IMG_2766

急に暖かさがやって来た火曜日。
「もうそろそろタートルネックは要らないかな」
そう思わせる一日でした。

こうして徐々に春らしさを感じる日が増えて来ると良いのですが、まだまだ寒暖差の激しい毎日が続きそうですね。

今日は当店決算最終日。
これを機に沢山の方がご来店下さり、3月からは春の装いと組み合わせて愉しんで頂けそうです。

そんな今日ですが、Max Maraから”タウンユース”から”リゾート”まで使える、アクティブなライン”Max Mara LEISURE”の新作が到着しました。

このラインは、1951年の創業以降上質でクラシックな美学を一貫して物作りに生かし続けているMax Maraの、ナイトウェアやルームウェアなどを中心としたラウンジウェア、ワンマイルウェアとして位置付けられたもので、人によってはヨガウェアやジムウェアとして使ったり、アスレティックな要素を活かしたアクティブな品揃えが特徴。

柔らかさ、心地良さ、リラックスをスタイルに取り入れてくれるMax Mara LEISUREは、大人の女性に於ける「上品で上質なカジュアルウェア」として、街中から時にはリゾート地まで、様々なシーンで役立ってくれる物が多く揃います。

その中から、今日は3種類のアイテムをピックアップしてみました。

IMG_4424

先ず一つ目は、これぞワンマイル、ラウンジウェアと言えばのフーディー。
一口にフーディーと言えども、素材や形、色々なブランドが特徴を魅せるものでもありますが、Max Mara LEISUREのフーディーは、テーマ通り「心地良さとリラックス」を基本にした、ちょっぴりユル感のあるデザイン。

IMG_4426

肩をドロップさせ、ゆとりのある袖筒、前後の切り替えによるたっぷりした身頃など、どこをとってもリラックス感溢れるデザイン。

衿元はキーネック状のカットラインが、そのままフードに繋がり、自然で流れるようなラインが、より魅力的に見せてくれます。

IMG_4428

素材は滑らかでつるつるした感触のある生地を採用しており、もちろん伸縮性もありつつ、動き易さや着心地の良さを感じられる、まさにリラックスウェア。

日常のスタイルに取り入れ易く、当然タウンユースに適う他、リゾート地や海辺なら水着の上に直接羽織ったり、真夏にはショーツやサンダルと合わせたりなど、これからに季節にピッタリの一着。

IMG_4427

コード先端の金具に小さくロゴが彫刻されている以外、押し出し感の無い部分もMax Maraらしい上品さ。

レイヤードもし易く、そして着心地も良いお勧めのフーディーです。

IMG_4442

二つ目はコチラ、三者混のジャージー素材にも似た生地を使ったフレンチスリーブのワンピースです。
見るからに女性らしさ溢れるデザイン、シルエットは、さすがMax Maraと言った感じですが、このワンピースをより魅力的に見せているのが、このブラックをベースにホワイトのスプリットストライプの組み合わせ。

IMG_4444

生地そのものにコンフォート感を感じる他、ウエストの切り替え部分にはゴムを使用し、ウエスト下から裾までのラインも、緩やかなフレアシルエットで、誇張し過ぎない(あるいはフェミニンに見せ過ぎない)大人のフレアシルエットが、このワンピースに着心地と”締め付け感”の無いコンフォート感を与えています。

IMG_4443

大人の女性にとって、気になる箇所(例えば二の腕だったり、腹部だったり)を上手にカバーしてくれるデザインと、柔らかく伸縮性にも富んだ生地とが相まって、ここにもまたMax Mara LEISUREらしい、気楽さや心地良さを持ちながら”デザインフル”に見せる技が見え隠れします。

毎日の装いにはカーディガンやデニムジャケットなど、リゾート地や海辺にはハットとサンダルを、等々Max Mara LEISUREのアイテムには、どんなシーンでも使える物が多い所が一番の魅力です。

IMG_4429

そして最後にお勧めするのが、前出のワンピースと同じ素材を使った、ロングのペンシルタイトです。
勿論、素材から得る着心地の良さもあるのですが、このスカートではTEEシャツやカットソー、ビーチサンダル等と合わせてカジュアルに使う他、トップスにシャツやジャケット等を組み合わせると、オフィスユースでも対応可能な部分が魅力です。

IMG_4431

ウエスト内側に仕込まれたゴムによってウエスト位置を変えたり、作ったり、それによってハイウエストに見せる事が出来たり、ルーズに見せる事が出来たり、この楽しみ方はアレンジ次第。

IMG_4432

色やシルエットがシャープな分、組み合わせ次第では”デキる感”のある女性を演出することも。
また単にピッタリするだけのタイトではなく、腰回り(腿回り)から裾までのラインが、所謂普通のタイトスカートに比べて、急激な絞りでは無い為、ちょっぴりタイト目のボックスタイト?のように見える絶妙なシルエットなので、着丈の長さも相まって、それほどピッタリ感を感じる事は無いのかも知れません。

ここまでご紹介して来たMax Mara LEISUREの新作は、どれもカジュアルでありつつ「使えるシーンの多さ」が最大の魅力。

日常にちょっぴり女性らしさを取り入れたり、或いは着心地優先でもかっこよく居たい時など、女性ならではの特権でもある「女性らしさ」を表現出来る新たなコンフォートウェアとして、お勧めしています。

他にも店頭には同ブランドの新作が揃っておりますので、是非一度お試しを✨

あまりの着心地の良さに脱帽します。







【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED