IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

December 2022

Top_Slideshow_Pre_Sale_AW_2022_001

寒さが厳しくなってきた今週、より寒さ対策が必要になって来ました。
これからまだまだ寒さが増してくる事を考えると、今のうちに冬の装いはしっかり備えておきたいですね。

そんな気分の高まる今、本日より”PRE SALE”がスタート!

今すぐ使えるニットやコート等、今週から来年にかけて出番が多くなるシーンに向けて、是非冬の装い完成にお役立て下さい!





《オンラインストア -ブランド検索-》

※着用写真でご紹介しているブランド名の検索にご利用下さい。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5374

氷雨の言葉がぴったりな、とても寒い冷たい雨に見舞われた週末。
今週は多くの方がコートなどアウターを中心に冬支度を揃えにいらしてくださっています。

生憎の天気の週末には、いつもご自宅のクローゼットの整理をお勧めしている当店ですが、「昨年着たか?」「最近いつ着たか?」思い出せない物、着ていなかった物は、リサイクルして新たにお気に入りを増やすというのが、常に鮮度の高い服装で居られるコツ。

「これ高かったからな~」「これはまだ着られるからな~」と言いつつ再び保管してしまう物に限って、実は出番が無かったりするものです。(我々もそうなのですが…)

季節の変わり目には思い切ってリサイクルする勇気(?)も必要。
雨の週末を利用して、是非この冬に着る物、着ない物を選別してみてはいかがでしょうか。

さて、今日は男性の方々から比較的ご相談の多い「スタッフが購入して良かったもの」を再び取り上げてみました。

当店はもともとエイジレス、タイムレスで着られる物が多い分、季節感を感じる物、そうで無い物が混在しています。

その中でも今から春まで便利なのが、BAFYのリラックスフィットのニットたち。

9BD88824-8AA0-4787-BA6F-61723BA25609

ハイゲージのメリノを使った至ってふつ~のクルーネックのセーターを、ちょっぴりオーバーサイズに仕上げたもの。(写真着用商品:ニット/BAFY、パンツ/DEVORE、シューズ/Agnelli & Sons、ジャケット/Artigianale)

年齢問わず窮屈なニットウェアが苦しい時、こうしたゆとりのあるニットを着てしまうと、途端に開放された感に包まれる(笑)もの。

もともと弾力性があり通気性、保温性があるメリノ種は、実は『日本の気候に最も合っている』と言われています。

71F51F05-0137-42A0-BB41-7C42763CEFE2

ホワイトならTEEシャツ気分で着られる上、多くのスタイルに大人らしさが加えられます。

44A259D2-60FC-43D8-B07B-692F87E72D46

色違いのブルーも淡い色合いで仕上げられている為、色の主張が少なく、大人らしい淡いテイストが表現されます。(写真着用商品:ニット/BAFY、パンツ/DEVORE、シューズ/Agnelli & Sons、シャツ/Tela Genova)

DA1CCD21-7631-42C0-8796-567BB9BDD5FF

ジーンズ、グレーのパンツ、ホワイト、ベージュ、、、と組み合わせがし易いのも、この色の特徴。

068921EE-564F-4985-A6B6-52BBD245CD91

実際スタッフも愛用している中で、迷ったら手に取るのがこのニット。
これからの季節ならマフラーやスカーフ、ストールと色を”テキトー”に合わせても、合ってしまう便利なカラーです。

もっと大人らしいリラックスカジュアルがしたい方はスウェットなどのジャージー系のパンツと合わせると、より大人の休日感が作られます。
是非お試しを。

76E572A8-3D76-4A7F-A9E9-42F3C7240A5B

同じくコチラもBAFYのサステナブルウールと称されたウールを使ったケーブル編みのクルーネック。
何の工夫も変化もない一着ですが、その魅力は”色”にあります。(写真着用商品:ニット/BAFY、パンツ/eleventy、シューズ/Agnelli & Sons、ダウンベスト/SCHNEIDERS)

光の加減にも寄るとは思いますが、生成りであったり、ライトベージュであったり、色々な色の見え方をする中庸な色合いです。

93E61B37-4C75-4C40-A517-386C7B792BF8

肉厚感があるニットなので、ダウンベストと合わせたり、直接コートのレイヤーにしたりと実は便利且つ暖かな一着。

ボトムスにもモール素材やコーデュロイなど秋冬素材を履く機会が増える今の季節にピッタリな重量感です。
厚くなり過ぎず、薄くもない、実は最も重宝する厚みのニットです。

B483C635-4EE2-4537-B825-F50DEC739A0E

大人らしいリラックス感は”色”でも作れます。
このDRUMOHRの定番アラン編みニットは、ピンクベージュと言う実に中途半端(笑)な色でオーダーしております。(写真着用商品:ニット/Drumohr、パンツ/Berwich、シューズ/Enzo Bonafe、コート/l'impermeabile)

ピンクベージュの色合いは、実はとても色の選択が難しく、ピンク色が強すぎるとファンシーになり、ベージュ色が強いとボンヤリしてしまう、その丁度良い按配の色合いはニットでは中々出会う機会が少ないものです。

36270DD4-69E5-48E8-ABEE-2BF7CBF2C446

この色が綺麗に見えるのは”編地”の恩恵が大きく関わっています。
そしてメリノではなくジーロンラムズである事も大きな理由です。

メリノは艶が出る特徴があり、こうした色合いを作るには更に神経をとがらせる必要がありますが、ジーロンラムズの微妙な毛足、そしてアラン編みの作る陰影が、この色に良い効果を生んでいます。

1195F980-B427-4B89-966A-AC63B12F5BB5

”大人が着るからこそ”リラックス感があり、自然で大人のゆとりを演出出来る、こうしたカラー。
「子供っぽく見えるから着たくないなあ」と思っている方は、ひょっとしたらもっと成長したら(?)着れるのかも?知れませんね(笑)

程よい身頃幅、フィット感の高い衿、腕、裾、その全てがDRUMOHRらしさに溢れたニット。
DRUMOHRのニットには衿や袖の先、裾に編地と共にエラスティック糸が仕込まれ、伸縮性が強く、しっかりホールドするよう作られています。

目に見える事の無い仕事を丹念に行うDRUMOHRならではの出来栄え、そして綺麗な色合いを是非試して頂きたいと思います。

そしてお仕事も休日も洒落て居たいという方に、先日もご紹介したAgnelli & Sonsの新作シャツをお勧めします。

B66DB1EE-6C82-4DA7-A530-49DBF002626E

各部のディテールの詳細は過去ログをご覧頂くとして、とても優れたフィット感(フィットして欲しい部分)、仕立て感が顕れるディテールは、今週ご来店下さったお客様にもお褒めの言葉を頂いたほど。

0AC1AE2D-B904-4C98-A671-46FFA92D7EDD

衿腰や肩のイセ込み、カフやバックヨークなど、一見してそれと判るディテールが目を引きます。

E7C8AA5B-FBEB-4D1B-99B2-1D5F1864F402

実際店頭にお越しの方にも触れて頂いて仰っていただいたのが「写真で見るよりも、かなりシッカリしている生地」とのお言葉。

柔らかいのに生地の安心感を感じられ、また着た時の着姿が綺麗に見えるのも特徴の一つ。

5604AE1F-E8B8-40F4-BD03-331502E77D22

お仕事ではタイを締めてジャケットと、休日にはニットなどとレイヤーするなどして、オンオフ使える利便性が高い一着でもあります。(写真着用商品:シャツ/Agnelli & Sons、Jacket/L.B.M.1911、タイ/Roda、スクエア/Roda)

春物としての展開ですが生地の厚みを感じて頂ける為、レイヤー次第では今すぐにでも使える、お勧めのシャツです。
お仕事利用が多い方、是非試して頂きたいと思います。

そして、この他にも先シーズン以前のアイテムにも、実は着用率の高い物があります。

00BABBC1-8BD8-4254-97C8-BF04D98F0829

IRISH CRONEのメランジのウールタートル。
このブランドのニットは、着てみなければ本当に判らない”優れた暖かさ”を感じます。
(写真着用商品:ニット/IRISH CRONE、ジャケット/L.B.M.1911、パンツ/Tela Genova)

色の仄かな味わいも然る事ながら、「やはりニットは暖かく無くては」と改めて感じさせてくれる一着です。

9644F3D0-40BC-4323-82CA-F96FE36ECCC1

特にこのメランジのオレンジは、普段鮮やかな色を着ない人にとっても、取り入りやすい淡い色合いで、「迷ったらジーンズと合わせる」と自分ルールを決めて置けば、それほど組み合わせに迷う事が在りません。

単色のジャケットも良いですが、チェックなどの少しカントリー感のある物と合わせると、よりレイヤーがし易い色です。

451A478F-13A6-4158-8116-E773700063E8

そしてもう一つがBAFYのビッグケーブルのタートルネック。
大き目のケーブル編みが存在感を作る一着ですが、色がライトブラウンと言う事もあり、落ち着きがある中に存在感があり、あまり突出したデザインを好まない人にもお勧めできるニットです。
(写真着用商品:ニット/BAFY、パンツ/YCHAI、レザージャケット/Rifugio)

9314B507-069B-4528-809F-3704F6E77F6D

色が色だけに組み合わせもし易く、また暖かさは言うまでも無く、糸そのものの太さや安心感のある厚みを実感出来ます。

IMG_6719

ジャケットとのレイヤーも、レザーなどブルゾン類とのレイヤーも、このニットが持つ迫力と色が全てをスポイルしてくれる、非常に便利な一着です。(写真使用商品:ニット/BAFY、ジャケット/Agnelli & Sons)

この二着は毎シーズン寒くなると活躍してくれる便利なニットたちです。
ちなみにオンラインストアではお求めやすい価格になっていますので、買い替えや新調される方にとっては非常にお買い得でもあります(笑)

と、他にも「コレ良かった」と思わせてくれる物は山ほどあるのですが、今週特に男性の方々から窺う「コレは買っておいて損無し」と言うものを挙げて見ましたので、是非今後のご予定などにお役立ていただけたらと思います。

まだまだ寒さは序の口。
これから益々寒くなることを考えると、特にニットのローテーションは必要不可欠!

是非皆様もこの機会にローテーション入りの一着を✨


《オンラインストア -ブランド検索-》

※着用写真でご紹介しているブランド名の検索にご利用下さい。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5366

天気予報によれば今年一番の寒さがやって来そうな今晩。
今にも雪が降るのではないか?と思わせる様な黒い雲と、冬らしい静かな夜の空は、少しずつ近付き始めている今年の終わりを匂わせています。

今月はイベントごとが多く、また同時に各企業ともボーナス支給月とあって、先週末位から街の賑わいが増えて来ている様な気がします。

何かとお出掛けする場面が増えるこれからの季節、「サッと羽織れてサマになるもの」が有るととても便利。

今日取り上げるオーストリア、ザルツブルクの老舗”SCHNEIDERS”の一着は、まさにそんなワガママを適えてくれる一着です。

IMG_6944

それがこのポンチョ(またはマント)型コート。

100年以上もの歴史を持ち、欧州の社交界で唯一「コットンのコートでも失礼に当たらない」とされているSCHNEIDERS。

フランスのBCBGでは「必需品」とされ、社交界では「TPOを問わない」とまで言わしめているSCHNEIDERS。

その魅力は優れた製品管理に加え、高いクォリティに裏付けされています。

IMG_6943

そして近年SCHNEIDERSのコートの中で最も人気を博しているのがマントやポンチョ等の羽織。

IMG_6945

一般のコートのように袖を通し前を留めるもよし、肩から羽織るだけでも良しの高い利便性に加え、SCHNEIDERSらしい効果的な素材や一流サプライヤーから得られる優れた生地によって、それらは見た目だけでは無い”中身の伴った”コートとして一目置かれています。

その人気のマントを基本にトラディショナルを崩さずに現代的にアップデイトされているのが、このモデル。

IMG_6946

丈をヒップを覆う位までの長さにして、取り外し可能なフードやファーを備え、スリットになるフロント両脇にはフラップ付きのポケットに変更するなど、実用性の高い”コート”然とした物に仕上げています。

IMG_6954

生地は打ち込みのしっかりした物を使用し、見た目とは裏腹に軽さを感じさせ、勿論暖かさも確保しています。

IMG_6952

背面から前面に通ったストラップはボタンを介して止められ、風によって裾がバタバタと開く事無く、この美しい曲線と直線で作りだすシルエットを維持します。

IMG_6953

フロントをボタンとファスナーの両使いにする事で、その日のスタイルに合わせたアレンジが可能になる訳ですが、移動手段が電車や交通機関の方にとっても、車が主な方にとっても、この着丈、邪魔にならないディテールやシルエットは、とても理に適ったデザイン、アウターで在る事は直ぐに判ると思います。

IMG_6948

シンプルなマントとは違った、現代的なエッセンスを与えられたこのコートは、どこか古くから続いているかのようなテイストを感じさせ、お仕事の場や休日の装いまで、常に上品な佇まいに見せてくれる雰囲気を持っています。

IMG_6951

天候に左右される欧州の地に在って、実際に風雨や寒さを凌げる事は前提であり、それらに伝統的(トラディショナル)で高貴(ノーブル)である事を忘れないSCHNEIDERSのコート。

IMG_6950

このコートが持つ意味、そして実際に使ってみて感じる高いユーティリティは、それまでのアウターのイメージを大きく変えてくれる物になるに違い在りません。

誤解を恐れずに言えば、「着の身着のまま、出かけなければならない」時でも、このコートを羽織ってしまえば、「それなりに見えてしまう」のですから、こんなにラクなアウター選びは無いのかも知れませんね(笑)

SCHNEIDERSのマント人気を実感できる、今回の新作を是非一度味わってみては如何でしょう。



SCHNEIDERSが何故100年も変わらず欧州で支えられ続けているのかが判るかも知れませんよ?


※SCHNEIDERSは、ヨーロッパ、特にイタリア等では名店と呼ばれる多くに必ず陳列されているほど、コートブランドとして当たり前の存在です。
意外と認知されていないのは日本だけかも知れませんね。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5379

12月も10日が過ぎ、街にはいつもより少し賑わいが増えているように感じられます。
写真は都内、日比谷の物ですが、展示会に伺う度、外国人観光客の姿も増えているような気がします。
年末も近いですしイベントも多い季節ゆえ、少しずつ全国の街中に賑わいが戻って来る事を期待したいものです。

さて、先日Agnelli & Sonsのウィメンズブレザーを取り上げましたが、プレスプリングの入荷はメンズのシャツも到着しています。

Agnelli & Sonsでは、これまでウィメンズのシャツは展開していたのですが、メンズは中々納得の行く仕上がりに出会えず、今回ようやく完成度の高いファクトリーとの取り組みが叶いました。

マシンメイドとハンドメイドを取り入れた”仕立て感”のある物作りは、大人の男性にとって(見えない)拘りでもありますが、それらが多く取り入れられたシャツが完成。

今回オーダーしているのは3種類の衿型による同一の仕様モデル。

IMG_7273

一つ目は衿幅を広く取ったワイドスプレットカラーのモデルです。
衿腰も若干高く取る事によって、胴と衿の間に三角形の立体的な隙間が作られ、これによってスーツやジャケットでのタイを締めた時、カジュアルなスタイルで衿を開けた時、共に立体感のある首回りが作られるようになります。

IMG_7399

プレスプリングのモデルとして展開している事もあり、生地は全て地厚さを感じられる物にしています。

IMG_7275

このモデルでは伊CANCLINI社製のコットンカルゼを使用し、その生地のハリやしっかりとした感触、そして何より目に見える艶が美しい仕上がりになっています。

IMG_7280

また今回オーダーしているモデルに共通するボディへの”ディテール”は、如何にも仕立て感が分かる物を多分に取り入れています。

IMG_7277

裾のガゼットは、縫い線位置をずらした”意味のある”補強に。

IMG_7274

肩のイセ込みはたっぷりと確保し、立体感のある肩回りと共に着続けながら自分の身体に沿って行くような着心地を味わえます。

イセ込みは袖(カフ)の縫い目にも同様の量分で行い、袖先もボリューム感が溢れています。

IMG_7279

圧巻はバックヨークのギャザーです。
通常ボックスプリーツ(サイドやセンター)で仕上げるところを沢山のギャザーで”魅せながら”動き易さを作っています。

IMG_7278

多くのディテールがサルトリアルな手法に近いもので、”日常的に着る”シャツだからこそ他の人との違いを見せたい、特別なディテールを味わいたい、そんな思いを取り入れたシャツになっています。

IMG_7316

お仕事での装い、時にはニットカーディガンなどミドルレイヤーとの組み合わせが楽しめる一着です。

IMG_7317

衿はカラーステイを使用しておりますが、ステイを外して生地そのもののしなやかさを感じながら楽しむ事も出来ます。(外してもハリは維持しています)
カジュアルなスタイルの時には外して、衿の動きを楽しみたい一着です。

二つ目はコチラ。

IMG_7264

ビッグオックスの様なダンガリー素材を使った、厚みとしっかりした重量感を感じさせてくれるワイドスプレットカラーの一着です。

IMG_7267

衿型は前出の物に比べて、カッタウェイカラー寄りの衿型で、こちらも衿幅を広く、衿腰も高めに取る事によって、衿の立体感やボリューム感があります。

IMG_7271

コチラは歴史の古いALBIATE社製の生地を採用。
現在ALBINI社の傘下ですが、カジュアルでスポーティーな生地を得意としているファブリックメーカーです。

IMG_7268

もともと生地そのものがしっかりとしていて厚みがある為、何度も何度も着て、洗濯を繰り返して、身体に馴染ませたいと思わせる独特の風合い。

IMG_7266

生地がしっかりとしていても分かる程の量分をイセ込み、バックヨークに使用しています。

IMG_7270

一般的にカジュアル一辺倒に捉えられがちなダンガリーですが、この明るさの色合いであれば、ジャケットやタイとの合わせも充分許容範囲。

IMG_7311

日常のカジュアルなスタイルには”しっかりとした生地”が安心感を与え、またお仕事での着用時には、シワの影響を受けづらい素材と言う事もあり、常にハリとコシが姿勢を正してくれそうな気分に。

IMG_7318

生地自体は柔らかいので、硬いという感触はありませんが、その生地(触れて頂くと分かるのですが)の魅力が如何に影響しているかを感じさせてくれる一着です。

IMG_7319

プレスプリングの製品ですが、この素材なら今すぐにでも使いたくなる、そんなお勧め生地の一着です。

IMG_7254_1

そして最後は衿腰があり、衿も(芯地を抜いているのに)しっかりとした立体感を持つワンピースカラー(イタリアンカラー)のボタンダウンと言う玄人好みなモデル。

IMG_7255

生地はイタリアのMONTI社製のオックスフォード・ストライプを使用し、こちらもやはりハリとコシを感じさせてくれる生地になります。

IMG_7256

一般的なワンピースカラーが横に広がり過ぎたり、衿腰がつぶれてしまう(開襟のように)のに対し、衿腰がしっかりとしている分、衿は常に立体的にロールします。

IMG_7257

タイを締めることはありませんが、この季節から着る場合にはタートルネックなどとレイヤー(中にタートルネックを着る)したり、週末のお出かけ等に使ったりと、ちょっぴりアメリカ顔のイタリア製シャツ然とした表情が特徴です。

IMG_7261

MONTI社は一貫生産を行う数少ないイタリアのファブリックメーカー。
中でもこの生地のように少しアメリカンな匂いを漂わせる生地は、季節によってある時、無い時がある為、今回の生地はまさに今の季節に手に入れておくべき生地と言えます。

IMG_7259

その他のディテールは前出と同様の仕様に。

IMG_7260

あらゆる縫い目箇所にボリューム感があり、このシャツもまた見た目以上に仕立て感を感じさせてくれる仕上がりになっています。

IMG_7313

ある程度のカジュアルダウンが許される企業であれば、ジャケットとトラウザーズさえ合わせれば許容範囲のスタイルになると思います。

IMG_7314

幅広の衿、衿の絶妙な角度、衿腰の高さの全てが一つになり作り出される”綺麗な衿回り”がこのシャツの骨頂。

IMG_7315

ボタンをはずしてジャケットとレイヤーしても、とても自然な衿回りが作られ、借り物的にならないのも、このシャツの魅力です。(稀に見かける同様のレイヤーをしている方の中には”無理やり感”がありますよね…💧)

以上今回の新作では共通ボディとディテールに対して、衿型を変えての3モデルになっています。
(※ストライプのモデルのみガゼット無し)

またサイズはMのみを展開しておりますが、店頭にお越しの方には希望サイズでのオーダー(約1か月)も承っておりますので、詳細など気になる方は店頭にて是非お気軽にお問い合わせ下さい。

誰もが一着は持っている、着ているであろうシャツ。
然しながらその一つ一つに拘りを詰め込むと、180度違う見た目に変わります。

これからの季節、或いは春に向けてシャツの新調を検討されている方は是非一度お試しください✨








【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_5385

日本列島を感動と涙で包んだサッカーワールドカップ日本代表。
落ち着きを取り戻し始めた今日も巷の話題はワールドカップ。
日本は残念ながら敗退してしまいましたが、華やかなサッカーをする常連国が、これからしのぎを削って真剣勝負します。
決勝まで”サッカー”が楽しめそうです。

さて、真冬の寒さが始まった今週、当店には未だ各ブランドからの新入荷が続いています。
SchneidersやBarba等、今すぐにでも着たいと思わせる新作が並んでいます。

新入荷が続く今週、今日は一足早い次シーズンモデルとなる”ブレザー”をピックアップしてみました。

IMG_6916

店頭にお越しの方々には少しお話をさせていただいていたブレザー。

女性の方々にとって、もはやタイムレス、エイジレスな存在と言えるネイビーのブレザーですが、実際、ブレザーと言う一つのアイテムは、それらを作りだすブランド、或いはスタイルのカテゴリーによって、雰囲気もデザインも(勿論作りも)大きく変わります。

今回当店がオーダーしたのは「メンズ同様の拘りを詰め込んだ”女性の為”の一着」。

IMG_6922

何故”女性の為の”としたかと言うと、一般的なブレザーの見え方として、見た目はブレザー顔でも、そこには着る人の体形や体格、どんなスタイルになら合うか等、実際着てみて考えさせられる物が多い様に思います。


例えば、「パンツには合うけど、スカートには合わない」とか、「身長が高い人には合うけど、低いと合わない」とか、当然サイズのある物なので、色んな物言いはある訳ですが、それらを加味して「誰もが女性らしく見える」事を念頭にリデザインした物が今回の新作です。

IMG_6917

仰々しく書きましたが、見た目は普通のブレザーです。
でも何がそうさせているのかと言うと、それは「綺麗に見える為のバランス」があるから。

IMG_6915

仕様としては、春から秋までの3シーズン対応の生地、幅広のラペルと各部の6ミリ幅のステッチ、専用の金ボタン(真鍮製)や深めのサイドベンツ、腰のカーブパッチポケット、袖の本切羽仕上など。

IMG_6918
IMG_6919
IMG_6921

また紳士服などで使われる差込袖(マニカカミーチャとも呼ばれます)を採用し、肩パットを排し、袖付けの際のイセ込み(写真に見えるギャザーのような部分=雨振袖とも呼ばれます)を多くすることで、肩回りが動かし易く、見た目も仕立てた感があるなどの視覚的なメリットもあります。

IMG_6920

このブレザーで大きく違いを見せているのは、先ず6つボタンの(一番下のボタンだけを留める事が出来る)1つ掛けの仕様。

これは2つ掛けのブレザーに比べて胸部分(或いはVゾーン)が深くなる(開く)ことで、より女性らしさが作られ、一般的なブレザーに比べると”硬い雰囲気”が無くなり、むしろこの仕様によって、スカートでもパンツでもワンピースでも、全体のバランスが取りやすくなるメリットがあります。

またそれらと共にブレザーのウエスト位置を若干高めにし、更に裾までの長さを少しだけ長くする事で、腰が高く見え、またヒップ回りが自然に覆われると言う、女性ならではの視覚的効果を作っています。

一見しただけでは”普通のブレザー”にしか見えませんが、実は一つ一つのパーツの形状や位置を変えたりして”着た時のバランスを良くしている”のが今回の新作なんです。

これによって、身長、体格、合わせるボトムス、等々、色々な条件のもと、このブレザーを合わせても、全てがバランス良く見えるようになっています。

(なかなか気付かれない部分にこそ綺麗に魅せる仕組みがあります✨)

IMG_6925

このフレキシビリティに富んだブレザーは、お仕事での着用は勿論ですが、当店らしい”ジーンズとのコーディネート”がとってもお勧め✨

写真では伝わり辛いのですが、濃過ぎず、薄すぎず、紫紺でもなく黒紺でもない、とても優し気で穏やかさのある紺色が、ジーンズとのコントラストに活きるんです✨

IMG_6923

インナーはTEEシャツでもスウェットシャツでも、ブラウスでも、ジーンズ一本あればスタイルも一段アップして見せてくれます。

IMG_6924

足下が変わるだけでもご覧の通り、品を保ったまま”大人の御洒落”を維持。

IMG_6926

特にお勧めしているのがブラックの系統色。
色落ちの濃淡が様々にあるブラックのストーンウォッシュの色の系譜は、真っ黒以外全てお勧めの色に。

また春夏の実シーズンにはホワイトデニムなど白のボトムスもお勧め。
勿論インナーにはボーダーやストライプを合わせて、春の始まりを愉しむ事が出来ますね✨

と、今回新たに企画した新作ブレザーは、兎にも角にも、どんなスタイルにも合わせ易い一着として”バランス”良く仕上がっています。

若かりし頃と違い、歳を重ねたからこそ欲しい「分かってる感」。
それは作りの中身、そして優れたバランスから生み出されます。

そして今回の新作は価格面でも非常にメリットがあります。
(恐らく2度目は無いと思われる価格です)

まだ春にはチョッピリ早いですが、寒さを気にしない方なら着れなくもない(?)新作ブレザー。
是非この機会に、”好バランス”ブレザーをお試し下さい✨



《オマケ》
今回のブレザーに使用した生地は、某〇リーグのチームがオフィシャルスーツに使用している生地と同じ物を使用しています。






【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。


【店休予定日】
オンラインストア 最下段をご参考下さい
木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。



COPYRIGHT (C) 2012-22 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ