B21CF9C8-5AD6-418D-A62D-813BD85BBD18
季節が変わろうとしている6月。
気温の変化と共に変わる物と言えば、人が求める欲が挙げられます。

それは食べ物で在ったり、休息であったり、人それぞれですが、装いに例えるならば、そこには色や物(感触)、加えて目に新しい価値だったりするものです。

そんな価値観を常に新鮮に感じさせてくれるのが、イタリア、ボローニャのレザーブランド”ATELIER LAVA”のレザーアイテム。

これまでも、その優れた機能性やミニマルから生まれる造形美によって、無駄を省いた姿に価値観を憶える方も少なく在りませんでしたが、今日皆様にご紹介するのは、その高いコストパフォーマンスから、昨年のパーソナルオーダー(会)の際にも非常に高い人気を誇った”アレ”です。

161019338
年明け早々に開催したパーソナルオーダーでも人気だった、あのマルチパースがそれです。

今回はオーダーを頂いたお客様とは別に、当店が店頭在庫としてオーダーさせて頂いた分が、一部到着しています。

161019338_o4
先ず欠かせないのがこのパースの価格!

小銭入れを中心に沢山のスリットを携えたまさにミニマリストにピッタリな機能的な作品ですが、ハンドメイドで13,000円(税別)と言う驚きのプライス。

161019338_o5
価格から入ることは不本意なのですが、ATELIER LAVAの製品をお持ちの方、お試しの方ならばお分かり頂けると思うのですが、機能的、堅牢的であり、実に精緻な作りながら、セールス・フォー・バリューは群を抜いています。

161019338_o7
使い方は様々ですが、元々”財布”に対して日本人のように多くを求めない欧州欧米の人々の中では、現在の財布の小型化は必然で、例えば英国を中心とした紳士的な嗜みを得ると、スーツやジャケットなどのポケットに分厚い財布が収まると、胸部分が膨らんだり、そのスタイルに凹凸が生まれてスマートではないと言う一つの暗黙があります。
(実はブログを書いている私も過去20年間、ジャケットの内ポケットに物を入れた事が在りません)

161019338_o8
その結果、二つ折りのロングウォレット(薄い物)か、或いはマネークリップと小銭入れ(或いは小銭はポケットに直接)と言う二つの方法でお金を持ちあるく事が多い海外。

更に別の例を加えると、かつては欧米で大きなバッグ(トートバッグ等)を男性が常に持ち歩くと言う姿は余り見られませんでした。

そこには”バッグ=荷物があるから持ち歩く”の様なファッション不要な発想が在ったからなのですが、これも私達日本では古くから当たり前の様に”沢山の荷物をパンパンに入れて持ち歩く”姿が定着しており、これまでの歴史上の違い=ライフスタイルが強く影響している事も否めませんでした。
(海外では船旅には大型トランクや衣装ケース、バンカーや弁護士はブリーフケース、医者はダレスバッグ等、それぞれにセオリーのあるバッグが存在していたことも日本とは違った文化である事が判ります。)

161019338_o3
然し乍ら、世界が色々な方法で繋がる事によって、私達日本でも広くグローバルな発想が進みました。
今回のマルチパースの様な小型化された財布の存在も、こうしたある種の文化の一元化=共通認識によって生まれた必然でもある訳です。

161019338_o10
加えて、昨今のスマート決済の推進によって、小銭や紙幣を沢山持ち歩かなくても良く成ってきている現状もあると思いますが、過去に無いほど、財布の小型化は加速を続けています。

161019338_o1
と、話は大きな話題へと飛躍してしまいましたが、今回オーダーした中から到着している4色は、まさにこれからの季節に最適な色合いばかり。

小さなレザーアイテムは、やっぱり”派手色”が良い、そう感じていらっしゃる方も多いと思いますが、かく言う私もその一人。

バッグの中で、彼方此方探す手間が省ける派手色は、小さな物だからこそ愉しめるアソビでもある訳です。

ともあれ、この価格となると、数色欲しくなってしまうのが、収集癖を背中合わせに持つ私達。
人へのプレゼントにも良いですし、また自分の季節ごとのモチベーション維持に色を揃えておく、なんて言う使い方もありですね。

161018775
他にも、ロングウォレット(今回は完売しておりますが、次回入荷時に向けた事前オーダーが可能です)の選択も◎。

161018775_o2
必要な物だけを入れて持ち歩けば、荷物は自ずと少なくなるはず。
ロングウォレットをパンパンにして持ちあるくのではなく、常にスマートな状態で持ち歩いてこそ、美しい造形美を堪能できると言うもの。

グローバル化が進む今の日本で、最も足りないのは使う人の”意識”かも知れません。

道具は揃えど、使い方で道具は変わる

それらが一致した時、きっと初めて日本は本当のグローバルに近付くのかも知れませんね。

ともあれ、今回の各レザーアイテムは、どれも価格が魅力的です。
あっという間の完売も予想されますので、是非気になる方はお早目に店頭、或いはオンラインストアをご覧下さいね。


※ATELIER LAVAの製品を今すぐ見る!と言う方はコチラから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月・7月の店休予定日】
6月24日、7月8日、15日、22日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED