IMG_4156
過ごし易い夜が増えて来ました。
日中も蒸し暑さが影を潜め、少しずつ心地良い空気に包まれ始めています。

秋の到来はもう始まっています。
日ごとに秋の足音が大きくなってきている今週です。

さて、昨日ご案内させて頂いた『DRESS』のパーソナルオーダー。
既にゲージサンプルとファブリックサンプルが到着し、明日からの開始を前に下見に訪れるお客様もチラホラ。

そこで今日は沢山のサンプルの中から幾つかをご紹介させて頂こうと思います。

今回行うパーソナルオーダーでは、英国LINTON社(イベント期間限定)のファンシーツィードなど約100種類、イタリア、イギリスなど高級ファブリックメーカーの各種素材(生地)約200種類を加えた、数百ある素材の中からの生地選びに始まり、衿や袖、ボトムラインなど形の組み合わせを、採寸によって誂えて行くものになります。

IMG_4296
中でも目を引くのが、やはりLINTON社のツィード。
このサンプルではラウンドネックとスリーブレス、ボトムフレアのシルエットを形にしているのですが、以前試作段階でも皆様にお伝えしていたように、ウエストなどでの切り替えを持たず、一枚の布地の立体的なカット、縫い合わせによって、流れる様な自然なラインを生んでいる点が一つの大きなポイントになっています。

IMG_4298
LINTON社と言えば、シャネルやバレンシアガなどのメゾンと専属契約を結び生地提供を行っているサプライヤーとしても知られる老舗ファブリックメーカー。

IMG_4299
その魅力はドレス(ワンピース)で最も魅力を発揮する美しい色合いや、立体感です。

IMG_4297
生地厚や素材の組成などは生地それぞれで異なりますが、季節を問わず使える存在感もまたLINTONの魅力の一つですね。
(※写真で使用している生地は完売の為、使用できません。)

IMG_4300
通常、LINTONのツィードを使った場合、或る程度の高額になってしまうのですが、今回取引先の協力によって、少し身近な存在になりました。
(※LINTON社をご存じの方はお分かりかと思いますが、恐らくは想像よりは低価格に収まっています)

IMG_4301
コチラのサンプルは最も使用頻度が高くなるで在ろうVネックとスリーブレス、ボトムラインをボックスタイトに仕上げた物です。

IMG_4302
作り(縫い)は先ほどのLINTONツィードの物と同様で、切り替えを持たず、流れる様な美しさを作りだしています。

IMG_4303
仕事などで頻繁に使用する機会の多い方には、ストレッチ性の高い化繊素材やウール素材を、またとっておきの一着として仕立てたい方には、上質なシルク100%(エルメネジルド・ゼニア社NOVARA)の素材やカシミア素材、ベビーキャメルなど、選ぶ用途に応じた様々なファブリック選びの楽しみもあります。

IMG_4304
コチラのサンプルは前出の物と同じ形状に対して、ショートスリーブを設けた物です。

IMG_4305
先に触れた”とっておきの一着”に相応しい、エルメネジルド・ゼニア社製のシルク100%素材が、まさにこれ。

流れる様な毛足と、シルク?と疑ってしまう程、豊かな生地厚は、まるでカシミアのような肌触り。
上質な素材は目に正確に訴えるものです。

IMG_4306
袖のバランスは希望の長さに仕立てる事が出来る為、1分袖から9分袖、フルレングスと、仕立てる方の希望の形を適える事が出来ます。

IMG_4307
勿論、当店でも用途に対する適切なリコメンドはさせて頂きますので、インナー問題、羽織の問題、シルエット、或いは体形など、小さな事でも気軽にご相談下さい。

IMG_4308
コチラのサンプルはストレッチ性の高いポリエステル素材が生地に使用されているのですが、ウールフェイスの仕上げの為、どこから見てもポリエステルとは思えない質感になっています。

IMG_4309
形はボートネックとボックスタイトのシルエットに対し3クオータースリーブ(3/4)に仕上げた物。

IMG_4310
LINTONやその他のファブリックメーカーの生地に比べて、コストパフォーマンスの高い仕上がりとなり、また素材の表情も、写真のように微細な凹凸を生み、ドレスそのものの高い完成度が、よりわかり易い物になります。
(※色はチャコールグレー)

IMG_4311
前出と似た印象のコチラのサンプルは、ラウンドネックとショートスリーブに対し、ウエストからなだらかな広がりを作るフレアシルエットの物。

IMG_4312
素材にはストレッチジャージーのダブルフェイスを使用しており、裏面(ブラウン)の色合いが表面のライトベージュに杢の様に色抜けし、良い風合いを見せています。

IMG_4313
今回のオーダーでは、裏地の有無(キュプラ、ストレッチキュプラなど)を選択できるのですが、ダブルフェイスの物や、裏面に対して滑りの良い素材のもの、或いは春夏秋を意識した物については、裏地を省く事も可能です。
(中には春夏用としてオーダーを検討していらっしゃるお客様もいらっしゃいます)

IMG_4314
このストレッチジャージーの場合には、裏面となる色が不意に見えた時に感じさせる『見えないセンス』が作れます。

言わばステルス・ウェルスとでも言える、個人オーダーに於ける満足度の高さが作り出す『隠れた御洒落』ですね。

IMG_4315
他にもカジュアルダウンを前提にイタリアのストレッチコットンを得意とするファブリックメーカーによる厚地のコットンストレッチ素材など、春夏秋を視野に入れた物もサンプルとして用意しています。

IMG_4316
ドレス=季節感を感じさせないアイテムで在ると言う事は、女性の誰もが理解しています。
”だからこそ”季節に捉われずに仕立てる事もまた楽しみの一つであり、その逆、季節感をタップリ感じる物を作る事も一つです。

はたまたピアチェンツァ社に代表されるカシミアやベビーキャメルなど、「暖かさ」と「美しさ」、「上品さ」、「上質さ」を備えた物を誂えるのも、大人の女性ならではの贅。

IMG_4317
現在、店頭に揃える(主にLINTON社の)ファブリックは、日々生地在庫が減り続ける物になります。
(※世界中で生地在庫が共有されており、日ごとに反物の数が減って行きます)

IMG_4319
一般的に残反などが流通するLINTON物ではなく、当店ではLINTON JAPAN社製の正規生地のみを使用しています。

IMG_4320
当店のお勧め生地は沢山ありますが、それも作るお客様の描く用途やスタイルに沿いながらリコメンドさせて頂きます。

IMG_4321
美しさ、色鮮やかさ、ボリューム、清涼感、様々な生地の魅力がそれぞれに存在しています。

IMG_4323
またドレス(ワンピース)を中心に、無地物のジャケットを組み合わせてオーダーする事もお勧めしています。

IMG_4324
今回のドレスは、当店が誂えているジャケットとの親和性を重視してバランスを作っている為、当店で誂えているジャケットとの相性は抜群です。

IMG_4325
また全ての生地では在りませんが、これらツィードを使ったテーラードジャケットの受注が(縫製に問題のある生地もありますので、その都度確認が必要になります)可能になります。

IMG_4326
多彩な魅力を持つLINTON社、また当店が常備するイタリア各社の高級ファブリック、その全ての中からご自分のお気に入りの一枚をイメージするには、相当の時間が必要となります。

IMG_4327
今回もオーダーを頂くにあたって、事前のアポイントを取得頂く事になっておりますので、ご興味のある方、またオーダーを検討されている方は、先ずオーダーのアポイント時間などのご相談をお願いしております。

IMG_4328
またこれらの生地ではなく、「もっと毎日の為にバリエーションを揃えたい」と言う方や、既にお持ちのジャケット等と共に、「仕事やセレモニーで利用したい」と言う方には、ウールタッチの生地や、その他の生地もご用意しております。

IMG_4322
今回のイベント期間内のみ可能な生地も多数ございますので、是非皆様にとっての用途やイメージなどを店頭でお伝えいただき、”Be Spoken”(ビスポーク)での誂えを愉しんで頂きたいと思います。

これを機会に是非、あなただけの特別な一着を手にして下さい。


※その他、解らない点、詳細などについては店頭までお尋ね下さい。

IMG_4318
他にも、今回の期間中は別途シークレットイベントも同時開催中です。
コチラも詳細は店頭まで。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【9月の店休予定日】
9月24日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED