IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

September 2020

IMG_4028
少しずつ夜が涼しくなり始め、秋の足音が俄かに早まって来た今週。
日中の暑さも夕方にはそよ風が心地良い空気に代わり、夏の終わりを告げる帳が始まっています。

連日新作が到着を進めている店内。
既に秋の装い完成間近と言う方もいらっしゃる他、これまで足りなかったアイテムを補完する方も増え、今年の秋は「軸」となるアイテムをお探しの方や誂えを希望される方が多い始まりになりました。

そこで今日取り上げるのは、女性に向けた秋の装いの軸として使える物を中心に選んでみました。

IMG_3112 (1)
先ずお勧めしたいのが、こちらのボウタイブラウスです。

IMG_3113 (1)
フェミニンな雰囲気をより優し気に、そして大人の女性らしさを作ってくれるレーシーな一着です。
このブラウスの魅力は、何といっても素材。

IMG_3115 (2)
まるで金属繊維を使っているかのような、とても上品な煌めきが、ヘアライン状の織りから放たれています。
素材はポリエステル繊維を使っている為、一般的に想像されるような金属繊維特有のチクチクとした感触はありません。

むしろ、柔らかさを作り、このブラウスの持つ女性らしいディテールを、より昇華して見せてくれます。

IMG_3114 (1)
ニットやジャケット、スカートなどセオリー通りの女性らしいスタイルの他、当店では(毎回ですが)ジーンズとのカジュアルダウンを特に勧めています。

女性らしさと辛口バランスを上手に組み合わせて、初めて作られる大人の女性らしさ。
このボウタイブラウスは間違いなく大人の女性像を作り出してくれる一着になりそうです。

IMG_2890
次にお勧めしたいのが、こちらのタキシード調の拝剣仕上げを取り入れたダブルブレステッドのジャケットです。

IMG_2892
前出のボウタイブラウスとの相性も良いこのジャケットは、広く下目に位置されたVゾーンのお陰で、着丈の長さが、女性らしいシルエット作りを助けてくれます。

IMG_2893
また太幅のラペルの拝剣(ラペルのサテン地を合わせている部分)の他、各ボタンにも同素材による包みボタンを採用。

IMG_2895
全体的にドレッシーと言うよりも、カジュアルダウン先行でお勧めしたいこのジャケット。

IMG_2919
勿論当店ではジーンズとの組み合わせを楽しんでいただく他、ブラックやグレーのスキニー、更にはグレーのウールのトラウザーズなどを合わせたりして、少し変化の加えられたスタイルにお勧めしています。

この手のジャケットは一着あるだけで、シンプルな装いが大きく変化して見えます。
是非とも日々のスタイルに取り入れていただきたい一着です。

IMG_3107 (1)
そしてこちらのニットのロングタイトスカートは当店のお客様の多くに強くお勧めしたい一着。
(※こちらはMax Maraの商品です。 Max Maraの商品はWEB販売や媒体利用が禁じられております為、詳細等は店頭までお問い合わせ下さい。)

IMG_3108 (1)
秋冬のスタイルに間違いなく使えるニットのスカートは、大人の女性らしさを助長する筆頭格。

IMG_3110 (1)
ぴちぴちとしたフィット感ではなく、ウエスト回りから裾へと延びる緩やかな直線が、ニット素材によって丸みを帯び、極自然なボトムラインを作り出してくれる為、日常の装いにピッタリなのです。

IMG_3111 (1)
太幅のウエスト部分はトップスを出しても、入れても、腰回りが作り易く、カットソーから真冬のニットやダウンジャケットまで、多くのアイテムとの組み合わせがし易い一着です。

このスカートもまた、日々の装いに取り入れるだけで、全く違った表情を作り出してくれる存在。
この秋の装いに是非とも取り入れていただきたい一着です。

IMG_2898
車の移動が多い方にとって、ロングコートは不要の存在でもあります。
そんな方々にジャケット+コートのイイトコ取りの一着がコチラのハーフコート(ジャケット)です。

IMG_2899
柔らかく厚みのある素材は、車での移動に最適な素材で、ヒップを覆う程の丈があれば充分、という方も多いはず。

IMG_2901
ゆとりのある身頃と理想的な着丈に加え、金属ボタンとウィンドウペーンによって色のコトンラストも抜群の雰囲気に。

IMG_2921
日々の羽織として申し分のない条件が揃うこのコートは、インナーの種類を変えていくだけで、長く使える一着になります。
秋から春先まで、幅広いスタイルの中心になってくれそうですね。

そして最後にお勧めするのは、上下バラバラでの用途が嬉しいセットアップ。

IMG_2918
もともと、カッチリとした硬いスーツスタイルを持たないブランド(SKILLS & GENES)ゆえ、このセットアップもカジュアルダウンが前提の物である事が伝わってきます。

IMG_2906
お仕事の方も、日々のお洒落を楽しむ方も、セットアップ(或いはスーツ)を崩して遊ぶという方がまだまだ少ないように思われますが、男性がスーツスタイルをスニーカーや異素材で着崩して遊ぶのと同様に、女性にもこうした遊びを楽しんでいただく為オーダーした物になります。

IMG_2909
ジャケットはウエスト下が長く設定されたダブルのテーラード。
ボトムスにはスキニーの様に細身の物からワイドの物まで、ボトムスのボリューム感にとらわれず使い易いバランスになっています。

IMG_2908
素材のサージの様な質感は、仄かにストレッチ性を帯びている為、少しヤンチャな着方をしても全く問題なく楽しめます。

IMG_2911
組下としてオーダーしたのはウエスト部分のマーベルト幅が太目なワイドパンツ。

IMG_2915
ワイドと言っても、太さはストレートなシルエットに少し幅が加わった程度。
美しい直線的なシルエットを使い、パンプスやサンダルでスタイリッシュに合わせて楽しんだり、或いはレングスを短くしてスニーカーやフラットパンプスなどで楽しんだり、と様々なスタイルが楽しめるパンツです。

IMG_2913
また前股上に対してヒップを覆うよう作られた後股上によって、ベルトレスのパンツとしては、とても綺麗なシルエットを生み易くなっています。

カットソーやニット、そしてシャツなど、常にウエスト回りをすっきりさせ、またボトムスの存在感を作り出せるこのパンツは、既にご購入いただいたお客様からも

「脚長効果がとても高い」

と言わしめている程。

IMG_2966
単体利用の多い方も、セットアップで揃えるグレーの上下は、シーズンを通じて非常に出番が増える物(色・素材共に)になるでしょう。

これを機会にカジュアルダウンを楽しんだり、それぞれのアイテムを個別に合わせて楽しんだり、シーズンをより幅広く楽しめる一着にして頂けたらと思います。

以上の他にも、現在店頭では様々なリコメンドスタイルをご提案させていただいています。

IMG_4051_1
先日のGUY ROVERのCPOジャケットも、既に沢山のお問い合わせを頂いております。

IMG_4050_1
女性らしいスタイルとしてカジュアルを楽しむ為には、ある『決まったセオリー』を守る事が重要です。

そのセオリーについては店頭?にて触れるとして、まだまだこれから始まる秋冬を、少しでも早く楽しんでいただきたいと思います。

この他にも9月、10月は新作が目白押しです。

是非今週、そしてこれからの新作チェックにご来店を。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_4021
台風の影響から日中は湿度が高く在るも、夜は少しずつ穏やかな秋の気配を感じさせ始めています。

今週は夜の寝苦しさが、これまでとはチョッピリ変わって来ています。
夜の虫の声も聞こえ始め、日々夜ごとに秋は近づき始めているのでしょうね。

さて、現在店内には秋の新作が連日到着を進めており(※現在新入荷商品の全てがご案内出来ておりません)、既に敏感なアンテナを張っていらっしゃる方々の中には、秋の装いの一部が揃い始めている方も出始めています。

今日取り上げたいのは、当店がGUY ROVERへオーダーした二つのモデルです。
この二つのモデルは、男性にはもちろんのこと、女性にも試して頂くべく、コンパクトなサイズを製作。

153925487
一つ目はこのCPOジャケットです。
既に当店にお越しの方々にはお馴染みのCPOジャケットの形状を、よりスッキリと洗練された印象で作られているのが、このベースモデルです。

それらに”CPO=メルトン”と判り易く王道的に仕上げたものが今回のジャケットです。

153925487_o2
とはいっても、一般的なメルトンでは、硬く、重く、着づらさだけが目立ってしまいますが、今回当店がオーダーした生地は、非常に柔らかさと軽さを持つソフトなメルトン素材です。

153925487_o6
目地にはヘリンボーンの地模様が見える魅力的な素材。

この季節最も使えるものと言えば、こうしたライトな羽織物が重宝するのですが、単なるありきたりの物では中々納得がいかない、と言う方も多いことでしょう。

男性にはTEEシャツやニットをインナーに、そしてジーンズやチノーズ、カーゴなどの鉄板ではなく、あえてウールのトラウザーズを合わせて楽しんで頂きたい一着です。

153925487_o7
また女性にとっても、ミリタリーと一括りにすると、それらに武骨な印象を持たれる方も多いと思います。
それらを敬遠している方々にとっては、「試してみたいけれど、カジュアルすぎる」と言った声もあろうかと思いますが、そんな方々にこそ試して頂きたいのが、今回のジャケットなのです。

153925487_o8
素材のボリューム感から、ニット、カットソー、ボトムス、その全てに女性のアイテムは素材負け、迫力負けせず、あえてこれらの素材が加わる事によって作られる「女性らしさ」も一つのメリットです。

今回のオーダーではXSとSを女性に、SとMを男性にお勧めしています。
季節の端境期に相応しい今回のCPOジャケットを是非試してみてください。

153928236
そしてもう一つが、こちらのファティーグタイプのシャツ(或いはジャケット)です。
こちらも当店が考える意匠は前出のジャケット同様、泥臭さを回避し、洗練された美しいミリタリー(或いはワーク)を感じていただくべくオーダーした一着です。

153928236_o1
もともとこの形に用意されていた素材を避け、今回特別に採用したこの素材は、写真では判り辛いのですが、とても滑らかな質感を持つツィル素材、それもダブルフェイスという珍しい素材。

153928236_o9
表面にはオリーブ、裏面にはエマージェンシーカラーでもあるオレンジを合わせた一枚生地で、この素材の特徴は何といっても、その素材の滑らかさと、糸が作り出す微細な光沢感です。

153928236_o7
光の加減によって、裏面のオレンジが、まるでソラーロ生地の様に表面に現れ、特別な存在感を放つ素材です。

153928236_o11
男性には羽織として、シャツとしての用途を、そしてこちらも女性に試して頂くため、コンパクトなサイズをオーダーしています。

153928236_o12
前出のCPOジャケット同様、このシャツもまた女性が敬遠しがちな”過度なカジュアル”を脱し、極々自然な組み合わせで、色や形を楽しむ事が出来ます。

153928236_o13
GUY ROVERは、数多くのカミチェリアの中でも、非常に柔軟性を持つメーカーでもあり、各国の大手ストアなどに合わせた展開を持つなど、フレキシブルな対応力は抜きんでています。

既にスウェットやカットソー、ジャケット等様々なアイテムをラインナップに揃えるGUY ROVERですが、今回当店がオーダーしている”シャツの延長線上”に位置する物には、一日の長があります。

夏の終わり、秋の始まりは、多くの方々が装いに頭を悩ませる季節。
簡単且つ楽に羽織れる一着として、是非ともGUY ROVERの新作を試して頂きたいと思います。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

slwr_01
9月だと言うのに、蒸し暑い日は増える一方。
夕立もひと時の風を涼しく感じさせてくれる恵みの雨になり、夜は再び過ごし易くなりそうです。

しかし暦の上では秋を間近に控え、今日も気温とは裏腹に秋の装いを見にご来店頂く姿が目立ちました。

今日も新たに新作が到着し、徐々にこれまでに入荷した新作との組み合わせが楽しい時期に入って来ました。

今日ご紹介したいのは、既に御馴染のLARDINIですが、今回はジャケットではなく、何と『ニット』です。

IMG_3487
LARDINIがニット?とお思いの方も多いと思いますが、最近はパンツの専業ブランドがトップスやジャケットを作ったり、或いはシャツメーカーがその他のアイテムを作ったりと、そのブランドが持つ世界観を完成する為に、必要なアイテムを展開する事が少なくありません。

逆を返せば、そのブランドが作るアイテムだから、好相性が作られると言う事でもありますが、何故他のお店で見かける事が少ないのか?と言うと、一般的にパーツによってMDを組むお店にとって、餅は餅屋の様に、ニットはニット屋、と言うのが自然の流れだからなのでしょう。

当店は(元々変わっていますが)変化球をストライクに持っていくようなアイテムが元々好きなお店です。

今回のニットたちも、つまりは変化球ですが、結果的にはジャケットとの相性や、その他のコートや羽織り物のインナーとして役立つ”ストライク”になる訳ですね。

IMG_3489
LARDINIの中でも当店はハイゲージのメリノウールのニットをオーダーしました。

IMG_3494
丁寧に編まれた編地、女性の装いの中心として、また(悪い言い方をすれば)変わり映えの無い定番的存在であるタートルネックは、色を幾つか揃えておくだけで、充分装いに変化が作れます。

夏のTEEシャツやカットソーの様に、秋冬はハイゲージのニットをバリエーションしておくと、想像以上に毎日が簡単にスタイル出来る大きなメリットもあります。

ハイゲージを選択する事によって、ジャケットに素材負けし無かったり(勿論糸の質は求められますが)、その日の装いが昇華して見える事も大きな違いです。

IMG_3495
元々ジャケットを中心に手掛けるLARDINIゆえ、テーラードとの相性は勿論抜群。
ボトムスをどんな物で合わせても、全てスポイルしてくれるメリットは、我々世代にとって大きな材料になりますね。
(写真使用商品:ジャケット/MAX MARA、ニット/LARDINI、バッグ/FELISI)

IMG_3491
LARDINIのアイコンでもあるブートニエールは、ニットにもそれぞれ付属します。
お好きなジャケットのラペルに挿して楽しむのも良いですし、袖のホールに挿しても楽しめそうです。

IMG_3493
女性のニット選びの中で、ハイゲージのニットと言う選択は、恐らく最後の最後になる事が多いと思います。
それは、目に新しいもの、或いは変化を取り入れたい物から手に入れたいと思うのが普通で、ベーシックは一番後、と言うのは多くの方々の共通意識の様に思えます。

IMG_3497
逆を言えば、ベーシックで、装いの中心になる物を幾つか揃えて置けば、その他のアイテムは思い切って遊びを取り入れる事が出来る訳です。

IMG_3500
チョッピリ男性的な発想では在りますが、特にお仕事をされている方、装いをミニマルにしたい方にとっては、取り入れておきたいファクターの一つです。

IMG_3502
今回はヘザーブラウン(杢調のライトブラウン)、ホワイト(純白)、ブラックの中心3色をオーダーしています。
(写真使用商品:ジャケット/SKILLS & GENES、ニット/LARDINI)

IMG_3503
どれも使い易い色ばかりで、装いの質が大きく変わって見えるのも、ローゲージではなくハイゲージの特徴です。

IMG_3504
付属するブートニエールの色はそれぞれの色によって異なる物が付属しています。

IMG_3505
LARDINIのニットを見て気付かされるのは、小さな変化で在りながら、実は大きな違い。
それは裾のリブはしっかりと、袖のリブはまるでシャツの様に緩やかな絞りで在る事です。

TEEシャツやカットソーの様に、スッキリとした袖先が作られ、ジャケットの袖先からもチラリと覗かせてくれるなど、バランスも取り易い仕上がりになっています。

IMG_3507
元々メリノウールは吸湿性、発汗性、保温性、洗濯の際の水切れの良さなど、実はメリットが多いのも特徴です。

IMG_3509
当店ではメリノウールを好まれる方が、男女共に非常に多いのですが、まだハイゲージ、メリノウールなどの魅力に触れていない方には、是非とも試して頂きたい素材です。

IMG_3510
季節の始まりを、何で揃えるか?を決めていない方、もしくはお仕事中心で装いを考えると言う方は、秋冬のインナーとして、今回のニットも是非検討の一つに加えて頂きたいと思います。
(写真使用商品:ジャケット/SKILLS & GENES、ニット/LARDINI)

想像以上に登場回数が増え、色違いやブランド違いでも揃えたくなる、そんな使い勝手の良さと、手入れのし易さ、そして何より忙しい朝を簡単にしてくれるハイゲージのニットは、きっと今後のウィッシュリスト入り間違い無しです。

先日のパーソナルオーダーをご利用頂いた方も、是非今回のLARDINIをインナーとして検討してみて下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

ひとしきり暑さが続き、今日はまた涼しい風がそよぐ夜を迎えている長野地方。

長らく続く新型ウィルスとの闘いも、感染が怖いのか、相互監視による人の心の悪が怖いのか、”ウィズ・コロナ”は新たな局面を迎え、人の心の底が透けて見える様な気がしています。

正しい知識と正しい対処法、まっすぐな考え方、捉え方、そんな”当たり前”が必要な時期になっているような気がします。

さて、前置きはこれ位にして、今日は先般から続いて入荷を進めている秋の新作から「バッグ」をピックアップしてみました。

季節の縛りが無いバッグは、まさに今の時期、手に入れておくのに相応しい存在。

実はすでに入荷と同時に姿を消している物もあるのですが、今日取り上げるのは、「人知れず優れた物を手にする」意図が含まれた物たちです。

日本は右倣え主義が強く、人を見て安心を覚える衒いが、海外に比べ、比較的大きいように映ります。

その結果、”誰もが知るブランドアイテムには安心感と投資”を、逆に”誰も知らないようなブランドアイテムには不安と後退り”をする事が多いと思います。

当店ではこれまで様々なレザーブランドを展開して来ましたが、陽の当たる場所に居るのは、大半がその後多くの人々が知る事になったブランドばかりです。

しかし逆も存在しています。
お客様の中には、ニッチな魅力を感じ、それらを希望される方もいらっしゃいます。

今日取り上げるブランドの中には、そんなブランドも含まれています。

Image-2
革製品の聖地と称されるイタリア、ボローニャのブランド”ATELIER LAVA”(アトリエ・ラヴァ)も、その一つです。

1968年から続く老舗であり、長年の知識や技術を駆使しながら真摯に物作りを進めて来たブランドです。
材料の選定から仕上げまで、全てをイタリア国内で行い、またそれらを仕上げる職人達の中に息衝くのは、「エレガント」と「機能性」。

153542316
この柔らかなシュリンクレザーを使ったブリーフケースは、見た目こそ一般的に見掛けそうな形をしていますが、先ず特筆に値するのは、”大きさを感じさせないパッケージ”です。

153542316_o3
ほぼ全てのビジネスシーンやショートトリップに最適な荷物量が、軽々収納出来るにも関わらず、その形に硬さや大きさを感じさせないのは、全体に丸みと直線のシルエットが上手に噛み合っているから。

153542316_o4
バッグそのもの重量は、とても軽く、想像する革製品とは比べものにならない程。
また前後にスリット状のポケットを持ち、片側にはタブレットが横にして収まる(写真では縦に入れています)大きさを、直線的なデザインを取り入れて設けられています。

もう一方には、底部が貫通した状態で、これはトロリーケースのハンドルなどに収めたりする事が出来るようになっています。(しかもシークレットマグネットで閉じられています)

153542316_o7
開口部は180度開くものではなく、帯マチを取る事によって、荷物の散乱や内容保護を護っています。

153542316_o9
コンパートメントは二つのマチ付きポケットとファスナー付きのウォールポケットの3つですが、使用されているライニングのナイロンに堅牢性があり、こうした部分にも安心感を抱かせる他、ブランドのアイデンティティも感じさせてくれます。

153542316_o11
付属のショルダーストラップを使う事で斜め掛けが可能になり、ストラップの革質も柔らかくストレスを感じる事が在りません。

153542316_o14
加えて、肩にあたる箇所には低反発のクッション材を介したパッドが施されているなど、常に使い手の立場に沿った物作りが、ひしひしと伝わって来ます。

主に、ビジネスシーンやトリップシーンにフォーカスした物が、ラインナップに多いのですが、実際には様々な用途に対応するモデルが在り、現地ではバッグのス・ミズーラも完備しているとのこと。(※ス・ミズーラ=オーダーメイド)

153544829
このバッグも同じATELIER LAVAによるもの。

かつてフランスのシャルル・エ・シャルリュスをご購入頂いた方々には馴染易いかも知れませんが、大きさそのものを見ると、非常に大きなバッグに見えますが、実際にはベルトストラップの上部分は両壁が無い状態。

153544829_o5
荷室は広く大きく取られており、中は中央にファスナー付きの一室があり、3層にコンパートメントされています。

153544829_o3
一枚革のメリットを生かした、柔らかく、軽く、そして体に馴染みやすい形状から、沢山の荷物を入れても、それらがサマになる形に作られています。

153544829_o9
実際に手に持って見ると、ハンドルが手にフィットする感覚を、最初に感じます。
また形が仄かな台形を描く事から、バッグとしてのシルエットも美しく見えます。

153544829_o10
上の両壁が無い部分には、バゲットや新聞などを挿し、それらが日常にフィットする画に見える事もまた、シャルル・エ・シャルリュス同様、日々のストーリーの中に親和性を感じさせる作りでも在ります。

153433927
コチラは当店でも御馴染のブランドFalorniのバッグ。

153433927_o2
Falorniはご存じの方も多いと思いますが、ボッテガ・ヴェネタやクリスチャン・ディオールのバッグを作り続けて来たハンドメイドのバッグメーカー。

現在日本には幾つかの代理店があり、それら代理店によって作りや仕様が異なります。
今回オーダーしているのはメンズとして主に展開している代理店によるもので(とはいえ女性にも使えるサイズですが)、過去当店が仕入れて来たライニングを持つ物ではなく、革のみで編み上げられた表裏革の仕様。

153433927_o8
底面や開閉金具などの部分には太目のステッチが丁寧に施され、また表も裏も同じ革の編地を持つ事によって、或る意味、ごまかしの効かない作りでも在ります。

153433927_o4
開閉はワンタッチの金具、中はファスナー(それも引手が同体)式の袋状が一か所のみになっています。

このバッグの魅力は何と言っても、その贅沢な革の使い方と長い時間かけられて編み上げられたであろう編地、そしてそれらの材料になっているラム革など、ラグジュアリーなテイストを存分に感じさせてくれる所でしょうか。
色合いも当店のお客様の中にお好きな方が多いトープ系カラーを指定し、穏やかで上品な印象になっています。

Image-1
この他にも、代々続くバッグメーカーの2代目当主が自身の名を冠して立ち上げたミラノのCHRISTIAN VILLAのバッグなど、季節を越えて使えるバッグが揃っています。

このバッグもまた親企業であるPOP CORN MILANOと言う大企業の恩恵を受け、妥協のない革質(写真からも伝わる通り、非常にしなやかで柔らかく、上質な艶を持っています)、使い易さやユーティリティなど、価格に見合わぬ機能性やデザイン性を発揮しています。

こうして、今日取り上げただけでも、幾つかのブランドが挙げられますが、海外の人々と日本の人々との大きな差は

『自身の目に適う物に投資をする』

ところ。

先入観がなく、価格と品質を平行線で見る事が出来る事、つまり自分だけの審美眼を持ち合わせる事に長けているのが、海外の人々。

日本にも、勿論こうした考え方をお持ちの方も増えていると思いますが、もっともっと審美眼を持つ人たちが増えてくれると良いな、と我々スタッフは常々思っています。

季節は端境目。
今こそ新しい季節に向けてバッグを新調する良い機会です。

今季は新しい価値観と共に始めてみませんか?





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月3日、10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ