシルエットは、現代的なキャロットフィットやセミワイドなシルエットなど、どこ吹く風とばかりに、あくまでもセオリーに則った”美しいライン”を描きます。

IMG_5757

春夏らしいカラーのジャケットから、ブラック等のモノトーンまで、実に様々な色の組み合わせがし易いチャコールグレーのパンツ。
(写真使用商品:ジャケット/BRERAS、シャツ/GUY ROVER、タイ/Sozzi、パンツ/INCOTEX、シューズ/Agnelli & Sons)

IMG_5758

とにかくマルチに合わせ易いチャコールグレーのパンツは、私達の中ではジーンズ同様のメリットを感じています。

IMG_5755

またスニーカーなどを合わせても難なくこなしてしまう、このパンツ。
肝は、そのわたり幅や裾幅のバランスにあります。

太過ぎたり、細過ぎたり、スニーカーを合わせたりカジュアルに使う事を考えると、このパンツ位のバランスが非常に使い易いものです。
(写真使用商品:ジャケット(スーツ価格)/BRERAS、ニット/Alessandro Luppi、パンツ/INCOTEX、シューズ/MELINE)

IMG_5756

誰もが持っているであろうチャコールグレーのパンツ(いや、持っていなかったら持つべきです✨)、当たり前だからこそ、王道のINCOTEXのパンツの魅力を深堀すべきかも知れません。

老舗なりの進化を続けているINCOTEXは、革新的な素材を完成されたシルエットに載せるからこそ新たになる、言わば正常進化の道のりを感じることが出来るはずです。

オンオフ使えて、シワを気にせず、穿き心地も良いパンツ

これはもう試すしか在りませんね✨

是非皆様も体感してみて下さい✨





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



晴れの日が長らく続き、今日はあいにくの雨空。
少々寒さすら感じるほど気温が下がりました。

こんな日はしばらく出番が無かった春のアウターの出番。
ちょっぴりカジュアルなものから、軽めのコートまで、久しぶりに出番を迎えられそうです。

そして明日からは再び気温は上がる模様。
こうして暖かさ寒さを繰り返し、徐々に夏へと近づいていくのですね。

今日は来るシーズンに向けて、新たなファクトリーブランドのボトムスをピックアップ。

IMG_5357

かなり出切った感のあるメンズにおけるファクトリーブランドですが、まだまだ有ります(足を使って探しているインポーターに感服です)。

この春、日本に初上陸となったイタリア、ナポリのファクトリーブランド”BONHEUR”(ボネール)。

ブランド名がフランス語っぽいですが、生粋のナポリブランド。

創業は1987年と比較的新しく(新しいと感じてしまう時点で自らの年齢を感じますが…)、創業当初は多くのブランドのOEMを請け負い、その後2010年にBONHEURを立ち上げた、ボトムスに特化したブランドです。

ブランドのコンセプトとして全てのラインナップに共通するのが

エレガント

であること。

加えて、快適な着心地であることなどが与えられています。

BONHEURは、高品質な素材、それも天然素材から革新的な素材まで、様々な素材、クォリティをナポリらしいモノづくりの枠に則って作り上げる生粋のファクトリーブランド。

今回ピックアップするのは、BONHEURの中で最も人気が高く、そして如何にもイタリア人が好みそうな(やや)キャロットフィットなシルエット。

それも5ポケット(デニム)です。

IMG_5348

横からの見た目でも、その流麗さが伝わって来る、まさにエレガントを体現しているような美しいシルエット。

IMG_5352

程よい股上と腰回り、腿のゆとりから、裾へ向かって緩やかにテーパードする、とても自然な美しさを作り出すレッグラインが特徴。

IMG_5353

生地は単なるホワイトデニムとは違い、綾が大き目で、尚且つ滑らかさのある(ここにもクォリティを感じます)コットン100%の素材。

IMG_5351

BONHEURのラインナップにあるトラウザーズ同様、デニムもクリースラインをしっかり入れて、エレガントさを忘れない”大人仕様”な一本に。

フロントはボタンフライで、例えるならリーバイスの501のような股上の深さとボタン位置な感じ。
(これも履いてみると、いろんな気づきが有ります)

IMG_5354

ヒップのポケット位置も高すぎず、低すぎず、ここにもエレガントに見える為のバランスを感じます。
(低すぎるとカジュアルでルーズに見え、高すぎると女性のパンツの様に見えてしまうので、意外と重要なポケット位置)

IMG_5350

これ見よがしな誇張を避け、あくまでもファクトリーブランドとしての腕を見せているBONHEUR。

やはり履いて美しいパンツは、ブランド名如何に関わらず、自然と手が伸びてしまうものです。

IMG_5359

今や通年着用機会があるホワイトのデニム。
素材やホワイトの色味だけでも数本揃えて置きたい第二のデニム。

そろそろ新しいデニムをと言う方や、新しいシルエット、新しいブランドを試してみたいと言う方は、是非一度BONHEURを試してみてください✨





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_5485_1

今年30周年の節目を迎えている当店。
今年は一年を通じて様々なブランドとの”特別”なアイテムを製作、ご提案をさせていただいています。

そして今日も特別なアイテムが待望の到着を果たしました。

そのアイテムとは

IMG_5482

ミニマルでソリッドな魅力のバッグブランドFAROに、一からデザインやパーツなどの選定をお願いした

当店エクスクルーシブ

のバッグです。

IMG_5483

触ると滑らかでしっとりとした触り心地、それでいて革厚があり堅牢感も感じるクロコダイルエンボスのカウレザーを基本に、同じ革を使ったドローコード、そして同じく堅牢性の高いキャンバスのライニングを合わせた巾着型のドローストリングバッグ。

IMG_5403

男性のバッグに於いては近年ようやく定着し始めて来た、この手の形。
実は意外なほど女性にとっての、この手の形は少なかった様に思います。

和装で使う事のある着物地の巾着がそれに近いでしょうか?
それ以外で巾着型と言えば、底マチがあり、或る程度大きさのある物が一般的ですが、今回このバッグを製作するにあたって、男性女性問わず

常に身近で使い易く丈夫であること

が一つのテーマになっています。

IMG_5404

開口部をギュッと絞って巾着型のバッグとして持つのは勿論なのですが、こうして肩に掛けてワンショルダーで使えるのも、今回のバッグの大きな魅力。

キャッシュレスが身近になって来た今、バッグの荷物量は急激に減りつつあり、女性のバッグ事情も俄かに変化してきている様に思います。

このバッグの場合、A5サイズの書類や本、タブレットなら収まってしまう大きさがあるので、小型の化粧ポーチや財布、モバイルなどを入れても充分なほど収納力が(意外にも)在ります。

IMG_5400

男性にとっても同じで、女性に比べて更に荷物量が減るので、これ位のサイズが有れば、日常的には用が足りてしまう方も少なくないと思います。

IMG_5396

男性の場合も手にハンドルを通して持ったり、肩に掛けて使ったり、バッグそのものの軽さも活かして、様々なシーンでの活躍が期待出来ます。

IMG_5385

今回FAROの担当者様、デザイナー様と何度も話し合いを重ね、ようやく形に出来た今作。

IMG_5277

元来のFAROが持つ魅力とチョッピリ違ったエッセンスでは在りますが、物作りの緻密さや丁寧さ、そして一目で解り辛い様々な仕事のディテールなど、これまでFAROを使った事の無い方にも、その仕事を垣間見れる良い機会になるかも知れません。

今回のFARO for IL MARE 30th Anniversary Exclusiveは、勿論当店だけの限定販売。
他で購入することはできません。

バッグの新調や、違った形のバッグを探している方、またライフスタイルに合わせたバッグを求めていた方、是非一度試して頂きたい一点です。

ちなみに当店スタッフもサンプル品を使用しておりますが、使い続け革を馴染ませ、色の変化を経る経過が、既に楽しみになって来ています。

靴のケア同様に、補色や味わいを加える事も出来るので、バッグとしての新たな楽しみ方として選択肢が広がりそうです。

ご興味のある方は是非どうぞ✨





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_4960

連休を境に気温は一気に上がったものの、梅雨を前に今週は気温の乱高下が続きそう。
しかし気分は夏に向けて色々と装いも変化したいものです。

そこで今日はバッグやバンダナ(スカーフ)のお勧めをまとめてみました。

IMG_4961

荷物が沢山収まって、バッグその物も軽くて持ちやすい柔らかさ、それを担うのがBIBAのレザーのイントレチャートのバッグ。

ブラウン系のサンダルやブライトカラーのスカーフなど、夏に活躍してくれる様々なアイテムと相性が良い色と素材。

IMG_4962

とかく籠バッグの様に季節感を作りやすいバッグは使える季節も狭まってしまいそうですが、BIBAのこのバッグなら季節を長く使えるメリットも有ります。

IMG_4963

街使いからリゾートまで幅広いシーンで使えるユーティリティも魅力ですが、やはり女性にとってのバッグのメリットとして”軽い”ことが一番に挙げられると思います。

バッグその物が重いと持ち歩くのすら嫌になってしまう、そんな経験誰もが一度はしているはず。

IMG_4964

BIBAのバッグはバッグとしてのメリットを持ちながら、多彩なスタイルとの親和性が高いのも魅力で、コットン、ナイロン、ニット、ウール、どんなものとも相性が良いのが”使いやすい”理由です。

IMG_4885

それと同時に(使わない時には収めておけば良い)Stefano Cauのシルク×コットンのバンダナ(スカーフ)も季節感を作るのと同時に、サッと取り出して首元に巻いたり、バッグに巻いたり、時には冷房の当たる肩回りに掛けたりと、大き過ぎず、小さ過ぎずのサイズがヤッパリ魅力の一点。

IMG_4886

バッグと共に夏の脇役として欠かせないスカーフやバンダナなどのネックウェア。

IMG_4887

Stefano Cauのバンダナは、この他にも柄や色違いのバリエーションが有りますが、一つ持っていると意外なほど使えるシーンが多いので、是非お試し頂きたいアイテムです。

長い連休が終わると、「次の連休まであと何日…」と期待を込めて考えてしまうもの。
お仕事を頑張るモチベーションとしても、次のお休みを楽しむ為の新しい装いを考えるのも良いですね✨

次のお休みを想像しながら、いろんなオシャレを妄想するのも楽しいものです✨



※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ