IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:FELISI

summer001
最近の夏は遅く到来する傾向が強まっていますね。

6月は降雨量も少なく、7月の声を聞いた途端、連日の雨降りになるケースが数年続いているような気がします。
今週も長らくの雨予報ですが、今日は天気予報を裏切る爽やかな一日に恵まれました。

少しずつ日常を取り戻し始め、お出かけも近隣を中心に少しずつ楽しみ方を変えている方々も多い様子。

「お出かけになると、どうしても荷物が増えてしまう」

そんな方が多いと思いますが、今日はそんな方々にお勧めしたいボディバッグ(本来はウエストバッグです)を取り上げてみました。

マザーバッグ(お母さんのバッグの意味としてではなく基艦バッグとしてのマザー)を持ち歩く際、今日お勧めするウエストバッグをバッグ・イン・バッグの様に入れて置き、出かけた先で”移動の時だけ、このバッグを持ち歩く”ようにする、そんな使い方をお勧めします。

IMG_8180
そのバッグがFELISIの新作ウエストバッグです。

これまで大き目なサイズのボディバッグやウエストバッグはありましたが、収納力がありコンパクトに作られたものはFELISIにはありませんでした。

IMG_8169
昨今のバッグ事情の中で、バッグの小型化が進み、それに伴いウォレットも小型化し、荷物をコンパクトに、ミニマルにスタイルする方が増え続けています。

とはいえ、仕事や移動の多い方にとってのトートバッグや大き目のバッグは必須のものですが、その中に仕込んでおこう、というのが当店のお勧めです。

IMG_8173
バッグの大きさは主要な物なら大半が収納出来る大きさで、ロングウォレットは無理ですが、最近定番化しているコンパクトなミニウォレットや二つ折りの物なら収納可能です。

IMG_8264
お出かけ先で必要な物、財布、モバイル、キーケース、女性ならば簡単なメイク用品が収納出来る大きさです。

IMG_8265
上蓋にマチがあり、ボトムに向かいマチが無くなる形は、身体にフィットしやすいだけでなく、荷物がボトムへまとまりながら(溜る)収まる為、実は以外なメリットを生んでいます。

IMG_8266
FELISIのミニウォレット、Agnelli & Sonsのキーケース、ちょっぴり古いiPhoneを入れて尚、少し余裕があります。

IMG_8170
ベルトはFELISIお馴染みのバケッタレザーでつながれ、強撚のコットングログランの帯へとつながっていきます。

IMG_8171
Oリングを介して長さの調節が出来る他、ベルトとして剣先に穴が5つ設けられているので、若干の調節や、脱着の際にも便利なディテール。

IMG_8174
今回はBLACK(ブラック)と、TORTORA-TURTLE(トルトラ)の2色が揃っています。

IMG_8214
この絶妙な大きさがスタイルの邪魔をせず、非常に有効な大きさで、斜め掛けをしても袋部の大きさが見た目を崩さず、ごくごく自然に備わってくれます。

IMG_8227
手に提げていても、コンパクトゆえに不要な重さや邪魔にもならず、とても便利な大きさ。

IMG_8236
どこへ行くにも、このバッグをマザーバッグと一緒に挿しておく事で、お出かけ先での活躍は間違いなし。

IMG_8234
特に女性にとっても、ボディバッグは「邪魔で嫌」「大きくて嫌」という方も多いと思います。

IMG_8235
その見た目から子供っぽく感じたり、或いは一般的なボディバッグが大きく邪魔になるからと敬遠していた方にこそお勧めしたい今回のバッグ。

IMG_8237
FELISIがより身近で日常に接したモノづくりをした結果、このサイズのウエストバッグが生まれたのだと想像しますが、特に体格が大きくないアジア人にとって、このサイズは間違いなく装いとしても、実用性としてもヘビーローテーションしてしまいそうですね。

またその他にも両手をフリーにして使えるACATEのワンショルダーも、気軽に、身軽に出かける事が出来る一つ。

IMG_8240
「ウエストバッグは、どうも苦手」と言う方には、より紳士的な雰囲気のあるACATEのワンショルダーは、比較的装いも選ばず、どんなスタイルにも使える形。

収納量も十分なので、これ一つで出かけても良いですね。

IMG_8239_1
今年はTシャツ、スニーカー、バッグ、ハットやキャップ等、週末やお出かけを意識させてくれるアイテムが沢山そろっています。

IMG_8238
これから来る本格的な夏に向けて、是非新しい様式のスタイルアップを楽しんで下さいね。





【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、店頭或いはONLINE STOREトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休予定日】
7月16日、23日
※木曜日・日曜祝祭日は19時閉店
(営業上の理由により店休日が変則的になる場合が御座います)


【オンラインストアのご利用の方へ】
当日15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。
店休日前日・当日のご注文の場合は、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合などは、ご注文前に店頭までご相談下さい。


COPYRIGHT (C) 2012-20 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_0346
12月は小雨空での始まりとなりました。
山間の地域では霙混じりのひと時も在った様です。
徐々に冬の情緒が深まりつつある今週です。

さて、先日到着したFELISIの新作へのお問合せが続いており、連日ギフトを含めたご検討を頂いておりますが、今日はその中から男性、女性共にお仕事から休日まで全てをカバーしてくれるお勧めのバッグをピックアップさせて頂きます。

IMG_0485
一見すると単なる"ナイロン製のバッグ"ですが、このバッグ実は2通りの用途に対応しています。

IMG_0488
肩掛けとなるレザーのハンドルの一方はD管を通り、底まで伸びた所でカニ爪で留められています。

IMG_0432
普段は両端のD管を通りホーボーバッグとしての見た目を作り(写真では餡子を入れており膨らんだ状態ですが、実際にはもう少しクッタリとした状態で両端が吊り上がる形状になります)、手に持つのも良し、肩に掛けてつかうのも良しの形に。

しかしこのストラップを外しD管の位置を上に変える事によって斜め掛けに変える事が出来る為、荷物の多い日や休日にはポストマンバッグの様に使う事が出来ます。

IMG_0486
このバッグの魅力は何と言っても

『軽さ』と『色』

その色合いはRoasted(ローステッド)と名付けられ、その名の如くローストされた様な香ばしさを連想させる味わい深さを持ったブラウンカラー。

IMG_0433
FELISIの使うナイロン素材はまるでシルクの様な微光沢を生み、それとは裏腹の堅牢性を誇り、長年FELISIが培って来た造詣と、妥協なき物作りへの姿勢、そして一つのアイデンティティを感じさせる物です。

そのナイロン素材はとにかく軽く、バッグを持つ日常の中で、荷物の量さえ少なければ、その重さを感じさせない程の魅力が在ります。

IMG_0669
今回、このバッグではM、L二つの大きさをオーダーし、それぞれ女性、男性が持って相応しい大きさに仕上げています。

Mサイズは女性が日常仕事や休日に持ち歩く物の大半が収まってしまう万全な収納量。
タブレットや小型PCならばゆとりを残して収納出来る他、財布やファンデーション関係、手帳、モバイル、ひょっとすると小さなお弁当やペットボトルも収まるかも知れません。

IMG_0523_1
大きさが変わると形状が少しだけ変化します。
Mサイズが正方形に近い横長なのに対し、Lサイズは正方形に近い縦長のサイズ感です。

IMG_0493
男性にとって最も障害になるのがバッグを持った時の荷物の出し入れ。
これには多くの方が「面倒」と嘆いているのですが、このバッグは開口部のマグネットのみで留められており、開口部が自然に「倒れてくれる」事で蓋の様な役割を担います。

IMG_0495
FELISI得意のナイロン素材は、恐らく大抵の方が既にお試しかと思うのですが、この素材の魅力は軽さ、丈夫さなど意外にも、独特なカラーバリエーションもファンが多い理由です。

IMG_0497
またバケッタレザーは全体の印象を損なうことなく、柔らかくそしてしなやかで、金具類にはソリッドブラスを使う事によって、よりFELISIの魅力を再確認させてくれる物です。

IMG_0498
一つ一つのパーツにも込められたFELISIの拘りは、一般的なバッグメーカーのそれとは一種異なる「数十年来変わらない」機能への拘りや、それらから作り出される機能美、そしてナイロンの美しい色合いや光沢によって、その全てがFELISIの名を確固な物にして来ました。

IMG_0434
大きさは(こちらも中身に餡子を入れていますので膨らんでおりますが、荷物の量によって両端が吊り上がる形状になります)、男性のバッグにとって大きさ=迫力を担うもの。

IMG_0435
斜め掛けは言うまでもなく、FELISIのナイロン素材はそのしなやかさによって身体の線に沿う様なフィット感を持つのも魅力の一つ。

先日のバックパック同様、体に触れる事のあるバッグ形状では、FELISIのナイロン素材はより魅力となって体感する事が出来ます。

どんな色の装いにも違和感無く溶け込んでくれる今回のRoastedは、きっと手持ちのバッグを差し置いて、最も出番を増やしてくれる事でしょう。

FELISIを過去にお持ちの方も、これから試される方も、FELISIの価値観を再認識する機会となるナイロン素材のラゲージ類は、(新作によっても感じられますが)きっと

「何も気にせず持ち続けていた」

と言わざるを得ない程、自然に日常の中に取り入れられて行く事でしょう。

是非今回の新作バッグを店頭でお試し下さい。

…もちろんギフトとしても🎵


top_slide_Gift_Christmas_19_001




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月の店休予定日】
12月12日、19日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_0603
早い物で暦は師走、12月を迎えました。

一年の計を顧みるひと月は、これまでにやり残した事や今後すべき事への備えなど、様々な思いを胸に送る数週間となります。

今年は台風など自然の猛威を目前にする事により、災害や緊急時への危機感を持つ大切さと共に、人々との繋がり、コミュニケーションの大切さも感じさせる出来事がありました。

これからの数週感はそんな思いを形や行為に変えて、大切に毎日を送りたいものです。

昨日はクリスマスをはじめとする年末のイベントなどギフトへのピックアップをさせて頂き、既にお問合せやご来店を頂き、徐々に品物が欠け始めている物も出始めています。

これから本格的にギフト選びをされる方は是非ともお早目のご来店をお勧めさせて頂きます。

さて、今日は昨日入荷のFELISIも交えて、今シーズン当店が推しているトータルブラックでのお勧めをさせて頂こうと思います。

今季はニットではDrumohr、William Lockie等多数、ボトムスではGermano、Vigano、シューズではEnzo BonafeやWH等、ブラックをいつもに増してオーダーをしたシーズンでもあり、特に「素材感の異なる」ブラックの組み合わせをお勧めしてまいりました。

トータルブラックのコーディネートで最も威力を見せるのが、同素材ではなく異素材による絶妙な素材の変化です。

ウールならば毛足の長短、化繊ならば光沢の有無、ナイロンやポリエステル、シルク等には厚みや光沢など、繊維、生地の一つ一つには、それぞれ作り方による特徴が顕れます。

その表情を最も露わにするのがブラックです。

ホワイトと違い陰影を作る事の無い色だけに、素材の変化によって、同じブラックの中にも洒脱さを生み出す稀有な色こそブラックなのですね。

その中でも特にお勧めしたいのがVIGANOのこのボトムス。

E619FC0E-5C43-4CBB-B853-16D32BBF5D37
素材が何なのか?まるで想像の付かない様な、厚みのあるジャージー素材を使った一本。
当店のリクエストから生まれたこのパンツは、ウエストにドローコードを持つラウンジパンツタイプですが、腰回りに2つのプリーツを設け、腰から裾へ掛けてホッソリとテーパードする、弱キャロットシルエットの様なディテールです。

797D9EE1-DA49-4FA9-AE15-2D4DAE135BF4
何より特筆は素材の表情で、コットンが混紡されているとは考えづらいこの生地は厚みはまるでウールフランネル、しかし見た目は微光沢を生むジャージー風と、生地のしっかりとした厚みと、想像以上の柔らかさに加え、高いストレッチ性を併せ持つ、類稀な素材なのです。

ニットやシューズの素材をモノともしない、この生地の威力は多くの素材にシンクロするフレキシビリティを持っています。

ブラックで統一する装いに於いて、ビジネスは先ず無いと思いますが(ビジネスにはGermanoのブラックのトラウザーズが御座います)、このVIGANOのパンツは間違いなくトータルブラックを作る上で役立つ一本である事を再び申し添えておきます。

(ちなみにサイズ選びの際には一つ下のサイズをお勧めさせて頂いています。
履き始めはキツさを感じるのですが、半日もたたないうちに窮屈さが無くなる程、伸縮いたします。)

是非店頭にお越しの際はお試しを。

IMG_0558
そしてトータルブラックの装いに欠かせないバッグなど補完アイテム。
中でもフレキシブルに使える、このFELISIの2WAY BAGは特にお勧めで、昨今増え続けている縦長トートバッグのディテールと、バックパックのディテールを併せ持った、まさに二つが一つになって楽しめるお勧めの一作。

AE2CDE3A-91CA-45B9-8C13-84A346067256
FELISI得意の定番ナイロンによって作り出されるシルクの様な美しい微光沢としなやかさに加え、持ち味である軽さが際立つバッグで、素材の大半はナイロンを使用し、開口部とハンドルは堅牢感あるバケッタレザーを採用しています。

IMG_0566
お馴染みでもあるハンドルと開口部の作りは、FELISIのアイデンティティを感じさせる、正確にして緻密な作りと、確かな堅牢性によって支えられています。

IMG_0567
開口部はD管を介したスナップによって行いますが、全体がハリを持って自立する為、この形状も極々自然に維持されます。

IMG_0564
ナイロンのフィット感によって背面のしなやかな心地良さはFELISIが長年培って来た多くの造詣が生かされています。

IMG_0561
また各部のパーツ類は真鍮を採用し、強度在ってのFELISIをシッカリと感じさせる物に。

IMG_0569
内部は強撚のキャンバスを敷き詰められており、このキャンバスの恩恵もありバッグ自体の強度や程良いハリは、一般的なナイロン素材のバッグとは異なる質感に仕上がっています。

FDEDBE54-F526-4BBB-B6A3-1B0A04FEC8B9
バックパックとしても内容量は充分で、軽さによって助けられる分、中にA4サイズのノートPCやタブレットを収納しても、ほぼバッグその物の重さは感じない程。

B898C464-10A7-49C8-8536-6C6D653FABCB
肩への負担が少ない柔らかくしっかりとした帯を使用し、FELISIが機能性と造形美を併せ持っている事を改めて感じさせる細部への拘り。

IMG_0515
勿論女性が背負っても、肩への負担を考えずに使える事から、ギフトでの利用もお勧めです。
(※写真はスタッフ身長約150㎝が使用しています)

トータルブラックを楽しむ上で欠かせない、全てのアイテムを統一する点に於いて、素材の変化を付けるのに最適な2つをご紹介しました。

どちらも探すと見つからない、特殊性のある物たち。
こうした出会いをシッカリ掴む事によって、したいスタイルはより完成度の高い物になります。

是非今シーズンお勧めしているトータルブラックでのご提案をお試し下さい。


top_slide_Gift_Christmas_19_001




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月の店休予定日】
12月12日、19日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_3821
台風の被害から約一か月半、今年もクリスマスシーズンが近づき、街中にも少しずつ賑わいが戻り始めました。
県内外からと思われる車や人々の往来に、いつもとは違った顔ぶれを見る今週末。
今週は週末が近づくにつれ徐々に寒さは加速し、ついには0度近くまで気温が下がる日も。

IMG_0303
こうなると首元にもマフラーやストールが必需品。

IMG_0306
我々だけでなくお客様にもストールやスカーフ、マフラーを身に着ける姿が増えて来ました。
先日のブログでも取り上げましたがマフラーやストールも、これからのギフトには最適です。
是非この週末を利用して一足早めのご準備を。

さて、ギフトと言えば、いつもお世話になっている人へのクリスマスギフトや年末にお礼を込めて等、皆様思い思いの計画を練っておられると思います。

とは言え、性別や年齢、一つ考えるのにも色々と頭を使うのが差し上げる側の想像。
どんな物を差し上げようか、何を使うのか、そんな思いに駆られる事も多いと思います。

そこで今日はそんな方々に(限りなく)頭を悩ます事なく差し上げられるのでは?と思われるFELISIのレザーアイテムを取り上げてみました。

Christmas_Felisi001
それがコチラ、FELISIのロングウォレットとミニウォレット。

これまで数々の名品、定番を生み出してきたイタリアのレザーやナイロンのラゲッジを中心とした専業ブランドであるFELISI。

今回当店がオーダーしたのは名品でもあるラウンドジップのロングウォレットと、近年バッグの小型化と共に増え続けているマルチなミニウォレットの2種類。

更に当店が昨シーズンに続きフォーカスし続けているクロコダイルのエンボス(型押し)レザーに拘って、新色を含む様々なカラーバリエーションを用意いたしました。

IMG_0469
FELISIのレザーウォレットの人気を牽引して来たラウンドジップタイプのロングウォレットは、その使い易さや豊富な収納力が魅力。

しかもエンボスタイプは、ベジタブルタンニンによって柔らかく自然な滑らかさを持ち合わせたクロコダイルのエンボスによって艶やかさを増し、手に自然な馴染みやすさを実感させてくれる物でも在ります。

そのロングウォレットが更に使い易く機能性と美しさを纏った新型が今回の物。

IMG_0470
今やどのブランドも輩出しているであろうラウンドジップのウォレットは、見た目は勿論のこと、高い機能性を求める事が必然となりました。

IMG_0471
FELISIのレザーウォレットはスライダーのスムーズな移動、引手の形状など日常的に使う上で欠かせない幾つかのファクターを、それまで培って来た多くの造詣を一つに作り上げられています。

IMG_0474
今回のウォレットでは内部の仕切りやポケットなど細部へのリファインが成され、これまで以上に使い易く、そして収納力、機能性共に抜群の存在へと昇華しています。

IMG_0472
ブランドのアイコンもレザーパッチではなく落ち着きと共に目立たない刻印(エンボス)によって、より自然でFELISIらしい一作に仕上がっています。

簡単に言ってしまえば、何処にでもある、或いは見かけるロングウォレットだからこそ、FELISIが作る事によって醸し出される、自然で高い品質を過剰に訴える事の無いステルス・ウェルスが纏われていると言えます。

IMG_0468
今回ロングウォレットでオーダーしたのは数十色ある中から(左上から反時計回りに)味わい深いブラッドオレンジ、パウダーカラー、独特な美しさを持つライトグレー、ヘーゼルナッツを模したライトブラウン、そして非常に味わい深い濃紺の5種類。

IMG_0551
どの色も主張し過ぎないFELISIらしい上品な色出しが、程よい鮮やかさによって作り出されており、FELISIのレザーもまた色によって作られているテイストが一つの魅力でもあります。

IMG_0550
また今回は(後ほどご案内する)ミニウォレットとも色を合わせてオーダーしている為、用途別に二つのウォレットを『同色で揃える』という楽しみ方もできます。

IMG_0541
今回のオーダーでミニウォレットと色を揃えたのは、ヘーゼルナッツ、ブルー(最も濃いブルー)、パウダーカラー、グレーの4種類です。

IMG_0542
どの色も「一捻りした」基本色であると同時に、洋服やその他のレザーグッズと相性の取り易い色ばかりです。

IMG_0543
更に今回のクロコのエンボスは使い続けると共に艶やかさを増す特徴を持っている為、使いながらエイジングを愉しむ事も出来ます。

IMG_0544
淡い色合いから、彩色豊かな色まで、FELISIのレザーアイテムにはこのブランドならではの色出しが楽しめます。

IMG_0545
またバッグとのカラーリンクも可能になる為、バッグと色を揃える事も楽しみ方の一つ。

IMG_0546
特にこのパウダーカラーの様にフェミニン且つ穏やかさが上品に映る色合いは、他ブランドでは中々お目に掛かれない特徴と言えるかも知れませんね。

是非日常の手元に揃えて頂きたいと思います。

そしてもう一つの名品ミニウォレット。

IMG_0437
一昨年位からバッグの小型化と共に、ウォレットの小型化は急激に進み、既に大半の方が主なるロングウォレットと、小型のミニウォレット(或いはコインケースやカードケースを代用)を共持ちしていらっしゃるかと思います。

元々欧州を中心にスーツやジャケット等、膨らみがスタイルの邪魔をすると捉える人々にとって、大きなウォレットはナンセンスでした。

それが故、比較的多くの人々がマネークリップを利用したり、コインケースやカードケースを利用したりするケースが多く、元々ウォレットの小型化は自然の成り行きとまで考えられていたものでも在ります。

然し乍ら昨今の(様々なブランドから輩出されるミニウォレットの)進化によって、それらに求められるのは『収納力』と『機能美』による、美しさとディテールへの拘り、それらが競い合う最もアツいレザー事情の一つにもなりました。

147171817_o4
今回当店がオーダーしたミニウォレットのカラーバリエーションは、全11種類。

(左上から反時計回りに)ブルー(非常に濃い)、味わい深いライトグレー、ブラック、ヘーゼルナッツ、味わいのあるベージュ系ハニーカラー、パウダーカラー

IMG_0463
ラスベリーカラー、ピスタチオ系グリーン、マンゴーカラー、ターコイズの様なライトブルー、色鮮やかなブルーと、どの色合いも魅力的な色ばかりを揃えました。

もはやミニウォレットの重要性は説くまでも在りませんが、今回のミニウォレットは機能的には最も人の行動的に使い易いのではないか?と思わせる最適解と私達は感じています。

IMG_0441
片面にフラップとマチのあるコインケース。

IMG_0443
反対は三つ折りされた背面。

IMG_0444
少し終わり目の長いアルファベットの『n』を思わせる折り目、形状はミニウォレットの収納力を最も生かし、更に中身を落としづらい形状かも知れません。

IMG_0445
コンパクトになればなるほど、マザーバッグよろしくマザーウォレットとは別の『必要最低限』のお金とカードだけを持ちあるける事から、キャッシュレスが加速する今後にも最適なサイズと言えます。

IMG_0447
マチを抑えたカードスリットは全部で3か所。
枚数を重ねて入れる事を考えても充分な量です。

IMG_0449
お札は背面の全体を使って収納。

IMG_0450
そして最も嵩張るであろうコインケースは、量もタップリ確保されています。

と、この様に収納力と見た目の美しさも合わせ持つFELISIのミニウォレットは、とにかく色の綺麗さに目移りしてしまい、どの色も心揺さぶる色ばかりです。

先ほどのロングウォレットと色を合わせて揃えても良いと思いますし、バッグのサイズに合わせて選ぶウォレットとしても良いと思います。

IMG_0552
近年バッグの小型化は限りなくコンパクトなサイズまで新化している事を考えると、写真の様な小型のトートバッグでさえも大きく感じる程ですが、バッグの小型化は女性にとっても欠かせない要素の一つで、カクテルバッグ(サイズ)や、斜め掛けのショルダーなど、実はアクティブなシーンに於ける、最も邪魔になる存在がウォレットだったりします。

IMG_0553
それらが解消されるだけでも充分、バッグ内の荷室量が増える訳ですから、女性にとっては欠かせないサイズと言えますね。

IMG_0547
男性にとってもスーツやコート、ジャケットのポケットに入れると言うケースは、一時に比べ少なくはなったものの、やはり手のひらに収まるサイズは「手荷物を嫌う」男性にとっても最低限の荷物と言えます。

それだけにミニウォレットの存在価値は、男性も女性も理由は異なれど、感じる利便性は同じくある訳です。

また今回ウォレットとカラーリンクを狙ったFELISIの隠れた名品「ベルト」もオーダーしています。

IMG_0501
同じクロコダイルのエンボスを用い、バックルはソリッドブラス(真鍮)とFELISIのアイデンティティを感じさせる物作りの一つとしてベルトもまた隠れた名品であり、ギフトにも最適な存在の一つになっています。

IMG_0548
ベルトと色を合わせてのプレゼントだなんて、素敵な組み合わせでもありますね。

IMG_0549
しかも今季の当店(メンズアイテム)はブラックの展開が非常に多いシーズンでもあります。
当然レザーアイテムにも色を合わせて持ちたい、そんな思いも馳せてしまいたくなります。

こうして今回のFELISIのレザーアイテムは、シーズン前から楽しみにされていた方も多く、これを機に新たに買い替えを考えていらっしゃる方や、ギフトとしてご利用いただこうと言う方も少なくありません。

今回FELISIからは、この他にもサッチェルバッグ型やバックパックトート型など、新作バッグも同時入荷しています。

今日のお勧めは新しい季節へ向けての一歩、或いはクリスマスやお世話になった方へのプレゼントなど、皆様が思い描くギフトとしてのご利用などに役立てて頂けたらと思っています。

是非週末ご来店の際には、FELISIの新作もご検討の一つに加えてみて下さいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【12月の店休予定日】
12月12日、19日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_7106
真夏の様な暑さで始った今日は、日が陰っても尚、空気は夏の蒸し暑さに包まれています。

徐々に夏を体感する日が増え、今年も本格的な夏を迎えそうです。

さて、男性にとって暑さを回避する素材と言えば、リネンを連想する方が多いと思いますが、実はリネン同様、涼しさを体感出来る素材があります。

142084981
それは「シアサッカー」素材です。

素材の軽さ、見た目の涼しさ、そして何より肌に密着しない事によって体感的にも暑さを感じない点が最たる魅力です。

142084980_o2
毎シーズン、何らかの形で取り入れるシアサッカーですが、今回(男性に向けて)はシャツをオーダーしています。

既に体感された方も多いと思うのですが、軽さが際立つこのシャツ、今回ボタンダウンのプルオーバーとしてオーダーしているのですが、これによって5ポケット(ジーンズ)のパンツや、トラウザーズ、そして真夏のショーツにも最適な一着になっています。

4F2ECB2C-B87D-438C-906A-A4B512F04160
程よい身幅のゆとりと共に、ボタンダウンで仕上げた事によって(ボタンダウンは外して着る事をお勧めしています)、衿のボリューム感も作れる為、このシャツが作り出す存在感は一般的なシャツとは明らかに変わります。

ジャケットやパンツ、シャツと様々な物に使う事で涼し気な印象、そして着ている人にとっても涼しさを与えてくれるシアサッカーを是非この夏試してみては如何でしょうか。

そして、夏が近づくと急激に需要が増える物が、女性のバッグです。

季節ごとに(バッグを)着替えたいと思うのは、世の女性にとって洋服と同じ存在意義を成す訳ですが、今日取り上げたのは、今季最も皆様にお問合せを頂いたり、或いは(既にご購入頂き)ご好評を頂いている物たちです。

0C5949BE-9948-4646-9648-8DF7A137CE3F
一つ目は、既に一度目の入荷分が完売し、今回がラストデリバリー分となるFELISIのキャンバストート。(M)

このバッグは見た目の色合いや素材の魅力は言わずもがなですが、何より感じるのはバッグその物の軽さです。

当店スタッフも今、1、2を争うバッグ検討の一つにこのFELISIが含まれている様です。

またASPESIのオリーブカラーのコットンツィルのシャツと合わせると、ほんのりミリタリー感のあるテイストを愉しめます。

マルチな色、そして大きさ、軽さと幾つものおススメを備えているバッグです。

78EBECC6-C0F1-4579-81A8-01A4BDA1127A
同じくFELISIの定番の一つでもあるクロコダイルエンボスのレザートートは、その色や型押しの存在感と共に、コンサバティブなスタイルからミリタリー、サーフ、デイリー、クラシックとこちらもまた多くの装いに取り入れ易いフレキシビリティが魅力です。

色も夏ばかりでなく、一年を通じて使い易い絶妙なパウダーカラーがこのバッグの骨頂。
春夏には爽やかさを作り出し、秋冬には重い色合いの中に軽さを作り出してくれるこの色合いは、間違いなく手に取る回数ナンバー1のバッグです。

1B754C9F-CF87-4F43-9700-EBD2A5439338
そしてお馴染みFALORNIのラムレザーのイントレチャートは、品質、軽さ、存在感共に頭一つ抜きん出た存在。
多くの方々に言われるブラックの色合いについても、この編み上げた雰囲気が作り出す適度な「抜け」が夏の装いに軽さを作り出してくれる魅力があります。

不思議なもので、同じブラックの色合いでも、洋服同様に、作りや表情が違うだけで、充分軽さを見せてくれる物なのです。

このバッグもまたシーズンを通じてスタイルを問わずに使えるお勧めの一点。
きっとどんなにカジュアルな服装の時も、このバッグ一つで全身を一つ上のクラス感へアップデイトしてくれるに違い在りません。

5BDE5D75-B4CC-41E2-9312-489D9ECF5EAA
そして最後に、当店スタッフが1、2を争うお勧めと位置付けているのがこちらのバッグ。

Cavaliere(カヴァリエーレ)のこのバッグは既に皆様ご存じの様に、ワンハンドルのショルダーとバックパックの2つの顔を持っています。

42D11A9A-7277-4A60-9299-9F9C0258E8F2
2つの顔を持つバッグ(2WAY)は幾つも在りますが、このバッグの様に、どちらの状態の時にも、それがその形として初めから作られていた様な表情を持つものは意外と少ないはずです。

このバッグは形を変えても、そのバッグの作り出す形に違和感が無く、パーツの行先(収納される先)にも無駄が在りません。

また革質の柔らかさから(写真では中身に餡子を入れておりますので全体が張っています)、しなやかなフィット感を作り、どちらの形で使っても間違いなく持ちやすさを保証してくれるのです。

色合いも然る事ながら、アクティブなシーズンだからこそ、フレキシブルに変化するバッグの存在は、想像以上に大きな物です。

これから夏のバッグへ着替える方、新調される方は、今日ご紹介したお勧めも是非視野に入れて頂く事をお勧めします。

きっと外出ごと、手に取る回数が増えるバッグになりますよ。


top_slide_Pre_Sale_20190619_01




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【7月の店休日】
7月4日、11日、18日、25日
(※展示会などの為、店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED



このページのトップヘ