IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Francesca

IMG_6893
台風が残した爪痕の広さに、改めて今回の天災の恐ろしさを再確認。

この広範囲での浸水に見舞われたお客様も多く、現在も避難所生活や復旧作業に追われている方がいらっしゃいます。
どうか一日でも早く水位が落ち着き、作業がより進む事を願うばかりです。

今日は雨の影響もあり気温はかなり低くなりました。
街中にも冬の装いさながらの姿も見え始め、徐々に季節の移ろいを感じています。

現在店頭には様々なネックウェアが揃っております。
季節の変わり目にこそ相応しいストールやスカーフは、今日の様な気温にこそ役立ってくれそうです。

IMG_6537
特にFrancesca Bassiのストールは、大きさや素材が軽めの羽織に匹敵する程、利便性が良く、また素材も心地良い物が揃っています。

IMG_6538
この大判ストールもエクストラファインメリノを主とした非常に柔らかさと滑らかな触り心地を持っています。

IMG_6542
ブラックを基本に光沢のあるホワイトやベージュの異なる太さのラインを取り入れたストールです。
このラインの色合いは、糸の特性によって光沢が生まれている為、まるでシャンパンゴールドとシルバーの様な見え方をする為、上品な印象が在ります。

IMG_6535
このストールもFrancesca Bassiの物ですが、このストールは男女共に使えそうなシンプルなストールで、全体を占める基本の素材はメランジ調のブラウンを使っており、その色合いが何とも絶妙な色合いに仕上がっています。

IMG_6534
縁にはネップの織り交ぜられたツィーディーな糸が織り込まれており、全体の印象を軽やかに見せると同時に、巻いた時の動きを演出してくれます。

IMG_6547
同じくFrancesca Bassiの大判ストールですが、このストールはちょっとしたカーディガン代わりになる程、暖かさと素材の組成とが相まって、実に魅力的な仕上がりになっています。

IMG_6543
ベースカラーの極薄のライトグレーはガーゼ質の様な編地のウールで、トリムには同じくウールのラインがミッドナイトブルーとホワイトの2色でトリミングされています。

IMG_6544
また良く見ると部分的にシルバーの繊維を織り込み太幅のラインを作っている為、この部分もまた巻いた時の微光沢を生み出し、単色のストールから脱した大人ぽさを作り出してくれます。

この他にもCITRUSやEuropean Cultureなど、ストールが多数揃っておりますので、是非この気温に対処する一枚を試して頂きたいと思います。

また同じ大判でも大判のスカーフもシーズンレスに使える存在としてお勧めしています。

IMG_6527
シルクの大判スカーフは巻き方のアレンジ数が多く、ストール以上に愉しみ方の幅が広がります。

特に秋冬は男女共に衿元にスカーフやバンダナを取り入れて頂く方も多いと思いますが、この一枚が想像以上に首元を暖かくしてくれる事を実感された方が多いのではないでしょうか。

IMG_6529
このスカーフは非常に沢山の彩色によって見える部分(見せる部分)によって様々なスタイルへの組み合わせが可能になります。

IMG_6528
しかも反対色的な色の組み合わせがプリントにも行われている為、実は想像以上に組み合わせ易い(色が多い)一枚です。

これから更に気温が下がるとニットやコートの出番が増えて来ます。
衿元に色を足したり、首回りを暖かくする為の一枚を是非探しにいらして下さい。


【オンラインストアよりご注文のお客様へ】
この度の台風被害の影響により、商品の受注、発送は予定通り行わせて頂きますが、交通事情の回復までお時間を要する場合が御座います。
予めご容赦下さいます様お願い申し上げます。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休予定日】
10月17日、24日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


IMG_6813
中々冷め切らぬ今年の秋。
日中30度近くまで上る気温と、夜半の涼しさのギャップに、日常の装いも迷走しがち。

今週は雨にも見舞われ、徐々に秋らしさを取り戻しそうな気配も感じさせるものの、やはり日中は暑さを隠す事が出来ませんね。

女性に比べ、身支度の切っ掛けが掴み辛い男性にとって、この季節は実際の気温に任せ、先の季節物に手が出しづらいと言う方も少なくないと思います。

IMG_6893
とは言え、何れやって来る秋の涼しさに向け、徐々に身支度を整えておきたいところ。
そんな迷走する男性にとって、今の季節だからこそ想像しやすく、また確実に出番が来るであろう物が、白のシャツとタイ。

IMG_6708
間違いのない白のシャツとタイ選びは、どのタイミングで選んでも、確実に出番はやって来ます。
「だからこそ」と、タイミングを計るかの様に到着したのが、イタリア、ナポリのシャツメーカー『Giangi』と、老舗『Luigi Borrelli』のタイ。

IMG_6705
Giangiは、今シーズンで2度目を迎えますが、当店では既に春夏シーズン、その立ち位置を確立し、高いコストパフォーマンスと、当店ならではの仕様によって、御客様方からもご好評をいただいています。

そんなGiangiに、今回当店がオーダーしたのが、「敢えて」の白シャツ。
それも、オンスタイルは勿論ですが、ここでも「敢えて」のカジュアルダウンに向けたリクエストを施しました。

それは、衿の芯を(勿論カラーステイも)使わずに、しなやかで柔らかな衿を取り入れたこと。

かつて二十数年前、日本のファッション誌で取り上げられ始めた、イタリア、ナポリの「ルイジ・ボレッリ」と、共に挙げられていた、同じくナポリの「アンナ・マトゥッツォ」。

我々世代にとって懐かしい響きの2社ですが、当時はその他にも、フライやギ・ローバー、バグッタ等、様々なイタリアのシャツメーカーが日本に紹介され、徐々にクラシコ・イタリアと呼ばれる、(当時としては)新らしいカテゴリーが私達の中に初めて浸透していった時代でもありました。

その件(くだり)のアンナ・マトゥッツォは、アンナ女史によって手縫いされるナポリを代表するカミチェリアの一つとして、当時から衿の芯を使わない「柔らかな衿」が特徴の一つでもありました。

元々、イタリアでは古くから、シャツを縫う、或いは縫物をする仕事は、「女性の仕事」とされていた事もあり、アンナ・マトゥッツォの作り出すシャツには、どこか硬すぎず、崩れ過ぎず、適度なしなやかさ、つまり南イタリアらしい艶やかさが在ったものです。

そんな魅力に憧れを抱きつつも、当時若かった私達にとってマトゥッツォのシャツは、日常的に着る程手が出る価格ではなく(※1)、いつしかマトゥッツォの名前は日本から縁遠くなって行きました。(※2)

(※1・・・当時のマトゥッツォはフライと同じような価格で販売されていました。 ※2・・・ここ最近、再びマトゥッツォの名前が聞かれるようになりました。)

そんな思いを脳裏に描き、今回当店が(コストパフォーマンスの高い)Giangiにオーダーした物が、マトゥッツォの様にしなやかな衿を持ったシャツです。

IMG_6718
いつの時代も、いつの世代も変わらずに、新鮮味を保ち、尚且つ必須であり、そしてどんな装いにも中心となる「白のシャツ」は、その作り手の拘りや意匠が、最も顕れ、またそれらを見る人々の「嗜好」によっても、大きく左右される、まさにオシャレの上での「白いキャンバス」。

IMG_6719
今回当店が求めたのは、このシャツに前述の衿型、そして素材に「適度なハリのあるツィル」を用いる事でした。
この二つが折り合う事によって、写真の様に『計算された』衿の『ハネ』が出来るのです。

IMG_6723
「なぜ衿のハネが作りたかったのか?」等のご質問は、店頭で窺う事として、この衿のハネによってなされる『自然な動き』が、どうしても必要だったのです。

衿腰は、それほど高くなく、勿論タイを締めるのに充分。
またボタンを外した時の(カッタウェイ)衿のしなやかな形も、この「素材」、この「芯の無い衿」によって叶えられるもの。

IMG_6721
その他の仕様は、良くも悪くも、一般的に知られているシャツメーカー同様の仕事が施されています。

シャツ一つに求める「もの」は、人それぞれ違うもので、こだわりを貫けば貫くほど、何かを犠牲にせざるを得ない物になり、結果、それらは高価格になってしまったり、最終的にはス・ミズーラ(オーダー)になってしまう事も充分に在り得ます。

兎にも角にも、当店が形にしたかった物とは、この「衿」なのですね。

どれほど文章にしても、何度言葉で説明をしても、「百聞は一見に如かず」なのが、装いの真髄。

かつて知られざるシャツメーカーを取り入れたり、見えない拘りを形にしたり、と様々な試行錯誤を繰り返し行って来た私達。

物作りの真髄に触れれば、触れる程、「見えるもの」、「求めるもの」は変わって行きます。

何が楽しくて、何が素敵で、反して、何を犠牲にするべきか、そんな事を考えながらの今回のシャツです。

「何を言っているのか、まったく解らない」(笑)と言う方にこそ、是非一度お試しいただきたいシャツでもありますので、是非店頭にてお試しいただければと思います。

IMG_6709
また、前出ナポリの老舗ルイジ・ボレッリのタイも(当店拘りの大剣幅で)到着しています。

Top_br_Luigi_Borrelli_002
元々カミチェリアであったボレッリも、今では拘り抜かれたトータルルックのメーカーとして躍進を遂げています。

シャツは勿論、スーツやジャケット、コート、ジーンズ、更には香水等、その魅力は一つの世界観を作り上げています。

当店ではシャツのオーダーはしばらくお休みしておりますが、タイのオーダーは継続しています。

IMG_6739
今回はオーソドックスなタイを主にオーダーし、当店が変わらず求める8.5㎝幅の大剣によって、よりクラシカルな表情を生み出しています。

IMG_6740
シルク100%、シルクとウールの混紡等が揃っています。

IMG_6745
ビジネスライクと思われる様な落ち着きある色が揃っている様にも見えますが、これが意外なほど、カジュアルなシャツにも相性が良く、特にネルシャツやデニムシャツ等にも合わせられる様な生地、色を選んでいます。

IMG_6746
私達のお店のお客様には、純粋なサラリーマンスタイルの方が少ない為、適度な遊びを以て締められる物が好まれる事もあり、落ち着きの中にも立体感の在る物を選んでいます。

IMG_6742
私達のお店の様に、小さなお店にとって、男性のお客様の存在は非常に大きなものになります。
少しずつの品ぞろえの中から、時間をかけて納得の物を揃えて下さる皆様への、当店なりの提案が一つ一つのアイテムに込められています。

IMG_6743
また今回はボレッリのタイの中に、「Royal Collection」と銘打たれた上質なタイを混ぜています。

IMG_6736
柔らかく、ふんわりとした質感、繊細でエアリーな印象を与える「カシミア糸」を使い作られているヘリンボーンのタイ。

IMG_6737
このタイが、それになります。
特別なラベルが付され、紳士的で特別感のあるスタイルに昇華してくれるお勧めのタイです。
(シャツのラインナップにも同様のコレクションが在ります)

IMG_6728
それぞれが、それぞれの魅力を発揮するタイ。

IMG_6730
嗜好や仕事、自己表現等、男性に於けるタイの占める役割は大きく、基本として「クリーン」である事が前提です。

IMG_6732
クリーン、つまり清潔感を与える演出は、我々世代にとって大切なファクター(要素)であり、若者の様に勢いで許されるものとは違った次元に位置しなければなりません。

IMG_6734
長い月日を経て、積み上げられた経験と知識、それらは落ち着きと紳士たるべき嗜みへと姿を変え、やがて装いの中にも反映されて然るべきものなのです。

これから秋に向け、「何を買うべきか」を迷っている方がいらしたら、先ずは「白いシャツ」、そして「タイ」の検討は、如何でしょうか。

間違いなく出番が在る2つです。

----------------------------------------------------------------------------------------

【オンラインストアをご利用の御客様へお知らせ】
いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
この度、9月1日より、オンラインストアご利用の場合、(5000円以上を対象に)送料無料とさせて頂く事となりました。
是非引き続き当店がご検討の一つに加えて頂けます様、スタッフ一同心より願っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月12日、19日
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2017/9/28
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_6640
秋が始まったかと思えば、また暑い陽射しが戻り、今年の秋は中々本格的にやって来てはくれないようです。
とは言え、店頭には秋の新作を見にご来店下さる方が続き、それぞれのスタイルに合わせた新たな装いをお選び頂いています。

さて、時代は異例の90年代に向いたトレンドを持ち始め、我々世代にとっては懐かしさすら感じさせる物も多く在りますが、それらの中には(メゾンブランドの)ヴィンテージアイテムや、リーバイスなどのヴィンテージ、更にはワイドパンツの復権に伴い、最近ではニーハイブーツなどの装いも(海外スナップなどに)見られる様になりました。

IMG_6647
これは「時代の波を繰り返す」のではなく、『古き時代へのオマージュ』として、リバイバルされ、それらは過去の物とは違った、異なるリファイン、モディファイが成され、現代へと蘇っています。

IMG_6646
いつの時代も、『古き良き時代への回帰』はつきもので、その時代時代によって、異なるトレンドが掴まれている様に思います。

しかし、これらの流れは、SNSなどの普及によって、日本だけではなく、世界全体が同じトレンドを共有出来る事から、時代に沿った旬、或いは時代と共に変化を感じる事が出来る、言わば日本にいて「グローバル」を体感する事になります。

私達は、常にお客様との会話の中に『個性=嗜好』であり、それらは個人としてトレンドを越えた存在になるものとお伝えさせて頂いています。

つまりトレンドは、トレンドとして、個性は『その人らしさ』で在る事が重要で、それらには何ら時代の影響を受ける事無く、その人らしい「個性的」なスタイルの確立で在ると思います。
勿論、そこには時代性も加味される事は言わずもがなですが。

ともあれ、オシャレを愉しむのは、一つの趣味的要素。
車や家具、或いは美術に旅行と、趣味を持つ事は良い事で、それらと同じ様に「オシャレ」が趣味である人達を当店は応援しています。

ところで、最近、とある商品へのお問合せが増えています。

IMG_6821
その商品とはコチラ。
ERMANNOのファー付ミリタリージャケットです。

実はこのジャケットは、日本では当店だけがオーダーしているにも関わらず、雑誌掲載が成された事によって、問合せが集中。

普段から同様のケースが多い当店ですが、今回のジャケットは時代が求めるミリタリーとファーと言う二つのエッセンスが組み合わせられた物である事から、より多くの方が渇望するアイテムだったに違い在りません。

IMG_6822
ERMANNOは、シェルビーノのディフュージョンで在りながら、そのテイストにはトップレンジ同様の魅力を持ち、またそれらに実用性を加味した事によって、これまで以上の魅力を発揮しています。

また、前出の誌面に掲載が多い、アントワープ出身のESSENTIELも、当店では昨シーズンから根強い人気を誇っています。

IMG_6672
中でも、シーズンごとに素材の変更は在れど、継続して作られている、このクラシカルなプリーツスカートは、その趣と色、素材の使い方によって、毎シーズンお問合せの多いアイテム。

IMG_6673
今回は艶やかで柔らかな質感を持った、非常に女性らしい大人のフェミニンが演出されています。

IMG_5174
これらのスカートに合わせるべく、毛足の長いミドルゲージのニットも、同じくESSENTIELの物。

IMG_5175
目立つ程ではなく、仄かな輝きを持つスリット糸(ラメ糸)が、このニットの魅力を更に昇華。

IMG_5170
ドロップした肩回りや、素材とのマッチによって、このニットは前出のスカートに、より女性らしさを纏わせてくれます。

IMG_5171
このシリーズは、その他にも色違いやカーディガンなどのラインナップが御座いますので、是非ご興味のある方は店頭、若しくはオンラインストアをご参考頂ければと思います。

IMG_6663
その他にも、冒頭で触れたワイドパンツも、多くのブランドから展開されています。

IMG_6662
このパンツは先月入荷後完売してしまった物の色違い。
Srieeeはボトムを専業に生業としており、女性の「痒い所に手が届く」ディテールが人気を博しており、今回のカラーは前回展開されていなかった、二度目の入荷分のみに在るカラーです。

昔とは違う90年代回帰を思わせる、美脚ラインが魅力のワイドパンツ。
まだ試された事の無い方、或いは過去のトラウマに縛られている方も、恐らく目から鱗の一点になる事間違いなしです。
是非お試し下さい。

その他にも、今週は新作が多数到着しています。

IMG_6747
バッグへのチャーム、或いはキーチェーンとしても楽しめる、フォックスファーを使用したファーチャームも、かつての時代に席巻した一つ。

IMG_6762IMG_6761
IMG_6760
IMG_6759
IMG_6758
贅沢にフォックスファーをたっぷり使ったファーのチャームは、昨年ORCIANIの入荷時にも人気となったアイテム。

IMG_6757
少し変化のあるタッセルと組み合わせられたチャーム等も在り、今回のチャームには、色、素材、そして遊びある大人のセンスを愉しむ事が出来ます。

IMG_6763
靴やバッグ、ベルトやストール等、カラーのリンクを愉しんだり、ギフトとして差し上げたりと、その用途も多彩。

IMG_6767
春夏シーズン、ORCIANIから展開されたレザーチャームが、敢え無くお持ちのバッグに付けられなかったと言う方にも、今回のチャームは安心。

IMG_6765
Oリングが3㎝以上の直径を持つエクステンションの為、多くのバッグや金具に取り付けが可能になっています。

IMG_6764
アクセントとして愉しんだり、或いは一つの脇役として愉しんだりと、このチャームの持つ魅力は思っているよりも大きな物になりそうです。

IMG_6766
この他にも、様々な脇役を固めるアイテムが揃っている今週。

Francesca Bassiのスカーフなども、これから活躍間違いなしの存在になりそうです。
90年代回帰を前に、ヴィンテージ感とリアルヴィンテージを取り入れ、新たな個性、新たなスタイル作りに、是非お役立て下さいね。

Francesca Bassi 商品一覧はコチラから

----------------------------------------------------------------------------------------

【オンラインストアをご利用の御客様へお知らせ】
いつも当店オンラインストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。
この度、9月1日より、オンラインストアご利用の場合、(5000円以上を対象に)送料無料とさせて頂く事となりました。
是非引き続き当店がご検討の一つに加えて頂けます様、スタッフ一同心より願っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【10月の店休日】
10月5日、12日、19日
※一部変更がある恐れが御座います。

※毎木曜・日曜祝日は19時閉店

【LINEでBLOGを読む】

【LINE@ × IL MARE】
LINE@

----------------------------------------------------------------------------------------

【ONLINE STORE Last up date -- 2017/9/27
Banner_OnlineStore001
Banner_NewArrival001
Banner_SmallSize001
Banner_PriceDown001
Banner_Ilmare_HP001


----------------------------------------------------------------------------------------

IL_MARE_Logo_20170123_S_01
【IL MARE / イルマーレ】
🏠:長野県長野市南千歳1-3-11-1F
☎:026-219-3750
✉:info@ilmare-online.jp

【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

COPYRIGHT (C) 2012-17 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_3393
冬の到来を感じさせる氷雨が夜の帳と共に降り始めています。

秋を楽しみ、連日恵まれた空気のもと、店内にもオシャレを楽しむ方々が訪れ、現在実施中のコートのオーダーを含めた様々なスタイルを求め、再び店内にお客様同士の情報交換、或いは歓談の場所としてコミュニティーを賑わせています。

IMG_3409
今回実施しているオーダーには、一部春のジャケットへの転用可能な素材、また春に向けたロロ・ピアーナ社のトロピカルウールやシルク混紡素材など、コートと同時にジャケットの検討をされる方も出始めています。

IMG_3413
と、同時に、バッグの新作を手に取られる方、或いはアクセサリーグローブなど、挿しのアイテムを手にされる方、多くの方々が個性を演出する為のアイテムをお求めくださっています。

PB137895
今日は、そんな皆様にぴったりな首元のオシャレを助けるイタリアやスコットランドのカシミア、或いは混紡ウールのブランドアイテムが揃いました。

PB137896
かつて当店にもポケットスクエアなどで展開をさせて頂いたイタリア、Cantini社のカシミアストールや、男性のネクタイなどで知られるFranco Bassiの創始者の娘Francesca Bassiが展開する同ブランドストール、更にスコットランドカシミア、Mc George of Scotlandからも肉厚のカシミアストールが到着しています。

PB137911
どの切り口にもぴったりとハマる肉厚で表情豊かなカシミアストールは、それぞれのブランドが持つ背景やアイデンティティに象徴され、全てが定番的アイテムであり、全てのバリエーションを揃えたくなるほど魅力にあふれています。

PB137912
今回コートのオーダーに訪れている方々にも、ご好評をいただいている各ブランドストールは、特に上質な素材を持つ物が多くを占めており、コートとの相性やカラーリングを踏まえてお選び頂く方も少なくありません。

PB137910
当店のお客様にとって、この秋大きな変化を生み始めているお話しは、既にお伝えさせて頂きましたが、質を求めるがあまり、オーダーに拘るお客様(特に女性)が増え、それらはストールや各アイテムにも同様の見方をされている事が窺えます。

PB137914
特に、チープな物はチープな物として捉え、それらとは別に長年愛せる物として、長く付き合うだけのラインナップをご自分のクローゼットに増やす、そんな考えをされる方が非常に増えています。

PB137913
多くの場合、ご予算からお品物を決める事が大半ですが、この秋以降、多くのお客様によって行われているのが、より良い物を手に入れる為、断捨離を繰り返し、良いと思える物を(良い意味で)欲張っておく、そんな姿がう窺えます。

PB137915
世代からも窺い知れる事ですが、いつまでもコドモっぽい恰好では居られない、或いは何を身に着けていてもコドモと同じ様に見られてしまう、そんな節も否めなくなる我々世代にとって、長い時間をかけて、本当に必要な物を集め、手に取り、それらを増やしていく、そんな時間をかけたワードローブ選びも、また楽しい物となっています。

PB137918
現在、30代を境に、大きくスタイルチェンジを行う方が多い当店。

PB137919
物選びの質が明らかに変わる事によって、背筋が伸び、大人として凛と居られる、そんな姿勢の変化も目に見える方も少なくありません。

PB137920
更に40代のお客様にとっては、更にそれらが顕著になっています。
過去の経て来た時代時代で試された、様々なオシャレを積み重ね、経験値と言うかけがえのないセンスとして、今を素敵に彩る方が多くを占めています。

PB137922
それらを加味された上で選ばれた各アイテムには、妥協が無く、より良い物、より必要な物を見出す審美眼が確かになり、身に着けるオシャレやスタイルのセンスに現れています。

PB137923
どんなものを選び、どんなスタイルにするか、と言う想像よりも、大切な事は、「自分のウィークポイントを隠し、如何にアピールポイントを魅せるか」。

PB137924
オシャレを上手に見せる事が出来る人の多くが、何かしらのコンプレックスを抱えている人が多い様に感じます。

PB137921
それは、つまり、自分自身を知るからこそ成す事が出来る、セルフコントロールであり、セルフコンディショニング。

PB137925
様々なスタイルを、色や素材を中心に選ぶだけではなく、自分のアピールを上手にする事が、スタイル良く、センス良く魅せる近道とも言えます。

PB137946
予てから、この秋は、顧客様である皆さまを中心に、新たにご来店いただくお客様にも、変化のあるシーズンとなっています。

PB137942
これまで長年培って来た経験値と審美眼、そして私達世代に必要とされる全てのファクターを持ちながら得る事が、大人のオシャレの楽しみ方や嗜み方へと昇華している事は確かです。

PB137938
来春に向けた、更なるステップとなる今秋の当店。
いよいよ冬の本格的なシーズンを前に、ブルゾンやコート、ダウンジャケットなども、ほぼ8割が姿を消し、これから始まるインナー充実の数週間、或いは補完アイテムとなるストールやバッグなどを加える、最もセンスアップを楽しめる数週となりそうです。

PB137933
本日のBlog上でご紹介させて頂いている全てのストールが、非常にレアなケースの物ばかりとなっておりますが、ストールだけではなく、メンズアイテムとして新ブランドのニットジャケットや、ニットプルオーバーもサイズを携え揃ってまいりました。
そちらは後日ご案内させて頂くとして、今日はやはりなんと言ってもストールのお勧めが最たる優先事項。

PB137927
ストールには、男女の垣根が無い分、特に大人の男性にこそ相応しい「愛らしさ」を加える技、或いはご家族でシェアするなどのメリットを生かし、ギフトや自身へのご褒美として、この冬へ備えても良いと思います。

PB137930
大判のストールは、軽装時には首元を覆うように巻き、女性の場合には防寒対策にも必携の存在。

PB137931
スタイルアップの為の物としては勿論ですが、本日入荷している全てのストールたちが防寒対策にもしっかりと対応できる物ばかりとなっています。

女性を気遣う為のアイテムとして、男性がご購入いただく事も良いですし、女性に、男性に、それぞれ向けたギフトとしてもお勧めの今回のストール。
前回の各ブランドストールの意匠と、似て非なる存在意義が今回のストールたちには在ります。

ギフトの検討も含め、これからのスタイルアップに是非役立てて下さい。

PB137897
また、今日はその他にもAlteaから2種類のウィメンズ、ネイビーニットが到着しています。

PB137898
一つは、この写真でもお分かりの様に、シャギーの毛足を持つ表情豊かなウールジャージーのプルオーバー。

PB137899
素材の持つ特徴的なコンフォート性を活かし、インナー、ミドル、そしてレイヤードと、秋冬には欠かせない重要な役割を担うプルオーバーです。

PB137904
もう一つは、超ハイゲージのエクストラファインメリノを用いた、艶やかな光沢と、カシミアシルクの様なトロ味のある柔らかさを持った、女性的且つベーシックなクルーネックニット。

PB137905
このニットの持つユーティリティは言わずもがな、ここまでハイゲージのメリノウールとなると、もはやニットの枠を飛び越え、一つのストールをまとっているかの様な錯覚さえ陥る程、このニットの持つ繊細な女性らしさ、魅力には心を打たれるはず。

同じネイビーでも、異なる魅力を持つこれらのニットたち。
シーズンを超えて春まで使える両者だからこそ、長く愛せるだけではなく、登場回数にもフル回転で出番が回って来そうな予感をさせる2着です。

FullSizeRender54
冬のホワイト、冬のグレー、冬のブルー、淡色で楽しむ冬のスタイルにこそ取り入れたい、前出の各ストールたち。
大人のスタイルアップとして欠かせない上質なストールは、確実に皆様のスタイルを一段も二段もステップさせてくれます。

IMG_3414
オーダーのご予約を頂いている方は、オーダーに合わせて、また冬のスタイルを検討されている方も、是非この機会に新たな切り口に触れてみて下さい。

尚、今回ご紹介させて頂いたストール各種、ニット各種(未紹介)、過去ご紹介させて頂いているDELL'GAのバッグについては、同期間での期間限定販売となります。
期間終了後はお目に掛かれなくなります為、是非期間中のご来店をお待ち申し上げております。

----------------------------------------------------------------------------------------

EVENT20151109
SU MISURA(Made to Measure)
11月9日~15日(11日のみ店休)
ご予約依頼は12:00~19:00までお承りさせて頂きます。

----------------------------------------------------------------------------------------

ilmare_logo0002

【Online Store 掲載更新のお知らせ Last up date -- 2015/11/14
---2015-2016年秋冬物新作 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1166756&sort=n
---雑誌掲載商品 一覧(※各雑誌について若干の偏りが御座います)
http://ilmare-onlin.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=347245&sort=n
---別注品・限定販売商品 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=860799&sort=n
---SMALL SIZE(小柄なサイズ対象商品) 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1087501&sort=n
---SALE / OUTLET 一覧
http://ilmare-online.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=315276&sort=n
(セール対象商品は随時追加中)
----------------------------------------------------------------------------------------
■IL MARE■
長野県長野市南千歳1-3-11-1F
http://ilmare-online.com
【営業時間】
平日:12:00~20:00
木・日:12:00~19:00
店休日:不定休
【オンラインストアをご利用下さいますお客様へ】
店休日前日、当日でのご注文の場合、発送は翌営業日となります。
お急ぎの場合には、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。

このページのトップヘ