IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

June 2024

IMG_8610

暑い日が続き、もはや夏が始まっている感じすら受ける今週末。

こんな日は冷たい飲み物で潤しつつ、涼しいお部屋でまったりしたいものです。

服装も(着ている)本人が爽やかであることは勿論ですが、こうして暑さが続くと”見ている人”の目にも爽やかさが伝わる装いでありたいですよね。

夏=白やブルー、のように清涼感の伝わる色が鉄板ですが、意外と”ラテカラー”も、人の目に爽やかに伝わる色だったりします。

IMG_8718

Agnelli & Sonsのコントラストローファーはまさにラテカラー。

シャラーダ社のオッターの淡いグレージュと、マストロット社のアドリアのホワイトを組み合わせた、穏やかで爽やかさのあるコントラストは、今がまさにトップシーズンな色合わせ。

IMG_8680

トップスは接触冷感の高いフィルマー社のアイスコットンを使ったAlessandro Luppiのクルーネック、ボトムスはDevoreのシアサッカーで合わせれば、全体が爽やかに見えて、着ている本人も涼しい組み合わせに。

IMG_8699

「腕や足を出せば涼しい」のは勿論なのですが、歳を重ねるごとに清潔感と共に大切にしたいのが端正に見える装い。

そこにはTシャツにショートパンツなオジサン臭さはありません。

暑いからこそ、特化された素材を選ぶ

ことで清潔感と暑さ対策は保たれます。

IMG_8716

全体を締める役割を担う上で大切なのが、やっぱり足元。

Agnelli & Sonsのコントラストのローファーは、その日の存在感を一気に爽やかに、そして清潔感タップリに仕上げてくれる存在です。

「暑いな~、何着れば良いんだろう~」とお嘆きの方がいらしたら、是非参考にしてみて下さい✨






※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



miura03

夏の夕立のような夕刻を迎えている6月中旬。
もはや梅雨を超えて、一気に夏になったのでは?と感じさせる毎日が続いています。

真夏と違って、夕方には涼しい風がそよぎ、とても過ごしやすいのですが、日中の暑さを考えると、もうすでに夏はすぐそこまで来ていることを知らされます。

さて、そんな中、一足早く秋展開の予定だったR.C.A.Fの新作が到着しております。

とはいってもシューズゆえ、季節感が無いと言えば無いのですが、今回はR.C.A.Fの拘りがモリモリに詰め込まれた一足をご紹介します。

もともと拘りの強さが半端じゃないR.C.A.F。
前回のミリタリースニーカー同様、今回オーダーした”フレンチローファー”も並々ならぬ拘りが詰め込まれています。

IMG_8362

今回当店がオーダーしたフレンチローファーは、ベースに1960年代のフランスのヴィンテージのローファーの木型を現代的にモディファイしたものが使われています。

60年代のフランスと言えば、ハイブランドファッションが脚光を浴びた時代でもありますが、意外にも若者たちからは批判が起き、個性を極めるファッションを求める人たちが増える反面、なぜか”ジーンズ”が浸透したという、ねじれ現象が起きていた時代。

そんな背景も含めて、当時からフランスのファッションは個性を大事にしていることが根底にあることが判ります。

フランスのBCBG(グッドスタイル、グッドクラスの意味)に代表されるフランスの上流階級を背景にしたシックでコンサバティブなファッション、フランス流プレッピーはジーンズ抜きに語れないスタイルですが、そこにあるのがローファーであり、アメリカでもヨーロッパでもローファーは欠かせないアイテムの一つ。

この背景を頭に描きながら、このR.C.A.Fのローファーを見ると、非常にイメージしやすいと思います。

IMG_8358

今回オーダーしたローファーに当店が採用したのは、2つのタナリーの革。

ブラック、コニャック系の2色共に共通しているのは、ソール材とライニング材のみで、アッパーはそれぞれの趣を大切にしたものを使用しています。

IMG_8307

ブラックのアッパーは、ドイツの名門タンナー”WEIN HEIMER”(ワインハイマー)の”G-BOX”(カーフの名称)。

IMG_8313

WEIN HEIMERは、170年以上の歴史を持つヨーロッパ最大規模の老舗タンナーであったカールフロイデンベルグ社の技術、製法、職人たちを引き継いで設立された名門。

そのWEIN HEIMERのG-BOXと言うカーフは、ブラックのみしか作らないという拘りようで、このカーフは世界最高峰のボックスカーフとして世界中に知られています。

IMG_8311

そしてライニングはフランスの名門タンナーであるDU PUY(デュプイ)社製の物を使用。
アッパーに使われる革として広く知られるDU PUYですが、ライニングに抜群の吸湿性と柔らかく滑らかな肌触りが特徴。

IMG_8315

そして今回のローファーに共通して採用されているアウトソールが、OAK BARK(オーク・バーク・ベンズ)の革底。

最高級の革底材として知られるOAK BARKは、名の通り”樫の樹皮”(OAK BARK)から風出されるタンニンのみで鞣されている革で、非常に時間と労力を伴う古典的な工程によって作られる為、ヨーロッパ広しといえどもごく限られたタンナーでしか行われていません。

この製法によって作られる底材は、繊維が詰まっており、耐久性が高く、長時間かけて鞣されることでタンニンの結合が強く、水分を含んでも変形し辛く、ひび割れもし辛いという特徴を持っています。

その反面、耐久性のハリやコシが有りながら、履き込むごとに柔らかさを増し、OAK BARK特有の滑らかな屈曲性を生み出すという側面も持っています。

IMG_8312

材料だけではなく、細部のディテールにも拘りがあり、この写真で見ると分かるように、履き口の内側が外側に比べて高く作られているのですが、この形状によって、”甲の部分に寄るシワが綺麗に出やすくなる”と言うメリットを生み出しています。

良質な素材の靴は、シワの寄り方も違いを見ることが多いのですが、このローファーもまた同様の美しいシワの寄り方が出るようになるということです。

IMG_8309

その他にも拝みモカ(縫い)は極微な凹凸にとどめられ、全体的にクリーンな印象を与えると共に、このローファーの形状をよりフレンチなエッセンスに見せることにも寄与しています。

実際に履いてみると、アッパー(サドルは縫い付け)のサポート性が高く、足を包み込むような履き心地ですが、インソールの沈み込みが進むにつれて、徐々に足の形に変わりゆくことを実感します。

60年代当時の木型をもとに、現代的なリファインを加えられているところも、足を入れることで感じます。

そしてコニャック系カラーの方

IMG_8317

如何にもブレザーやグレーのトラウザーズが似合いそうな美しいコニャック系カラーですが、こちらはイタリアのタンナーIL CIA(イルチア)社のSETANILを採用。

IMG_8319

1930年代から続くIL CIA、イタリアンカーフの代名詞と呼ばれるボックスカーフが、このSETANILです。

IMG_8320

厳選を重ねた上質な原皮のみから作られる、非常に肌目が美しくハリのあるカーフが特徴です。

IMG_8322

IL CIAらしい僅かな革色の濃淡があったり、とにかく革その物の表情が艶やかで美しく、この色との相性も抜群によい革です。

IMG_8321

私達の中で、ブラック、そしてコニャックの二つのカラーは、フレンチローファーとして欠かせない2色で、どちらもフレンチシックを気取るには欠かせない色。

IMG_8357

いずれも最高峰の革を使い、そしてR.C.A.Fらしい細部のディテールや拘りが満載の、言わば玄人的魅力を持つローファーたち。

ヨーロッパを中心に多くの原料や資材が高騰を続ける中、こうした高品質な素材を集めて作り上げられたR.C.A.Fの新作は、もはやコストパフォーマンス抜群と言わざるを得ません。

年間を通じて出番の多い2色のローファー、もはや2色買いも辞さないほどのお勧めです。
長く履き続けながら、風合いを楽しみ、装いを楽しむ。
人生を共に生きる一足として、是非試してみてはいかがでしょうか。





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_7864

「梅雨はどこへ?」

好天が続く6月。
週が明け、今週は蒸し暑さも感じるほどの天気に。

季節的に夏が近づくと「さて何を着よう、何を買おう?」と思う機会も増えるもの。
普段お仕事でジャケットを着用する方、或いは通勤の方にとって、日々の装いをガラリと変えるのは、聊か障壁も有りますね。

そこで今日はMUNGAIの新作スクエアをお勧め。

IMG_7272

ハンドロール含め手作業で設えられるMUNGAIのスクエアは、レースのトリミングの物が特に有名ですが、中には素材の特徴を生かした、こんな生地も有ります。

IMG_7273_1

今回当店がこだわったのは、コストパフォーマンスに優れ、存在感があること。

IMG_7274_1

いずれも大き目の綾が綺麗なリネンのスクエアですが、為替や原材料高騰が叫ばれる中、スクエアも例外ではありません。

特にスクエアが便利なのが、日々の装いに挿すだけで雰囲気が変わったり、またギフトとしても(差し支えなく)喜ばれるものであること。

IMG_7276

余り押しが強くない方がいい、と言う方には(ほぼブラックに見えますが)ダークネイビーのスクエアを。

IMG_7286

押しが強くない分、同系色の中に取り入れると華やかさが増す特徴があります。

IMG_7280

もっと自然に挿しておきたい、と言う方にはベージュ。

IMG_7284

人肌に近い色合いゆえ、派手さはない物の、こちらもやはりダークトーンに挿すと印象が変わります。

IMG_7282

いやいや、もっと華やかさが欲しい、と言う方にはダークオレンジ。

IMG_7287

ベージュに比べて華やかさが増し、特にベージュやライトグレーなど、春夏に多い色合いに挿すと、極々自然な雰囲気で胸元を飾ることが出来ます。

IMG_7278

何と言ってもやっぱりスクエアは白でしょ、と言う方も多いと思いますが、この生地になるとホワイトにも凹凸感が生まれ、同じホワイトのスクエアでも見栄えが変わります。

IMG_7285

当店がオーダーしたサイズは、一般的な(小さ目な)物に比べて、やや大き目に作っている為、サッと無造作に入れても、それなりにフンワリ感が生まれます。

IMG_8239

どんなスタイルでもスクエア一つで雰囲気が変わるのが男性の装いのメリット。

IMG_8241_1

シーン別に挿すのも良し、日々のローテーションで揃えるのも良し

IMG_8242_1

今回のスクエアは、6,500円(+税)と言う抜群のコスト。

日々の装いに合わせて選んだり、また季節的にもお世話になった方への感謝のしるしとして差し上げたり、はたまたジューンブライドのお席に呼ばれた方は胸元に、と、実は6月は意外なほど、スクエアの用途は多いのです。(?)

勿論、従来のレースのトリミングの物がお好きと言う方は華やかさを盛ってお出掛けになるのも良し。

IMG_8247

最近では女性のお客様にもご購入いただいている、このレースのシリーズ。(写真のジャケットはウィメンズです)

IMG_8248

スカーフや衿元の巻物が暑く感じ始めるこれからの季節、華やかさを作りには最適なアイテムです。



季節の端境目に是非いかがでしょうか。



※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_7875

ようやく夏を感じる気候に変わり、いよいよ夏物の出番と思わせてくれる週末。
お出掛けに、お洗濯にお散歩、何をするにも過ごしやすい気候になりました。

季節の変わり目の度、素材を考えて支度をし直すのが面倒、そんな中途半端な気候にも踏ん切りが付けられそうですが、今日は年間通じて使えるColony Clothingのパンツを取り上げてみました。

CCPG01

一見するとデニム素材の様に見えるこの素材は、実はウール。
触るとザラっとした感触があるドライな素材で、視方を変えるとシャークスキンのような特殊な素材。

その実、シワにも強く、ゆとりのあるわたり幅など、風が通るのを感じ、春夏秋冬全ての季節で使える無敵な素材。

IMG_8073

デニムの様に見れば、ロウデニムの様に、トラウザーズの様に見れば、グレーのウールの様に、意外といろんなスタイルに合わせやすい特徴を持っています。

IMG_8083

ウエストがエラスティックバック、インタックと持ち出しの長いベルトレスが基本ディテールですが、何と言ってもシルエットのゆとりが心地良さを助けています。

IMG_8056

サマーダーク(色)が根付いた昨今、夏にこそダークカラーを着て、クールに見せるのはもはや鉄板。

この素材はそこにドライな雰囲気を加えてくれる(春夏には)最適な生地感かもしれませんね。

逆に秋冬にはウールのニットやブーツを合わせるだけで、生地の表情が生かされ、穿く度に色んなスタイルのアイディアが生まれそうな一本です。

IMG_8084

ジャケットと合わせても良し、Tシャツやデニムのトラッカージャケットと合わせても良し、オンオフ使い分けられる一本です。

便利です...。





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



梅雨は何処へやら?と思わせるほど、好天が続く6月。
とても過ごし易い陽気は良いのですが、年々”季節”が少しずつズレているように感じるは私達だけでは無いでしょう。

夏の終わりが遅れ、冬の始まりが遅れ、春の始まりも遅れ、そして夏はおろか梅雨の始まりも(私達の肌感的には一か月ほど?)遅れ、約1か月くらいずつ、季節の到来がズレて来ている様な気がします。

きっとそんな思いも杞憂に終わるのでしょうが、とりあえず恵まれた”今”の気候を御洒落で愉しんでおきたいと思ってしまいます。(雨降りは服装も制限されますしね…)

と言う事で、今日は多くの方が待っていた(?)”アレ”がようやく入荷と言う事で

ISOC_logo_blo01

il Sandalo of Capri(イル・サンダロ・オブ・カプリ)の新作をご紹介。

毎シーズン人気のイル・サンダロ・オブ・カプリのサンダルたち。
何と言ってもその魅力は”ドレスアップ可能なサンダル”がテーマに添えられているブランドらしさから来る、女性らしさ溢れる魅力。

これまでのサンダルも、「どんなスタイルにも取り入れ易くて、気軽に履ける」、そんな手軽に御洒落が完結するという、女性にとっては大きなメリットがありました。

中でも最も素敵に、簡単に、そして足を綺麗に見せてくれるのがトゥリングサンダルのシリーズ。

IMG_7808

親指に設けられたストラップと甲をホールドするストラップ、この二つだけでシッカリと足を支えてくれる”華奢さ”と”履き易さ”が共存したモデル。

今回当店がオーダーしたのは、この形をベースに”トゥリング部分にビジュー”を合わせた新作。

IMG_7800

イル・サンダロ・オブ・カプリはオーダーするお店ごとに色や素材、ソールなど細部のディテールがそれぞれ異なるのですが、当店ではクッション性のインソールを引き続き採用し、アッパー、インソールは今回も(当店お気に入りの)ゴートスウェード(山羊革)を使用。

IMG_7804

そして爪先のトゥリング部分には大き目のビジューを設える事で、トゥリングを付けているかのような雰囲気に見せています。

IMG_7805

カラーはLight Safair(色名)と言う透き通るような清涼感のあるライトブルーで、ベースカラーのトープのスウェードと実に魅力的なコントラストを作っています。

IMG_7806

ヌーディーな色は夏にピッタリで、ベースカラーのトープは夏の強い陽射しの中で、突出した存在感と言うよりも、極々自然に馴染むような、まさに大人の女性にピッタリな落ち着きと嫋やかさを感じさせる佇まい。

IMG_7802

普段、足指にアクセサリーをしない人にとっても、簡単にトゥリングをしている様に見える、この手軽さと素敵が同居している事が”とにかく魅力”。

IMG_7811

ジーンズ、スカート、ワンピース、ショーツ、どんなスタイル(ボトムス)にも合わせ易くて、ドレッシーにもカジュアルにも見せやすいイル・サンダロ・オブ・カプリのサンダルは、一度手に入れると、また次の年にも一足欲しい、、、となってしまう独特な魅力があります。

そして今季は過去展開したモデルの派生版として新しいモデルもオーダー。

IMG_7791

バックストラップを備えた、甲のHストラップと繊細なストーンが特徴的なサンダルに、今季は5㎝ヒールが備わりました✨

IMG_7798

女性だけの特権と言える、”ヒールのあるサンダル”は、夏らしさを感じるだけじゃなく、大人の女性らしさや繊細さ、そして日本人にとっては”脚を長く”見せてくれるというメリットもありますね。

決して5㎝もある様に見えない特徴的なヒールの形状と安定感は、イル・サンダロ・オブ・カプリらしいディテール。

IMG_7792

足首のストラップで固定される為、甲のストラップにチカラが入り過ぎないようにされていたり、華奢なサンダルの形状としては、見た目以上にシッカリ(頑丈に)作られていたり、女性らしさを表現するにも、このデザインは大きく役立っています。

IMG_7796

またストーンはボディと同色のブラックで統一する事によって、悪目立ちする事も無く、敢えて同色の中に”光る”存在がある事で、ソリッドでクールな印象を与え、ここにも大人の女性らしさを表現しています。

IMG_7797

女性らしい足元の選択肢として、夏の陽射しに反射する様な華やかさも有れば、今回の様に落ち着きの中に見える(女性の)力強さも有り、スタイルの選択肢の中で、新たな魅力の発見に繋がる事も在ります。

IMG_7793

今回二つのサンダルをオーダーした当店ですが、共に共通するのは

どんな服装でも合わせられる

こと。

image240605_1

日常的な装いから、チョッピリ、ドレスアップしたい装いまで、実に幅広く使う事が出来る2種類のサンダル。

今年も到着を待っていた方が多いイル・サンダロ・オブ・カプリ。

夏の装いが愉しみになって来る今季の新作を、是非この機会に検討してみては如何でしょうか。





※オンラインストアご利用の流れはコチラをご参考ください。



【店休日について】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアをご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-23 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ