IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

カテゴリ: FOCUS

d01
あっという間に長い連休が終わり、まだまだ頭が働かないと言う方が少なくないであろう月曜日。
今日の長野地方は肌寒く、春の初めの気温に逆戻りしたような寒い一日となりました。

空も小雨空が続き、寒さはもちろん、「雨に濡れると洗濯が増える…」なんて思いに駆られる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

私達もそうですが、やっぱり雨の日は「直ぐに洗える物を着て行こう」と言う気持ちにさせられるもの。

となると、やはりジーンズは欠かせません。(写真は全てDEVORE

何と言っても、汚れても気にならない上、洗いたければ気にせず洗おうと思えるのがジーンズの良いところ。

そんなジーンズ、デニム素材の最たる季節でもある今、当店がお勧めしたいのが、昨年に続き”fortela”とコラボレーションしている”GUY ROVER”の新作デニムシャツです

IMG_4858
雨交じりで肌寒い日が増えるこれから、ちょっとした羽織り物としての役割も担ってくれるデニムシャツ。

勿論、雨に濡れてもササっと洗濯すれば、憂鬱な気分も誇り塗れの雨も洗い流せるというもの。

この一着にはアレッサンドロ・スクァルツィ率いるfortelaの拘りが詰め込まれた、凝りに凝ったディテールが満載されています。

IMG_4864
セルビッジデニムを採用した事によって顕れる耳(生地の端)。

IMG_4861
デニムウエスタンシャツとしての表情を盛り上げてくれる胸のステッチ。

IMG_4860
カーブを取り入れた特別な剣ボロ。

IMG_4859
右袖は前立てと同じスナップボタン、左袖には色の異なるボタン。
(当店の見立てとしては”スナップボタンが取れてしまいリメイクしたような”テイストなのではと想像しています)

IMG_4862
そしてヴィンテージ好きにはたまらない復刻的なディテール”空環仕上げ”。

空環(カラカン)仕上げは、現代ではミシンを折り返し縫う事で補強を施すところを、そのまま”縫い流し”て糸を絡ませる事で解れを防ぐためのものですが、現在では魅せるディテールとして心くすぐるディテールです。(※昔のミシンには簡単に返し縫い出来る機能が無かった為と言われています)

IMG_4863
そしてfortela御馴染の布タグ裏のヒゲ(これも空環)は、縫い糸のステッチと若干色が違うことでfortela製品であることのアイコンにもなっています。

もともとアメリカンカジュアルへの強い憧れから凝ったディテールを取り入れられているfortelaですが、その根幹には”イタリア人目線のアメリカンカジュアル”である事は欠かせません。

つまり、コテコテのアメリカンではなく、やや洗練されたアメリカンカジュアルであることが、彼らの考えるスタイルバランスでもある訳です。

3C8C1C6A-857C-4D2E-9720-D200AA68F45F
とは言え、着心地はリラックスそのもので、スタッフ着用サイズSでも、ご覧の通りゆとりがあります。(普段はイタリアサイズの46~48、或いはM~Lを着用)

IMG_4818
シャツとしての役割プラス、軽めの羽織としての役割を担ってくれるこのシャツは、今日のようなグズついた天候には打って付けです。
(写真使用商品:シャツ/GUY ROVER×fortela、TEEシャツ/Lequal、ジーンズ/DEVORE)

IMG_4868
また夏が近づくにつれて出番が増えて来るショーツにも、抜群の相性を見せてくれます。

IMG_4867
TEEシャツとジャージー素材のショーツ、そしてサンダルのリラックスしたスタイルに、このシャツを一枚加えるだけで、充分なスタイルアップが可能です。
(写真使用商品:シャツ/GUY ROVER×fortela、TEEシャツ/Tela Genova、ショーツ/Crossley、サンダル/ZEUS)

167943010_o10
もっとアレンジを愉しみたい方には、鉄板のデニムシャツ+テーラードジャケットのスタイルも。

167943010_o11
デニム素材とリネン素材の相性は、ウールとの組み合わせよりも遥かにシンクロし易い魅力的な組み合わせ。
素材の表情、色の表情に親和性が高い素材同士は、まさに鉄板。
(写真使用商品:シャツ/GUY ROVER×fortela、ジャケット/L.B.M.1911)

IMG_4865
想像以上に使える存在”デニムシャツ”。

それも単なるデニムシャツではなく、アレンジ次第で様々なスタイルで愉しむ事が出来るGUY ROVER×fortelaのデニムウエスタンシャツは、これからの季節を通じて、一年中愉しむ事が出来る一着。

濡れたら洗い、汚れたら洗う、そんな当たり前の作業が、このシャツに独特の風合いと表情を与えてくれる事を考えると、雨の日も捨てたもんじゃありません。

鬱蒼とした天気が近づく今、是非この新作シャツでチョッピリ晴れやかな気分を味わいませんか?








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


晴れ空から一転の雨に見舞われた日曜日。
寒さと暖かさが交互にやって来るこの陽気は、まさに春の日の様相。
折角の休日を雨で台無しにしてしまった、と言う方は、こんな時こそ、クローゼットの整理や季節物の入れ替えをしておきたいですね。

IMG_2628
さて、先日開催のATELIER LAVAのパーソナルオーダーでは、沢山のお問合せ、ご注文を頂きました。
今回は不思議な事にブラックが大半を占めるオーダーとなり、金具の色こそゴールドやシルバーが入り混じりながらではありますが、一つのコンセプトが皆様の中にあったようです。

納期が秋と言う季節的な側面も然る事ながら、ブラックでオーダー頂いた大半の方々が、ブラックとホワイトのモノトーンで愉しもうと言う方ばかりでした。

また、今回の到着分でもブラックは即完売、同時に某社のエタンを思わせる絶妙なグレーも当日完売と、いずれも新しい季節を愉しもうと言う、多くの方の想いが感じられる入荷でした。

その分、次回の開催時には、鮮やかな色や特徴的な配色等、皆様の中に持つイメージが反映されることになりそうですね。

そして昨日のblogにも沢山のお問合せを頂きました。
意外にも女性からのお問合せも頂いており、色や素材の持つ魅力に性別は関係が無いのだと言う事を改めて痛感しました。

そこで、今日は女性に向けたジャケットのお勧めをピックアップしてみました。

IMG_2637
取り上げるのは、このBARBAの新作のジャケットです。
ジャケットと聞くと、さぞかしこまったかのようなイメージをされる方が未だ多いのですが、BARBAのジャケットには、その堅苦しいイメージは在りません。

IMG_2629
それもそのはず、シャツ作りが生業のBARBAにとって、女性に向けたジャケットは”シャツの延長線上”に見えるもの。

IMG_2631
見た目こそテーラードジャケットの風情を崩しませんが、その実、フィッティングすると判る”シャツのような着心地”。

IMG_2636
BARBAの春夏のジャケットには裏地を持たない物が多く、生地そのもののクォリティを肌で感じる事が出来る分、素材のクォリティこそ着心地に直結する物です。

また、写真の様に”カットソーやTEEシャツで羽織る”ことを推すかのような作り、そして春夏のジャケットなら、袖を捲って着るなどを想定されているかのような雰囲気が伝わって来ます。

IMG_2632
実はこのジャケットをオーダーする際、この素材の色に着目していました。
単なるネイビーとは違う、まるでデニムの生地を思わせる絶妙な色。

IMG_2635
この生地独特の色の濃淡が、カジュアルな雰囲気も与えつつ、シャツのように気軽に羽織らせてくれる、そんな思いにさせてくれます。

IMG_2648
(写真使用商品:ジャケット/BARBA、インナー/WOOL & CO、トラウザーズ/INCOTEX、ローファー(アイボリー)/NAPOLEONI、ローファー(ブラウン)/LUCA GROSSI)

お仕事での利用は勿論ですが、御洒落としてもちょっぴりプレッピーな装いが楽しめるこのジャケット。

一般的なネイビーではコントラストが付き過ぎる組み合わせでも、この中庸な色合いが全体に優しく穏やかさを与えてくれます。

IMG_2647
特にブルー系のトップス、そしてその他をアイボリーで統一すると、その色の穏やかさが判ります。
コントラストを付け過ぎない、程よい甘さを残すあたりに女性らしさを匂わせてくれます。

IMG_2646
(写真使用商品:バッグ/ATELIER LAVA、その他/上記同)

またバッグもライトブラウンが似合う色合いですが、ちょっぴりグレーやオリーブのようなダークトーンを取り入れると、お仕事でも”デキる”感を作れます。

IMG_2644
(写真使用商品:パンプス/Corso Roma.9、その他/上記同)

他にもシャープな印象にしたい時には、ジャケットと統一感のある色のパンプスにすると、途端に”凛”としたスタイルに見せてくれます。

IMG_2645
同じネイビー系の色でも、素材の立体感や色の濃淡だけで、見え方が違う好例ですが、何より”リネン素材で表現されたデニムのような色合い”が、全てをまとめています。

またもっとカジュアルに、白のTEEシャツとジーンズ、或いはストライプのドレス、更には夏のショーツスタイルまで、常に多くのアイテムと共存させやすい、このBARBAのジャケット。

気負わず、気楽に、普段から着倒してしまいたい、まさにデイリーに向けた春夏の一着と言えそうです。

ご興味のある方は是非ご検討下さい。







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


急に冬に戻ってしまったかのような寒さに包まれた週末。
先週までの暖かさがうその様に、今日は肌寒い一日になりました。

IMG_2497
暖かさが恋しいと、口にするものまで暖かい物が欲しくなるのは私だけではないと思いますが、目から得る感覚(?)は大事な要素で、気持ちがほんの少し暖かくなる気がしてしまいます。

とはいえ、この涼しさも来週には再び春の穏やかさに戻り、初夏に向けて春真っ盛りの毎日がやって来そうです。

さて、今日は初夏、そして夏までの”気分”を高めてくれる新作をピックアップしてみました。

IMG_2495
夏はアースカラーを中心に、どこかコロニアルな気分を味わいたくなるものですが、コロニアルの定義は御洒落の世界では一つのテイストに集約されています。

簡単に言ってしまえば、アースカラー中心の色やリネンやコットンなどの自然素材が作り出す雰囲気や装いです。

そもそもコロニアルとは植民地(Colony)様式に由来しているもので、アジア地域ではヨーロッパからの観光客向けリゾートを指すものが一般的。

映画がお好きな方にとっては想像に容易いと思いますが、古い映画に多い、ネクタイをばっちり締めた紳士や淑女が、発展途上の国にリゾート宛らやって来ては、ドラマを引き起こす、そんなイメージがありますが、私にとっても、そんなイメージです。

そんなイメージを作り易く、またどんなものとも相性が良いのがサンドベージュのジャケットです。

IMG_2725
それも細かなヘリンボーンを目地に、アンティークシルバーのメタルボタン、そしてダブルブレステッド。

IMG_2726
L.B.M.のそれは洗いが加えられた事によって醸し出される、自然で素朴な風合いと上品で上質といった両極が一つに重ねられたL.B.M.らしい美しさがあります。

IMG_2729
イタリア人にとってリネン素材は一年を通じて最も着られている素材ですが(日本では真冬は寒すぎて無理ですね)、日本では春の今から秋の半ばまで、しっかり着て置きたいと思わせるリネン素材。

そもそも、洗いに加える事で何が生まれるのかと言うと(もともとイタリア人は洗いを加えたり、ガーメントダイが好きな人たち)、リネンやコットンの場合には、しっかりと作られている物であればあるほど、そのステッチや凹凸のある個所に、色の濃淡が顕れたり、生地が沈み立体感が表情として顕れたりと、風合いを作るうえではとてもメリットがあります。

IMG_2728
私が思うに「生きた素材を身に着ける」着方が、イタリア人はとても上手で、リネンもシワシワになって、ヨレヨレになった頃が私は着頃だと思っています。

IMG_2731
多くの方の場合、リネンの皺を避けるように綺麗に丁寧に着たりしている方も多いと思うのですが、ジーンズ同様、”シワを活かして味を付ける”のがリネン素材の楽しみ方だと思います。

IMG_2732
今回のジャケットは、色、風合い、醸し出される表情、そしてダブルである事などから、コロニアルなイメージがピッタリ合う一着。

リネン素材のパンツ、リネン素材のシャツ、時にはタイを締めて、またある時にはショーツでさえも、それらしく見せてしまう、実はとても使い易い一着なのです。

IMG_2734
また無造作にシャツを着て、袖をグルグルと巻いて、ヤレ感を味わう着方も良いと思います。

店頭では度々話題に上がるのですが、クラシカルな装いや、ベーシックな装いの多くは、大抵の場合答えは映画の中にあります。

IMG_2741
ホワイトのワイドなトラウザーズや、この写真のようにグレーベージュの様なリネンのトラウザーズ、それらにメッシュ(イントレチャート)の靴を合わせるだけでも、それらしい雰囲気は楽しめるものです。

IMG_2742
それらしい雰囲気に浸ったり、時代背景に沿ってみたり、男性のジャケットを使った御洒落には、様々な切り口があり、またそれらに傾倒してみるのも、ある意味御洒落の楽しみ方でもあり近道かも知れません。

IMG_2738
現実的にはオフィスでのタイを締めたり、ノータイでのジャケットとしても、色と素材によって有効範囲を大きく広げてくれます。

IMG_2737
色、そして素材が作り出す穏やかで、緩やかな時間の流れを感じさせる表情には、大人のゆとりを感じさせるなど、見る側にも落ち着きと安心感を与えられるのではないでしょうか。

IMG_2747
またジーンズ等とも相性は良く、その日の気分でデニムシャツでもオックスフォードのシャツでも、時にはニットやTEEシャツで合わせても、難なく合わせる事が出来るのも、この素材と色がゆえ。

IMG_2746
アンティークシルバーのメタルボタンが色々な表情を与え、それがオフィスでも日常、カジュアルでも、多くのスタイルをスポイルしてしまう魅力があります。

限り無く薄く、淡いサンドベージュのジャケットは、ベージュ系のジャケットや羽織を敬遠、苦手としている方にも、きっと違和感なく使える魅力があります。

今後の一着として、是非とも試して頂きたいジャケットです。




またL.B.M.では近年トータルルックとしての補完アイテムが多く作られています。

IMG_2750
昨秋にも非常にクオリティの高いハイゲージメリノのニットが在りましたが、今季も同じように極細の糸を使ったクルーネックのニットが在ります。

IMG_2752
触り心地から、まるでシルクやカシミアを思わせる程、とても柔らかく弾力に富んでいるコットン素材。

「なぜこの価格で?」と思わせてしまうコストパフォーマンスの高さ。

IMG_2751
L.B.M.の世界観にある多くの要素が補完するアイテムから浮彫にされてきます。
このニットもまた、同社のジャケットのインナーとして役立つ他、マルチに使える”大人のTEEシャツ(ニット)”として実にお勧めです。

価格を見て「!?」となってしまう驚きの一着です。
マストであることは言わずもがなです。

気になる方はコチラをご覧ください。







【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2330
急激に気温が上がり始めた今週。
それまで蕾すらつけていなかった木々が、春の到来を教えるように彼方此方で花を咲かせています。

まるで初夏のような陽気ですが、この週末で一旦落ち着く予報が出ていますね。
暖かさも過ごし易さも、これからが本番になりそうです。

さて、連日新作の数々が到着を進めておりますが、今日は女性に向けた”今年の春に試して欲しい”アイテムを幾つかご紹介させて頂きます。

先ず一つ目は、「シャツと言えば」のBARBAの新作。

167684325
BARBAのラインナップの中でも非常に人気の高いスキッパーシャツの形。
当店でも充分な実績を誇る形ですが、今季当店がオーダーしたのは昨年も好評だったバンドカラーのタイプがベース。

167684325_1
ドロップした肩回り、タップリした身頃、前後アシンメトリーなシルエット、そしてこのシリーズの最大の魅力でもある背面の沢山のギャザー。

その全てが立体的で美しく、またボトムを変えるだけで様々なスタイルに溶け込んでくれるのも、このシャツの魅力の一つ。

そのスキッパーシャツに、今回どうしても当店が使いたかった生地が、この”ストレッチ”素材のコットン、それも”ネイビーベースにホワイトのストライプ”。

167684325_o10
白地に色のストライプは比較的探し易いのですが、色ベースにホワイトのストライプは中々出会えません。

また今回の生地は(生地の価格が高い)そのハリと伸縮性、安心感のある生地厚等、どれをとっても、シッカリしていることを感じさせてくれる魅力的な生地。

167684325_o8
パンツやジーンズ、スカートとボトムスを選ばず使え、年間を通じて出番が多いと言うリピーターの方も多く、その組み合わせ方だけで色々なシーンで使う事が出来ます。

167684325_o9
シャツに抵抗のあると言う方も、(衿のある)シャツが好きな方も、今回の新作は、先ずその素材で心奪われる事間違いなし、です。

そしてこのストライプのパターンも含めて、大人を自負する女性には「持っていて欲しい」一着でもあります。

白のシャツと同じく、ストライプのシャツは第二のベーシック。
単なるシャツではなく少し変化球な今回のシャツは是非一度試して頂きたい一着です。

167701751
二つ目は名靴LUCA GROSSIの新作ローファーです。

167701751_o9
LUCA GROSSIのローファーと言えば当店と言うくらい、これまでに数多くのモデルをオーダーして来ましたが、男性の靴づくり顔負けの丁寧な仕事とデザインは、既に説明不要。

これまで様々なデザイン、ブランドのローファーをオーダーして来た当店は、「女性のローファーを美しく素敵に作る事が出来るメーカーはどこだろう」と言う一つの”Q&A”を繰り返して来ました。

その中で、常に変わらない物作りの姿勢と、細目のワイズにも関わらず履き心地が良く、またローファー一つとっても、様々なデザインを持つLUCA GROSSIは、常にシーズンごとのオーダー筆頭になって来ました。

167701751_1
当店がLUCA GROSSIを展開し始めてから、既に7年が経過。
その中で、最も流麗で美しい顔を持っていたのが、今回のデザインです。

元々美しいデザインを持つLUCA GROSSIですが、その流れるようで、シャープさも感じさせるデザインは、パンプスで例えるならばアーモンドトゥのようで、適度な丸みを持ちながらもスマートなつま先と、男性の靴のように立体感のある造形を持つのが今回のモデル。

このモデルに、どうしても当店が使用したかったのが今回アッパーに採用しているナッパ素材です。

実は残念なことに写真では色の本来の魅力が伝わり辛く、やや茶色味が強く見えてしまうのですが、実際の色合いはカフェオレのようで、もっと例えるなら、焼けた肌のように自然で、穏やかで、それでいて味わい深くもある淡い色。

167701751_o10
またこの素材は、ライニングがあるのにも関わらず、アンラインド(内張りの無いもの)のように柔らかく、しなやかに足に沿い、それまでのLUCA GROSSIの履き心地を、更に柔らかく、(レザーソールの為)反りも良く、多くの我儘が適った一足でもあります。

167701751_o12
素材に触れた途端、「モチモチした感触」を直ぐに体感するほど、この革質は特別で、色の恩恵もありつつ、春の穏やかなペールトーンとも相性は抜群。

ローファーとして、歩き易さと美しさの両方を持つ一足は、大人にとってマストな選択。
オンオフ問わず使いたくなる、至極の一足を是非体験していただきたいと思います。

167682212_o1
そして最後にご紹介したいのが、デンマークのerfurtのスカーフです。

季節的にもスカーフが役立つ季節になり、秋冬とは違った色鮮やかな色彩を取り入れたくなりますね。

スカーフは皆さんどのように選んでいらっしゃいますか?

当店は色柄よりも先に、折り畳んだ時に見える”色の部分”を優先する事をお勧めしています。

上の写真の様に、スカーフは実際四角い状態で使う事は無く、四隅に見える色や、辺に見える色が、結び目などに顕れます。

167682212
上のスカーフは、広げるとご覧のようなプリントですが、実際に見える場所に使われている色、例えばバイアス(斜め)に見た時、色がどれくらいあるか、がポイントだったりします。

167682212_o2
勿論、絵画的なプリントに惹かれて購入されるのも一つの愉しみですが、こうして色の見える場所や、色の数などで選ぶと、実際に結んだ時のイメージが比較的湧き易いものです。

167682338_o1
こちらも同じくerfurtのものですが、落ち着きのあるトーンに見えるこのスカーフも

167682338
全体を見ると色数は多く、またどこを折り目にしても、色が出易い(プリントの)配置で在る事が判ります。

167682338_o2
華やかさ、落ち着き、その日の装いに合わせた色の選択は、こうして見える色の場所で選んでいくと、自分の持っている洋服の色に取り入れ易くなります。

また今回のerfurtのスカーフは、共にホワイトがベースとなっている為、比較的合わせ辛い色が少なく、更に色数も多いプリントが想像以上に多くのスタイルに合わせ易くなります。

今日は、シャツ、ローファー、そしてスカーフと、比較的日常に出番を迎えられる物を中心にご紹介させて頂きましたが、どれもがベーシックがベースのアイテムばかり。

無駄を省いて、ベーシックなものを組み合わせて作る御洒落は、どの何を選ぶか、にもよりますが、ベーシックなアイテムほど、色やバリエーションが在るに越した事は在りません。

これからの新年度に向けて、是非これらの新作も交え、素敵な女性像を作って頂けたらと思います。










【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


E31B0C0B-7C08-4A81-AFC1-F62D60F5387C
あっという間の気温上昇に、驚くほど装いに変化が訪れている駅前周辺。
週末には(ちょっと行き過ぎだと思いますが)TEEシャツにバミューダ姿の男性もいらっしゃいました。

流石に我々世代は、そこまで無理は出来ませんが、昨日、そして今日と、シャツとジャケットで過ごせるくらい暖かく過ごし易い一日となっています。

今日はそんな暖かな一日に最適な一着を男性の方々にお勧めしたいと思います。

仕事場にも、そして仕事終わりや週末にも、常に一着は持っておきたいのが”ネイビーのジャケット”ですが、一口にネイビーと言っても濃淡や素材の凹凸など、様々な物が在ります。

今回お勧めするのは

IMG_1061
このL.B.M.1911の一着。

IMG_1064
素材にコットンを約4割、リネンを約6割使った、細かな凹凸のあるホップサックを使用し、L.B.Mらしく洗いを加える事によって現れる表面のアタリとリネンの艶が、味わい深さを作りだしています。

IMG_1063
ボタンはシルバーのアンティーク調の物を使用しており、全体からブレザー然とした雰囲気は伝わってきますが、どこか違うと思わせるのは、やはりその素材の雰囲気から得るものでしょう。

IMG_1065
当店が再びL.B.Mを取り扱って以降オーダーしているのは(かつてのSlim Fitではなく)Regular Fitがベースとなっています。

IMG_1066
ドロップもゆったり、袖筒や肩回りも適度にゆとりがある為、今の気分にも合う上、ミドルエイジにとっては特に心地良い着心地です。

IMG_1070
またピークドラペルを採用している為、もともと美しい肩の上りのラインを持つL.B.Mのジャケットが、より自然で美しい肩回りになっています。

IMG_1038
ネイビーのジャケット一着でビジネスシーンからカジュアルまで多くのスタイルが適えられますが、”使えるカラー”だけに、季節ごとに揃えておきたい”マストな存在”

IMG_1039
リネン100%だと軽くて通気性も良いメリットを持つ反面、着心地としての柔らかさは半減してしまいますが、この素材にはリネンの艶と通気性を持ちながら、触ると解る独特の弾力性、柔らかさが備わっています。

IMG_1211
またカジュアルでも役立つネイビーのジャケットは、これからの季節ホワイトのボトムスを合わせるだけで、清涼感とクリーンなイメージを作る事が出来ます。

IMG_1213
実は写真では全てが伝わり辛いのですが、この生地はリネンの艶が非常に顕れており、光の加減によって艶やかさを見せ、洗いに掛けられた生地のアタリの隙間から、リネンの輝きを見せる”大人の色気”を放っています。

春夏秋とトロピカルウールだけで乗り越えていると言う方、或いはリネンのジャケットのみと言う方にも、是非ともトライしていただきたい今回のジャケットは、

色、素材、表情

の全てが揃ったお勧めの一着です。

IMG_1212
そして当店イチオシの一足Agnelli & Sonsの新作ローファーとの相性も抜群です。

これから暖かくなる季節に向け、是非新たな一着をお試し下さい。

IMG_1342
きっと肩の力の抜けた”自然体”を体感していただけると思いますよ。









【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ