IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:eleventy

177EBE50-CC3C-419B-A270-3E6A71611A71
秋の装いが楽しくなり始める10月、そして冬を前により多くの装いを楽しめる11月。
その時々にお洒落の楽しみ方を変える事が出来るのも、日本には四季が在るから。
寒いのは嫌ですが、こうして季節の移ろいと共にお洒落を楽しむポジティブな想像も大切ですね。

さて、今日は男性に向けて当店のお勧めを幾つかピックアップしましたので、ご紹介させていただきます。

先ず一つ目は、店頭でご覧頂いた方も多いと思いますが、GERMANOのベルトレスのトラウザーズ。

814E601C-3B6E-4FF4-9989-4B36F44EF4B8
最も使う頻度が高く、そして最も多くのスタイルに合わせやすいチャコールグレーのトラウザーズは、そのディテールの違いで楽しむ事が出来るのが、このGERMANOの一本です。

2プリーツから生まれる腰回りのゆとり、自然なテーパードを加えたシルエット、そのどれもがオーソドックスそのものですが、ウエストにベルトレスパーツをあしらった事によって、よりウエストをすっきりと見せる事が出来るのがこのトラウザーズのポイントです。

A6DD6DE1-E1FF-47CE-AE07-04266C1661C7
一般的な物に比べマーベルト部分が幅広に取られている為、脚長効果や腰回りへのフィット感が変わります。

今日のブレザーの他、ニットとのカジュアルな装い等、常に多くのスタイルに取り入れやすいチャコールグレーのボトム。

細身のテーパードに飽きている方、或いはベーシックへと回帰しようとお考えの方、いずれも満足させてくれる鉄板の一本です。

IMG_8823
同じくGERMANOのこのパンツもキャロットフィットを活かした腰回りのボリュームを持つ一本ですが、素材にデニムの様に厚くしっかりとした生地を使用する事によって、より立体的なディテールが目立ちます。

IMG_8808
秋冬のホワイトのボトムスを探すとなると、その多くがウールや化繊を中心としたものに偏りがちですが、この厚みは秋冬のホワイトとして申し分のない暖かさも兼ねています。

正確にはオフホワイトですが、この色味が秋冬のホワイトとしての存在価値をより魅力ある物に見せてくれます。

秋冬のスタイルをすっきり、そして軽快に魅せたいという方は是非お試し下さい。

そして何よりラクチンで、より多くの方々にお勧めしたいのが、今シーズンデビューしたBALZOの新作達。

IMG_6776
BALZOは、eleventyを率いてきたMarco Baldassariが、これまでのeleventyでは表現出来なかった新しいベーシックを提案するプライベートコレクション。

それもミラノと東京だけの限定コレクションであり、限られた店舗でのみ目にする事が出来るラインナップです。

IMG_6781
今回当店がオーダーした2種類のBALZOは、そのいずれもがコンフォータブルという点で共通しています。

IMG_6779
元々コンフォータブルなスタイルを得意としているMarco Baldassariですが、それらにアダルトな魅力を与えた感のあるBALZOは、素材の選択や細部のディテール等、Marco Baldassari(ご本人もとてもかっこいい方)の世界観を感じるのに相応しい存在です。

IMG_6777
この上質なコーデュロイを使用したテーラードジャケットも、一般的なコーデュロイに想像されるような粗野感が無く、あくまでも艶やかで滑らか、そして美しく流れるような生地の魅力があります。

IMG_6784
それらに当店はシングルのピークドラペルとパッチポケット、そしてアンティークゴールドのメタルボタンをオーダーしました。

IMG_6788
その結果、温かみのあるクラシックな表情と、クラシカルとは裏腹なとても柔らかな着心地が共存し、BALZOの魅力はこれなのだ、という事を感じさせてくれる物になりました。

IMG_6787
ちょっとしたお出かけ等の羽織としてではなく、当店ではジーンズとの組み合わせによるカジュアルダウンのジャケットとして提案しているこのジャケット。

IMG_6791
基本がしっかりしているからこそ成されるBALZOの世界観は、単なるカテゴリーに属する事無く、着る人のスタイルによってテイストが変わる、そんなフレキシビリティを持っています。

416ADA33-4604-4ECB-B42C-67D0554B692D
ニットとジャケット、そしてジーンズ、たったそれだけで十分な魅力を発揮してくれるBALZOのジャケットは、Marcoが考えるスタイルの中に堅苦しさが無い事が、答えとして見えてきます。

ACD7E05F-C4C3-49D6-B924-C515690BEA73
何も加えなくても魅力を発揮する、それがBALZOの魅力です。

IMG_6802
もう一つのBALZOは、このコンフォータブルなスーツです。

IMG_6758
ここまでご覧いただくと、既に想像に容易いと思いますが、もちろんビジネスを踏まえたスーツとしても使えるのですが、やはりスニーカーやニット、カットソーが似合うのがMarcoのスタイルです。

IMG_6763
ジャケットのディテールは前出のモデルとはラペルの違い以外は大きく変わりません。

IMG_6761
素材にしっかりとしたフランネルを用いる事によって、よりハリを見せる事が出来ますが、この素材にチョークストライプをあしらった事によって、このスーツをカジュアルダウンしたときの魅力が大きく変わります。

IMG_6754
パンツにはドローコードを用いた物を採用。

IMG_6755
伸縮性のあるウエスト回りにドローコード、これだけでも十分コンフォータブルに見えるのですが、実際に穿いてみると、絶妙なバランスの股上やヒップ回りのバランスがある事に気づかされます。

IMG_6756
キャロットフィットまでとはいきませんが、程よい股上の深さによって、若干腰位置を落とした状態で穿くことが出来る為、コンフォートスーツとしての魅力をシルエットからも感じる事が出来ます。

IMG_6773
幅広のラペルと、柔らかな着心地、袖を通すと、ここでもBALZOの魅力を改めて感じます。

IMG_6771
肩回りの作りも、サルトリアルな手法を取り入れている事が判ります。

IMG_6772
このスーツもまたジャケットはジーンズ等とカジュアルに、パンツはニットやスニーカーなどとアクティブに、単体利用の価値が高いのも、このスーツの魅力。

IMG_6769
秋冬の様にレイヤードの幅が広がる季節になればなる程、生きるスーツの有効性。

E6F68804-04C6-4ECC-9F87-E68E21D77120
勿論、タイを締めてのスタイルも楽しめます。
この時、気になるのが”ウエストにあるドローコード”の存在ですが、実はこのパンツにはドローコードの出口が外側と内側にあります。

IMG_6803
つまり外側に出ている状態ではカジュアルになりますが、内側に出す事によってコードは見えなくなり、スーツとしての魅力に水を差しません。

7AD0B330-4A54-4266-AE8D-E60E86E50036
仕事との向き合い方や、生活そのものにも変化が出始めている今、何を楽しみに変え、何を以て仕事のモチベーションとするか、はその人個人の考え方に頼っています。

今日取り上げた全てのアイテムが、多くのスタイルに有効であるのと同時に、そこには”ベーシックだけどベーシックではない”、矛盾が存在しています。

その矛盾こそがお洒落への近道。
矛盾には作り手のアイディアや思いが込められている事があります。

その細部に目を向ける事、そしてそれらを楽しむ事によって、お洒落の仕方や考え方も変わり、更にマルチパーパスなアイテムへと変わります。

男性の皆様にとって仕事でスーツやジャケットを着用する事が不可欠な方ほど、対外的な拘束も多いと思いますが、何か一つ自分だけの”遊びのルール”を作り、日々の仕事にこれまでとは違った楽しみやモチベーションが加わると良いですね。

先ずは寒さ対策、そして新しいお洒落を楽しみたいという方は、今日ご紹介の新作も含め、是非店頭へ遊びにいらして下さいね。

”普通なのに普通じゃない”

そんな矛盾をお教えいたします。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月12日、19日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

まさかの天候から一転、明日以降は再び春を匂わせる日々に戻りそうな予感。
まだまだ風は冷たいものの、少しずつ春の訪れを感じながら、装いを新たにして行きたい今週です。

さて、そんな春の装いに於いて、昨年から(?)いつも(?)お勧めしている『女性のベイカーズパンツ』。

これまで似たような形は幾度となく仕入れて来た当店ですが、その何れも異なるブランド、異なる意匠のもと作られていたものばかり。

ことアメリカンな香りを感じさせるベイカーズパンツ(以降ベイカーパンツ)には相応のラギッドさが魅力で、シャープなベイカーパンツにはスリムなストレッチが魅力と、同じベイカーパンツにも様々なシルエットが有ります。

そんな中、今日お勧めするのはeleventyが作るベイカーパンツ。

そもそも「ベイカー(ズ)パンツって何?」と言う方もいらっしゃるかも知れませんが、ベイカーズパンツとは呼んでその名の如く『Baker's=パン職人の』、ベイカーつまりパン屋さんが履いていた事がディテールの始まりと言われています。

似たようなパンツにはカーゴパンツやブッシュパンツなど、女性にとっては「一見どれも同じ?」と
思われるかも知れませんが、カーゴパンツやブッシュパンツはミリタリー(軍用)、つまりベイカーパンツはミリタリー系のパンツに比べ

泥臭さを感じさせない

点が女性にとって人気の理由でもあります。

更に今回eleventyでオーダーしたパンツは、元々カーゴパンツやワークパンツ系のボトムスを得意としているeleventyならではの魅力的なシルエットを持っています。

giacca_316397_15864
eleventyと言えばジャージー素材のテーラードジャケットやカジュアルなボトムスをスニーカーで愉しむようなコンフォートなスタイルが特徴の一つ。

pantaloni_316593_12914
中でもボトムスのディテールとして多く使われているのが「スラウチ(-)」なシルエット。

2
スラウチ(或いはスラウチー)とは、英語で「Slouch=前かがみの姿勢、だらしない様」を指す言葉ですが、ファッション用語としては「股上が深く裾へ向かってテーパードしている」物を総称しています。

21
大意では『リラックスしたシルエット』として受け入れられています。

この手のシルエットは腰を僅かに落として穿く事で、より魅力的に見せる事が出来るのですが、中にはスラウチーをウエスト目いっぱいに上げて穿いている人を見かけますが、これは特に年配にある行為(笑)
お知り合いで見かけたら是非注意してあげて欲しいと思います…(笑)

このeleventyが得意なシルエットで作られたベイカーパンツがコチラ。

149824937
パッと見には解らないスッキリとしたシルエットですが、腰回りから裾へ向かうテーパードは極々僅か。

149824937_o3
ベイカーパンツの特徴の一つであるポケットと同一化したフロントの充て布部分が大きく全体の印象を捉えています。

149824937_o1
さり気なく自然な股上の処理は穿いてみて初めて股上の深さを感じる程度で、更にこのウエスト(後)部分にゴムを仕込んでいる事によって、腰位置を好みの位置で留める事が出来る為、スタイル別に穿き方を変えて愉しむ事が出来ます。

149824937_o2
元々一つ一つのパーツや作りが丁寧な事でも知られるeleventyですが、今回の様なベイカーパンツには、よりボタンや縫製の一つ一つが際立って感じられる様に思います。

149824937_o6
近年、メンズ、ウィメンズ共に増えているウエストバックをゴムであしらう仕様は、こうしたベイカーパンツやカーゴパンツの様なディテールのものには、とっても適していて、適度な丸みを作り立体的なシワや表情を作りだしてくれるため、今回のパンツにも必然的なウエストバックになっています。

IMG_1331
「ベイカーパンツはどう合わせたらいいの?」と、良く店頭でも訊かれる事が在るのですが、実はベイカーパンツほど「どんなものでも合わせられる」パンツは無いのでは?と思うほど、実に色んなスタイルに合わせ易いのです。

IMG_1332
この写真の様にシンプルにニットと組み合わせるだけでもパンツの(フロントの)表情によって洒脱さを増し、その分足元で遊んだりインパクトを付けたりする事が出来ます。

勿論、TEEシャツやシャツ、上品なブラウスでも、どんなものでも合わせ易いのがベイカーパンツです。

IMG_1329
またテーラードジャケットでもそつなくこなしてくれるのもベイカーパンツの魅力。

IMG_1330
このジャケットもまたeleventyの物ですが、世界観を共有している分、eleventyのアイテムであれば尚魅力的に楽しめます。

また今回はこのライトオリーブの他にも、オフホワイトをオーダーしています。

149826508
ライトオリーブは言わずもがなの定番的存在ですが、当店のお勧めはこのオフホワイト。

149826508_o1
実はジーンズやトラウザーズ(またはチノーズ)にもオフホワイト人気が徐々に出始めており、今季はピュアホワイトではなく、敢えてのオフホワイトやアイボリーを特にお勧めしています。

149826508_o4
どちらも合わせ易さは同じですが、オフホワイトのベイカーパンツには、ホワイトジーンズやトラウザーズには無い独特の味わい深さが作られ、特に『イタリア人目線のアメリカンカジュアル』(※1)には必携の一本と言えます。

IMG_1333
少し綺麗目な装いでも合わせ易い為、お仕事での利用も適えてくれます。

また当店が今回のベイカーパンツにお勧めしたいアウターとして、ライダースジャケットがあります。
既に当店では様々なブランドのライダースジャケット(レザー)を展開してまいりましたが、一人一着はお持ちで在ろうライダースを、このベイカーパンツに合わせるだけで、即刻オシャレ度MAXに仕上がります。

Riders_JK002

最近はライダースジャケットは袖を通すよりも、肩に掛けて使うとより女性的でスタイリッシュな装いに見えます。

「袖を通す⇒袖を通さず肩に掛ける」だけの簡単スタイルですので、是非お手持ちのライダースで試してみて下さい。

以上、eleventyが作るベイカーパンツのご紹介でしたが、このパンツはヤハリ写真で見るよりも、実際に穿いて頂くと、よりその魅力が確かに伝わります。

ポイントはいつものサイズより一つ上のサイズをお選びいただくと、より魅力的なシルエットを手にする事が出来ます。

他にも丈のバランスなど、ベイカーパンツ一つとっても『バランス』には拘りたい当店ゆえ、是非ご心配な方、或いは組み合わせが解らないという方もお気軽に店頭でご相談下さいね。


【補足】
※1…イタリア人目線のアメリカンカジュアルについて
イタリアでは古き良き時代のアメリカへのオマージュから様々なブランドや著名人がアメリカンカジュアルを愉しんでいますが、なぜかその姿にアメリカ人のするカジュアルがオーバーラップしません。
その理由は、同じアイテム、同じ色を身に着けているのに、全てのサイズや丈のバランスが違ったり、或いは色の組み合わせが違ったり、とアメリカ人が好むラギッド(無骨さ)が無く、スッキリとクリーンな見せ方をするため。
したがってイタリア人が好むアメリカンカジュアルには色や存在感のしつこさが無く、贅肉の削がれたアメリカンカジュアルとでも言うべき、大人のお手本となるようなカジュアルが多くなっています。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

for_blog1103
11月に入り、これまで以上に昼夜の気温差が広がって来ました。
夕方以降はコート等の羽織り物が無くては居られない程、空気が冷たくなってきましたね。

まだまだ下がるこれからの気温に向けて、ニットの充実は必須。
そこで今日はお勧めのニットを幾つかピックアップしてみました。

IMG_6534
当店と言えば、ニットのサイズクロスオーバーは以前から行っているのですが、男性に向けて作られたニットのサイズを限りなくゲージダウンし、女性の御客様にご提案をしています。

大抵のブランドが男女異なるテイストで分けられラインナップされる事が多い為、女性のお客様にとって男性のアイテムに目が向く事がしばしばあります。

そんな切っ掛けを元に、各ブランドごとに可能な限り小さなサイズをオーダーしています。

このWilliam Lockieのチルデンセーターもその一つです。
特に女性物(海外製品)に多いのは、Vネックやスクープネック等の襟の開きが広すぎるが為に、かなり深いVゾーンが作られてしまう事が在ります。

こうしたニットには海外のブランド担当者が来日している際、必ず生産の可否を窺う様にしています。
ちなみにWilliam Lockieのニットは英サイズの34からラインナップを展開しています(当店)。

IMG_6543
こちらのニットカーディガンはDrumohrによるもの。
既に当店のお客様にとって、男性も女性もDrumohrの魅力は充分感じて頂いておりますが、今回のニットにはシンプルなだけではなく、Drumohrが持つ色の魅力や、このカーディガンの様に太編みのリブを採用する事によって生まれるスタイリッシュなシルエット等、単なるベーシックで終わらない独特なフィット感が在ります。

IMG_6544
衿を寝かせればショールカラーカーディガンに、立てたままならばスタンドカラーの様な形になる特殊な衿は、男性女性共に多くのスタイルに取り入れやすい存在になっています。

IMG_6545
Drumohrのカーディガンに見られるサイドの刻印入りのボタンは、控えめながらもニットの表情で勝負する姿勢が見られますね。
こんな所にもニットウェアメーカーとしての仕事の妙が窺えます。

そして今日到着したばかりのVandoriの新作ニット。

IMG_6636_1
Vandoriは元々最小サイズを女性に向けて提案している事もあり、比較的当店では女性の購入者が多く目立ちます。
勿論、男性のSサイズ寸法として販売もされているのですが、取扱店舗の多くが女性の購入者で占められているようです。

今回の新作は全身にケーブル編みを施したタートルネックがベース。

IMG_6627
編地はとても立体的でボリューム感たっぷり。

IMG_6631
それぞれの色合いに、異なる表情が窺えるのは、ケーブル編みによる凹凸、陰影が生まれる為です。

IMG_6633
今回のニットは毛玉を想像させない程、クリアカットされたかの様な毛質を持っています。

IMG_6634
またタートルネックの折り返し部分が通常より、若干低く作られている為、シャツ等をレイヤーするのにも最適なバランスを生みます。

IMG_6635
カジュアルな装いとして欠かせないシャツのレイヤーは、多くの方が色の組み合わせを楽しむ一つのスタイルになっていますね。

IMG_6636
また裾や袖をスクエアに仕上げる事により、TEEシャツやカットソーの様に「ブランドコンセプト」でもあるリラックスしたラグジュアリー感が簡単に演出できます。

IMG_6652
男性も女性も欠かせない日常のボトムス、ジーンズとの組み合わせにも、この最適なボリューム感は上質感を上品に作り出します。

IMG_6651
日常の装いだからこそ取り入れておきたい「上品と上質」は、大人のスタイルアップとして重要なファクターです。
(※写真は女性の組み合わせ)

IMG_6662
他にも女性らしさを加えるガウンタイプのカーディガンを合わせると途端に女性らしさが醸し出される等、ミドルゲージ=カジュアルと言う公式がハマり辛いVandoriのニット。

IMG_6661
男性が着れば上品で上質なカジュアルに、女性が着れば穏やかで女性らしい印象に、それぞれ異なるテイストが作れるのも、このニットの持ち味かも知れません。

振り返れば、ジーンズやシャツを皮切りに、現代の日本のファッションに於いて

ジェンダーレス

は大きな革命的な進化です。

体格差の少ない欧米に比べ、男女の体格差が大きな日本にも、年々こうしたサイズやアイテムのクロスオーバーが進み、「洋服の持ち方」に一つの新しさを作っています。

IMG_6658
パートナーや家族でのシェア、ギフトとしての提案も含め、多くのブランドが持つジェンダーレスの提案の中でも、Vandoriは一歩抜きんでた存在かも知れません。

IMG_6657
これからの季節、確実に出番が増えるであろう様々なニット。

是非この週末を利用して、ニット探しにお出掛け下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_6490
いよいよ11月に入り、暦の上でも冬へと向かい始めています。

気付けば今年もあと2か月、歳を重ねるにつれ一年の終わりが早く感じられますね。

さて、新作の入荷も佳境、冬のスタイル充実を検討されるお客様も最後の仕上げへと向かいつつ在ります。
今日は仕上げと言うよりは基本、質の高いベーシックなアイテムを新作の中からピックアップして見ました。

IMG_6399
当店と言えば「シャツ」を連想されるお客様が多かったのも今となってはひと昔。
かつてはシャツのバリエーションに様々な職人の手が加えられた物がひしめき合っていた時代が在りましたが、最近ではめっきり姿を潜め、必要な時に必要な量だけをオーダーしています。

そこで今回お勧めしておきたいのが、シンプルリッチの代表格「ホワイトのシャツ」です。

IMG_6400
今回オーダーしたのはナポリのカミチェリアであるFralbo。
ルイジ・ボレッリを筆頭に多くのシャツメーカーのシャツを手掛けるなど、そのクォリティの高さはお墨付き。

IMG_6401
シンプルで質の高いシャツを求めると、その素材の選択からして天はキリが無い訳ですが、実用性と上質さを兼ね備えた物としては、このFralboは一日の長が在る様に思えます。

実はここから始まる、様々なセレモニーなども踏まえ、女性にとってホワイトのシャツの出番は増える一方。

勿論イベントを度外視しても、ジーンズを中心にとかく出番が多いホワイトのシャツは、TEEシャツ同様、着替えを幾つも揃えて置きたいのが本音です。

IMG_6406
今回オーダーした生地は、オールシーズン使えるだけでなく、光沢を生み出す上質なコットンを使用。

IMG_6404
Fralboのシャツは4箇所から13箇所以上まで、手作業によって縫い付けられる箇所が分かれ、それによって仕上がりの価格が異なります。

今回は必要最低限のみのパーツを手作業によって縫われています。

シャツ(カミーチャ)と言えばイタリア、ナポリ。
ナポリと言えば数多あるカミチェリア。

それぞれが得意とするディテールや特徴を持った老舗やファクトリーが無数にあります。
ジャケットやスーツ同様、南イタリアには優れたシャツの仕立て屋が多く存在しています。

特にお子様をお持ちの方、或いは年末年始にイベントごとやセレモニーを控えている方は、是非この機会にFralboのシャツに触れてみて下さい。

そしてシャツやジャケット、ニットと共に欠かせないのがストールやショール。

IMG_6368
これまでにもPiacenzaを筆頭に、Botto Giuseppeなど上質なストールやマフラーが揃っておりますが、今日ご紹介するのは実用性の高いeleventyのネックウェア。

IMG_6369
このPrincipe di Galles(プリンチペ・ディ・ガレス)[英:Prince of Walles=グレンチェック]は、オールシルクで作られたショールサイズ。

IMG_6417
ストールやスカーフではサイズや長さが上手く合わない物でも、ショールであれば衿に沿わせて垂らすだけで充分サマになる便利さが魅力。

IMG_6370
勿論シャツやニットにはスカーフの様に巻いたり、結んだりが愉しめるお勧めの一枚です。

IMG_6372
そしてeleventyと言えば欠かせないのがペールトーンを中心とした穏やかで淡い色合い。

IMG_6373
この柔らかな糸ばかりを混紡して作られたバイカラーのストールは、ダブルフェイスに仕上げられており、合計3色もの色を見せて楽しむ事が出来ます。

IMG_6377
eleventyのベースカラーに多いライトグレーやベージュ、更にネイビーやブラウンと言った基本数色と共に常に相性の良いネックウェアが展開されているのも、このブランドアイテムの魅力であり、その他のスタイルに転用し易さを生んでくれます。

IMG_6378
このストールはライトブラック(墨黒)やメランジ調のライトブルーを表面にあしらい、裏面は一面ライトグレーの組み合わせ。
どの色合いを見せても沢山の愉しみ方が出来ます。

IMG_6379
ストールは他にもソリッドカラーの展開も在ります。

IMG_6385
メランジ系のライトグレーやブラック等、こちらもイベントやセレモニーに使えそうなシンプルさが魅力ですね。
今のうちに是非揃えて置きたいアイテムです。

そして、最後にお勧めしておきたいのが非常に打ち込みがしっかり施されたヘビーフランネルのテーラードジャケット。

IMG_6389
今回ダブルブレステッドの袷せ、尚且つ最も使い易いライトグレーをオーダーしています。

IMG_6392
見るからに使い易そうな色、そして素材から見える生地のボリューム感は、冬の装いに必要な全てを適えてくれそうです。

IMG_6393
とにかく厚みを感じ、しっかりとした感触が得られるこの素材は、暫くコートの存在を忘れそうなくらい満足する生地感。

ベーシックな色、整った形、仕様など、グレーのジャケットとしては非常に満足の行く一つになりそうです。

前出のストール等との組み合わせの他、ニットやパンツに同系色を合わせたり、グラデーションを愉しんだりと、秋冬ならではのアレンジが愉しめるのも、グレーの魅力です。

IMG_6537
また今なら足元を遊ぶ選択も在ります。

IMG_6538
ライトグレーやホワイトと組み合わせ、足元だけにシルバーを取り入れる、少々攻めた同系色。

IMG_6541
ジーンズ同様、グレーと好相性を見せるブルーカラーも、ロイヤルブルーのベルベットでシャープな色のコントラストを愉しむのもお勧め。

IMG_6542
淡色に色を加えて楽しめるのは、グレーが最も秀でています。

IMG_6539
他にも鉄板の組み合わせ、ブラウンやカーキ系の足元等、スタイルする人の色の挿し方で様々な魅せ方に変化するのがグレーです。

IMG_6540
在り来たりな色の組み合わせにならない様、足元やバッグ等で色の遊びを加えるのも、洒脱さを増す一つの方法。

この他にも色の組み合わせのご提案を幾つもご用意しておりますので、是非店頭にいらした際にはお尋ね頂ければと思います。

このように、今日はベーシックアイテムを中心にご紹介させて頂きましたが、

基本無くしてオシャレは楽しめない

と言うのが当店の考え方。

色も形も素材もですが、

「ベーシックアイテムが少ない!」と言う方、これからの秋冬スタイルに是非ベーシックアイテムを取り入れて見て下さい。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休日】
11月15日、22日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



IMG_9829
肌寒さを感じる日が続いたと思った途端、再び暖かな陽気に包まれた週末を迎えそうですね。
徐々に、冷たい飲み物が恋しくなり始めている私達です。

さて先日から再び男性のスタイルアップにお問合せが増え、その多くがネイビーやホワイトなど色のトーンについてでした。

IMG_2896
誰もが取り入れやすく、そしてクリーンな印象を作り易いネイビーとホワイト。
色の分量や取り入れ方によって雰囲気も様々。
(写真着用商品:ジャケット/eleventy、トラウザーズ/Barbati、シューズ/Enzo Bonafe)

IMG_2840
ホワイト多めの分量には爽快感、ネイビー多めの分量にはシャープさが備わる等、同じ色同士の組み合わせにも、統一感によって異なる雰囲気になりますね。

IMG_2477
ビジネスの世界でも、近年カジュアル化が進み、某一流商社では、週の半数はカジュアルな服装での出勤が決定するなど、服装に対しての考え方、仕事の効率化についての考え方も変わりつつ在ります。

閉鎖的な会議室から、オープンスペースでの会議場への変革等、職場としての環境は確実に『効率化』を求めて変わりつつあります。

IMG_2478
そんな環境の中でも、ネイビーとホワイトは「一定の安心感」を与える色でも在ります。

どんなに服装の自由化が進んだとしても、就業する人達の倫理観や理解度によって大きく異なると思いますが、或る程度失礼のない服装で在れば、勿論それは仕事としての効率、対人への印象も保つ事が出来ます。

IMG_2479
ノータイでもこの写真の様に、洒脱感のある見せ方であれば、単なる「オジサンがネクタイを外しただけ」的な様相にならずに済みます。

この写真で大きく違って見えるのは、シャツのストライプがプリントではない事、またジャケットの素材に凹凸感がある為です。

当たり前のアイテムで、当たり前の服装をするには、それぞれのアイテムに特徴的なディテールを見出す事で、叶える事が出来ます。

ビジネスのお話に触れたので、その延長線上で考えると、夏にはクールビズなる物が始まりますが、それらにはポロシャツ等の存在も俄かに増えている様に思います。

そこにも、スポーツ用品然としたポロシャツでは場違いを生みますが、クラシックな表情を持つニット素材や凹凸感のある素材ならば、見る人の目にも洒脱に映り、尚且つ安心感を与えてくれるのではないかと思います。

IMG_8850
このBAFYのパイル素材のポロシャツは、凹凸感、そして形の不偏性、加えてストレッチ性から得られるコンフォートな着心地によって、作業的にも、見た目的にもメリットが多い一着です。

IMG_8851
とかく職場での服装が自由化されると危惧されるのは、人によって「失礼のない服装」への概念が異なる為だと考えられるのですが、在る程度のセオリーに則って服装を考えると、それらは『クリーン』で在る事が大前提。

IMG_8853
過度なデザインや色で無い限り(冒頭でも触れている様に)、ネイビーやホワイトの組み合わせには、クリーンに見せる為の要素が幾つも在ります。

爽やかに見える、或いは軽快に見えると言った、好印象を上手く使ったホワイトとネイビーの組み合わせは、週末や日常のカジュアルだけではなく、こうしてこれから増えるであろうビジネスシーンでの存在としても、限りなくメリットの高い物に成り得ます。

パートナー様、或いはご自身の服装にネイビーとホワイトが多いと言う方、或いは今後増やそうと検討されている方も、是非お気軽に店頭でご相談頂ければと思います。

その分量、素材、組み合わせ、シーン別、様々な切り口でのスタイルアップに則した、ネイビー×ホワイトのご提案をさせて頂きます。

IMG_2498
勿論、女性のオフィススタイルにも、同じ様に少ない色数でのクリーンな印象を作り出すご提案もさせて頂きます。
(写真使用商品:トップス/Alpha、ボトムス/Tricot Chic、スカーフ/Francesca Bassi、サンダル/Corso Roma.9)

IMG_2497
夏のモノトーン、ワントーンは、ホワイトを中心に軽い色合いを加える事がセオリーです。
特にシルバーを取り入れる事で変わる夏のモノトーンは、今季当店が最もお勧めしている組み合わせの一つ。
女性の装いの中で、大切な要素となるホワイトの取り入れ方も、ただただ取り入れれば良いという物でも在りません。
夏には夏の「効果的な」ホワイトの取り入れ方が在ります。
是非こちらも店頭でお気軽にお尋ねくださいね。
きっとオフィスユースでの新しい発見がありますよ。
(写真使用商品:トップス/Femind、ボトムス/Tricot Chic、サンダル/Corso Roma.9)

----------------------------------------------------------------------------------------

【Pin1876 秋冬臨時受注会のお知らせ】

00000002

来る今月18日(金)より、20日(日)までの3日間、当店店頭にて、Pin1876のストールの受注会を行います。

これまでに展開させて頂いた定番サイズや定番型ではなく、新たに珍しい織地やプリント等を模ったモデルのサンプルを集め、秋冬に到着予定の同商品の御注文を受け付けます。

詳しくは店頭、或いはメール、お電話にてお気軽にお問合せ下さい。

※モデルによってご注文後生産中止となる可能性のある物も含まれます。 予めご容赦くださいますようお願い申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------------

slideshow_img_SS2018_2
初夏に向けたリゾートアイテムも揃い始めています。
肌寒さと穏やかな陽射しが交互にやって来る3月。
そろそろ連休に向けた春夏の装いを検討されてみては如何ですか?

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休日】
5月17日(木)、24日(木)
(※3月は展示会等の為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご容赦下さいますようお願い申し上げます。)

※一部変更がある場合が御座います。

※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2018/5/12
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ