IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Rawtus

4DBFE852-E4A8-4CA9-9030-34BCEE6CC2A9
関東甲信地方も梅雨入りし、連日小雨交じりの日々が続いています。

しばらく続いた暑さも一休み、夕方には涼しく心地良い風がそよぎ過ごし易い夜を迎えています。

しかし、この梅雨空の間にも空は夏へと向かい加速を始めます。
来る真夏に向けて、今こそ準備が必要です。

夏になると装いも簡単になり、シンプルな組み合わせが増え、どこか物足りなさを覚える事もしばしば。

シンプルになればなる程、一つずつに求められる質の高さや、組み合わせのアイディア、バランスが全体を左右します。

特に夏にこそ楽しみたい、涼し気なモノトーンスタイルにとって、最も重要な役割を担うのがトップスです。

今日は、その重要な役割を担ってくれるモノトーンのトップスをRawtusからピックアップしてみました。

Rawtusと言えば、その独特の世界観から生まれる立体的で躍動感のあるデザインが直ぐに浮かびますが、それらはカットソーなどトップスにも、しっかりと息づいています。

151704269
例えば、このトップスは一見したところ、何の変哲もないスリーブレスのカットソーに見えるのですが、先ず重要な点は、Rawtusが拘る素材への追及です。

151704269_o2
コットン100%で作られている事が不思議なほど、とても柔らかく伸縮性に富み、また触れた瞬間サラリとしたドライタッチによって着心地を想像させてくれる程の独特な素材感を与えてくれます。

シンプルな装いの中で、最も大切なファクターが素材のクォリティ。
着ている本人も心地良く、またそれらの品質は見る人の目にも顕れるものです。

151704269_o4
形は一枚のボックスシルエットを前後に合わせた様な見た目ですが、その実、立体的な作りによってRawtusがRawtusらしいと言わんばかりの魅力を目に訴えて来ます。

151704269_o3
このトップスにはアームホールに仕組みがあります。
袖のステッチを外側にターンナップ(折り曲げ)するのではなく、内側へと収め、更にその内側には”デザイン上の魅力”である大きく広がるアームホールから脇(インナー)を見せる事無くカバーする、もう一枚の生地が合わせられています。

この小さな作業(縫い方を見れば、小さな作業とは思えなくなりますが)の一つが、実用性をカバーするだけでなく、実は袖回りを立体的に仕上げる支えの様な役割も担っているのが解ります。

151704261
このようにRawtusのトップスには、レザーやスカートなど布帛と同じく、立体的な仕上げやデザインがふんだんに取り入れられています。(このモデルはブラックとホワイトの2色)

151720517
前出と同じ素材を使ったもう一つのモデルが、この左右アシンメトリーカットを施しているトップス。

どうなっているのかが解らない程、複雑にカットされているにも関わらず、身体が入ると途端に一着のデザインとして形を成すところもRawtusらしさ。

151720517_o2
衿と裾にドレープを活かし、左右の袖のカットが異なる為、大きく目立つ様なデザインではないのですが、その絶妙なバランスが作り出す存在感こそが、このトップスの魅力。

151720517_o1
右袖のハーフスリーブの形状、左袖のハーフスリーブの形状が、それぞれ異なるのですが、身に着けると同じ長さで袖丈が終わるという、緻密に計算されたディテール。

151720517_o3
デザインは凝り過ぎると、それだけで食傷気味になってしまう(飽きてしまう)ものが多いのですが、Rawtusのデザインには”やり過ぎ感”が無い分、シンプルに一着のトップスとして愉しめる装いを増やしてくれるのです。

151720510
パンツ、スカート、ボトムを選ばず楽しめるのもRawtusのトップスの魅力。
心地良いコットンジャージー、そして女性らしいドレープを活かしたデザインは、他では味わえるものではないのかも知れません。(このモデルはブラック、ホワイトの2色)

151718942
そして最後にお勧めするこのトップスは、前出2モデルと少しだけ素材のブレンド率が異なります。
素材はマットにも見えますが、見た目はわずかに艶やかさが増すだけ。

151718942_o1
このモデルではシンプルなハーフスリーブに見せる”脇線ギリギリのプリーツ”によって袖回りのゆとりとボディのゆとりを生み出しているという、ここにもまたRawtusらしい拘りあるディテールがつぎ込まれています。

151718942_o4
このプリーツによって生まれる脇回りの可動域、そして内側にも添えられた同素材の充てによって、常に袖回りが立体的に立つサマを見せています。

151719408_o5
また裾のカットにも工夫が為されています。

151719408_o2
フロントはラウンドしたシャツカット、リアはスクエアされたシャツカットを採用し、裾の出し入れを愉しんだり、またこのディテールから生まれる色のコントラストなども楽しめそうです。

151719408_o3
特にこのトップスにはワイドパンツなど、昨今増え続けているボリュームの在るパンツの相性が非常に良い裾の作りになっています。

裾を押さえつけず、また広がり過ぎず、その程よくストレートに落ちる裾へのラインがワイドパンツなどのシルエットラインに「シンクロ」した時、全身が縦に長く、スッキリと見えるはずです。

このトップスの素材に限って、前出2モデルの柔らかさに加え、滑らかな触り心地があり、滑りの良さを感じます。
つまりレイヤードのインナーとしても使える魅力、更に一着で存在感を見せるのに相応しい『落ち着きの中にある華やかさ』が演出出来ます。

Rawtusはフランスでの人気が高いと言われていますが、こうしたシンプルな物作りに質の高い素材やディテールが組み合わせられ、合理的で存在価値が高い物作りが、海外の女性に受け入れられている理由かも知れませんね。

これから夏に向けて、数少ない点数でスタイルを作りたいと言う方、或いはミニマルにしたいと言う方は、是非Rawtusのトップスをお勧め致します。

簡単且つ心地良く、そして洒脱さに磨きがかかりそうですね。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


少しずつ日中が暑さを帯び始めて来ました。

休日ならば多少の楽はしても、仕事を持つ女性や日中外出を余儀なくされる女性にとっては、これからは暑さと日焼け、色んなものとの闘いになりますね。

そこで今日ピックアップしたのは「涼しく、そしてラクチン」を適えてくれる「スカート」。
新作を含めたお勧めスカートを幾つか取り上げて見ました。

151477770
先ずお勧めするのが「SKILLS & GENES」のプリーツスカートです。

SKILLS & GENESと聞いて、初めてのブランドかしら?とお思いの方も多いと思いますが、このブランドは、これまでAT.P.COのウィメンズとして展開されて来たラインナップから独立し、一つのブランドとして立ち上がったブランニュー。

84091616-2540067272902861-4548250704380166144-n-768x960
これまでも時代性と扱い易くコンフォート性に満ちた装いを数多く提供して来たAT.P.COですが、それらから更に大人の女性に向けたメッセージ性と、ソリッドで美しいシルエットをベースに、様々な切り口を以て展開される新しいラインナップが、このSKILLS & GENES(スキルズ・アンド・ジーンズ)です。

01-1390x2048
前身となるAT.P.COは、イタリア国内と海外での販売価格の内外価格差を極力なくす努力を行い、高いコストパフォーマンスと遊びある装いが魅力となっていました。

それらを崩す事無く、更に全てをイタリア国内で生産する『Made in Italy』に拘る事によって、これまで以上のクォリティと、より魅力的なラインナップに生まれ変わっています。

今回、SKILLS & GENESからはスカートの他にもワンピースなど様々なアイテムが入荷しているのですが、どれも大人らしさに磨きがかかった素敵な物が揃っています。

151477770_o3
このスカートも同様で、美しいレインボーカラーの染色と微細なプリーツによって、洗練された女性らしさを作りつつ、またプリーツスカートに起こりがちな"ヒップ回りのボリューム"を抑える、縦へと流れるように作られたほっそりシルエットが与えられています。


151477770_o4
前後で異なる表情が描かれる色の演出、それらに加わる縦長に見せるシルエットは、これまでのプリーツスカートのイメージを変えてくれるものでも在ります。

151477770_o2
またウエスト部分には金属繊維を含んだメタリックのエラスティックが設けられ、様々な色のコントラストと大人のテイストを思わせる魅力的な配色になっています。

151477360
コチラはRawtusによるスカート。
一見ヒダが沢山のロングスカートの様に見えるのですが、実はプリーツの袷にはちょっとした細工が施されています。

151477360_o2
前の袷が作られ、フェイクラップの様に重ねられているのです。

これによって足の捌きがし易くなる上、涼しさもプラス。
またコットンポプリンが作り出すハリと色のコバルトブルーが、見た目にも爽やかさを帯び、着る人、見る人、共に清涼感に包まれる一着に。

151477360_o5
Rawtusと言えば、ソリッドな美しさとディテールが魅力ですが、このスカートもまた不偏に見えて、その実、凝った作りを行っているという、まさにRawtusらしさが顕れている一着と言えます。

151477007
そしてコチラのスカートも同じくRawtusのもの。

151477007_o2
太さの異なるストライプを配置したオルタネートストライプを、バイアス(斜め)に配され、それらによって縦長に見える効果を生み出し、履いた瞬間から誰もが腰高、脚長に見えるメリット尽くしの一着です。

151477007_o3
素材は滑らかさのあるポプリンを使用している為、接触冷感もあり、爽やかですっきりとした見栄えが何よりもの魅力です。

ホワイトのベースカラーに、仄かなグリーン味を帯びたグレーのストライプカラーが、他では得られない様な独特な色合いを醸し出し、単なるストライプのものとは違ったRawtusらしい魅力を作りだしてくれます。

これらのスカートたちに共通するのは、どれもお仕事で使う場合には、シャツやブラウス、時にはジャケットを、また休日にはTシャツと合わせるだけでオシャレ度が上がる共通メリットが在ります。

涼しくて、ラクチンで、そして御洒落に見える、そんなボトムスが今回のスカートたちです。

これからの季節にとって、まさにうってつけの一着と言えますね。
是非お試し下さい。

151475449
その他にも、梅雨時を視野に含めた羽織り物探しのお客様も僅かずつですが増えて来ています。

151475449_1
現在MOORERでは、このフィールドジャケットの他にも、ダブルフェイスのリバーシブルシャツジャケット等、これからの季節にピッタリな撥水性能を持ったジャケット(コート)が揃っています。

雨降りも愉しく過ごせるように、コートなどアウター揃えも、これからの楽しみの一つになりそうですね。

今週はしばらく天候も上下しそうですが、毎日がより愉しく感じられる様、ご自身にとっての最適な一着を是非探しにいらして下さいね。




1-3-11 Minamichitose Nagano 380-0823
Call 026-219-3750
Mail 
info@ilmare-online.jp



【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【6月の店休予定日】
6月18日、25日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_2790
秋晴れに恵まれた今日。
日中の暖かさに反して、夕方からは涼しく心地良い気温になって来ました。
秋を感じ始めると、やはりオシャレをしたくなり、気分も加速して来ます。

秋序盤、これまでニットやブラウス中心に選んでいた方も、徐々にコートにも目線を移したくなる毎日が続き、今日もコートのラインナップに新たな一着が仲間入りしています。

IMG_4788
当店ではお馴染みとなったブランド『Rawtus』(ロゥタス)の新作トレンチです。

Rawtusの物作りへの拘りは既にレザーによって証明され、多くの方が知るところとなりましたが、それらの息遣いはトレンチコートにも生かされていました。

IMG_4793
トレンチコートと一口に言っても、その多くは全体像が似た形をしているだけの物として認知されている事が多いかと思います。

しかしその実、元々トレンチコートはミリタリー(軍用コート)に端を発している事をご存じない方が多いかも知れません。

このRawtusのトレンチは、それらに端を発している細部のディテールが緻密に再現されています。

IMG_4790
例えば、衿の裏側に付けられた「スロートラッチ」と呼ばれるチンストラップは、元々雨風の侵入を防ぐ為に付けられた(衿を立てた際に使う)パーツ。

この名残としてストラップが付く事は在りますが、Rawtusでは緻密に再現された実用性の高い物が付けられています。

IMG_4791
「エポーレット」は比較的よく知られている仕様ですが、これも元来は軍の中での階級を示すバッチを付けたり、水筒や装備品のストラップを掛けた時、外れ辛くするなどの用途もあります。(他にも所説在ります)

IMG_4796
他にも、前肩から後ろに掛けて生地が二重の状態になっている「アンブレラヨーク」の仕様も、元は雨の滴などを下へ落とす為のもの。

ディテールとしては女性らしいふんわりとした雰囲気も生かされ、デザイン性も違って見えます。

IMG_4792
他にもベルトに設けられた「D管」は、手榴弾や装備品を付けて置く為のリングだったり、背面裾の「インバーテッドプリーツ」は、ヒダ山を合わせた様なボックスプリーツの様な構造で、ボタンを外す事によって、脚が動き易くするなどの理由が在ります。

IMG_4797
こうして、名前だけが独り歩きしているトレンチコートにも、実は多くの理由、多くのパーツが備わっている事は、意外なほど知られていません。

IMG_4795
このコートにはデザイナーの強い拘りがヒシヒシと感じられる仕様が、たっぷりと盛り込まれています。

高い実用性と共に、シャープで優れたデザイン性を両立したRawtusのトレンチコートは、間違いなく皆さんがご存じのトレンチとは異なる物に仕上がっているに違い在りません。

また今回のコートでは、袖筒を太目に仕上げる事によって、今日的なデザインを取り入れ、袖を捲ったり、或いはレイヤードしたインナーを覗かせたりした際に、華奢さや女性らしさを作る事が出来る等のディテールも取り入れられています。

IMG_4787
他にも、秋冬のみですが、取り外し可能なライニングが付属する為、秋冬は暖かく、春夏はライニングを外して、スプリングトレンチとしての利用が可能になっています。

こうしてシーズンを越え、世代を超え、トレンチに馳せる大半の皆様の想像を良い意味で裏切るRawtus。

マルチに使えるトレンチですが、今回のRawtusに至っては、特にジーンズやパンツの多い方にこそ、取り入れて頂きたい一着です。

是非今週は新たな魅力を発するRawtusを体感しにいらして下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月10日、17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_3101
いよいよ今日から長期連休に突入、或いは明日からと言う方が大半を占める今年のスーパーゴールデンウィーク。

今日は県外や海外からの旅行者による賑わいと、急激な寒気による寒さが充満する始まりとなりました。

既に海外へお出掛けの方々は出国、そして国内で楽しもうと言う方はこれから身支度と言う方が多いかと思います。
そんなお出掛け予定の方に旅のお供としてお勧めしたい新作を今日はピックアップして見ました。

IMG_3086
装いをシンプルに、そして全てが上品に上質にを願う方にこそお勧めしたい、本日入荷のバッグブランド『Capaf』(カパフ)は、イタリア、フィレンツェに1946年に創業された、バッグの専業老舗ブランド。

特に春夏のアイテムの中でも抜きん出て人気なのが、『手編み』のラタン(籐)を用いたバッグ。

IMG_3090
日本の竹細工などにも通ずる職人技の一つでもある籐の手編みによって、丹念にそして緻密に組み合わせられた本体のラタン部分は寸分違わぬ精密さによって編み上げられている事が直ぐに判ります。

IMG_3089
今回当店がオーダーしたこの円筒型のバッグは、巾着による開口部を持ち、サイズ、持ちやすさ、そして軽さと全てが揃った一点。

IMG_3091
ほんのり色合いの濃いナチュラルなラタンの色合いをベースに、レザーによるトリミングとハンドルパーツによって、全体に上品さと上質さを両立しています。

IMG_3087
Capafは、一つ一つ丹念に作られている事、そして造形的にも優れている事から、『芸術品』と擬(なぞら)えられる事も在ります。

IMG_3082
一般的にラタンやラフィアなど自然素材、天然素材を用いたバッグは、コスト優先の為、自国外での生産が多い中、Capafは、素材の選定や製作、管理など全てをイタリア国内で行っています。

IMG_3083
ライニング一つとっても、それらは非常にしっかりとした素材を用いている為、堅牢性が触れても、見ても伝わって来ます。

IMG_3112
近年、夏だけではなく春の始まりからラタンやラフィアのバッグは取り入れられるようになり、そのバッグの存在感や重用性は年々増してきています。

IMG_3114
上品さと上質さの両立は、私達世代にとって欠かせないファクターの一つでもあり、どれか一つ妥協をするだけでも、それら自然素材の物は、敢え無く乏しさを与えてしまうケースも在ります。

IMG_3085
Capafの何が優れているのかは、一見すれば直ぐに判る程、存在感やディテール細部への拘りは緻密。
写真で見るよりも遥かに優れた物作りと、絶妙な按配の色合いに、きっと多くの方が心奪われるに違い在りません。

IMG_3092
また休日を過ごす為にはコンフォート性は切っても切り離せないもの。
心地良さ=ストレッチ性と堅牢性で担うところが多いのですが、今回新入荷したRawtusのストレッチコットンのシガレットパンツは、その全てを適えた、シンプル且つ上質な一本です。

IMG_3093
非常に地厚でシッカリしているにも関わらず、その素材の伸縮性は遥かに高い素材によってコンフォート性が成し得られています。

どんな態勢、どんな服装、どんな天候にも左右されないシンプルでクールさを持ったRawtusのパンツは他では得られる事の無い、高いフレキシビリティと満足度を感じさせてくれます。

$R08II38
統一感と歩き易さという点で欠かせないのがLuca Grossiのリザードエンボスのビットローファー。
今日のピックアップテーマにはもう一つ共通した提案があり、それはブラックの統一感です。
(恐らく皆様お気づきかと思いますが)

$RD7XQG4
Luca Grossiの履き心地や馴染み易さは、既に皆様ご存じの通りですが、このブランドの靴は履けば履くほど、足に沿った形作りが出来るところが魅力。

履き始めは大半の方が窮屈さを感じるのですが(※ワイズで表現するとしたら、恐らくCワイズ程の細さです)、履き続ける事によって、それらが足の形に馴染んで行くブランドなのです。

これは滅多な事では「馴染む」という言葉を使わない当店が、珍しく表現に使いたくなる程、優れたブランドなのです。

男性の靴作りに多い様々な作りの緻密さを、女性の靴に於いて行い、尚且つそれらは男性のそれよりも半分以下の価格で提供されるのがLuca Grossiの素晴らしさ。(全ラインナップでは在りません)

こうした物作りは歩き易さの一端も担っており、より多くの皆様に体感して頂きたいと思う一足でもあります。

そして今回のビットローファーは、前回入荷している物と微細な違いがあります。
それはコバの色合い(アウトソール側面)。

前回のナチュラルカラーによる軽快感とは双璧となるブラックのコバ色。
カッチリとした印象に纏まる為、また違った印象を与えてくれます。

以上、ブラックの統一感の中でも、品質や嗜好が異なると全く違った装いに映る事もしばしば。

これからお出掛け予定の方も、お仕事の方も、是非新作を見に付けて気分新たに数日間を過ごしてみては如何でしょうか。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休日】
4月無、5月15日、22日
※4月28日、29日、5月3日、4日、5日、6日は、19時閉店とさせて頂きます。
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



いよいよ来週には暖かな毎日に包まれそう、と長期予報が報じています。
冬宛らの寒さも、恐らくは今日まで。
来る来週からの春夏シーズンに向け、是非ともスタイルアップを完成しておきたいですね。

さて、今日も新作が多数到着しておりますが、先日から継続して取り上げている、休日スタイルへのプラスアルファとして、今日到着したばかりの『Rawtus』(ロゥタス)の新作をピックアップ致しました。

IMG_1857
Rawtusと言えば特許を持つレザーに代表される質の高いモノづくりとして皆様に認知されていると思います。

それらの拘りは他のアイテムにも生かされており、当然ながらカットソーにも同様の拘りを詰め込んでいます。

IMG_1852
今回到着しているカットソーは全4種。
その全てがライトウェイトコットンで作られているにも関わらず、降れると直ぐに『シッカリしている』事が伝わる程、品質は折り紙付き。

IMG_1853
このカットソーは、それら優れたコットン素材を基本にして作られた前後異なるボーダーを併せた一着です。

IMG_1854
フロントは水平ボーダー、バックにはバイアスのボーダーが配される等、Rawtusらしいシンプルでベーシックな中にも洗練されたシャープさを感じさせる一着です。

IMG_1848
この配色(ボーダー)には、こちらのモデルもご用意が在ります。
実は今回の入荷で最もお勧めとなっている形がこのモデル。

質の高いコットンはそのままに、肩をホンノリドロップさせる様な作りを持ったスリーブレスのカットソーに仕上げて在ります。

IMG_1871
普段ボーダーを着ない方にとっても、春夏のモノトーンと言う切り口の中では、比較的取り入れる方が多いのですが、まさにこのボーダーのピッチ(ライン幅)は、それらに適した一着と言えます。

IMG_1855
またこのモデルには無地のホワイト、ブラックのご用意も御座います。

IMG_1850
シンプルでソリッドなカラーだからこそ、素材の質が表面に出易く、善し悪しが分かり易いのもカットソーの持ち味。

逆を返せば、質の良し悪しは着ていると人の目に解る物だと言えます。

IMG_1873
その点安心なRawtusのカットソー。
写真だけでは伝わらない独特な触り心地とシッカリさは、きっと触れた瞬間に解る程、実に魅力的。

IMG_1872
シンプルな組み合わせが多い方や、春夏に簡素になりがちな人にこそお勧めしたい今回のカットソー。

スーツやジャケット等同様、生地は嘘を付きません。

上質な素材は確実に、魅力的な表情となって人の目に映ります。

シンプルな装いが好きな方、或いは春夏にレイヤードをしたくないと言う方は是非Rawtusの新作を。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】
4月18日(木)
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ