IL MARE JOURNAL

Il Mare Official Blog | イルマーレ公式ブログ

タグ:Drumohr

CC19FD88-4E99-473B-A524-89051D2EBE1C
長い連休が明け、街中には静けさと共に穏やかで過ごしやすい空気が充満しています。

1年を通じて最も過ごしやすいであろう5月は、暑さも涼しさもオシャレを通じて楽しめるまたとない季節でもあります。

今、店頭に多く寄せられているお問い合わせの多くは、お仕事の再開を含めた装いですが、先般からお伝えさせていただいているように、仕事以外でも使えるフレキシブルな物を求める声が占めています。

BE4943DD-A701-458C-AF45-A2A056679285_1
LARDINIなどコンフォートなジャケットも、こうした中に含まれる一着ですが、今日は切り口を変えて日常的に是非『女性にこそ着てほしい一着』を取り上げました。

しかも何と、その一着とはメンズのニットです。

150162894
もともとコンパクトサイズを女性に向けて提案してきた当店の中のDrumohrですが、次シーズンには本格的なウィメンズが入荷(予定)するため、今回が(メンズのコンパクトサイズの提案としては)最後のご提案になるのですが、是非女性に着てほしい一着とは、このチルデンセーター。

IMG_4012_1
海外のスナップを見ていると、女性が男性の(ゆるみのある)チルデンセーターを身に着けているのをよく見かけます。

今回のDrumohrのチルデンセーターは、その複雑な編み目やボリューミーな表情が、まさにこうしたスタイルに打って付けの一着で、女性が一枚でサラリと着ることで、より魅力的に見せられる要素を多分にもっています。

IMG_4014_1
ジャケットなどに合わせてプレッピーを気取るのもよいのですが、当店がお勧めしたいのは、ワイドパンツやショーツなどと、よりプレッピーテイストをボーイズ風に見せる装いです。

IMG_4013_1
たっぷりとした身頃を生かしてワイドパンツと組み合わせることによって、マスキュリンなテイストが作りやすく、これはハイゲージのニットでは中々作れない雰囲気です。

ボトムスになるパンツにも写真(INCOTEX)のような立体感のある素材のものを選ぶと、よりバランスが取り易くなります。

IMG_4011_1
更にショーツとの組み合わせは、もはや鉄板的プレッピーなテイストで、この組み合わせにスニーカーやサンダルなどを併せるだけで、女性的なプレッピー、しかもマスキュリンな要素をも含むことができるなど、このチルデンセーターを女性が着ることによって生まれる魅力は沢山あります。

無地のベーシックなニットや女性的なニットが増える春夏、5月の心地良い空気を爽やかに過ごすには、柔らかく、通気性の良いニットの存在は不可欠。

そんな季節をより魅力的に洒脱感を楽しむのにも最適なのが今回のメンズのチルデンセーターです。

これから益々気温の変化が上下を繰り返す季節に入ります。
そんな時、あって良かった、そして組み合わせも来ている自分もラクチン、そう思えるニットとして、当店では女性のお客様にこそ、このチルデンセーターをお勧めしています。

是非ご興味のある方、お試しくださいね。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【5月の店休予定日】
5月14日、21日、28日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2383
連日の自粛生活に、そろそろ退屈し始めて来る方も増えているようですが、まだまだ本格的に終息へ向かうのは先のようです。

各自治体によって異なる方法で自主的な行動が求められていますが、「今」の状況をしっかりと把握して、正確に緻密に対処する事が大切です。

特に御家族と一緒に生活されている方以外(一人暮らし)にとっては、中々心細い時間では在りますが、常に精神的にポジティブで居る為にも、多くの媒体(それも楽しい話題)に目を向けながら、今を大事に過ごして欲しいと思っています。

さて、現在当店では1月以降毎月毎週、様々な催しが続いておりますが、先週から行っているコンフォートなセットアップや、イタリア製シャツ、イタリア製パンツの期間限定販売(こちらは今週末が最終日となります)に続いて、今日から1週間は「ショーツ」の期間限定販売が始まります。

IMG_2412
現在型数にして十数種が揃い、サイズも最小42から最大52まで、様々なファブリックメーカーの生地を使った魅力的なショーツが集まっています。
(ショーツ/ロロ・ピアーナ社製Summer Time使用、ニット/William Lockie)

IMG_2416
シルエットは大きく分けて二型、全体的にゆとりのあるタイプと、テーパードしているタイプに分けられています。
(ニット/BAFY、ショーツ/インポートファブリック使用)

IMG_2417
大人が夏を愉しむ為に必要な、「クリーン」さと「落ち着き」のある趣は、仕立てを基本とする物によって(或いは生地によって)初めて全体の印象が変わります。
(ニット/Drumohr、ショーツ/インポートファブリック使用)

IMG_2415
カジュアルに舵を切った素材のショーツと異なるのは、その見た目がキチンとして見える事と紳士的な趣が与えられる事。
たったそれだけの違いが夏の装いに大きな違いを与えます。
(ショーツ/Duemila Gori社製シアサッカー使用、フーディー/Les Garcons Faciles)

IMG_2414
夏を前に気分を明るく過ごさせてくれるショーツ選び。
バカンスを連想させる軽やかな色や素材のショーツは、見ているだけで暖かくなるのが待ち遠しくなりますね。
(ニット/BAFY、ショーツ/インポートファブリック使用)

IMG_2413
まだ着るには寒すぎますが、いずれ来る夏に向けて、ちょっぴり早目に「気分」を愉しんで頂く為のイベントになります。
(ニット/William Lockie、ショーツ/インポートファブリック使用)

この他にも沢山のショーツ(全てインポートファブリックを使用しています)が揃っておりますので、是非この機会にニットとショーツの鉄板な組み合わせを選んで下さいね。

150257819
また、もっとカジュアルに、コンフォートに夏の装いを愉しみたいと言う方には40WEFTの新作ショーツがお勧めです。

150257819_o1
1プリーツとホンノリゆとりを与えた腰回りから裾へのテーパードを持つこのショーツは、Tシャツからニットまで様々なカジュアルに合わせ易い一着です。

150257819_o3
素材にはとてもしっかりとしたコットンとリネンの混紡素材を使用し、更にそれらをツイルにする事で表情に趣のある生地になっています。

150257819_o4
シンプルなスタイルにこそ威力を発揮するこのショーツはシャドープリントにリーフ柄を圧している為、目立ち過ぎず落ち着きのあるカジュアルには最適の一本です。

150258533
また同じく40WEFTのカーゴ型ショーツは、ミリタリーアイテムを得意としている40WEFTならではの一本で、カーゴパンツ作りで培った様々なディテールをショーツに転用し、それらに過度なカジュアルさは無く、あくまでも上品さを保ったままの男らしいショーツを作りだしています。

150258533_o1
程よいレングスとポケット位置、マチ付きのポケットにはボリューム感が出過ぎる事が無く、程よいバランスのもとスタイルし易い物に仕上がっています。

150258533_o2
素材にはコットン100%の厚地の物を使用しており、滑らかさとしっかりとした厚みがこのショーツのミリタリー感を色濃くさせています。

150258533_o3
ソーシャルウィンドウは、ボタンフライ。
この仕様は40WEFTのカーゴパンツ作りを象徴しているかも知れません。

夏になるとショーツばかりという方も多い当店のお客様方。

「Tシャツにショーツだと子供の夏休みの様になってしまう」

という方も時々いらっしゃいますが、何故そう見えてしまうのかと言うと、それはショーツのフィット感や丈、更にはトップス選びに失敗しているからなのです。

意外に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、この「些細なバランスこそが命」なのが夏のショーツスタイルです。

「イマイチ、バランス感とやらが解らない・・・」と言う方は、どうぞお気軽に店頭でご相談下さいね。

きっと、想像されている以上に、"ほんの少しの違い"です。

150226429
他にも、ショーツと相性の良い「羽織物」も揃っています。

150226429_o3
毎シーズン、様々なブランドでオーダーしているニットジャケットも、今回のDrumohrではラペル幅の広さと、見様によってはピークドラペルの様にも見える独特なラペルを持つニットジャケットが入荷しています。

150226429_o1
バスケットの編み目に本蝶貝のボタン、全てのクォリティが高いDrumohrのニット作りは、ジャケットにも生かされています。

150226429_o4
またこのジャケットは絞りが少ない為、前を開けた状態で「羽織る」には丁度良い存在。
流石にボタンを閉じて着ている方は余り見かけませんが、この手のジャケットでは閉じてしまった途端に、別の世界の人の様に見えてしまうので要注意です‥。

150226429_o6
組み合わせの幅を広げてくれるニットジャケットは、Vネックカーディガンに比べて立体感もあり、ショーツとの組み合わせは勿論、より多くのスタイルに取り入れやすい一着です。

150228442
他にもGUY ROVERのシャツジャケット(本来はシャツ)もお勧めです。
このモデルは今回当店が「羽織物」としてオーダーした一着で、サンプル時の素材ではコットンツィルが使用されていたものに、厚みがありしっかりとしたリネンのヘリンボーンを採用した物。

150228442_o4
これによって全体の印象がガラリと変わり、しかもブラックを採用した事によってソリッドな魅力を作り出しています。

このモデルベースは元々、ファティーグの様なワーク、ミリタリーのシャツをベースモデルとしている為、シャツジャケットとしての利用は必然でした。

150228442_o3
衿型以外、着丈の短さやハーフブラケットの仕様、猫目ボタン、そして大きなポケットの仕様は、まさにミリタリーのそれ。

こうしたラギッドなディテールの物にリネンのヘリンボーンを合わせると、180度違うものに見える好例。

コチラも勿論ショーツにも合わせて頂いたり、ジーンズやチノーズなど、多くのスタイルに合わせ易い「羽織物」として位置付けています。

この他にも、夏のショーツスタイルを魅力的にしてくれる様々な新作が揃っておりますので、是非ご興味のある方、また夏に向けてちょっとポジティブに愉しみたいと言う方は、どうぞお気軽に店頭までお問合せ下さい。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

現在、街中の多くの飲食店が自粛営業を余儀なくされています。

一般的に不特定多数の人たちが集まる飲食店にとって、多くが自粛する中で、限られた店舗が営業する事によって、その店舗に人々が集まってしまう為、ほぼ全ての飲食店が営業自粛する苦渋の決断であることを私達は知らなければなりません。

被害拡大を防ぐ為、先頭に立たされる各飲食店経営者たち。
今、医療関係者や介護職などと同じく、最も被害を防ぐ為に身を割いている飲食店。

この忌々しい新型ウィルスが終息に向かった時には、私達はある種の感謝の念を持ちながら、こうして辛い努力を強いられている飲食店に、より多くの消費をする事が望まれます。

日本のみならず世界中が戦い続けている、この現状を打破すべく、多くの人たちの絆が試される気がします。


さて、今日は昨日に続いて、メンズの新作のご案内です。

週末や自宅待機が続く人たちの中に、「Tシャツにジーンズじゃカジュアル過ぎる」と言う方々もいらっしゃると思いますが、今日お勧めするのは、品良く、そして大人の男性らしい落ち着きを持つ2つのニットアイテムをご紹介したいと思います。

drumohr_cm01
そのニットは、スコットランドからイタリアに渡った老舗「Drumohr」に在ります。

上質でクラシカルで、期待を裏切らない品質は、Drumohrの真骨頂とも言えるところ。

常にシンプルながらも、その優れた物作りに対する姿勢はスコットランドで培った質と、イタリアらしい粋が詰まった一つの形として「Drumohrらしさ」を作り出しています。

150162894
その中で、今日のトラディショナルなテイストを含んだプレッピーな一着が、このコットンとリネンを混紡したチルデンセーター。

チルデンセーターを好む当店では、これまでも様々なブランドのチルデンセーターをご紹介してまいりましたが、今回のチルデンセーターも、これまで以上に趣のある一着です。

150162894_o3
立体感のあるバルキーな編地は、コットンとリネンが約半分ずつの割合で撚り合わせられた糸を使用しており、それらはリネン特有の爽快感と、コットンが作り出す柔らかな心地良さが同居し、更に複雑なケーブル編みを施す事によって、春夏のニットとしては非常に迫力のある物に仕上げられています。

150162894_o2
淡いネイビーと淡いオフホワイトの組み合わせから成る穏やかさを持った色合いは、春夏の装いにハッキリとした主張ではなく、あくまでも自然で優し気な雰囲気を作り出し、Drumohrらしい紳士的な装いを適えてくれます。

150162894_o4
編み方と糸の性質から、弾力性や伸縮性にも富んでいる為、フィット感が高く、またリネン特有のざらつき感もなく、あくまでもソフトでしなやかさを感じさせる「肌感」の良いニットです。

セオリー通りのシンプルな組み合わせ以外にも、夏のショーツとの組み合わせで、ちょっぴりクルーズ感を愉しむのもお勧めの一つです。

そしてこのニット以上に着心地の良さを約束してくれるのが

150177010
このハイゲージコットンを使ったクルーネックです。
元々秋冬物のメリノウール(30ゲージ)で、Drumohrの心地良さを知った方にとって、それらは春にも同様の心地良さを求めるようになりました。

それを適えてくれるのがこのコットンのニットです。

150177010_o3
繊細で極細の糸を丹念に編み込む事によって生まれる独特の艶と、まるでシルクの様な着心地は、表面だけではなく、着ている肌にも、とっても心地良さが伝わって来ます。

150177010_o1
Drumohrの魅力は変わらない定番的なディテールと、この『着心地』が最たる特徴でも在ります。

若かりし頃とは違い、見た目以上に求められるのが、こうした着心地の良さ。

「デザインが優れていれば、着心地はある程度我慢できる」

そんな想いは数十年前に捨てた、、、と言う諸兄にこそ試して頂きたい至極の心地良さが、このニットには在ります。

このニットもまたレイヤードの他、夏にはショーツと合わせ、爽やかで心地良い夏を愉しむのに相応しい一着です。

近年、「夏はTシャツ」のイメージは変わりつつあります。
それは年齢と共に弁えたい『嗜み』でもあります。

いつまでも子供の様な恰好では居られない、、、と言う方は、今回のDrumohrの新作を是非、試して頂きたいと思います。

持つ服装が変わると、意識も変わって来ますよ♪




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【4月の店休予定日】
4月23日
 オンラインストアのご利用の場合、15時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

IMG_2889
日中の陽光を他所に夕方からは再び冷たい空気に包まれ、冬の週末を迎えた一日となりました。
寒さとは裏腹に、今日の街中はいつもの週末以上に沢山の往来が目立ち、いつもとは違った今冬を改めて感じさせています。

気温が下がると暖かい食事が急に恋しくなりますね。
寒い日の暖かな食事は胃袋だけではなく心も温めてくれる様な気がします。

さて店頭は昨日ご案内させて頂きましたquartierglamの新作に沢山のお問合せ、ご購入を頂いており、既に皆様の心をがっちりと掴んだ一足となっている様子。

slideshow_img_b2e4bf
どのブランドにも言える事ですが、『ブランドで買う』のではなく『選んだものがたまたまこのブランドだった』という結果論的購入は、ブランド神話を越え、人々の個性と共に成長する審美眼でもあります。

今回の靴も、そんな心の奥底をくすぐる類稀な一足だったと言う事が窺えます。
ブランドが展開する全てが良いのではなく、選んだその先にそのブランド名が在った、そんな装い作りが私達の最も大切にする部分でも在ります。

まだご覧になられていない方、或いは既にご依頼頂いているお客様も、これからが楽しみな一足になりそうですね。

さてさて話は変わり、最近店頭にお越しになる御客様方(男女共)にブラックとグレーのモノトーンを希望されるケースが増え、そこにはブラックとグレーのたった2つのキーワードですが、『素材』が左右するものでもあると言う事、その落とし穴にハマってしまった方が相談に訪れます。

daab4925
昨今増え続けているブラックを基調としたモノトーンのスタイル。
ウール素材のブラックとグレーは相当な組み合わせのバリエーションが在るのですが、今回皆様がご相談にいらしたのが、ブラックの『ジーンズ』。

d438764b
近頃、ブラックのジーンズ(色は様々ですが)がキテる事もあり、意外なほどブラックのジーンズを欲する方も増え、それらの組み合わせに"意外"と悩む方もいらっしゃるのです。

ブラックのジーンズにも、リンスのみの真っ黒の「デニム素材」も在れば、ブラックで染めた真っ黒の「ツイル素材」のジーンズもあり、中には上の写真の様なシェイド(或いはフェード)を加えた色落ちの物もあります。

そのどれもが特徴のある味を持つ為、組み合わせる「色」は決めても、中々納得出来ない、そんな声も聞かされます。

要は「チープに見えてしまう」のを嫌う当店顧客様の世代ゆえ、如何にチープに見せない様にするか、という事なのだと解釈しています。

そこで今日は女性のジーンズ、それも色落ちしたグレートーンのブラックデニムを使った組み合わせを取り上げてみました。
(女性のジーンズとは言え、男性にも参考になると思います)

IMG_4366
最も簡潔に言ってしまえば、シェイドの様に色落ちのある物やブリーチされたグレートーンのブラックデニムは、完全な真っ黒のジーンズに比べ、組み合わせる物の素材や表情に立体感のある物を組み合わせるだけで充分魅力を発揮する事が出来ます。

IMG_4367
特にブリーチされたブラック(グレートーン)やシェイドの場合は、その色落ちの表情が、ブルーデニム(インディゴデニム)に比べ、少々チープに見えてしまう「色」の特徴が在ります。

その為、合わせる物(ここではニット)に「上質」な物、そして立体的な「素材」を合わせる事によって、全体を少しだけアップグレードしてあげる事で改善されます。

このニットのボリューム感や糸の習性が、そのまま「色の濃さ」を作ってくれる為、同じニットでも押しの強さが加わり、たったそれだけの事が全体に影響を与えてくれるのです。

それ程、御洒落と言うのは「小さな変化が大きな変化につながる」と言う事です。

IMG_4368
ではハイゲージのニットを合わせた場合はどうでしょうか?
やや迫力に欠ける見栄えは否めませんが、季節が春に近付くとハイゲージ(メリノ)のニットの出番も増えますよね。

こうしたハイゲージの組み合わせの際に変化を与えてくれるのが足元の存在です。

IMG_4369
色や形に特徴のある物を投入する事によって、全体のイメージが変わります。
もっと簡単に言ってしまえば、足元に視線が奪われる事で、全体にチープな印象が顕れないと言う、人間の習性の様な物も隠れています。

IMG_4370
インパクトのあるレッドやグリーン、時にはオレンジやマスタードなど、効かせ色を取り入れる事によって同様の効果が期待できます。

前出の組み合わせに使用しているブラックのニットは、共にDrumohrの物ですが、Drumohrは上の写真ではアルパカを使った物、しかも織り柄があり、下の写真ではロロ・ピアーナ製のスーパー140’Sの糸を使い微光沢も含んでいます。

どちらも品質が目に顕れる物ですが、いずれもシェイドのあるジーンズを合わせると、ブルーデニムに比べ、よりカジュアルな印象になります。

つまりブラックのジーンズには上質感がそれと解る物を合わせる事が、一つのファクターと言えるかも知れませんね。

IMG_4371
色は違いますが、この写真の様に爽やかなストライプを使用したブラウスも、ジーンズのチープさを紛らわせてくれる役割を担ってくれます。

華やかで爽やかなクリーンさを持つストライプ、それもホワイトベースだからこそ活きる、ブラックジーンズのグレードアップアイテムです。

IMG_4372
更にこのブラウスに再びウールなどのボリュームのあるストールを加える事によって、端的なチープは影を潜め、全身に立体感を生み出してくれます。

秋、冬、春と、この3シーズンはこうしたボリューム感が一つのキーワードになると考えておくと良いかも知れません。

いずれもシンプルなのに違う表情に映るのは、そのどれもが主張は無いけれど、一つ一つのクォリティが高く、それらが無意識のうちに全体に迫力を作っている為です。

多くの人達が取り入れやすく、また誰もが一度は試された事のある(ブラック中心の)モノトーンですが、意外なところに盲点、落とし穴があると言う事をお忘れなく。

私達世代にとって「質」は欠かせない要素です。
皆様にとっても日常のスタイルが、より魅力的に見える様、是非こうした小さな変化を見落とさずに挑戦してみて下さい。

きっといつもと違ったモノトーンが楽しめますよ。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【1月の店休予定日】
1月23日、30日(30日については前後する可能性あり)
 オンラインストアのご利用の場合も18時以降の御注文につきましては翌日のご対応とさせていただきます。

(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVEDい

IMG_9356
連日変わる気温差に、今日も日中では考えられない様な冷たい空気に包まれた夜半。
ニットは勿論、コート等の羽織無しでは外出が想像出来ない程の寒さに包まれています。

今週は多くの皆様にとって、再び秋の連休を愉しめる週末となりました。
この度の台風の影響を胸に置きつつも、少し気分転換の機会になる連休になればと思います。

さて、これから冬に向けて本格的な身支度を検討される方も少なくないと思いますが、今日はシンプルでベーシック、且つ裏切りの無い質の高い物を幾つか取り上げてみました。

男性にとって、ソリッドカラーの物にはある程度の見栄え、つまり質を求める事が多いと思います。
それは若かりし頃とは違う、シンプルならば何でも良いという物ではなく、歳を重ねたからこそ求められる必然の審美眼。

IMG_8184
例えば、秋冬のインナー事情。
それまでカットソーで補えていたものが、何時しか物足りなくなり、上質で清潔感があり、尚且つ色々な装いに使える物が欲される傾向が強まります。

そんな痒い所に手が届くのが、Drumohrの新作ニットたち。

IMG_8187
このニットはDrumohr御馴染のDrumohr Modernと称されるベーシックなラインナップで、素材にはエクストラファインメリノの30Gを使用しています。

きめ細やかで糸の特性である微光沢や、とても滑らかで心地良い肌触り、更には弾力性や復元性に富んだメリノの特徴などから、最も質を感じられ、最も扱いやすい存在でも在ります。

IMG_8188
今回の新作、何が違うのかというと、見た目は極々普通のクルーネックの様に見えるのですが、実はよく目を凝らしてみると、シャツカット(カットソーの様に)の袖口や裾の仕上げを持っている為、リブで終わる一般的な物と比べて、よりインナー向きとも言える形になっているのです。

IMG_8189
袖、裾の両口はシャープな切り口を持ち、これによってオンもオフも「暖かさと合わせ易さ」、「上質で扱い易い」と対局を一つにした一着が仕上がっています。

いつも女性に向けた提案として最小サイズゲージを用意する当店ですが、今回の形はより女性にも取り入れやすい身近な一着と言えそうです。

まさにシンプルでベーシックを好まれる方にお勧めのニットと言えますね。

IMG_8045
そして同じくVIGANOの新作トラウザーズ。
仕事も週末も、ウールフランネルのボトムスは特に役立つ秋冬。

IMG_8046
今回VIGANOにオーダーしたのは前股上を低く、後ろ股上を深くした2プリーツの膝下テーパード。
更に、素材には弱ストレッチ性のウールフランネルを使用し、ここにもまた暖かさと扱いやすさの両立を図った一着が叶えられています。

B1E7A627-3C5A-445C-B2D9-85ABEECD8906
クラシックなシルエットを、よりシャープに現代的なディテールにする事が上手なVIGANOらしく、実に綺麗なラインを描くシルエットになっています。

IMG_8047
サルトリア出身のVIGANOは、内部にも仕立ての妙を取り入れ、履き心地や美しいシルエット作りをより確かな物にしています。

お仕事にはテーラードジャケットと、週末にはローゲージニットと、それぞれどんな組み合わせもスポイルしてしまうのがウールフランネルの魅力でありメリットですね。

またジャケットにもコストパフォーマンスに優れた一着が到着しています。

IMG_8287
当店に長らく展開しているSantanielloの新作です。

IMG_8292
今回段返りの3つボタン、バルカポケットと2パッチと使えるディテールに対して選択した素材は、太畝のコーデュロイです。

それも淡いベージュを微かに織り交ぜた様なライトグレーの生地。

IMG_8244
この生地は細畝の物に比べ、毛足が長い分柔らかさや弾力があり、まるでストレッチ性の生地の様にしなやかな動き易さを発揮します。

2764D62C-D27C-4453-97A4-B1EDD2017A43
また色の絶妙な淡さから醸し出される上品な趣は、それまでのSantanielloでは味わえなかった魅力でも在ります。

IMG_8290
既に皆様ご存じの様に、Santanielloと言えば高いコストパフォーマンスが先行しますが、生地や作りなど細部を見渡す限り、この価格(※48,000円)で、ここまでやれるのは他のイタリアンブランドでは中々出会えないのでは?と思わせる程です。

3D5CC1FE-2FEA-4753-98A1-5B0C298591A5
つまり、細部を追求すれば、洋服(それもファクトリーブランドでは特に)に求める天は尽きる事が在りませんが、物の価値観に最も求められるのは、着る人が見る「適正な価格や価値観」。

Santanielloは、こうした様々なバランスが平均点以上に保たれており、何かを天秤にかけた時、最も光る存在になるであろう魅力を持っています。

IMG_8293
ボリュームのある畝の深さを活かし、前出のフランネルのトラウザーズと合わせたり、或いはホワイトやチャコールグレー、ジーンズなど、合わない色合いが見つからない程、この微妙な色のサジ加減がフレキシブルさに富んでいる事を知らされます。

今日取り上げたホワイト、ブラック、そしてグレー、と日常最も出番が多いであろう基本三色を中心に、大人の男性にとって必要最低限のクォリティや清潔感が日々の装いに、新しい魅力を齎してくれます。

お仕事にも、休日にも、大人を自負する男性の装いには、クリーンさと上質さは切り離せないファクターの一つです。

この連休中に衣替えをされる方も、これから新しい装いを増やす方も、是非新たなベーシックカラー(アイテム)を加えてみては如何でしょうか。



【オンラインストアよりご注文のお客様へ】
台風被害による配送遅延について・・・
先般発生した台風被害によって、一部の地域への配送遅延が発生する場合が御座います。
また商品の受注、発送は予定通り行わせて頂きますが、交通事情により一部お時間を要する場合が御座います。(※10月30日現在・・・関東の一部を除き通常配達が行われております)
予めご容赦下さいます様お願い申し上げます。




1-3-11 minamichitose nagano 380-0823
call 026-219-3750
mail 
info@ilmare-online.jp




【営業日のお知らせ】
いつも当店をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
当店は基本的に不定休となっております。
その為、店休日が不規則となります為、
ホームページ、或いはOnline Storeトップページにて、ご確認の上ご利用下さい。

【11月の店休予定日】
11月14日、21日
(※事情により店休日が変則的になる恐れが御座います。 予めご了承下さいます様お願い申し上げます。)
※木曜・日曜・祝祭日は19時閉店

【オンラインストアをご利用のお客様へ】
店休日前日・当日でのご注文の場合、発送業務が翌営業日となります。
お急ぎの場合は、ご注文時に備考欄へその旨をお記し下さいませ。


COPYRIGHT (C) 2012-18 ALLURE CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED


このページのトップヘ