IMG_6042
爽やかな週末に恵まれた6月初日。

空は青く澄み渡り、新しい季節の到来を感じさせています。

今日の様な一日にはなるべく軽めに、そしてカジュアルにコンフォートな装いがしたくなりますよね。

06438497-78C4-4258-93C0-1DD787F7BE8F
最適な『楽チン』さを持ちつつも、ブランドヒストリーと共にアメリカへのオマージュを持つRoy Roger'sのスウェットは、まさに週末に相応しい一着。

4669D907-C610-4538-AE7E-DC740BBA76B2
ヨーロッパ最古のジーンズメーカーでもあるRoy Roger'sは、スウェットシャツ一つ取っても、その作りの中に絶妙なディテールが組み込まれています。

この写真だと良く分かりますが、衿のリブから外へ向けて走る絶妙なシワ。
リブが頑丈に作られている事によって生まれている物ですが、この絶妙なシワがスウェット全体に柔らかさを感じさせると共に、イタリアのシャツに代表される「手縫い」の様な(少々言いすぎな表現ですが)、立体感を齎してくれます。

D1D6C688-9699-4D99-BDF0-8475D621E6BA
この手のスウェットシャツは、仄かにゆとりを持たせた形(胴)、袖はラグランでも、それ程たっぷりしない物が今日的な装いにマッチします。

スリムなスタイルを楽しむ人、たっぷりとしたスタイルを楽しむ人、そしてそれらを『装いごとに取り入れる人』と、現在のスタイルは、良い意味で『個性』を生み出し始めています。

このスウェット、スタッフも購入済みですが、夏近くになったらショーツとの組み合わせも楽しめそうです。
是非週末のスタイルにお試し下さい。


そして、今日はもう一つ。

夏が近づくにつれて、お仕事でシャツ等をお召になる機会が欠かせないと言う人にとって、「袖捲り」は必然。

今となっては『当たり前』の様に、多くの方が取り入れている袖捲りの方法を、この季節改めて問われる方が多くなります。

そこで、今日は袖捲りの方法を再びおさらいします。

8C1C0D02-0453-49B3-B5D2-893918EDB669
お仕事でも、カジュアルでも、長袖シャツを着る機会は多く、それらがコットンであろうと、リネンであろうと、袖は素敵に捲りたいもの。

IMG_6046
とは言え、グルグルといつもの様に巻いてしまうのは、如何せん「仕事的」な匂いが付きまといますね。

そこで、今日多くの方が取り入れつつ、また毎年その捲り方を忘れてしまう方へ、もう一度おさらいをしておこうと思います。

IMG_6043
袖は一度伸ばした状態から、留めたい場所まで一気に折り返して持ち上げます。
(今回は肘まで上げてみます)

IMG_6044
その後、一度上げた袖の「カフ」を除いた部分(ボタンが付く場所=袖の先、を除いた部分)を、再び上に折り返します。

IMG_6045_0
こうして、カフがある場所と、ほぼ近しい場所まで折り返した後、カフが少し除く位までに留めます。

IMG_6045_1
こうすると、グルグルと捲り上げる時とは違い、落ちて来辛くなるのと同時に、袖回りにアクセントが作られ、単なる袖捲りよりも素敵に見えてくれるはずです。

IMG_6045
お仕事でシャツを着る機会が多い方、そして日頃シャツをお召になる方、夏にショーツ等と合わせて長袖シャツを着たいと言う方は、是非お試し下さい。

忘れていた方は、是非もう一度おさらいを。


PrSlV1_530_001
春夏物の一部がプライスダウン。
是非皆様のスタイルアップに役立てて下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休日】
6月、13日、20日、27日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED