IMG_4338
暖かなお部屋と美味しい食事が嬉しい季節になりました。

徐々に気温は低くなり、肌寒さも増している今週末。

IMG_3273
装いに暖色を取り入れたくなる今位の季節は、寒色をベースに暖色を取り入れると効果的にセンスアップを謳う事が出来ます。

特に今季はシルバーやグレーを基調にスタイルの基本作りをお勧めしている当店ですが、相性も良く特に今季採色としてお勧めしているのがキャメルカラー。

ブリックカラー(煉瓦)や、キャメルカラーは色の濃淡や味わいが決め手となります。
暖色ばかりになると、全体に重い印象が先行してしまいますが、取り入れる色の面積を減らす事によって全体の色のバランスも整い易くなります。

IMG_3274
シューズの色を変えるだけでもガラリと印象が変わり、季節に応じた色の魅せ方が出来ます。

今から冬にかけて装いを愉しむ上で、大切な採色のバランスは、基本カラーを決めて取り入れて行くと愉しみ方が変わります。
是非お試し下さいね。

さて、お客様方の中に洋服を中心にシーズンアイテムが揃い始め、再びバッグやストールなどへのご興味が増している今週。

今日は当店ではお馴染みのFALORNIとDell'gaをピックアップして見ました。

先月の受注会時にも触れさせて頂いたFALORNIは、メゾンブランドのバッグを手掛けている事でも知られている高品質なハンドメイドのファクトリーブランド。

IMG_5345
1980年にイタリア、フィレンツェ郊外に設立されたFalor社(ファロール社)が、作り出すオリジナルブランドFALORNI(ファロルニ)は、創業以来革製品(当初は靴のパーツを製造)の生産を手作業で行い、その高い技術力は、大手メゾンブランドにも見初められ、

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)や、Christian Dior(クリスチャン・ディオール)のバッグ

も手掛ける等、その高いクォリティを確固な物にしました。

IMG_5347
中でもBOTTEGA VENETAの代表作の一つでもあるウーブンレザー=イントレチャート(編み革)は、Falor社が、熟練の職人の手により多くの時間を掛けて丹念に編込まれ、それらに魅入られた方々が多い事は周知のこと。

IMG_5346
今回当店がオーダーしているこの形は、ワンハンドルのホーボータイプで、当店取引先の完全別注の為、他では見る事の無い形。

その編地は一本一本のテープ状のラム革を、太さ違いで編み上げ、強度の必要な箇所やカーブの掛かる箇所には編地を変えて編み上げ、それらは実用性や補強と共に、一つの

造形美

となっています。

IMG_5350
またハンドル部分は番手の異なる太目の糸を一針でシッカリと縫い上げられ、そこにも職人の仕事が演出となる造形美が在ります。

IMG_5351
柔らかくしなやかなラム革は、使い始めて直ぐにその柔らかさを体感出来る点が魅力ですが、こうしたウーブンレザーの場合には、より革の伸性やバイアスにかかる力等も相まって、使う人の形に添って行く変化をします。

IMG_1278
前出のブラックの他にも、色違いでスモーキーブルーもご用意。
(※こちらはご注文後、ご用意に3日から4日程頂きます)
この色もまた落ち着きを与えてくれる魅力溢れる色合いに仕上がっています。

IMG_1279
色の艶やかさや繊細な編み目は、手練れの職人が長い時間を掛けて作られた事を証明しています。

IMG_5354
大人の女性にこそ相応しい落ち着きと品質は、上品な趣きを携え、その日のスタイルをクラスアップしてくれそうです。
イタリアが誇る職人技を是非感じて見て下さい。

IMG_3358
そして忘れてはならないのが当店にとってはお馴染みとも言えるイタリアの馬具メーカーDell'ga(デルガ)が作り出す数々の名品。

今回の入荷は先日の受注会と形は同じですが、当店が個別にオーダーしたトープカラーの一作。

セリエ(馬具屋)として生業を持ち、多くのブランドが広告戦略を打つのに対し、一切の広告を謳わず、人の噂だけで長らく続けているDell'gaは、これこそまさに

機能美、造形美

と言わんばかりの作品が多く存在します。

IMG_3360
このクラッチバッグでは大き過ぎず、小さ過ぎずの手に持ちやすい適度な大きさが魅力です。

どこかの誌面にも記されておりましたが、バッグの大きさと言うのは

書類サイズや既成サイズに合わせるべきではない

と言う言葉、当店も全く以て同感なのです。

そのバッグに最も美しいと思われる大きさや形を作る為に、既成サイズを想定すると

バランスが崩れる

為です。

IMG_3356
今回のバッグでは底マチ部分を薄くする事が出来る為、まるでドキュメントケースの様にシャープなシルエットにもなります。

IMG_3365
日常の荷物を持ち歩いたり、或いは必要最低限のものだけを入れ、バッグインバッグとして使うなど、その用途は様々。

IMG_3364
男性には不要かも知れませんが、女性にとってこのハンドルの付加価値は非常に大きく、差し込む事によって万が一手から滑り落ちる事を防いでくれます。

実際今回のバッグは女性の購入が多く、それらも実際にご覧頂くと理に敵っている事が解ります。

今シーズンは昨年とは違う意匠を持ったStefano ManoやFALORNI、そしてDell'gaと、何れも実力のあるファクトリーブランドのバッグが多いシーズンになりました。

これから始まる秋冬を

よりスタイリッシュに

愉しむ為にも、バッグの新調をお勧めしています。

是非今週末は装い作りと共にバッグもご検討下さいね。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月8日、15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED