IMG_4075

急激に寒さがやって来た今週の長野地方。
これまでの寒さに比べて、また一段と気温が低く、夕方以降は暖かな服装無くして出歩けないほど気温が下がりました。

実際、今日は開店から初めてご来店下さる方々も多く、「冬に向けて何か買おう」、そんな意識も感じられるほどでした。

そこで今日は「ベーシックで質の高い物」を中心に取り上げて見ました。

ベーシックとは言え、ガチガチのベーシックではなく、「どんな物にも合わせ易い」切り口でのベーシックです。

IMG_0339

先ず取り上げたいのが今季から当店が展開するイタリアの”カシミア”専門のブランドREFABRICS。

このブランドは2020年に設立と、まだ歴史は浅いものの、リーズナブルな価格帯でカシミアを提供すること、そしてSDG'Sに則った物作りをすると言う類稀なブランドです。

一度原料の状態に戻してから再生する”リサイクル”に対して、使える状態に戻してから再生する”アップサイクル”。

言葉だけだと解り辛いですが、原料に戻す手間がかかるリサイクルは、その状態にするまでの過程で多くの費用をかけて行うのに対し、アップサイクルは原料ではなく再利用可能な状態する事で、正確には再生ではなく再成?とでも言えば良いでしょうか、限りなく手間暇、費用を掛けずに質の高い状態を保ったまま製品へと姿を変える技術。

それらを自社で行える施設を持っていた事がREFABRICSの大きなメリットで、こうして言葉だけで訊かされると、「実際、商品としてはどうなの?」と懐疑的になってしまうもの。

IMG_0340

ところが、これこそ「百聞は一見に如かず」で、これをアップサイクル製品と聞かされなければ、かなり上質で高級なカシミアだろう、と思ってしまいます。

それほど、糸の柔らかさやしなやかさ、弾力性など、カシミア製品の新たな可能性を掘り起こしたと言っても過言ではない、新しいカシミアウェアの存在価値が確かに在ります。

そのREFABRICSでオーダーしたのが、この丸みのあるVラインと、全体的にゆったりしたボディを使用したVネックタイプと

IMG_0804

同じボディを使ったタートルネックの2種類。

IMG_0805

実はREFABRICSのカシミアには様々な色の展開が有るのですが、敢えてベーシック(御洒落の中心として)をと言う意味でブラックに絞っています。

IMG_0809

原料高騰の波を逃れられないカシミア製品の中で、このブランドのニットは全てイタリア生産で在る上、全てが2万円台(税抜)で購入出来るコストパフォーマンスの高さ。

これこそが心地良さやハイクオリティを身近に感じさせてくれる、二つと無い存在として満足度を高めてくれます。

デザインも然る事ながら、着丈や身幅などバランスが良い事もあって、どんなスタイルにも取り入れ易いREFABRICSのニットは、下手なブランドの高級ニット(メリノでもラムズウールでも)に比べて、かなり満足度の高い素材感を肌で感じる事が出来るはずです。


↑REFABRICSについてのブランド説明及び商品はコチラから↑


IMG_0317

次に取り上げるのは、当店では御馴染の高品質なニットブランド、DANIELE FIESOLIの新作。

IMG_0318

ゆとりのある身頃や緩やかなカーブを描くVネックなど、女性らしさで抜きん出ている形。
そこにプラスアルファを加えているのが、この素材です。

IMG_0319

圧縮ニットを使用し作られている為、通常のニットの数倍は密度があり(当然その分だけ沢山糸は使います)、風の侵入を許さない編地が、高い保温性を生み出しています。

当店にとっては御馴染とも言える素材で、これまで幾度と無く各ブランドから仕入れている圧縮ニットは、保温性だけではなく、弾力性や復元力にも富んでおり、ちょっとやそっとの事ではヤレない強さも特徴の一つ。

IMG_0320

この手のニットでは比較的粗野感のある物が多いのですが、そこは流石のDANIELE FIESOLIで、一つ一つの糸のクォリティも高く、製品としての完成度は、そのまま着心地や触り心地に顕れています。

このニットもまたバランスが良く、ボトムスを選ばず、色々な御洒落を愉しむ事が出来ます。
「とにかく暖かくてベーシックな一着を」と言う方には是非ともお勧めしたいニットです。

IMG_0327

もう一つ、コチラもDANIELE FIESOLIの新作。
コチラはカシミア混ウールのロングスリーブ・ポロネック。

IMG_0328

最近定着して来た女性のニットウェアのポロネックを、より使い易くスキッパータイプに仕上げたのがこの一着。

ややワイドに開いた衿型と上品でありながら女性らしさのあるネックの袷。
ジャケットなどのインナー利用や、スカーフやストールを合わせてシャツ代わりとしても使える便利な存在がポロネック。

IMG_0329

フィット感も少しゆとりを持たせており、中にシャツを着て、その上にレイヤーするなどの着方や、タートルインナーを着て、レイヤーしたりなど、このニットも使い方次第で様々なスタイルに浸透します。

IMG_0332

季節的にも幅広く、秋から春先まで使えるだけに、お仕事の方もカジュアルユースの方も、一着あると便利な存在。

177744012

ちなみに今季はDANIELE FIESOLIから初のボトムスも仕入れています。
ニットブランドが作るボトムスだけに、ニットトップと親和性の高い”素材感”や”雰囲気”が絶妙で、生地の選択、色の選択など、全てがニット製品と合わせ易く作られています。

177744012_o2

微妙にベージュ掛かったオフホワイトの色合いと、柔らかく滑らかな生地のコーデュロイは、一般のコーデュロイに連想される物とは異質の柔らかさで、この柔らかさが美しいドレープを生み、ニットトップとの合わせを、とても流麗な物に見せてくれます。

ニット作りに一日の長があるDANIELE FIESOLI。
ベーシックでありながらエッセンスを加えるのがとても上手いブランドです。


↑DANIELE FIESOLIについてのブランド説明及び商品はコチラから↑


この他にもベーシックに使えるニットウェアは今季沢山のブランドが揃っておりますので、是非ご参考になさって見て下さい。

そして最後に、これまでご紹介して来たニットたちを「より魅力的に見せてくれるボトムス」をピックアップ。

Berwich001

それがBerwichとUpper Hightsのシンセティックレザーのスカート。
(上写真:Berwich)

ブラックやグレー中心のニットウェアに抜群の相性を見せ、更に異素材で一段上の御洒落を作ってくれるのが微光沢のあるレザーやナイロン素材。

季節的にナイロンは既に寒く、合わせるのには相当の我慢が伴いますが(笑)、シンセティックレザーなら暖かさと、見せる素材感の両方が備わります。

UH002

同色異素材の組み合わせは当店が最もお勧めするスタイルの一つ。
(上写真:Upper Hights)

UH001

ニットのマットで立体感のある質感に、レザーの独特なドレープと光沢感は、相性としてベストな組み合わせ。

UH003

これからの季節、ブーツの出番も増えて行き、益々この手のスカートは役立ちます。

上にご紹介したニットウェア、そしてこれらシンセティックレザーのスカートは、シンプルでありながら組み合わせだけで御洒落上級者ぽく見せてくれる便利なアイテム。

これからの寒さに絶対の自信を持つお勧めの商品たちでした✨

是非皆様お試しを✨






【オンラインストアをご利用のお客様へ大切なお知らせ】

いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
最近、オンラインストアにご登録くださっているお客様のアドレスで

Gmailをご利用のお客様

について、メール受信のドメイン許可(@ilmare-online.jp)がなされておらず、メールが届かない等の事象が増えております。

多くの場合、メールの受信設定によるものが占めており、スパムフォルダー等に混入しているケースもございますので、改めて設定のご確認をお願い致します。

オンラインストアをご利用の場合、以下の3つのメールが配信されます。

①ご注文時に自動送信される「確認メール」
②商品のご用意が出来た際に送信される「受注メール」
③商品の発送がされた時に送信される「発送メール」

以上の3つのメールが上記ドメインから送信されます。
ドメイン設定がされていないと、メールが届かずお手続きが進行出来ませんので、くれぐれもご注意、ご確認のほどお願い申し上げます。




【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED