IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

April 2021

DF2D3207-9C9B-49A8-AD6D-DB7AA39F89FF
ようやく春らしいポカポカした陽気に包まれ、街中にも彩りが溢れる季節になりました。

待ちゆく人々の姿も様々な御洒落に身を包む人たちが増え、少しずつ楽しさのある風景が広がっています。

暖かな一日に在って、巷は新たな年度始めの方も多く、装いも勿論ですが身の回りのせわしさも加速しているのではないかと思います。

そんな新しい環境、新しい季節に向けて今日は当店お勧めのドキュメントケースをピックアップしてみました。

73667F82-C085-468F-B965-F8831F357B48
以前もご紹介させていただいた事のあるイタリア、ボローニャのレザーバッグ専業メーカーATELIER LAVAのドキュメントケースがそれ。

1472080E-C447-47C2-AC97-995E9BCC4DDB_1
このブランドの素晴らしいのは、物づくりの点では勿論(当たり前)ですが、細かな部分に配慮がなされている事に気付かされることが多いのが魅力で、このケースもドキュメントケースとしては勿論、クラッチバッグとしても使えるだけの充分な収納方法、パッド入りのシェルに守られた内部等、実用性が高い事がATELIER LAVAの最たる魅力なのです。

今日丁度大切な打ち合わせに持参したこのケース、その細かな収納力と量は充分すぎる程。
更に内側の荷物を痛める事の無いパッディングや外側に使用されている傷の付きづらいレザー(サフィアーノ)等、バッグが実用性として適えるべき部分が十二分に発揮されています。

IMG_8674_PhotoRoom_20210422_133910
高い収納力は、収納や荷分けが苦手な方にとっても、なんとなく適当に、空いているポケットに差し込んで行けば、それなりに収まってしまいます。(本来はきちんと収納して頂きたいと思いますが…)

IMG_8672_PhotoRoom_20210422_125905
特に昨年以降急激に高まっているタブレット端末やモバイル等は、お仕事以外の人たちにとっても必須の存在になり始めており、これらが収納できる”安心”したバッグと言うのが、意外な程探すのに苦労します。

勿論、収まる物と言うだけでは無くて、それらが収まって尚、”恰好良く”見えなくてはなりません。
(オシャレと無縁と言う方はなんでもよいと思いますが)

IMG_8675_PhotoRoom_20210422_134433
お仕事の人なら、カードケース、財布、手帳、タブレット、モバイル、書類などなど、仕事に必要とされる物は沢山あります。

IMG_8673_PhotoRoom_20210422_125927
それらの全てが収まってくれるこのドキュメントケースは、やはり優秀。
形ばかりを気取るドキュメントケースやクラッチ等と一線を画しているのは、こうした高い実用性によって裏付けられているのですね。

IMG_8676_PhotoRoom_20210422_134530
使い方次第ではお仕事以外での用途も可能なこのケースは、日常的なクラッチバッグとしての要素も備えています。

プライバシーポケットはファスナー付きに収納したり、日常的な物を入れて、直ぐにサッと取出し易い両方向ファスナー(Wジップ)等、一度使うと、その使い易さや利便性が非常に良く伝わってきます。

3E31B91F-004C-462C-B75E-3C511B7B53DE
「荷物が多くないからバッグは持たない」と言う方も中にはいると思いますが、もはやバッグを持たないというよりも、このバッグを持つことによってスタイル完成を進めるくらいの前向きな発想があっても良いくらい、実際このバッグの秀逸さや恰好良さを感じて頂けると思います。

IMG_8680
また女性にとっても同様で、普段のバッグと違ったバッグでお出かけすると、気分も上がります。
勿論お仕事をお持ちの方にとっては、男性同様優秀な収納のパートナーとして。

IMG_8688
加えて、こうした持ち物から商談などの話の盛り上がりも期待できる等、実はお仕事をお持ちの方にとっては、男性も女性も話のネタとしても大きな存在になる事が多くあります。

IMG_8685_1
お仕事で無い日も、女性が普段持ち歩きたい物は大抵のものが収まってしまいます。
(お弁当などは入りませんが…)

IMG_8682
ユーティリティの高いバッグには、とかく〇〇バッグ、△△バッグ、のようにカテゴリーを決めつけたがる日本人。

そういった先入観が御洒落の邪魔をする事もありますが、このバッグはスマートにスタイリッシュに見せてくれることが、自立した女性像を思わせる武器にも成り得ます。(つまり大人の女性に見えるということ)

IMG_8681_1
足元とバッグだけに色のシンクロを楽しんだり、最低限の主張で日々の御洒落を昇華する楽しみ方は、若い子たちではなく、大人ならではの余裕ある御洒落の見せ方でもあります。

IMG_8678_PhotoRoom_20210422_134705
これから徐々に暖かくなるにつれ、装いとは別にバッグが主役となる季節がやって来ます。

IMG_8677_PhotoRoom_20210422_134612
お仕事をお持ちの方も、日常使いをされる方も、是非一度ATELIER LAVAのバッグを試して頂く事をお勧め致します。

きっと目からウロコのディテールや使い易さを感じて頂けるに違いありません。


ATELIER LAVAのバッグはコチラから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2541
ようやく春らしいポカポカとした陽気に包まれた今日の長野地方。
気温は久しぶりに20度を超え、軽装で居られるほど今日の天気は過ごし易い一日でした。

ここからは、少しずつ御洒落の種類も変えて楽しめそうな時期がやって来そうですね。

元々トラッドな要素が強い当店ですが、中にはメンズライクで女性にとって”解りづらい”ディテールの物が在ったりします。

IMG_6507_PhotoRoom_20210402_163859
例えばこのBARBAのサファリジャケットの様に、余り見かけないサファリジャケットも女性物として存在する物の多くはある程度ディテールが簡素化された、所謂、匂わせる程度の物が多い様に思いますが、BARBAのそれは各部のディテールが、シッカリと構成されています。

同じく、この写真で組み合わせているINCOTEXのトラウザーズも、パッと見には凝ったディテールは見えませんが、実は男性よろしく細部に凝ったディテールが備わっています。

IMG_6508_PhotoRoom_20210402_163947
「サファリジャケットはどうやって合わせたら・・・?」
と考える人も少なくないと思いますし、ただただディテールに惚れて購入される方も居るかも知れません。

女性が着るサファリジャケットとしてはスカートやワンピースに合わせてしまうのが最も簡単で女性的に見えます。

IMG_7768_PhotoRoom_20210410_182153
少し色柄の凝った物を合わせるだけで、サファリジャケットのテイストは色濃く映り、またその色柄とのコントラストや相性も良く映ります。

IMG_7766_PhotoRoom_20210410_182001
もっと言えば、サファリジャケットがどんな風に合わせられているのかを想像するのが難しい程、現代のサファリジャケットの在り方は昔の物とは少々違った物になって来ています。

90年代であれば、このBARBAのジャケットよりも丈が長く、ウエストにはベルト付きの物も多く在りました。

それらにジョッパーパンツとジョッキーブーツを合わせた、まさに英国的なスタイル、乗馬スタイルがカッコよいとされていたものですが、このジャケットの場合には丈のバランスも当時とは違い、勿論着心地も変わり、現代のスタイルに合わせ易いバランスに仕上げられている事から、ワンピースやスカートが最もラクに組み合わせられる物になるのですが、当店はこの他に、敢えて”ボリュームのあるトラウザーズ”を組み合わせて提案しています。

IMG_6500_PhotoRoom_20210402_164100
それが前出の写真でも組み合わせていたINCOTEXのそれです。

このINCOTEXのトラウザーズは、イタリアと日本がそれぞれ異なる生産で行っている今、ある種貴重になってしまったイタリア本国による生産ラインのもの。

IMG_6505_PhotoRoom_20210402_164252
コットンとリネンを混紡したカジュアルな表情に、ガーメントダイを加え、何とも味わい深い雰囲気を醸し出している一本です。

シルエットはややハイウエストに位置しながら、前股上を短めに後ろ股上を長めにとる事によって傾斜とヒップ回りのゆとりや腰高になるメリットを生み、またペグトップの様に腰回りにボリュームを持ちながら、裾へと向かい緩やかにテーパードするセミワイドとでも言うべきシルエットが実に綺麗なライン。

IMG_6501_PhotoRoom_20210402_164117
また昨今のメンズのトラウザーズの様に両サイドにアジャスターを設ける事により、ベルトレスでもスッキリと、それでいて立体感のあるシルエットを愉しむ事出来る様になっています。

IMG_6502_PhotoRoom_20210402_164140
元々ボトムス作りに一日の長があるINCOTEXらしい、単なるアクセサリーとしてのアジャスターではなく、シッカリとそれらが機能しながら、デザイン上のキャッチーな部分になっていることもINCOTEXならではと言えます。

IMG_6503_PhotoRoom_20210402_164155
女性が身に着けると言う事を前提に捉えられた、女性だけに見られるバランス、そして随所にみられる立体感を生むダーツ等、INCOTEXの技術力の高さを窺える多くの魅力が詰まっている一本なのです。

IMG_6504_PhotoRoom_20210402_164224
勿論、女性が男性のように蘊蓄合戦をする生き物では無いので、こうしたディテールに拘りを披露する機会は無いのですが、こうした基礎が在って尚、女性にとって身に着ける”見えない”拘りが光るものになります。

女性がこれ見よがしに拘りを語っていたら、ちょっと興ざめしますからね(笑)

解っても解らなくても、それらが非常に拘りを以て作られている事実が在りさえすれば、それで良いのです。

同じ理由で拘りを形にしているBARBAのサファリジャケット、そしてINCOTEXのトラウザーズも、それぞれが大人の女性が淑女的に在る姿に見せてくれる、代え難い存在なのですね。

そしてインナーにも(この二つのブランドとは違った角度から)拘りを持つブランドがあります。

それがデンマークのブランド”by basics”です。

IMG_6521_PhotoRoom_20210402_171526
このブランドはエシカルでサスティナブルな物作りを進める、現代的なブランドで、天然素材以外を使う事が無く、またその天然素材にも品質を求め、他では得られる事の無い独自の品質管理などを行っている今日の世界に在るべき姿を持っています。

ウールやシルク、リネン等、様々な素材に特化したアイテムを作りだすby basicsが作る”コットン”をベースにしたサブネーム(ブランド名になっています)が、今回ご紹介する”cotton sense”(コットン・センス)。

IMG_6522_PhotoRoom_20210402_171542
上質なコットンの細い繊維だけを撚り合わせて作られた、このAラインのカットソーは、先ず形で立体感や女性らしさを感じ、次に触れてみて更に驚くほど高い品質を感じさせてくれます。

使用しているコットンの糸の細さもさることながら、それらから作られるサラリとした肌触りは、表面の艶やかさからは想像出来ない、まさに春夏に相応しいドライなタッチにも関わらず、ギュッと生地を握ってみると、そこには確かにコットンらしい柔らかさと弾力性がある事を感じるのです。

その優れた素材を感じると、如何にby basicsと言うブランドが”何を求めて”いるかが直ぐに伝わって来ます。

IMG_5952_PhotoRoom_20210402_172233
またシルエットにも女性らしい美しさと立体的な表現が盛り込まれている事が直ぐに伝わって来ます。
(写真:トップス/cotton sense、スカート/Max Mara)

IMG_5954_PhotoRoom_20210402_172313
大抵のカットソーは多くの店舗で棚に畳まれている事が多く、こうした立体感を感じる事が難しいのですが、このブランドのカットソーには平置きの時にでさえ、「何かが違う」と思わせてくれる、なにか特別な物を発している様に感じさせます。

IMG_6520_PhotoRoom_20210402_171502_2
この高品質で優れたカットソーに今回当店が用意したのは全4色のラインナップ。

IMG_6524_PhotoRoom_20210402_171618
全ての色が使い易く、またインナーとしても単体利用でも、存在感のある色のバリエーションにしています。

IMG_6526_PhotoRoom_20210402_171649
特に深すぎず、浅すぎず、その絶妙なサジ加減で開いている胸元のUネックのカットは、一着でもレイヤーしても女性らしい美しいデコルテを演出してくれそうです。

IMG_6525_PhotoRoom_20210402_171636
こうして、先のBARBAやINCOTEXとは、また違った志向角度のby basicsのカットソーは、時代性にマッチした物作りと、女性的な美意識が同居した、他とは違った存在価値を生み出す稀有なブランドと言えます。

この優れた拘りがアンダー1万円(6,600円+tax)で購入出来ると思うと、そこにはヤハリこのブランドの企業努力が大きく見え隠れしています。

ちなみにこのブランドのアイデンティティとして、

無駄に物を作り過ぎない

と言う一つのテーマに基づいて物作りが行われている為、小ロットで必要な(オーダー)量の分だけ物作りを行うと言う、企業姿勢にも素晴らしい努力が在ります。

エシカル、サスティナブルと、SDG'sを掲げて展開するブランドが徐々に増え続けている中、それぞれのブランドが考える物作りへの在り方や、考え方によって、これまでとは違った”洋服への価値観”が生まれ始めている事は確かです。

安価な物を沢山購入して御洒落を愉しむ時代から、本当に欲しいと思える物にじっくり投資をする御洒落の姿を、当店は改めて皆様に発信できればと思っています。

本当に拘りを以て作られている物には、必ず則したヒストリーが在ると言うことですから。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

image0
生憎の雨空で始まった週末。
暖かさと雨の恩恵を受けた沢山の緑や花は、体いっぱいにその身を広げ、私達に綺麗な色を見せてくれています。(写真は本日撮影したもの)

徐々に気温に合わせたスタイルづくりを進めて下さっている方が増えておりますが、季節感を感じさせてくれる物を一挿しすることも、季節の御洒落を愉しむ近道でもあります。

そこで今日取り上げるのは、FELISIの2021年春夏のシーズナブルコレクションでもある”RAFFIA Collection”をピックアップしてみました。

既に店頭でご覧になられた方、またご購入下さった方もいらっしゃると思いますが、今回のシーズナブルはRAFFIAと謳っているだけあって、見た目は爽快感のある素材そのもののシリーズ。

IMG_6442_PhotoRoom_20210402_155111
中でも(現地イタリアでも男女に推す)このトートバッグは、FELISIが得意としているバケッタレザーを随所に使用した”軽く、柔らかく、摩擦に強い”一作。

IMG_6443_PhotoRoom_20210402_155157
バッグ全体に使用されているラフィアの部分は、実は天然のラフィアではなく、FELISIが特別に作ったコットンとナイロンを”ジャカード”編して仕上げた特別なファブリック

まるで若いイグサの様な色は、天然繊維そのものを思わせる表情ですが、この表情を作る為に、FELISIの職人達は小ロットで、しかも手作業で染めるという非常に手間のかかる仕事をしています。

IMG_6446_PhotoRoom_20210402_155328
それによって、摩擦に強く、そしてコットンの持つ柔らかさと弾力性も活かされ、このバッグに軽さと堅牢性、そして見た目の爽やかな雰囲気が適えられました。

また男性、女性問わずお勧めする理由は、このスマートな作りにあります。
一般的なトートバッグがマチ幅を広く取るのに対し、このトートバッグでは十数センチと限りなくスマートに仕上げています。

それによって、荷物量は言うまでも在りませんが、手で持っても肩に掛けても邪魔にならない※1と言う大きなメリットが生まれています。

IMG_6448_PhotoRoom_20210402_155411
中はコンパートメントは無く、スリット状のポケット2か所と広く取られたファスナー式のポケットが1か所あります。

プライバシー確保はファスナー式が1か所あれば充分。 その他はモバイルを入れたり、手帳やペンを挿したりと、必要にして充分な装備ですね。

IMG_6449_PhotoRoom_20210402_155614
大きさも充分に利用価値が高く、A4サイズの雑誌や書類が横にして収まる大きさで、大切に守らなくてはならない大きな書類等も縦ではなく横にして運ぶことが出来ます。

更に、このトートバッグには開口部マチにスナップが付いている為、口の開きはスナップを留めるだけで、或る程度閉じてしまいます。

IMG_6431_PhotoRoom_20210402_154341
今回このモデルでは前出の色以外に、このブラックもオーダーしています。
(ブラックのオーダーをしているお店は少ないようです)

IMG_6434_PhotoRoom_20210402_154455
このブラックの方は、また少し変化のある物に仕上がっていて、レザー部分は紛れもないブラックなのですが、ラフィア部分は光の加減によってダークネイビーに見える仕上がりに。

IMG_6437_PhotoRoom_20210402_154553
恐らくは染色による物だと想像に容易いのですが、現地イタリアのスナップを見ても、このバッグはブラックと言うよりダークネイビーの様な見た目に映ります。

しかし、こうした中庸な色合いの方が、如何にもイタリアらしくもあり、また他では見られない色の変化と言う点にも、心ときめいてしまいます。

IMG_6441_PhotoRoom_20210402_154716
ライトブラウンの方では仕事にはカジュアルに映るのでは無いか?と思われる方は、このブラックの方がお勧めかも知れません。

勿論、仕事だけではなく、デイリーに使うのにもお勧めな色ですが、普段白TEEシャツ、白シャツにジーンズと言う服装に、このバッグを持つだけでも、何だかシンプルな中に存在感が溢れて、素敵な組み合わせになりそうですよね。

BCB2CB66-C9E7-43C8-8471-0CE589452522
オンもオフもスタイルに変化を加えてくれる今回のトートバッグは、男性も女性も、荷物の多い方も、カジュアルな方も、非常に利用価値が高い物になる気がします。

05833D02-62CC-49B0-8615-8F656163B44D
季節感がバッグ一つで表現出来る今回のバッグは、最も簡単で、最も組み合わせし易い”存在”になりそうです。

IMG_6424
そしてラフィアのシリーズは女性のこんなバッグにも在ります。
FELISIのラインナップに多い鳩目を通じて2WAYの持ち方が出来るハンドバッグ型は、サイズ的にも持ち易さや手軽さにも、最も人気の高い大きさ。

IMG_6427_PhotoRoom_20210402_152717
摩擦に強いラフィアを上部に、そして堅牢性と味わい深さが魅力のバケッタレザーを下部に組み合わせ、色のコントラストだけでも非常に魅力的なバッグです。

IMG_6428_PhotoRoom_20210402_152803
コチラもコンパートメントは無く、スナップ式のポケットが1か所ですが、収納量は日常的な最低限の物ならば充分収まります。

また鳩目部分までラフィア素材が回り込んで使われている為、頑丈なファブリックである事もさることながら、中身がチラリと見えた時、別の素材だとゲンナリしてしまう(そんなバッグも稀にありますよね)ことが在りません。

これは小さな事ですが、大切な要素です。

IMG_5946_PhotoRoom_20210402_154845
或る程度化粧品などをコンパクトに纏めれば、それ以外にウォレット、モバイル、手帳、あとはB5サイズの本等が収まる大きさです。

不要なものまで持ち歩いている、、、と言う方で無ければ、恐らく大抵の物は収まる(はず)と思います(たぶん)。

IMG_6755_PhotoRoom_20210403_201445
女性にとってのバッグの存在は大きく、男性に比べてファッションの一部となる事が多いのですが、それゆえこのバッグの存在意義と言うのは大きな物になりますね。

春夏らしさを作ってくれる今回のFELISIのシーズナブルコレクションは、たった一つの存在で全てを素敵に魅せてくれる、とってもラクなアイテム。

勿論、そこにはFELISIらしい軽さや丈夫さ、実用性の高さなどが相まって、他ブランドを頭一つリードしている点は、何よりものポイントです。

来週以降は再び気温が上昇しそうな気配。
20度を超える日も多くなりそうなので、是非この機会に季節の雰囲気を作ってくれるFELISIの新作をお試し下さいね。


※1・・・摩擦に強い素材で在る事が重要なポイントとして、下の写真の様な使い方の際、最も摩耗する部分が本体の腹部分です。

IMG_6563_PhotoRoom_20210402_180838
この脇から腰にかかる部分はバッグにとって常に動きと共に摩擦する所。

IMG_6564_PhotoRoom_20210402_181020
今回のラフィア素材は表面が滑らかな事もあり、摩擦に強い事に加えて、滑りが良いと言うメリットもあります。
衣服を傷める事無く、またバッグが摩擦によって傷む事もなく、やはりFELISIらしい考えられた物作りの答えがある仕上がりです。

またハンドル部分も平革で肩に負担が掛からない点もFELISIらしさ。
手で持つ以外の持ち方が出来るバッグには、こうした部分にも配慮が窺えます。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

約2週間続いた長野中心地域の時間短縮要請。

今日で一旦解かれた要請も、依然予断を許さない状況下の今夜、途端に人影が増え、何処彼処で泥酔した若者の大声が聞こえるなど、どこか不安を隠せない週末の始まり。

規制や要請は法的拘束力は無いものの、こうして要請期間が終わると賑やかになる夜の風景は、人々のモラルの在り方を考えてしまう切欠になります。

一部の人々の努力だけではなく、一人一人の全員が同じ方向を向き、モラルと共に生活をする事が何よりもの解決の近道であり、不可欠で在る事を、今は一人でも多くの人たちが理解をする事を願うばかりです。

少しずつ街に日常が戻る事を祈って、皆で努力をしたいものです。

さて店頭では相変わらず新作の到着が続き、連日様々なスタイルを求めてご相談に訪れる方が増えて来ておりますが(※1)、今週は気軽に、そして週末や休日にリラックス出来る服装を求める方が続いています。

と、なると欠かせないのは、やっぱり”ジーンズ”。

気楽な格好、少し御洒落な格好、どんな服装の時にも使えるジーンズの存在は、もはや我々にとって欠かせないアイテムの一つです。

acee8d6b_1
当店は良く”ジーンズは第二の皮膚”と表現する事が多く、元々私達がこの地に降り立ってからというもの、ジーンズが中心のスタイルを長年続けて来ました。

その間、様々なジーンズブランドを皆様にご提案して参りましたが、中でも特別な存在の一つが”RED CARD”と”upper hights”。

我々のRED CARDとの出会いは、今から約10年前まで遡ります。

今ほど”誰もが知る”ブランドとして認知されるだいぶ前の事です。

ある日お店に届いた一枚の(展示会)案内状。
そこにはA3程の大きな紙にジーンズの写真と真っ赤に塗られた四角い色に囲まれたRED CARDの文字が在りました。

何となく脳裏に焼き付いたその案内状を見て、私達は直ぐに「行ってみよう」と言う気持ちに駆られたのを憶えています。

代官山の古いマンションの一室を改良したオフィス兼ショールームに、所狭しと幾つかのブランドが並べられていました。

その中に在ったのがRED CARDのジーンズでした。

当時、巷ではJACOB COHENやTRAMAROSSA、PT01の様なイタリアンブランドが世を賑わせ始めた頃でした。

方や39,000円から50,000円台以上のプレミアムデニム、そしてRED CARDのジーンズは19,000円と、決して安くは在りませんが、比較すれば高くはなく、しかしジーンズその物のクォリティは高く、そして拘りは一際強く、何よりまだどんなブランドなのかを知る由が無かった私達にとって、RED CARDがこれほどまでに大きく、広く知られるものになるとは、当時は思いもしませんでした。

IMG_8158_PhotoRoom_20210416_131434
当時RED CARDがウィメンズジーンズとして提案していたのは、古いリーバイスの(俗にいう大戦モデル)ヴィンテージな風合いを今に甦らせたタップリとしたストレートのジーンズが主でした。

それは今となっては当たり前の様に認知されている”ボーイフレンドデニム”の走りと言っても過言ではないでしょう。

当時、それらを理解するにはローカルエリアは役不足が否めませんでしたが、RED CARDは私達のお店の中で人知れず、その存在を温めていました。

IMG_8152_PhotoRoom_20210416_125225
それから数年、RED CARDを広く知るきっかけとなるモデルが生まれました。

それまでのゆとりあるシルエットを維持しつつ、膝下にテーパードを加えた女性の為の美シルエット”Anniversary 20th”が、それでした。

この股上を少し下加減に位置するスラウチーと呼ばれるディテールは、今思えば、このタイミングを切欠に多くのブランドが模していった様に思います。

その後、RED CARDは多くの派生モデルを生み出し、名モデルとなったAnniversary 20thは、やがてAnniversary 25thへと進化。

そして今、これらのモデルは”Anniversary”と言う一つの名称によって統一され、常にリファインを繰り返すRED CARDらしい一つの完成形を作り上げました。

IMG_8153_PhotoRoom_20210416_131216
当店のお客様の中には、このモデルを複数購入される方も珍しくなく、新しい加工や生地、色合い等が出る度に買い足す方、或いはサイズを変えて、それぞれに異なる着方をされる方、実に十人十色の楽しみ方をされるジーンズとして、当店にも非常にファンの多いモデルの一つになっています。

これまでのAnniversaryシリーズの良い部分はそのままに、より美しく女性らしくカジュアルなジーンズスタイルを提案してくれる新しいAnniversaryは、これまで同様、非常に柔らかく弾力性があり、そして最たる魅力の一つでもある高い伸縮性を持ち、かつてのAnniversaryファンのお客様にとっても、再び新鮮さを感じさせる物として、今、再び当店に到着しています。

IMG_8154_PhotoRoom_20210416_131245
今回は春夏らしいライトな色落ちの物をご用意しています。
TEEシャツ、ブロードのシャツ、リネンのシャツ、或いはニットやブレザー、ミリタリージャケット等、どんなスタイルにも溶け込み易い淡色の魅力と、RED CARDらしさが伝わって来る生地の表情や柔らかさは、リアルヴィンテージにも劣らない特別な存在感を与えてくれます。

IMG_8157_PhotoRoom_20210416_131403
RED CARDをしばらくお休みしていた当店にとって今回の入荷はまさに”Re Alive All”(Re Arrival)、全てを生き返らせるものとして、再び皆さんの手にお届けする事になります。

今、世界的に叫ばれているジーンズ需要の高まり。
それはコロナ禍と言う忌わしい世界の中でも、変わる事の無い存在価値が、他でも無いジーンズに求められている事に比例しています。

再び当店に姿を見せてくれるAnniversaryは、ご存じの方も、ご存じでなかった方も、きっと新しい魅力を再確認する事になるでしょう。

そして、、、もう一つ。

IMG_8225_PhotoRoom_20210416_194129
”upper heights”も再びラインナップに加わります。

upper heightsの魅力は何と言ってもRED CARDに比べ、少しだけソリッドでシャープな魅力があるところ。
そこにはRED CARDと似て非なるジーンズに求められるベクトルが違い、同じジーンズの中でも何処か住み分けされているのがupper heights。

当店では今回この2つのブランドを再び展開するにあたって、共通する一つのテーマを元にしています。
それは端的に言ってしまえば、「どんな御洒落にも使える一本」で在る事です。

そこでupper heightsへオーダーしたのは、STELLAと言うボーイフレンドスキニーと位置づけされるモデルです。

IMG_8160_PhotoRoom_20210416_131551
先ほどのRED CARDの写真と比べると、余り違いが判らない様に見えますが、どちらも美しいシルエットを作りだしてくれる、大人の女性にピッタリなモデル。

IMG_8161_PhotoRoom_20210416_131625
僅かに違いを挙げるとするならば、Anniversaryの柔らかく仄かなゆとりのある腰から膝付近までのシルエットに対して、STELLAは腰回りのゆとりがAnniversary程は無いと言う事。

IMG_8165_PhotoRoom_20210416_131822
またAnniversaryに比べ、ポケットの形状や色落ち等にもソリッドな印象を与える仕上がりになっています。

今回当店はブルー(或いはインディゴ、ストーンウォッシュ)のジーンズをRED CARDで、そして
近年急激に増え続けているブラックジーンズをupper heightsで取り入れ、それぞれの魅力がより活きる選択をしています。

IMG_8166_PhotoRoom_20210416_131906
更にSTELLAでは、ブラックのシェイドの濃淡異なる2色を揃えています。
前出のPlatinum(やや濃いめ)と、このSteel(やや薄め)の、どちらも甲乙付けがたい魅力の2色です。

IMG_8167_PhotoRoom_20210416_131937
特にカジュアルユース以外でも出番の多いブラックのジーンズは、upper heightsが持つシャープな印象がピッタリマッチします。

シャツやブレザー、パンプス等、同じカジュアルなスタイルの中でも、少しだけ大人らしさを作り易いのが今回の2色です。

IMG_8170_PhotoRoom_20210416_132134
またSTELLAでは重みのあるストレッチデニムを採用している事によって、ヒップ回りのサポート性もあり、(主観ですが)何となくヒップ位置を上げてくれたり、また脚を綺麗に長く見せてくれるような効果もあり、それぞれのジーンズが似て非なる理由を”体”で感じて頂ける物でもあります。

UH1000_1
こうして、再び(Re)当店に到着(Arrival)した、RED CARD、upper heightsの両ブランド。

これまでも常に皆さんの御洒落の中心になって来たジーンズが、新しいテーマの下、いつも着ていた洋服たちが、はたまたジーンズの魅力や欲求を、再び呼び起こす事(Re Alive all)になりそうです。

まるで旧友にでも会う気分にさえなる今回のジーンズたちに、是非皆さんも会いに来てくださいね。


(※1・・・現在週末にご来店予定のお客様にはご来店のアポイントを頂く様にしています。 店内が狭く密集を避けるため。)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

E6411AB4-8E13-4075-A0CC-8825ED9FA835
再び穏やかな陽射しが戻り、春らしさに包まれた今日。
どことなくコルトレーンが聴こえて来そうな景色。

店前の公園にも人影が増え、どこか日常に安堵を感じる一日でした。

御洒落を愉しみたい春ですが、いつも力んでばかりでは疲れてしまいますよね。
時には楽して”それなり”に見える服装もしたいもの。

そこでお勧めしたいのが”イエロー”を取り入れたスタイルです。

春以外では余り取り入れる機会が少ないようにも感じられるこの色。
秋冬にはマスタードやゴールドは取り入れても、パステルに近いイエローカラーは余り取り入れませんよね。

IMG_8084_PhotoRoom_20210415_144736
春夏に見られるイエローは、どこかボンヤリとした色合いが多く、優し気な色にも見えます。
それが故、普段イエローを敬遠する人の中にも、春夏だけは身に着けると言う人もいらっしゃいます。

IMG_8085_PhotoRoom_20210415_144825
日常に取り入れる事が条件なので、四の五の考えず、ジーンズと白のTEEシャツだけで御洒落する、そんなスタイルで良いのです。

そんな簡素な装いの時でも、イエローは効果的に”それらしく”見せてくれる色なのですね。

IMG_8086_PhotoRoom_20210415_145602
加えるとしてもベージュかブラウン程度。
それだけで充分素敵に見えるから不思議です。

それも春のイエローの効果でしょう。

IMG_8090_PhotoRoom_20210415_145359
男性も女性も、同じ色数で愉しめるだけでなく、時にはシェアして愉しむ事が出来ます。
特に今店頭に並んでいるBAFYのイエローならば、サイズの選び方次第で、シェアも、勿論自分だけのイエローも愉しむ事が出来ます。

IMG_8091_PhotoRoom_20210415_145443_PhotoRoom_20210415_145633
ジーンズとの組み合わせが飽きて来たら、カーゴパンツの様なミリタリーの要素を持つ色も良いですね。
硬い感じがせず、力の抜けたミリタリーが楽しめます。

IMG_8087_PhotoRoom_20210415_145235_PhotoRoom_20210415_145532
また女性ならばバッグでイエローを取り入れるのもお勧めです。
いつも着ている装いにバッグのイエローを加えるだけで、ここにもまた春のイエローの効果が生まれます。

軽快で、爽やかで、そして”それなり”に見せてくれるイエローマジック。

IMG_8088_PhotoRoom_20210415_145303_PhotoRoom_20210415_145719
他にもグリーンを統一感で愉しんだり、春夏ならではの色遊びが出来るのも、今の季節ならでは。
秋や冬には出来ない色や装いや、同じカジュアルな装いでも少し違いを見せてくれる”今”だけの色遊びは、春の御洒落の醍醐味でもありますね。

気温が上って行くと、重ねる服も少なくなり、シンプルな服装での御洒落感が欲しくなります。
そんな時には、イエローを効果的に取り入れて、いつもと違った装いで愉しんでみるのも良いですね。

勿論、ここで言う”それなり”とは、チカラの抜けた”御洒落に見える”と言う意味です。
是非皆さんも試してみて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休予定日】
5月6日、13日、20日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ