IMG_5401

寒さがより厳しくなり始めた今週末。
全国各地で1月下旬並みの寒さに覆われたのだとか。

着実に冬がすぐそこに在る事を知らしめる冷たい空気。
それとは反対に星や月明り、更には電飾までもが、この乾いた空気の中、煌びやかに輝いています。

今年もあと数週で終わりを迎えますが、これから来る真冬を飛び越え、今日は来春夏のとある商品についてご紹介させて頂きます。

当店が作り出すプロダクトの中で、最も充実度が高い物、それはメンズのローファー。
2014年に初めて取り掛かった物から、これまで何度もリファインを繰り返し、その都度魅力ある物を作りだして来た”Agnelli & Sons”の靴。

男性のジャケットや女性のジャケット、ワンピースに至るまで、様々なアイテムを作り続けて来たAgnelli & Sonsですが、中でも靴に関しては、幾つかのファクトリーでオーダーを分けて製作して来ました。

汎用性の高い価格重視の物、そして中身の濃いとりわけ作りの充実度の高い物、それらのうち後者に値するのがローファーを依頼しているファクトリーです。



年々高騰する原材料や副資材、そして拘りを求めれば求める程、価格に反映してしまう「物作りのスパイラル」。

然しながら、物の見た目(表情)には、それらが如実に現れる事もあり、当店ではある種の妥協を省き「一つの物作り」として一定のクォリティを保ってきました。

そして昨年数年ぶりにリファインしスマートでシャープなローファーモデル”6503”が完成しました。

欧米人のように恵まれた身長や体格がある訳では無い日本人にとって、足元がスマートに見えるだけで、随分スタイルが変わって見える事は多くの方が周知のとおり。

それらをより視覚的に美しく見せられる様になったのが新モデルの形です。

そして今回、来春夏用のモデルとして2つの異なるテイストのローファーを製作。

IMG_6305

一つ目は「サファリ感」がテーマの一足。

IMG_6312

アッパーはフランス、デュプイ社製シャトーブリアンを使い、合わせには強撚のトワル地(キャンバス)を組み合わせたコンビネーションローファーです。

IMG_6308

春夏の灼熱の暑さの中でも、リネンのジャケットやコットンのスーツを身に着けていた古い映画の主人公の様に、どこかクラシカルでコロニアルなテイストを感じさせてくれます。

IMG_6307

別のモデルJONESでも採用したデュプイのシャトーブリアンは、その名の如く革の”美味しい部分”を見せてくれるかのように、履きジワの一つ一つさえも非常に味わい深い入り方をします。

洋服の服地同様、靴にも革質の良し悪しが顕れると言う事を身を以て教えてくれるシャトーブリアン。
その革に軽快感を齎し、またスタイル全体を紳士的に魅せてくれるのがトワル地とのコンビネーション。

IMG_6313

ソールは御馴染フィドルバックと半カラス仕上げにヒドゥンチャネル、ヒールはピッチドヒールと、このローファーシリーズ共通の仕様が与えられています。

IMG_6297

そしてもう一つが「クルーズ感とリゾート感」がテーマの一足。

IMG_6298

スウェードの鞣しを得意とするイタリアのSCIARADA社(シャラーダ)のOTTER PROOFをベースに、同じくイタリアのMASTOROTTO社(マストロット)のADRIAを合わせた、爽やかな組み合わせ。

IMG_6303

ベースとなるOTTER PROOFは、スウェードに撥水加工を施し、日常的な撥水効果をもたらした優れた素材。

そこに表情の異なるステア(生後半年以内に去勢された雄牛革)を組み合わせる事で、見た目も履き心地も、柔らかく軽さを感じさせる物に仕上げています。

MASTOROTTO社は1958年創業と古く、同社が作り出すシュリンクレザーは味わいと柔らかさが表情からも伝わって来る優れた素材です。

IMG_6302

それらに前出のモデルと同じソール面の仕様を与え、コバとソール面は敢えて無着色のナチュラルな美しさを与えています。

IMG_6304

半カラスの仕上げを行わない分、ソール面には曲線が作り出すウエスト部分の立体的な美しさが良く解ります。

IMG_6299

色合いもグレージュをベースにホワイトをあしらう事で、コントラストが(不必要に)ハッキリせず、あくまでも大人の足元として相応しい「穏やかさ」があり、上品で上質な印象を醸し出しています。

IMG_6301

縫い上げはブレイク製法(半グッドイヤー、半マッケイ)を用いている事もあり、ウエスト部分のシェイプも美しく、靴としての魅力をより感じさせてくれる一足です。

IMG_6300

ホワイトのボトムや同じペールトーンのスタイル等、春夏に増えるであろう淡い色合いにも相性を見せてくれる新作。

真夏のショーツスタイルにも併せたくなる独特な魅力を放っています。

以上の2モデルは、納期が3月中旬から下旬となっておりますが、一部のお客様からのご希望もあり、オンラインストア上で事前予約を承る事に致しました。




何れも生産数に限りがあり、ご予約数によっては終売の可能性があります。

ご興味をお持ちの方には、同じ木型のモデルが店頭に御座いますので、着用感(サイズ)等をお確かめ頂く事も出来ます。

まだまだ寒い12月、春夏の靴を検討されるには少々気が早いと思われるかも知れませんが、ご興味のある方は是非ご検討頂けましたら幸いです。


どちらも味わい深い一足です✨


※詳細など解り辛い点につきましては店頭までお問合せ下さい。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED