IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:MarcoMasi

A7A4F6E4-13C6-4DC3-9EEA-3E72987CB5E2
予てから当店で俄かにリピーターが多かったイタリア、ミラノのブランドMARCO MASI。
その特徴的なデザインはラフィアと革をコンビネーションした物に代表され、日本ではとかくラフィア素材の物が人々の目に知られて来ました。

4fc0373d
当店でMARCO MASIと言えば、この持ち易いハンドルと形、そして軽さが魅力のトート型バッグ。
加えてシッカリ編み込まれたラフィア素材の形。

そしてもう一つが

MMASI001
この縦長タイプのバッグ。

MMASI000
MARCO MASI(マルコ・マージ)は、1987年以降、MASI家が受け継いできた革職人としての知識と技術、そして研究熱心な彼らによって数々のブランドのOEMを手掛けてきた、2010年に自社ブランドとして立ち上げた歴史の若いブランドです。

そのMARCO MASIの製品を世界で最も目にする事が出来るのが実は日本。
その魅力を早くから取り上げ、数々のショップによって異なる趣きや形を表現して来た事が、このブランドの(日本での)認知度を上げています。

当店でもシーズンごとに度々オーダーして来たMARCO MASIですが、今季は特にこのブランドが特徴としているパイソンの型押し(Pitone Stampata)を中心に展開。

IMG_6068_PhotoRoom_20210329_225910
MARCO MASI自身も推しているこのバケットバックの形状と、特徴的な色合いRocciaで仕上げたバッグは、MARCO MASIの作りだすパイソン型押しが他とは異なる穏やかさを持っている事に気付かされるはずです。

158519848
当店がオーダーしたこの色合いはブラウン系トーンが中心のパイソンで、一派的に想像される物に比べ、尖り過ぎた印象がありません。

158519848_o5
むしろ落ち着きすら感じさせる色合いに、パイソンを苦手としている方にこそお勧めしたい魅力的なカラー。(柄そのものが苦手と言う方には無理かも知れませんけれど…)

158519848_o2
この繊細なタッチで作られた型押しは、カーフスキンに押されたもので、革そのものにも品質を求めるMARCO MASIらしい柔らかさとしなやかさが、まるで本当のパイソンレザーの様にコンフォータブルな存在感を作りだしています。

158519848_o1
MARCO MASIも語っておりますが、このバッグは春から冬まで、つまり一年中使えるバッグとしてブランドとしても推しているレザー(ラインナップ)なのですね。

IMG_6067_PhotoRoom_20210329_225943
同じくこのバッグもラインナップの一つで、前出の物より少しコンパクトな大きさ。

158519611
余程荷物が多い方でない限り、日常的に出歩く荷物は(多少は少なくして頂きますが)大抵の物が収まる大きさです。
ロングウォレット、モバイル、小さな化粧ポーチ等、不可欠な物は収納出来ます。

158519611_o2
このバッグ(サイズ)の特徴はホールを通じてハンドルになっている点は前出と変わらないのですが、一点異なるのが、この絞りの在る部分。

158519611_o3
ハンドルの長さを変えたり、或いはバッグインバッグとして持ち歩く際には入口をギュッと絞る事で荷物の散乱を防ぐなど、アイディア次第で使い方が変えられます。

158519611_o4
どちらも二つの持ち手でハンドバッグとして持ったり、或いは片方だけを伸ばしてワンショルダーにしたり、フレキシブルに使える点はMARCO MASIが求めているコンフォータブルなバッグで在るべきと言う所につながっています。

158519611_o5
MARCO MASIのバッグのラインナップは決して多くは在りません。
然し、ここまで人気となっているのには何かしらの理由があります。

158519611_o6
それは、恐らくがMARCO MASIのバッグのバリエーションを各ショップがアイディアとして作りだしたり(組み合わせ等)、またブランドが掲げる、コンフォータブルなバッグである事や軽さ、そして日常的に使えるもので在る事など、その全ての要素が今の日本女性たちにシンクロしているからかも知れません。

バッグを選ぶ、或いはバッグブランドを選ぶ、それは女性にとって一つの楽しみでもあり、また必要に応じて選ぶものでもあります。

MARCO MASIは決して高額なバッグを作る為、生み出しているのではなく、それまでの多くのブランドのOEMで裏付けされた高い技術やバッグへ求める様々な欲求を、身近なバッグに転化している、数少ないブランドの一つだと私達は考えています。

特にお出掛けが制限されて来た(或いは今)生活環境の中で、最も実用的で、理に適っていて、そして御洒落としてのインパクトを持っている最適なバッグかも知れませんね。

MARCO MASIのバッグは他にもご用意が御座いますので、是非ご来店の際に手に取ってみて下さいね。

あなたにとってのバッグ選びに、MARCO MASIと言う選択肢が新たに加わるかも知れませんよ。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2553
黄砂を含んだ小雨空。
春は花粉や黄砂が雨に交じり、雨が上がった次の日がある種闘いです。
明日はくしゃみをする人が増えそうな長野地方です。

さて、先週から沢山の新作が到着し、いよいよ装いもトータルで揃えたくなる時期に差し掛かっています。

今年は昨年のコロナ禍の影響を避け、シューズ類が久しぶりに充実を計っているのですが、今日は洗練されたシャープさが魅力のFABIO RUSCONIの新作を幾つかピックアップしたいと思います。

158504895
一つ目は先日のブログでも触れたセレモニーにも使える春らしい一足、短く整えられた毛足が美しいスウェードのバックストラップです。

スーツやワンピース等、華やかさを表現する春のセレモニーにピッタリの形、そして色合いと、セレモニーデビューで、その後デイリーに使うと言う一つの(言い訳)使い方を思うと、このパンプスは必要不可欠(?)な一足に。

158504895_o3
今回このパンプスをオーダーする際、穏やかで中庸な色合いを求めていました。
その時、メーカーの素材サンプルから選んだのが、この(写真では解りづらいのですが)穏やかで落ち着きのあるハニーカラー。

はちみつのような綺麗さと、素材に使用した非常に柔らかなスウェードがマッチして、このパンプスのテイストにピッタリ合っています。

ホールド性の高いアッパーの周りこみ、そしてエラスティックを採用したストラップと、フラットパンプスとしては申し分のない作りの一足。

158504895_o7
相性の良い色が多く、また素材を選ばず、実に使える一足となっているこの新作。
オフィスユースからウィークエンドまで、そしてパンツ、スカートを選ばず使える、意外性の高いフレキシブルな一足です。

158505201
春夏は様々なボトムスのバリエーションを愉しみたい季節。
ジーンズばかりじゃなく、クロップドレングスやスカート、ショーツ、そしてワイドパンツ等、ボリュームの有無だけでも様々なタイプがあります。

そんなバリエーション豊富なボトムスに比較的多く合わせられるのが、このサンダル。

158505201_o5
用途は嗜好するスタイルの数だけ在りますが、特に当店がお勧めしたいのがブラックやホワイト、ベージュ等のワイドパンツ等、丈が長く裾幅の広いボトムス。

勿論、ロングのワンピースなどにも好相性を見せますが、このH型のストラップに配されたブロンズゴールド(写真ではイエローに見えますが、実際にはブロンズ系のゴールドになります)が、重みのあるボトムスに覗くと、肌のヌードカラーと相まって、実に魅力的に見せてくれるのです。

158505201_o2
ベースは柔らかなブラックのスウェード、それらにアクセントとして入るゴールドカラーが、全体に軽快感を齎してくれます。

158505201_o6
シューズとバッグのシンクロは、もはや当たり前の決まり事。
この春はイエローのアイテムを効果的に使って、より磨きのかかった大人の女性を振る舞ってみては如何でしょうか。

このサンダルがカジュアルなサンダルとは違った魅力があることを、より知る事と思います。

158505419
そして最後にお勧めするのが、このスクエアトゥのクロスストラップのサンダルです。

158505419_o2
昨シーズン以降、スクエアトゥの様々なシューズが世に出回っておりますが、大抵の物の場合はトレンドを加味した”過剰な”ディテールが占めています。

しかしこのスクエアトゥは、爪先のトップ部分から小指側に掛けて、斜めにカットされている事により、パンプスなどで言うところのポインテッドトゥの様に、足を綺麗にほっそりと見せてくれる効果も持っています。

158505419_o3
トレンド感を最小限に、そして美しさやシャープな印象を、より解り易く形にしているこのサンダル。
ヌーディーな足の肌色と、ベースカラーのライトブラウン、そしてアッパー(ストラップ)に使用したパイソンのカラーリングを含め、その全てが統一感に溢れています。

158505419_o5
また、やや後方にセットバックしたヒールや、クロスストラップのエラスティックの採用によって、足はしっかりとホールドされ、また適度なカーブによって脚を美しく見せてくれます。

158505419_o9
今回当店のテーマの一つに”パイソン”が含まれており、先般から度々出番を見せているMARCO MASIのバッグを中心に、バッグと足元をリンクした御洒落が愉しめるようになっています。

158505419_o8
上品な趣き、適度なトレンド感、そして何より大人の女性にこそ相応しいシャープなシルエットから、このサンダルもまたスッキリとシンプルな装いにこそ、その威力を発揮してくれます。

158505419_o10
他にもビビットな色とも相性が良いこのサンダル。
いつもならばブラックやブラウン、ベージュ等、ペールトーンで揃えそうなところを、今年は少し色の傾向を変えて愉しんで頂くのもお勧めです。

以上の他にも、現在新作シューズが続々と到着しています。
徐々に暖かさも増してきている今週は、春夏の御洒落を完成するのに相応しい一週間となりそうです。

是非この機会に、新しいスタイルを探しにいらして下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月1日、8日、15日、22日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
※2月末日は店内棚卸の為、予定より早く閉店する恐れが御座います。 詳しくは店頭までお問合せ下さい。
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-21 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6032
2月も終わり間近となった途端、突風や吹雪による荒れた天候に。

今日は一時的に都内へ展示会に出向いておりましたが、空は珍しく青く、白い雲が浮かんでいるのにも関わらず、風が冷たい一日となっていました。

しかしこのジェットコースターの様な天候も、春が近づくと共に好例の荒れ模様。
寒さは耐え難いですが、少しずつ春の兆しを感じさせるものになって行きそうです。

IMG_8467
さて店内は徐々に春の色が増えつつ在り、落ち着いた色合いの多い店内に鮮やかな色合いが目に映る様になってきました。

IMG_8466
特にインポートが大半を占める当店にとって、今年はウィルスによる国内への荷物の到着にも影響を及ぼしており、聊か遅れ調子になっています。

然し、まだまだ寒い2月を過ごす私達の土地にとっては丁度良いテンポかも知れません。

今日は新作が幾つか到着しているのですが、中でも季節を問わず今から使いたくなる『バッグ』の新作を幾つかご紹介。

MarcoMasi0001
一つ目はイタリアの「Marco Masi」(マルコ・マージ)の新作。

昨年当店で展開して以降、その作りの確かさと丈夫な物作りに魅入られた方も多かったMarco Masi。
この約一年の間に、非常に沢山のセレクトショップやデパートでも展開されるようになり、その名は知らずとも、幾つかあるMarco Masiのアイコン的形でピンと来る方も多いのでは無いでしょうか。

元々、一流メゾンブランドのOEMを手掛けている同ブランドは、抱えている職人たちの高い技術力を生かし、一点一点手作りしている為、一つ一つのバッグに感じられる細やかさが良く解ります。

IMG_8468
今日到着したMarco Masi第一弾は、このナッパレザーとラフィアを組み合わせた巾着型のバッグ。
この形はMarco Masiの中でも非常に人気の形でもあり、また春夏にはレザーとラフィアを組み合わせたモデルが多く輩出されるため、その色の組み合わせや素材の組み合わせによって、様々な表情を見せてくれるバッグです。

IMG_8502
男性でも巾着人気ですが、女性は元々この形を好む方も多く、何より気軽に持てる事、またアクティブに見えそうで実は上品に映る、そんな高いフレキシビリティが魅力です。

今回当店ではアイボリーのナッパとナチュラルなラフィアを組み合わせ、共にきめ細かなレザーと細かな編地の上質さが一目でわかる物に仕上げています。

どこかクルーズ感を感じさせる新鮮さもいいですね。

LauraDiMaggio001
そしてもう一つ、当店では長らく取り扱いしている、同じくイタリアの老舗ブランド「Laura di Maggio」(ラウラ・ディ・マッジォ)。

LauraDiMaggio002
このブランドはイタリア、ボローニャの工房で職人たちが手作りするブランドですが、その高い技術力と展開力、時代と共に進化するデザインなど、今日のLaura di Maggioを支えている多くの魅力は沢山ありますが、何と言っても最大の魅力は「高いコストパフォーマンス」です。

そのLaura di Maggioに今回オーダーしたのは、前出のMarco Masi同様、ラフィアにフォーカスしたラインナップです。

IMG_8473
今季ラフィアのバリエーションが多数あるLaura di Maggioの中で当店がフォーカスしたモデルはこのスクエアのショッパータイプ2型。

IMG_8498
スモールサイズにはグレージュのラフィアにデニム素材のサイド、そしてトリミングはレザーを組み合わせしました。

コンパクトでも常にしっかりと物作りをするLaura di Maggioは、今回のモデルでも専用ストラップを用いており、斜め掛けが出来る他、インナーに専用(同素材)のポーチを備え、ポーチ単体にもD管を介してストラップが付けられるようになるなど、"いつも通り”の配慮が。

IMG_8500
ミディアムサイズはスモーキーブルーのラフィアにデニム素材のサイド、そしてトリミングはレザーを合わせています。
こちらもまた専用ポーチを備え、スモールサイズ同様にストラップを付ける事が出来ます。

LauraDiMaggio003
Laura di Maggioはただコストパフォーマンスが高いだけではなく、独自のデザインを展開しながら、その時代に則したディテールを取り入れたり、色や素材に特化した"その国"にあった形を作り出すなど、非常に高い機動力があり、世界に何十万とバッグを送り出しているブランドです。

LauraDiMaggio004
今回のラフィアを取り入れたシリーズも、形そのものはクラシックですが、異素材の組み合わせやリゾート感あふれる色の組み合わせなど、Laura di Maggioだからこそ表現出来る世界観やプライスが備わっています。

IMG_8486
その他にもLaura di Maggioでは、こんな某メゾンの様なバッグもオーダーしています。
両脇に設けられたハンドルを介して伸びるのはショルダーとして丁度良い柔らかな革のストラップ。

IMG_8487
元々革の選択にも厳しい管理を敷くLaura di Maggioゆえ、ふんだんに革を使ったバッグには一つとして欠けやヌケなどが無く、上質な革を丁寧に縫い上げている事が伝わって来ます。

今や多くのショップで見かけるようになったLaura di Maggioも、セレクトするお店の世界観や、独特なオーダー(組み合わせ)等、バリエーションも豊富になり、お気に入りの一点を見つける楽しみも広がって来ています。

今回当店が揃えた各ブランドのバッグには、一つのまとまり在る世界観を元にオーダーしています。
春、そして夏が恋しくなるような、そんな上品で爽やかな潮風を想像させるようなバッグのバリエーションです。

今直ぐにでも使えるバッグ。
春夏の洋服に身を包むには、ほんの少しだけ寒い気もしますが、バッグならば直ぐに持てそうですね♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【3月の店休予定日】
3月5日、12日、18日、26日
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2827
一気に気温が上がり、今日は初夏の陽気に包まれている此地。
屋内よりも屋外の方が心地良い1日になりました。

IMG_2811
こうして暖かくなると、やっぱり気持ちは夏の装いへ移ります。

IMG_2812
普段の装いにチョッピリ夏のエッセンスを加えるだけでも充分『気分』が愉しめる初夏。
特に朝晩の寒さも入り混じる今の季節を楽しむのに、バッグや小物類は最適な存在と言えますね。

IMG_2815
Marco MasiのバッグやP PUNTOのウォレットやレザーアイテムは、そんな気持ちを埋めるのに最適。

IMG_2810_0
軽快で爽やかさにも包まれるこうしたバッグや小物たちは、チョッピリ見せて使うと、その後夏の入りにも便利に働きそうですね。

IMG_2807
他にもFELISIのバッグなど、彩色を取り入れるのに相応しいアイテムが揃っている店内。

IMG_2808
色を挿し、その日1日のモチベーションも変わるこれからの季節に是非取り入れて見ては如何でしょうか。

IMG_2823
またTEEシャツも欠かせない必須の存在。
先日入荷したChampionのRochester Collectionは、古き時代のChampionを今に蘇らせたヴィンテージ感あふれるラインナップ。

IMG_2824
メンズの展開で仕入れているこのTEEシャツも、女性にとって程よいドロップで着られるフィット感です。

また今日は同じくメンズのブランドJAGGYからも新作TEEシャツが到着しています。

IMG_2819
今回オーダーしたのは(もともと作りが丁寧なJAGGYにとって)アメリカンテイストを盛り込んだTEEシャツ。

IMG_2821
素材に柔らかなスラブコットンジャージーを使用し、心地良さに加え、モチーフにはブランドロゴを全て『チェーンステッチ』で表現する凝りよう。

IMG_2816
もう一方は同じスラフコットンジャージーをベースに、左胸にアロハプリントを施したポケットを配し、更に上からチェーンステッチによるブランドロゴを刺繍するなど、何れも凝った仕様が魅力です。

IMG_2818
先日のBLOGでも触れましたが、我々世代が若者と同じ物を身に着けては、中々良い味わいも生まれないというもの。

こうしてしっかりと作られた、あくまで『ニュアンス』在りきの1枚が、全体の雰囲気を昇華してくれる事を忘れてはならないですね。

このTEEシャツもメンズですが、女性のお客様にとってもドロップした着方ならば対応可能。

バッグ共々、これらのTEEシャツも、是非「スーパー・ゴールデン・ウィーク」に向けて備えてみては如何でしょうか。


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月・5月の店休日】
4月無、5月15日、22日
※4月28日、29日、5月3日、4日、5日、6日は、19時閉店とさせて頂きます。
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



FDCC94B0-E245-4EDF-8977-3B45655715CC
春夏、それも初夏が近付くと身に着けたくなる『ホワイト』の物。

20CB6377-8B4F-4037-8B7C-ED0D21C17819
先日も時を同じくしてパーソナルオーダーにて上質なリネンのホップサックを使って誂えて下さった御客様がお越しくださいました。

A9CDE31A-BE83-4868-9C84-5AF2AC635C84
お仕事上クリーンな印象を前提に、シャープで女性らしい装いがお好きなお客様ゆえ、このAngelico社製のリネンホップサックは、想像以上の仕上がりと共に、お客様の雰囲気にとても合っていらっしゃいました。

ジャケットやスカートだけではなく、シャツや小物に至るまで、この季節はホワイトを身に着けたくなりますね。

現在店頭にも様々な「ホワイト」をご用意しておりますので、是非ご興味のある方はご覧下さいね。

さて、連日お伝えしている休日にお勧めの装いですが、冒頭のホワイトと共に、この季節から身に着けたい、或いは手にしたい物と言えば、『ナチュラルカラー』を筆頭にベージュ系トーンですね。

MarcoMasi02
それも海を連想させる様な自然素材、天然素材は、この季節に楽しまずして、いつ楽しむと言わんばかりの魅力的な色。

今日ご案内するのは、女性に向けたイタリア、ミラノのバッグ専業メーカーである『MARCO MASI』(マルコ・マージ)のバッグです。

IMG_2648
このブランドは、古くからメゾンブランドなどのラグジュアリーブランドのOEMを請け負い、その高い技術力と、品質の確かさで、多くのバッグを作り続けて来ました。

その中でも今回当店がオーダーしたこのモデルは、MARCO MASIの中でも人気の高い一作。

IMG_2649
丹念に編み上げられたラフィアを柔らかなレザーでトリミングして仕上げている為、非常にしっかりとしているにも関わらず、

柔らかく、そして軽い

のが特徴なのです。

IMG_2652
また軽さを求めるのと同時に、この形に施す事により内容量の多さに加え、形を気にせず使える事から、四隅に裁ち目や縫い目を持たず、日常にとって非常に便利な存在になります。

こうして形や装いを気にせず使えるバッグは、まさに長期連休に相応しいと言えますね。

MarcoMasi03
MARCO MASIはレザーやファー、ラフィアなどの天然素材を使い、その時代に沿ったバッグを作り続けるブランド。(写真は参考写真です)

MarcoMasi06
大手メゾンやラグジュアリーブランドが製作依頼をすると言うお墨付きが与える、MARCO MASIの魅力は、色や素材だけではなく、きっと手にしてみて初めて感じるメリット、利便性があるのだと確信させてくれます。

いよいよ近付く長期連休に、是非新たなバッグでお出掛けして見てはいかがですか?


1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休日】

(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ