IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:PersonalOrder

IMG_6990
秋めいて来た今週。
徐々に毎日が”装う楽しみ”に変わる秋は、春夏とは違った数多くのお洒落が楽しめる季節。

日々の装いから週末や休日に至るまで多くのお洒落を楽しんでおきたい恰好の季節です。

IMG_6989
毎日お仕事でスーツやジャケットを着る機会が多い人たちにとって、秋を境に改めて新調したくなるのが足元、シューズの存在。

実は今秋は様々な要因から男性のシューズの入荷が乏しく、お客様からシューズの新調を希望される方も増えておりました為、本日より「緊急オファー」として、シューズの

PERSONAL ORDER

を開催する事になりました。

Shoe_PO_001
今回はご希望(ご相談)頂いたお客様方のサイズを中心にサンプルを揃えておりますが、今後日を改めてその他のサイズについても受注会を計画しておりますので、詳細含め是非お気軽にお問い合わせ下さい。(※最小サイズ23.5㎝から最大30.0㎝まで、ワイズはDからEEEまで)

尚、今回は24.0㎝から26.0㎝までの各ワイズを揃えての開催となります。
それぞれ木型サンプルをお召し頂き、様々な形(ブーツ等も含)をお選び頂きまして、革やアウトソールの仕上げなどをご指定頂く形となります。

Shoe_PO_002
シャープな形状から丸みのある形状まで、様々な形をお選びいただける他、革に関してもフランス、アノネイ社の革を含め、多くの革サンプルの中からお選びいただけるようになっております。

緊急オファーとなりました今回のイベントですが、ご都合のつく方、気になる方は、是非お気軽にお問い合わせ、ご来店をお待ち申し上げております。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

再び蒸し暑い空気が充満し始めている今週。
今日も都内や関西地方を超える気温を記録し、再び夏の暑さが戻ってきました。

今年は9月いっぱいまで高い気温が続くと言われており、いつもより少し長く夏物を楽しむ事が出来そうです。
暑すぎるのは嫌ですが、どんな状況もポジティブに楽しむ事が大切です。
今年の夏はまだまだ終わらない、そんな思いと共に少しずつ楽しみを見つけたいですね。

PO200828_91_002
さて、いよいよ8月27日(金)からはPERSONAL ORDER 第一弾がスタート致します。

今年はお仕立ての職人さんたちが交代勤務を行っている為、通常より多くの日数を要しています。
その為、皆様が大変お忙しい月末月初というタイミングでは御座いますが、少し早めの開催をさせていただく事になりました。
(※第一弾でのオーダー分については納期が10月中旬となります)

今回第一弾では、メンズ、ウィメンズのテーラードジャケット、コート、ベスト、スカート、トラウザーズなどをお承りいたします。

また来月中旬に開催予定の第二弾では、今回初となる女性に向けた一つの完成形ともとれる、ワンピース(ドレス)のオーダーを開催いたします。

この開催時には、ChanelやBalenciagaなどに専属契約を結ぶ英国の老舗LINTON社のファンシーツィードや、ストレッチ性の高い専用ファブリックなどもご用意し、これまでにはなかった新しい女性へのこだわりを形にする事が出来ます。

そして第三弾では、コートを中心としたジャケット、ベスト、トラウザーズ、スカートなどの最終オーダーとして開催予定です。

いずれも、今回は新たな切り口をご用意しての開催となりますので、是非ご興味のあるお客様につきましては、店頭までお尋ねくださいませ。

尚、男性のオーダーにつきましては事前相談がない場合、サンプルのご用意が出来かねる場合が御座います。
詳細等も含め、事前に店頭までご相談頂きますようお願い申し上げます。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月・9月の店休予定日】
8月27日、9月3日、10日、17日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
本日は店休日とさせていただきます。
ご来店を予定されておりました皆様には大変申し訳ございませんが、後日改めてのご来店をお待ち申し上げております。

AFBC0864-206C-41EC-88A8-05BA8D017A6C
昨日入荷した当店別注のWHのブーツ。
既に沢山のお問い合わせやご依頼を賜り、既に次なる期待を抱くお客様も俄かに目立ち始めました。

CCBC40B4-D258-41F1-956C-7ED7E244EB46
今回のブーツは実は、、、二つのモデルが存在しています。
今回ご案内させていただいたイタリア、イルチア社のミュージアムカーフを使った美しいパティーヌのモデルに加え、次なる入荷ではスーパーバック(牡鹿革)を使った物が加わります。

今回のモデルとまた違った趣を持つスーパーバックのブーツは、秋冬の装いにも最適。
是非次なる到着も楽しみにお待ちくださいね。

733F
また、いよいよ来週中盤からはPERSONAL ORDER 第一弾が始まります。
今回第一弾では、メンズのテーラードジャケットやボトムスの他、ウィメンズのテーラードジャケット、ボトムス各種など、スーツを交えたベースラインを中心に行います。

詳細等、お問い合わせはお気軽に店頭までお問い合わせください。
(ちなみに今回は大半の方々が金ボタンのダブルブレステッドをご要望くださっています)

EA987CBB-6B48-462B-BCD4-EA182A773401
新たな季節に向け少しずつ装いづくりを進めるには最適な8月。
是非この機会にご自身の装いを改めて見直してみては如何でしょうか。

(※PERSONAL ORDERについて・・・異例の事態で始まっているコロナ禍の現在、オーダーのお仕立てにも影響が出ております。 現在、職人さんたちの交代出勤によるスケジュールが組まれている為、通常より納期が延びております。 現在の時点(本日時点)で約50日程度のお時間を頂いております関係上、少し早めの開催を行っております。
今回の第一弾以降、9月中旬に第二弾、10月中旬に第三弾を開催予定です。
尚、第二弾では今回初お披露目となるワンピースのパーソナルオーダーの他、LINTON社のツィード等、新たなラインナップも加えて行います。
また、第三弾ではコートを中心に開催予定となっています。
その他、詳細等につきましては、お気軽に店頭までお問い合わせください。)





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【8月の店休予定日】
8月20日、27日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

当店には様々な依頼が集まるパーソナルオーダー。
その用途はビジネスに始まりカジュアルまで、ジャケットやコート、ベスト、トラウザーズと可能な限りアイディアを繋ぎ合わせて顧客様の要望に近付ける作業をします。

特に私達の仕事を愉しくさせてくれるのが『オフユースのオーダー』です。

ビジネスシーンでのオーダーが愉しくないのではなく、仕事上制限のあるオーダーとして、依頼主が使いたいと思う生地が使えなかったりする事も多く、その反面オフで使う為のオーダーには、普段選ぶ事の無い生地や仕事とは無関係の生地などを選べたりするためです。

そんな中、今日は年末にご依頼を承った顧客様が(県外在住の為)ようやくお受け取りに見えられ、そのご依頼の"コート"をご紹介させて頂きたいと思います。

遡る事2か月前。
顧客様のオーダーは一つのテーマのもと始まりました。

それは当店が顧客様方と共有して見ている「海外のスナップ写真」に在る数枚の写真。

元々当店が昨年からお勧めしていたオリーブカラー。
それらにリンクした『オリーブカラーのコート』を着たスナップ写真の数々。

経緯は過去のブログにも記しておりますので、ご興味のある方はコチラからご覧ください
過去ログ(1)(2)

女性が纏い、尚且つ女性的で在りながら"ミリタリー"ぽさを感じさせるもの、それらをコートで表現する事から提案し始めました。

Blog_Y002
ズバリ、テーマは『フレキシブルに使えるミリタリーテイスト』のコートです。

このテーマをそっくりそのまま取り入れる訳ではなく、顧客様の要望でもあった「ジャケットやスーツの上にも着られて、カジュアルにも着られて、その後もアレンジで楽しめる物」である事が重要でした。

そこには当店が誂えた物は、後々アレンジを加えて何年も楽しめる様、「その先何年後の姿も想像しつつアイディアを提案する」長いお付き合いを得られるものである事も前提です。

アイディアは様々でしたが、今回このお客様に提案し、そして誂えて頂いたのが脛下まで長さのあるダブルブレステッドのロングコート。

174A5199-1AFC-4B76-9741-3FCE17859A20
このお客様は身長が165㎝と高く、そのままの寸法でお作りするよりも、幾つかの変更を取り入れ、向こう何年かのち、再び補正を行ったり、アイディアを加えて様々な愉しみを得て頂く様にしました。

勿論、見た目だけでは何も判りません。

目に顕れる箇所で当店が実際の採寸とは別に確保したのが、肩幅、背幅、胸幅、袖筒、アームホール、腰位置、ポケット・ボタン位置、長目のベント、そして着丈のストレッチ(長くする)。

Blog_Y001
人には必ず『美しく見える箇所』があります。

このお客様の場合には恵まれた165㎝の身長を活かしつつ、脚が最も綺麗に見える丈(A)を先ず決定しました。

女性にとって膝下の"どこ"で丈が終わっているかは非常に重要です。
それはコートに限らず、スカートでもジーンズでもパンツ全般にも言える事。

当店はこのバランス位置をとても重要視します。
(その為既製品でも一人一人丈詰めする位置をお伝えしながら変えています)

次に身長に対してボリューム(大きさ)だけが突出しないよう、ウエスト位置を高めに作りました。(B)

これと共に背面のセンターベントも非常に深い位置まで長く取っています。

この二つだけでも『ウエストコンシャス』な見た目になります。

勿論、ボタン位置やポケット位置も準じて高い位置に設置。
(写真ではフラップをポケットの中にしまっていますが、実際はフラップポケットです)

そして最も頭を悩ませたのが(C)の袖筒の幅です。

通常ならば採寸した通りに腕に沿う様な寸法でお仕立てした方が、女性の場合にはほっそり美しく見えると考えるはずなのですが、今回ご要望の中にもあった「スーツやジャケット」「厚いニット」を着て、更に羽織れる物と言うお申し出に沿って、ややゆとりを持たせつつ、肘回りだけを絞り、再び袖先で広がりを作る(実際にはそこまで大袈裟に寸法は取っていませんが)事でご納得いただきました。

今日お受け取りに見えた装い(ハイゲージのニット一枚)でも、腕が泳ぎすぎる事なく仕上がりました。

DE61D20C-04B3-41CB-A64C-78213C5258FF
更に上胸がある為、前身幅の補正を行い胸回りを窮屈にせず、ゆとりを持たせ、更にラペルの幅も広げる事によって胸回りも自然な表情に仕上げています。

その他にも数字上にしか表れない数々の工夫を取り入れながら出来上がった今回のコート。

実際、店頭に何度か足を運んで頂いていると「このお客様の美しく見せられる場所はここ、ウィークポイントはここ」と、そのお客様の体形に最も最適なバランス装いが提案出来るようになります。

フィッティングを終えた顧客様から

「ああ、思い切って作って良かった」

との言葉を聞いた時、我々の仕事の中で、最も充実感を得られます。

更に素材のご提案や選択に間違いがなかったとも仰って下さいました。

生地見本ではマットに見えていたこの素材(Canonico社製フランネルSuper100's)も、仕上がると素材そのものが持つ微光沢が生まれ、特にコートの様に長い尺を使いたなびく様に流れる生地には、より光沢が目に解り易くなります。

こうして、先ずは仕上がりを愉しんで頂き、今後はボタンをホーン(水牛)からメタルのボタンに変えたり、ウエストに太目のレザーベルトをあしらったりなど、これからの楽しみ方も提案しつつ、お客様と共にアレンジや楽しみ方を考えて行く喜びも在ります。

一つのテーマ

に基づき始まったパーソナルオーダーは、何を作ろうか?と悩みながら作るよりも、各段に納得のいく仕上がりや世界観の共有、提案が適えられるものです。

いよいよ2週間後は春のパーソナルオーダー第二弾が始まります。
これから生地の検討に入られる方も、或いはお気に入りのスナップをお持ちの方も、是非お気軽に店頭へご相談にいらして下さい。

そして何を作ろうか考えられない、、、と言うノープランな方も、当店へ「丸投げ」でも大丈夫です。
今後愉しむための一着を、ストーリー性を持ってご提案させて頂きますので、是非ノープランの方も、先ずは気軽にご相談下さい。

最後に決めるのはお客様ですが、きっと納得のいく一着が出来上がると思います♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6042
2月、3月、そして4月とせわしさが募る季節。
別れと出会いが交互にやって来る季節でもあり、また一年の切り替わりを付する季節でもあります。

現在当店ではPersonal Orderを開催中ですが、この季節にオーダーをするお客様の用途は大きく分けて二つ。

一つは仕事上ジャケットやコート、スーツを身に着ける機会が多い方、そしてもう一つがお子様をお持ちの女性方に於ける晴れの日の為の一着です。

日頃スーツやジャケットを着ない女性たちにとって、こうした機会に吊るしを購入する話をよく耳にするのですが、この季節のオケージョン対応のスーツは"想像以上に高額"。

とは言え、「誂えると高いのでは・・・?」とお思いの方も多いはず。
しかし実際デパートなどで売り場を覗くと驚くほどの価格が並んでいます。
勿論、価格の大小は在りますが、実際その時だけ身に着け、あとはクローゼットに収納では聊か勿体無い気がしますよね。

実は当店のお客様の中には、こうした機会に誂え、その後の装いにカジュアルダウンで楽しむ方が多くいらっしゃいます。

勿論、ブラックやホワイト等の生地を使った特別感のある物も、その後の装いに使い易く考えながらお客様と共に誂えるのも、Be Spoken(ビスポーク)たる所以。

会話ややり取りを介しながら、お客様の求める用途に応じて作る事がPersonal Orderの魅力でもある訳です。

しかし当店は「どんな物でも良い」というリクエストにはお応え致しません。

それはお客様が身に着ける事が、私達にとって多くの人々にアピール出来る機会。
つまりお客様が当店で誂えた物を身に着け、恥ずかしさを憶える様なものは誂えるつもりが無いからです。

いつでもお客様が「素敵」に見える事が私達の一番の望みであり、お客様が素敵に身に着けて下さる事が私達の小さな小さな誇りを満たしてくれるのです。

今日はそんな誂えに興味のある方、或いは過去にオーダーを頂いた事のあるお客様も含め、当店が考える『一着作るなら・・・』をテーマに、一つの選択肢をご提案します。

当店はトレンドを大きく反映するお店では在りませんが、要所要所に取り入れられる時代の潮目の様なアクセントを提案しています。

例えば昨秋冬にはブラックやオリーブ、ロングコート等がそうだったように、次なる1年のリコメンドをお客様方にお伝えしています。

その中で、今年の秋冬に皆様にお伝えしているのが、バミューダ丈のプリーツ入りパンツ(或いはガウチョパンツ)や、ミドルレングスのショートブーツ、更に

「ライトグレー」

による上下のセットアップです。

ここで言うセットアップとはジャケットとボトムスのセットアップではなく、ニットなどエアリーな素材を上下で組み合わせた

「ライトグレーのトップスとボトムス」

の組み合わせを指しています。

例えばアルパカやカシミアなどで作られたニットと、同じくニット素材で作られたラウンジパンツの組み合わせなど、一見コンフォータブルでルームウエアに見える様なセットアップにコート(それもトレンチやロングコート)を羽織ると言うスタイルです。

何故この話題に触れたかというと、春の機会に誂えるならば、これらのスタイルに合わせ易い物が良いと私達が考えているから。

そこでお勧めしたいのが、シャークスキンやシルク混ウール、モヘア混リネンなど、生地に表情があるもので誂える「グレー」のセットアップです。

IMG_7263
例えばこのロロ・ピアーナ社製Summer Timeの様に、ウール、シルク、リネンをブレンドした事によってシャークスキンの様に独特な表情が生まれる生地は、前述のグレーワントーンの組み合わせにもアクセントとなって生きて来ます。

IMG_7264
写真では非常に解り辛いのですが、立体的でシャリ感があり、また清涼感を感じる割にしっとりとした滑らかさも含まれるなど、ロロ・ピアーナのファブリックらしい独特な魅力が詰め込まれています。

IMG_7267
行事向けの方にはスカートとのセットアップを、またキャリア向けの方にはトラウザーズとのセットアップなど、ボトムを変えたり、或いは2ボトムス誂えるのも一つの選択肢になります。

IMG_7262
スカートをカジュアルダウンに使ったり、単体での出番が多い事は言うまでも無く、マルチに使えるグレーと言う色合いゆえのフレキシビリティを生みます。

IMG_7268
トラウザーズはジャケットやトップスの組み換え次第で使えるシーンがスカート以上に幅広くなります。
男性がグレーのトラウザーズを複数枚持つのには、こうした理由も多分に含まれています。

IMG_7265
もっとフレキシブルにマルチに使えるセットアップをと言う方には、リネンのベスト(ジレ)を「敢えて色を変えて」誂えておくと良いでしょう。

IMG_7266
単体での出番も多いベストはセットアップとは異なる色で作る事によって、Tシャツ等とのカジュアルダウンにも使える等、異なるシーンでの出番が多いアイテムでもあります。

この写真で使用したサンプルの他にも、グレーのトーンの中に収まる様々な生地が沢山揃っています。

IMG_7273
実は秋冬に比べ、凹凸感や味わいのある素材は、春夏の方が圧倒的に多く出て来ます。

IMG_7272
色の濃淡や微細な色の変化に及ぶ物も同様で、一見しただけでは単色にしか見えない物や、先日ご紹介させて頂いたソラーロの様な反射色の様な物まで、春夏は魅力的な生地が沢山出て来る季節でもあるのです。

IMG_7274
誂える事で伝わる、身に着ける人の表情や性格、職種が、選ぶ生地や形に顕れること。

昔、アメリカでは成功を目指すエクゼクティブは月収と同額のスーツやジャケットを身に着けると言われていましたが、こうした投資は人を判断するうえで大切な

ファーストインプレッション

を重視するからです。

とっても清潔な人が、洗濯のされていないヨレヨレの衣服を身に着けていても、それは周りにとって清潔には見えません。

とどのつまりは身に着ける物が相手に与える影響は多分に大きいと言う事です。

それらを加味しつつ、地味過ぎず、派手過ぎず、そしてフレキシブルに使えるグレートーン(それも表情のあるグレー)は、まさに誂えるのには打って付けの一着かも知れません。

IMG_7275
今回のPERSONAL ORDERで、何を選ぼうか、何を作ろうか、迷われている方がいらしたら、是非グレーの生地も選択の一つに加えて見て下さい。

想像とは違った仕上がりや表情が備わるはずです。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【2月・3月の店休予定日】
2月20日、27日、3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

このページのトップヘ